ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

鬼のお面を粘土で作りたいと思っているのですがどの粘土が適しいるのでしょうか??
お面をつけたまま激しい動き(和太鼓を叩く)をするので、軽さと簡単には割れない強度が必要です。一度、石粉粘土で作ってみたのですが割れないか心配なのです。。(まだ使ってません)
細かい形まで作りこめるものがいいです。
あと作り方のアドバイスや適した絵の具などがあれば教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 お面をつけて、和太鼓。

。。素敵ですね。

 石粉粘土は、乾いても重さもあるし乾燥の場合にできる小さなひび割れ等が心配ですよね。

 紙粘土でなく、クラフト用の粘土がお勧めです。粘りや粒子の細かさも様々です。細かい作業も結構いけます。
 大型画材店や手芸店で、日本製品やアメリカ製品や何種類も置いてありますので、お店の方とご相談の上お買いになったらいかがでしょう。

 心材もありますよ。プラスチック網状でお面の形になっているもの。それに肉をつけていく感じ。
 絵具は、アクリルがいいのではないでしょうか。
 ニスは、必要ありません。光沢が必要だったら、木綿ぼろ布で磨けば自然な光沢も出ます。

 
 
私だったら和太鼓のイメージで、張子のような感じで、油粘土で型をつくり、それに和紙を重ねて張り込み・・・そんな感じで作るかも。

 頑張っていいもの作ってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!とても参考になりました!頑張って迫力のあるお面を作りたいです。
クラフト用の粘土ですか。。。
画材店に木の粘土とか樹脂粘土とかいろいろあったんですがどれなんでしょうか‥う~ん。とりあえず店員さんに相談してみようと思います。

私も張子にしようか考えたんですけど、
どちらかというと能面のようなイメージで、張子だと軽い感じ(重量ではなく質感とか)になってしまうし牙とか歯が作れないかな~と思って粘土で作ろうとと思ったんです。さすがに木を掘るまでの本格的になこととも出来ないので・・

お礼日時:2007/08/26 20:05

石粉は、細かい表現まで出来ますが、ちょっと重いのと


落ちるとどうなるか、というのは確かに心配ですね。
私がお面で考えるのは、まずネット状になったお面の下地
(東急ハンズなどで売られています。顔の形になっていて、
ネットの上に粘土をつけるものなので、かるく仕上げることが出来るみたいです)もしくは、やすいお面を下地に使って、それにつけていくと全部粘土よりは軽くなるかも(ただ、接着面をきっちりしてないとだめだと思いますが、その展、樹脂粘土なら問題なしです。)
樹脂粘土は、わりとかるくて、細かい表現も出来ます。
よく樹脂粘土のアクセサリーや人形もあったりして、
私はランプなども作っているので、
石粉よりは割れない感じで耐久性も高いです。ただちょっと粘りがあって、扱いなれるまでに時間がかかる場合もあるかも...値段もちょっと高めですね。
着色する場合はアクリル絵の具でしています。
だいたいは、着色の場合はどの素材を使ってもアクリルが
よいのでは...。(かわくと耐水性になる、
水彩よりも濃い感じで発色がよい、など。
金や銀もあるので便利です。モデリングペーストなど
盛り上げたり質感をつけるメディウムも一緒に売られています。)

よいものができるとよいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
粘土の種類や絵の具について知ることができました!
画材屋で見てみようと思います。

お礼日時:2007/09/16 23:51

http://www3.ocn.ne.jp/~minpokyo/omocha2000/nendo …
昨年、文化祭の時に・・ 小学生が授業で作ったと言う、お面が展示されていました。 とても、カラフルなステキな物だったので。
先生に、お訪ねしましたら。
紙粘土(テッシュペーパー)・・1箱で作ったそうです。
面白そうだったので、私も、作って見ようと思いました。
ボールの裏側に載せて、顔の形を作り。一日、其のままにして 乾燥させ。
目を開け、絵の具で色付けするんだそうですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもしろそうだし安価ですみそうですね!
今回のお面作りでつかえるか分からないけど、一回は試してみたいです!

素敵な作り方を教えていただきありがとうございました!

お礼日時:2007/08/26 20:16

紙粘土で作ったことがあります。


ただ、製作に1ヶ月ほど、物騒な防腐剤等が必要なのでその点は覚悟してください。
新聞紙、約1ヶ月分を集めて、小さくちぎり、水(ホルムアルデヒト1%含有)につけます。
適当に絞り、水を捨てます。
CMC(ソジウムカルボキシメチルセルローズ、商標セロゲン)のり(1%CMC, 1%ホルムアルデヒト、残水、市販品はほぼこの成分です)を容積で1割程度混ぜます。

以上で紙粘土ができました。
新聞紙の灰分主要成分が、鉛などの重金属なので、鉛中毒などの重金属中毒の可能性があります。
ホルムアルデヒト(ホルマリン)の毒性は知られているでしょう。
大雑把に形を作って、最後の微調整として、次のほうほうを使います。

上に積む場合は、和紙にCMC糊を薄く塗って張りつけます。
削る場合には、乾燥後紙やすりでゴシゴシやります(粉塵に注意、印刷所職員等で塵肺が出ています)
この「乾く」のに必要な時間が約1ヶ月です。

面ですから、口に触ってぬれる場合があります。
ホルマリンで皮膚恵んなどをおこして顔が張れたりすることも有るかもしれません。

乾いてからオーブンで加熱してホルマリンを飛ばしてしまうという方法も余すが、燃えることに注意が必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんかとても脅されてるような作り方ですが、、、こういう作り方もあるのですね~。知らなかったです。
乾くのに1ヶ月もかかるのは難点ですね。

参考にさせていただきます。ありがとうございました!

お礼日時:2007/08/26 20:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紙粘土のお面

昔、紙粘土でお面を作った記憶があり、
又作ってみたいと思っているのですが、作り方を教えていただけませんか?
たしか、糊を水でとかしたものを、新聞紙に塗っていき、形をつくり、乾かした
記憶があるのですが、うろ覚えなので知ってらっしゃる方がいましたら
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

新聞紙をぺたぺた張って作りましたね。私も今度の節分にリアルな鬼を作って子供たちを思いっきり泣かしてやろうと計画してます。(虐待ではありません)

まず厚紙を2~3cmベルト状に切り、顔の大きさに合う輪を作り、ホチキスで針先が外になるように止めます。そしてその輪に厚紙で、目の回りや鼻筋になる骨格を作り、同じくホチキスで止めます。
厚紙で隙間を埋めながら、だいたいの外形の骨組みを作って止めたら、適当な大きさに切った新聞紙か半紙などでぺたぺたします。

鼻などの出っ張ったところは紙を丸めてその上からぺたぺたします。
のりは、おっしゃる通り薄めておいた物をはけで塗るといいですよ。
乾かして何度か塗り重ねると丈夫になります。
最後に色を塗って、ニスを塗れば完成です。

紙粘土は使いませんでしたが、最近すごく軽い紙粘土があるのでそれで表情を作ったら楽かもしれません。乾くとすごく軽いのでお面も重くなりませんし。
ホームセンターや文房具店にありますよ。

どんなお面を作るのですか?

Q紙粘土を早く乾かす方法は?

紙粘土で、ちょっと厚みのある塊を作りました。

一晩放置したところ、表面はかちかちに乾燥しましたが、何となく内部に水分が残っている気がします。
完全に抜けるまでには、時間がかかるのではないかと思います。
そこで、紙粘土を早く乾かす方法はないものでしょうか?

ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

厚みのあるものはスポンジなどの詰め物をしてなるべく粘土を薄くするとよいと思います。
特に大きいものは針金や真鍮線で骨組みをしっかりすれば中は空洞になるので乾燥も早いです。
スポンジ以外では発砲スチロールを使いましたがファンドがはがれるのでNGでした^^
私は針金の軸に食器を洗うヤツを切って木工ボンドで貼付けてある程度形を作ってファンドを盛ってました。
100均ショップでいろいろ売ってるようなのでもっといい詰め物があるかもしれませんが。
参考までに

Q石粉粘土の乾燥時間はどのくらい?

石粉粘土で直径5センチ程度のまんまるっこい人形を作りました。
ほぼ球です。
芯材は入れず中まで石粉粘土です。
外側から急激に乾くとひび割れすると聞いたので布巾を1枚かぶせています。
どのくらいの日数乾燥させれば中まで乾くのでしょうか?
しっかり乾いてから研磨と塗装をしようと思っています。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

直径5cmのムクだと中心まで完全に乾燥するまでにはだいぶかかってしまいますね。たぶん一週間見れば大丈夫かとは思いますが。

ただ表面のヒビ割れ防止という意味では布巾はかけなくても良いかな?オーブントースターで強制乾燥させるのでもない限り(そして造形前にちゃんと石粉粘土を練りこんであれば)そんなに派手にヒビ割れることはない筈です。

もし表面にヒビが入ってしまったとしても、別途石粉粘土を水で柔らかくしたものをヒビに擦り込んでやれば、パテのようにヒビを埋めることも可能です。その場合も半日か一日乾燥させれば表面処理するには十分な乾燥時間かと思います。

今回は芯材なしで造形されたとのことですが、芯材にアルミホイルを丸めたモノを使えば、石粉粘土の使用量も減りますし、その分乾燥時間やヒビ割れ対策にも非常に有効ですよ、なによりアルミホイルは結構複雑な形でも手で芯を簡単に作れてしまいますので。

Q紙粘土フィギュアの塗装方法に困っています

今回初めて紙粘土を使ってフィギュアを作ってみました。
表面も紙やすりでつるつるに磨き上げ、初めてのわりにはなかなかよく出来たのではないかと思います。
ですが塗装の面で問題が…。
塗装の際に何を使えば良いのかが分からないのです。
あくまでも紙粘土ですし、安易に絵の具なんて付けたらふやけてしまうのではないかと思い、塗ろうにも手を付けられません。
この後どのようにすればベストなのか、是非教えていただきたいです!
どうか宜しくお願いします!


ちなみに今手元にある画材はアクリル絵の具、アクリルガッシュ、水彩絵の具、コピックマーカー、カラーインクなどです。
粘土は1キロ146円の結構重たいのを買いました。
あと、粘土を買った際に一応一緒にニススプレーも買いました。水溶性と書いてあります。
このほかにも買ったほうが良いものなどももしありましたら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

まず、表面が完全に乾燥していれば、そうそうおかしなことにはならないと思います。
絵の具等で着色をやるのでしたら、そのまま塗った方が良いと思います。
もし、アクリル系の塗料を使うのでも、そのままで良いですが、サフェーサーと言うものを先に使うと、発色も色乗りも良くなるし、先にコーティングされますので、塗料による侵食も防げると思います。
ただ、ラッカー系のものしかないと思いますので、臭いや有害性もあるのです。
マスク・換気は、絶対です。
周りに迷惑が及ぶような場合は、お勧めしません。
ちなみに、サフェーサーは、模型屋とかホームセンターにもあります。
車用soft99のプラサフェーサーは、きめが細かく良いですが、臭いはきついです。
後は、模型用の物です。

どちらにしても、長時間水分を与え続けるような塗り方をしなければ、問題ないと思いますよ。
例えば、2度塗り(重ね塗り)する場合は、1回目が完全に乾燥してから2度目を塗るようにすればいいです。

何かの参考にしてください。

Qお面の作り方を教えてください

お面の作り方を教えてください。一度張り子のお面を作ってみたのですがうまくいきませんでした。今度は別の素材を使ってみようと思うのですがどんな素材を使ったら良いかわかりません。できれば作り方なども簡単に説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

紙とアルミホイルで作っている動画
Tutorial: How to make a Mask (Paper & Foil)
http://www.youtube.com/watch?v=nMrZy1d-lLY

風船を型にしたりすることもできます。
http://www.youtube.com/watch?v=0FuJ_9gRLvU

紙パックで作っています。
http://www.youtube.com/watch?v=ZUXPMDMBy5k

石膏とシリコン、FRPで作っている人。すごい精度です。
http://www.youtube.com/watch?v=1yim3v-LQxw

e-z formという素材を使って作っています。かなり本格的。
「Plaster Cloth Wrap」というもので、石膏を含ませた布でお面をつくるための製品のようです。怪我をした時のギプスの要領ですね。ギプス包帯は焼石膏粉末と綿布でできていて、それを水に浸すと反応して凝固します。
http://shop.hobbylobby.com/products/4-e-z-form-plaster-cloth-wrap-76810/
http://www.youtube.com/watch?v=mdShbDX5t6M
http://item.rakuten.co.jp/koichi/taketora030152/

これはシリコンを用いたプロの仕事です。
http://www.youtube.com/watch?v=6fUwEjDzbt4

紙とアルミホイルで作っている動画
Tutorial: How to make a Mask (Paper & Foil)
http://www.youtube.com/watch?v=nMrZy1d-lLY

風船を型にしたりすることもできます。
http://www.youtube.com/watch?v=0FuJ_9gRLvU

紙パックで作っています。
http://www.youtube.com/watch?v=ZUXPMDMBy5k

石膏とシリコン、FRPで作っている人。すごい精度です。
http://www.youtube.com/watch?v=1yim3v-LQxw

e-z formという素材を使って作っています。かなり本格的。
「Plaster Cloth Wrap」というもので、石膏を含ませた布で...続きを読む

Q顔面の型を取りたい

樹脂粘土か紙粘土を使って顔面の型を取りたいのですが、初めてなもので要領がわかりません。
顔を押し付けた際にどの程度の精度の型になるのか、
どれくらいの時間で固まるのか、
顔を押し付けるのに危険じゃないのか等
と、分からない事だらけなので、どなたかご指導いただきたいと思っております。

またそれなら、この素材のほうが向いているというものがあれば教えてほしいです。あと、不透明水彩で着彩しますので着彩可能な素材がいいです。

Aベストアンサー

>樹脂粘土か紙粘土を使って顔面の型を取りたい
これは、かなり難しいです。手、足でも難しい。
問題は、人の体より粘度のほうが固いためです。
水を増やして、粘度をやわらかくすることも出来ますが、ベトベトになって接触面が糸を引くようになるので、質感が失われます。

普通は石膏を使ったりしますが、石膏の接着力が高いので、眉毛など事前処理が必要です。
歯科用の歯の型取り材が最近はやりですが、材料が高価なことと、事前に混合する専用の機械が必要であまり一般的ではないでしょう。

私のお勧めは、白光化学研究所の「コピック」です。イメージとしてはインスタントゼリー(羊羹っと言った方が近いかな)。粉を水にといて5分で固まります。接着力が低く、ある程度もろいので型取りには最高です。難点は型取りしたあと、長期保存が難しいことです。乾燥により縮みます。石膏などで再度型を転写する必要があります。
No.2のおっしゃっているのがこの商品かな?

Q雨に濡れても平気な素材が知りたいです

最近ガーデニングを始めました。
折角始めたのだから色々可愛らしくしたい!と思い、
自分で「ガーデンピック(植木鉢に挿す飾り)」を作りたいと考えています。

玄関先の植木鉢に挿したいので、
これから梅雨だし耐水性があるもので作らないと!と思ったのですが、
紙ねんどとニスで大丈夫なのか、木で作ったら腐らないかな、と
分からないことがいっぱいです。

雨に濡れても平気だよ!という
素人でも使える素材があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

紙粘土の類でも目止め塗料を塗ってしまえば多少は水を防ぎますが、やはり雨ざらしはまずかろうかと思います(汗)

成分が溶け出す可能性の事と、結構値が張るのが難ですが・・・

・樹脂粘土というものがあります。単品で耐水なのは「モデナ」くらいしか思い当たる節がありませんが
http://www.yumegazai.com/owners/yumegazai/event/nendo/nendo10.htm
 (通販ページですが参考資料ということで。画材店やハンズ等で買えます。)

・プラモの改造等に使うエポキシ樹脂パテでもよろしいかと思います。粘土のようにも作業できますし、固まったら削って整形もできます。(軽量タイプの物が削るのは楽な気がします。)
 模型店等で販売されています。塗装はプラカラーで。
http://www.megaegg.ne.jp/~jets/page118.html

Q樹脂粘土、軽量粘土などのひび割れ対策に

樹脂粘土や軽量粘土などで作品を作って乾燥させるとひび割れが入ってしまいます。
こちらでの回答などを拝見したところ、よくこねる事が大事だとありましたが、
どのくらいこねるのが目安なのでしょうか。
自分ではよくこねているつもりなのですが…。
使う粘土にもよるかと思いますが、大体これくらい、など皆さんがこねていらっしゃる時間だったり粘土の状態がこんな感じになるまで、などの目安がありましたらご指南いただければと思います。

現在自分が使用している粘土はモデナとハーティが多いです。

Aベストアンサー

乾燥収縮の問題がない。単にはいこう性の問題だけとして、状態の目安は

はいこう性が均一であること
「モデナとハーティ」についてはまったく知らないので、近所の販売品(油粘土)と同じと仮定して、水分含有量が均一であること

以上です。均一に練れない人がいくら練っても不均一であることには代わりないので時間による規定は意味ないです。又、水分(水を吸って柔らかくなるタイプの粘土)では、練り上げているときに手によって加熱され乾燥する場合もあるので、時間では規定できません。兆次間練り上げると乾燥が進み、より不均一になるためです。

練り方の練習として、捨てても良い粘土を用意して、適当な顔料を塗ってさせるのです。適当なところで、輪切りにして、「ぜんぜん練れていないじゃない」と指摘する場合が多いです。直接言うと本人が怒り出すので、顔料を入れた製品を作らせるとわかりやすいです。

はいこう性の問題で、不均一さを緩和するために、水をいれた・固い粘土を混ぜた場合など不均一化を推進するような加工を行った後は、手で練った後3-7日放置し含水率を均一にします。

3-7日ごに、
固い粘土をいれた場合(手で練っても均一にならない場合)には、鉄パイプ(綿棒)や小槌http://meta.affrc.go.jp/afftool/daibunrui/dakkokutyouseiyoukigu.htm
で厚さ5-10mm程度にまで伸ばして、適当に折りたたんで、を5-10回繰り返します。手早くたたいて伸ばさないと乾燥しますので要注意。一玉5-10分で終わる様にしないと乾燥による不均一化が顕著に洗われます。
柔らかい粘土を混ぜたとき(手で練って均一になる程度の場合)には、十分混ざったと思ったらば、5mm程度に薄切りにして
http://homepage2.nifty.com/issin/notoita.html(適当なところが見つからないので、陶磁器用粘土の例)
硬い物がないかをみて、部分的に硬い所を取り除き(前述固い粘土に混ぜて処理する)、均一な部分だけ一分ほどで練り上げてます。
これを一-3日放置して含水率を均一にし、使用前に1-3分ほどかけて変な偏りがないかを見るためにラフに練って使います。

乾燥収縮の問題は、形状効果がありますので文字での回答は不能です。

乾燥収縮の問題がない。単にはいこう性の問題だけとして、状態の目安は

はいこう性が均一であること
「モデナとハーティ」についてはまったく知らないので、近所の販売品(油粘土)と同じと仮定して、水分含有量が均一であること

以上です。均一に練れない人がいくら練っても不均一であることには代わりないので時間による規定は意味ないです。又、水分(水を吸って柔らかくなるタイプの粘土)では、練り上げているときに手によって加熱され乾燥する場合もあるので、時間では規定できません。兆次間練り上げる...続きを読む

Q紙粘土を水に強くする方法

紙粘土が水にぬれても湿気が高くても全然OK!にする方法ってありますか?
教えていただけるとうれしいです~♪

Aベストアンサー

水溶性の木工用ニスを塗ると良いと思います。
(窓を開けて塗るようにしてください)
うすめ液を混ぜる時は取扱説明書に従って気を付けてください。

木工用ボンドを水で薄めてもニスの代用にすることが出来るそうです。
仕上がりはニスにやや劣りますが、窓を開けなくても作業が出来ます。

小さい作品にニスを塗る時には、目立たない所にまち針をさして、
まち針を刺したままニス塗り・乾燥させると綺麗に仕上がります。
(持つ所がなくなる為!)

Q張子のお面の和紙

張子のお面を作ろうと、障子紙と糊を買って来てやってみたのですが、障子紙が水で全然解けない
(やわらかくならない)です。
安い障子紙を使ったからだと思います。
どんな障子紙を選べば、きちんと解けますか?
ある程度高い物じゃないとだめだとは思いますが、
この次買ってまた同じだと悲しいので
誰か教えてください。
(あまり高いものだと買えないです。
出来れば安くて適している物)

それと、お面づくりに適した糊は、何ですか?

Aベストアンサー

私はお茶どころの住人で、生涯学習の一環として毎年地元のお茶作りに参加しています。昔ながらの製法なので、和紙で底張りした大きな木枠を炭火の上にのせます。和紙が焦げると糊を使って次々と上張りしていきます。
ここで使われる和紙は半紙大のサイズで、どこかで売っていることは確かです。和紙を用いる自治体なら、販売店を聞くこともできますが、そうでない場合はインターネット検索のご厄介になるしかありません。
参考URLに示したものは「和紙 障子紙」キーで検索した結果のひとつです。
ここでは次のような仕様・価格でした。

■雁皮入り半紙
 サイズ:  348mm×245mm  20枚入り
 20枚の厚み:約1.6mm
 20枚の重さ:50g
 紙質:   雁皮40%+楮60%

■楮半紙
 サイズ:  348mm×245mm  20枚入り
 20枚の厚み:約2mm
 20枚の重さ:55g
 紙質:   楮100% 

商品番号 816
価格 600円 (税込630円) 送料別

なお糊は「うどん粉」を水でよく溶き、煮立たせないように熱を加えながら煮詰めれば家庭でもできます。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/ajiwai/448757/450817/

私はお茶どころの住人で、生涯学習の一環として毎年地元のお茶作りに参加しています。昔ながらの製法なので、和紙で底張りした大きな木枠を炭火の上にのせます。和紙が焦げると糊を使って次々と上張りしていきます。
ここで使われる和紙は半紙大のサイズで、どこかで売っていることは確かです。和紙を用いる自治体なら、販売店を聞くこともできますが、そうでない場合はインターネット検索のご厄介になるしかありません。
参考URLに示したものは「和紙 障子紙」キーで検索した結果のひとつです。
ここでは次の...続きを読む


人気Q&Aランキング