2ーブロモー8ーキノリノールと言う試薬が、どこかの会社から販売されているかどうかを教えて下さい。
あとこれが販売されているものから簡単に作れるなら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 下の方の補足をします。


 ネット上で確認したいのならば、以下のリンクに行けば
 各試薬を扱っているメーカーのホームページに行けますので
 検索する事ができます。
 海外のもありますので(大概日本のメーカーで手に入ると思いますが)
 参考にして下さい。

参考URL:http://www.u-netsurf.ne.jp/~iwai/maker/
    • good
    • 0

2ーブロモー8ーキノリノールは知りませんが,試薬の注文を行なっている者ですので,経験者として回答します。



どこかの会社から販売されているかどうかは,各試薬会社のカタログを御覧になれば分かると思います。

表記の試薬であれば,和光,ナカライ,関東,東京化成,アルドリッチ等のカタログを御覧下さい。

あるいは,出入りの試薬屋さんに頼めば探して下さると思います。


販売されているものから簡単に作れるかどうかは,どのレベルの話か(合成経験者か未経験者か,数ミリグラム規模か数キログラム規模か,原料の価格は,等々)によってもかわってくると思いますので,御自分で考えるしかないでしょう。ケミカルアブストラクトや有機化学の本などを参考にして考えて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルイス塩基と求核試薬(ルイス酸と求電子試薬)

同じ化学種でも反応機構によって呼称が違うのですか?
ある化学種と別の化学種が反応する時、求核剤として働いているのかルイス塩基として働いているのか見分ける方法はあるのですか?化学構造から判断するのですか?それとも各々の反応ごとに覚えなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

「回答に対するお礼」を拝見しました。

確かに私の回答は、あなたが興味を持たれていた点とは
多少かけ離れていましたね。お詫びというわけではないですが、
求核剤と塩基、どちらとして働くか?見分け方の一つの目安を。

たとえば同じアルコキサイドでもメトキサイドのほうが
tert-ブトキサイドよりも求核剤として働きやすい。
(速度論的な話で、求核剤としてどちらが強いか?という話ではありません。)

といったことは、立体的なかさ高さの点から予測できると思います。
特に、求電子中心も立体的にかさ高い場合、立体的にかさ高い
試薬は、求電子中心に近づくことが困難なため、塩基としてしか働けない。
といった傾向があると思います。

Q粉末試薬か液体溶液試薬か

実験試薬を調製するときに、液体溶液試薬を購入するのと、粉末試薬を購入して調製するのと精度は違うのでしょうか?
実際は、0.01Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのに、0.1Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を購入して希釈するか、粉末のチオ硫酸ナトリウムを購入して調製するか、迷っているところです。

Aベストアンサー

滴定に用いるのであれば、市販品にはファクターfが記載されていると思いますので購入した方が精度もいいですし、調製する手間もいりません。

標準溶液としてチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのであれば、ファクターも求めなければならないですし、面倒なことが多い。

しかし、購入しても10倍希釈する必要があるということなので、どっちにしてもkololiさんの腕次第のような気がします。

Qアリルグリニャール試薬とアリールグリニャール試薬

英語の文献に下記の2つのグリニャール試薬が出てきました。

allyl Grignard reagent
aryl Grignard reagent

"allyl(アリル)"は脂肪族基名、"aryl(アリール)"は芳香族基の総称で、二つは全く別物だと思うのですが、そもそも"allyl Grignard reagent(アリルグリニャール試薬)"というものはあるのでしょうか?
web上で検索すると、"allyl Grignard" が少なからずありますが、"aryl Grignard"の方が圧倒的に多く、
化学の知識が乏しいため、"allyl"が"aryl"のミススペリングなのかどうかというところで迷っています。

検討違いの質問かもしれませんが、お力をお借りできないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「アリル基 (aryl group)」は次のものです。

  CH2=CH-CH2-

「アリール基 (aryl group)」とは芳香環の水素原子が取れた形の置換基です。一番簡単なものはフェニール基。

     _
    / \
  HC ○ C一
    \_/

 したがって,「アリルグリニャール試薬」はアリル基の付いたグリニャール試薬(下記のAなど)であり,「アリールグリニャール試薬」はアリール基の付いたグリニャール試薬(下記のBなど)です。

 A: CH2=CH-CH2-MgX
       _
      / \
 B: HC ○ C一MgX
      \_/

 どちらもありえますから,御覧になったものがミススペリングかどうかは内容で判断するしかありません。ただ,「aryl」と「allyl」を間違える事はあっても,ミススペルスルとは考え難いですが・・・

Q三級アミンとハロアルキルをもつ分子の反応ー合成ー

こんにちは、お世話になります。
有機ケイ素化合物の機能について研究している大学生です。
その合成の際の質問なのですが…

最近、実験に必要な分子を合成するために
『トリエトキシシランを短いアルキル鎖を介して窒素原子に3つ結合させた三級アミン』と『ブロモヘキシル鎖をもつ分子』を求核置換反応で結合させようとしたところ、全くといっていいほど反応が進みません。

溶媒については、研究室にある非プロトン性溶媒をDMFやDMSOまで様々に検討し、反応温度についても分子に影響がでない範囲(~70℃)で様々な条件でふって検討してみました。
反応時間については最大1週間まで観察しました。

が、今のところ、NMRのピークに反応の進行を示す変化は全くありません。
普段、測定中心で有機合成はあまりしていませんが、この合成については、三級アミンと一級ハロアルカンの単純なSN2反応だと思っていたので正直困っています。
反応が進まない原因や改善すべき点もしくは他の合成経路等何かありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 具体的な構造がわからないのではっきりとはいえませんが、考えられるの原因の一つに窒素原子周りの立体障害が大きすぎて反応性が著しく低下している可能性があります。トリエトキシシリル基は結構大きいです、CPKモデル等で確認してみてください。その場合、アルキル基の長さを長くして立体障害を減少させるか、末端にビニルが三つ付いたアンモニウム塩をトリエトキシシランでヒドロシリル化で後からシリル化する方法が考えられます。また、対アニオンがブロモでなくて良いのならば、ブロモヘキシルの代わりにヨードヘキシルを使えば反応性が多少上がるかも知れません。
 あと、意外な盲点かも知れませんが、原料の三級アミンが自家合成品の場合、原料の構造決定が間違っているという可能性はないでしょうか?昔、三級アミンだと思っていたものが実は四級アンモニウム塩だった経験があります。有機基がたくさん付いていると塩でも有機溶剤に良く溶けたりしますし、NMRでは三級アミンと四級アンモニウム塩の区別は難しいです。MS(できればFAB-MS)で確認してみてください。

Q2ーメチルー2ーブタノールに濃硫酸を加えたときの反応機構を教えてくださ

2ーメチルー2ーブタノールに濃硫酸を加えたときの反応機構を教えてください(>_<)
また途中に生成する中間体は何ですか?

Aベストアンサー

お答えはどちらも同じですが、#1のお答えの図をご覧下さい。
2-メチル-2-ブテンです。
二重結合ができる方向はアルキル置換基が一番多くなる方向に起きます。
反応機構からマルコフニコフ則と同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報