幼稚園のころに右足を骨折をしました。(2本あるうちの1本が折れた)
現在20歳ですが、1センチほど右足の方が長いようです。
・ズボンの裾の上がり具合が違う
・ひざの位置が違う
・骨盤の一番でている部分の位置が違う

今までは特に症状はなかったのですが、最近になり以下の症状が出始めました。
・足首の痛み(左右ともに)
・ひざの痛み(左右ともに)
・腰の痛み
長時間歩いたり、立っていたりすると現れます。
通勤時(時間は片道1時間。バスで座ってることが多い)に毎日ヒールを履いている場合も現れます。

年を重ねるにつれ症状が悪化するのではないか心配です。
病院に行ってインソールなどを作成してもらいたいと思っています。
ただ、できるだけ丁寧に話を聞いてもらえるところがいいので、大きな病院は避けたいです。個人病院でインソールなどを作ってくれるところはあるのでしょうか?(岐阜市近郊で)
そもそも、病院はどういったところにかかれば良いのでしょうか?
整形外科?接骨院?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめましてこんにちは。


病院に勤めております。

若いとはいえ、膝や腰の痛みはさぞ辛いことと思います。
治療ですが、鍼灸が身体に合う人もいれば指圧やマッサージが合う人、
接骨院に行ったほうが良いという人もいるでしょう。
しかし体の調子の悪い部分を動かしたり触ったりしてはいけない場合も多々あります。
まずは整形外科で一度診察を受けることをおススメします。

股関節の歪みが両足の長短差を生み、骨格を歪ませるということもありますので。
左右の脚の長さに違い(長短差)がおこり、骨盤が傾き背骨が曲がってくると、身体にさまざまな病気がおこります。
質問者様も他の部位にも症状がでてきて気になっているようですし、
1日での早い受診をおススメします。
悪化してしまうと治療に時間がかかってしまいますので。

質問者様もおっしゃるとおり、
私の経験からも総合病院などの大きな病院は
手術を必要としない患者様への応対はあまり丁寧ではなく、
湿布を処方して終わりというところも少なくありません。
ちょっと大きな個人病院のほうが親身になってくれますよ。

個人病院でもリハビリのある整形外科がよろしいかと思います。
リハビリに理学療法士(PT)と作業療法士の(OT)がいらっしゃるのが理想ですね。
PTやOTのいる病院でしたら、質問者様の症状に合わせアドバイスいただけるはずです。
必要性があれば装具の購入を検討するよう薦められると思います。
その際もどのような物がいいかなど、一緒になって考えてくれるはず。
ある意味ドクターより、PT・OTのほうが専門的ですから。

でもあくまでも診察は医師になりますので、
過去の骨折の話や現在の状況(いつ頃から、どのような時・どのように痛むか)
など明確に伝えたほうがいいと思います。

早く良くなるといいですね。
おだいじにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なアドバイスをありがとうございます。

岐阜市近郊で
個人病院でリハビリのある整形外科
なんて都合の良い病院はありますか?

お礼日時:2007/08/20 15:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 骨盤骨折のまとめページ

    骨盤骨折とはどんな外傷か  骨盤は左右の恥骨(ちこつ)、坐骨(ざこつ)、腸骨と仙骨(せんこつ)で構成されており、後方は仙腸(せんちょう)関節、前方は恥骨結合で融合されています。  骨盤輪のなかにはS状結腸、直腸、肛門、膀胱、尿道、女性の場合にはこれらに加えて、子宮、卵巣、卵管、腟が含まれています。消化管は下腸間膜(かちょうかんまく)動脈、女性性器は卵巣動脈と子宮動脈、泌尿器系は内腸骨動脈で支配(臓器が必要...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折したことがあると足の長さは異なるでしょうか?

幼少のころに右足の踵を骨折したことがあります。ジャンプした着地
でヒビが入り治療したことがあるのですが、こういった過去があると
足の左右の長さが違うことが大人になってからもあるでしょうか?
時々整体に行くのですが、その時に足の長さが違うことがあります。
長さが違うと疲れは溜まりやすいでしょうか?以上2点の回答をお
願いします。

Aベストアンサー

特殊な例として、骨を切って、骨の成長を使って足を延ばす方法は有りますが、
ヒビ程度では、太くなっても長くなるとは考えにくいですね(vv;)
おそらく長さが違うのは、姿勢が悪いか、骨盤や膝に変形が有るかも知れないですね!(^^)
当然片一方が短いと、長い方がカバーしたりしますので、疲れやすいですよ
例えば、片膝が悪ければ、それをカバーするために、もう片方の膝が悪くなったり、腰を痛めたりします

Q人工股関節を入れたら足の長さが1CMズレました。医療ミスでしょうか?

人工股関節を入れたら足の長さが1CMズレました。医療ミスでしょうか?

知人が6月に人工股関節を入れる手術を受けたのですが、
両足の長さが1CMズレてしまっていて違和感を感じると
のこと。実際歩き方もぎこちないです。これって医療ミ
スなんでしょうか?
手術を担当した医者は、人工物を入れる以上それぐらい
は許容される誤差の範囲だとの趣旨の話をしたというの
ですが、本当ですか?

Aベストアンサー

許容範囲でしょう。
中には5cmくらい違う人もいるそうです。
7cmというのが私の聞いた中で最大。
人工関節ではなく、自骨を使ったRAOなどでも長さは変わります。
1cmでは、医者は「おれって上手いじゃん」と思っているかもしれません。

私も人工関節入れていますが、ちょっとずれている気が・・・
(足では無いですが)

1cmなら靴底などで調整すればいいだけです。

Q足の骨折をされた方

足の脛骨折を経験された方に質問です。
6歳の子どもが事故で足の脛を骨折しました。
8月の末頃骨折して10月の初めにギブスをはずしましたが
左右のふくらはぎの太さも違い歩くときにはいまだに少しビッコを引いています。

そこで聞きたいのですが完全にビッコを引かずに歩いたり走ったり出来るようになるには
どれぐらいかかりますか?
見た目、骨折前と同じようになるまでです。
個人差があるのはわかるのですが目安として知りたいのです。

お子様が骨折されたことがある方や経験者の方のお話を聞かせてください。

Aベストアンサー

ri812 様へ

No5のkakihahaです。

ri812 様のお子さんは、“事故による骨折で足首あたりにタイヤに轢かれた裂傷”との事で、交通事故だったんですね。質問文を拝見た時は、交通事故とも、そこまで重症とは思わず、回答いたしておりました。申し訳ありませんでした。

我が家の子供はだっこした状態から、だっこしていた人と一緒にこけて路面に投げ出されて骨折しました。

見事に脛骨が斜めパカッと折れた状態(左写真)で、ギプス固定のみでした。なお外傷はありませんでした。

No5の回答にも書いたように、ギプスが外はずれてその後に歩行許可が出た直後、本当によくビッコをひいていましたし、時間が経ってからもうちの子の軽い状態でさえフラッシュバックのように、急にビッコをひいたり、痛がったりしていました。

お子様は、幼い年齢で、しかもひどい事故であり、心の中でその時の怖かった、痛かった思いが残っている事も考えられるのではないかと思いますが・・・

でも、ほんと徐々に頻度が少なくなり、いつの間にか普通に歩いたり、走っていました。
ほんといつの間にかです。

もちろん、現在は小学生になっていますが、なんら問題はありませんし後遺症もありませんでした。

“12月初めの受診時にレントゲンは撮らない”と医師から言われたとの事ですが、それはそれで正しいと思います。うちも8か月後に骨折した部位を強打しひどい内出血になって痛がっていた時でさえ、診察後「レントゲンは必要ない」と言われましたので・・・

“過成長”は、うちの子供の場合はありませんでした。背がちっちゃいのでむしろ過成長でちっとでも伸びてくれた方が良かったかも(? でも左右が違ったら困りますよね)

~ここまでは母としての回答ですが、

私の仕事の立場上(医療関係)から申し上げますと、やはり一番近い人(母など)が、いつもと違う、なんかおかしいと感じる事が一番正しい事が多いので、あまりにも長期間であれば、受診される(予定にはなっていますよね)事をお勧めいたします。




