フランスの国家の一番の歌詞、その最後に以下のような部分があります。
 
 やつらの汚れた血を畑にぶちまけよう♪
 
 私は個人的にそんな畑の収穫物は食べたくありません。
 これは、なにかしらの歴史的経緯や、フランスの習慣を反映してこのような歌詞になっているのでしょうか? それとも、作者は軍人さんとのことなので、フルメタル・ジャケットのハートマン軍曹が歌う歌のようなアジテーションなのでしょうか?
 
 ご存じの方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 この歌はもともとフランス革命の反乱軍の行進歌のはずです。


反乱していたのは、もちろん一般市民ですから
[俺たちを栄養にして肥え太った奴等を
 今度は俺たちが栄養にしてやろう]
的な意味合いがあるのではないでしょうか。

 的外れな回答でしたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答、ありがとうございます。
 
[俺たちを栄養にして肥え太った奴等を
 今度は俺たちが栄養にしてやろう]
 納得しました。おもしろい解釈だと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/24 21:01

人は自らの属性を何によって決定いたしますか



それは、通常両親から受け継ぐ『血 sang』と
生まれ育った『祖国・故郷 sillons』です

ご質問にあります歌詞の一句
Qu'un sang impur abreuve nos sillons
この両方を纏め上げている大変高度な言い回しです

川や路では、祖国・故郷の土を表現出来ません 
フランスは ご存知のように農業国です

日本のような島国では、国家としての土を意識することは
あまり無いのかも知れません 土地が繋がっている
欧州大陸ではコレが基本な考え方では無いでしょうか 

それを如実に示すフランス語に Droit du sol (属地主義)
Droit du sang (属人主義)とあり フランスが1515年から
自国の土地でで生まれた人に原則フランス国籍を与えいます

その土地(sol)を、sillons(複数形は、祖国との意味)で表現
同様な言い方は、後年文豪(HUGO)の
En avant les hommes! Qu'un sang impur inonde les sillons!
が有名です

この句がいまだに熱い議論を呼んでいるのは Sang impur の文言です
この不純な血との用語が、時代を下ってから一部人種的偏見を持つ
グループから ユダヤ人のことを示すことになってしまい 博愛を
標榜するフランス国歌としての是非があるからです

その考察は、改めてとしまして、当時は sang impur と言えば
sang pur 乃至 sang royal, sang bleu と対比して利用され
平民(le sang du pleuple des sans culottes )の血です

ですから一般的な敵の血との解釈のほかに、戦う民衆は自らの
愛すべき祖国を(自分の)血で染めようとも、死守すべきは
死守するとの別解が根強くあります このような二重の解釈を
許してしまうところに愛着を覚える人もおります
(自らの血をimpurですかと疑問が生じるかもしれません
でも、この当時、sans culottes との言い方もありますから
各時代の熱気とは、そんなものなんでしょう)

以上です。。。
    • good
    • 0

はじめまして。



既に回答は出ていますが、簡単に補足致します。

ご質問1:
<これは、なにかしらの歴史的経緯や、フランスの習慣を反映してこのような歌詞になっているのでしょうか?>

1789年のフランス革命の時の、市民側の戦闘歌です。


ご質問2:
<質問の要旨は「何故、『畑』なのか?」ということを知りたいのです。>

1.このsang「血」とは市民の的、貴族達の血のことを言っています。

2.sang impur「汚れた血」とは、餓えに苦しむ市民・農民を奴隷のように無償労働でこきつかい、自分達は優雅に遊んで暮らす当時の貴族達の血を、こう表現しています。

3.sillonはNo.3の回答にある通り、「畝溝」「畦」のことです。ここでは、畝溝の溝の部分だけではなく、畝の部分にも焦点が置かれています。

4.つまり、このように畑を盛る形式は、麦を植える時の畑の下準備になります。巻かれた水は溝を伝って全体に水分が行き渡ります。

そしてこの畝の部分、すなわち土を盛り上げた部分に麦を植えるのです。

5.麦はフランス人にとっては主食のパンとなる、象徴的な作物です。その作物の肥やしにするというのは、一種の「象徴的な復讐」が込められています。

No.1の回答にあるように、「今まで自分達の重労働で肥え太った貴族達の血を、今度は自分達が十分食べるための肥やしにしよう」と、積年の恨みを込めてabreuver「血(養分となる水)をふりまく」といっているのです。

6.ここで改めてsang impur「汚れた血」が生きてきます。つまり、汚いもの・腐ったものほど肥やしにはいいという、自然の決まりがあります。貴族達の血は腐りに腐っ定マスから、腐葉土にするには、最高の養分なのです。


以上ご参考までに。 
    • good
    • 0

少し訳が違いますね。


もちろん、ですが、ラマルセイエーズの歌詞はフランス語なわけで、
英訳詞には定訳はありませんし、日本語訳も同様。

Allons enfants de la Patrie,
Le jour de gloire est arrive!
Contre nous de la tyrannie
L'etendard sanglant est leve (bis)
Entendez-vous dans nos campagnes
Mugir ces feroces soldats ?
Ils viennent jusque dans vos bras
Egorger vos fils, vos compagnes

(*)
Aux armes citoyens, Formez vos bataillons
Marchons, marchons
Qu'un sang impur Abreuve nos sillons

Que veut cette horde d'esclaves,
De traitres, de rois conjures ?
Pour qui ces ignobles entraves
Ces fers des longtemps prepares ? (bis)
Francais, pour nous, ah! quel outrage
Quels transports il doit exciter
C'est nous qu'on ose mediter
De rendre a l'antique esclavage !

(*)繰り返し

Quoi ces cohortes etrangeres !
Feraient la loi dans nos foyers !
Quoi ! ces phalanges mercenaires
Terrasseraient nos fils guerriers ! (bis)
Grand Dieu! par des mains enchainees
Nos fronts sous le joug se ploieraient
De vils despotes deviendraient
Les maitres des destinees.

(*)繰り返し

Tremblez, tyrans et vous perfides
L'opprobre de tous les partis,
Tremblez ! vos projets parricides
Vont enfin recevoir leurs prix ! (bis)
Tout est soldat pour vous combattre,
S'ils tombent, nos jeunes heros,
La France en produit de nouveaux,
Contre vous tout prets a se battre

(*)繰り返し

Francais, en guerriers magnanimes
Portez ou retenez vos coups !
Epargnez ces tristes victimes,
A regret s'armant contre nous (bis)
Mais ces despotes sanguinaires,
Mais ces complices de Bouille,
Tous ces tigres qui, sans pitie,
Dechirent le sein de leur mere !

(*)繰り返し

Nous entrerons dans la carriere
Quand nos aines n'y seront plus,
Nous y trouverons leur poussiere
Et la trace de leurs vertus (bis)
Bien moins jaloux de leur survivre
Que de partager leur cercueil,
Nous aurons le sublime orgueil
De les venger ou de les suivre !

(*)繰り返し

Amour sacre de la Patrie,
Conduis, soutiens nos bras vengeurs
Liberte Liberte cherie
Combats avec tes defenseurs ! (bis)
Sous nos drapeaux que la victoire
Accoure a tes males accents
Que tes ennemis expirants
Voient ton triomphe et notre gloire !

(*)繰り返し

この長い歌詞のなかで、該当の部分はサビのパートの最後の行。
Qu'un sang impur Abreuve nos sillons
直訳は「我らが畝溝を汚れし血汐で満たせ」
畝溝っていうのは、畑に作物を植えつけるために
間隔をおいて土を高く盛り上げた畝のよこの筋をなした溝のこと。
ただしここでは、畝溝は田畑の詩的表現であったり、
国土と解釈してもいいわけで、直訳は肥やしにするということだが、
一種の生贄というか、血の洗礼というか、
前後の脈絡を考えると、「殺せ」ということを婉曲的に言っているというだけかな。
    • good
    • 0

比喩です。



偽政者どもをぶち殺してやろうという意味です。
殺せば血が飛びます。それが畑一面を赤くする位殺そうということです。

元々この国歌は異常な歌詞です。
血染めの軍旗、暴虐なるブイエ将軍など革命闘争のための歌です。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます。
 
 わかりにくい質問文で申し訳ありません。
 質問の要旨は「何故、『畑』なのか?」ということを知りたいのです。「『川』を血で染めて」もいいでしょうし、「『路』に死体を積み上げて」もいいでしょう。しかし、よりによって、なぜ畑なのか。
 
 何かご存じでしたら、教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

補足日時:2007/08/24 21:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアジア歴史資料センターは、どのような目的をもって、どのような経緯で設立されたかを教えてください。

アジア歴史資料センターは、どのような目的をもって、どのような経緯で設立されたかを教えてください。

Aベストアンサー

こういうときは、まずホームページを探しましょう。
あと、Wikiも基本ですね。(ただし、Wikiの記述は鵜呑みにせず、なるべく裏を取りましょうね)

http://www.jacar.go.jp/center/center.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E8%B3%87%E6%96%99%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

Qフランス統治下における、ベトナムでのフランス語教育

フランスに統治されていた時代の、ベトナムでのフランス語教育について伺いたいことがあります。

インターネット等で少し調べたところ、19世紀末から20世紀半ばまでのベトナムでは、大々的にフランス語教育が行われていたといいます。ただ、それはエリート階級が中心だったとありました。

そこで質問なのですが、その時代に、ベトナムの農村なんかで暮らしていた農民などは、ベトナム語がどの程度できたのでしょうか。そんなにできなかっただろうとは想像できますが、「ボンジュール」「メルシー」くらいはわかったのでしょうか。

こんな質問をするのは、最近書かれたとあるフランス小説の中で、フランスに逃れたベトナム人の老人が、「ボンジュール」すらわからない人として描かれているのに「ちょっとそれはないんじゃないの?」と思ったからです。

どんな回答でもお答えいただければ、たいへんありがたく存じます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

別に専門的な資料文献を読んだ訳でも無い素人意見で恐縮なのですが、植民地支配の有り様から考えて、フランス語教育は現地支配の為の官僚を養成する為だと思われます。仏人の行政官はそれ程数も多くないでしょうし、現地人に現地人を管理させる方が仏人に直接支配への恨みの矛先が向き難い等の理由により、かなりの数の現地人を中級以下の役人として雇用していたと思われます。そして、その対象となるのは支配者の仏人と利害がある程度一致する現地の支配階級(エリート、資産家階級)と言う事になります。支配、搾取される側の人間があまり多数行政に関与するのは支配者の仏人としても具合が悪いので、下層の農民等が教育されないのは理解出来ます。彼等との交渉事は、現地人役人に任せておけば良い訳ですし、田舎の山奥などでは生涯仏人を見たことが無い人がいてもおかしくは無いと思います。

Qフランス革命以前のフランスの国旗はどんなデザイン?

先日、テレビでアニメの「ベルサイユのばら」を観ていました。

フランス革命の頃のパリが舞台のお話で、ちょうどロペスピエールだか誰だかが
「自由・平等・博愛」でおなじみの青白赤の三色旗を背に演説しているシーンです。
なにやら、ルイ16世の批判をしているようでした。

さて、フランス革命で件のトリコロールが制定されたのは判りました。
じゃあ、その前..フランス革命以前のフランスの国旗ってどんなだったのでしょう?

いくら王国だったとはいえ、近所のイングランドやロシア、スウェーデンの国旗は有名だし
きっと、ナニガシカの旗があったと思うのですが?どうでしょう?

Aベストアンサー

下記のURLはどうでしょうか?

参考URL:http://www.j-flags-java.org/merumagafrance.htm

Qフランス革命時のフランス軍の強さについて

 フランス革命後、(1793年に)オーストリア・プロシア連合軍がフランスに宣戦布告してヴァミールの戦いまでフランス軍は連戦連敗だったにもかかわらず、ヴァミールの戦い以降は連戦連勝で1813年にナポレオンがロシアで敗れるまでは負け知らずでした。
 一体、何がフランス軍をかえたのか、おしえてください。

 

Aベストアンサー

まずヴァミールではなくヴァルミー(Valmy)です。
ちなみにこのヴァルミー会戦は砲撃戦と合唱があっただけで
たいした戦闘はなくて、もともと戦争に消極的だったプロシア軍が
一応前進を阻止されたの口実に退却を始めただけです。
それでこの会戦はフランス軍が勝利したとは言い難い戦いでしたが、
最後まで戦場に残ったほうが勝者という慣例に従ったまでです。
ま、たしかに共和国軍最初の勝利ではあるのですが、
両国の政治的背景が影響したものだといえますから
ゲーテはフランス兵の士気の高さに驚いただけで、勘違いだったのです。

さて、ところで連合軍がフランスに宣戦布告したのではなくて、
フランスが各国に宣戦布告したのです。
革命戦争はすべてフランス側から宣戦布告となるというのは
必ずチェックされる要注意ポイント。
そして自ら宣戦布告したにもかかわらず、フランスには戦争の準備が
まったくなく、軍の指導者たちは最初から開戦に反対していたのですが、
さらに彼らはすべて大貴族出身だったので、
ロシャンボーやリュクネル、ディロンら軍司令官は
平民で革命派が多い兵士に信用されておらず、相互不信から軍隊は敵と戦う以前に
味方同士で足の引っ張り合いをしていました。
さらに兵士の大半も連盟兵など興奮して革命に参加しただけのド素人が主で
秩序も訓練もされてない部隊が多かったことから、
兵士は銃の使い方も知らず、そもそも銃も不足してたのですが、
何かあると大混乱し、貴族士官の命令に反抗したり、
勝手に隊を離れたり、家族を連れてきていたり、
気に入らない味方の司令官を銃撃したりしたので、
フランス軍は戦うたびに負けるという状況になったわけです。
これは当然です。戦う状態になかったわけですから。

つまりは何が変えたのかではなく、あなたが知るべきは
まず1792年および各年の状況はどうだったか、どういう展開であったかということです。
それを知らないで、大雑把に考えすぎてますから、
何かでガラッとかわったかのような誤解してますね。
実際には積み重ね、変遷があるわけで、状況にも依存します。

”ヴァルミー以後は連戦連勝”といことはありません。
革命戦争初期だけを見ても、勝ったり負けたりです。
詳しく語るのは面倒なので、非常に大雑把(それでも長いが)にいうと、
革命戦争は1792年の最初の二週間はフランス軍の大混乱で負け続け、
ラファイエットは対外戦争よりも革命鎮圧のために軍を使おうとして失脚します。
ちなみにルイ16世ら王党派と立憲派の一部は戦争にわざと負けて
外国軍を呼び寄せようと画策もしてました。
ブランシュバイク公のプロシア軍を主体とする干渉軍がパリへ進撃を始めて、
ヴェルダン要塞を攻略したのでパリ市民はパニックに陥って
監獄に収監されていた不幸な人々を、王党派だと誤解して大虐殺をするという九月の虐殺事件が起きます。
それから外相のデュムーリエが将軍として戦場の建て直しを始めて
ヴァルミー会戦で一応、プロシア軍の前進を阻止します。
ちなみになんでプロシア軍が干渉軍の主体になったかというと、
オーストリアはトルコとの戦争にも晒されていて、
フランスに介入したくなかったので、少し進んだ後はとまって
プロシア軍と亡命貴族軍だけをすすませたという外交的策略をつかいました。
そしてプロシア王は、何の利益にもならないこの干渉戦争で
自分の武名を高めようと考えていて、老臣たちの反対を押し切って
介入していたわけで、ヴァルミーで前進をやめたのはまさに
国王を説得できるだけの努力はしたので、もう帰ろうということだったのです。
ヴァルミーの後、デュムーリエはプロシア軍と交渉し後に講和します。

デュムーリエ将軍は(帝国領)ラインラントと、オーストリア領ネーデルランドに照準を定めます。
これは自然国境というフランスの古くからの戦略に沿ったもので、
ラインの西側を占領してフランスの安定的国境をライン川に定めるというものです。
そしてこれによって戦争を勝利しようというのが彼の計画でした。
プロシア軍が勝手に帰ったので兵力が少なくなった連合軍に対して、
ジェマップ会戦で勝利しますが、この年の冬から1793年の春にかけて補給物資が欠乏し、
フランス軍では契約を終えた兵士が大量に帰郷したこともあわせて
兵員の数が激減します。またルイ16世の処刑が1月に行われたこともあって、
ヨーロッパの君主国家は危機感を強めます。
フランスが(当初は革命を支持していた)イギリスに宣戦布告したので、
イギリスの資金援助を得たオーストリア・神聖ローマ帝国加盟国が本格的な干渉を始めます。
それでフランス軍は占領した地域を次々に失い、後退を強いられます。
デュムーリエはベルギーから軍を引き返してきますが、ネールウィンデンで敗北します。
この後、デュムーリエは裏切ってしまうので、
この混乱の後でフランス軍は何度も敗北してダンピエール将軍などは戦死してしまうほど。
この危機に国民公会は、カルノーを公安委員に迎えて軍の再建を任せます。
この人物がフランス軍に徴兵制度などをもたらし、軍事戦略を一本化するなど
数々の改革を行ったリフォーマーです。
しかし徴兵制は、各地での反乱を引き起こしたので、
ヴァンデと南フランスで王党派の蜂起があり、内戦となってフランスが最も苦しんだ時期に来ます。
しかし主戦場ではカルノーの主導でオンドショットで勝利して、ワッチニー会戦で辛くも勝利して
オーストリア軍のパリへの進撃の希望を打ち砕き、ヴァンデもナント市を防衛し、
この年の終わりにはツーロンを奪回するなど一定のめどをたてます。
これを期に、戦争は防衛的性格から、侵略的性格に変わっていきます。


さて、ここからさきも一進一退あるのですが、これ以上語ってられないので
ここまでにしますが、もう一点、いっておくと、
もともとフランスという国は、当時の最大最強の陸軍国家であって、
強い軍隊の下地があったということは忘れてはなりません。
特に7年戦争後の軍事理論の革新(ブールセ、ギベール、マーユボワら)が
フランス(ロシアでも同様の進展があった)では広く採用され、理解されていたことで、
オーストリアやプロシアといった旧態依然とした軍隊との差を生みました。
ナポレオンも彼らの学説を学生時代から学んで、それを活かしいったわけで
軍制というのは、一夜にしてかわるものではないのです。
しかも実験と実例が必要とされるというのも、詳しくは説明しませんが、付け加えておきましょう。


だからすでに革命前にフランス軍を強くする理論は確立されていたというのが回答です。
カルノーやナポレオンなど、これらに精通する人々が、実務家になったことで
それが理論が実現段階にいたったというだけの話なんです。

まずヴァミールではなくヴァルミー(Valmy)です。
ちなみにこのヴァルミー会戦は砲撃戦と合唱があっただけで
たいした戦闘はなくて、もともと戦争に消極的だったプロシア軍が
一応前進を阻止されたの口実に退却を始めただけです。
それでこの会戦はフランス軍が勝利したとは言い難い戦いでしたが、
最後まで戦場に残ったほうが勝者という慣例に従ったまでです。
ま、たしかに共和国軍最初の勝利ではあるのですが、
両国の政治的背景が影響したものだといえますから
ゲーテはフランス兵の士気の高さに驚いた...続きを読む

Q英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノ

英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノルマンディなどに領土を持っていたことが原因といわれています。しかし1453年に百年戦争が終ったあと、英仏の国境が確定したと歴史の本で読んだことがあり、イギリスはフランスにある領土を失ったと思うのですが、その後イギリスはフランスのかつての領土奪還をあきらめたのでしょうか

Aベストアンサー

ノルマンジー周辺に領地を持っていたノルマンジー公が、イギリスに渡ってイングランドを造り、その後スコットランド・ウエールズ・アイルランドを併合して行きました。
ノルマンジー公はフランス王権についても継承順位を持っており、王権争いが英仏戦争の理由にもなりましたが、結果的にフランスでは反逆者となってしまったので、領地を没収された形になりました。

その後領地奪還を諦めた理由としては、海峡を挟んで進出したとしても陸からの攻勢に守り難い地形であり、そのリスクを負って軍事力を行使する程豊穣な土地では無く、それ以外に進出する地域が沢山あったと言う事でしょう。
欧州においても、フランスから奪取したジブラルタルについては、その地域的戦略性の高さから未だに権利を譲りませんし、マルタ島についても同様にフランスから取り上げかなり最近まで領有していました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報