色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

先シーズンの検定では、不整地小回りで2点足りず、合計1点の
不足に泣きました。 
来シーズンこそは雪辱をはらすべく、苦手種目の技術不足を新調板
に助けてもらおうと思っています。
アトミックのメトロンならば! と思いましたが、店員さんからは
 『検定には不向きな板』 と断言され、オガサカの板を何種類か
すすめられました。

“メトロン9”ってどうなんでしょうか?
ぜひ、皆さんのご意見をお聞かせください。 
どうぞ宜しくお願いします。

・ホームゲレンデの不整地はコブ斜面というより未圧雪コースです。
・当方、中肉、中背、おまけに中年仲間入り 1級以上は望み無し。

gooドクター

A 回答 (8件)

メトロンB5に乗る前はアトミックの「arc-a」というSLベースの基礎板(157cmR=12mくらい)と、フォルクルの「ファンカーバーF5」という「スーパースポーツ4☆」の基になった板(158cmR=14mくらい)を、どちらも高下駄噛ませて乗ってました。


(どうでも良いんですが、フォルクルもファンカーバー時代はパッとしなかったのに、名前を変えて「基礎ラインですよ」と言った年からメジャーになりましたね)

メトロンに乗り変えてから、確かにパウダーとボコボコに荒らされた非圧雪斜面はムチャクチャ楽になりましたよ。ちょうどカービングスキーが出始めた頃と同じく「それはズルだろう」と思うほどです。
整地ではSLベースと比べれば穏やかな分、切り替えで遅れた時に「発射」コケする恐れが少なくなったと思います。サイドカーブ10mの割に融通がきいて大回りやクルージングもできますが、肘すりに興じるとちょっと忙しいかな。
B5は片側3.6kgと激重ですが、滑る分には1日で慣れました。見た目は派手ですが、乗り慣れてしまえば普通のカービングスキーですよ。「パウダーも滑れる9.10(arc-c)」と聞いた時に「なるほどな」と思いました。
まぁトップ幅130mmもあるのでコブでピッチリ足を揃える滑り方には適さないと思いますが…。

でも持ち運びがしんどいので、お金があったらm:9も欲しいなぁと思うわけです。まぁ、これからしばらくは子供の相手でMIDスキーの出番が増えると思うので、折れるかヘタるまで買いませんが。

試乗してませんが、m:11-B5Cという板があります。
無印B5に比べるとちょっとだけ軽く、トップ幅が狭くてサイドカーブもショートターン用としては緩め、164cmで14m。これならどうでしょう?
ちなみにメトロンシリーズは日本からの発案で製品化されたそうですが、欧米でヒットしてほとんどのメーカーから似たような板が出たのに、日本ではいまひとつ。遂に今期は無印B5の輸入を中止して(海外では継続販売なのに…)m:11-B5Cとm:9以下に絞るそうです。

今期から出る「ノマド」ってのもあり、ミドルモデルに試乗しましたが、こちらは大回り向き。サイドカーブが緩い割に踏めば深回り自在なカービング特性はアトミックらしく、これまた「余裕があれば欲しい1本」でも不整地小回りはメトロンほどオートマチックじゃないでしょうね。(試乗したのは良くも悪くも雪質が良い時。大回り肘すりが気持ちよかった)
あと、エランの「マグファイア12」ってのに春のザクザク荒れ雪で試乗。これは大回りで大爆走できる重戦車ですが、小回りはパワーがいりそうだと感じました。
ヘッドの「ゼノン9.0」とマグファイアの10はm:9そっくりのプロポーションですが、ヘビー級の私では深回りするとズレてくる印象。軽い人や女性だと操作しやすいかもしれません。(短時間の試乗ではそれぞれのメーカーのツボを見つけられなかっただけかもしれませんが)

海外ではこれだけヒットしたのに。ねぇ…。

まぁ、イントラで食べるために級が必要という人以外、結局は趣味ですので、楽しいと思う選択が一番だと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sanpokojinさん こんばんは

ご回答を読み返す度に、
『やはりアトミックのメトロンが正解だ!\(^o^)/』
と確信を持てるようになりました。

>整地では…切り替えで遅れた時に「発射」コケする恐れ…。

そうなんですよ~よく理解出来ます。 以前に、(実は唯一)試乗した板が、
“アトミック ST12 RACE (多分?) ” 板の素早い動きについていけず、
自分には全く乗りこなせなかった手ごわい板でしたが、鋭さと走りの良さにはホント衝撃を受け、アトミックのファンになりました。

さて、お教え頂いたメトロンの11-B5C 良さそうですね。 トップモデルなので、所有すれば、この先もずーと満足出来そうです。
長い目で見ると、間違い無くこちらが正解ですね。

私の楽しい(?)悩みにお付き合い頂き本当にありがとうございました。
 
  追) 『 M:9のRED! 赤色があればな~。』 
     なんて贅沢は言いません。

お礼日時:2007/09/05 01:21

No.5ですが再び(^^; しつこくてごめんなさい。



>でも、板の性能より技術を磨けってことが一番重要なのですね。
 
 いいえ~、私は「板の性能で実力の底上げができるなら、それも
 アリ」派ですよ。 だから使いやすいと思ったRを書いたのです。
 
 もちろんポジションが悪かったり、スキー操作が全くお話になら
 ないレベルであれば別ですが、あと少しというところであれば
「相性の良い板」が後押しをしてくれると思うのです。

 体格も違うと思いますので参考程度ですが、具体的な名前を
 あげますと、サロモンのデモ9で1級を取得しました。
 もう少し大きい回転弧の板の方がいいなーと、その時は感じ
 ました。

 中級のオールラウンド…というか、もしかしたら中級用では
 ないかもしれませんが、フィッシャーのRC4 PROGRESSORは
 08モデルの中では滑りやすいと思いました(あくまで私の好み
 です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yu_anemoneさん こんばんは、 

いえいえそんなめっそうもございません。 大歓迎です(^^♪
そもそも私が誤解していました、ごめんなさい。

>「相性の良い板」が後押しをしてくれる

そうなんです。 嬉しい言葉です。ありがとうございます。

なるほど、検定向きのラディウス 回転弧 ですね。 そう言えば、検定時に種目によって板を履き替えている方がいました。(残念ながら結果は私と同じでしたが…。)
なぜか、その光景にあまり良い印象は持ちませんでした。
男はやっぱり(あっ、これは失礼!)いさぎよく 1級検定はスキー1本で受験すべき ですよね。
yu_anemoneさんからのアドバイス ようやく理解できました。

おすすめ頂いた “08のRC4 PROGRESSOR” 
フィッシャーは私にとってなじみのあるメーカー(これまでずっと)
なので、早速に検索してみましたが…、
嫁の怒った顔がおもわず浮かんでしまいました。(T_T)
 


 

お礼日時:2007/09/05 02:26

 ご質問の趣旨とは異なりますが、昨シーズン1点不足での不合格との事ですので、今お使いの慣れ親しんだ板で今シーズン受験されてはどうでしょう。

きっと前回の経験が生かされて合格できるのではないかと思います。
 で、1級合格後、テク受験か準指受験か、あるいは検定から卒業するのかを決められた後、板を選択した方が良いのではないでしょうか。
 今シーズンのご検討をお祈りしております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見、そしてまた、応援まで頂戴して感謝申します。

慣れた板か、新調板か、ん~、やはり新調板で!って気持ちが
強いようです。

練習不足と技術不足を補ってくれる良い板を手に入れるべく
もう少しガンバってみます。

お礼日時:2007/09/03 01:15

実際に試したことはないのですが、板の特性からするとあまり


検定向きではないように思えます。

1級を受けるには、中級のオールラウンドが良いのではないで
しょうか?小回りができる板の中で、なるべくRが大きいもの
が扱いやすいと思います。


私が検定を受けた時は、R12の板だったため大回りで苦労しま
した。私は女性ですが、Rは14か15が滑りやすいですね。

メーカーによって乗り心地は違うので、あとは好みの問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>中級のオールラウンド
 ネット検索や雑誌のインプレ等で、その板を確認してみたくても、な かなか情報を得ることが難しいような気がしています。

 でも、板の性能より技術を磨けってことが一番重要なのですね。

お礼日時:2007/09/03 00:57

1級検定で板の性能は必要ないですよ。


基礎スキーの大会ならば板の走りなども点数にからんできますが、検定の場合は板の走りが評価に入りませんから。

1級検定で大事なポイントの一つに正確なポジションのキープがありますが、板が技術以上に走りすぎたらポジションを崩してしまうはずですし、1級合格レベルの技術があればどのような板に履き替えても同じようにポジションをキープできるはずです(当人の技術を超える板でなければ)。

しかし店員もあれですね。したり顔で検定受けるならこの板じゃなきゃ駄目だなんて言うなんて困ったもんですね。
こうじゃなきゃ駄目、ああじゃなきゃ駄目とか、そんなつまらない事ばかり言っているから若者がスキーを遠ざけて自由な気風のボードに流れていくのだと、私は思いますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、ありがとうございます。

そうですよね~。 検定の合格者さん全てが、決して高価で新しいモデルの板ばかりではないことも知っているつもりなのですが...。

それにしても、若者のスキーヤーって本当に少ないですよね~。
なるほど、言われるとおりに、スキーが『基礎・基本・技術』にこだわりすぎて、若者から敬遠されているのかもしれないですね。

お礼日時:2007/09/03 00:39

追伸です。



フォルクルの今期モデル「タイガーシャーク」シリーズとか、ロシニョールの「ゼニス」シリーズはメトロンに似たプロポーションの板ですが、日本では「デモ用」として売り出してます。
また、試乗会で絶賛だったヘッドの「iスーパーシェイプ」シリーズもトップ幅121、センター71mmと少しワイドな「マグナム」というモデルを追加してきました。

「デモ」「基礎用」として売られている板を履けば合格するのであれば、これらの板にすれば良いと思いますが、それもバカバカしいとは思いませんか?(スリーサイズが全てではなく、これらの板はM:9より反応がシャープだったり、強い板だったりしますが、外国ではどれも「一般エキスパート用オールラウンド」で売られてたりするわけで…)

そういえば確か99シーズン、雑誌で170cm R=14mの当時「エクストリームカーブ」と呼ばれている板を履いて1級受けたらどうなる?という記事がありました。(取材は98シーズン)
当時としては極端な板で、ウケ狙いの面白記事として扱われ、挑戦した編集長も見事に玉砕しました。スクールの先生が履いて手本の演技を見せて「向いてないが1級は取れないわけじゃない」という締めでした。

しかし、それから僅か数年後、どうなったでしょう?もっと短くてサイドカーブのキツい板はあたり前になりましたよね。

一体「デモ用」「基礎用」ってなんなんだ?本当に日本にそんなジャンル分けが必要なんだろうか?と思ってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sanpokojinさん こんばんは。
この度の、また重ねてのご回答 ありがとうございます。

『なるほど!&我が意を得たり!』の心境です。
 
基礎系(特に前記の国内産製)板を履いているスキーヤーに対する
反骨精神って訳でもないのですが、『検定が全て』 といった感じでは
なくて、さりげな~くスマートに...。
そこで、中級者用とされるアイザー(それでも9:7)を履いて、
来シーズンは一級を獲ってやろう! 
なんて考えており、
  IZOR = ATOMIC → ん~ ☆ METRON!☆(実際はどう??)
の方程式?から質問しました。

 追)sanpokojinさんのスキー観 共感できそうです。
 

お礼日時:2007/09/01 01:26

こんにちは。



M:9は大好きな板です。
私はB5に乗ってますが、それより軽くてサイドカーブもやや緩く、長距離クルージングも楽々な板だと思いました。(試乗しました)
ただ、センター幅がやや広く、ターゲットも中級のため、鈍いというかマッタリしている印象があります。ツボさえ掴めばいくらでも深回りができて、オートマチック過ぎて傍からは「がんばって操作してるんだぞー」とう風には見えないかもしれませんね。でも1級ならこれで充分取れると思いますけど。

B5は重量があるので、食い荒らされてボコボコになったパウダーでもガンガンいけますが、M:9だとそれほどの強さはないかもしれません。
ちなみにB5でもコブいけますよ。(私はそれほど上手くはありませんが、普通に安全に降りる程度なら)

私としては、むしろ検定でカリカリしている人が、一旦忘れてこういう板を履くと世界が広がるというか、スキー感が変わるんじゃないかなぁ…と思います。

あと、今期は出るのかちょっとわかりませんが、アトミックなら「アイザー9:7」も何でもできるオールラウンド板です。実は「基礎用」として売られている板(ST:8)のコスメ違いでした。そんなわけで、今期は基礎用ラインとアイザーが一本化だそうです。

1級の先にあるものは何でしょう?
シャープなカービングを描くことや、切り替えの鋭さを求めるのが快感ならば、センター幅70mm以下のデモ板が良いと思います。

スキー場の片っ端から、どんな斜面でもどんな雪質でも美味しく食べ尽くすのであれば、メトロンはとても良い板だと思います。

家族とまったり滑るのであれば、アイザーみたいな板が良いと思います。
    • good
    • 0

合格する人はどんな板でも合格するのが検定の世界ですから、如何にもなフリーライダーが飛び板やモーグル板で合格する光景を見ると板より技術だな~とつくづく思います。



メトロン9ですが、そもそも技術指向の板ではないので「検定用の板」を求めている人には勧められないでしょうね、整地クルージング&ゲレパウがコンセプトですし「検定には不向き」と断言したくもなります(メトロン履いて不整地合格点出ても整地落としたら意味無いですし)。

個人的にはメトロン等のデモ系派生のオールラウンドモデルを買う気になりません、むしろPE・TM・Q5.2とかの飛び板買います、ツインチップ以外ならLA-F・FR-XPですね、普通は素直にデモ板買うと思いますが・・・。
どうしてもデモ系派生オールラウンドが良ければAMC873ですかね。

トップ広すぎるとコブで扱いにくいし、悪雪でもブレーキ掛かりやすくなるので、パウダー使用でなければトップ120くらいが限界と思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご回答いただき、ありがとうございました。
keerさまの言われるとおり
>板より技術だな~とつくづく思います。
そうなんですね~。

検定時には、かなり重たい深雪のコンデションでしたので
苦手な悪雪に“メトロン”と思いましたが、逆に幅広トップ
が抵抗になるとは全く考えていませんでした。 

現板がフィッシャーなので、変えてみたい気持ちもつよくて...。
   もうしばらく悩んでみます。

お礼日時:2007/08/29 18:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング