『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

二十四時間テレビのエンディング、欽ちゃんの応援に坂上二郎さんが駆け付けていましたが、
二郎さんは、まだ何処か体の具合が悪いのでしょうか、
自分が次に何をしたらよいのかまったく理解していないような様子で、タダ立ちすくすだけで、まるで素人のようでした。
元気な二郎さんを知るものにとっては寂しくもあり、心配でもあります。
脳卒中の後遺症でしょうか。
そんな二郎さんを欽ちゃんも心配しているようにも見えました。
私の思い過ごしならよいのですが。

A 回答 (4件)

私も二郎さんの姿にはちょっと心配しました。


お歳のせいもあるかもしれませんが、欽ちゃんが無事走りきったという安心感と心配と緊張が重なってあのような姿になったのではないでしょうか?
体の具合が悪ければテレビには出てこないと思うので、多分大丈夫ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうかもしれませんね、
たしか73歳位ですよね、まだまだ元気で頑張って欲しいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/20 12:02

後遺症だと思います。


本人はよく理解出来ていても、表現や動きがおもうようにならないんだと思います。
父がそうでしたから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうなんですか。
ありがとうございます、よくわかりました。

お礼日時:2007/08/21 13:14

脳卒中の後遺症が残っているのだと感じました。


動きが硬いし、感情表現がぎこちないし、知人に似たような方がいて、同じような状態です。
早く元気になって欲しいものです。

余談ですが、#2の方と同様に、徳光は何十年司会やってんだ?と思いましたねえ。最低でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早く元気になって欲しいですね。

お礼日時:2007/08/20 12:52

他の出演者だって、司会者の徳光が話を振らなければ、ただ立っているだけだったと思いますが。

カメラがその姿を映していたか否かの違いでしかないのでは。二郎さんは欽ちゃんのそばにいたからそういう姿が映し出されただけでしょう。
私は、徳光の司会のヘタクソさに憤然としていましたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
その通りなのですが、他の出演者は用事が済めば進行の障害にならない位置に移動してますよね。
なぜ二郎さんほどのベテランが、自分の意志で移動することもせず、その後も欽ちゃんの側に居続けたのか、これが不思議なのです。
徳光さんや誘導しない進行係の不手際だけでしょうか。

お礼日時:2007/08/20 12:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング