『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

小学校で非常勤嘱託職員をしています。お給料が少ないので、アルバイトをしたいと考えているのですが、非常勤嘱託職員は公務員にふくまれるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 非常勤嘱託職員とのことですが、自治体の取扱規定ではどのようになっているのか確認されましたか?


 おそらく、常勤職員(正職員)に準じて地方公務員法のしばりを受けると考えます。
ですから、『公務員』になります。

 地方公務員法では、(営利企業等の従事制限)として
第38条
 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。
2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。
 このように、職員は許可なく営利を目的とする私企業を営んだり、その企業で地位を得たり、あるいは報酬(収入)が発生するいかなる事務にも従事してはならないと規定されています。
 また、職務専念義務や職務遂行上で得た秘密の保持(守秘義務)、信用失墜行為の禁止などの明文規定によっても、公務員が副業を行なうことは事実上不可能だと思います。

 ただし、既に業として営んでいる方を専門的知識を有する者として嘱託として採用することがあります。事実上副業にはなりますが、そういった事例はあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても具体的な回答をありがとうございました!!
参考にさせて頂きたいと思います。

お礼日時:2007/08/22 23:16

 非常勤嘱託職員は、特別職の地方公務員ですから、原則一般職の地方公務員に適用される地方公務員法は、適用されません。

(法第3条)
 ですので、一般職に適用される第38条規定は適用されませんから、職務に支障のない限り、アルバイト等の副業は原則出来ます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考になりました!!
回答、ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/22 23:14

(1)某省では「非常勤職員」とは学生や主婦を含むアルバイトであり、公務員ではありません。


(2)某町役場の「非常勤嘱託職員」はコネで採用され、何年か経過すると正職員(地方公務員)に採用になる制度でした。
(3)某学校では(地方公務員)退職者が「非常勤嘱託職員」として採用される制度でした。
以上3例をみますと非常勤嘱託職員は未だ公務員ではないと思われますので、勤務に差しさわりがない限り、更に公務員に準じて勤務中知りえた内容を外部に漏らさないと言う制約を守れば、アルバイトをしても差し支えないかと。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます!!
参考にさせて頂きたいと思います。

お礼日時:2007/08/22 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市臨時職員の兼務について

こんにちは。わたしは今、市の臨時職員という立場で働いています。教育委員会の総務部の人からは公務員と同じく地方公務員法の基で働くことになっているようです。
公務員という立場なら兼務することは許可がないとできないということはわかっています。しかしながら、私の給料は時給690円。社会保険、交通費支給、ボーナスもありません。働ける時間も1日6時間、週30時間と決まっているので、おのずと月給も上限がでてきます。こんな給料では生活は成り立ちません。
仕事自体は15時半には終わるし、土日も空いていますが、働けないということに辛さを感じています。この仕事をやめずに、こういった場合に兼務できる手立てなどないでしょうか。是非皆さんのお力を借りたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地方公務員です。

たいていの場合、地方自治体の臨時職員というのは、俗に言う「アルバイト、パート」のことであって、「それで生活をする事ができる」という想定はされていません。
行政事務は公務員しかできないため、「臨時採用の公務員」という形になるのですが、「期限付きだが普通の公務員」という誤解をなさる方が最近多いようです。

うちの所ですと、主婦の方がパートとしてやったり、家事手伝いの人が多く、殆どが女性ですね。若い人で、きちんとした人は、正規の就職までのつなぎにしていることが多くて、すぐに就職を決めていなくなってしまいます。
質問者様も生活を自分の稼ぎでしなければならないのであれば、他に就職をなさるべきだと思います。

なお、市側もこれで生活できないことは分かっているでしょうし、臨時職員ですので、兼業の判断については一般職員に比較して間違いなく甘いですから、とにかく総務部に相談なさってみてください。

Q市役所嘱託職員のアルバイトについて

友人が市の嘱託職員をしているが休日を利用してのアルバイトは法に触れるかどうか教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは!市の関係機関に勤務している職員です。
嘱託職員の無断での兼業は禁止されていると思います。
少なくとも私の市の嘱託勤務要綱ではそうなっています。

これは私の勤めている市での場合ですので、自治体によって違うかもしれませんが、もし、なんらかの理由で兼業を希望する場合は、その旨の届出が必要(もちろん理由も必ず記載)です。(職員課に届ける)

もし、無断で兼業しているのが発覚した場合、即解雇にはならないと思いますが、来年度以降、嘱託職員としての任用が更新できなくなると思います。

参考になれば幸いです。

Q市の嘱託職員は公務員??

市の嘱託職員というのは準公務員にあたるのでしょうか??市の嘱託職員は兼業をしてはいけないのでしょうか??

Aベストアンサー

原則として兼業しても大丈夫です。

嘱託職員は地方公務員法で特別職に属する地方公務員となっています。(第3条3-3)
第38条の兼職禁止規定は、第4条で一般職に適用されるとなっているため、特別職には適用されない規程です。

ただし、職種によっては特別に適用を受ける例外が存在するため、担当部署に問い合わせをしておく方が無難です。
 

Q非常勤嘱託員とは、何ですか?

ハローワークの求人を見ていたら、ある県の出先機関で、
「非常勤嘱託員」として、事務のパートを募集しています。
官公庁で、非常勤職員の事務補佐として仕事を何度かしたことがあるのですが、
「非常勤職員」と「非常勤嘱託員」の違いは何でしょうか?
応募したいのですが、何か専門的な知識や技術が必要なのでしょうか?
仕事内容をみると、ごく簡単な事務作業のようですが。
でも、お給与が良いです。ちょっと?なのですが。
お分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

一般的に言う非常勤職員とは、消防署員のような特殊な勤務形態のことを言います。
公的な機関で臨時職員の募集はよくありますが、臨時職員の場合、待遇は正職員に準じますが、嘱託職員は別契約になります。
非常勤嘱託職員ということですので、正職員より勤務時間が短く、待遇も正職員とは別に定められると思います。

単純に雇用形態のことなので資格や技術は関係ないと思います。

Q嘱託職員とは

市役所の求人で嘱託職員があったのですが
恥ずかしながら嘱託の意味が今ひとつ理解できません
転職希望の32歳、一家の大黒柱(妻・子供1人)の私がなるべきモノでは
ないのでしょうか?

Aベストアンサー

今日は。
嘱託といいますと、辞書的には特定の仕事をやってもらうために雇入れる人らしいですが、定年後、まだ仕事のできる人に、少し賃金を以前よりも安くして雇入れているケースもあるようです。

因みに市役所の嘱託職員の定義は、
嘱託職員」とは、常勤職員のうち、定年退職又は勧奨退職したものを単純な労務に従事させるため、期間を定め雇用されるものをいう。

のだそうです。つまり臨時の職員ですよね。
ですので、いくら転職希望でも、32歳の若さで一家の大黒柱はのmac41さんはやめておいたほうが懸命だと思います。

Q国家公務員法103,104条と副業の禁止について

国家公務員は国家公務員法103条及び104条の規定において、所属官庁の許可なしには副業ができないそうです。

しかし主要官庁の官僚は、数割が公務以外での副業していると耳にしました。

なるほど、確かに公務員の副業は104条をそのまま解釈すれば違法です。

しかし、法律に精通している財務系の公務員が、いくつかの法律を組み合わせることで抜け穴を設けて合法的に副業している可能性がないとは言えません。

法律の専門家として、この件に関する意見……すなわち公務員が副業することは本当に不可能なのかをお聞かせください。

事業を家内の名義で行うとか、20万円以下なら所得を申告しなくていいとかいう素人じみた制度運用ではなく、租税法、会社法などを組み合わせた高度に専門的なレベルでの意見を聞きたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 副業が国家公務員法上合法とされるかどうかは,同法の解釈に関する問題であり,租税法や会社法は関係ありません。
 同法103条2項及び104条に基づき副業の承認をする基準は,人事院規則14-8とその関係通達によって定められていますが,不動産や駐車場の賃貸業については規制が緩やかになっている一方,それ以外の事業は相続や遺贈により家業を承継したものである場合以外は承認しないものとされています。ただし,公務員でも研究機関の職員については,別途緩やかな承認基準が定められています。
 また,公務員であっても会社の株式を所有すること自体は禁じられておらず,公務員が株式所有を通じて実質的に会社経営に関与することはあり得るわけですが,このような例については同法103条3項の規定による報告徴収の対象となっており,職務遂行上適当でない場合には規制の対象になります。具体的な規制の基準は人事院規則14-21とその関係通達によって定められていますが,会社役員への就任や自営よりはゆるやかな規制内容となっています。
 別に抜け穴など探さなくても,人事院の定める基準を満たせば副業が認められる取り扱いになっているため,副業が全く不可能というわけではありません。

 副業が国家公務員法上合法とされるかどうかは,同法の解釈に関する問題であり,租税法や会社法は関係ありません。
 同法103条2項及び104条に基づき副業の承認をする基準は,人事院規則14-8とその関係通達によって定められていますが,不動産や駐車場の賃貸業については規制が緩やかになっている一方,それ以外の事業は相続や遺贈により家業を承継したものである場合以外は承認しないものとされています。ただし,公務員でも研究機関の職員については,別途緩やかな承認基準が定められています。
 ...続きを読む

QWワークをしても問題ないか教えて下さい!

労働局の臨時事務補佐員(非正規職員のパートで1年ごとの契約)はWワークをしても違法ではないですか?

労働局で働いた後に、他で仕事をしても大丈夫ですか?

事情があり、Wワークをしたいのですが、これが違法なら困るので、どなたか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、元国家公務員です。

「労働局」というのは厚生労働省の各都道府県労働局ですよね。残念ながら
副業はできません。国家公務員の場合には副業がみとめられていない(正確に
は制限されている)のですが、その根拠は国家公務員法及び人事院規則にあり
ます。

ところが国家公務員法及び人事院規則は、正規職員、非正規職員の区別はして
いないのです。辞令のでる職員は、全て「国家公務員」なのです。ですから副
業の制限についても、正規職員、非正規職員と区別がありません。

正規職員と非正規職員とはご存じのとおり待遇が天と地ほど違うのに、同じよ
うな制限をかけるというのは、おかしいとは思うんですが、残念ながら法律的
にはそうなってしまいます。

ただ、建前上は「副業禁止」ではなく「副業制限」ですので、だめもとで一度
人事に相談されてもよいかと思います。

あと回答されていらっしゃる中でいくつかふれさせていただきます。

非常勤職員は「みなし公務員」とおっしゃっておられる方がいらっしゃいました
が、「みなし」ではありません。純然たる公務員です。

就業規則に触れられている方がいらっしゃいますが、一般の公務員の場合は就業
規則はありません。国家公務員法、人事院規則を初めとする法令により定められ
ています。

職務専念義務ですが、基本的には勤務時間内でのことなのですが、公務員の場合
は拡大解釈されるケースが多いですね。

はじめまして、元国家公務員です。

「労働局」というのは厚生労働省の各都道府県労働局ですよね。残念ながら
副業はできません。国家公務員の場合には副業がみとめられていない(正確に
は制限されている)のですが、その根拠は国家公務員法及び人事院規則にあり
ます。

ところが国家公務員法及び人事院規則は、正規職員、非正規職員の区別はして
いないのです。辞令のでる職員は、全て「国家公務員」なのです。ですから副
業の制限についても、正規職員、非正規職員と区別がありません。

正規職員と非正規職員...続きを読む

Q臨時職員の志望動機、そして面接について。

只今、求職中なのですが、臨時職員の求人(事務)があり、
明日履歴書を持参する予定なのですが、志望動機が上手くまとまりません。
過去の自らの職歴から見ましても、事務経験は3ヶ月(受付事務でした)
ですし、それ以降は販売員をしておりました。
窓口業務も仕事の内との事ですので、人と接するのは好きですが、
デスクワークはほとんど経験がありません。
パソコンは慣れております。
正直に申しますと、定職が決まるまでの時間を無駄に
したくないので応募するのですが...。
その場合でも「正職員になる為の勉強をしたい」
と述べた方がいいのでしょうか?
印象に残るような良い言い方があれば御指導下さい。
それと、面接なのですが、職歴、資格、志望動機以外に
どのような事を聞かれるのでしょうか?
経験者の方、教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

私のところでは、臨時だろうとアルバイトだろうと、かなり吟味をします。

私が面接するのなら、以下のようなことをお尋ねするでしょう。
Q1.志望動機を教えてください。
   (これは、「当社」の事業や業務にどの程度の理解と関心を持っているか、つまり、本気度を見ます)
  A⇒知人から聞いた職場の雰囲気や、業務そのものの社会的意義についての理解を率直に(あくまでプラスイメージです)伝えてください。
Q2.これまでの職歴で、具体的にはどんなことをされていましたか?
   (これは、スキル・経験を見ます)
  A⇒過去の職歴それぞれで、どんな収穫・成長があったのかを交えて話すと好感度が上がります。
Q3.前の職場はどんな理由で辞められたのですか?
   (これは、人柄・性格を見ます)
  A⇒「なるほど」と納得させるか、「どうでもいいことだ」と思わせるか、どちらかです。
Q4.OAソフトはどの程度習熟されていますか?
   (これは、採用後に発揮される能力を見ます)
  A⇒あまり大風呂敷を広げず、少しがんばればできそうだと思うことは「積極的に習得するつもりです」と意欲を絡めてアピールすればよいでしょう。
Q5.その他、自己アピールをお願いします。
   (これは、自分の長所を理解しているのかや、どんな意図で応募してきたのかの本音部分などを見ます)
  A⇒接客経験だけではなく、同僚となる人たちとのコミュニケーション=対人能力や、飲み込みの速さなどをアピールするとよいでしょう。

あくまで、受け答えは明朗快活に、歯切れの良いことが好印象につながります。

最後に、相手がどういう意図で人材募集をしようとしているのかを踏まえないと、気持ちだけが空回りしてしまいます。もし、産休・育休の従業員の「代用職員」だとすると、「正社員を目指します」と言われてしまうと引いてしまいます。長期にしがみつかれても困るからです。逆に、長期採用を見越した「試験採用」という意味での臨時職員であれば、長期の就業意思をアピールした方が効果的です。採用する側の事情を察することができれば良いのですが、これはなかなか表には出しませんので、「正社員になるかどうかは御社の評価をいただけるかどうか次第ですが、とにかく誠心誠意勤めるつもりです」ぐらいが妥当でしょうか。

私のところでは、臨時だろうとアルバイトだろうと、かなり吟味をします。

私が面接するのなら、以下のようなことをお尋ねするでしょう。
Q1.志望動機を教えてください。
   (これは、「当社」の事業や業務にどの程度の理解と関心を持っているか、つまり、本気度を見ます)
  A⇒知人から聞いた職場の雰囲気や、業務そのものの社会的意義についての理解を率直に(あくまでプラスイメージです)伝えてください。
Q2.これまでの職歴で、具体的にはどんなことをされていましたか?
   (これは...続きを読む

Q役所で臨時、パートで働いているときアルバイトはできますか?

 役所で臨時職員とかパート職員とかで働いている(雇用保険とかはかけてもらっている)とき、アルバイトはできるんですか?
 もし、アルバイトしたら法律違反になったりするのでしょうか?
 役所によって違うかもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

結論から言うと、勤務先によって違います。役所だから、臨時職員だから、では判断できませんので、勤務先に確認することをお勧めします。
 大概の事業所は、社員の兼業を禁止してますが、これは統一した法律があるわけではなく、それぞれの事業所(役所を含む)の就業規則によって違ってきます。禁止されているアルバイトが発覚してしまった場合、法律違反ではなく、就業規則違反で解雇 となってしまう場合もありますので、「ばれない可能性」にたよるのはお勧めできません。
 ドキドキしながらのアルバイトも大変ですしね。

Q市の嘱託職員のネット副業は?

主婦で、市の嘱託職員をしています。
趣味でネットオークションをしていたのですが、
結構利益があがって、月収10数万になってます。
このままいくと20万、つまり月給超えも夢ではないのですが、
やはり安定した仕事は辞めたくありません。
かといって、ネットオークションも自分の趣味ですので
辞めたくありません。
欲張りなんですが・・・
ところで、
再三公務員の副業について掲載されていますが、
私の立場「市の嘱託職員」として、ネット副業は
許されるのでしょうか?
やはり、普通の民間のパートタイマーとは違うのでしょうか?
もちろん、本業に支障をきたしていませんが・・・
どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言えば問題ありません。

地方公務員は確かに副業規定があり、アルバイトなどは出来ません。
(営利企業等の従事制限)
第38条 
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その
他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団
体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていか
なる事業若しくは事務にも従事してはならない。
2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることが
できる。

しかし・・・
市の職員ということは、地方公務員ですので、地方公務員法の適用を受けます。
この第3条に身分に関する条項があり、地方公務員とは一般職と特別職に別れることが分かります。
その中で嘱託職員は「特別職」と定められています。
しかし、地方公務員法第4条では「この法律の規定は、法律に特別の定がある場合を除く外、特別
職に属する地方公務員には適用しない。」とされています。
つまり、嘱託職員は地方公務員法の適用を受けません。

ちなみに、公務員はアルバイトなど副業をしてはいけないと言う人がいますがこれは間違えです。
あくまで「任命権者の許可を受けなければ」という条件であり、逆に言えば許可を受ければ可能です。
実際、職員がその市町村などの第三セクター会社の役員や社員になっている事があります。
これは任命権者が許可している・・・というか、任命権者が業務命令しているので、まったく問題
ないわけです。

ただ、オークションで数十万とはずいぶん利益を上げていますね。
まず売っているものが問題でしょう。
いかがわしいものなら、「市職員、わいせつ画ネットオークションで販売」と報道されることもあ
ります。
また、それほどの利益を出しているなら当然納税の義務もあります。
販売行為自体は問題なくても脱税でばくられることもありえます。

結論から言えば問題ありません。

地方公務員は確かに副業規定があり、アルバイトなどは出来ません。
(営利企業等の従事制限)
第38条 
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その
他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団
体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていか
なる事業若しくは事務にも従事してはならない。
2 人事委員会は、人...続きを読む


人気Q&Aランキング