問題集の問題
次の物質の結晶(個体)の状態における結合の種類および働く力を答えよ。
(1)CaO (2)HF (3)SiO (4)Ar (5)NH4Cl (6)Al (7)CsCl (8)SiO2 (9)CO2 (10)H2O 

問題集の解答
(1)イオン結合(2)共有結合,水素結合,分子間力 (3)共有結合 (4)分子間力 (5)イオン結合,共有結合,配位結合 (6)金属結合 (7)イオン結合 (8)分子間力,共有結合 (9)水素結合,共有結合 (10)イオン結合,共有結合,配位結合

結晶・結合の種類はどのように見分けるのですか。 周期表を見ればわかることなんですか。

化学がこのあたりからわからなくなっているので、独学で勉強しなおしています。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(2)イオン結合は、金属元素と非金属元素


  の回答で第2周期では窒素を境目に、窒素=非金属、と金属との結合はイオン結合と共有結合の中間となります。酸素との化合:酸化物=酸化物イオンとの化合(ただし相手は金属:非金属の酸化物は共有結合)はイオン結合。炭化物=共有結合性物質。です。
 次は極性分子について、です。電気陰性度(電子を引きつける度合い)の違いによります。2原子分子では電気陰性度の大きい元素の方に共有電子対が引きつけられますから、例えばHClではClが電気陰性度大なので共有電子対が引きつけられ、Cl側が「-」にH側が「+」に電荷の偏りを生じます。だから、2原子分子で同じ元素同士の結合以外は極性分子となります。
 立体モデルでは、その対象原子を中心とした正四面体を考えて下さい。中心に対象原子、正四面体の頂点に結合する原子を考えます。メタンCH4では、中心が炭素原子、頂点の4つが水素ですから全体的に電荷の偏りが無いから無極性分子です。アンモニアNH3は、窒素原子が中心で水素原子が3頂点を占め、あとの1頂点が非共有電子対となります。だから、極性分子。水H2Oは同様に酸素原子が中心、2個の水素原子が2頂点、あとの2頂点は非共有電子対が占めます。だから、立体配置により極性分子。この非共有電子対を利用して、例えば、水素イオンが結合してアンモニウムイオンNH4+やオキソニウムイオンH3O+ができる結合を配位結合といいます。
 二酸化炭素は、O=C=O で示されるように、共有電子対がO-C間で2対です。(2重結合:ダブルボンドといいます。)の結果中心の炭素原子には非共有電子対が存在しません。このときは分子は直線構造をとりますから、分子全体で電子の偏りが無いので無極性分子となります。同様に考えて、エチレンやアセチレンも無極性分子となります。
    • good
    • 0

(1)金属結合は、 金属元素と金属元素


たいていそうですが。ふつうは同じ金属同士です。異金属だと、合金や固溶体になります。が金属結合と考えてもよいでしょう。
(2)イオン結合は、金属元素と非金属元素
 これも、一般的にはOK。ただし、金属と非金属の中間物質、SiやGeなどの半導体につかわれるものはちょっと違う。共有結合するものもある。
(3)共有結合は、 非金属元素と非金属元素
 これも、一般的にOK。
なんでしょうか?
配位結合とは?共有結合は原子や原子団が電子を出し合い持ち合う=共有電子対の形成による結合なんですが、配位結合は、ある原子団や、原子、イオンなどの持つ非共有電子対を結合に使用し、一方は電子を出さないのです。
 非共有電子対の存在は分子の形にも影響します。
    • good
    • 0

結合の種類については dragon-2 さんの詳しい説明がありますので,「結晶の種類」と「結合の種類」の関係について。



結晶には,イオン結晶,共有結晶,金属の結晶,分子結晶,があります。

イオン結晶:
陽イオンと陰イオンを構成粒子とするもの。塩化ナトリウム等。イオン結合からなる。

共有結晶:
構成粒子がすべて共有結合で結ばれているもの。ダイヤモンドや二酸化ケイ素 (SiO2) 等。共有結合からなる。

金属の結晶:
金属原子の陽イオンが金属結合によって規則正しく配列した結晶。金属結合からなる。

分子結晶:
分子が規則正しく配列してできた結晶。二酸化炭素 (CO2),ヨウ素 (I2),ナフタレン等。また,希ガスや塩素 (Cl2) 等は常温では気体だが低温では分子結晶になる。分子間力からなる。また,分子結晶の中には,水のように分子間に水素結合が形成されているものもある。


次のペ-ジも参考になると思います。

Cherun's room( http://hiroshima.cool.ne.jp/cherun/
このペ-ジの「No.05_結合の種類」と「No.06_結晶の種類」

楽しい高校化学 Verchal Chemical World( http://www.yamamura.ac.jp/chemistry/index.html
ここの「物質の構成」のペ-ジの第8-12章


ところで,この「問題集の解答」って何かおかしくないですか。
(9) CO2 が「水素結合」? 水素がないのに。
(10) H2O が「イオン結合,配位結合」? 結晶状態(固体)で水がイオン化している?

それとも,私が間違っているのか?最近はこうなのか?
dragon-2 先生いかがでしょうか。
    • good
    • 0

 原子個々の性質に対しての一般的内容として答えます。


 元素の周期表を見て下さい。周期表は縦の列は同じような性質をもつ物質が並んでいます。これを同族原子といい、価電子数が同じなのです。ただし、遷移元素はのぞきます。ここで、価電子とは、一般に一番外の電子殻に存在する電子のことです。電子の入る軌道を電子殻といいますが、これは内側よりK(2)、L(8)、M(18)、N(32)・・・となっています。( )内数は電子の最大数。つまり、水素は電子1個がK電子殻に存在で価電子が1個、ヘリウムは電子2個がK電子殻に存在し、いっぱいとなるので、価電子数を0とする。リチウムは電子3個がK電子殻に2個L電子殻に1個となり価電子数は1となります。このようにして、内側から順に、(本当はエネルギー準位が低いところから)電子が埋まっていきます。元素番号9のフッ素は価電子数が7、次のネオンはL殻もいっぱいで、価電子数を0とします。この価電子が原子同士のつながり=結合に関係します。
 さらに、第18族(希ガス元素)は不活性=安定なものなのです。つまり、この電子配置をとると、物質は安定します。ので、各元素は電子のやりとりをして、希ガス型電子配置をとろうとします。第1族や第2族は電子を放出して、陽イオンになりやすいのです。
 (例)Na→Na+ + e-
    ナトリウムは価電子1個を放出して、安定なネオンと同一電子配置のナト   リウムイオンになりやすい。
第16族や第17族の元素は電子を受け取って陰イオンになりやすいのです。
 (例)Cl + e- →Cl-
    塩素は電子1個を受け取り、安定なアルゴンと同一電子配置の塩化物イオ   ンになりやすい。
と、周期表の両端は分かりましたか?したがって、この、陽イオンと陰イオンが結合するときはイオン結合性の物質となります。
 周期表の内側の元素はイオンになるより、電子をお互いに持ち合って結合する共有結合となりやすいのです。
 金属は自由電子をもつ、特有の金属結合(金属結合の結晶)となります。
あとは、その物質は分子が存在するかによります。共有結合物質は巨大結晶をつくらないかぎり、一般に分子が存在します。(水や二酸化炭素など)これが結晶をつくるときは、分子間力によります。水やフッ化水素のように極性が強い分子では、その分子内に偏在した電荷によって「+」と「-」が引き合い結合する「水素結合」があります。なお、希ガス元素は反応性が低いので、原子1個で分子となります。(単元子分子といいます。)
 また、共有結合の結晶にはダイヤモンドや石英(SiO2)などがあります。これは、個々に覚えなくてはしょうがないですね。
 教科書どうりの説明で説明になっていないかもしれませんが、もしかして、化学結合の種類と結晶の種類がこんがらがっているのではありませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

(1)金属結合は、 金属元素と金属元素
(2)イオン結合は、金属元素と非金属元素
(3)共有結合は、 非金属元素と非金属元素
なんでしょうか?
配位結合とは?共有結合との違いは何ですか。

お礼日時:2001/01/26 16:33

すべてを説明するのは大変なので、キーワードを・・・



結合の判別は原子の「電気陰性度(電子の引きつけやすさの度合い)」により決まります。電気陰性度は、一般に周期表の左下から右上に向かって大きくなり、フッ素が最強です。
逆に電気的に陽性な元素、すなわち「イオン化エネルギー」の比較的低い元素は金属として存在しますが、その原子の結合を金属結合といいます。


少し専門的な話・・・

基本的に化学結合は、正電荷の原子核と負電荷の電子との間の静電引力と、不確定性原理による効果により生じます。

単純な例で言うと、距離が離れた位置に原子核N1、N2があり(ともに正電荷)、N1に負電荷の電子eが引きつけられているとします。

  N1-e          N2

ここで、静電引力により、N1にeが落ち込まないのは、不確定性原理によります。すなわち、もし電子が核に引っ付くと、電子の”位置”と”運動量”が同時確定する事になりますが、これは不確定性原理に反することなのです。

で、このN1、N2の距離が近づいてくるとeは、N1との強い引力を振り払って、N2と静電的に結合しようとする確率がでてきます(実はこの確率が存在することが極めて重要!!)。当然これはどちらにも移動する確率があるので、

  N1-e・・・N2   <->   N1・・・e-N2     [1]

の様な状態が存在するのです。
このとき、電子は”移動する範囲が広がるため”、不確定性原理により、”運動量の低下”が起こり得ます。すなわち、一カ所に電子が局在化しているより、二カ所をうろついている方が、”運動エネルギーの低い状態が存在する”のです。これが、化学結合の安定化の要因です(波動関数を考慮するともっとはっきりします)。

で、この電子の移動確率がほぼ等しい(2核の電気陰性度がほぼ等しい)場合、電子を両者が共有していることになり(共有結合)、一方に平衡が片寄ってる(電気陰性度が異なる)場合、電子を引きつけてる方は負電荷を帯び、引きつけてない方は、正電荷を帯びてるので、両者は静電的に引き寄せられます(イオン結合)。

どんな結合にしても、基本的には静電的引力(クーロン力)によります。
ちなみに、希ガスや無極性分子においても、原子核周囲の”電子雲の揺らぎ”により、瞬間的に分極するため、それによる静電引力が弱い結合を生じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

もう一つ質問ですが、
分子の極性とは何ですか。
教科書には、直線形・V字型・三角錐型・正四面体型がある、とありますが、
分子の立体構造は、化学式からどう判断するのですか。
定期テストや入試で、これが問われた場合どう処理するのかお教え下さい。
たとえば、
(1)H2O (2)LiF (3)HCl (4)CO2 (5)CaOのうち無極性分子を選べ。解答(4)
なぜ?

お礼日時:2001/01/26 16:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単結晶の作り方について

なるだけ大きい氷の単結晶を作りたいのですが、作り方を教えていただけたらとても助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天然の単結晶に氷筍というものがありまして
これはトンネル等の上から滴がゆっくりと落ちてきたものが凍って出来ます。
人工的にも作られています。
これは輪切りにしてスケートリンクに敷くと摩擦抵抗が少なくなるので
長野オリンピックの前にMウェーブでも実験的に使われました。
この時はトンネル内を仕切って大型のコンプレッサーで冷やしながら作っています。
なので、ゆっくり滴を落として時間をかければ大きいものが出来るのではないでしょうか?

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q猫 ストラバイト結晶、尿路結石に対応できる手作り療養食の作り方教えてください!

1歳になったばかりのオスの長毛チンチラMIXが先日の尿検査で、尿路結石の前段階であるストラバイト結晶であると診断されてしまいました。

先月の尿検査でPH値が6.5今月は7.5で値が急激に上がっているので餌を病気用に変えなくてはいけないと言われました。ちなみに猫の体重は4,2キあります。

餌代が1ヶ月に餌500グラムで1100円、2キロで3500円そのほかにサプリメントが一日100円かかるといわれました。

可愛い我がニャンちゃんですが、現在家計に余裕がなくしかもいつもあげているヒルズサイエンスのアダルトのカリカリを買いだめしていたことからショックを隠せません・・。

とりあえずいままでのカリカリはストップして病院でもらった(サンプルの)PH対応のカリカリとヒルズサイエンスの缶詰(カリカリより塩分が低いらしいので)に即切り替えました。

