法に触れる商品を販売して、荒稼ぎして捕まる人たちがいますが、その方法で儲けたお金はどうなるのでしょうか。警察に没収されるのでしょうか。それとも、その犯人の資産になるのでしょうか。資産になるというのなら所得税を払わなければならないと思いますが、犯罪で得たお金に税金がかかるのも変な気がします。実際のところどうなんでしょう。犯罪で得たお金がどう扱われるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前の方の回答と重なっていますが...。



1.犯罪による収入と特定できる場合
   警察によって没収されます。そのお金で買ったと証明できる物も対象です。競売その他の手段で現金化されます。最終的に国庫に入ると記憶しています。
2.犯罪に絡んだ物かどうか特定できないが、収入であることが認められる場合。
   一般の収入と同様に課税されます。悪質な場合、重加算税などもかかります。もちろん、支払われるまでの利子も。
3.収入として特定できない場合。
   犯人(?)または会社の資産になります。

もちろん、どれか一つになるとは限らず、この組み合わせとなるケースがほとんどでしょう。
マネーロンダリングを行うと、2または3になってしまいます。

以上。
    • good
    • 2

海外の麻薬組織の例ですが、麻薬で稼いだお金を寄付、


(もちろん非合法なのは隠して)それで公共施設を建設、
その建設を組織の建設会社で請け負うことにより
最終的には手元に戻るといった手がありました。
もちろん水増ししてるので利益も出てると。
あるいは、第三者名義で海外の口座に送金してしまう。
スイス銀行などが有名ですね。
こういったのを「マネーロンダリング(資金洗浄)」と呼びます。
    • good
    • 0

悪銭身につかず,のことわざどおり,たいていの場合,湯水のように浪費していて,捕まった時手許に残っていません。



地道に貯金するような人はそもそもヤバい商売には手を出さないものです。
    • good
    • 0

 刑法19条で、犯罪に関係した金銭は没収することになっています。

しかし、はっきりいって、ほとんど実効性はないでしょうね。というのは、検察で、立件したものに限られますし、第三者に送金して、本人に所有権の無い物はできないことになっています。また捕まってしまえば、よほどのことがない限り、本人の手元には、お金が残りませんので、それに対し税務当局が所得税相当額を追徴することは困難でしよう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犯罪で得たお金はどうなるの?

例えば5億円を詐欺してその金を資金運用して1億円儲けた場合逮捕された時、その1億円はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

法的には、刑法で詐欺罪について10年以下の懲役としていますので、有罪が確定すればその付加刑として5億円は没収されます。(刑法19条3項)

また、その5億円を元手にした1億円の利益についても同様に因果関係が認められれば(5億円があったために1億円の利益を得ることができたと認定されれば)、没収になります。(19条3項)

これはあくまで利益を受けた部分のみについての刑罰です。
この他に、民事的に騙された人から損害賠償請求があればその賠償もしなければなりません。

ただし、刑法上は没収することもできるとされているだけですので、5億円はもとの持ち主に返されることになるかと思いますがね。

(詐欺)
第二百四十六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

(没収)
第十九条 次に掲げる物は、没収することができる。
 一 犯罪行為を組成した物
 二 犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物
 三 犯罪行為によって生じ、若しくはこれによって得た物又は犯罪行為の報酬として得た物
 四 前号に掲げる物の対価として得た物
2 没収は、犯人以外の者に属しない物に限り、これをすることができる。ただし、犯人以外の者に属する物であっても、犯罪の後にその者が情を知って取得したものであるときは、これを没収することができる。

(追徴)
第十九条の二 前条第一項第三号又は第四号に掲げる物の全部又は一部を没収することができないときは、その価額を追徴することができる。

(没収の制限)
第二十条 拘留又は科料のみに当たる罪については、特別の規定がなければ、没収を科することができない。ただし、第十九条第一項第一号に掲げる物の没収については、この限りでない。

法的には、刑法で詐欺罪について10年以下の懲役としていますので、有罪が確定すればその付加刑として5億円は没収されます。(刑法19条3項)

また、その5億円を元手にした1億円の利益についても同様に因果関係が認められれば(5億円があったために1億円の利益を得ることができたと認定されれば)、没収になります。(19条3項)

これはあくまで利益を受けた部分のみについての刑罰です。
この他に、民事的に騙された人から損害賠償請求があればその賠償もしなければなりません。

ただし、刑法上は没収することも...続きを読む

Q悪行(犯罪)により得たお金

例えばニュースでよく話しですが
「麻薬を売りさばいて・・・」
「違法風俗店を経営して・・・」
「密入国を手伝って見返りに・・・」
「ダフ屋行為で・・・」
「違法コピーで・・・」

など 犯罪で儲けたお金の処理はどうなるのでしょうか。
逮捕されて、受刑後は、犯罪で儲けた
お金で悠々自適生活なんでしょうか?
やっぱり「やったもん勝ち」ですか??

Aベストアンサー

質問者の方が知りたいのは、犯罪によって得た財物、金銭はどうなるかということですね。

被害者が明らかな場合は、被害者に返還されます。

それ以外の場合は、刑法は以下の様に定めています。

刑法 第十九条 第一項
 次に掲げる物は、没収することができる。
  一 犯罪行為を組成した物
  二 犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物
  三 犯罪行為によって生じ、若しくはこれによって得た物又は犯罪行為の報酬として
     得た物
  四 前号に掲げる物の対価として得た物

刑法 第十九条の二
 前条第一項第三号又は第四号に掲げる物の全部又は一部を没収することができないと
 きは、その価額を追徴することができる。

没収は、刑事裁判にかけられ判決の主刑に対して附加刑として言い渡されるものです。
そして、金銭に関しては、犯罪で得た総額を特定し、その額が手つかずであれば、その全
額を没収し、使ってしまって減額していれば、その価額を追徴できます。
従って、基本的には、犯罪で得た財は、犯罪者の手元に残りません。

しかし、先に「犯罪で得た総額を特定し」と述べたように、この時点で一部を隠していて
総額自体をごまかしている場合は、その隠し金が受刑後、犯罪者の手に渡ります。
また、組織犯罪などで、末端の犯罪者は逮捕・処罰できたが、組織に溜め込まれた金銭に
は、警察・検察の手が及ばなかった場合、やはり犯罪者の手に渡ります。

このため、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(以下、組織犯罪法)」
というのが定められ、犯罪収益等の隠匿や、犯罪組織内への蓄積に対しても対処できるよ
うになっています。(組織犯罪法 第十条~第十七条。条文は長いので省略)
従って、隠し金や組織犯罪での蓄財も、基本的に犯罪者の手元から離れるようになってい
ます。

質問者の方が知りたいのは、犯罪によって得た財物、金銭はどうなるかということですね。

被害者が明らかな場合は、被害者に返還されます。

それ以外の場合は、刑法は以下の様に定めています。

刑法 第十九条 第一項
 次に掲げる物は、没収することができる。
  一 犯罪行為を組成した物
  二 犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物
  三 犯罪行為によって生じ、若しくはこれによって得た物又は犯罪行為の報酬として
     得た物
  四 前号に掲げる物の対価として得た物

...続きを読む

Q犯罪によって手に入れたお金はどこへ行くのですか?

犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

例えばライブドアの堀江さんですが、彼は社長時代に何百億円も稼ぎましたよね。
個人の資産も相当なものだと思います。
でもその後、どうやらその手法は犯罪だったということで今も裁判中かと思います。
きっと犯罪だったんですよね。
彼は一度収監され、その後多額の保釈金(確か5億円?)を支払って保釈されたと思います。
しかし、この5億円というのは不正なことをして稼いだお金ではないのですか?
それを使って保釈されているということでしょうか。
そして彼が不正に稼いだと言われている他の巨額の財産は、今後いったいどうなるのでしょうか?

他にも詐欺や不正な取引など、犯罪行為で巨額のお金を手に入れた後に有罪判決を受ける人の例をよく見ますが、彼らの手に入れたお金はどこに行っているのですか?

私は、日本ってもしかして・・・

1.何か犯罪を犯してでもボロ儲けする。
   ↓
2.捕まって有罪判決。書類送検されたり、数年間服役する。
   ↓
3.出所してもお金はそのまま。その後の人生は悠々自適。

ということが可能になっているのではないかと思ったのです。

法律に明るい方、教えていただけますでしょうか。

ニュースを見ていると某IT系社長、ファンドの社長、食品偽装の社長、耐震偽装の社長、暴力団関係者、詐欺師、などなどなど、ドーンと悪いことをして稼いで、その後は楽々と暮らしてるんじゃないの?
と思う人がたくさんいます。

犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

例えばライブドアの堀江さんですが、彼は社長時代に何百億円も稼ぎましたよね。
個人の資産も相当なものだと思います。
でもその後、どうやらその手法は犯罪だったということで今も裁判中かと思います。
きっと犯罪だったんですよね。
彼は一度収監され、その後多額の保釈金(確か5億円?)を支払って保釈されたと思います。
しかし、この5億円というのは不正なことをして稼いだお金ではないのですか?
それを使って保釈されている...続きを読む

Aベストアンサー

まず1つ誤解しそうなところから、ですが…

>犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

被害者の存在する犯罪なら、没収はされないでしょう。被害者に返さなきゃいけませんから。
(窃盗罪、詐欺罪、横領罪など刑法に定められた財産犯はそうです)
この場合、そのお金は「犯人以外の者に属」するんで、刑法19条2項によって没収の対象外です。
…というか、19条2項はまさしく「被害者の物は没収しないで被害者に返しなさいよ」が趣旨の1つですんで…

証券取引法違反で得たお金の場合は法律の規定によって没収されます。
(この場合の根拠は証券取引法198条の2です。このケースは1号相当)
このあたりは以前にも回答したことがありますので、ご参考まで…
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2197476.html

>ドーンと悪いことをして稼いで、その後は楽々と暮らしてるんじゃないの?

まぁ週刊誌的想像としては楽しいでしょうけど…
法律はそう甘くは出来ていないです。

犯罪で得たお金を使ってしまって手元にない…
なんて場合は返せないってことはあるでしょうが
(詐欺事件はそのケースがけっこう多い)
その場合は犯人の手元にだってお金は残っていないんですから、
やっぱり「悪いことして稼いで、その後は楽々と暮らして」…ってことはなさそうです。

犯罪が見つからなければ楽々と暮らしているのかもしれませんが、
犯罪が見つかるか見つからないかってのは法律の外の問題ですし
(=『法律に明るい方』の出番はない)
犯罪を見つからないようにするってのもそれなりにコスト(労力、知恵、お金)がかかるんで
やっぱり通常は割に合わないのでは、と思います。

まず1つ誤解しそうなところから、ですが…

>犯罪によって稼いだ(?)お金というのは、没収されないのでしょうか。

被害者の存在する犯罪なら、没収はされないでしょう。被害者に返さなきゃいけませんから。
(窃盗罪、詐欺罪、横領罪など刑法に定められた財産犯はそうです)
この場合、そのお金は「犯人以外の者に属」するんで、刑法19条2項によって没収の対象外です。
…というか、19条2項はまさしく「被害者の物は没収しないで被害者に返しなさいよ」が趣旨の1つですんで…

証券取引法違反で...続きを読む

Q詐欺で得たお金のゆくへについて

最近、いろいろ詐欺の容疑者が逮捕されるニュースが報道されていますが詐欺で得たお金って、どうなるのでしょうか?

一時的に物証として警察に差し押さえられるとは思うのですが、その後容疑者に戻るのでしょうか?

被害届けを出した人であれば戻ってくるとは思うのですが・・・そうでない人たちの分は容疑者に?それとも国庫に?

ふと疑問に思った内容なのですが、どなたかご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

家宅捜索した場合に現金(札束)があれば、警察が押収し、証拠として必要なくなれば、被害者に還付されます。最終的に、裁判が終わるまで還付されなければ、没収(「ぼっしゅ」と呼びます)という刑が課され国のものとなります。(刑法19条)

ただし、没収のあとも、執行から3ヶ月以内に申し立てることにより、没収物から被害に応じて賠償を受けることができます(刑訴法497条)

現実的には、家宅捜索でどかどかと札束が押収されることは少ないでしょうが・・・

Q犯罪で得たお金

以前から抱いていた疑問です。
詐欺、横領、窃盗など不法行為で得たお金は所有権のある方に返されますよね。
でも悪いことをして得たお金でも所有権のない物もあります。
裏エッチビデオや麻薬を売って得たお金、援助交際で得たお金、
鈴木宗男くんのかき集めた賄賂などは、どのような処理をされるのでしょう?
法的には収入になるので所得税がかかると思いますし、
犯罪ですから罰金も来ると思いますが、それでも利益は出ていると思います。
税金、罰金を引いた後の犯罪で得たお金は犯罪者の利益になってしまうのでは?
エッチビデオや援助交際はものすごく迷惑とか、
絶対に許せないようなことではないので、まだしも、
宗男くんの賄賂や麻薬で得たお金は、もうけ得として
放置しておけるものではないと思います。
これらの不当に得たお金どうなるのでしょう?
関連したことですが、麻薬の取引の現場を警察が踏み込んで、
証拠として押収したお金もどうなるのか、以前から疑問でした。
裁判が済んだら麻薬の取引の当事者に返却されるのですか?

Aベストアンサー

刑としては、懲役等の主刑の他に没収という付加刑があります。

犯罪行為を組成した物(刑法19条1項1号)や犯罪行為のように供した物(同2号)、犯罪行為のよって得た物等(同3号)、犯罪行為等によって得た物等の対価として得た物(同4号)が対象です。

裏ビデオ等を売って得たお金は、4号により没収されます。
賄賂については、賄賂罪を構成する物ですから、犯罪行為を組成した物になると思います。
ちなみに、犯罪行為の用に供した物とは、例えば殺人に使った銃や刀等です。
麻薬も犯罪構成する物ですから、1号により没収されると思います。

このような没収という刑が設けられているのは、犯罪者が危険な物を手元に置いておくのを、再発防止の趣旨から取り上げるという保安処分的性格が、1号2号の趣旨です。また、犯罪に基づく不当な利益を犯人の手元に残さない一種の刑罰が、3号4号の趣旨だそうです。

ちなみに、3号4号にかかげる物を没収できないときには、不当な利益を犯人に残さないために追徴できるとされています(19条の2)

Q違法に得たお金はどのようになるのでしょうか?

違法に得たお金はどのようになるのでしょうか?

他人から盗んだり詐欺で得たお金は被害者に返されると思うのですが、例えば最近のニュースから拾ってみると、インサイダー取引がばれたとき、裏DVDを販売して摘発されたとき、援助交際をして女子高生がもらったお金……などなど、警察沙汰になった場合、それまでに稼いだお金は没収されるのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

>そこで、また一つ疑問が出てきたのですが、
参考URLに答えがあったのですが・・・

没収は「犯罪に関係のある物の所有権を国に移し、国庫に帰属させる刑罰」。
所有権が存在するということは、現に手元にあった物(現金、口座残高)と言う意味です。

で、没収の対象にならなくても、犯罪による不法な収益の価額が立証できれば、判決により「追徴」することができます(参考URL中段「追徴」)。

Qつかまった泥棒はお金を返す義務がある?

ふと疑問に思ったことなのですがご存じの方いたら教えてください。
泥棒は、盗んだお金を返す義務がありますか?

もし私が街でひったくりにあって、後日泥棒がつかまったら
泥棒は私にお金を返す義務がありますか?

でもお金は使っちゃってもう持ってなかったり
余罪があって返す相手がすごく多かったりしたら?

返す義務がある場合、服役中の手当から返したり
するんでしょうか?
それとも警察や裁判所はそこまで関知しなくて
お金を返してほしければ別途裁判を起こしたりする必要が
あるんでしょうか?

よく横領なんかだともの凄い金額を使い込んだりするひとがいますが
そういう方は服役して出てきたらもう返す義務はなく自由の身?

私が泥棒に遭ったとか、横領しているとかではありませんが
ふと気になりましたので、教えてください。

Aベストアンサー

"泥棒は私にお金を返す義務がありますか?"
     ↑
勿論返す義務があります。
泥棒さんは、二つの法的責任を負います。
一つは、刑務所に入る、という刑事責任です。
もう一つは、被害者に対する損害賠償という
民事責任です。
このように、刑事と民事は峻別されます。

”でもお金は使っちゃってもう持ってなかったり
余罪があって返す相手がすごく多かったりしたら?”
    ↑
法的に返す義務があっても、返すお金が無ければ
どうしようもありません。
無いモノは返せません。
義務はあっても、その義務を履行できない、という
ことです。
義務はそのまま時効になるまで残ります。

”返す義務がある場合、服役中の手当から返したり
するんでしょうか?” 
   ↑
懲役中の労働には対価が払われますが、それは
もの凄く安いので、それで返すのは無理でしょう。

”それとも警察や裁判所はそこまで関知しなくて
お金を返してほしければ別途裁判を起こしたりする必要が
あるんでしょうか”
    ↑
その通りです。
警察は、刑事責任のみ追及できる機関で、それ以上の
民事責任まで追及しないし、できません。やっては
いけないことになっています。
お金を返して欲しいときは、被害者が自分で、交渉するか
民事裁判を起こす必要があります。

”よく横領なんかだともの凄い金額を使い込んだりするひとがいますが
そういう方は服役して出てきたらもう返す義務はなく自由の身?”
     ↑
返す義務はありますが、刑事責任は終わったので
自由の身になります。

"泥棒は私にお金を返す義務がありますか?"
     ↑
勿論返す義務があります。
泥棒さんは、二つの法的責任を負います。
一つは、刑務所に入る、という刑事責任です。
もう一つは、被害者に対する損害賠償という
民事責任です。
このように、刑事と民事は峻別されます。

”でもお金は使っちゃってもう持ってなかったり
余罪があって返す相手がすごく多かったりしたら?”
    ↑
法的に返す義務があっても、返すお金が無ければ
どうしようもありません。
無いモノは返せません。
義務はあっても、その義務...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q法を犯して稼いだ金は、服役後どうなる?

法を犯して稼いだ金は、服役後どうなる?


例えばこのニュース。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100511/20100511-00000041-nnn-soci.html


ねずみ講で7億集めたとあります。
捕まりはしましたが、集めた金はまだ手元にあるかと思います。

執行猶予ということは刑務所には行きませんよね?
この集めた金は、そのまま使えてしまうのでしょうか?
それとも何か徴収される法律があるのですか?

(刑務所行きが決まっても、たった1年ちょっとで出てこれるならこんなボロい商売ない。1年で数億!)

脱税だと、追加徴税があり、脱税しなければ良かったと思うほどの金が取られますが、詐欺やこのようなねずみ講の場合はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

服役後にどうなるか考える前に、その行為が違法だから刑事裁判となったわけです。
行為が違法ならば、そのために損害があれば債権者として民事訴訟で取立できます。
従って、実務上、服役後には、服役前に持っていたお金は差し押さえられ取られています。
服役前でも債権差押えがあれば使うことはできないです。
なお、刑事訴訟法で云う没収は実務上、犯罪に利用された物、例えば、犯行時に使用した包丁などです。

Qネット販売の料金収納代行業は何の許可が必要ですか?

インターネットで物品販売のサイトを作ろうと思います。
出品者が自分の商品を紹介し、顧客に買ってもらう、という単純なサイトです。
料金は定価でもいいし、数量が多ければ値引きをしても構わないし、オークション形式で最高額提示者にのみ販売する、でも構いません。それは出品者に自由にやってもらうとします。

さて、この時の物品販売において、出品者の手間をなくすために、サイト運営者が
料金収納代行業をやろうと思います。

サイト運営者の代わりに受け取った代金の中から、手数料をひいた額を、出品者の銀行口座へ振り込む、という単純な仕組みです。

クレジット業との違いは、以下の通りです。

料金収納代行業
現金の振り込みを受けて、その中から手数料をひいた額を出品者に渡す(銀行振込経由で)
よって、顧客から振込が無い限り、業者はカネを受け取れない。
その代りにカネを受け取らない限り、品物の発送もしなければいいので、
「客が商品だけ受け取ってドロン」
という事はない。

クレジット業
顧客がカードを提示すると、その引き換えに品物を渡す。
クレジット業者が数か月遅れで顧客の銀行口座から代金を引き落とす。(あるいはコンビニ支払いなどで収納する)
品物が先なので、
「客が商品だけ受け取ってドロン」
という事が起きうる。


さて、この代金収納業というのは、始めるにあたって何かの許可が必要なのでしょうか?

インターネットで物品販売のサイトを作ろうと思います。
出品者が自分の商品を紹介し、顧客に買ってもらう、という単純なサイトです。
料金は定価でもいいし、数量が多ければ値引きをしても構わないし、オークション形式で最高額提示者にのみ販売する、でも構いません。それは出品者に自由にやってもらうとします。

さて、この時の物品販売において、出品者の手間をなくすために、サイト運営者が
料金収納代行業をやろうと思います。

サイト運営者の代わりに受け取った代金の中から、手数料をひいた額を、出品者...続きを読む

Aベストアンサー

 2008年、金融庁は収納代行サービス業は為替取引の側面を持つとして営業に法規制をかけようとしましたが、業界団体の反対にあい、現在のところ免許制ではありません。
 しかし、同サービスは一般消費者の生活に深く関わるものであるため、業界各社は「日本代理収納サービス協会」を設立、二重弁済や不正請求事件の防止に努めています。開業の際には加入・問い合わせを検討して下さい。
http://dairisyuno.org/index.html

 さてここからは質問回答ではありませんが、現在日本では収納代行サービスは大手の宅配業者、コンビニチェーンが通販事業サービスの一環として普及させています。
 本業である出品サイトによほどの魅力があり、ヤフオクや楽天のように大量の利用者数がない限り、事業として成り立つかどうかは疑問です。

参考URL:http://www.tsuhanshinbun.com/column/2010/10/post-57.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング