今温暖化でオーストラリアの砂漠化が深刻な問題となっており、ラクダの過放牧が問題となっていますよね。
しかし、元々ラクダはオーストラリアに生息していなかったと聞きました。
もし、そうならば、なぜラクダはオーストラリアに連れてこられたのでしょうか。
分かる方、いらっしゃいましたら、お願いします。

A 回答 (1件)

検索くらいしましょう。



『Google:検索キーワード=オーストラリアのラクダ』
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe …

『Australia's Outback:オーストラリアのラクダ』
http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/new/ca …

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/new/ca …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/23 00:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q砂漠化は温暖化の影響でしょうか?だとすると極地は緑地化して行くのでは

記憶が確かではないのですが、現在年々緑が失われて砂漠が広がっていくとのことらしいのですけれども、それが温暖化のためと説明されていたような気がしました。もしそれが正しければ、温暖化によって、極地のツンドラ地帯が緑化して行っている筈です。
だとしたら、結局フィフティーフィフティーということで、地球上の緑は一定なのではないでしょうか?

Aベストアンサー

私の答え・・・50:50にはならない

 前の回答者様がとても簡潔で分かりやすいご回答をなさっていますので余談のようになってしまいますが、少し違う観点から説明させて頂きます。

 最近話題の「温暖化」では、過去100年間で1~2℃前後気温が上昇しました。それによって沙漠化が進んでいるのも事実です。
 
 ですが、はるかなる地球史を考えた場合、この気温上昇は別におかしくありません。かつて恐竜の時代には今よりも平均気温が7℃ほど高かったと考えられていますし、サハラが昔は緑豊かな土地でその後緑が北上したように、このくらいの気温の変化はいつでもどこでも起こり得ます。ある地域で環境が変化したら、その地域に生息していた生物たちはより住みやすい土地へと移動していき、別の土地からその地域に適応できる生物がやってくるのです。
 
 では、今の温暖化~沙漠化は何が問題なのでしょうか。それは、『100年間で』というところなのです。前述のサハラの変化は、数千~数万年の移行期を経ており、移動能力の低い植物でも十分沙漠の侵食から逃れることができました。ですが現代の温暖化のスピードはあまりに速すぎ、問題の地域の植物が極地方まで逃げ切ることはできません。もともと極地方で適応していた植物も、温暖化で逆に住みにくくなるわけですから、増えることはありません。

 従って、温暖化→沙漠化→緑地減少→温暖化の悪循環が加速してしまうわけです。もちろん沙漠化から逃げ延びて極地方で新たに適応する植物もいるでしょうが、悪循環の方が強いのではないでしょうか。

 更に余談ですが、今から二千年弱ほど未来では、日本では南からの暖かい海流が弱まるため、逆に寒冷化するかもしれないという説もあります。温暖化とその寒冷化がうまく組み合わさっていけば、日本あたりでは微妙にいい感じに落ち着くんではないかと楽天家の友人は言っていましたが、どうでしょうね。(^_^;)

私の答え・・・50:50にはならない

 前の回答者様がとても簡潔で分かりやすいご回答をなさっていますので余談のようになってしまいますが、少し違う観点から説明させて頂きます。

 最近話題の「温暖化」では、過去100年間で1~2℃前後気温が上昇しました。それによって沙漠化が進んでいるのも事実です。
 
 ですが、はるかなる地球史を考えた場合、この気温上昇は別におかしくありません。かつて恐竜の時代には今よりも平均気温が7℃ほど高かったと考えられていますし、サハラが昔は緑豊かな...続きを読む

Q砂漠化と地球温暖化の因果関係とは?

タイトル通りです。
今、学校の課題で「地球環境と人間活動」についてのレポートを作成しているのですが、砂漠化と地球温暖化のどこかに接点があるのではないかと思い、それをまとめたいのです。
インターネットでいろいろと検索をかけましたが、どうもよくわかりません。
よろしければ参考になるホームページ等を紹介していただけたら、と思います。
ちなみに現在高1です。

Aベストアンサー

 地球温暖化は、工場や車から出される排気ガスなどが地球に温室効果ガスを作ります。温室効果ガスで、地球のある程度熱が地球外に出ないようになります。そうすると出されなかった熱が地球に大量に集まり熱で暖かくなります。その他にも昔の冷蔵庫などをちゃんと処理しないと冷蔵庫を冷ますために使われいたフロンが大気中に出され太陽の熱をある程度吸収するオゾン層が破壊され熱が地球に大量にはいってきます。   
          これが地球温暖化です!

砂漠化は、酸性雨によっておきます。酸性雨の原因は、さっきも出た排気ガスです。そうして酸性雨は、岩や木を溶かしていきます。すると土だけになり太陽の光が当たり土が乾燥して砂になり広範囲に広がり砂漠となります。日本は、酸性雨が降りやすくもしかしたら砂漠になってしまうかもしれません。
      これが砂漠化と地球温暖化の接点なのです。

Q地球温暖化と砂漠化について教えてください!

温暖化と砂漠化の原因と2つ(温暖化と砂漠化)の対策をわかりやすく教えてください!色々調べてみたのですがわかりにくかったり簡単すぎたり良いサイトがありません・・・。

Aベストアンサー

こんなサイトはいかがでしょう。
「エコライフに関する知識編」に二つとも解説があります。

http://www.eic.or.jp/ecolife/index.html

温暖化についてはこちらのサイトがかなり詳しいですね。

http://www.env.go.jp/earth/cop3/kanren/kaisetu/index.html

Qもし地球温暖化の原因がCO2ならば

IPCCは相変わらずCO2削減の国別の目標を求めていますが一つ疑問があります。
それは各国の旅客機が高空で排出する温室効果ガス(CO2+水蒸気)はどう考えてどう対処するつもりなのでしょうか。

Aベストアンサー

燃料の販売元の売り上げを計算すれば、すぐに求められるはずです。船も同様です。

ここで大切なのは、排出権取引が地球全体としての排出抑制の解決にはならないということです。
よく考えてください。A国が排出権をB国に売ったとします。B国はA国に大金を支払い、それまで以上にCO2を排出します。A国に支払う代金以上の利益がでるので、B国は排出を削減しません。結果として、CO2の削減はできず、地球温暖化は止まらず、A国は金儲けができるという図式です。

「地球温暖化は止まらず」と書きましたが、IPCCには止める気などさらさらないのです。なぜならCO2は温暖化の原因ではなく、そもそも温暖化していないというのが、IPCC内部の認識です。A国出身の学者や政治家が、自国に利益をもたらすために、巧妙に仕組んだデマなのです。

捕鯨団体と同じで、環境のことなど眼中にはありません。「環境!」と叫ぶことで日本を叩くことができ、寄付金を集めることができるのです。

Q地球温暖化はどのように対策をとってるんですか? 今は環境問題として地球温暖化が問題となっていま

地球温暖化はどのように対策をとってるんですか?

今は環境問題として地球温暖化が問題となっていますが、各国、各地域ではどのような対策をとっているんですか?我が家族や自分の区域(足立区)ではクーラーの設定温度制限、電気の使用料、車のアイドリング禁止?を決めております。それぞれ地球温暖化にはどのような対策をとっているのか教えてください!

Aベストアンサー

自転車


人気Q&Aランキング

おすすめ情報