あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

夫が義父の購入した家の連帯保証人になっています。
返済が困難になり家は競売にかけられ、今はありません。

そして義父は亡くなり連帯保証人である夫の元に通知が来たのですが
額が三千万以上あり、私たち四人家族の生活を考えると自己破産をしようということになりました。

賃貸住宅を借りて住んでおり財産と言えるほどの物は無いのですが二つの点について心配があります。

一つは子供の学資保険(郵便局の簡易保険)です。
保険類は解約戻し金が20万以上あると取られると聞きました。
中学一年の子供が産まれた時から掛けてた物で20万以上あるはずです。
今は夫が契約者であるこの保険を妻である私名義に変えてしまうと破産の手続き上、
どんな影響があるでしょうか?

もう一つは私の父が私名義で住宅金融公庫に積み立てをしてくれていることです。
近いうちに満期になりますが数百万あります。
決して豊かではない生活から一生懸命積み立ててくれたこのお金だけは
なんとしてでも守りたいのです。

破産宣告するのは夫なのですが家族の通帳のコピーも求められると聞きました。
ということはこのお金も知れてしまうのでしょうか?
その結果免責に影響は出るのでしょうか?

読みづらい文だと思いますかどうぞお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

非常に実際的な話をします。



住宅ローンの連帯保証人なら、慌てることはありません。

自己破産はいつでもできます。と言うよりも、
あなたの御主人の場合、自己破産してもしなくても大差ないと思います。

確かに法律上連帯保証人は本人と同じ債務を引き受けることになるのですが、現実には抵当物件の家は競売にかけられ、処理済みです。そして残りの連帯債務者は返済能力が無いか極めて低い状態です。

銀行は郵便で督促してきますが、無視しておけばよろしい。
2年ぐらいはそんな状態が続きます。

やがて裁判所から呼び出しが来ますが、これも呼び出しに応じても行かなくても結果は変わりません。

そのうち、相手は満額ではなく可能な限りの金額を回収しようと交渉してきます。

この時点でこちらに財産があれば差し押さえをしてきますが、御主人名義以外は差し押さえできません。これははっきりしています。
口頭では家族に類が及ぶような言い方もしてきますが法律上それは出来ないのです。

そのうち、銀行は債権回収会社(サービサー)に債権を安くたたき売り、サービサーが債権者になります。
この場合、債権額の1割位で解決しようと持ちかけてきます。
それが払えれば、それで解決です。
払えなければ払える額までドンドン下がっていきます。いくらかでも払えばそれで一巻の終わりです。

もしくは公的保証協会が債権者となって来る場合があります。
この場合は債務は消えませんが、毎月1000円でも500円でも払える額を払い続けることになりますが、生活に大きく影響する金額にはなりません。

もし、万が一、街金や、商工ローンなどのノンバンクから借りていて、強烈な追い込みがあり、耐えられないと言った場合のみ自己破産すればよろしい。

しかし、自己破産するにも何十万円か必要です。
あわてずにゆっくり構えて生活を壊さないように落ち着いて対処すればよろしい。

因みに、8500万円を5万円で解決したこともあります。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございます。

実はローンを組んだ銀行は今はな無く、通知は債務回収サービスから来ました。
1割というと四百万近くですね。。
自己破産のデメリットも大きいですが子供が15歳と13歳でこれからの教育費などを考えると辛いです。

払える額を払い続ける、となると新に大きなローンは組め無そうですね。
夫は今37歳です。
積み立てをしてくれてる私の父の気持ちもありますし、いっそ自己破産してしまい数年後住宅ローンを組めたら良いな、と思うのですがどう思われますか?

補足日時:2007/08/25 01:46
    • good
    • 16

自己破産は、あくまでも債務者の生活を立て直すための制度ですので、「制裁」的な目的はないはずです。



学資保険についてですが、確かに、解約払い戻し金がある程度高額な場合は、裁判所から債権者に分配するように判断される場合もあります。
しかし、これは必ずそう判断される、というものではありません。
また、破産法では99万円以下の財産は自由財産として、破産者の手元に残すことができます。無一文になるわけではありません。
ですので、自己破産手続をとっても、学資保険が債権者へ分配されない可能性はあります。裁判所や専門家の方に額とともにお尋ねしてみるほうがよいと思います。

ちなみに、保険の名義変更についてですが、これは詐欺破産罪に該当する可能性があるのではないでしょうか。債務者の財産を隠匿するわけですから。

住宅金融公庫については、名義が質問者さんのお父さんであれば、破産者が旦那さんである以上、関係ありません。

自己破産手続を利用することで、生活の再建を図ることも、検討できると思います。
    • good
    • 9

No1です。



誤解の無いように申しておきますが、1で書いたことは全て私自身のことです。他人の借金で何がしかの儲けをしたことはありません。

表現に衣を着せずに言いますと、自己破産というのは法的に借金を踏み倒す制度です。
その時点で、債権者は全ての債権を失うのです。

ですから、一番はっきりしますが、それなりにデメリットも発生します。
個人として全く無一文になる状態を一度は作らなければなりません。

私は中古の自動車と、50万位の貯金がありましたが、その後の仕事のことを考えるとこれらを失うことは出来ませんでした。

そこで、正直に、銀行に、1)自己破産はしない、
2)支払いの意思はあるが、金が無い、

と言う現実の姿を誠意を持って伝え続けてきました。
サービサーがやってきましたが、同じ事を話しました。
決してけんかはせず、誠意はあるが金がない。の繰り返しです。

相手も決して脅すようなことはことはなく、事務的、友好的にはしあいました。

結局相手は有額回答を得て、解決したのです。
自己破産なら、全く一銭にもならなかったのです。

自己破産というリスクを伴う大手術をするのか、漢方薬的に解決するのかの差です。

この回答への補足

再度のご回答、ありがとうございます。

はい。仰っていることは良く分かります。
家に来た債務回収サービスからの手紙にも
『法的手段をとらずにお話し合いで現実的な解決の道を探ることが可能と考えております・・・』とありました。

数千万なら何が何でも無理!!ですが数百万となると・・無可能な額ではないですが
家族の生活を考えるとかなり躊躇します。。

夫は自己破産宣告をしたとして免責まで数ヶ月はかかることは知っておりますが
早くケリをつけたいようです。
なにしろ夫がハタチの時に連帯保証人の重さを知らすに判子を押したものなので。。
返済が滞ってもう数年経ちますし。。

色々考える前にまずは話し合いでしょうか?

補足日時:2007/08/25 02:15
    • good
    • 2

保証債務については支払義務があります。



その後の示談については、個別の事情があったのでしょう。

慎重に行動して下さい。

私なら、事件屋のようなヤツの言いなりにはなりません。

よく確かめて下さい。

この回答への補足

事件屋ですか???

はい。慎重には行動したいと思います。

補足日時:2007/08/25 02:00
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産・・・このような場合は・・・?

知人に尋ねられました。
自己破産宣告をするのは「個人」なのか、それとも
「世帯」なのか?

たとえば、夫が勝手につくった借金(500万前後)の返済が不能に陥り
夫自身が「自己破産をする」と言いだした。
ところが妻は、自己破産を夫が言い出すまで借金の事すら知らなかった。
妻個人の財産(個人名義の預貯金など)を投げ出せば債務の返済は不可能
ではない範囲である。
ところが夫婦は半別居状態であり、(離婚はしていない、する意志もない)
妻が夫の債務に対して返済の意志を示さないとき
夫個人は自己破産できるか?

というものです。
あまりないケースですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

夫婦の一方が自己破産する場合、連帯保証や、連帯債務の関係にない限り、配偶者については、支払義務は全く関係のないものです。ですから、夫の債務について、支払義務のあるのは夫だけであり、それが支払不能になった結果破産するのも夫だけ、ということになります。
 よく、俎上にあがるのが、「日常家事の連帯債務」ですが、これは破産手続きの実際を考える際にはほとんど実務上無視すべきものです(お米や、お酒の買掛債務、新聞購読料などごく少額の債務が適用の対象であり、自己破産云々が問題になるさいには、些細な問題だからです。サラ金に対する借金が生活費に費消されているからといって、この対象にはなることは実務上ありません。生活のための借金が連帯債務に当然になるのであれば、住宅ローンなど、日常生活の拠点を得るための借金なのであるから、夫婦であれば当然連帯債務、ということになるでしょうか?なりません。借家の家賃については、講学上適用の対象とする記述も見かけますが・・・)。

 しかし、配偶者のいる人が破産手続きに入るとき、裁判所に対する提出書類においては、支払義務のないほうの配偶者についての書類・情報も、ある程度の開示が必要になるということはあります。
 例えば、債務を支払い可能かどうかは、それ以前に家賃や、食費にどれだけ出費が必要かということと関係しているのであり、夫婦共働きであれば、その双方の収入から、家賃・食費などは出て行くのですから、破産申立するのが、夫だけであるから、奥さんの月給額や、預貯金の額が関係ないということにはならないのです。
 あるいは、破産状態に陥った人は、当然の感情として、債務の支払義務を免れたい、という一方で、持っている財産は手放したくないと考えます。
 形式的に、配偶者の名義になっている財産が、実質は、もう一方の配偶者のものであるということもあります。
 手続直前に不動産の名義を書き換えたとか、夫の月給を、奥さん名義の口座に預け入れていったとかいうのは、夫から奥さんに対する贈与ですが、こういった贈与などは、債権者に対するアンフェアな行為(財産隠匿行為)として、破産手続きにおいては、奥さんの財産ではなく、夫の財産であるということになる場合があります。
 そういうことが行われていないかチェックするために、ある程度は、配偶者その他親族についての書類も提出を要求されます。

「妻個人の財産(個人名義の預貯金など)を投げ出せば債務の返済は不可能 ではない・・」

 実質が、奥さん自身の収入を貯金したものや、親から相続した預金債権というのであれば、何人からも夫の債務の返済に充てることを強要されるものではありませんが、直前に夫の預金をそっくり妻名義の口座に振り込んだというのであれば、これは夫の財産であり、あるいは、長年にわたり夫の収入が妻名義の口座に預け入れられていったという場合でも、特に、最近の入金分については、贈与によって、奥さんの財産になったということを否定される可能性があります。
 ちなみにそれは、贈与税の控除額の範囲内であれば許容されるというものではありません。たしかに、あまりに少額であれば、とやかく言う現実的理由はなくなりますが・・・それは贈与税の問題とは別の話しです。
 例えば300万円の預金名義を申立直前に書き換えている場合、300万円全額が、贈与によって奥さんのものになったということは否定されてしまい、課税が控除される110万円分だけは、奥さんのものになるとかそういうことはありませんので・・・

夫婦の一方が自己破産する場合、連帯保証や、連帯債務の関係にない限り、配偶者については、支払義務は全く関係のないものです。ですから、夫の債務について、支払義務のあるのは夫だけであり、それが支払不能になった結果破産するのも夫だけ、ということになります。
 よく、俎上にあがるのが、「日常家事の連帯債務」ですが、これは破産手続きの実際を考える際にはほとんど実務上無視すべきものです(お米や、お酒の買掛債務、新聞購読料などごく少額の債務が適用の対象であり、自己破産云々が問題になるさい...続きを読む

Q妻の自己破産は可能か?と、その影響は?

専業主婦の妻が7社合計300万以上の借金があり返済のめどが立たなくなったので自己破産を考えています。

そこで質問なんですが、妻には所有する財産は無いのですが、私名義で買った不動産、そのローンに影響はあるでしょうか?
また、これから私がクルマ購入等でローンを組む場合影響はあるでしょうか?

あと、私の収入は月40万程ですが、妻名義の借金とはいえ自己破産に影響はあるでしょうか?

妻の借金の理由は義母の生活苦による送金です。

Aベストアンサー

奥さんの自己破産については問題ないでしょう。

度々質問に出てくる、配偶者などの家族の自己破産が自分に与える影響についてなのですが、
確かに本人の同意が無い限り情報センター等での情報取得は禁じられています。
ですから旦那さんがローンを申し込んでも奥さんの情報をとることは出来ません。

しかし、その金融会社にもよるでしょうが配偶者の情報を調べるところもあると思います。
ましてや昨今金融業会の提携などが進んでおり、銀行の債権にサラ金系の保証会社が保証する、と言ったことも珍しくありません。
ですから銀行で融資を申し込んでも、サラ金系の保証会社でも審査をする可能性もあります。
自社のデータベースの中に奥さんの事故情報が見つかるかもしれませんし、情報センターに照会するかもしれません。
いろいろな会社を通すことでいろいろな審査がありますから、事故が見つかる可能性も高くなっていくと思います。

ですから、全く影響がないか、という質問は、わたしは「影響がある場合もある」と思います。

しかも、融資を断る理由は申込者に開示しなくてもいいのですから・・・

奥さんの自己破産については問題ないでしょう。

度々質問に出てくる、配偶者などの家族の自己破産が自分に与える影響についてなのですが、
確かに本人の同意が無い限り情報センター等での情報取得は禁じられています。
ですから旦那さんがローンを申し込んでも奥さんの情報をとることは出来ません。

しかし、その金融会社にもよるでしょうが配偶者の情報を調べるところもあると思います。
ましてや昨今金融業会の提携などが進んでおり、銀行の債権にサラ金系の保証会社が保証する、と言ったことも珍しく...続きを読む

Q妻が自己破産、夫名義の財産はどうなりますか?

妻が自己破産した場合、夫名義の住宅や車も夫婦共有財産とみなされて、
手放さなければいけないのでしょうか?
夫は連帯保証人にはなっていません。
夫名義の主な財産は住宅(住宅ローン支払い中)、車(ローン無)です。
ちなみに妻は専業主婦で住宅、車等妻名義の大きい財産はありません。
借金は妻が夫と結婚してから作ったものです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>夫名義の住宅や車も夫婦共有財産とみなされて、手放さなければいけないのでしょうか?

手放す必要は、ありません。
嫁さんが自己破産しても、旦那名義の財産は安全です。
(これを逆手に取って、資産隠しをする自己破産計画者がいるのです)
嫁さんが自己破産して、旦那名義の住宅・自動車を手放した!という話は聞いた事がありません。
数年前。
マンション構造計算で逮捕された姉○建築士の事件を覚えているでしようか?
姉○建築士や姉○建築士の親分であった某コンサルタント代表は「莫大な損害賠償請求」を受けました。
が、双方とも「自己破産」して「今は、元妻名義の家屋で悠々自適の生活」をしています。
某コンサルタントなんか、事件発覚後「嫁さんと離婚。自分名義の全財産を、慰謝料として嫁さん名義」にしました。
単純に名義変更すれば、財産隠しだと一目瞭然ですからね。
離婚の慰謝料だ!と主張すれば、法的には何ら対処出来ません。
今も、元嫁さん名義の家屋で一緒に暮らしていますよ。
この結果、今でも被害を受けた多くの欠陥マンション購入者は二重ローンで苦しんでいるのです。

質問者さまの場合、嫁さんが自己破産する前に自己所有ですよね。
共有財産とは、裁判所も認めないでしよう。

但し・・・。
>借金は妻が夫と結婚してから作ったものです。
嫁さんの借金が「(ポンコツ民主党政権の失政で景気が悪い。旦那の収入が減った結果)生活目的の借金」だった場合。
「嫁が借りても、旦那が借りたのと看做す!」との判決があります。
旦那が保証人になっていない場合でも、旦那にも返済義務が課せられる場合があります。
裁判所は、嫁の自己破産申請(免責)を認めません。
先ず、嫁さんの借金目的をご確認下さい。

>夫名義の住宅や車も夫婦共有財産とみなされて、手放さなければいけないのでしょうか?

手放す必要は、ありません。
嫁さんが自己破産しても、旦那名義の財産は安全です。
(これを逆手に取って、資産隠しをする自己破産計画者がいるのです)
嫁さんが自己破産して、旦那名義の住宅・自動車を手放した!という話は聞いた事がありません。
数年前。
マンション構造計算で逮捕された姉○建築士の事件を覚えているでしようか?
姉○建築士や姉○建築士の親分であった某コンサルタント代表は「莫大な損害賠償請求」を受...続きを読む

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q実家に同居している場合の自己破産の実際

お世話になります。タイトルの通りなのですが、両親・兄弟と共に生活していてる22歳の青年がリストラその他で、自己破産を検討しております。

その場合、弁護士に依頼して家族に感知されること無く手続きはできるでしょうか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4237603.html
の回答者によると、
>実家に破産管財人(裁判所の担当官)が数回訪問したり連絡を入れたり、両親などにも面会したりしますので、同居別居を問わず、両親や兄弟などにばれずに自己破産は全く不可能なことです。

とのことですが、個人の場合不動産などの財産がある場合にしか管財人は選任されず、裁判所の担当官ではなく、裁判所が選任する弁護士であると聞きました。

もし上記の回答が本当であれば、両親・兄弟に内緒でというのは不可能なのでしょうか。
勿論、郵便物に関しては本人以外は見たり開封する事もないことを前提とします。

どうか教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら、依頼先から「家計表」の提出を言われませんでしたか??
ご両親やご兄弟の収入、支出を記載する必要があるからです。
もし、一人暮らしの場合はご自身についての収支が提示できれば
okですが、同居の場合はこのハードルを超えなければなりません。

従って、結論としてご質問者さんの知りたい事については、
破産手続きの準備段階(破産申立)につき『同居の家族』に伝え、
協力を得る必要があると言えますし、その方が手続き上スムーズに
進みますヨ。色々あるでしょうが・・・お話することをお勧めします。

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら...続きを読む

Q倒産による自己破産と離婚、家族の資産について

一週間ほど前、父の会社が倒産の危機であることを伝えられました。
早ければ今月末に返済が滞り倒産となるそうです。
負債は1億円を超えるそうです。
倒産した場合は支払いは不可能です。
なお、母が保証人・連帯保証人になっているかどうかは分かりません。

私の家は、両親、祖母、独身の姉2人、私の5人が同居しており、別の姉が結婚して家を出ています。

家と家がある土地は母名義で担保ではありません。
その他の土地(山、田んぼ、畑)は借金の担保になっており名義変更不可なので父名義です。

祖母は年金収入、母は年間20万ほどの収入、私達姉妹は年600、400、300万円ほどの収入です。
父は会社名義の車を使用しており、母と姉妹3人はそれぞれ自分の名義で車を所有(購入も各自)しています。
貯金は父名義がほとんどなく、母が2-300万ほど、姉妹は1000万、300万、200万ほどです。

倒産することがほぼ確定した時点で両親が離婚後父が自己破産、姉2人は母の戸籍に入るつもりです。

この場合、
1.家、車、貯金、収入の差し押さえなどはどうなるのでしょうか。
2.離婚して父が家から出て行き、残りの家族で今の家に一緒に住むのは可能でしょうか。
3.離婚に関係なく私達家族全員の資産が返済に充てられるとすると、結婚した姉にも影響はあるのでしょうか。
また、影響がないとすれば私は婚約中ですので入籍してしまえば私の資産だけでも返済から外れることはできるのでしょうか。
4.影響があるなら私の貯金だけでも婚約者に一度すべて渡してしまえばその分は返済からはずれますか。


父の会社がうまくいっていないことは知っていましたが、家では一言も会社の話をしないのでここまでとは思っていませんでした。
母からその話を聞いたときに本当にショックを受けました。
ですが、家族の貯金を返済にあてても焼け石に水としか言いようもなく、それならこれからどうすればいいのかを考えようと思い質問しました。

長くなりましたが、よろしくお願いします。

一週間ほど前、父の会社が倒産の危機であることを伝えられました。
早ければ今月末に返済が滞り倒産となるそうです。
負債は1億円を超えるそうです。
倒産した場合は支払いは不可能です。
なお、母が保証人・連帯保証人になっているかどうかは分かりません。

私の家は、両親、祖母、独身の姉2人、私の5人が同居しており、別の姉が結婚して家を出ています。

家と家がある土地は母名義で担保ではありません。
その他の土地(山、田んぼ、畑)は借金の担保になっており名義変更不可なので父名義です。
...続きを読む

Aベストアンサー

まず会社が倒産した場合は、会社の資産(財産)を清算して(現金化)して借入れ(負債)の返済に充てます。

社長が会社の融資の借入れの為、個人保証をしている、あるいは個人の財産(自宅など)を担保に入れていることは良くあります。
この場合は当然に差し押さえになります。


>母が保証人・連帯保証人になっているかどうかは分かりません。

今回のケースはこれが一番重要です。
母が保証人または連帯保証人である場合は、離婚しようが、貯金を移そうが、不動産の名義を書き換えようが、いずれにしても債務を免れることはできません。

母が保証人(連帯保証人)で無い場合は、心配いりません。
父の破産で母や娘の財産を差し出す必要はありません。
離婚をする必要もありません。

倒産した社長が自己破産前によく離婚するのは、社長名義の財産が破産により差し押さえになるのを妨害するため、妻に名義を移して離婚して法的に関係を無くそうとする為です。

しかしこの手は今は通用しません。
倒産(自己破産)の寸前に名義を書き換えられた不動産や預金や証券はすべて債務返済を妨害する行為とされ、これは詐害行為といって違法です。
つまり債権者が詐害行為取消権を行使すれば、それらは結局すべて差し押さえになります。

>1.家、車、貯金、収入の差し押さえなどはどうなるのでしょうか。

文面では>家と家がある土地は母名義で担保ではありません。との事ですから、保証人などになってなければ、これは差し押さえになりません。
車、貯金、は父名義の物は当然差し押さえです。
収入は母、娘達のものは関係ありません。自己破産後に父が収入を得ることになっても債権者に返済する必要はありません。

>2.離婚して父が家から出て行き、残りの家族で今の家に一緒に住むのは可能でしょうか。

担保無し、母の単独名義であれば差し押さえになりません。前述のとおりです。

>3.離婚に関係なく私達家族全員の資産が返済に充てられるとすると、結婚した姉にも影響はあるのでしょうか。
また、影響がないとすれば私は婚約中ですので入籍してしまえば私の資産だけでも返済から外れることはできるのでしょうか。
>4.影響があるなら私の貯金だけでも婚約者に一度すべて渡してしまえばその分は返済からはずれますか。

とにかく父の連帯保証人になって無いなら、娘も家族も婚約中も父の借金に関係ありません。父個人が自己破産したら家族全員で返済することはありません。

質問文を読む限り、父の自己破産は止むを得ませんが、離婚する必要は無いように思います。
なのに離婚すると言うのは、もしかして詐害行為をするつもりであるならば、止めておいた方がよいと思います。

まず会社が倒産した場合は、会社の資産(財産)を清算して(現金化)して借入れ(負債)の返済に充てます。

社長が会社の融資の借入れの為、個人保証をしている、あるいは個人の財産(自宅など)を担保に入れていることは良くあります。
この場合は当然に差し押さえになります。


>母が保証人・連帯保証人になっているかどうかは分かりません。

今回のケースはこれが一番重要です。
母が保証人または連帯保証人である場合は、離婚しようが、貯金を移そうが、不動産の名義を書き換えようが、いずれに...続きを読む

Q主人が経営する会社が倒産した場合、妻名義の自宅はどうなりますか?

