システムメンテナンスのお知らせ

あなたの人生、あるいは人生観を変えた一冊の本があればお教えください。できれば、どのように変えたのかのコメントも宜しく、お願い申し上げます。

gooドクター

A 回答 (3件)

あなたにとっても運命の一冊になるかどうかはわかりませんが、


私の人生を変えたのは、「無意識の構造」(河合隼雄著。出版社忘れました)でした。
これで私は臨床心理学の世界にのめり込み、退職してまで心理臨床家を目指すこととなりました。

あと、感銘を受けたのは、「こころ」(夏目漱石)、「セカンド・レイプ」(落合恵子、だったかな?)、
感動したのは「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キース)、
そして、「新約聖書」です。

いずれも出版社わからなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/08/03 18:52

今、手元に無いので作者の名前がわからないのですが、「聖なる予言」とその続編の「第十の予言」です。

内容のほうはうまく言い表せないんですが、人との付き合い方、自分の周り(環境)についての考え方いろいろ考えました。
あと、遠藤周作の「沈黙」ですね。自分はキリスト教信者ではないのですがこの本を読んだときもいろいろ考えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

いろいろ……ということで。

お礼日時:2002/08/04 14:52

坂口安吾「堕落論」


二十歳のときに出会った本。
戦前、戦中、戦後の無頼派文学者で、読んだときにはすでに亡くなっていましたが、生き方について大いに影響を受けました。堕落論というタイトルの衝撃もすごかったですけれど、人間のスケールが違った。
15年後に新潟の彼の生地の文学碑まで行きました。その途中で出会った女性に、その文学碑の場所を尋ねたところ、坂口安吾の姪の方でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/08/03 18:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング