通常の生活で大豆食品(味噌汁や豆腐や納豆)などを摂取していて豆乳を飲む行為は大豆イソフラボンの取りすぎでしょうか?
とりすぎはホルモンバランスを乱すとか聞いたのですが・・・
ちなみに今無月経治療中です。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

サプリ等で大量に摂取することについては警告されていますが、


豆腐や納豆、豆乳などの食品で摂取する分には問題ありません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
摂取量上限70~75mgみたいなのですが、ほとんど豆乳で50mgぐらい入ってますよね?
その他の食材もとってたら摂取上限超えちゃってると思うのですが本当に問題ないのでしょうか??

補足日時:2007/08/19 11:21
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q効能・効果が先発品と異なる場合の区分

例えば
薬「ア」の効能効果がAとBの場合を考えます。
薬「イ」の効能効果がCであればイは先発品になると思います。

薬「ウ」の効能効果がAとBであれば、後発ですけど、
薬「エ」の効能効果がAのみの場合はどうなるのですか?

Aベストアンサー

本来のカテは「法律」の「知的財産」でしょう。
かなり難解で、判例を知らないと正確なことは分かりませんし、ましてや、お尋ねのような抽象的な議論は無意味だと思います。

但し、お尋ねの例で薬「ウ」が先発品である場合も多くあります。
つまり、「ア」よりも性能が高い。副作用が少ない、禁忌が少ないなど明らかに「ア」よりすぐれた特徴を持ち、しかも「ア」と作用機序が違う、「ア」から「ウ」の作用が推定できない。などの場合です。
「エ」についても全く同じ事が言えます。
「エ」がBの機能が無くても、上記の「ウ」の例と同じ有利さを「ア」に対して持っていれば、先発品・独創発明となります。
特にBの作用を持つことが「ア」の使用範囲を狭めるような場合「エ」は圧倒的に有利な立場になり得ます。

Q大豆イソフラボンの摂取量

20代の成人男性です。私は納豆が好きで一日朝晩2食(1パック 45g×2)食べています。週に2回ほど3食食べることもあります。納豆と味噌汁(豆腐なし)以外は大豆食品は特に摂ってないのですが、体に良くないのでしょうか?

数年前に大豆イソフラボンの摂取量が話題になりましたが、今はどうなのでしょうか?最新の情報を知っている方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本人の歴史の中で大豆製品は多く摂取してきましたが、大豆イソフラボンを原因とする健康被害は報告されていません。現時点におけるヒトの安全な摂取目安量の上限値は大豆イソフラボン70~75mg/日と設定されていますが、納豆90gでは大豆イソフラボン約66mgです。
納豆はナットウキナーゼによる血栓溶解作用、納豆菌による整腸作用、良質なたんぱく質源でもあり、健康への良い影響のほうが大きいと思いますので、心配することはありません。
ただし、食事は様々なものをバランスよくとることが大切です。大豆に限ったことではありませんが、どんな食品でも偏ったお食事にいいことはありませんのでお気を付けください(^-^*)

参考URL:http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html#2

Q【昔、納豆ダイエットが流行って実は納豆にダイエット効果がない捏造だったと報道されて納豆ダイエットブー

【昔、納豆ダイエットが流行って実は納豆にダイエット効果がない捏造だったと報道されて納豆ダイエットブームは一気に下がりましたがどうなって納豆にダイエット効果がないと分かったんですか?】


いま腸内フローラダイエットブームですよね?

納豆菌って腸内フローラで重要なものとして取り扱われていて納豆菌を取って腸内フローラを整えてダイエット健康になろう!とやってますが、納豆菌にダイエット効果がなかったと前の納豆ダイエットブームのときに調査結果が上がっているなら今回の腸内フローラを整えてもダイエットに繋がらないってことになるのでは?

腸内フローラダイエットは納豆ダイエットの二の舞いになる気がします。

Aベストアンサー

TVに踊らされてるだけ。
ダイエットは通年・永年です。

あたりまえですが、下記です。
1-2=マイナス1
1+1=増量2です。

ハイ、これだけ。
意思が弱いだけです。ハイ。

Q大豆イソフラボンの摂取に伴う害について

大豆イソフラボンは、一般には大豆食品に含まれる、健康を促す栄養素であることが知られています。よって大豆食品を適度に摂取することで健康が促されることもあると思います。

しかし、日本の食品安全委員会や新開発食品委員会等のレポートでは、特に閉経前の女性において、イソフラボンを摂取した場合にホルモン量の大きな変化が見られることがあるとされていました。

そして「何故、閉経前の女性だけにホルモン量の変化が出るのか」を、私自身が調べていたのですが、なかなかきちんとした答が見つかりません。

どうか専門家の方から回答を頂けたらと思います。

Aベストアンサー

食品安全委員会の「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」PDFは読まれましたでしょうか。
http://www.fsc.go.jp/hyouka/hy/hy-singi-isoflavone_kihon.pdf
(2) 大豆イソフラボンが閉経前女性の月経周期に与える影響(43P)
大豆イソフラボンは、視床下部に働きホルモンを抑制したり、高用量のイソフラボン摂取の場合は、ネガティブフィードバック作用でホルモン量が低下してしまうため月経周期に影響するのではないかと言うことです。

閉経後の女性の場合、長期高用量摂取で子宮内膜増殖症がみられているようですが、内分泌系へ影響を及ぼす信頼できるデータがなかったようです。
「閉経後女性の感受性が閉経前女性に比べて低くはないこと、男性の感受性が大きく女性と異なるとする理由が見出されないことから、閉経前女性の結果を外挿し、大豆イソフラボンアグリコンとして30mg/日とした。」
と説明されています。

大豆イソフラボンの制限は、あくまでも成分が凝縮された形のサプリメントなど健康食品であって、一般の食品への制限ではありません。
食品の摂取はバランスよく、ということです。

参考URL:http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-dai36/index.html

食品安全委員会の「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」PDFは読まれましたでしょうか。
http://www.fsc.go.jp/hyouka/hy/hy-singi-isoflavone_kihon.pdf
(2) 大豆イソフラボンが閉経前女性の月経周期に与える影響(43P)
大豆イソフラボンは、視床下部に働きホルモンを抑制したり、高用量のイソフラボン摂取の場合は、ネガティブフィードバック作用でホルモン量が低下してしまうため月経周期に影響するのではないかと言うことです。

閉経後の女性の場合、長期高用量...続きを読む

Q納豆のダイエット効果

先日テレビで納豆のダイエット効果について放映されてました
納豆を食べると、大豆に含まれるイソフラボンがDHEAホルモンを増やし、それがやせることにつながるとか・・・

このテレビのせいで全国で納豆が売り切れだそうですね。
私も放映された次の日から、体重のベースラインをとって、試しに1,2週間納豆ダイエットをはじめています。

しかし、さきほどこのDHEAについて調べていたら、発がん性のあるということが書かれていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DHEA
納豆ダイエットでなくても毎日納豆を食べる方はたくさんいると思います。なので1日1食納豆を食べるくらいどうってことないのでしょうが、医学的にどうなのですか?

そもそも、DHEAによってどういう仕組みでやせるのでしょうか?
(テレビでやってたけど忘れてしまいました)
1日1食の納豆で医学的に本当に効果があるのでしょうか?
あるとしたら一般的にどれくらいの数値でやせるものなのでしょうか?
医学的に、最もよい納豆の食べ方(摂り方)は?
納豆ダイエットって本当に効果的なんでしょうか?

くだらないですが、わかる方、全部でなくてよいので暇なときに教えて下さい。

先日テレビで納豆のダイエット効果について放映されてました
納豆を食べると、大豆に含まれるイソフラボンがDHEAホルモンを増やし、それがやせることにつながるとか・・・

このテレビのせいで全国で納豆が売り切れだそうですね。
私も放映された次の日から、体重のベースラインをとって、試しに1,2週間納豆ダイエットをはじめています。

しかし、さきほどこのDHEAについて調べていたら、発がん性のあるということが書かれていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DHEA
納豆ダイエットでなくても毎...続きを読む

Aベストアンサー

こちら
http://arar.hlm1.net/

Q大豆イソフラボン   危険摂取量

大豆イソフラボンを取りすぎると、発癌性があるから危険と聞きましたが、
1日どれくらい摂取すると危険なのでしょうか?

因みに、毎日納豆1パックと豆腐の味噌汁飲んでいますが、これは危険な摂取量ですか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

発癌性云々のもとのデータは、食品安全委員会の新開発食品専門調査会の資料に記載がありますのでご覧下さい。
最新のものは下記ページに「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方(第33回会合修正案)」というPDF
ファイルがあります。
http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-dai33/index.html
試験管(培養細胞)レベルで、トポイソメラーゼIIの働き(DNAを正常に保つ)を高濃度のイソフラボンが阻害する可能性があるという報告があり、そのため、乳幼児急性骨髄性白血病の原因となる遺伝子の異常を引き起こす可能性が否定できないということです。
これは生体での話ではありません。QNo.2001235、QNo.1938231など、イソフラボンを積極的に補給されている場合の血中レベルに比べても100倍程度の開きはあります。
おそらく食品安全委員会では、
1.胎児への影響が小さいとはいえ完全に否定しきれないこと、
2.妊娠中は大豆イソフラボンを補給する意義がないこと、から
「妊婦(妊娠の可能性のある方を含む)が、特定保健用食品として大豆イソフラボンを日常的な食生活に上乗せして摂取することは、推奨できない。」といっているのでしょう。フラボノイドに発癌性があるから摂取量に安全基準を設けるというレベルの話ではないと思います。

#本日(12日)の朝日新聞の生活面にイソフラボン関連の記事がありました。食品安全委員会の方がQ&A形式でお答えになっていますので、ご覧になると、どの程度の懸念かご理解の参考になるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/index.html

発癌性云々のもとのデータは、食品安全委員会の新開発食品専門調査会の資料に記載がありますのでご覧下さい。
最新のものは下記ページに「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方(第33回会合修正案)」というPDF
ファイルがあります。
http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-dai33/index.html
試験管(培養細胞)レベルで、トポイソメラーゼIIの働き(DNAを正常に保つ)を高濃度のイソフラボンが阻害する可能性があるという報告があり、そのため、乳幼児急性骨髄性白血病...続きを読む

Q納豆ダイエットは効果あり!

納豆ダイエット番組で捏造事件が発覚しましたが、私は一ヶ月間納豆を食べ続け、2.3キロ減量できました。ダンベル・エクササイズも少し併用しているのですが、効果はあると思っています。ちなみにカミサンはお通じがよくなり、少し運動もしているのですが、三ヶ月くらいで5キロやせたのです。納豆ダイエットやってみて、実際に効果が出た方はほかにもいるのではないでしょうか。

Aベストアンサー

捏造がどうとかいう以前の問題で、納豆はそもそも総合栄養食品として昔から重宝されてきた食品ですからね。
健康になっていくっていうのは正しい知識だと思います。

ただ、それを迂闊に=ダイエットに効くと捏造した放送が悪いわけで、
人によっては不健康⇒健康になり、デトックス効果・腸内洗浄効果で新陳代謝がよくなりダイエットにつながる方も出てくるのだと思います。

mazzchanさんは納豆のおかげでダイエットもでき健康も手に入れ、やりましたね♪
今後も続けて永続的な健康体を手に入れてください。

そんな私は大の納豆お嫌い・・・
トラウマ化したものなので、食卓に並ぶだけで嫌悪感が・・・
そういった意味で、毎食時に納豆出されると痩せられるのかも知れません

Q納豆、豆腐、緑茶の大量摂取に害は?

主人は納豆、豆腐、緑茶を大量摂取します。とにかく大好物らしく毎日欠かさずです。それとは別に蒸し野菜も好きです。

害は無いでしょうか?

Aベストアンサー

納豆、豆腐、はまだよいかもしれませんが、「緑茶」が大量だとあまりよくないかもしれません。

確信は無いのですが、大腸がんの手術の権威の先生(?)の本には、「緑茶のカテキンは確かに良いのだが、緑茶にはカテキンだけでなくタンニンなどの成分もあります。タンニンは大量に摂ると大腸がんのきっかっけになります。私が診てきた十万件以上の腸内写真とアンケートでそれがほぼ臨床できています。お茶の先生などは多くが腸の中がきれいではないですね。」ということだそうです。

この先生の話だと、「日本人はテレビであの食べ物のこの成分がいい、などと放映されると、さればっかりを食べる人が居ますが、木ばかりを見て森全体を見ることを忘れると、体に良いものと同時に、よくないものまで大量摂取することも少なくないのです。何でも情報が偏りすぎているので注意が必要です。」というような主旨のことを書いています。

本当かウソかはわかりませんが、「1つの考え方」として参考にはなるとは思います。

書籍と著者サイトをご紹介します。

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (単行本) ​http://www.amazon.co.jp/gp/product/4763196197/ref=pd_ecc_rvi_2/503-...​
このお医者さんは海外アーティスト・俳優なども診ているそうです。内視鏡ワイヤー手術を世界ではじめて開発した日本人医師です。賛否両論ある本ですが、何をどのように食べるべきかの参考にはなると思います。

著者(医者)のホームページの一部
​http://www.drshinya.com/ichouo.html​
緑茶や牛乳などを飲みつづけると汚い腸になる、というようなことがかかれています。腸の写真付きですから一度見られたらどうでしょうか?これも信じる信じないは別として、「やりすぎ」がどういう結果を招くのか等々について、一見の価値はあるとは思います。

でも緑茶でも、もしたら、自分で作るようなものは良いのかもしれません・・・。その辺は不明ですのでご自身でまたお調べ頂きたいのですが・・・。

納豆、豆腐、はまだよいかもしれませんが、「緑茶」が大量だとあまりよくないかもしれません。

確信は無いのですが、大腸がんの手術の権威の先生(?)の本には、「緑茶のカテキンは確かに良いのだが、緑茶にはカテキンだけでなくタンニンなどの成分もあります。タンニンは大量に摂ると大腸がんのきっかっけになります。私が診てきた十万件以上の腸内写真とアンケートでそれがほぼ臨床できています。お茶の先生などは多くが腸の中がきれいではないですね。」ということだそうです。

この先生の話だと、「日...続きを読む

Q水素水について、くわしく知りたいのですがどなたか、効果、効能など実感されたことのある方、よろしくおねがいします。

水素水について、くわしく知りたいのですがどなたか、効果、効能など実感されたことのある方、よろしくおねがいします。
○○○○水素水、とか●●●水素水とか・・・
非常に興味、関心があります。
過去ログなどでは、具体的な記述(効能など)がなく、もちろん薬事法のからみで仕方が無いのかもしれませんが・・・
ぜひ、具体的な効果、効能をおしえてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

エセ科学の類でしょう。
水素水を作る機器を販売している会社の講演会に友人に誘われて聞きに行ったことがあります。
その時講演をしたのがWEBに出てくる白畑教授だったかどうかは覚えていませんが、水素水が存在するかどうかの質問になって次のように答えていました。
活性水素は機械から出てくる段階では存在するがコップに入れておくとなくなる。正直な答えだと思いました。
すなわち、講演者も認めているように短時間で活性水素は消滅し、活性水素を含有する水素水は存在しないということです。

>PC機器の脇にコップなどに少量の竹炭を入れて置くだけで電磁波を遮断することが出来ます。
不可能です。竹炭が電気を通すことと、金属の網の中には雷や電波は入ってこない・・と言う事実を拡大解釈して誇張したウソです。
もっとも部屋の周囲を全部・・上下、左右、前後を炭で埋め尽くせば電波は遮断できます。

>竹炭のミネラルが溶け出して安全でおいしいミネラルウォーターになります。
ミネラルはいくらか溶出してミネラルウォーターになるでしょう。美味しいかどうかは飲んでみればすぐ分かります。

エセ科学の類でしょう。
水素水を作る機器を販売している会社の講演会に友人に誘われて聞きに行ったことがあります。
その時講演をしたのがWEBに出てくる白畑教授だったかどうかは覚えていませんが、水素水が存在するかどうかの質問になって次のように答えていました。
活性水素は機械から出てくる段階では存在するがコップに入れておくとなくなる。正直な答えだと思いました。
すなわち、講演者も認めているように短時間で活性水素は消滅し、活性水素を含有する水素水は存在しないということです。

>P...続きを読む

Qおいしさすっきり調製豆乳と国産大豆の調製豆乳

おいしさすっきり調製豆乳と国産大豆の調製豆乳,どちらもトクホの製品でコレステロールを低下させる働きがあるようですが,どちらの方がより効果的なんでしょうか?大差ありませんか?

また,トクホを取得してない調製豆乳にはコレステロールを下げる働きは取得製品と比べるとあまりないんでしょうか?

コレステロールがやや高めなので購入を考えています.

Aベストアンサー

血中コレステロールを減らすのは、不飽和脂肪酸の働きによります。元々大豆に含まれていますが、調整豆乳はさらに添加物によって不飽和脂肪酸が増えています。飽和脂肪酸は逆に血中コレステロールを増やします。飽和脂肪酸は肉類・乳製品・洋菓子などに多いです。

調整豆乳は確かに不飽和脂肪酸は多いけど、それは飲み物の中では比較的多いというだけです。所詮飲み物ですから、高が知れています。コレステロール値が高いなら牛乳の代わりに豆乳を飲みましょうとはいえるけど、あまり過信されても困ります。

肉類・乳製品・洋菓子に偏った食生活をしていたら、焼け石に水で追いつきません。肉類・乳製品・洋菓子はコレステロールが多いうえに、血中コレステロールを増やす飽和脂肪酸が多いから始末に負えない。

たんぱく質なら、大豆加工食品・魚類・魚介類・木の実類でも摂れます。特に大豆加工食品・木の実類は植物性食材なのでコレステロールを全く含まない。

コレステロールは体内でも生産されますが、食品では動物性食材にしか含まれていないのです。

確かに豆乳がコレステロールを減らすというのは嘘ではありませんが、それならピーナッツ、くるみ、マカダミアナッツ、アーモンドなどの木の実類をちょっとつまんだ方が効率的ともいえます。

100gあたりの飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の含有量gを比較すると、以下のようになります。
調整豆乳=0.50,0.75,1.99
豆乳=0.35,0.40,1.00
ピーナッツ=9.90,22.72,15.16
くるみ=6.87,10.26,50.28
マカダミアナッツ=12.46,59.23,1.56
アーモンド=4.09,34.77,12.54

飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸のバランスは3:4:3が理想といわれていて、ピーナッツは最も理想のバランスに近いといえます。しかも比較的安い。
だからピーナッツ味噌を発明した千葉県民は偉いのです。

そんなわけで、豆乳を調整するよりも、食生活のバランスを調整したほうが良いというお話です。(了)

血中コレステロールを減らすのは、不飽和脂肪酸の働きによります。元々大豆に含まれていますが、調整豆乳はさらに添加物によって不飽和脂肪酸が増えています。飽和脂肪酸は逆に血中コレステロールを増やします。飽和脂肪酸は肉類・乳製品・洋菓子などに多いです。

調整豆乳は確かに不飽和脂肪酸は多いけど、それは飲み物の中では比較的多いというだけです。所詮飲み物ですから、高が知れています。コレステロール値が高いなら牛乳の代わりに豆乳を飲みましょうとはいえるけど、あまり過信されても困ります。

肉...続きを読む


人気Q&Aランキング