色々なうつ病のサイトを見ると治療期間が3ヶ月から6ヶ月で良くなると書いてありますが,私は1年が経った今でも無気力と意欲低下と何をしても面白くないといった症状がなかなか良くなりません。私の場合は治療が上手くいってないのでしょうか??
そしてうつ病の期間が1年というのは期間が長いのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私はうつ病歴4年の者です。


1年というのはそれほど長い方ではないと思いますよ。
3ヶ月~6ヶ月でよくなるのは7割の人と聞いたこともあります。
残りの3割の人はやや長期化してしまうようです。

私も主治医に「どうして私の治療期間はこんなに長くなってしまっているのでしょうか?」と尋ねたことがありますが、医師の回答は、
「回復の仕方は人それぞれで、かなりゆっくりな人もいます。(私のことです)でもゆっくりだけれど、長期的なスパンで考えると確実に良くなっているので、焦らないでください。”ここがまだ良くならない”と悪いところに着目せず、いいところをいつも評価しましょう。そうやっていれば、必ず良くなります」というものでした。

投稿者さんは、意欲がなかなか戻ってこないようですが、そのほかの症状は前より軽くなっていますか?
もし良くなっている点もあるのであれば、確実に良くなってきているので焦ることないと思いますよ。
私たちは自分のペースでしか回復できません。他人のペースと比較することないですよ。
それと、意欲というのは一番最後に回復するものだ、とも聞いたことがあります。
ゆっくり治していきましょう(^^
    • good
    • 0

・私も1年後 無気力がでたこともありました。

でも2年後充実しています。治癒まではかなり個人差があるようです。また期間だけでなく、薬との相性、環境要因、自分のきづき、価値観のきりかえ等も治癒には大切ことも多いかと思いますが・・・
    • good
    • 2

1年は長くありません。

私も初めてそのような兆しがあってからもう12年くらい経ちますが、薬の量は増えていますし、いつになったら治るのかわかりません。もちろん症状が軽い時もあり活動的になれる時期もあります。
でも根気良く付き合って行かなければならない病気です。
私は今5件目の病院でやっと信頼できる医師と出会いました。
質問者様も病院を変えてみたり理解者や心の支えとなる人を探したり成るべくストレスの無い最善の環境作りを目指して下さい。
私も今は4ヶ月仕事が出来ない状況です。
焦らず慎重にが一番です。お互いに頑張りましょうね。
    • good
    • 0

期間はそうでもないと思います。


私の祖母は20年患い、そのまま亡くなりました。

うつ病の患者さんは、自分が「うつ病」という病名に流されてる
きらいがありますが、あくまでこれは「傾向」レベルの方も多いと
思われ、さほど気にしないほうがいいと思います。

また、鬱の方は。
基本的に鬱になりやすいライフスタイル、考え方を自ら実践している
傾向にありますので。
1.自分が思う理想的な自分との比較、絶対に勝つことができない
  ものとの比較を辞め、今のありのままの自分を正とする。
2.比較対象を欲する傾向があるので、インターネットなど情報収集
  頻度を下げ、自分の見聞きした価値観を信じる。
  自己抑制的に、情報収集を制限する。
3.運動をする。
  体が疲れないのに頭が疲れると、いろいろ考えるゆとりが出て
  しまうので、何らかの運動はお勧めです。
  2週間もやればどんな運動でも筋肉がつき、自信がつきます。
  体の自身もまた、鬱抑制にいいかと。

今が基準で。
いまの「おもろない」自分が正で。
明日から何かをちょっとずつ変えれば、何かが変わるだけだと認識
すれば。
余程、先天的でホルモン異常のない方であれば鬱傾向は、薬を使おう
が何しようが、コントロールできれば良し。克服可能かと思います。

視点を変えてみては如何でしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお彼岸期間中のお祝い事

タイトル通りなのですが、私の甥がこの春高校と中学に入学するので入学祝を20日に渡そうとしたら妻が「お彼岸中の祝い事っていいの?」と言います。私はこだわったことがないのですが妻の一言が気になって仕方ありません。皆さんの考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

こんにちは。

弔事とは異なる訳ですから「お祝い事をしてはならない」ということは本来ない筈ですが、ご先祖様への供養を重んじる期間であるところからそのようなことを避ける風習も生まれたようです。
先の方も仰っている通り、現在でも地方によってはそのようなことを拘るところも実際あります。
先方が気になさらなければ構わないでしょうが、その辺りの判断は難しいところですし「どうしても今しかない」ということでもなければ念の為に避けられるのも賢明なご判断ではあるかと存じます。

Qうつ病についてです。 22歳男です。 現在うつ病と診断されて治療を受けて1年半ぐらいになりました。

うつ病についてです。
22歳男です。
現在うつ病と診断されて治療を受けて1年半ぐらいになりました。
病院を3回変えていて、
初めの病院で問診で中度のうつ病と診断されました。
遠方で働いていたので実家に戻り療養するため病院を変えました。
2回目の病院では初診で血液検査をしてうつ病ではないと言われました。
しかし、体のだるさや頭痛、吐き気や寝れない、などが続いていました。
うつ病ではないと言われながら渋々薬を出してもらってある日、親がついてきて家ではただ寝てる遊びにだけは行くと言って、医師がははーんという顔をして入院しろうつ病かどうか確かめてやると言われ、強制ではないと言われたので入院はせずにいましたが医師を信頼できず病院を変えました。
(親の言いぶんについてですが、体調の悪い時は寝てて、少し体調のいい時には散歩したり買物に行っていました。初めの病院でもできるだけ調子のいい日は外に出て太陽を浴びてねと言われていました。実家では米を作っていたのでその手伝いもしましたし、毎日祖母と分担で家事をしていました。
親は何も言わないし、病院にもついてこなかったのでどう考えてるのかなと思っていた矢先の出来事でした。
) 
3回目の病院でも初診で血液検査をしました。
結果は問題はないと言われましたが、うつ病ではないとは言われず、症状が続いていてる事を伝えるとうつの症状があるんですねと何も疑われませんでした。

上記のことを踏まえて血液検査でのうつ病はどのくらいの確率で判断できるのでしょうか。
また、血液検査で異常がない場合はうつ病ではないのでしょうか。
よろしくお願いします。

うつ病についてです。
22歳男です。
現在うつ病と診断されて治療を受けて1年半ぐらいになりました。
病院を3回変えていて、
初めの病院で問診で中度のうつ病と診断されました。
遠方で働いていたので実家に戻り療養するため病院を変えました。
2回目の病院では初診で血液検査をしてうつ病ではないと言われました。
しかし、体のだるさや頭痛、吐き気や寝れない、などが続いていました。
うつ病ではないと言われながら渋々薬を出してもらってある日、親がついてきて家ではただ寝てる遊びにだけは行くと言って、医師...続きを読む

Aベストアンサー

このカテは医者のいない病院です
このカテに質問を立てるということはメンタルに問題を抱えている人に相談していると言うことです
下手をすると同じ地獄に引っ張られるので相談する相手を間違えないでください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00010001-newswitch-sctch

こういうニュースも出ています
医者が意味も無く血液検査をするわけが無いと思いませんか
正確なことは医者に聞いてください
ここの回答を真に受けないように

Q彼岸

先ほど質問した者です。聞き忘れてしまった事あり質問します。申し訳ありません。

コンビニのバイトを考えています。
今週は外せない家の用事あるので来週に募集してるか電話します。
でも来週は彼岸ですよね。彼岸の期間に電話して大丈夫ですか?
無知な質問申し訳ないです。

Aベストアンサー

コンビニは年中無休で、お彼岸でも関係ありませんよ。

お電話して大丈夫です。

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む

Qお盆がある8月とお彼岸は避けるべき?

9月頭に新築が完成することになりました。

そこで登記、引渡し、引越しの日についてお盆がある8月中とお彼岸の期間は避けるべきだと母から言われました。

そこを省くと都合のいい日がなく、登記は完成より前もってしなくてはいけないため8月になりそうです。(ローンの関係で)

やはり、8月中とお彼岸は避けたほうがいいのでしょうか?

よろしく御願いします。

Aベストアンサー

色々と昔の人は言いますね。何かあれば あれをしていないからとか、、、、、、もし済ましていれば 済ましているからこの程度で済んだんだとか、、、、、
七五三や厄払いなど、、、、、言われを良く調べると昔であったから神頼みなんですね。先祖を敬う気持も大切ですが昔からの言われなど現在にそのまま当てはめるのは無理がありますよね。神社や寺などは過去の名のある人の墓ですよね。気持ちをしっかりと持ち変に考える事無く前向きに考える事が一番の早道ですよね。
悪い事ではないですが気にし過ぎるのは良くないですね。
昔の言い分を全て実行するのは可能でしょうか?地域で違い、各家庭でも若干の違いがありますよね。気にし過ぎの様に思いますね。

Q【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。昔はうつ病=色白=

【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。

昔はうつ病=色白=日に当たってないからという図式だったと思うのですが、最近の研究によると地黒の人はそもそもうつ病になりにくい性質なのだそうです。

うつ病だから色白じゃなくて、色黒はうつ病になりにくい。

この研究結果はどこが出典なのでしょうか?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

違うと思います。色が黒いと言うことは太陽の下で働く人が多いという意味でしょう。
農業、建設業そんな人たちは肉体的には疲れるけど、精神的には疲れないので鬱病などになりにくいのだと思います。
 当然鬱病の人たちのデータを取ったらあまり日焼けしていない人が多いのだと思います。

Q彼岸とは、どの日の事を言うのでしょうか?

今回の3連休はお彼岸だったらしいですが、
21日22日23日のどれがお彼岸にあたるのでしょうか?
この3日間をお彼岸と言うのですか?

Aベストアンサー

秋の彼岸は、「秋分の日」を中心にしてその前後6日間で、合計7日間のことを言います。
今年は、9月20日から9月26までの7日間です。
最初の日である9月20日は「彼岸の入り」で、真ん中の9月23日は「彼岸の中日」、最後の日である9月26日が、「彼岸
明け」ですね。
「秋分の日」が「彼岸の中日」になるわけです。

因みに、春の彼岸は、「春分の日」を中心にした前後6日間で、合計7日間です。

Q【医学】「うつ病」と「適用障害」 適用障害はうつ病の中に含まれますか? うつ病と適用障害はまた別物で

【医学】「うつ病」と「適用障害」


適用障害はうつ病の中に含まれますか?

うつ病と適用障害はまた別物ですか?

適用障害って治る病気なんですか?

タダのバカってこと?

バカだから仕事を全う出来ない。

適用障害はバカっていう産まれつき運がない頭が悪く産まれてきたので諦めるしかない?

Aベストアンサー

「適用」障害ではなく「適応」障害です。確かに遺伝的になり易い人となりにくい人が居ますが、それは巨大な脳の能力のほんの一部で、人間の能力全体から見ると些細すぎる。なお適応障害は「対人障害」ですので、あなたの周囲に「原因が居ます」。そいつを潰すか自分が逃げるかすると治ります。配偶者だと悲惨だなー。

Qお彼岸近くの式について

こんにちは。
友人からの相談で、いろいろ調べたのですが不安なので相談をさせて頂きます。

来年の春あたりに簡単な結婚式を考えているそうなのですが、お彼岸がありますよね・・・。
通常、春分の日の前後1週間くらいを彼岸と呼び、彼岸入り、彼岸明けの日がありますが、
やはりこの彼岸入り・彼岸明けの日も結婚式の日を避けるべきでしょうか?
そして、彼岸入りや彼岸明け近くの土日なども避けたほうが良いのか悩んでいるようです。
(恐らく来年は3月17日が彼岸入り、23日が彼岸明け。16日(土)と24日(日)が週末ですが、
23日(土)が当初希望だったようです・・・)

3月は下旬になると年度末なのでそれまでに、と考えているようですが、
毎年2月16日~3月15日くらいまでは確定申告、4月も人事異動や新しい生活で
ばたばたしてる時期とあって悩むようですが、難しいですね(^_^;)

ちなみに、式は身内で先にされるようなので、友人中心の披露宴になるそうです。
ご親族の方がいない分、カジュアルな雰囲気であまり気にしなくてもよいのか?とも
思いますが、やはり皆様の迷惑になることは避けなければ・・・というのもありますよね。

アドバイス頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
友人からの相談で、いろいろ調べたのですが不安なので相談をさせて頂きます。

来年の春あたりに簡単な結婚式を考えているそうなのですが、お彼岸がありますよね・・・。
通常、春分の日の前後1週間くらいを彼岸と呼び、彼岸入り、彼岸明けの日がありますが、
やはりこの彼岸入り・彼岸明けの日も結婚式の日を避けるべきでしょうか?
そして、彼岸入りや彼岸明け近くの土日なども避けたほうが良いのか悩んでいるようです。
(恐らく来年は3月17日が彼岸入り、23日が彼岸明け。16日(土)と24...続きを読む

Aベストアンサー

信心深い高齢者の親戚が多いならともかく、友人中心ならお彼岸は別に気にしなくても良いのではないでしょうか。
また、確定申告も全員がするわけでないのですから、配慮する必要性は感じません。
そこまで気にしてしまうと、友人の法事の予定とか、彼氏・彼女の誕生日直近の週末にかぶってないかとか、お子さんの卒業・卒園式でないかとか、どんどん広がってしまいます。

一般的な配慮(大型連休の真ん中や、クリスマスイブ、真夏)を避ける程度で良いと思いますよ。

どうしても気になるなら、この人にはぜがひでも参加してもらいたい!という招待客予定者に候補の日の都合を聞いてみて決めてはいかがでしょうか。

Qうつ病だった方、うつ病の方がご家族にいた方、 どうか教えてください。 うつ病克服後、病気が原因で崩れ

うつ病だった方、うつ病の方がご家族にいた方、
どうか教えてください。

うつ病克服後、病気が原因で崩れかけた家族でも元のように戻れましたか?
主人がうつ病、私自身が何も出来ない事、させて貰えない状況が苦しくて、しっかりした考えが持てなく弱い自分が出てきています。
元のように、、と考えるのがうつ病の人にはプレッシャーなのも分かってます。

以前と同じでなくても、努力次第できちんと再生出来るのでしょうか?
病気の人には負担そのもので、離れてあげることが優しさでしょうか?

主人も当初は、一緒にやっていきたい。とうつの症状で泣きながら言っていたものの、今では泣くこともなく私とはやっていけない。と言います。
うつになり二年以上経ちました。
頭の中が整理出来ず、支離滅裂ですみませんがアドバイス頂けませんか?

Aベストアンサー

No.2です。
お礼拝見しました。

ご主人が、現在会社に出勤できている状態なら、少しは安心できそうです。
完全に鬱にハマると、仕事どころではなくなりますから。
日常生活の事をできるというのも、それほど鬱が深刻ではないという事だと思います。

ただ、あなたも思われているように、
表情が重いと言うのは、未だ回復しきっていないからでしょう。

鬱というのは、意外と根が深いものですから、
重度でなければ、なんとか日常生活はこなせてしまえますし、会話も人並みにできます(※)。
※それが仇となって、会社や自宅で、『もう治ってるんでしょ。』的な態度に出られると非常につらいです。
それが逆に精神の負担となってしまい、回復が遅れることが多いのも事実です。

回復に当たっては、
ご主人の抱えている闇を、ご主人自らどのようにして解決するか。ということにかかっています。

あなたにとっては辛い意見かもしれませんが、
ご主人が通院しない事。
自分が鬱であるという事。
おそらく明るい未来像を描けていないこと。

これらを踏まえると、回復は著しく遅れるような気がします。


追記
ここからは、あくまで私自身の考えであり、やり方ですから参考程度にしてください。
・自分が精神疾患になった経緯の追求。
・そして、その病に対してどう向き合い、受け入れていくか。
大きくはこの2点があります。

精神疾患は、外部要因だけの場合は、要因を排除すれば完治しますが、
それ以前(生まれてから幼児期まで)に作られる気質や環境も大きく作用しているので、
完治はありえないのです。

まずそれにご主人が気付けるかどうかです。(一生今のままの人生で良いとは思っていないはずです。)
そこでこのままでは変わらない。という気づきに変われると、次の一歩が見えてきます。

それは、通院と継続投薬です。
ご主人が通院しない理由があるなら、
薬に効果がない(短期間で諦めている)からなのか。
そもそも主治医と合わないからなのか。
そこまではわかりませんが、おそらくこの2つの要因だと思います。
投薬の一致は年月がかかります。風邪薬のようにはいきませんし、
マシになったからと言って勝手に断薬するもの悪化の危険があります。
薬が効かない場合や副作用が大きい場合は、速やかに主治医と相談して変更してもらわなければなりません。
これを年単位で続けることにより初めて、主治医との関係性を築けますし、悪化時にも速やかに対応可能となります。

ここまでできれば、回復期→寛解域は手が届いてくるはずです。

あとは、自身の病とどう付き合っていくか。いかにして再発・悪化を防ぐか。だけです。
私のように、定期通院で投薬バランスを取りながら生きていく道も一つでしょう。
ストレスや精神の負担を日常生活(会社も含めて)でいかにして減らしていくかという努力。
当然、会社側との話し合い(主治医による診断書の提出)も必要になってきます。
それらをすべてできるようになれば、晴れて寛解といえます。
この頃には、明るい未来が描けるようになっているはずです。

No.2です。
お礼拝見しました。

ご主人が、現在会社に出勤できている状態なら、少しは安心できそうです。
完全に鬱にハマると、仕事どころではなくなりますから。
日常生活の事をできるというのも、それほど鬱が深刻ではないという事だと思います。

ただ、あなたも思われているように、
表情が重いと言うのは、未だ回復しきっていないからでしょう。

鬱というのは、意外と根が深いものですから、
重度でなければ、なんとか日常生活はこなせてしまえますし、会話も人並みにできます(※)。
※それが仇となって、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報