あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

私が知ってる限りでは千葉大学と文教大学しかないのですが他におすすめはあるでしょうか?もしくはこの二つがおすすめなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

偏差値 筑波大学」に関するQ&A: 私は筑波大学社会・国際学群国際総合学類を志望している地方の偏差値56の高校に通う新高3です。 画像は

A 回答 (7件)

http://www.u-gakugei.ac.jp/~jaue/kaiin.htm
国立の教員養成学部の一覧です。その他に、公立(都留文科大学)、私立が何校かあります。あなたが小学校の教員を目指すのなら、国公立の教員養成学部で小学校の教員課程へ行かれるのがベストでしょう。前の方が書かれたように地元の大学が有利のようです。東京や神奈川でも一寸前までは地元の旧師範系の人脈が巾を利かせておりましたよ。中学/高校の教員を目指すのなら、一般大学で教員免許を取得するこほうが良いのではないでしょうか?以前は高校の免許が取れる学校が国立の教育学部では少なかったのですが、今は如何でしょうか。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

中学高校です。ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/22 23:30

中・高の教員免許なら、ほとんどの大学・学部で、教員免許取れますよ。

教育学部でなくても。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/25 00:50

> 私が知ってる限りでは千葉大学と文教大学しかないのですが



 え、、ご冗談でしょう?(^o^;。 日本中の国立大学に、戦前の
師範学校からの流れを汲む教育学部がありますよ。なかには教育
人間科学部や教育文化学部など、微妙に名前は違えど実質的には
教育学部と同じという学部もあります。

 また、北大や阪大には教育学部はありませんが、その代わりに
北海道教育大学や大阪教育大学があります。教育大学はほかにも
宮城、上越、東京学芸、愛知、京都、奈良、兵庫、鳴門、福岡が
あります。ちなみに昔の東京教育大学は、現在の筑波大学です。

 いっぽう、私立の教育学部は少なく、教員養成系と言えるのは
早稲田、文教、常葉学園、岐阜聖徳学園の4校だけです。

 オススメというのは難しいですが、基本的に教員は都道府県
ごとに採用しているので、地元の教育学部を出ている人があら
ゆる面で有利です。教員の世界は非常に特殊で、こればかりは
東大卒だからといって少しも有利になりません。

 ただ東京や神奈川は例外で、学閥らしい学閥はないそうです。
私の知り合いで著名な教員がいますが、その人は東洋大学出身
だそうです。教員養成系以外の学部からでも教員採用試験は
受験できますので、そういう道もあるんですね。

 いっぽう、教育学を専攻したいなら、東大や早稲田、東京学
芸などの有力大学に進んだほうがトクでしょう。文部科学省の
キャリアになりたいなら東大をはじめとする旧帝大がベストです、
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。おそらく入れませんが・・。

お礼日時:2007/08/22 23:31

早稲田はどうですか

    • good
    • 7
この回答へのお礼

参考にします。

お礼日時:2007/08/22 23:31

他の方が回答されていますように東京学芸大学は教育系の単科大学ですから、卒業生で教員をやっている人はかなり多いです。


他に、教育学部があるかどうかだけでしたら早稲田大学にもありますし、東京大学の文科III類(他の学科からも行けますけど)もそれにあたります。関東地方の大学でしたら他に、埼玉大学、茨城大学、群馬大学、筑波大学などが思いつきます。教育系のコースが、文学部などの下に学科として存在している場合もあります。

おすすめかどうかは、何を目的とするかによってかわってきます。
教育学の勉強をしたいからなのか、教員免許を取得したいからなのか。
教員免許を取得したいという目的の場合、それが幼稚園教諭なのか、小学校教諭なのか、中学校・高校それぞれどの科目の教諭なのか、あるいは養護教諭なのか。

教員になることだけが目的でしたら、必ずしも教育学部に進学しなければならないわけでもありません。小学校の教員免許が取れるところは限られてきますが、中・高でしたら、興味のある学問分野の勉強をしながら教員免許取得課程を同時に履修するのも十分可能です。体育でしたら体育大学のほうがふさわしいかもしれません。語学系教員だったら東京外国語大学のような、より専門的なところで学ぶのもありかと思います。