画像
初めの回答文に添付する予定だった写真を貼り付けます。画像が小さいと思いますので画面上で右クリック後拡大してもらうと少しわかり易いかも・・・

左:骨折受傷直後写真 
右:ギブス外した直後右足が細いです(写真より実際はもっと細かったです) 
中央下:右の太もももがかなり細くなってます

ri812 様へ

No5のkakihahaです。

ri812 様のお子さんは、“事故による骨折で足首あたりにタイヤに轢かれた裂傷”との事で、交通事故だったんですね。質問文を拝見た時は、交通事故とも、そこまで重症とは思わず、回答いたしておりました。申し訳ありませんでした。

我が家の子供はだっこした状態から、だっこしていた人と一緒にこけて路面に投げ出されて骨折しました。

見事に脛骨が斜めパカッと折れた状態(左写真)で、ギプス固定のみでした。なお外傷はありませんでした。

No5の回答にも書いたように、ギプ...続きを読む

Q骨折の完治までのおおよその期間を知りたい

足の平の中側の骨を折った場合、キブス装着期間と、松葉杖無しでの歩行(補助無しでの自力歩行)が出来るまでの、おおよその期間を教えて下さい。目安にするため、個人差は了解の上です。

Aベストアンサー

新年早々元旦に事故に遭い左足首前部の剥離骨折をした者です。
今現在もリハビリに通っています。

私は剥離骨折をしたものの、その周辺に大変大きな傷を負い、ギブスが出来ない状況でした。
それで、マジックテープ式の固定ギブスを装着していました。

松葉杖での生活は1ヶ月弱でした。
そしてとにかく安静、安静じっとしていてと言われ、湿布と傷口用のガーゼだけをもらっていました。

怪我から一ヶ月経った頃、整形外科医から「骨はくっつきつつあるから、リハビリをはじめよう」と言われギブスはもうしなくていいよと言われました。
まだ、象のように腫れて、色も赤黒く、とても動かせる状態ではなかったのにです。
骨折自体は一ヶ月もすると問題なくなってくるそうです。

問題は機能回復。
こちらの方が大変です。

私はリハビリは週2回、一回につき40~50分で、リハビリしながら2週間に一度の整形外科の診察もしてもらっていますが、
骨はくっついた段階で整形外科的な処置はほぼ終わりで、
あとは機能回復の為のリハビリがメインになってくるそうです。

医師の許可が出たのなら無理のないようになるべく早くリハビリに入る事をお奨めします。
人間ってこうも元に戻らなくなるものなのか!!と痛感しています(焦)

「人間は2週間もあると筋肉は衰え、機能も衰えるよ。
でも、それを戻そうとするには3倍も4倍もかかるんだよ」と担当の作業療法士さんが言いました。
私はまだ、走れません。
走るどころかつま先立ちもできません。
歩く時もびっこひいてます。
今日も午前中リハビリに行ってきましたが、
まだ歩行は1時間まで、立ち仕事は禁止だそうです。

これでも普通の進度だと言われました。
走れるようになるには早くて半年後、正座にいたっては年単位で考えておいてね、と言われ、ショックを受けてきました。

怪我よりリハビリの方がはるかに辛いです(泣)
頑張ってくださいね!!!!

新年早々元旦に事故に遭い左足首前部の剥離骨折をした者です。
今現在もリハビリに通っています。

私は剥離骨折をしたものの、その周辺に大変大きな傷を負い、ギブスが出来ない状況でした。
それで、マジックテープ式の固定ギブスを装着していました。

松葉杖での生活は1ヶ月弱でした。
そしてとにかく安静、安静じっとしていてと言われ、湿布と傷口用のガーゼだけをもらっていました。

怪我から一ヶ月経った頃、整形外科医から「骨はくっつきつつあるから、リハビリをはじめよう」と言われギブスはも...続きを読む

Q手術後の足の長さの違いについて質問します。

手術後の足の長さの違いについて質問します。

79歳の女性で大腿骨頸部骨折の診断を受け、骨とう部に人工骨の埋め込み手術を受けました。その後、自立歩行のリハビリを受けていますが両足を揃えた時に違和感があるとのことで、ベッドで足を伸ばして見ましたら手術した方の足が2~3cm長くなっていました。

こういうことはこの手術には普通にある許容範囲ですか。それなら前もってそういう説明があると思うのですが、そういった説明はありませんでしたからミスの範囲に入るのでしょうか。

それと足の長さの違いからくる今後のリハビリや生活上の注意点は何でしょうか。

骨折以外に特に身体的な病気・ケガ等はありません。健康体で介護などの必要もありません。

Aベストアンサー

手術前に人工の骨頭の長さについては適切なものを検討します。しかし、実際手術するとその長さではどうしても脱臼してしまうのでそれを予防するために、長さを変える場合があります。その際に長さが左右で違うことがあります。医療ミスとはいえません。
左右の長さが違う場合、長いほうに重心がかかってしまったり、姿勢が変化してしまう場合があります。歩いて疲れがひどい場合や、腰痛が強くなることがあるので、その場合は医師に相談してみてください。
また、転倒の危険性が高くなるので注意が必要です。

Q両足の長さが違います

生まれつき両足の長さが違います。(2.5cm~3cm程の差)
小学生までは愛知県心身障害者コロニーへ通っていましたが、
診療といってもレントゲンをとって経過を見るだけ。
意味がないと中学からは部活や他に楽しいことがあったりと
行かなくなりました。
足の長さが違っても歩けるし、走れるし日常生活に
支障がないとここまで暮らしてきました(現在24歳)

両足の長さが違うため骨盤が歪んでいます
まぁしょうがないと諦めていたのですが、最近になって
骨盤の歪みがホルモンバランスを崩し生理不順や毛深い事の
原因になっていると知りました。

そうと知ってはほっておけません。
治療をしたいと思います。
まずは診断をしてもらいたいと思います。
どういった病院へ行ったらよいのでしょうか?
また東海3県でいい病院があれば教えていただければと思います

Aベストアンサー

2センチを超している脚長差があるならば、何らかの治療をした方がよいと思います。
小学生の頃にはそれ程脚長差がなかったか、改善の余地があったかのどちらかだったのかもしれません。手術が必要な場合は、大抵は10歳から13歳頃に治療を行います。治療至適時期に至る前に受診を止めてしまわれたのかもしれません。もう一度、受診されることをおすすめします。通常の病院は5年程度で過去のデータは破棄してしまうのですが、御記載のような施設では長期に患者さんをみることが多いため、記録が残っていることがあります。

ちなみに、私も脚長不等のある患者さんをたくさんみてきましたが、「ホルモンバランスを崩し生理不順や毛深い」という状況になった方は見たことがありませんので、その点については余り心配ないと思います。脚長不等の治療の目的は骨盤の傾斜による腰椎の負担を減らすことと歩行のバランスを改善することです。

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む

Q骨折後痺れが残ります(骨折から3ヶ月経過)

2006年4月16日に左足を剥離骨折しました。
過去ログ⇒http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2116354

あれから3ヶ月経過し、骨の状態も大分よくなってきているのですが
痺れだけが取れません。
指は伸ばしたり反ったりできるようになってきています。
感覚もあるので麻痺ではないようです。


痺れは足首から下全体です。
痺れは一日中おきており治まりません。

今日、整形外科に行って診てもらったのですが、
「回復期にでてくる症状だと思います。前向きにリハビリを続けましょう」
「お湯と水に交互につけてみながら自律神経の状態もみてみましょう」
といわれました。


回復期に痺れって起こるのでしょうか・・?
今まで骨折経験がないのでわかりません。
また血圧(今、高血圧のような症状が出ています)には関係あるのでしょうか?
考えられる原因を知りたいです。

突然で申し訳ないのですが、どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まず「痺れ」が本当のしびれなのかです。患者さんが「痺れている。」という時に、良く話を聞くと神経からくるしびれ(いわゆる正座のときに感じるようなしびれ)ではなく、違和感やむくみなどの場合があります。
神経からのしびれですと、発症時期が腑に落ちません。歩行でむくんだ足がギプスに締め付けられて一過性におきたようなものか、足に関係のない腰からくるもの(椎間板ヘルニアなど)のような気がします。

足全体が腫れてジンジンするような症状なら、発症の時期や状況から考えて主治医のおっしゃったような自律神経性のもの(反射性交感神経性ジストロフィー(複合性局所疼痛症候群))も考えられます(すみませんが病気の内容については検索サイトでひいてみてください)。ちなみに血圧はまず無関係でしょう。

Q骨折手術後のボルトは抜いたほうがいいのでしょうか?

2年前に足(外果)を骨折し、手術してボルト(ねじ?みたいな細いやつ)を2本入れ、経過も順調で今は日常生活にまったく支障はない状態です。周囲からそろそろ抜いたほうがいいよ、といわれたので気になって病院にいくと「チタンだからどっちでもいいよ。抜いても抜かなくても」ということ。自分としてはやはり手術は嫌なので抜かないほうがいいのですが・・医者は抜かなくても将来、支障はない、というのですがどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

整形外科医です。

まずは理論的な根拠からですが、現在のところ、チタン製の内固定材料(ネジやプレートのことです)については、長期間体内留置しても差し支えないとされています。最初から抜去しないことを前提とした構造の(抜去する機能のない)材料もあります。
しかし、チタンが体内材料として使われ始めたのはここ20年程度のことですから、体内留置期間が50年60年と言う長期間になると、100%大丈夫、と言う保証は出来ません。ただ、現在のところ、理論上は長期留置しても大丈夫と考えられている、と言うことです。

ですから、チタン材料でも原則抜去することがあります。どのような場合かというと、若年者で、抜去が容易な部位にある場合です。一生留置となると、数十年以上となり、不確定要素が強くなるので、原則抜去となります。
逆に50代以降、抜去が困難な部位、抜去手術による合併症の危険がある、何らかの合併症がある、などの場合は原則抜去しません。

年齢にもよりますが、特に合併症などがなく、社会的・時間的にも余裕があり、局所麻酔程度の麻酔で抜去出来るなら、抜去しておいた方がよいかも知れませんし、逆に、何らかの合併症(糖尿病など)があるとか、全身麻酔が必要とか、そう言う場合には抜去しない方が得策かも知れません。

結局の所、「留置による不具合を回避するために、手術にまつわる合併症を許容出来るのか」、それとも、「手術による不具合を避けるために留置にまつわる不具合の可能性を受け入れるのか」、という事がすべてです。どちらも確率的には非常に低いことですが、万一不具合が起こったときに、手術しなければ良かった、あるいは、手術しておけば良かった、などと思うことの無いようにするのが一番です。

整形外科医です。

まずは理論的な根拠からですが、現在のところ、チタン製の内固定材料(ネジやプレートのことです)については、長期間体内留置しても差し支えないとされています。最初から抜去しないことを前提とした構造の(抜去する機能のない)材料もあります。
しかし、チタンが体内材料として使われ始めたのはここ20年程度のことですから、体内留置期間が50年60年と言う長期間になると、100%大丈夫、と言う保証は出来ません。ただ、現在のところ、理論上は長期留置しても大丈夫と考えられてい...続きを読む

Q骨折後の変な歩き方のクセを治したい

よろしくお願いいたします。

以前に左足を骨折しギブスに松葉杖で生活していました。今は完治したのですが、その当時の変な歩き方のクセが抜けなくて困っています。未だに『まだ痛むの?』とか初対面の人とかに「脚どうしたの?』とか聞かれます。

意識すると余計にぎこちない歩き方になります(と思います)

何か良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、大学のPEクラスでWeight Trainingの授業とっています。たぶん松葉杖を使っていた時に出来た筋肉がアンバランスについているんだと思います。筋肉をつけると引き締まって骨を正しい位置に戻すので姿勢がよくなると聞きました。
まずは接骨院っていうんでしたっけ(?)骨と筋肉のクリニックに行って、チェックしてもらったらいかがですか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報