「畜」という漢字の成り立ちを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

字形としては、会意文字。

畜は「玄(黒い)+田」で、栄養分をたくわえて作物をやしない育てる黒い土のこと。「ことば」としては、キク・チクの両音があり、キクの場合は好hog→hau(たいせつにかばう)・胸(キュウ)hiog→hie(上下反転)u(かばって飼い育てる動物)などと同系。チクの場合は守(かこって手もとにおく)・収(かこって手もとにおく)と同系。とくに、畜・蓄(たくわえておく)の意味は、非常に近い。というのが「漢字源」(学研)の解説の大意です。

参考URL:http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/q/
    • good
    • 0

養い増やすを意味する漢字(※)の省略形「玄」と、「田」とを合体させて、


「休ませて土地の養分をたくわえた田畑」の意。

(※: 「慈悲」の「慈」の下の部分の「心」を取り去って、草冠を「十十」にした字)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報