先生によると食事も原因だけどその猫の体質なので、病気用餌もサプリもあげないと近いうちに膀胱に石が溜まるなどひどくなるといわれてしまっています・・・シクシク。

ネット検索によると何やら手作りの餌も効果的との情報がありました。皆様の中で手作りの治療食で克服された方おられましたら、作り方や本、サイトなどよい情報を教えてくださいませでしょうか?どうぞ宜しくお願い致します。

サプリメントだけだと良くなる確率は低いのでしょうか?専門家の方のご意見もどうぞ宜しくお願い致します。

1歳になったばかりのオスの長毛チンチラMIXが先日の尿検査で、尿路結石の前段階であるストラバイト結晶であると診断されてしまいました。

先月の尿検査でPH値が6.5今月は7.5で値が急激に上がっているので餌を病気用に変えなくてはいけないと言われました。ちなみに猫の体重は4,2キあります。

餌代が1ヶ月に餌500グラムで1100円、2キロで3500円そのほかにサプリメントが一日100円かかるといわれました。

可愛い我がニャンちゃんですが、現在家計に余裕がなくしかもいつも...続きを読む

Aベストアンサー

獣医師です。
猫の尿石症に関しての一般的な質問、回答などは検索されれば星の数ほど見つかると思いますので、
ここでは割愛させて頂きます。
「手作り食で治療可能か?」ということですが、かなりのリスクを負う事は覚悟されてください。
言うまでもなく、猫と人間とでは「肉食」と「雑食」という大きな違いがあります。
栄養学も人間のものは殆ど当てはまりません。猫の栄養学を基礎から理解された上での
手作り食であれば、何ら問題はありませんが、何となく作ったのであれば、
それは栄養学的には「食事」とは呼べないと考えています。尿石症のための療法食ということになれば尚更です。

フードの価格が問題になっているようですが、もしも結石が尿道につまり、
おしっこが出ない状態になった場合、その治療費はフード代などとは比較にならないほど
高額になりますし、場合によっては命を落とす事もありえます。
ですので、獣医師としては決して「手作り食でいいですよ」とは言わないはずです。
その点をよく検討されてみてなお自己調理食を与える場合はあくまで自己責任で与えてください。
参考にされたHPの管理者は責任をとってはくれませんよ。
ちなみにきちんと療法食で管理された場合、多くの例ではサプリメントは
必要ではないと思われます。(何のサプリメントかわかりませんが)

獣医師です。
猫の尿石症に関しての一般的な質問、回答などは検索されれば星の数ほど見つかると思いますので、
ここでは割愛させて頂きます。
「手作り食で治療可能か?」ということですが、かなりのリスクを負う事は覚悟されてください。
言うまでもなく、猫と人間とでは「肉食」と「雑食」という大きな違いがあります。
栄養学も人間のものは殆ど当てはまりません。猫の栄養学を基礎から理解された上での
手作り食であれば、何ら問題はありませんが、何となく作ったのであれば、
それは栄養学的には「食...続きを読む

Q分子結晶と共有結合の結晶について教えてください。

学校で、分子結晶は、分子が分子間力で繋がった状態。
共有結合の結晶は、原子どうしが共有結合でつながったものだと習いました。
そうすると、共有結合で原子が結びついてできた分子が、分子間力で繋がったものは分子結晶なのですか?
あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
わかりにくくてすいません。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
分子結晶に限らず、いくつか例を挙げられるようにしておかないと意味がない。脳の記憶容量の無駄遣いにしかならない。
ただ、共有結合の結晶を作る物質は、高校化学では4つしか問われることはないけれど、分子結晶を作る物質はなんぼもあります。
そして、共有結合の結晶というのは、その結晶1個で1個の分子という存在です。

で、分子間力で分子はほとんど繋がりません。なんとなく集まっちゃおうかなあ、くらいの弱い引力です。
(それに対して共有結合はちょっとやそっとでは切れない原子のつながり)
その分子間力で多数の分子が規則正しく配列している状態になったものが分子結晶です。

おわかりとは思いますが、結晶というのは構成粒子が規則正しく配列していないと結晶とは言いません。

Q硫酸銅の結晶の作り方

手元に硫酸銅の試薬があるので、子供と一緒に硫酸銅の結晶を作る実験をしたいと思います。

どのようにすれば上手に硫酸銅の結晶を作れるでしょうか?

硫酸銅の飽和水溶液を作ればいいと思うんですが、
硫酸銅の溶解度などってどうすれば調べられるんでしょうか?

Aベストアンサー

先ず始めに、硫酸銅は有毒なので、取り扱いには十分注意してください。実験をはじめる前に、MSDSなどを一読することをお勧めします。また最低限、手袋を着用し実験後は必ず良く手を洗うようにしてください。

具体的な操作ですが、私の経験上ですが
二段階に分けて結晶を作成すると綺麗な結晶が得られます。
1.種結晶を作る
2.作った種結晶をたこ糸等につるして大きな結晶に成長させる。

1.種結晶を作る。
先ず、少しでいいので多めに見ても30mLもあれば十分ですので飽和溶液を作ります。作り方は、沈殿が生成するまで(溶けなくなるまで)水に硫酸銅を溶かします。
溶けなくなったら、生じた沈殿や不純物を取り除くために一度濾過します。その濾過した溶液に少量の硫酸銅を加えて、加熱して溶かします。(ここで再度濾過をすると良いです。)そして、ゆっくりと冷却すると(さっき後から加えた分の)硫酸銅の小さな数mmの結晶が幾つか析出します。
これを濾過などで取り出し、比較的形の良いものを選び出します。これを種結晶として使用します。

2.結晶を成長させる
選んだ形の良い結晶をたこ糸等に縛ります。
その結晶を漬け込むための暖めた飽和溶液を作ります。作り方はさっきとおよそ一緒ですが、50℃~60℃くらいに加熱して作ります。この温度で溶け残りがいるようにして、濾過します。この濾過した溶液に先のたこ糸につるした種結晶をつるして、ゆっくりと冷却すると、結晶が成長していきます。


ポイント
・水溶液に不純物(ゴミなどの浮遊物)がある綺麗な結晶になりません。
・冷却のスピードは遅ければ遅いほど良いです。
 3~5℃/10時間でやったら私は綺麗になりました。
・一般に容器の中で温度にむらができてしまうので、(例えば、容器の底が机と接触して冷やされてしまうとか)発泡スチロールなどで熱を遮断した方がいいです。
・過飽和状態の溶液を使うとあまり綺麗な結晶が得られなかったので、飽和溶液を濾過する時には良くかき混ぜるなど振動を与えてから濾過したほうが良いかも。
・結晶成長中は振動を与えない。
・気長に待つ。

最初に、有毒だと書きましたが、化学実験は手順を守ってちゃんと安全対策をとって行なえば、必ずしも危険なものではありません。気をつけて行なってください。

あと、確か硫酸銅は水道に流したらいけなかったような気もしますので、ご注意下さい。

先ず始めに、硫酸銅は有毒なので、取り扱いには十分注意してください。実験をはじめる前に、MSDSなどを一読することをお勧めします。また最低限、手袋を着用し実験後は必ず良く手を洗うようにしてください。

具体的な操作ですが、私の経験上ですが
二段階に分けて結晶を作成すると綺麗な結晶が得られます。
1.種結晶を作る
2.作った種結晶をたこ糸等につるして大きな結晶に成長させる。

1.種結晶を作る。
先ず、少しでいいので多めに見ても30mLもあれば十分ですので飽和溶液を作ります。作り方は...続きを読む

Q高校化学の問題で、C,Ne,Mg,Clのうち共有結合の結晶をつくるのがCだけなのはなぜ?

高校化学の問題で、C,Ne,Mg,Clのうち共有結合の結晶をつくるものを選ぶ問題で答えがCとありました。なぜでしょう?なぜほかの原子は共有結合をしないのでしょうか
丸暗記するしかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>C,Ne,Mg,Clのうち共有結合の結晶をつくるものを選ぶ
 ではなくて、
C,Ne,Mg,Clの単体で、共有結合性結晶をつくるもの
 じゃないかと、化合物には共有結合のものもあるし、気相では分子、すなわち共有結合をするものもある。
 Cl₂は共有結合の分子を作り、それが分子結合性の結晶を作る。

化学は、九九のように丸暗記しなければならないものも確かにあるが、どういう化学結合をするかは理解しておかないと。
1) 周期表の三周期までと、アルカリ金属、アルカリ土類、ハロゲン、希ガス程度は覚えていた方が良い。周期表の形と共に
 □                 □
 □□          □□□□□□□
 □□          □□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
2) 金属元素と非金属元素
 電子を失い陽イオンになりやすい金属元素と、電子を受け取り陰イオンになる非金属元素はイオン結合性結晶
3) 金属元素どおし
 失った電子の自由電子の雲の中に陽イオンの金属で構成される金属結合性結晶
4) 非金属元素どおし
 電子を受け取りやすい物どおしなので共有結合で分子を作る。
5) 分子どおし
 分子間力で分子結合性の結晶 氷とか・・
6) 電子の数によっては、巨大分子を作ることができる
 Cは外殻電子が4個--共有結合ができる腕が4個なので、正四面体の電子軌道で立体をつくれる。ダイヤモンド
7) 分子であって、金属や非金属的な形質をもつものはイオン結合ができる。
 NH₄⁺ と CO₃²⁻ とか

質問を正確に読み取る国語力があれば、あとはわかるはず。

>C,Ne,Mg,Clのうち共有結合の結晶をつくるものを選ぶ
 ではなくて、
C,Ne,Mg,Clの単体で、共有結合性結晶をつくるもの
 じゃないかと、化合物には共有結合のものもあるし、気相では分子、すなわち共有結合をするものもある。
 Cl₂は共有結合の分子を作り、それが分子結合性の結晶を作る。

化学は、九九のように丸暗記しなければならないものも確かにあるが、どういう化学結合をするかは理解しておかないと。
1) 周期表の三周期までと、アルカリ金属、アルカリ土類、ハロゲン、希ガス程度は覚えていた方が良い...続きを読む

Q水は答えを知っている の結晶の作り方を教えて下さい☆

あの本の作者はどのような方法で水の結晶を作ったのでしょうか。私も彼と同じ実験をやりたいのでどなたか教えていただけないでしょうか。

“水は答えを知っている”は綺麗なエネルギーを水に注いで結晶させると綺麗な結晶が、綺麗でないものを注ぐとその通りの形の結晶ができるという本です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビデオが出ていますから、それを参考にされてはいかがですか、まあ、金をどぶに捨てるようなものですが

で、ある機械にそのビデオを見ました。
ビデオを見ればほとんど偶然で恣意的なことがわかるけどね

そこでのやり方としては

・水をほめるか、バカヤローとののしる
・水を氷温以下に冷やす
・水は氷結時に膨張し、中央が尖って盛り上がった形に凍結する
・この尖った部分を核として「空気中の水蒸気」が結晶を形成する。
なお、結晶の条件はありがとうやバカヤローにかかわらず、中谷スケールに従う。結晶しているのは空気中の水蒸気で、ほめられたり貶されたりした水ではないことに注目すれば、この話がいかに非科学的かわかるはず

実験するには肉屋の冷凍庫のような歩いて入れる規模の冷凍室が必要です。通常の空気中では結晶化しません。

なお、チンダル像というの誤りで、提唱者(藤倉珊氏)もすでに撤回しています。

Qイオン結晶の共有結合性について

イオン結晶の共有結合性について質問です。
原子間の電気陰性度の差が小さいほど共有結合性が大きいというのは何となくわかるのですが、、
イオン結晶において陽イオンの大きさ(半径)が小さいほど、また、陰イオンの半径が大きいほど共有結合性が大きいというのがよくわかりません。
参考書には、H+は大きさが非常に小さいので電子を引き込む力が強大であり、結晶中でH+としては存在しないというように書いてありました。
イオンの大きさと電子を引き込む力はどんな関係があるんでしょうか。
どなたか教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

共有結合を作る結合電子が最外殻にあることを仮想的に考えて,それと各イオンとの静電的な相互作用を考えるといいですかね.
陽イオンが小さいということは,結合電子は陽イオンの正電荷のすぐそばにあるわけで,それだけ強く陽イオン側に引きつけられるわけです.これはつまり,陽イオンのイオン性を落とし,その分イオン結合性を弱めます.
陰イオンが大きいということは,結合電子は陰イオンからより遠くにあろうとするということですから,陰イオンから離れて陽イオンの方に行く,つまり陰イオン性が下がり,共有結合性が上がる,と.

Qミョウバンの結晶の作り方(再結晶)

こんにちは.
ちょっと良い方法をお聞きしたいのですが,
今,私は理科の非常勤講師をやっていまして,
今度,中学1年生の夏休みの宿題に
”ミョウバンの結晶作り”を出そうと思います.
そこで,久しぶりに文献&ホームページ等で調べ
事前に結晶を作ってみましたが,形が悪く,大きさもいまいちでした.
(我ながら恥ずかしいです…)
どうか,良い結晶作りを教えてください.
できれば,中学1年生ができる簡単な方法をお願いします.
(なぜ,上手くいかないのか理論的(室温,水温等の調節)には分かるのですが…)


(材料)ミョウバン50g お湯(ポット)200ml,割り箸,木綿の糸
(方法)1,ミョウバンをコップにいれ,お湯で全て溶かす.
    2,割り箸に木綿の糸をくっつけ,コップにたらす.
    3,しばらくして,糸についた結晶のうち,形の良いものを選び,
     種結晶とする.その他は指で潰す.
    4,そこにたまった結晶はスプーンなどで取り除く.
    5,常に,母液はきれいな常態にしておく.
    6,3~5を繰り返す.

一応,こんな感じで結晶作りをしています.

こんにちは.
ちょっと良い方法をお聞きしたいのですが,
今,私は理科の非常勤講師をやっていまして,
今度,中学1年生の夏休みの宿題に
”ミョウバンの結晶作り”を出そうと思います.
そこで,久しぶりに文献&ホームページ等で調べ
事前に結晶を作ってみましたが,形が悪く,大きさもいまいちでした.
(我ながら恥ずかしいです…)
どうか,良い結晶作りを教えてください.
できれば,中学1年生ができる簡単な方法をお願いします.
(なぜ,上手くいかないのか理論的(室温,水温等の調節)には分かるのですが…)


...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、

> 3,しばらくして,糸についた結晶のうち,形の良いものを選び,種結晶とする.その他は指で潰す.

これは、指でつぶしても、少しは残ってしまうので、そこから成長してしまう
のでしょう。

私がやった方法を。

先ず、「種」を取る為に、糸を垂らさずに再結晶させます。底に沈んでいる or
縁についているやつの中で形の良いのを選ぶ。

その「種」を、細い銅線 or テグスの先に瞬間接着剤で固定する。接着剤は
ちょっとだけ、ね。

で、過飽和状態の「母液」が入っている容器は、発泡スチロールをくり貫いて
その中に埋めてしまう。なるべく、ふたもつける。

後は、じっくり待つだけです。

種を取った後の再結晶化を何度も繰返すのであれば、成長途中の結晶には
なるべく触らないようにしましょう。


# なつかしい :-)

Q分子結晶とイオン結晶の区別について

高校化学です。

固体状態において以下の物質についてイオン結晶・分子結晶の分類をお願いします。
もし、高校生にわかる解説があるようでしたら、よろしくお願いいたします。

塩化水素
硫化水素
フッ化水素

価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶だと習ったのですが、上記の物質についても固体にした場合はイオン結晶でよいのでしょうか。たとえば、塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすいのですが、上記の物質についてはどのように考えればよいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになるので、水素の原子核が剥き出しになるからです。電子殻に包まれていない剥き出しの原子核、というものは非常に不安定なので、(高校化学の範囲内では)固体中に水素の陽イオンH+を含むものは、ありません。

水溶液中で水素イオンH+と呼ばれているものは、剥き出しの原子核ではなく、じつはH3O+(あるいはH3O+にH2Oが配位したもの)である、ということを高校化学で習うと思います。それと同じ理屈です。

> 塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすい

高校化学の範囲内では、常温常圧で気体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、どれも分子結晶になると考えていいです。

高校化学の範囲内では、常温常圧で液体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、たいていの場合、分子結晶になると考えていいはずです。こちらはちょっと自信がないので、学校や塾などで先生に確認してください。なお常温常圧で液体の単体には、常圧下で冷却して結晶にすると金属結晶になるものがあるので、注意してください。

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報