主人が経営する会社(株式会社)が、倒産の危機にあります。
現在、銀行からの借り入れが約2500万円、政策金融公庫(国金)の借り入れが、1500万ほどあります。連帯保証人は社長である主人です。
もし、倒産した場合、これらの借り入れの返済はどのようになるのでしょうか?主人個人も自己破産するのでしょうか?
自宅は、妻名義で昨年購入したばかりです。会社の倒産、主人の自己破産となった場合はこの自宅はどうなるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会社が倒産した場合の借入金の返済は、連帯保証人である社長が行わなければならない。
今回のケースは、連帯保証人が返済不可能である為、自己破産の申し立てを行う。
自己破産の申し立てを受けて、裁判所による調査が行われます。

自己破産の最終目標は免責です。
免責とは、借金の支払責任を免除するということです。
免責の許可が下りなければ、意味がありません。
この免責許可決定が下りてはじめて借金の支払義務が免除されるのです。
多額の借金を作った理由(ギャンブル等)、また財産隠しをする悪質な債務者は、免責が認められない場合があります。

今回のケースでは、家の名義よりも、購入した際のお金の出所が問題になります。
妻が財産家か高額所得者で、明らかに妻個人で買った家であるならば問題なく妻の財産と認められます。
そうでない場合は、ご主人のお金(ローン)で買った物とみなされ、自宅が財産処分の対象となります。

Q自己破産したら家族の預貯金は差し押さえられる

教えて下さい。

先月末、多重債務で自己破産することになり、弁護士さんに依頼しました。

本日、妹が銀行に行ったらなぜか預金が0円になっていたそうです。
私のせいかと考えてしまい、質問させて頂くことにしました。

家族は保証人でも無いのですが、家族の預貯金などは差し押さえられてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>先月末、多重債務で自己破産することになり、弁護士さんに依頼しました。
>本日、妹が銀行に行ったらなぜか預金が0円になっていたそうです。

ほぼ99%の確率で、妹さん本人の問題です。あなたとは関係ありません。

で、まずは、落ち着いて、通帳記帳してもらって下さい。
誰が抜いたか判ります。

可能性として・・・。
1.税金を滞納して放置していた
2.妹自身のその銀行カードローンを延滞していた(3ケ月以上)
3.妹も何らかの借金を負っており、永らく放置し、訴訟にて判決を取れられ、
銀行口座の差押えをされた。
4.もともと口座にお金が無かった、勘違いだった。

のいずれかでしょう。
何はともあれ、通帳を記帳することです。

>家族は保証人でも無いのですが、家族の預貯金などは差し押さえ

そもそも、どうしたら差押えされるかご自身でもネットで調べて見て下さい。
民間同士なら民事訴訟で勝訴判決→民事執行法に基づき「差押え」です。
もし、あなたが弁護士に依頼する数ケ月前から滞納し、勝訴判決を相手から取られた
としても「家族の財産の」差押えは出来ません!!!!
また、
貴方が、今後、裁判所に破産申立(破産手続き開始後)したあとでは、
債権者は貴方の財産にさえ差押えはをすることは出来ません。
もし、配当する程度の財産が「貴方に」あれば、債務額の割合に従って「配当」
されるだけです。

よって、ご心配はほとんど不要です。

>先月末、多重債務で自己破産することになり、弁護士さんに依頼しました。
>本日、妹が銀行に行ったらなぜか預金が0円になっていたそうです。

ほぼ99%の確率で、妹さん本人の問題です。あなたとは関係ありません。

で、まずは、落ち着いて、通帳記帳してもらって下さい。
誰が抜いたか判ります。

可能性として・・・。
1.税金を滞納して放置していた
2.妹自身のその銀行カードローンを延滞していた(3ケ月以上)
3.妹も何らかの借金を負っており、永らく放置し、訴訟にて判決を取れられ、
銀行口...続きを読む

Q自己破産しますが、車はどうしても手放したくない

夫の約800万の借金で自己破産することにしました。
私は保証人にもなってないから私の車は取られずにすむけど、夫の車(軽)もどうしても取られたくないのです。
その理由は、夫が長年勤めている会社で、マイカーがないと仕事が出来ないのです。営業マンなのでマイカーで1日中、車を使います。車が必要でない部署はありません。車がなくなると、上司からは車を購入しなさいと言われて、でも、ローンが組めないから購入も無理だし、そうなると破産の事実を伝えることになって、そうしたら、役職が降格され、1.2ヶ月ごとの転勤命令をされます。もともと転勤族の会社なので、いろいろな理由をつけて、転勤命令がでます。そうしたら、子供が幼稚園にも通えなくなりますし、引越しだけでもかなりお金が必要になりますし、車がないとすると、実費でタクシーを使って仕事をしなくてはならなくなります。
自己破産できて、免責が決定しても車がないとやっていけません。私の車は子供の幼稚園の送り迎えや私が病院(多数)に行くために、夫に貸す事はできません。
夫の車のローン残高は約77万です。保証人はいません。
2年前に120万で購入して所有者は車を買った販売会社になってます。今回の破産を司法書士で頼むと思うのですが、車は手放す覚悟をして下さいと言われました。
それに夫の車の名義を私に変更すると、免責が不利になります。と言われました
どうしても手放さないといけないのですか?
相談にのってくれる方良きアドバイスお願いします。

夫の約800万の借金で自己破産することにしました。
私は保証人にもなってないから私の車は取られずにすむけど、夫の車(軽)もどうしても取られたくないのです。
その理由は、夫が長年勤めている会社で、マイカーがないと仕事が出来ないのです。営業マンなのでマイカーで1日中、車を使います。車が必要でない部署はありません。車がなくなると、上司からは車を購入しなさいと言われて、でも、ローンが組めないから購入も無理だし、そうなると破産の事実を伝えることになって、そうしたら、役職が降格され、...続きを読む

Aベストアンサー

No1さんのおっしゃるように、免責後に安い中古車を購入されたら、いいと思います。

前回も紹介しました。闇金対策のホームページに多重債務を脱出する方法があります。信用できる公的な相談機関、信用できる民間の相談機関たくさんあります。 是非こちらで、相談してみることをお奨めします。

http://hp5.popkmart.ne.jp/rooba2/

Q自己破産申し立ての際の通帳について

自己破産の際に弁護士から貯金通帳を全て持って来てくださいと言われたのですが、その全てと言うのはどの範囲までなのでしょうか?結婚前の通帳とか、何かの時に作っただけで全く使用していないもの、もう通帳すら手元に無いものもあるんですが、現在、生活に使っている物だけで良いのでしょうか?後に、古い通帳を提出していない事が判明して問題になったりしないでしょうか?

Aベストアンサー

自己破産の申し立ての場合、申し立ての日より1年前までの貯金通帳のコピーの提出が必要です。
所有している通帳はすべて、1年分コピーして添付書類として提出する必要があるので、お持ちの通帳すべて提出してください。

通帳が無いものや提出できない場合、銀行の窓口で取引明細表を1年分作成してもらい提出します。
免責の決定により負債を免除して貰うには、必要な作業です。(自分に財産が無い事を証明する為に。)

後に提出していない通帳が判明して、財産が残っていたなどとなると免責の取り消しなどの処分になります。(破産したにもかかわらず、負債を全額返済する義務が発生します。口座引き落としなどでローンの返済していた場合などは債権者より裁判所へ通報されますからバレます。)

なので、全部提出した方が良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング