ちょっと変わったマニアな作品が集結

私は来年まで天中殺で、今年から大殺界です。
天中殺を信じるのであれば来年天中殺明けから運が開けるはずなのですが、大殺界の真っただ中なんです。
天中殺と大殺界の違いは何なのですか?
また、天中殺中の恋愛は御法度とされているようですが、私は天中殺中に付き合い始め、天中殺中に別れ、そして天中殺が明ける前に元サヤに収まろうとしています。天中殺中に別れたカップルは復縁できない、したとしてもまた別れる、との事ですが、絶対という事ってあり得るのでしょうか?
タロットや霊視の場合、その時の状態によって見えるものが変わるのかな、とも思うのであまり占いの結果は気にしないようにしているのですが、天中殺は気になってしまいます。自分の強い気持ちや、日々の努力が天中殺に勝つって事はないんでしょうか?

ちなみにタロットや霊視によると、今年から私の運勢はどんどん上がっていくそうです。
もう何を信じてよいのやら。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

占いよりも、まず、自分自身の努力を信じてください。


私は占い師ではありますが、占いは、どういう方向に努力をするべきか、ということを言うのであって、ただ単に未来を当てるためだけにあるのではありません。
たとえば、金運が上がりますよ、といったところで、それに胡坐をかいて本人が仕事をしないと、金運が上がりません。
上がりようがないです。
また、金運が下がりますよ、といわれたら、節約して、一生懸命に仕事に励めばいいです。

恋愛運でも同じ。
結婚できる、といわれて、胡坐をかいて、相手の気持ちを無視した行動にでれば、結婚はできません。
逆に結婚できない、といわれたとしても、相手の気持ちを尊重して付き合えば、うまくいきます。

ということで、まずは天中殺や大殺界よりも、自分自身の努力を信じてください。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天中殺に出会った相手とは別れる???

こんにちは。タイトルのとおりです。
私は再婚をめざして7年間お見合い等々がんばってきた女(40代)です。
何十人、何百人の中からやっと「この人!」と思える男性(40代)に出会いました。
お互い、2人の子供を手放した者同士で、何も言わなくても相手の思いが理解できる相手です。
占い師さんに「結婚してうまくいきますか?」と相談したところ、「あなた(私のこと)、今年は寅卯空亡のうちの卯年、つまり天中殺だよね。天中殺に出会った相手と結婚すると7割は離婚、またはくされ縁になるんだよ」って言われてすごいショックを受けました。結婚は、まだ出会ったばかりなので、もちろん来年とか再来年とか先のことになると思いますが、みなさん、この占い結果をどう解釈なさいますか?
もっとひどいことに「あなた(私)は来年、今よりももっともっと良縁が舞い込むから、来年以降出会った人のほうがいいよ」とまで言われ、悔しいです。どんな気持ちでこれまで何年もお見合いを続けてきたかとか、仲人会社からは「あんたは条件が悪いから、あまり同年代の男性は期待できないし見つからないから、50代とか60代とかもっと上の年齢の男性を探せば?」とまで言われ私が今まで子供を連れ去られたことだけでもつらかったのに、再婚活動に関してどんなにつらい思いをして今の人に出会ったか、わかってもらえてないな、と悲しくなりました。
相当へこんでいますので、何か、励ましの言葉があればお願い申し上げます。

こんにちは。タイトルのとおりです。
私は再婚をめざして7年間お見合い等々がんばってきた女(40代)です。
何十人、何百人の中からやっと「この人!」と思える男性(40代)に出会いました。
お互い、2人の子供を手放した者同士で、何も言わなくても相手の思いが理解できる相手です。
占い師さんに「結婚してうまくいきますか?」と相談したところ、「あなた(私のこと)、今年は寅卯空亡のうちの卯年、つまり天中殺だよね。天中殺に出会った相手と結婚すると7割は離婚、またはくされ縁になるんだよ」って...続きを読む

Aベストアンサー

私ならそのような迷信をもつ女性とは別れる















というわけで、そういう根拠のないものに惑わされるのはやめましょう。

Q大殺界の人との付き合い

細木数子の六星占術で大殺界の人と一緒にいたりすると
パワーダウンすると聞いたことがあります。
本当なんでしょうか?あまりそのような人と遊んだり会ったりしない
ほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

私、大殺界に結婚しましたが、夫に何の影響も出ていませんし、自分もいたって平穏です。
占いって『当たるも八卦当たらずも八卦』で参考程度な代物ですよ。

占いの結果より、占いにこだわる人と一緒にいる方が人として人生誤りそうな気がしますが(笑)

Q「この人は戻ってくる」という確信を持ったことがありますか?

こんな気持ちを持ったことのある方いますか?
もし同じ気持ちを持ったことがある方がいましたら、
その気持ちを持った後にどう過ごしていたかや、
その後どうなったのか等を聞かせて下さい。

元カレと別れてから1年半以上がたっています。
1ヶ月くらい前に、元カレに彼女ができました。
元カレとは別れてからも、時々遊んだりしていていました。
いい友達になれると思ったときもあったし、
やはりこの人がいいと思ってしまい、中途半端な関係に
苦しんだ時期もありました。

でも「彼女ができた」と告げられた時、なぜか安心した自分がいました。
理由のない、変な確信がうまれたんです。
「これでこの人は、私へ戻ってくる」と。
彼女ができた以上、連絡を取ったり会ったりするつもりはありません。
彼の幸せを壊したくないし、もし私が新彼女だったら、いつまでも
元カノの影があるのは嫌だからです。
それに、以前は連絡を絶つことに不安を覚えていましたが、
今は一切不安がないのです。
だからといって、待ち続ける決意をしたわけではなく、
私は私が思うままに時間を過ごしていけばよくて、
私にも新しい彼氏ができる日がくるかもしれないと思っています。

こんな気持ちを持ったことのある方いますか?
もし同じ気持ちを持ったことがある方がいましたら、
その気持ちを持った後にどう過ごしていたかや、
その後どうなったのか等を聞かせて下さい。

元カレと別れてから1年半以上がたっています。
1ヶ月くらい前に、元カレに彼女ができました。
元カレとは別れてからも、時々遊んだりしていていました。
いい友達になれると思ったときもあったし、
やはりこの人がいいと思ってしまい、中途半端な関係に
苦しんだ時期もありました。

でも「彼女ができた」と...続きを読む

Aベストアンサー

私も以前大好きだった人に振られ、1年以上曖昧な関係が続き、ある日突然『好きな人が出来たからもう会えない、二度と戻ることはない』と言われました。
私は本当に大好きで諦められず、最初の1週間は本当に地獄だと思いました。
でも1週間ぐらいを過ぎたある日、『あの人は戻ってくる』って突然気が楽になったんです。
理由は全然分かりません。
でもその約3週間後、本当に彼は戻ってきました。
新しい彼女に振られたわけではなく、違う人と付き合ってみたことで私の大切さがよく分かったと言ってました。
その人とは今でも続いています。

質問者さんの質問の趣旨と離れてしまったかもしれませんが、その気持ちは間違ったものではないと思いますよ。

Q大運天中殺と宿命大殺界について

大運天中殺は宿命大殺界と同じですか?
私は宿命大殺界を今年抜けます。最後の5年で結婚、出産しました。これは、よくなかったのでしょうか?詳しい方教えてください!!お願いします!

Aベストアンサー

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「天中殺の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」
 「天中殺の人がいると、家族を含め周囲の人がそれに巻き込まれる」
 「大運天中殺は運勢を逆転させる。大運天中殺の直前に幸運だった人は大運天中殺の期間中にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。逆に、直前に不運だった人は幸運に恵まれる。しかし、大運天中殺の期間中に幸運に恵まれた場合、あまりに度の過ぎた幸運に恵まれると大運天中殺が終わった時にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。」

というようなことが書かれていました。

 これらを読んだ人の中に、「自分は今、天中殺だから、何をやっても上手く行くはずがない。」「天中殺の自分がいると家族に迷惑がかかる」「幸運だった自分はもう直ぐ大運天中殺に入るから死ななければならない」などと、私からすれば訳の分からない理由で自殺する人が相次ぎ、日本中を巻き込んでの一種の社会現象・社会問題となりました。

 その後、和泉氏は、当時読売巨人軍の監督に就任した長島茂雄氏に関する占いを外したことをきっかけに、「占いは当たらない」宣言をして占いから足を洗い、『算命学』はそれまでのブームの反動からか、人々から白眼視されるようになりました。

 その後、1年ほどして出て来たのが細木数子氏の『六星占術』で、内容は、和泉氏の本の中から天中殺の要因のみを取り出して、人々を6種類または12種類に分け、天中殺の期間を十二支で1個分増やして名前を「大殺界」とし、

 「大殺界の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「大殺界の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」

と、天中殺(大殺界)の期間中の行動などについては和泉氏の本に書かれていたのと全く同じことを書き、ただ、

 「何事も思うようにはならないけれども死んではいけない」

と書いて和泉氏の二の舞になることを防いでいました。
 ただ、和泉氏の本は天中殺以外の部分の内容については比較的信頼性の高い占術の判断方法を紹介していたのに対し、細木氏の本の方はまるでデタラメで、自己流に滅茶苦茶にアレンジして、大殺界の他にも中殺界やら小殺界やらと、単に悪い時期というのを増やして人々の恐怖をあおって自分の商売にしているだけのものでしかありません。

 そして、細木氏は最近になって和泉氏の『天中殺入門』に書かれていた大運天中殺の部分のみを取り出して『宿命大殺界』という本を書いて売り出したようです。
 ただ、さすがにこれまで今までの大殺界の手法と同様に十二支で一個分悪いとされる期間を増やしてしまうと、全部で30年間も悪い時期ができてしまうことになるために気が咎めたか、元々の大運天中殺の時期とこれだけは全く同じにしています。そして、その時期の過ごし方については和泉氏の本に書かれていた内容をほとんどそのまま流用し、その他に、彼女の常套手段として、先祖供養などの独自の宗教的哲学的内容などを加味してもっともらしい体裁を整えて本にしています。

 しかし、細木氏が基にしていると思われる、和泉氏の本の「天中殺」の考え方自体がそもそも間違っているのです。

 「天中殺(空亡)」は、干支暦を用いて人の「命」を判断する占術においては確かに重要な判断要素の一つではあります。(もっとも、台湾の明澄透派という流派の系統の『四柱推命』だけは、「空亡」の要素を最初から全く見ないようですが・・・)

 しかし、「天中殺(空亡)」は、その「天中殺(空亡)」に該当する干支(かんし:十干と十二支のこと)が存在しない、または、力が半減している、などとして観命作業を進めて行くためだけのものであって、他の要因と合わせて考えることによって初めて具体的な意味を成すものであり、「天中殺(空亡)」の要因だけを取り出して何らかの判断をしようとしても、それだけでは良いとも悪いとも、具体的には何も判断することはできないのです。

 それを和泉氏は、「天中殺に該当する干支が存在しないものとして、或いは、力が半減するとして判断しなければならない」ということのみに着目して、「自分に対して作用するものが無くなったり力が弱まったりするのだから、その時期は不安定で何が起こるか分からない」というように発想し、その考えを基に本にまとめられたのだと思われます。

 しかし、実際には、自分に作用するものが例えば全く無くなったとしても、自分が生まれながらに持っているものまで消えてなくなるわけではないため、そのような場合には本来の自分が持っているものがもっと明確に現れて来るだけのことであって、それ以上でもそれ以下でも無く、この時期が運勢的に不安定になると決まっているわけでもなければ、悪いことが起こると決まっているわけでもないのです。

 さらに言いますと、『四柱推命』でも泰山流では大運の「空亡(天中殺)」は見る必要は無いと考えていますが、私もこれまで多くの方を見させて頂いた経験上、大運の天中殺は見る必要が無いという結論を得ています。

 いずれにしろ、和泉氏の判断方法はそもそも間違っていたのであり、同じ『算命学』の流派の中でも和泉氏の本の内容に賛同する方はほとんどいません。ましてや、それを基にして人々の恐怖を煽って自分の商売にしているだけの細木氏の書いていることや言っていることなど、真に受けて振り回されるだけ馬鹿を見るとお考え下さい。

 しかし、どうしても不安で仕方が無いとお考えでしたら、信頼の出来る占術研究家の方に鑑定を依頼なさればよろしいのではないかと思います。
 『算命学』は『四柱推命』の判断要素のうちから生時の要因を除外して判断するもので、他の12星座占いや動物占いなどから見れば信頼性は高い部類の占術ですが、『四柱推命』に比べれば精度などの点で格段に劣ります。しかし、『四柱推命』を看板にはしていても入門書程度の知識のみで商売している人も多数おられるため、誰が信頼できるのかは素人の方には判断がつきかねると思います。

 そこで、有名どころで言えば、gooのバナー広告にも出ている黒門氏(高根黒門氏)などは私としては信頼できる方なのではないかと考えています。他に、苔峰洞人氏なども信頼できるのではないかと考えていますが、苔峰洞人氏は現在本の執筆中でお忙しいようですし、基本的に占いの依頼は受けない方のようなので、依頼しても無理かもしれません。しかし、そのHPの内容は、素人の方には少し難しいかも知れませんが、お読みになって参考になる点は多いのではないかと思います。

 どちらの方も、gooやYahooで検索すればHPが分かるはずです。

 或いは、街中やインターネット上で『四柱推命』を看板に掲げている方の場合でも、その人が信頼できるかどうか判断できる方法があります。それは、生年月日までは分かっていても生時が分からない場合、その人の身体的特徴や家庭環境、これまでに経験した事象の発生時期とその種類などの情報から、生時を特定できる方であれば信頼できると考えられます。仮に、生時が分からない場合、「生時が分からなくても運命にはほとんど影響はありません」として判断する人や、生時を軽視する方は信用できないとお考え下さい。生時が変われば、全く性格も運命も何もかもが変わるのです。

 しかし、私としては結局のところ、天中殺など素人の方は全く気にしなくて良いのではないかと思いますが、どのようにお考えになるかはstarmanstarmanさんの自由だと思います。

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始...続きを読む

Q大殺界に出会い

大殺界に出会った相手と結婚された方、もしくは長く付き合われている方いますか!?

大殺界に出会っても長く続かないと聞いたのですが、あまり信じなくてもいいでしょうか??

Aベストアンサー

私は大殺界の時に旦那と知り合い、大殺界明けての2月に婚姻届を提出しました。

この大殺界の3年間と、女の厄年である前厄・本厄・後厄も3年間重なってしまいまして、あの時は細木さんの番組が絶頂期だったから、多少は気になりましたよ^^

結婚して3年経ちましたが、旦那と仲はいいと思うし、30代後半で子供を授かりました。

私は大殺界は特に何もなかったし、健康だし事故怪我に遭わなかったし、むしろ旦那に出会えてよかったです。

細木さん自体怪しい人ですよ。
彼女は水商売していてお店で知り合った有名な占い師の愛人をしていたのでしょ。彼から学んで自分があみ出した占いのように言っているけど、0学占いをそのまま盗んでますしね。

私だって誰だってこれからいろんなことで失敗するかもしれないんですから、あなたが信じた人なら結婚してみていいんじゃないかな^^

何か気になるようでしたが、神仏に守っていただけるよう、神社でご祈祷してみてはいかがでしょうか。

Q算命学に詳しい方へ、大運の算出・過ごし方について

算命学で鑑定してもらったところ、
ある占い師の方には「あなたの大運は24~64才」
別の算命学の占い師の方には「24~44才」といわれました。
いったいどちらが本当なのかわからないので、
どなたか、算命学に詳しい方どうぞ鑑定をおねがいします。

また、「あなたは天中殺にしか(結婚相手と)出会えない人ね」とも言われましたが、
よくよく考えてみると
そのような場合、結婚することは禍にならないのでしょうか?
(でも、大運に突入するので、天中殺中にであってもOK!ってこと??)
鑑定してもらってから、疑問だらけなので、どなたかどうぞ、ご教授ください。
生年月日は昭和61.11.21生(女)
です。

Aベストアンサー

1986年11月21日生まれですよね。
大運って、20年間の大運天中殺の事ですよね?
下記のサイトで無料占いできます。
大運も調べられます。空亡と赤で表示されているところが、大運天中殺になります。

http://www.tensatsu.com/uranai.html

e-||さんは、平成24年の2月の節分以降に、4年間婚期がまわってきます。

算命学についての解説はこちらのHPで確認できます。
http://www.tensatsu.com/index.html

Q彼氏彼女と長く付き合って別れた人に聞きたいです

最近、9年付き合った彼女と別れました。まだ気持ちが整理ついていません。
徐々に前向きにいこうと思えてきていてはいますが、
後ろ向きな期待と前向きな不安がごちゃ混ぜ状態です。

前向きな不安というのは、
・新しい恋人がほしくなる気持ちになれるのか?
・新しい恋人ができるのか?
・新しい恋人と付き合ったら元恋人と比べててしまわないか?
などなどです。
後ろ向きな期待は、
(わずかな期待ですが・・・)
・よりを戻せるのであれば戻したい(うまくいくのかが不安です。)
です。

そこで皆様に聞きたいのですが、
長年付き合って別れたあとの体験談をお聞きかせください。男性女性、振った振られた問わず聞きたいです。
気持ちの変化とか恋人ができるまでの期間とか別れた恋人とのその後の関係などが知りたいです。
よりを戻した方の体験談も聞いてみたいです。
抽象的な質問ですみませんm(_ _)m
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1さんの書かれたように、本当に人それぞれだと思います。でも、参考までに私の体験を書きますね。

私は長く付き合った彼にフラれてから、毎日泣いてばかりでした。何かをしてないと思い出してしまって泣けてくるので、常に何かをするようにして忙しくしてました。一人暮らしなので、家にいると夜とか何もすることなくて悲しくなってくるので、真夜中にりんごをむき始めたり、ドーナッツを揚げたりしてました(笑)友達と外に遊ぶ回数も増えました。寂しさを紛らわすために好きでもない人の家に泊まったりしたりしました。自分でも最低だと思いますが、でもそれぐらい辛かったんです。彼のことが忘れられませんでした。彼と別れてから5人ぐらいの人に付き合って欲しいといわれましたが、彼以外考えられませんでした。

でも三ヶ月後に「俺がバカだった、ヨリを戻してほしい」と言われ、私は彼のことが変わらず大好きだったので喜んで戻りました。でも戻ったはいいものの、私は「またフラれたらどうしよう・・・」と考えるばかりで、自分の意見を何一つ言えなくなってました。不満があっても、不安な時があっても、何も言えませんでした。ウザがられたらどうしよう、また別れたいって思われたらどうしよう・・・そんなことを考えて不安に押しつぶされそうな毎日でした。そんな私を見ていた友達は皆私に「幸せ?」って聞いてきました。私が「わかんない」と答えると「別れた方がいい」と皆口をそろえて言いました。でも、私は彼と付き合っていられればそれでよかったのです。辛くても、不安でも、彼の彼女でいられるなら、それでいい、と思ってました。私は我慢し続けました。彼から連絡が返ってこなくても、ドタキャンされても。でもさすがに我慢するのに限界がきて、爆発しました。そしたら、案の定、彼にはまたフラれました。

彼にフラれてから一ヶ月後、人数合わせで行った合コンでちょっといいなって思う人に出会いました。その人も「一目惚れした」と言ってくれて、私は彼にフラれた寂しさもあり、その人の優しさに甘えたいと思ってしまい、「好きになれるかも?」と勘違いをしたまま付き合ってしまいました。その人は私のことをすごく大切にしてくれて「元彼のこと、俺が忘れさせてあげるから」って言ってくれましたが、やはり私は元彼とその人を無意識のうちに比べてしまい、付き合っていくうちにやはり元彼がいい、元彼に会いたい、って思うようになってしまいました。やっぱり完全にはふっきれてない自分に気づき、その人に別れを告げました。その人には本当にヒドイことをした、私の勝手な都合で傷つけてしまって、本当に申し訳ないと今でも胸が痛みます。

その人と別れてから、しばらく一人になりました。今の状態で人と付き合ってもまた誰かを傷つけるだけだ、と思ったので自分のことに集中することにしました。勉強にもマジメに取り組んで、趣味にも力入れて、とにかく自分磨きに夢中になりました。そうして過ごしてくうちに、彼のことをあまり思い出さないようになり、一人の時間を楽しめるようになりました。

元彼とは別れてから会ってませんでしたが、またひょんなことから再会して、ちょくちょく会うようになりました。で、「やっぱり好きだ」みたいなことを言われ、私も彼と一緒にいる雰囲気・時間の懐かしさに惑わされ、承諾してしまいました。でも彼は何一つ変わってなかったんです。相変わらず私のことほったらかしで、自分勝手でした。昔は彼のことしか見えてなかったから我慢できたものの、私は自分がバカらしくなってきました。彼に費やした今までの時間・労力・愛情・・・全て虚しく思えてきました。でも、過去をそんなふうに思う自分が嫌だったんです。後悔することが嫌いなので、彼に正直な気持ちを話し、二人でたくさん話し合って、また別れることにしました。

後悔はないです。今は好きな人もいなければ気になる人もいません。でも気軽に誰とでも遊びに行けたり連絡とれたり・・・そういうシングルのときしか味わえない自由な時間を楽しんでます。元彼とは用事があるときしか連絡とりませんが、普通にメールしたり電話できますし、会えば話します。そういう関係でいられる別れ方ができてよかった、って思います。

これから新しい彼氏がいつできるのかはわかりませんが、今はすごく前向きな気持ちで、元彼じゃなきゃダメだ、とかは思いません。いい人がいれば、付き合えたらいいなって思います。また大好きになれる人に会えるといいな、って思います。元彼とデートした場所などを訪れると、たまに元彼との時間が懐かしくなったりしますが、別に未練はありません。友達は皆「そんなにくっついたり離れたりを繰り返してるなら、またくっつくんじゃない?!」って言います。私は肯定も否定もしません。そうなりたい、なりたくない、都も思いません。でも本当に運命なら、また自然と巡り合って、一緒にいることになると思います。

ごめんなさい、なんか話がズレてしまったような・・・長すぎて自分で何書いたのかよくわかんなくなってしまいました(汗)でも少しでも何かの参考になれば、嬉しいです。

No1さんの書かれたように、本当に人それぞれだと思います。でも、参考までに私の体験を書きますね。

私は長く付き合った彼にフラれてから、毎日泣いてばかりでした。何かをしてないと思い出してしまって泣けてくるので、常に何かをするようにして忙しくしてました。一人暮らしなので、家にいると夜とか何もすることなくて悲しくなってくるので、真夜中にりんごをむき始めたり、ドーナッツを揚げたりしてました(笑)友達と外に遊ぶ回数も増えました。寂しさを紛らわすために好きでもない人の家に泊まったりした...続きを読む

Q振った振られた後の男女の未練の違い

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を振り切って振ったのに、3年後彼女が結婚し、今になって忘れられないと悩んでいます。こんなケースがもう1人いました。

私も振られてしばらく中途半端な状況でしたが、それでも2週間前に完全に振られたので、もう前進するのみとなった途端、あんなに寄りを戻したいと思っていた彼が一気に遠のき、今は懐かしく思い出し、楽しいことを思い出すとにやりと笑えるくらいになりました。(これも未練なのかな?)

男性のほうが何年も前の恋愛を鮮明に記憶していて、女性のほうがもう忘れた・・・が多いきがします。

この一般的に言う男女の違いってなんなんでしょうか?
人にもよるとは思いますが・・・。

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を...続きを読む

Aベストアンサー

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年ごしの付き合いだった場合に多く見られます。

男は、複数の女性を愛する事ができますから、一度愛した女性への愛は消えきらなかったりするんだと思います。本気で愛したなら自分から嫌いになる事も無ければ、復縁もできる場合が殆どです。
他の方も言っておられますが、男は名前をつけて保存します。
そして最悪なのが、そのフォルダたちを比較します。1番の女性が現れない限り、そりゃあもう過去に未練タラタラです。
別れても独占欲はありますから、新しい彼と歩いていたら心が痛いでしょうね。

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年...続きを読む

Q四柱推命 空亡の作用がなくなる

ちょっとお聞きしたいのですが。。

手元の「四柱推命入門」(遠藤尚里著)という本に、
「命式に支合、三合、方合や、沖が空亡の支となると空亡の作用はなくなります。」
と書かれてあります。
これは、例えば、日干支が丙午で寅卯が空亡の場合、寅と卯それぞれの支合、三合、沖の支があると空亡の作用がなくなるということでしょうか?
それとも午の支合、三合、沖の支があるといいのでしょうか?

すみません、どなたか教えていただけると助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>例えば、日干支が丙午で寅卯が空亡の場合、寅と卯それぞれの支合、三合、沖の支があると空亡の作用がなくなるということでしょうか?

その通りです。
この他に、方合と言って
亥・子・丑、寅・卯・辰、巳・午・未、申・酉・戌
の3つずつの組み合わせが全て揃っている場合にも解かれる(解空)と考えます。

これら支合・三合・方合・冲は、命式の中にある場合もですが、行運でそれらが巡って来た場合にも同じです。

ただし、解空したからといって良いとは限りませんし、空亡があるからといって悪いとも限りません。空亡・解空・干合・妬合・身の旺弱・生・剋・扶・用神等、全てを分析した上でないと判断は出せません。

Q大殺界、天中殺って本当に当たるの?

 こんにちは。
 私は占いはあまり好きなほうではなかったのですが、この間友達が見てもらいたいと行ったところへ付いていきました。で、結局見てもらいました。
 すると、「今年は天中殺の年だから、何をやっても駄目な年です。引越し、転職は絶対に失敗します。結婚もできません。今年出会った男性とは結婚までに至りません」と言われました。ちょっとショックだったので、「ここ数年で私にとって一番いい年はいつだったのか?」と聞くと、平成11年だったのですが、平成11年は、それこそ私は職場内での激しい嫌がらせや、長引く病気など波瀾の一年でした。ですので、「そんなこと信じられません!だったら今年は私は何もできないじゃないですか!転職も考えてたのに・・・」と思わず言ってしまったのですが、「今、転職しても絶対にうまくいきませんよ!長続きしません!」と一生懸命語る占い師さんを見てると、なんか怖くなりました。(^^;;
 しかし、今年何もするなと言われても、転職も結婚もしたいと思ってるのに我慢できません。
 天中殺とか、大殺界などといわれて、本当にそのとおりになった方、いらっしゃいますか?
 ちなみに占い師さんは、私に「あなたはこういう性格です」と言いましたが、全然違うような気がしたので、「全然違うと思う」と言ったら「あなたの生年月日は本当にこれで正しいんですか?戸籍が間違ってるんじゃないの?」と真剣に聞かれました。(-_-;)
 天中殺、大殺界、って本当に何もしたら駄目なんですか?こういう時期に転職や結婚した方、本当に後悔するような結果でしたか?いろんな方のご意見を賜りたいです。
 

 こんにちは。
 私は占いはあまり好きなほうではなかったのですが、この間友達が見てもらいたいと行ったところへ付いていきました。で、結局見てもらいました。
 すると、「今年は天中殺の年だから、何をやっても駄目な年です。引越し、転職は絶対に失敗します。結婚もできません。今年出会った男性とは結婚までに至りません」と言われました。ちょっとショックだったので、「ここ数年で私にとって一番いい年はいつだったのか?」と聞くと、平成11年だったのですが、平成11年は、それこそ私は職場内での激し...続きを読む

Aベストアンサー

気にすると当たったように思い、そのせいにできる。
責任を転嫁したいのなら、信じることです。

#5さんも書かれていますが、最近同じような質問ありましたよ。ひとつは「引越し」ひとつは「結婚」。
両方とも答えました。
私は後悔する結果ではなかったので、ほぼ同じ回答を書きます。

私は「天中殺」「大殺界」+「女の厄年」が同じ3年間でした。
1年目「結婚」2年目「長女出産」3年目12月「次女出産」と人生の大イベントやりました。
それからもう10数年,もう1度「大殺界」あったはずですがすっかり忘れ現在に至るです。
別に大きい病気もせず、嫁姑問題もなく、子供も別に問題なく、いたって普通に過ごしております。

人類を何パターンかに分けるなんて、変でしょう?
「十人十色」という良い言葉があります。
細○○子女史やほかの占いの先生方を儲けさせても仕方ないでしょ。
占いを参考にするのは良いかな?と思いますが「信じきる」のは「危険」では・・。

と、占いをみてもすぐ忘れ、日々主婦しているオバちゃんでした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング