出産前後の痔にはご注意!

私は理科の自由研究でペーパークロマトグラフィをやったんですけど、
今まとめをやっていて、研究の動機が書けないんです!!
動機は特に無く、友達にこれが簡単だと勧められたからで・・・
研究の動機って最初に書くからちゃんとしたものが良いですよね?!
これを見ている方の中でペーパークロマトグラフィをやった方、
良い研究の動機みたいなのがあったらぜひ教えてください!!!!
やっていない方も、これなら!と思うものがあれば教えてください!
よろしくお願いします><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

『水性ペンのインクが濡れてにじんだ時、インクの色が何種類にもわかれたことを不思議に思い、実際に実験してみました。

』というのは、どうでしょうか……。
他にも、普段の生活で、ペーパークロマトグラフィーにつながりそうなことなどがあったら、『それを不思議に思い、調べてみたら実験の方法があったので、実際にやってみました。』みたいな感じで、良いと思います。
    • good
    • 14

やってみたかった、これが動機です。


要するに野次馬根性です。
科学とはそういうものです。
モホール計画もモホロビッチ不連続面がどうなっているか見たかっただけだそうです。
    • good
    • 5

ちゃんとした言葉に書き直す必要がありますが、質問文をそのまままとめると、



"実験を行った動機"は「クロマトグラフィーという言葉を友人から教えてもらった。どのようなものなのか、自分で試してみたいと思った。」みたいなものでしょうか。

実験に取り組む動機は単純なものでも構わないと思います。

興味がわいて、例えば書籍やネットの情報を元に、色素の分離が本当にできるのか、実験をされたのかもしれません。(この段階では自由化学実験としておきます)

そして、化学実験の結果をみて不思議に思われた箇所があったから、不思議に思われた箇所を解き明かす研究として「クロマトグラフィーの研究(例えば、性質についての研究でしょうか?)」をやったのかもしれません。

ちょっと回りくどいですが、こういう動機のわき方は良くあると思います。
    • good
    • 6

二通りあると思います。



・ペーパークロマトを研究したのですか?

それとも、

・ペーパークロマトを手段として用いて、何かを研究したのですか?

これによって「目的・動機」も異なると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりづらくてすいません。。
ペーパークロマトを研究しました!!

お礼日時:2007/08/26 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペーパークロマトグラフィーについての実験の考察の書き方、教えてください。

私は、中学3年生の女子です。
夏休みの理科の宿題で、自由研究が出ました。
それで私は、ペーパークロマトグラフィーで、色素の分離をしてみる事にしました。
実験は、簡単にできるのですが、どう考察を書いたらいいのかがわかりません。
どなたか、お詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

ペーパークロマトグラフですか。
化学の定性測定(何が入っているか?)の基礎ですね。原理などはしっかり押さえて下さい。(教科書や参考書もいいけど、できたら図書館に行ってみるなど。できるだけネットは使わない)

実験レポートは「目的・予想」→「方法・原理」→「結果」→「考察」の構成で行われ、考察で気付いた点(疑問点・改良点)があればそれを解決するために、新たな実験を行います。

というわけで、考察とは結果を通じて…
何故このような結果になったのか?
予想と違ったのはなぜか?
もし失敗であれば何がいけなかったのか?
それを解決するためにはどうした良いか?
もっと簡単な方法はないか?
分量や手法を変えたらどうなるか?(予想も含めて)

ヒントとしては…
様々なペンの色を試す。
油性ペンは?水性ペンは?
紙の種類は?
展開溶媒(紙の下に浸す液体)は水を使ったり、お酒を使ったり、消毒アルコールや除光液では?
本当に混ぜたらその色になる?
それぞれについて、あなたは結果をどう予想する?
予想が違ったら、なぜ違うか考える→考察

予想をしない化学者は失敗を繰り返し、最悪の場合は事故を起こします。
「とりあえずやる」のではなく、自分なりにいろいろ考えてみてくださいね。

ペーパークロマトグラフですか。
化学の定性測定(何が入っているか?)の基礎ですね。原理などはしっかり押さえて下さい。(教科書や参考書もいいけど、できたら図書館に行ってみるなど。できるだけネットは使わない)

実験レポートは「目的・予想」→「方法・原理」→「結果」→「考察」の構成で行われ、考察で気付いた点(疑問点・改良点)があればそれを解決するために、新たな実験を行います。

というわけで、考察とは結果を通じて…
何故このような結果になったのか?
予想と違ったのはなぜか?
もし失敗で...続きを読む

Q中2で、この自由研究って ありですか??

今、中学2年で、理科の自由研究に悩んでいます。
今年は、「色を分ける実験」というのをしようと思っています。

水性ペン一色に、どの色が使われているのかを調べる実験なんですが、
「ペーパークロマトグラフィティー」という方法を使うようです。
              ↓
 http://suntory.jp/kids/mizu-iku/study/research/01.html

・この実験は、中学生にふさわしいでしょうか・・・幼すぎますかね??

・それと、実験に使うペンは、「マッキー」の水性ペンでも良いのでしょうか?

提出日まで一週間もないので、他の実験の方がよいなら、
早く終われそうなものをお願いします><;!!

Aベストアンサー

単順に色をわけて終わりでは少々貧弱な気がしますが、なぜその組み合わせが必要なのかなどを調べてまとめれば、これはもう十分立派な研究といえるでしょう。なぜ一色のインクで作らないのかやこの色の組み合わせでどうして目的の色になるのかなど、いくらでも深く研究できるでしょう。同じ黒の水性ペンでもメーカーが違えば色の組み合わせや割合が違うかもしれませんし、水性の黒ということであれば墨はどうでしょうか?インクとは違うかもしれませんね?

研究はテーマを決める事も大切ですが、どこまで深く掘り下げられるかがもっと大事なんですよ。

Q水性ペンのインクの色が分離する理由について

中2です。今、自由研究で水性ペンのインクについて
「ペーパークロマトグラフィー」という方法で実験しています。

そこで、実験を終えて、考察を書いているんですが、
インクの色が分離した理由がわかりません(汗

検索しても、検索の仕方が甘かったのか、理由が出てきません。

宿題の提出期限まで3日しかありません!!

何故、インクの色が分離したのか理由を教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

 インクはいろいろな色素が混ざってできていて,色素により水に吸い上げられる力の大きさが異なるからです。

Q★この実験は中学でも適切?

連続すいません。
前のスレではたくさんの御返答ありがとうございました!
とても参考になりました。

別の実験を考えてみたのですが、
「ペーパークロマトグラフィー」は
中学生がやる実験としては適切ですか?
小学生の時にやったような記憶が
あるような無いような…といった感じです。

ちなみにこんな実験です↓
http://www2.tokai.or.jp/seed/seed/minna6.htm

お願いします。

Aベストアンサー

適切というのはどういういみでしょうか?

「中学生でも安全にできる」という意味でしたら、薬品(アルコールや有機溶媒を必要とします)の使い方さえしっかり指導を受ければ問題ないと思います。

自由研究にしたいということでしたら、「色分けできてキレイ」という作品を作るのが目的ではないので、研究、結果、考察次第だと思います。

クロマトグラフィーは質問者さんの思っている以上に重要な手法で、最先端の研究でも重要な実験技法の1つです。
せっかくなので、それについても調べて見てはいかがでしょうか。

Q表面張力について

自由研究で表面張力をやっているのですが、表面張力が起こる液体と起こらない液体の違いは、界面活性剤が、入っているか入っていないかの違いだけですか?温度などは、関係ないのでしょうか?他のサイトを少し見たのですが、中1の私には難しくて分かりませんでした。簡単に教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

表面張力は水滴が丸く玉のような状態になることですね。

温度との関係は実際に実験してみましょう。
氷水(0℃)、室温(25℃くらい)、オフロの水(45℃くらい)、熱いお湯(80℃くらい)

スポイトなどで1滴、ガラスみたいなつるつるした面にたらせば確認できますね。
温度計があると便利です。
実験結果を考察しましょう。

界面活性剤の入った洗剤を薄めてスポイトに取り、
水滴に加えて観察しましょう。

周りにある液体で「水滴」のようになるか確認してみましょう。
酢、牛乳、ジュース、しょうゆ、塩水、砂糖水・・・・

いろいろ実験すれば、良い自由研究が完成すると思います。


※あまり詳しく回答すると削除されますのでアドバイス程度しかできません。

Q水性マジックを濾紙につけて水で濡らすと、なぜ色が別れるのですか?

例えば、黒のマジックを濾紙に付けて濡らすと、色が滲んで青や緑や紫や黄色の縞が出来ますが、これはどうしてでしょうか?緑のマジックだったら青と黄色になるのは混ぜるとそうなるからというのではなく、なぜ紙の上に色が別れて縞ができるかを知りたく思います。ご教授願えませんか?

Aベストアンサー

こんばんわ。
まず、水性マジックの着色剤はほとんどの製品が顔料ではなく染料を使用しています。
2番目に染料には黒色の物がほとんどありません。従って、黒マジックは油性、水性を問わず赤系、青系、黄系の染料を混ぜて作り出しています。
次に濾紙の上での色の分離は、他の方が答えているように紙の繊維に吸着された染料が吸着の難易によって水の広がりに従って拡散していく段階で分離するものです。この原理を利用した分析方法がペーパークロマトグラフと呼ばれる分析方法です。ペーパークロマトでインターネットで検索すると色々な情報が得られると思いますよ。

Qペーパークロマトグラフィーで分離しない

夏休みの自由研究でペーパークロマトグラフィーしています。
ティッシュペーパーとコーヒーフィルターはほとんど分離しませんでした。
失敗の理由にはどのようなことが考えられるかわかるかた教えてください。
回答でなくても、こうではないかという意見でも結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ペーパークロマトグラフィーは試料(測定したいもの)の親和力の差を利用したものです。

うまく展開できない理由としては、試料とティッシュペーパーやコーヒーフィルターの親和力が高く、展開溶媒(水だと思いますが)との親和力が低いことが考えられます。
よって、展開溶媒に焼酎やホワイトリカー、除光液や燃料用もしくは消毒用アルコールを(薄めて)使ってみてはどうでしょう?
なお、アルコールを使う場合は必ず大人の立会いの下、換気をよくして行ってください。

Q自由研究について(色の三原色&光の三原色)

こんにちは。今、夏休みの宿題に科学研究(自由研究)が出ていて、悩まされています。
色々考えた末、課題は「色の三原色」について調べようと思っているのですが・・何をしようとかは決まっていません。
結構学校側も厳しくて、実験はもちろん数量化してまとめなさいとの事です。(普通かな?)
「色の三原色」について、インターネットで調べていてもあまり良いものは出てきませんでした。
調べていると、この課題は中学生には少し難しいとも書いてありました。(余談になりますが、実は最初「光の三原色」と対比して考えようとも思ってました。)
何か色の三原色について(光の三原色についても何か有りましたら)良い実験方法などがありましたら教えてください。ちなみに自分は中3です。
少しの情報でも何でもいいので・・・。宜しくお願いします。
分かりにくい文ですいません。

Aベストアンサー

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売されたものがいいと思います。
秋葉原か、通販がいいと思います。

実際の実験としては色を実際に混ぜて比率をかえてみるとかでしょうかね。ここはアイディアしだいですね。

ただし、LEDは豆電球と違ってただ電池をつないだだけでは光りません。というか光ることは光るのですが、許容できる電圧のはばがかなり狭く、電流による何らかの制御が必要になってきます。ちょっと電圧をこえちゃったらすぐに切れてしまうし、下回るとうんともすんともいいません。そのため、適正電圧より高い電源を用意し、それを抵抗などを使って、20mA以下の電流が流れるような回路を作らなければいけません。この計算は中学校のオームの法則で求められます。ただし、この実験にはLEDや抵抗の他にやはりテスターが必要です

もし、がんばって回路を組みたいというのなら協力しますが、難しいと思うのならLEDの利用はあきらめた方がいいと思います。もちろん他にも様々な実験があると思うので探してみて下さい。

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売された...続きを読む

Q自由研究の動機

私は自由研究でpH(ペーハー)調べをやっているのですが
ただインターネットで見つけて気になったとも
書きづらく   もっと違う動機を書きたいので
いい例はありませんか?(わかりやすく簡単にお願いします)

Aベストアンサー

小学校では,「酸性・アルカリ性」のどちらかを「リトマス試験紙」で調べる,という教えかたをするはずです。もっと詳しく知りたいと思って調べたら,それらの度合いの強さがあることがわかった,という動機でしょうかね。それが事実に近いんじゃないですか? オレンジジュースがpH4だと聞いて調べてみた,みたいな動機でもいいでしょう。 

個人的には,pHの定義である「水素イオン濃度」を高校化学で習わずに課題としてやるのは,どうかと思いますが。また,pHの読みは,むかしはドイツ語で「ペーハー」といいましたが,いまの学校では英語で「ピーエイチ」と教えるはずです。

もし,いろいろな液体のpHを測りたいなら,pH試験紙というものがあります。たとえば,
http://www.advantec.co.jp/products/search/?p=2&c=34&f=&a=&w=&m=&n=8
いわば,赤と青だけのリトマス試験紙が,フルカラーになったようなものですね。電気的に測るpHメータというものもありますが,とても高価で扱いが難しいです。

Q自由研究を1日でおわらしたい

明日、提出らしく今日1日で終わらせれるような
自由研究のサイトなどおしえてくれませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

1日で出来そうなものもありますよ。

http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/

参考URL:http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/


人気Q&Aランキング