中学から大学まで英語を習っていたにも関わらず、英会話が出来ません。ほんの2月間アメリカ人に週1の2時間英会話のサークルに入っていましたが、その先生も本国に帰ったので、折角少し耳が慣れてきたのに最近は遠のいてます。仕事柄、留学生とも接触もあるし、これからの国際社会において英会話は必須だと感じてます。単語力も大変乏しくなかなか覚えきれません。一番の上達法を誰か教えて下さい。通信は合わないと思います。単語を沢山覚えられる方法もありましたら、伝授下さい。本当に初心者です。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

少し耳が慣れてきたところだということですので、


字幕版の映画、特に子供用のをみると、耳が戻ってくると思いますよ。
(もともと、アメリカの子供向けにゆっくりはなしているため。)
ディズニー映画なんかいいんじゃないでしょうか?
見慣れているキャラクターですし、「英語の勉強」という気負いからも少しは開放されると思います。
字幕はなるべく読まないようにして、耳から覚えるようにしてみてください。
単語自体はそれほどむずかしいものは使われていませんが、
人(表情)のある絵と違って、「単語」の意味を推測するはめになります。
案外、子供用でもあなどれません。
で、徐々に大人用の映画にしていけばいいと思います。
(セサミストリートは、早口なので、初心者向きじゃないと思います。
が、ネイティブチルドレン用の番組なので、これは、見た方がいいと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございました。早速ビデオから始めてみたいと思います。
セサミストリートは確かに早すぎて本当に幼児番組なのかと自信がなくなってしまいましたが、回答により少し安心しました。

お礼日時:2001/01/27 19:12

一般に語学が上達する一番の近道は、「ベッドサイド・ティーチングもしくはスピーキング」と言われています。

つまり、その言葉をネイティブに話す彼女か彼氏を見つけて、自発的に「語学が上達したい」「このことを伝えたい」という状況を作り、その言葉を聞いて話す機会をたくさん持つことです。

上記は難しいという方には、「字幕版の映画を見る」「NHKのニュースや海外ドラマを副音声で見る」「その言語のカセットテープかCDを聞き続ける」「本を声を出して読む」といったことが、お勧めできます。また、ペーパーバックスや英字新聞を読むのもある程度お勧めできます。
しかし、英字新聞の場合、時事問題や政治・刑事事件などが主になるので、英語に慣れるにはそれなりに効果はありまが、一般の会話には(ボキャブラリの増加としては)余り役立ちません。私は1年以上英字新聞を読み続けていますが、英会話そのものに必要な単語は身に付きませんでした。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。大学に勤めているので、留学生と接触もあり、それで英会話の必然性を感じていたのです。ただ、彼等もアフリカとかネイティブに話す方ではないので難しいです。映画のビデオとかから始めてみたいと思います。それであまりうまくいかないならば、スクールにでも通うかとも思っています。

お礼日時:2001/01/27 19:17

私も話せませんが・・・


英語の先生から聞いた話では、第1に「英語を話せる外人と友達になること」だそうです。
とはいっても、そう簡単に友達になるきっかけなんてないですよね。
で、第2には「英語の歌をよく聞くこと」だそうです。これは簡単にできそうですよね。
私も洋楽をよく聴いてそのほとんどの曲を歌詞を見ないで歌えるようになりました。
(歌詞の意味は分からないけど・・・)
そのおかげで、発音だけには自信があります。

あと、これは本で読んだんですが、毎朝英字新聞を読むといいらしいです。
それも、ずーっと継続して。
ある日、だんだんと書かれている内容が分かるようになるらしいです。

説得力の無い回答ですみません・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。あんなに長期間勉強したはずなのに英会話となると少し尻込みしがちでした。恥ずかしがらずにどんどん話しかけてみたいとおもいます。ただ、なにぶんにも単語力がないのでまずはその勉強をこつこつやるべきなのでしょうね。実際に耳にするのと撥音がことなっていたりして、なかなか大変だと感じます。早口なのでいつももう少しゆっくり話してくれと懇願するのが常です。テレビとかで字幕を見ずに理解できるまでになりたいものです。

お礼日時:2001/01/27 19:22

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