グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep …

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

沢山ご回答がありますね。



keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

>on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち 

抑えるべき点はこれですね。私は on は圧迫感か何かが伴う前置詞かと酷い勘違いをしてました。だもんで、ネガティブな雰囲気(しつこい感じ)ではない例文もあるので説明がつかないなぁと感じてたわけです。この on は What's going on.だとかの on と同じなんですね。すっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/21 19:20

NHKラジオのビジネス英会話(8月3日放送分)で、keep on ~ing が出てきたのですが、アシスタントの松下クリス先生は



"keep on" means "continue, don't give up" 

と説明されていました。つまり、「not give up のニュアンスが加わって continue する」ということでしょうか。以下の例文はインターネトより取ったものですが、確かに not give up の意味が込めれれているように感じられます。

・You just have to keep on trying. (LONGMAN)

・If you keep on singing they'll ask you to leave. (Dictionary.com)

・She kept on asking me questions the whole time. (Cambridge International Dictionary of Phrasal Verbs)

・Every student in the class should keep on studying. (英辞郎)

・She kept on making the same mistake. (新英和中辞典 第6版)


(余談) 松下クリス先生によると、

Keep on keeping on. は Don't give up. の意味だそうです。
 
    • good
    • 9
この回答へのお礼

"keep on ~ing" means "continue, don't give up" 
この感覚で覚えれば良さそうですね。そして、諦めない事柄の対象は、ポジティブな雰囲気(がんばる感じ)なものもあれば、ネガティブな雰囲気(しつこい感じ)もあるってことですね。ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/21 19:01

こんにちは。



英和辞典等で調べました。

[ジーニアス]
keep on doing は、行為の継続・反復を特に強調し、話し手のいら立ちを暗示することが多い。

[研究社]
keep doing は動作や状態の継続を表わすが、keep on doing は前者よりも強調的で反復、しばしば執拗さを暗示する。

例文:
The child kept crying. その子供は泣き続けた。…(1)
She kept on making the same mistake. 彼女は同じ間違いをし続けた。…(2)

とのことです。

(1)の例文では、子供はある日あるときに数十分ぐらい泣き続けた雰囲気だと思います。(2)は「もう繰り返し何度も何度も」という意味になると思います。もし、(1)の例で、The child kept on crying. にすると、毎日のように頻繁に長時間泣き続けている(反復・執拗)という雰囲気になると思います。

また、この場合の keep は自動詞で、on は副詞のようです。

副詞のonには、「接触・被覆」のほかに「方向・継続」「(スイッチを)入れて」などの意味が元々あります。keep on の on は他の方も答えられているように「方向・継続」の意味ですね。

このonが出てくる例は、例えば、

go on
go on talking
sleep on
speak on
wait on

などで、すべて「…し続ける」の意味です。

極端な例では on だけで、

On! 「行け」「来い」
On, on! 「続けろ」「行け行け」「どんどんやれ」「がんばれ」(口語)

の意味にもなります。

ちなみに、文字列 keep on だけで考えると、↑の他にも、

他動詞で、「着けたままでいる」「続けて留まらせておく」「もち続ける」
自動詞で、「(うるさいほど)しゃべり続ける」「うるさく言う」「がみがみ言う(at)」、onを前置詞として「…にうるさく言う」

といった、様々な意味がありますが、keep on doing とは別のものと理解したほうが良いと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

副詞の on について詳しく説明いただきまして、ありがとうございました。on だけで「行け、続けろ」といった意味で口語で使われるなんて知りませんでした。

お礼日時:2007/08/21 19:28

この場合の on を「接触」の on とするのは無理があります.むしろ「継続」の on でしょうね.ただし,こういう場合に「何々の on 」と説明するのは,いわゆる「文法学者」さんに任せておけばよいので,あまり意味はありません.


辞書にも出ていますが,keep (do)ing は動作や状態の継続です.それに対して,keep on (do)ing は,その時までにおける断続的な動作の継続です.この副詞の on が継続の意味を強調しているわけです.
例文の keep telling は「続ける」ですが,keep on telling では「続けて繰り返し何度も」という意味合いが出てきます.on 無しの場合よりも強調した表現になりますね.
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/21 19:30

 前置詞に関する質問が出ていましたので、私の知識が少しでも役に立てられたらと思い、投稿させていただくものです。

まず、前置詞のつかない場合と前置詞をつけた場合との違いはどこにあるのか?を知る必要があります。

 単なる「...ing」だけの時は、「ずっと同じ状態を保持する」意味と考えてください。つまり、その行為をしているときは、その人がどんな気持ち(感情)を持っていても、ずっと同じ状態を続けているような状況です。少し難しい言葉を使えば、「普遍的な表現」です。わかりにくいかな?

 たとえば、結婚式のスピーチで、周りの人の気持ちとはお構いなく(関係なく)ぺらぺらとずっと同じ調子でしゃべるような感じです。

 これに対して、「on」が入ると、どういう状態(状況)になるかというと、「特殊な」場を意味することになります。難しいかもしれませんが、普段とは違うような状況を示すということです。たとえば、曜日に「on」をつけることは知っていますね?

 同じ土曜日でありながらに、今日の土曜日は旅行へ行くなどで、ほかの曜日とは違うという意味で、「on Saturday」というように、区別をつけているのです。

 ですから、小言を言われる立場から言えば、「ちぇっ! いつも、私に限って文句を言うんだから」ということを言いたくて、「on」を入れているのです。もし、ただの「keep ...inng」だと、だれでも、子供に対しても、老人に対しても「同じように」文句を言い続ける意味となります。

 「on」が「接触」の意味を持つのは、ほかの部分とは異なる位置、地点、場を言うためです。たとえば、大きな机だと、手だけでは、どうしても机の一部しか触ることができないために、日本語に置き換えるとき、「の上」となるわけで、必ずしも「上」だけではないのです。つまり、机の裏にも、机の脚にも「on」が使われることに気をつけてください。

 ですから、「どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。」と迷ったら、「対象は、ほかのものとは違うものか? 特殊な場か? 一部だけか?」と文の意味を見極めてください。

 つまり、対象(相手)全体でなく、その一部だけ取り上げる感じの時に「on」を使うと考えてください。前置詞のつかないときは、対象全体を取り上げる、説明するときと考えてください。

 念のために、「on」と「at」との違いにもふれておきます。時間の場合だと、「at」が使われ、曜日などの期間だと、「on」が使われるのは、 時間の場合で、それが過去の続き(つまり、時計の針が回っていくのが見える)の一部であるからです。つまり、1時間の内の一部と考えるときに、「at」が使われると考えてください。時間が「刻々」と刻む感じです。

 これに対して、「曜日」の変化は見えませんね? 週の一部としてしか感じられないから、「on」が使われ、「春、夏、秋、冬」のように、ずっと同じように続くようなものには、「in」が使われるのです。

 話が長くなりましたが、前置詞はもともと「場」を意味する副詞で、「場」が「期間」、「位置」、「状況」を示すための品詞となったのです。

● eat bread (パンを食う)
● eat at the table(テーブルで、食う)

 このように、テーブルというほかとは違った場所(地点)でなにかを食うために、「at」を入れているわけです。日本語からみれば同じように見えても、言わんとするところは違うわけです。大変かと思いますが、できるだけ文脈から、英語の裏から意味をくみ取る訓練を続けてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

今回の on はどうやら、前置詞ではなく、「~し続ける」という副詞で解釈できそうですが、いかがでしょうか。

お礼日時:2007/08/21 19:37

こんにちは。



基本的に同じと考えて良いと思います。
英英辞典のロングマンやオクスフォードには
keep (on) doing something
のような形で載っているので on が有っても無くても意味は変わらないということです。

ただ、皆さんが言っている通り on は圧力を感じさせるので、ガミガミなど、嫌な、抑圧的なことに関するときには、こちらの方がいいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

圧力を感じさせる on は、今回の「~し続ける」という意味での副詞ではなくて、前置詞のことかなぁ、と思うのですが、どうなんでしょうか。圧力というか、「~し続ける」という意味が on 自体にあるゆえに、keep on ~ing となったときに、繰り返されることが強調されて結果的に抑圧的なことに繋がることもある、ということなのかな、と、他の方の回答を読んで感じてきました。いかがでしょうか。

お礼日時:2007/08/21 19:43

こんにちは。

大阪外大の学生です。

onという前置詞の基本的な用法は<接触>です。
だから、よく「~の上に」という訳をあてはめられているのに、
on the wallというのが「壁の上」ではなく「壁に(接触して)」という意味で使えます。
また、on ~ingを「~するやいなや;~するとすぐに」と訳しますが、
これも<接触>というonの基本的な用法から理解できます。
つまり<時間的な接触>を表しているのです。
On my entering the room, she turned off the TV.
「私が部屋に入るや否や、彼女はテレビを消した。」
の場合、「部屋に入った」ことと「テレビを消した」ことは<時間的に接触>しています。
このようにonの<接触>という用法は様々な視点から<接触>を言い表すことができるのです。

ここで本題に入りたいと思います。
keep on ~ingの場合、~ingの内容が、ある時点ごとに<接触>していることを、keepの意味を強めているように考えられます。
つまり、今この瞬間と一瞬先を<接触>させて、その状態をkeepするから、keep ~ingより「続ける」ことを強調する表現であると考えられます。

ただ、これは私の勝手な理解であり、ある意味でコジツケです。
なので、他の方の意見も参考にして、自分の考えを固めていったらいいかと思います。

それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前置詞 on についてのお話、ありがとうございました。しかしながら、他の方の回答を読みますと、今回の on はどうやら、前置詞ではなく、「~し続ける」という副詞で解釈すべきと思っております。

お礼日時:2007/08/21 19:48

私なんかだと、onが入ると上から押さえつけられてる感じがします。

    • good
    • 0

keep ~ingに比べて、keep on ~ingは


「しつこく~し続ける」「繰り返し~し続ける」「がまんして~し続ける」
という意味があるらしいです
一種の強調表現ではないでしょうか
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/21 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。

Qon ~ing in ~ing の違い。

on ~ing in ~ing の違いについてなのですが、
on ~ing は、「~するやいなや」で
in ~ing は、「~しているとき」

だったような気がしますが、正しいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんの記憶通りでいいと思います。

on -ing「~するやいなや」「~するとすぐに」「~と同時に」
in -ing「~しているとき」「~の動作をしている間に」

どちらも前置詞の意味を確認しておくとよいでしょう。

補足ですが、in -ingは、「~しているとき」の意味のほかに
He was right in thinking that ...「…と考えた点で彼は正しかった」
のようにも用いられます。

なお、本題からは外れますが、この-ingはどちらも動名詞です。
ただし、be interested in -ingの"in -ing"とは
区別しておいた方が整理しやすいかと思います。(←経験上。)

Q「~しながら」ってどう言いますか?

タイトルの通りですが、「~しながら」という2つの動作をどのように表現すればいいですか?
例えば、「私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。」「今、私は歩きながら音楽を聴いている。」のように「~しながら~をしているという動作」

「~しながら・・・・」はどのように表すのでしょうか?and??じゃないですよね。(^^;)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while watching TV.
I was eating dinner yesterday as I was watching TV.

>今、私は歩きながら音楽を聴いている
I'm listening to music now while walking
I'm listening to music as I walk/am walking.

と言うような表現ですね。

また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。

I was eating dinner and wataching TV at the same time.
I am walking and listening to music at the same time.

直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。

ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。

ですから、この焦点をはっきり出すために、

I'm listening to music at the same time (I'm) walking.
I'm walking at the same time (I'm) listening to music.

と表現できるわけです。

asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while wat...続きを読む

QDon't you~?とDo you~?の違いについて

Don't you~?とDo you~?の用法がよくわかりません。

例えば、Don't you have a toothache?(意味:歯が痛くはありませんか→歯が痛いのでしょう)ととあるプリントには載っているのですが、「歯が痛くはありませんか」から「歯が痛いのでしょう」への意味の移行がよくわかりません。

Don't you~?≒Do you~?の関係が成り立つのでしょうか?
Don't you~?の使い方がよくわかりません・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

Don't you think so?
を例にとって考えると分かりやすいかも知れません。
「そう思いませんか?」と聞く人の気持ちの中には
(きっとあなたはそう思うでしょう/思うはずだ)
と、相手に対して、同意、確認、確信を求める心理があります。
例えば、日本語でも
「税金が高すぎるのです。そう思いませんか?」(ね?そう思うでしょう?)
「病は気からですよ。そう思いませんか?」(そう思うでしょう?)
「楽しんで生きた人が勝ちだ。そう思いませんか?」
(そう思いますよね?)
なので、
Don't you have a toothache?
「歯が痛くはないのですか?」(痛いでしょう?痛いですよね?)
と移行するのだと思います。
また、(文脈にもよりますが)
Can't you keep still?
「じっとしてられないの?」→(じっとしてなさい)
のように叱責への移行もあります。


参考まで

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む

Qdecideとdecide onの違いについて

decideとdecide on の違いは何でしょうか?decide on が具体的なもののような気がするのですが違いますかね?例えば、I've already decided the lunch. と I've already decided on spaghetti for lunch.などはどうでしょうか?

Aベストアンサー

「decide」は「決定する」という意味では「自動詞」の役割で目的語を必要とせず、意味としては「決意する」「決定する」「決める」です。 どうして「何かを」「何かに」「~~~に決定する」とする時は、この自動詞を他動詞にする為「decide on」とします。 「decide on」に使用例は以下の通りです。

尚、「decide」単独で他動詞としても使いますが、意味としては、、、、

【他動-1】~を解決する
【他動-2】~しようと決心する、~することに決める
・Please decide which one you want. どちらが欲しいか決めてください。
【他動-3】~だと確信する、きっと~だと思う
位でしょうか、、、、、、、、、、、、、

================================
decide on a date and a time for /// ~の日時を決める
decide on a date and a time for departure /// 出発の日時を決める
decide on a definite contract /// はっきりとした契約を取り決める
decide on a final plan /// 最終案を決定する
decide on a formal imposition of the import restrictions /// 輸入制限の正式発動を決定する
decide on a fresh injection of public funds into banks /// 銀行への新たな公的資金注入を決定する
decide on a marriage /// 結婚を取り決める
decide on a policy /// 方針[政策]を決定する[定める・方針を立てる]
decide on a policy regarding major issues of /// ~の主要事項に関する方針を決定する
decide on a punishment for /// ~に対する刑罰を決める
decide on a response quickly /// 対応について早急に決める
decide on a restaurant to go to /// 行くレストランを決める
decide on a shortlist /// 最終候補者を選ぶ
decide on a site for an experimental fusion reactor /// 実験用核融合炉の場所を決める
decide on a specific plan /// 明確な計画を決定する
decide on a starter /// 《野球》先発を決定する
decide on a starting pitcher /// 《野球》先発を決定する
decide on a theme for /// ~のテーマを決める
decide on acceptance of the engagement /// 契約の引き受けを決定する
decide on courses of treatment /// 治療方針を決める[決定する]
decide on forcible capital infusion /// 強制的な資本注入を決める
decide on formula /// 処方を決める
decide on how one would like to proceed /// (今後の)方針を決定する
decide on how to deal with /// ~の処遇を決める
decide on new stimulus measures in a supplementary budget /// 補正予算を伴う新たな景気対策を打ち出す
decide on one's course of action /// 去就を決する、進退を決する
decide on one's future course /// 将来の方針を決める
decide on one's own whether to /// ~するかどうか自分で決める
decide on sizing of pictures /// 絵のサイズを決める
decide on the amount of funds for construction /// 建設費の総額を決める
decide on the appropriate response to /// ~への適切な対応を決定する
decide on the basis of individual factors /// 個々の要因に基づいて決める[決定する]
decide on the best way to present one's material /// 資料を示す一番良い方法を決める
decide on the date /// 日取りを決める、日時を定める
decide on the date for /// ~の日取りを決める
decide on the day for one's departure /// 出発の日を決める
decide on the details of /// ~の詳細について決定する
decide on the fly /// その場で何か決める
decide on the order of precedence /// 優先順を元に決める
decide on the run /// その場で何か決める
decide on the search string /// 検索文字列を決める
decide on the seating arrangements /// 席順を決める
decide on the size of the contribution /// 寄付金の規模を決定する
decide on the time of meetings /// 会議の時間を決める
decide on the timing of /// ~のタイミングを決定する
decide on the winner /// 勝者を決める
decide on the withdrawal of /// ~の回収を決める
decide on what one is going to advocate /// 主張すべき点を決める
decide on whether to resign by oneself /// 出処進退を自ら決める
decide on ~ by majority vote /// ~を賛成多数で決定する
=================================

「decide」は「決定する」という意味では「自動詞」の役割で目的語を必要とせず、意味としては「決意する」「決定する」「決める」です。 どうして「何かを」「何かに」「~~~に決定する」とする時は、この自動詞を他動詞にする為「decide on」とします。 「decide on」に使用例は以下の通りです。

尚、「decide」単独で他動詞としても使いますが、意味としては、、、、

【他動-1】~を解決する
【他動-2】~しようと決心する、~することに決める
・Please decide which one you want. どちらが欲しいか...続きを読む


人気Q&Aランキング