ご自分の興味や目的に合った大学探しをしてみてくださいね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/22 23:32

先生になりたいのならば、広島大学、筑波大学がおすすめです。


教育学についてならば、京都大学とか。

・・・やっぱり、いい大学は偏差値高いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね。到底入れません・・

お礼日時:2007/08/22 23:33

先生になりたいのであれば東京学芸大学もありですね。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考にします。

お礼日時:2007/08/22 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育学部でいい大学。

今高3で教育学部に進みたいと思っています。

小学校の先生になりたいのですが心理学も学びたいです。

どこの大学が教育学部では有名ですか??

出来れば国立に行きたいのですが・・・。

Aベストアンサー

できれば受験地や地元の大学がよいと思います。みなさん学大の名をあげていますが、今は学大出身者の割合も減って、他の大学出身者の方が多い現場もあります。特に地方の場合は地元色(大学)が強いのが現状です。採用試験でも他県出身だとそのことを面接で問われることもあります。これから数年は大量に新採をとるので他の業種と比べると広き門になっていますが、素敵な先生をめざして頑張ってください。

Q私立大学教育学部について、明星・大東文化

高3受験生です。小学校教諭希望で地元国立大を目指していましたが、センターでの得点が足りずに私立大学一本に絞ることになりました。 受験大学を志望順に並べると

文教大学教育学部
國學院大学人間開発学部
明星大学教育学部
大東文化大文学部教育学科

です。滑り止めとして明星と大東文化を受けるのですが、調べるとこの2校は偏差値のわりには教員採用された人数が多いので滑り止めに選びました。しかし、大東文化と明星のみに受かった場合どちらに行けばよいか悩んでいます。大東文化は雰囲気は全体的に真面目(勝手に思ってるだけですが…)で1,2年次と3,4年次にキャンパスが変わるので大変かな?と思っています。明星は教育は強いと思うのですが、教育以外の学部のレベルがどうしても低いので雰囲気があまりよくないのでは?と考えています。自分が流されなければいいだけだと思っていますが不安です。もちろん文教に受かればよいのですが、うまくいくかわからないです。50歩100歩かもしれませんが、どちらの方がよいでしょうか?

Aベストアンサー

確かに他の方も言うように、国公立教育学部は教員の中ではブランドですから浪人も厭わないなら行くメリットはありますね(失礼な言い方かもですがセンター70%以下のとこが殆どでそんなに難しくもないので狙い目ってのもあります)。
教員試験は面接比重も高いし、関係ないとは言いつつも、どうしても出身大学も見てしまうと思います。

その上で私大にするなら明星を薦めます。有名な明星の図書館なども含め、評判は高いですよ。
教育学部が看板であるから、意識の高い人材とサークルや講義を通じて交わる事ができると思います。

Q教師になるためには(どこの大学へ進学すればよいか)

高校二年の男子です!!
僕は小学校か高校の教師になりたいと思っています。
文型なので、体育か国語か社会の先生になりたいです。
そこで質問なんですが、どこの大学へ進むのが一番教師になりやすく
一般的によい(人気)と言われている大学はどこかを知りたいです。
場所は全国どこでもよいので、もし何か知っていることがあれば、教えてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学校を考えるなら、教育学部ですね、
中学高校も複数の免許の取りやすさは教育学部が一番ですよ。
広島か筑波、
女子ならお茶の水、奈良女子ですが
体育や社会は人気があったり
採用が少ないのでいい学校に行った方がいいですよ。
教育学部の偏差値も何気に一番社会が難しいとこも多いです。

関東なら横浜国立、早稲田、学芸
関西なら大阪教育、神戸なんかも聞きますね。
岡山、金沢、熊本、長崎、新潟・・・
初等教育なら地元の教育大学
(愛知教育、北海道教育、福岡教育)が多いです、

ただ、自分のやりたい学部に言って、
民間で働きながら、玉川大学の通信なんかで
免許をとる人もいます。

隣接免許が取れる制度もあるので、
高校か小学校!でなく、
中学校か高校 か←これが一番取りやすい
幼稚園と小学校
が科目が被るので取りやすいですよ、

中学校高校を取って、隣接免許制度で小学校を取るっても手です。

Q数学教師は教育学部か理学部か

東京都内の中学校か高校で数学の教師をしたいと考えています。数学が好きで専門的なことを学びたいと思う一方で、教育学についても学びたいと思っています。教育学部と理学部ではどちらのほうが採用やその後のことを考えると良いのでしょうか?中学校か高校かによっても変わってくるとは思いますが、どちらをとっても不利にならないようにしたいです。ちなみに現在考えているのは、教育学部なら東京学芸大学、理学部なら東京工業大学か大阪大学です。

Aベストアンサー

私自身は中高の理科免許と中学数学の免許を持っています。
(と言っても今はサラリーマンです)

結論としては、理学部に進むことをお勧めします。

私も進学を考える時に同様のことで悩みました。
他の方も書かれていますが、やはり中高で理系科目を教えるとなると、
きちんとした専門性に裏付けられなければ、薄っぺらになってしまうと思います。

私が当時出した結論は教育学部でした。
ただし、教育短科大学ではなく総合大学の教育学部を選び、大学に入ったあとに選択肢を残しました。
結果、結局、研究室は理学部の研究室に入れてもらい、研究はモロに物理学を専攻してました。

ただし、教育学部であっても、理系科目の教授は教育学系でなく、純学問をかなり専門的に研究をされている場合もあり、
どちらに決めるにせよ、志望大学の研究室の研究内容を調べてみて見るのも良いと思います。

学芸大は単科カレッジでありながら、養成課程以外も持ちそれなりに幅広く学べるようになってきているそうなので、
そういう意味では悪くないと思いますが、理系に強いイメージはやはり薄いですかね。

ただし、研究に関しては研究室次第ですが、その前の基礎教養を身につける時点では理学部の方が有益なのはいうまでもありません。
(当然代償として別枠で教員養成科目が必要になるので授業はやや忙しくなるとは思います)

理学部に進んだ場合も教育系のインカレサークルや、
私立学校や教育委員会が募集する大学生を対象とした、教育ボランティアや非常勤講師募集など、
教育現場に触れる機会はいくらでもあると思いますので、
そういったものを有用に使えばイイかと思います。

ま、個人的には教育現場に触れるのはほどほどに、
学問の追求と、いろんな意味での社会勉強、友人作りに、恋愛を頑張って欲しいですけど。
(教育現場なんて教員になったあとは嫌でも毎日見れますから。
情報収集と教育への情熱を保つため程度で充分かと)


長くなり恐縮ですが、
兎角。ご自身で大いに悩み、ご自身の意志で進路を決めて下さい。
自分自身でこれから先数年分の人生を決められる素敵な機会に立たれているのですから。
それにご自身の中で決めた目標に向かって努力するというのが、貴方の受験勉強への大きなエネルギーになるはずです。

頑張ってください。
そして素敵な高校生活を。

私自身は中高の理科免許と中学数学の免許を持っています。
(と言っても今はサラリーマンです)

結論としては、理学部に進むことをお勧めします。

私も進学を考える時に同様のことで悩みました。
他の方も書かれていますが、やはり中高で理系科目を教えるとなると、
きちんとした専門性に裏付けられなければ、薄っぺらになってしまうと思います。

私が当時出した結論は教育学部でした。
ただし、教育短科大学ではなく総合大学の教育学部を選び、大学に入ったあとに選択肢を残しました。
結果、結局、研究室は理学...続きを読む

Q文教大と東洋大と玉川大 どっち?

娘が、将来、小学校か中学校の教員になりたいと大学受験をし、文教大学文学部日本語日本文学科、文教大学教育学部学校教育課程(家庭)、東洋大学文学部教育学科初等教育専攻、玉川大学文学部人間学科に合格しましたが、どこに入学しようか迷っています。これらの学校の内容のわかる方、情報やアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

この中なら、間違いなく文教大学をオススメします。
文教大学の教育学部は教育界でMARCHにも負けないブランドになります。
教育の文教といわれるだけあり、教育学部の授業も他に比べしっかりしており、教員試験へのサポートとも素晴らしいです。

偏差値、学校のレベル的にも東洋玉川よりもレベルが高いです。
教員輩出数も他の二つよりも圧倒的に多くコネクションも出来、将来教員になった時や、転勤したとき、同じ大学の先輩や後輩友達と出会うことが頻繁にあり財産になります。

教育界での知名度、授業内容、就職後のこと、そして同じ夢を一緒に追いかけられる環境の文教大学。

雰囲気もほのぼのとしていて真面目なよい学校ですよ。

Q武蔵野大学や國學院が評判悪いのはなぜ?

教育学志望です。
教えてgooや知恵袋などを見ていると、両校とも大東亜帝国以下だとかいろいろ言われていました。

でも武蔵野大学なんかは入試倍率を見るとものすごく倍率が高いです。

偏差値も、MARCHと日東駒専の間くらいに位置しています。

どういうことでしょうか??

Aベストアンサー

元塾講師です。

 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。
1、競合校と日程が重なる、またはずれている
2、合格者が極めて少ない
3、入試問題が受験生の能力に見合っていない
4、他大学にその学部がないために集中する

1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。大学の入試偏差値は大抵、「その偏差値で合格確率50~60%」というもので(模試のC判定あたりです)、その基準が下がるだけです。

2、女子アナなどの超高倍率の試験では、「どうすれば合格する」という基準は作れません。大学入試でも合格者1人の試験の場合はその年のトップだけが合格することになり、「合格偏差値=合格した1人の偏差値」となり、これは毎年変わってしまいます。これは極端な例ですが、そこまで合格者人数がでない大学では多少影響があります。もっとも最近は、(定員割れしそうな大学はよくすることですが)推薦入試でかなりの定員を埋めて一般試験の募集数をかなり少なくして入試偏差値を高めに操作(?)している大学も少なくありません。
 その証拠に、武蔵野大では入学定員の半数近くが推薦等の一般試験を経ないで入学していますが、日大では内部進学を含めてもそこまでではありません。企業などがその大学の学生の質を判断するのはあくまで「その大学に入学・卒業した全学生(の平均)」であり、一般試験を受験した以外の能力も含めています。早慶や国公立などの難関大学では「一般入試では測れない能力の持ち主」を推薦入試などで選抜しますが、日本のほとんどの大学の推薦入試は「定員の穴埋め・他に逃げられないように青田買い」であり、推薦入試の入学者は能力的には一般試験よりかなり低いと見積もられています(そのため企業では、一般試験かの質問をそれとなくしたり、筆記試験でふるい落とします、その影響か最近は大学入学後に基礎学力養成講座をしている大学もあります、それならそいつらを入学させなければいいだけですが、それでは定員割れしてしまうのでできません。そうした講座を持つ大学はまともな人間を入学させていないことになります)。
 つまり、「推薦入試の多用で一般入試の偏差値よりかなり低能力の学生が多く存在する=世間とのギャプが生まれる」ことになります。

3、入試というのはその受験生(もしくは合格相当の学力をもった人間)の能力に見合ったもの出ないと選抜ができません。小学生にセンター試験をやらせて、今までの試験と同じような成績順にはならず、ほとんど運に左右されます。また、逆に東大生に小学校の単純な計算問題をやらせても、そこで計られる能力は「ケアレスミスの少なさ」だけであり、学力の判定はできません。
 このように受験生の能力に見合わない試験の場合、合格者偏差値は高めに出やすいです。というのも、先に挙げたように「合格率50%」のところを偏差値にしていおり、ある程度の倍率になると、(試験が難しすぎる場合には)ほとんどの人は全問題を正解せず、それでは合格しません。そうなるとその問題の中に「ある程度知っていて解けた人達」の層にまで行かないと50%にならず、異様に高い偏差値になります(先に挙げた小学生にセンター試験を課して合格する人は「飛び級予備軍」であり、そうした人を選抜する目的としては正しいものになります)。ただ、この場合、偏差値30の人からも運で合格している人も誕生し、それが30~70までひとりずつ存在し71のところで半数以上だから「偏差値71」ということになりますが、合格者の平均偏差値は50いかない場合も考えられます。むやみに偏差値を高く算出したい場合にできるテクニックですが、ある程度優秀な受験生を取りこぼす可能性が高く、「学生の質なんか下から気にしていなくて世間体だけが欲しい」大学にはうってつけです。

4、医学部や教育学部等に見られます。
 慶應の医学部は私立最難関で慶應の理工学部等よりも偏差値が高いのは納得できます。そこを基準として他の私立大学は「慶應の医学部は偏差値70で、うちは慶應の次に難しいら69」というように算出されちるとしか思えないような数値が出ています。実際早慶の理工学部より高めの偏差値が出ている大学がありますが、早慶の合格者が不合格になるような問題とは思えません。日大や帝京等は同じ大学に違う学部もあるのでそことの比較で算出するのが妥当なはずです。
 教育学部も、私立では早稲田の教育がトップにあり、マーチには青学や立教に資格が取れる学部がある程度であり教育学部はありません。日東駒専でも充実しているとは言えない状況なので上の大学の偏差値に引っ張られて偏差値が上昇しやすいです。早稲田の教育で、絶対に浪人したくない人が桜美林等を受験することがありますが、これが法学部などでは考えられません。ただ、(言い方は悪いですが)自身の受験勉強をまともにしてこなかった人が優秀な生徒を前に教育出来るものでしょうか?賢い子供は「この人頭の回転遅いな」というのは分かりますし、実際私はそう感じた先生はいました。そうした状況で教壇た立ち続けるのは相当なストレスですし、相当な鈍感人間にしか無理です。

 
特に2、と3、を組み合わせれば入試偏差値(倍率)と学生の質に大きな差を生じさせることができます。しかも「実際は大したことないのに入試偏差値だけが高くなる」という悪質なものです。ただ、人気企業などはその辺も十分わかっているので、同じような偏差値の大学と比べると就職実績でおとる場合も多いですし、教員採用試験などの実績も違ってきます。
 また、以前より安定志向の若者が増えたことから医療系・教員・公務員志望の人が増えて、教育学部志望の倍率は上がっています。ただ、優秀な受験生が流入しているよりも、「短期的にしかものを考えられない人」が教育や医療系に集まっているだけであり、合格偏差値上昇には無影響で、倍率だけが上がる現象に貢献しています。 

 武蔵野大学に関しては、確かに倍率は高めですが、難易度としてはそこまでではありません。入試というのは(受験生にとっては)「合格最低点を1点でも越えればいい」わけであり、その点数だけを意識すればいいはずです。東大の倍率より高いからといって東大の方が合格しやすいわけではりませんから…。もっとも、学力が足らず運で合格しようとする人間にとっては運は非常に重要な要素になりあます。
ご参考までに。

元塾講師です。

 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。
1、競合校と日程が重なる、またはずれている
2、合格者が極めて少ない
3、入試問題が受験生の能力に見合っていない
4、他大学にその学部がないために集中する

1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。大学の入試偏...続きを読む

QMARCH受験で悩んでいます。教育志望です。

小学校教諭志望なので今までは東京学芸大学を考えていました。
でもどうにも時間がない、元々学力がない、受験科目多いので私立大も視野に入れることにしました。

教員免許が取れるのは青山学院と立教だけと思いますが、上智の教育を出て自分で免許をとる方法もあるかと思います。

質問は、
(1) 青山、立教、上智の教育に行くならどこでしょう?
(2) 教育を出ても教師にならなかった場合、どこが有利でしょう?
(3) 教育に限らず、MARCHのことで何か。。
(4) 教科の多い学芸大はあきらめて私立一般入試にしたほうが良いかと思ってきました。何かご意見ください

現在高3、高校は進学校ですがMARCHに入れば誉められ、早慶上智ならもっと誉められるくらいのレベルです。
東大は滅多に出ないです。
ですからMARCHなんてどこでも同じ!と言う人もいますが、そうとも思えないのです。

塾の先生は、「早稲田の教育を狙うくらい頑張れ!」
小学校教師の免許は別で取れと言います。
早稲田はあまりにもいくらなんでも無理なので
同じ意味で上智狙いはどんなものかと思いました。

皆さんのご意見よろしくお願いします

小学校教諭志望なので今までは東京学芸大学を考えていました。
でもどうにも時間がない、元々学力がない、受験科目多いので私立大も視野に入れることにしました。

教員免許が取れるのは青山学院と立教だけと思いますが、上智の教育を出て自分で免許をとる方法もあるかと思います。

質問は、
(1) 青山、立教、上智の教育に行くならどこでしょう?
(2) 教育を出ても教師にならなかった場合、どこが有利でしょう?
(3) 教育に限らず、MARCHのことで何か。。
(4) 教科の多い学芸大はあきらめて私立一般...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんが小学校教諭の志望を大学在学中に絶対に変更しないという前提で考えてよいのなら、根性出して東京学芸大をめざすべきです。浪人してでも、東京学芸です。

・センター試験にチャレンジした経験は、採用試験のときに生きます。先生になってから、もっと生きます。
・施設設備、周囲の仲間、教官の構え、東京都教育委員会との関係、教育実習、縁故、同窓会組織、すべてにわたって東京学芸大の東京都内における優位は歴然としています。
・教員のための専門職大学院の設置が、いまひそかに(?)進んでいます。三年後、全国で最初に設置されるのは東京学芸大だと、多くの人が思っていると思います。
・東京学芸大では竹内結子がてんとうむしを飼っている、かもしれません。

私大で、ということなら、都内(になるのかな)では明星大、玉川大、創価大、大東文化大などいろいろあるような気がします。帝京大でもとれるような気がします。大学の名前が気になる気持ちはよくわかりますが、これらの大学で小学校の免許のとれるコースはいずれも飛び抜けて入試ランクが高いようですよ。これからあちこちオープンキャンパスとかもあるでしょうから、よく検討されたらよろしいかと思います。

質問者さんが小学校教諭の志望を大学在学中に絶対に変更しないという前提で考えてよいのなら、根性出して東京学芸大をめざすべきです。浪人してでも、東京学芸です。

・センター試験にチャレンジした経験は、採用試験のときに生きます。先生になってから、もっと生きます。
・施設設備、周囲の仲間、教官の構え、東京都教育委員会との関係、教育実習、縁故、同窓会組織、すべてにわたって東京学芸大の東京都内における優位は歴然としています。
・教員のための専門職大学院の設置が、いまひそかに(?)進ん...続きを読む

Q広島大学教育学部について。

広島大学教育学部って天下の名門だと教師や両親から教えてもらったし、
近所や周辺の人たちもそう信じていました。

ところが、一歩外に出てみると東北大学教育学部や九州大学教育学部卒
のほうが上と見られるおかしな価値観を持った人たちが多いのに驚かされました。

中には早稲田第一文学部といった広大にとったら完全なる滑り止めに過ぎない

大学出身者よりも格下に見られたこともあります。

天下の名門と信じて疑わなかった広島大学の評価ってそんなものなのでしょうか?

ちょっとショックで・・・

Aベストアンサー

広大教育学部卒のものです。広島大学の評価はそんなものですよ。異論もありません。

広大教育は教員養成、九大や北大は教育学の方が強いので、一概に比べられない部分はあると思いますけど。

Q高校教師になりたいが、学歴重視の職場なのでしょうか??

高校の教員を目指している者です。

高校の教員をしている方、事情に詳しい方にお聞きしたいのですが、高校教師という職業は、学歴重視なのでしょうか?

私は地元の私立大学に通っていて、その後地元の大学(旧帝大)の大学院に入学し、専修免状を取得しました。

先日現役の高校の先生と少し話しをする機会があったのですが、『君の出身大学は○○大学(私立のほう)ということだから、学力に不安が残る。教師になっても偏差値の高い高校に配属になるってことは一生ないだろうね。一生低いレベルの高校をまわることになるだろう』と言われたのです。

その先生の話によると、いくら大学院が旧帝大でも、学部が私立なので学力(学歴)に不安があり、偏差値の高い学校に配属になることはないというのです。高校教員の試験に受かると、その人の学歴(学部)によって、どのレベルの学校をまわるか決まるということでした。
ちなみに、私はその先生の前で授業をしたわけでもなく、テストを受けて成績が良くなかったわけではありません。あくまで『出身大学』で判断された形です。

そこでお聞きしたいのですが、高校の教師というのはこのように、学歴によってどの学校に配属になるか決まるものなのでしょうか??
私は別に配属先の高校のレベル(偏差値)には拘りませんが、進学校で進学指導をしてみたいという思いもあります。
指導力不足等でこのような待遇の差が出るならわかりますが、このように露骨に学歴で判断される職場はちょっと嫌だな、と思ってしまいました。

どなたか詳しく知っている方がいらっしゃいましたら、回答お願いいたします。

高校の教員を目指している者です。

高校の教員をしている方、事情に詳しい方にお聞きしたいのですが、高校教師という職業は、学歴重視なのでしょうか?

私は地元の私立大学に通っていて、その後地元の大学(旧帝大)の大学院に入学し、専修免状を取得しました。

先日現役の高校の先生と少し話しをする機会があったのですが、『君の出身大学は○○大学(私立のほう)ということだから、学力に不安が残る。教師になっても偏差値の高い高校に配属になるってことは一生ないだろうね。一生低いレベルの高校をまわる...続きを読む

Aベストアンサー

 現場からお答えします。私の実体験です。

 採用段階では、学歴、採用試験の点数、そして縁故がものを言うのは現実だと思います。ただ、そこから先は、あなたが現場でどれだけ実力・実績・努力を積み重ねるかで違います。

 私は自分の出身とは全く関係ないある県で教員をしています。出身大学は都内の三流私大です。最初はいわゆる学力底辺校で、殺人と薬物以外すべての生徒指導を経験しました。しかし、その学校にも大学進学を希望する生徒がおり、また家業(多くは農業・漁業・酪農でした)の手伝いを終えて眠い目をこすりながら予習・復習をする生徒がいました。その生徒たちの姿は、受験科目以外の勉強は関係ない、無駄と言い放つ進学校の一部生徒に比べ(学力は劣るかもしれませんが)、勉強に対する気持ちは圧倒的に純粋で、私は多くのことをこの子供たちから学びました。この子供たちと一緒に勉強していくうちに、毎年一桁しかいない大学進学希望者でしたが、幸い全員が合格していきました。

 その後、私は中堅進学校~地域の中心校~県庁所在地の進学校と異動してきています。同僚の先生方に「成り上がり(笑)」と言われることから考えるに、質問者の先生のような考えの先生・管理職が現場にいるのは事実です。そういう価値観の方から理不尽な扱いを受けたことがあるのも事実です。
 しかし、私の周囲には、私と同じように成り上がっている先生も多いです。つまり現場に出れば学歴よりも自分の努力です。自分の努力を生徒の学力向上、人間性の向上に結びつけることができればいいのです。先生を判断し結論を出すのは生徒なのです。そして生徒は学力に関係なく、みんなかわいいです。

 学校の先生には2種類あると考えて下さい。
 学歴や上司へのゴマすりで食っている人と、努力によって食っている人です。あなたがどちらになるのかは、あなた自身が選んで下さい。
 
 

 現場からお答えします。私の実体験です。

 採用段階では、学歴、採用試験の点数、そして縁故がものを言うのは現実だと思います。ただ、そこから先は、あなたが現場でどれだけ実力・実績・努力を積み重ねるかで違います。

 私は自分の出身とは全く関係ないある県で教員をしています。出身大学は都内の三流私大です。最初はいわゆる学力底辺校で、殺人と薬物以外すべての生徒指導を経験しました。しかし、その学校にも大学進学を希望する生徒がおり、また家業(多くは農業・漁業・酪農でした)の手伝いを...続きを読む

Q小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いたざしてみたのですが、こども大好きだし結構向いているのではないかと思います。逆に自分自身、中高と部活動をやってなかったので、中高教員になって顧問になって指導したい!という気持ちも特にありません。今年で23歳になることもあり、大学編入卒業後、一度で採用試験に合格したとしても25歳。通信制の卒業は通学生よりもはるかに難しいと聞きます。とにかく早く教壇に立ちたい気持ちと、生活を安定させたい気持ちを優先すれば、小学校教員を目指すべきなのかなと思っております。しかし、もしそれでも小学校採用試験に受からなくて、その道を諦めてしまった場合、地歴などの専門科目を持っていれば塾講師などで道が開けますが、小学校の免許(教育学部)では他の道が見つからないんじゃないかと不安です。そんなこんなで、小学校教員、中学校教員、高校教員どれを目指せばいいか迷っています、というか悩んでます。いずれにせよ、人にわかりやすくものを教えることや、面倒を見ることが大好きで、一分一秒でも早く教壇に立ちたいです。アドバイス等ありましたら、よろしくお願いいたします。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いた...続きを読む

Aベストアンサー

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
休んだり、忙しいときには仕事をしたりと時間を自由に使えるところが多いかと思います。
また、放課後も部活等がないため、会議さえ終わればあとは教材研究なり
自分の仕事なりに使えることも結構うれしいです。

対してデメリットは、
1、保護者・地域・他の教員との連携が不可欠
→理解のある親御さんばかりならいいのですが、理不尽なことを要求される親御さんも
結構おられます。中学校や高校と比べ、小学校は保護者との関係にも気を使わなくては
学級経営がうまくいかないというのはきつい点だと思います。

2、すべての教科を見る
→先の回答者様もおっしゃっていましたが、小学校だと全教科の教材研究が必要です。
すべての教科が得意です、というのならいいのですが、
音楽など(私の場合)、一部苦手とするような教科の授業準備をするのは
割としんどいですね・・。

中学校のメリットとしては、
1、好きな教科を教えられる
→好きな教科を何年も教えられるのですから、教材研究にも楽しく向かえますし、
授業のモチベーションも高いです。

2、子どもの人生に関われる
→小学校では「躾」という観点から、「指導」するということが多くなってしまいますが、
中学校の場合は、指導に加えて、「相談される」「一緒に考える」といったことが
多くなるかと思います。相手も大人になりかけの人達なので、
一緒に笑ったり泣いたりということはかけがえのない時間となるのではないでしょうか。

中学校のデメリットとしては、
1、時間がない
→若手の教員ならば、ほぼ部活を持たされるかと思います。そうなると、放課後の部活や
土日の部活は顧問として見なくてはなりません。週の休みは1日というのがほぼ1年続きます。
また、夕方から夜にかけて、どこどこで暴力行為があって警察署まで来てほしい、
といった生徒指導に関することがちょくちょく入るようです。
日中、授業が入っていなくて自分の仕事をする時間にも、問題のある生徒を見たり
脱走した生徒を探したりすることがよくあるようです。
そのため、学校ではなくてもできる仕事は、家に持ち帰ってやるはめになることもあるようです。

まだまだメリットデメリットはあるかと思いますが、
採用されてからはこのような感じかと思います。

塾での採用は教員免許の有無とは関係のないところも多くありますし、
採用された後のことをお考えの上でどの免許を取得されるかお決めになったら
いいのではないかなと思います。

質問者様はとっても熱意のあるいい先生だと思います。学校現場でお待ちしております。

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較