千利休の辞世の句に出て来る「宝剣」とは、どういう意味でしょう?
この意味がわからず苦労しています。

A 回答 (1件)

あくまでも自害するときの刀をそう表現したのではと


思いますがいかがでしょう...

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/org/orion/jap/hstj/k …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【千利休の最後は切腹だった?!】お茶の千利休はなぜ切腹して死んだんですか? 千利休は茶道で政治を牛

【千利休の最後は切腹だった?!】お茶の千利休はなぜ切腹して死んだんですか?

千利休は茶道で政治を牛耳る政治スパイだったと聞いたことがあります。

茶道で政治を裏で動かしたので政権が変わったときに死刑宣告されたんでしょうか?

誰が切腹しろと指示したのでしょう?

時の将軍はお茶が嫌いだった?

Aベストアンサー

豊臣秀吉との確執でしょうね、最後は。

切腹を命じたのも秀吉です。

Q浅野内匠頭の辞世の句の意味

風さそう
花よりもなお
われはまた
春の名残を
いかにとかせん

この歌の訳を教えていただきたいのですが・・。

Aベストアンサー

風に誘われて散る花も名残り惜しいだろうが、それよりもなお春の名残が惜しい私は、いったいどうすれば良いのだろうか。

浅野内匠頭の無念の思いを託した歌ですね。

Q結核性胸膜炎と言われました

胸のレントゲン検査で左肺に少し水が溜まっているといわれ、CTと、痰と、血液検査をしました。
CTと痰には異常がなく、血液検査で、結核の反応が出て結核性胸膜炎といわれ、結核の治療薬(結核菌を殺すくすりを4種類と、その他沢山)2週間分をもらいました、数ヶ月飲まないといけないと言われました。そこで結核性胸膜炎と結核の治療の薬とまったく同じなんですが、結核性胸膜炎と結核の治療薬について詳しい方教えていただきませんか。

Aベストアンサー

治療法は同じですが、隔離の必要がないことと、普通の結核は培養ででやすいので、菌の感受性がわかる事が多いです。菌の感受性がよいと2剤ですみます。

ただ、今回のように結核菌が培養ででていないと、ずーと4剤を飲むことになります。ですから、微量でも座位にすれば胸水は取れることがおおいので、胸水をとって培養に提出します。

診断が正しければ、胸水はそこそこ多量でも治療中に吸収され、改善される事が多いです。

Q上杉謙信、「辞世の句」について

ご覧いただきありがとうございます。

上杉謙信の「辞世の句」、某所でチラッと見て名作だ!と思いました。
ネットで検索してみたら複数のパターンがあり、どれが本当なのかわからず、諸事情にて困っております。
私がネットで見たパターンは概ね以下のような感じです。

1.極楽も地獄もともに有明の 月ぞこころにかかる月かな
2.極楽も地獄も先はありあけの 月の心にかかるくもなし
3.四十九年 一睡夢 一期栄花 一盃酒
4.四十九年 一夢の栄 一期栄華 一盃酒
5.四十九年 夢の栄 一期栄華 一盃酒

1+3、とか、2+5、とか組み合わせ方も様々ありました。

ご教示いただきたいのは、
・諸説あるらしいですが、正解とされている「上杉謙信・辞世の句」とは?
・1+2、のパターンを見ました。「有明」、「心」、は正確には漢字でしょうか、仮名でしょうか。
・「有明の」と「月」の間にスペースが入っているものが多いです。
 「有り明けの月」、とセットになるのが本来かなと思うのですが、如何でしょうか。
・「四十九年~」について、漢詩かなと思うのですが、読み方を教えてください。
・正解の句について、現代語訳するとどういう感じでしょうか。

以上、
お心当たりお持ちの方がおられましたら、ご回答お願いいたします。

ご覧いただきありがとうございます。

上杉謙信の「辞世の句」、某所でチラッと見て名作だ!と思いました。
ネットで検索してみたら複数のパターンがあり、どれが本当なのかわからず、諸事情にて困っております。
私がネットで見たパターンは概ね以下のような感じです。

1.極楽も地獄もともに有明の 月ぞこころにかかる月かな
2.極楽も地獄も先はありあけの 月の心にかかるくもなし
3.四十九年 一睡夢 一期栄花 一盃酒
4.四十九年 一夢の栄 一期栄華 一盃酒
5.四十九年 夢の栄 一...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1です。
「四十九・・・」と「極楽も・・・」の両方を辞世の句として紹介している本やサイトがある一方で、「四十九・・・」のみ、または「極楽も・・・」のみを辞世の句として紹介しているサイトや本もあります。
だから必ずしもセットになっている訳ではないと思います。ただ、二つの説があるので両方紹介している所が多いのでしょう。

しじゅうくねん いっすいのゆめ
いちごのえいが いっぱいのさけ

私も読み方はそうだと思います。
根拠は薄弱ですが、
四十九については、昔から法要で「四十九日(しじゅうくにち)」と言いますし、明治時代ですが、「第百四十九国立銀行」というのが北海道にできた時、その読みは「だいひゃくしじゅうくこくりつぎんこう」でした。また、瀬戸内海には、いつ銘々されたかはわかりませんが、「四十島(しじゅうしま)」というのがあります。昔は「しじゅうく」と言っていたのが一般的だったのではないかと思います。
一睡は、単語で「一睡(いっすい)」があるので、そのままの読みでしょう。一期も栄華も同様です。
一盃酒ですが、またちょっと時代と言葉がづれますが、江戸時代の「草双紙」(江戸時代の絵本)に「一盃夢」という作品があります。この読み方は「いっぱいのゆめ」と伝わっています。
だから「一盃酒」も同様に「いっぱいのさけ」と読むのではないかと思います。
また、「一期栄華 一盃酒」については漢詩として紹介している本で、
「一期ノ栄華 一盃ノ酒」としていました。

NO.1です。
「四十九・・・」と「極楽も・・・」の両方を辞世の句として紹介している本やサイトがある一方で、「四十九・・・」のみ、または「極楽も・・・」のみを辞世の句として紹介しているサイトや本もあります。
だから必ずしもセットになっている訳ではないと思います。ただ、二つの説があるので両方紹介している所が多いのでしょう。

しじゅうくねん いっすいのゆめ
いちごのえいが いっぱいのさけ

私も読み方はそうだと思います。
根拠は薄弱ですが、
四十九については、昔から法要で「四十...続きを読む

Q移らない結核というのは存在するのでしょうか?

親戚の話なのですが、親戚は移らない結核だと医師に言われたそうです。
結核はどんな結核でも人に移すものではないのでしょうか?
移らない結核というものは、あるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://www.hosp.go.jp/~msapporo/tb.htm

世の中には数多くの菌があり、形状や性質などにより分類されています。
結核菌と似た形状・性質を有する菌は実は数十種類あり、それらを総称して「抗酸菌属」と呼んでいます。ヒトに病気を起こすという点では結核菌が一番重要であり、結核菌以外の抗酸菌はその他大勢の扱いを受けていました。結核菌ではない抗酸菌ということで「非結核性抗酸菌」、または「非定型抗酸菌」と呼ばれていたわけです。非定型抗酸菌の中で数種類の菌がヒトに病気を起こすことが知られており、非定型抗酸菌による病気という意味で「非定型抗酸菌症」と呼ばれています。

親戚の方は、「結核菌の親戚」である「非定型抗酸菌」が見つかっただと思います。その中でも、ヒトに病気をうつさないタイプの菌だったのでしょう。病名も「結核」ではなく、正式には「非定型抗酸菌症」となります。

Qこんな辞世の句を残したヒトを知りませんか?

こんばんは。
高校の頃、古典の先生か日本史の先生が授業中に雑談として話してくれたように思うのですが、

江戸時代の話家だったか役者だったか芝居書きだったかで、毒舌で知られ、いまわのきわに、

「灰になってしまったらどんなエライ奴もつまんねーやつも一緒さね。 …ハイ、さようなら」

といった内容の辞世の句を詠んだヒトがいたそうです。
私も大変うろ覚えで、最後が「ハイ、さようなら」だったことしか覚えていないのですが、全文と、作者を知りたくおもいます。
…しかし話してくれた先生がうろおぼえなので元をたどってきくことが困難です。

どなたかご存じの方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

『東海道中膝栗毛』で知られる十返舎一九です。

辞世の句は、

「この世をば どりゃお暇(いとま)に せん香の 煙とともに ハイ(灰)さようなら」

訳すと、「じゃあそろそろ死ぬとしますか。線香の煙と一緒に灰になります。ハイ、さようなら」といった感じです。

死ぬ間際まで人を食った句を残すあたり、一九のエンターテイナーとしての面目躍如といったところです。

Q肺結核について

父が肺に水がたまり緊急手術し、検査をした結果原因がわからず肺結核であればすべての症状の説明がつくということで現在結核の薬を飲んでいます。しかし、結核菌がでたわけでもないのに結核ってありえるのでしょうか?疑問です。
結核以外に考えられる病気はなにが予想されますか?
またセカンドオピニオンを検討中ですが、都内で検査をするのによい病院を参考までにで結構ですのでアドバイスいただけると幸いです。
薬の副作用がひどくかわいそうです。
咳も全くないのに…

Aベストアンサー

心臓が原因の胸水は漏出性となりますが、結核が原因だと浸出性となり胸水の性状が全く違いますので、心臓や腎臓に問題があるときの胸水と間違う事はないでしょう。
胸水中のADAの値が50(人によっては40)以上あって、結核性の胸膜炎と考えて矛盾なければ治療開始する事は少なくはありません。また、手術をしたのなら胸膜の病理で壊死を伴う類上皮細胞肉芽腫があれば結核菌を証明できなくてもまず、結核と判断します。
ただ、ADAが高値なのは悪性中皮腫でも高くなるなど、結核を直接みているというよりはリンパ球の存在を見ているだけなので注意は必要ではありますが、その辺は胸水をよく経験する医師なら常識なので心配する必要はないかと思います。もう一度、どの辺が結核として矛盾しないのかよくお話を聞かれたらいかがでしょうか。

Q戦国時代の武将の辞世の句の現代語訳を教えてください!

室町期の加賀守護、富樫政親の辞世の句、
「五蘊(ごうん)もと空なれば、何者か、借りて来たらん、借りて返さん」
この句を現代語で言うとどうなるのでしょうか。是非教えてください。
この句に至るまでの簡単な経緯は、室町末期、加賀国で守護家富樫氏の後継者争いで、一向宗と手を結んだ政親が勝利。その後一向宗と政親が激突。様々な策を行使して戦うも、結果として、守護の富樫氏が敗北。力戦の果て、自刃。

Aベストアンサー

五蘊は(たしか)般若心経にでてくる言葉で「身体や心を構成する五つの要素」といった意味だったと記憶しています。
般若心経の説く教えにおいては、「その五蘊自体もその本質においては空である(色即是空?)」ということになっています。
なので、そういった点から類推すると、政親は「私という存在は元来”空”であり、この体もどなたからか借りてきたものである、ならば(今から自刃することにより)それをお返し申し上げよう。それだけのことだ」といった心境で句を詠んだのではないでしょうか?
細切れの知識からの単なる推測ですが、ヒントにでもしていただければ・・・と思います。

Q肺がん手術から結核菌発見について

61歳父が先日CT,PETなどの検査を受けた上で肺がんと診断され、左肺の半分を切除されました。ところが病理にまわした結果、がん細胞が発見されなかったといわれ、結核の検査をしたところ、結核菌が見つかりました。ですが、それも調べたところ、排菌もしていない上に結核菌はたったひとつだけで、結核でもありませんでした。
病院の説明ですと、結核菌は誰でも持っているもので、結果的に肺がんではなくてよかったとのことですが、いろいろ検査した上で肺がん手術を行ない、今度は結核だと言われ、結果的に結核でもなかったケースと言うのは実際多いのでしょうか?
似たような質問がこちらにありましたが、父のパターンですと結核でもなく、ただ結核菌がひとつだけ見つかったという事のため、新規で質問させて頂きました。
ご回答どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>いろいろ検査した上で肺がん手術を行ない、今度は結核だと言われ、結果的に結核でもなかったケースと言うのは実際多いのでしょうか?
多くはないと思いますが、極めてめずらしいケースではないでしょう。

胸部レントゲンか、CTかを何らかの理由で撮影して、肺に腫瘤がみつかった。癌の可能性があるといわれ、喀痰細胞診やPETなどの検査をした結果、癌細胞は直接出ていなかったが、画像などを総合的に判断して癌の可能性が否定できない状況であった。経過観察を行うか、手術をするかの選択をせまられ、その結果手術を選択し、手術方法が左肺の半分を切除する方法であった。その結果が癌細胞はなく、古い炎症であった。
こういう話は多くはないが、時々ある話だと思います。PETがかなりの成績があるとはいえ、万能ではありません。細胞診や生検をやったとしても5%くらいでは、癌があっても検査で引っかからないことがあります。癌が出なくても手術を勧められることはあります。最終決断はご本人にとなってしまうでしょう。
質問者さんのお父さんの場合は、この古い炎症が古い結核であっただけで、そこに結核菌が1匹いただけのこと。この結核菌も生きているのかどうかは分からないです。きわめて珍しいこととは言えません。
また「結核だ」、「いやそうじゃなかった」と診断が変わったのはそれを確定するまでに検査の時間を要することがあるからでしょう。その間にお父様の担当医師は説明せずに、「現在検査結果を待っています」で通せばこういう結果が転々とすることはなかったのでしょう。ですが、質問者さんのお父様やご家族が我慢しきれないでしょう。少なくとも私なら我慢できないですから、途中結果の情報でも聞きたいと思うでしょうから、医師に説明を求めると思います。そうなると、手術後の病理検査で「癌はなかった」→「結核が疑われる」→「結核菌は1つだけで排菌もしないない死菌だけだった」と検査結果が出る毎に話が変わってくることもありえるでしょう。

#1の回答のように医療ミスと騒ぎ立てるなんて、愚かしいことです。どうか質問者さんは冷静な判断をなさってください。

>いろいろ検査した上で肺がん手術を行ない、今度は結核だと言われ、結果的に結核でもなかったケースと言うのは実際多いのでしょうか?
多くはないと思いますが、極めてめずらしいケースではないでしょう。

胸部レントゲンか、CTかを何らかの理由で撮影して、肺に腫瘤がみつかった。癌の可能性があるといわれ、喀痰細胞診やPETなどの検査をした結果、癌細胞は直接出ていなかったが、画像などを総合的に判断して癌の可能性が否定できない状況であった。経過観察を行うか、手術をするかの選択をせまられ、その結...続きを読む

Q斉藤茂吉の短歌の意味が、わからず困っています

斉藤茂吉の短歌、『赤光』より死にたまふ母の“灯あかき都をいでてゆく姿かりそめ旅とひと見るらんか”の意味は、母のところへ向かう自分は、他人にはかりそめの旅だと思われていると感じ、それに対し、悲しみとせつなさを覚える。と言うことで、よろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合、他人からどう見えるか問題にするのはおかしいでしょう。

これはもちろん「かりそめの旅ではないこと」を表現した句ですが、
「灯あかき都をいでてゆく姿」と映像を示すことで
「映像と、映像に顕れない事情と、二者の(顕れないという)関係」
の三者を示しています。心情と外観のギャップを示すことで
その状況の哀しさを盛り上げて伝えているのです。
たとえば映画で冒頭に平凡な通勤シーンがあり、
次に事件が起こり、ぬきさしならない状況のまま翌日
冒頭と同類の映像が示されれば、
ギャップによる劇的効果が生まれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報