先日私は貝になりたいというドラマを見ていたら囚人を氷詰めにし、凍死寸前にするという虐待のシーンがありました。確か巣鴨プリズンか病院だったような気がするのですが、このような虐待がほんとうにおこなわれていたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

バタヤーンで捕虜になった人のお話しですが夜毎拷問を楽しんだ兵士も痛そうです。

この楽しんだという表現が問題視されるかもしれませんが兵士のサンドバックのような扱いだったと聞きました。
 先日の放送で氷攻めの氷がキュービックだったことお気づきでしたか。当時は氷は冷蔵庫もまだフリーザーもなく購入してまでしたとは考えられません。むしろ東京の巣鴨(この拘置所の設計士有名な方で主人の大学の教授の父上でしたので聞いた話ですが)内で寒い時期に水攻めなどのことではないでしょうかね。韓国人で戦犯で処刑になった洪思翔中将のことご存知ですか。また韓国人でありながら戦犯処刑判決の後よこすかの精神病院で亡くなり方もありました。(20年以上前の朝日新聞の終戦時期に掲載)虐待はあっても氷は???映像効果のためなのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば氷はキュービックでしたね。僕も映像効果の可能性が高いと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/27 12:11

アメリカ軍の捕虜虐待は、つい最近でも、イラクやアフガニスタン、グアンタナモ等で、捕虜に対するリンチが暴露されています。


また強姦・強盗等の犯罪行為も多発しています。
「やっていない」と否定するほうが難しいでしょう。
東南アジア等でも、英・蘭・仏各国軍隊による捕虜虐待の記録が残っています。
    • good
    • 0

BC級戦犯とされる人は殆ど捕虜虐待で罪を問われた人達でしたからその裏返しの仕返しという事があったのではないでしょうか?



「貝になりたい」は見ていませんのでどのような虐待かはしりませんが・・・

風俗、習慣の相違からきた誤解も多々あったようです。
バタアーン死の行進も当時多数の捕虜の輸送手段がなかったので徒歩行進したのですが、監視の日本軍兵士も同じ条件で行進していました。日本軍兵士には普通の事でしたが米軍捕虜は虐待と受け取ったのです。

治療の為灸治療を行ったのが虐待と見られた例もありました。
便秘を防ぐ為ゴボウを食事にだしたのを木の根を食べさしたと訴えられたケースもありました。
    • good
    • 0

史実です。


戦犯になり、精神病院に収容された後に解放された方の手記その他でその事実が残されています。また、加藤哲太郎自身もその記述を残しています。

目的は本当に異常なのかどうかの調査です。精神病院に収容された後、奥さんが面会に来て奥さんが「体調はどうなの?」の質問に「大分いい」と答えてにっこりしたことが原因で正常と判断され死刑になった衛生兵がいます。ただ彼に関しては生存者の間で、本当に精神に異常をきたしており、死刑になった時も異常だったままだろうと言われています。また死刑に追い込んだオーストラリア兵も後年、彼がオーストラリア兵にやった行為は虐待ではなくお灸という治療行為だったという事を知り、後悔したとのことです。

なお、『海と毒薬』という物語のモデルとなった九州大学生体解剖事件は、捕虜に対する虐待でもなく、軍部の命令でもありません。
日本陸軍西部軍に捕らえられたB29搭乗員は民間地域を無差別爆撃を行った戦犯と判定され、軍律会議によって捕虜とはされず戦争犯罪者とされて死刑判決を受け、九州大学が死刑囚を欲しいと言ったため軍部が引き渡したものです。
彼らは戦後、B級戦犯として裁かれましたが、当時の軍司令官は病死したのみで死刑になった者はおりません。
    • good
    • 0

「私は貝になりたい」は見ていませんが。



B,C級戦犯は片っ端から死刑を求刑され、その数は1000名にも及びますが、実際死刑を執行される前にほとんどが拷問刑により死んでいます。
実際の死刑によい死んだのは200名くらいだったか、、ここらへんは記憶が曖昧です。

拷問の内容は知りませんが、拷問刑によりほとんどが死んでいるのですから虐待としか言えないでしょうね。
    • good
    • 0

『私は貝になりたい』は観た事がないのですが…



『海と毒薬』という物語は、墜落した米兵(捕虜)を軍部の命令で
生きたまま解剖したり死亡させる実験をした実話を元にしています。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17753/index …
    • good
    • 0

有り得ないでしょう、そんなこと


戦後にそんな勿体無い事できないはずです
虐待自体はありますけど
自分の国を攻撃されてますから
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q巣鴨プリズン、設計図、平面図

こんにちは。

今現在巣鴨プリズンに興味が湧いている者なのですが、例えば巣鴨プリズンの設計図、平面図、何の施設、部屋がどこにあったかが分かる資料というのは存在するのでしょうか?もしありましたら、資料名を教えていただけませんか?

資料を探しているのですが、写真集やドキュメンタリー本などはあれど、そういったものは見つかっていません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「巣鴨プリズン」で画像検索すると、2つめに
http://www.google.co.jp/imglanding?q=%E5%B7%A3%E9%B4%A8%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%B3&imgurl=http://mainichi.jp/select/wadai/graph/senpan/24.jpg&imgrefurl=http://mainichi.jp/select/wadai/graph/senpan/3.html&usg=__aytWkV97OZD7VL3sVQC35ezJw14=&h=334&w=500&sz=59&hl=ja&zoom=1&tbnid=FqYDYwTmhDSUFM:&tbnh=87&tbnw=130&prev=/images%3Fq%3D%25E5%25B7%25A3%25E9%25B4%25A8%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25BA%25E3%2583%25B3%26hl%3Dja%26sa%3DX%26rlz%3D1T4GGLJ_jaJP332JP341%26tbs%3Disch:1&itbs=1&sa=X&rlz=1T4GGLJ_jaJP332JP341&tbs=isch:1&start=0#tbnid=fdVsRYYDe1ztzM&start=1
が出てくる。
 元のWebサイトを参照すると、『「プリズンの満月」より巣鴨プリズン見取図』とあるので、
中古品で良ければアマゾンで1円+送料でハードカバーが買えます。
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4103242248/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used

「巣鴨プリズン」で画像検索すると、2つめに
http://www.google.co.jp/imglanding?q=%E5%B7%A3%E9%B4%A8%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%B3&imgurl=http://mainichi.jp/select/wadai/graph/senpan/24.jpg&imgrefurl=http://mainichi.jp/select/wadai/graph/senpan/3.html&usg=__aytWkV97OZD7VL3sVQC35ezJw14=&h=334&w=500&sz=59&hl=ja&zoom=1&tbnid=FqYDYwTmhDSUFM:&tbnh=87&tbnw=130&prev=/images%3Fq%3D%25E5%25B7%25A3%25E9%25B4%25A8%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25BA%25E3%2583%25B3%26hl%3...続きを読む

Qむかしの日本は米の略奪をしたって、ほんとうですか?

ネットサーフィンをしていたら、韓国の教科書には、むかし植民地統治時代の日本がおこなった「米の略奪」の量の、年次別グラフなども出ているそうです。
「買う」んじゃなくて、「略奪」なんて……。むかしの日本は、ほんとうにそんなことをしたのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと2番の回答は修正します。

とりあえず自分で調べた分をまとめますと、
韓国の教科書では以下のように記載されているようです。
---------------
〔植民統治政策の変化〕 日帝は食糧の不足を解決するため、韓国から米を略奪した。そのため、農民は多くの米を生産しながらも飢えるようになった。
---------------
まず第一に戦争中の食糧難の折り、内地におけると同様、強権をもって朝鮮の農民から米を供出させた事実はある
そうです。
また、日帝36年の統治時代において人口が倍増した割には食料生産が追いついておらず、一人あたりの摂取量は減少しているというデータもあります。ただこれは餓死者が出る(李氏朝鮮時代の農民はもっと悲惨な暮らしをしています。今の北朝鮮のようなレベルです)ようなレベルではありません。しかしその結果、日本国内では朝鮮からの米の流入により米価が4割も下がり、農民の生活レベルが落ちたというデータがあります。

日本政府の将来を見据えない食糧増産計画、移出入の無管理ぶりなど、これらは日本の失策と言えることでしょうが、このシステムを略奪というのはやはり疑問です。

他にも色々な意見があるようですので、独自に調べてみるといいかもです。キーワードは「飢餓輸出」です。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=%8BQ%89%EC%97A%8Fo+%92%A9%91N%94%BC%93%87&hl=ja&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=

ちょっと2番の回答は修正します。

とりあえず自分で調べた分をまとめますと、
韓国の教科書では以下のように記載されているようです。
---------------
〔植民統治政策の変化〕 日帝は食糧の不足を解決するため、韓国から米を略奪した。そのため、農民は多くの米を生産しながらも飢えるようになった。
---------------
まず第一に戦争中の食糧難の折り、内地におけると同様、強権をもって朝鮮の農民から米を供出させた事実はある
そうです。
また、日帝36年の統治時代において人口が倍増した割には食料...続きを読む

Qグデーリアンが「第二次大戦でドイツは勝てた」と言ったのはほんとうですか?

何かで読んだことがあります。グデーリアンは「ヒトラーの滅茶苦茶な指令がなければ、戦争に勝つことができた」そう言っていた、と何かで読んだことがあります。

どなたかこのグデーリアンの言葉を裏付けるような書物をご存じでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もうすでにお知りになったように、グデーリアンやマインシュタイの回想録の他、学研の欧州戦史シリーズやパウルカレルの「バルバロッサ作戦」とかがいいと思います。でもグデーリアンの名前を知っていた方ならもう既にご存知かも。

ここからは個人的な考えなのですが、ドイツ敗北の原因をヒトラーの戦略や作戦ミスに転嫁するのは非常に偏った思考だと思います。
確かに責任は決定者であり命令者であるヒトラーにあるのですが、彼の
それらの決定をうながしたり、影響を与えたのはドイツ軍の実質的な司令官たちであるグデーリアンやマインシュタイン、ハルダー、ルントシュテット達であると思えるからです。
あのロンメルも、リビアにとどまり防衛戦を行えと命令されていたのに勝手にエジプトまで進攻したり、モスクワを占領しても戦いが終わる保障が無いのに、ヒトラーに要求し冬季でしかも補給が途絶えがちだった
41年10月無理を承知でモスクワ進攻を実行したのは当のグデーリアン達
だったのです。
アントニー ビーヴァーの「スターリングラード攻囲戦」を読むと自分の名誉と歴史の評価にこだわる冷徹無慈悲なマインシュタインがでてきます。多かれ少なかれ貴族出身の将軍なんて現実はそんなもんじゃなかったのでしょうか?

一貫した戦略構想を持たず、補給という概念を無視しひらめきだけで
大国相手に戦争をしかけたヒトラーでしたが、自分達の名誉欲をかなえるためにそんな人物を指導者に据えて利用したドイツ軍部の将軍達もまたドイツ敗北の原因でもあったと思うのです。
戦時中、軍人や企業家たちは自分達の名誉や所領、利権を獲得するために縄張り争いをしてばかりいました。金食い虫のV2ミサイルや多種多様で量産性の低い兵器はその表れです。
結局、ドイツ人はやくざのようなナチスを利用し、敗北後も責任転嫁で
利用しました。
戦後、ドイツ陸軍の名声を守るためにハルダーも全ての責任をヒトラーに押し付けました。
ドイツ人全体も、個々の戦争責任を回避するためにヒトラーやナチスに
全ての責任を押し付け、自分達も被害者だったと考える様にしました。
こういうことって、例えるなら拳銃を自分で求めて手に入れたのに、その拳銃が他人を傷つけたのは拳銃のせいだとさけんでいるぐらい呆れることだと思います。

戦後すぐのそんな社会的雰囲気の中でグデーリアンやマインシュタインは回想録を書いたのでしょう。
責任は「自分たちにもあった」なんて間違っても書けません。

もうすでにお知りになったように、グデーリアンやマインシュタイの回想録の他、学研の欧州戦史シリーズやパウルカレルの「バルバロッサ作戦」とかがいいと思います。でもグデーリアンの名前を知っていた方ならもう既にご存知かも。

ここからは個人的な考えなのですが、ドイツ敗北の原因をヒトラーの戦略や作戦ミスに転嫁するのは非常に偏った思考だと思います。
確かに責任は決定者であり命令者であるヒトラーにあるのですが、彼の
それらの決定をうながしたり、影響を与えたのはドイツ軍の実質的な司令官た...続きを読む

Aベストアンサー

 まずはじめに近代徴兵制は民主制により一部権力者の軍隊ではなく、国民全体の軍隊であるという考えに基づきますから、義務であると同時に権利であるという考えです。よって、刑罰ではありません。

さて、日本では大東亜戦争末期に刑事犯に対して炭坑労働、農作業、空襲後の死体処理作業、食糧増産のための労働員として派遣された例があります(これらは兵役ではありません)。

なお非合法な徴兵忌避者に対しては刑事罰と優先的徴兵がなされました。
忌避者に対しては3年以下の懲役刑が科せられます。

ちなみに、平時においては徴兵検査で合格した者すべてが兵役に就くのではなく、合格者の中からさらに選考され入隊します。特に貧農層では、兵役を終えて上等兵以上で復員するのは、出世のチャンスでもあり、その面では都市部・富裕層との兵役に対するとらえ方に差があったようです。

ただし、大東亜戦争時において、報復的・懲罰的な招集を行っていた事実もあります。

詳細については
『軍事板常見問題』より
http://mltr.e-city.tv/index02.html
「アジア・太平洋方面FAQ」
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08c.html

こちらにある「動員関連」などを参照されてはどうでしょうか。

 まずはじめに近代徴兵制は民主制により一部権力者の軍隊ではなく、国民全体の軍隊であるという考えに基づきますから、義務であると同時に権利であるという考えです。よって、刑罰ではありません。

さて、日本では大東亜戦争末期に刑事犯に対して炭坑労働、農作業、空襲後の死体処理作業、食糧増産のための労働員として派遣された例があります(これらは兵役ではありません)。

なお非合法な徴兵忌避者に対しては刑事罰と優先的徴兵がなされました。
忌避者に対しては3年以下の懲役刑が科せられます。

...続きを読む

Q囚人

江戸時代、牢内には独自の掟があったようですが、作造りといった事はごく稀ではなく常態化していたのでしょうか?

公儀が未決勾留中の囚人が牢内で独自の秩序を形成することを黙認していた意図はどういうところにあったのでしょうか。

Aベストアンサー

1です。こんにちは。
作造りに関しては、言及しないで、サクッと通りすぎようと思っていました。
つまり、○○を握りつぶすという一文が、実は、ありました。
それが、どこまで、生命に対して危機なのかは、わかりません。
収容人員に対して、許容量が過ぎたときに、あっさり行われ、自然死として扱われるということですが、この一文に対して、さすがに疑念があります。
牢とは、このように恐ろしいところであるから、入らないに越したことはないという、犯罪抑止力として、使われたのでは、ないでしょうか。
処刑人が重要な街道に晒されたのは、抑止力という考え方と同じだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報