親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

6月末に新築の一戸建てに引っ越しました。
固定資産税を算定するために役場の人が家屋調査にくるようなのですが、来る方は見ただけで評価できるものなのでしょうか?
図面のコピーなど用意してもらえれば早く済むとのことでしたが間取りだけでなく家の詳しい内容ものっているものを提示する必要はありますか?
エアコンが標準で装備されており、家具も大型TV、ソファー、リビングのカーテンなどもそろえました。それらも調査対象なのでしょうか?
調査する人によっても評価がちがったりすると聞いたのでどんなものなのかちょっと不安です。
新築時と数年後では固定資産はだんだんと安くなっていくものなのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

基本的には見ただけで評価できると思われます。


図面があれば評価が早く済むのは事実です。
図面の内容についてはそんなに詳しいものは必要ないと思いますよ。
最低限間取りがわかれば、問題はないと思いますので・・・。

エアコンは調査対象となると思われますが、テレビとかソファーとかカーテンなどの装飾品は対象外です。
(建築完了時点で設置されていたものが対象です)
調査する人により確かに誤差は出ますが、固定資産税額への影響は微々
たるものだと思います。

で、税額に関してですが、住宅の場合は新築時から3年間は軽減措置があるため、実際の税額より納税額は安くなります。
4年目にいきなり納税額が上がりますが、びっくりしないようにしてください。
税額改定は3年毎に行われますので、3年おきに金額は下がっていくと
思います。次回の改定は平成21年度納税分になると記憶しています。
税額改定については自信がありませんので、不安ならば役場の人が調査に来られた際に聞いてみてもいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
みなさんのおかげでこころよくむかえられそうです!

お礼日時:2007/08/29 14:28

 家に上がりすらしない自治体から、くまなく見る自治体までばらばらでしょう。

あくまで市町村税なので、そのあたりの対応はまちまちです。同一市長村内の知り合いで最近調査されたお宅でもあればどんな様子だったか聞くと確実でしょう。
 平面図と仕上げ表を渡してあげれば、家の中へは上がらずにそれで帰るかもしれません。家の中へ上がっても良いかどうか確認し、断られれば上がらない自治体もあると思います。もちろん断られても家の中に上がって調査する権限は持っているのですけど。
 建築した会社で、おおよそのグレードは分かりますし、外観は嫌でも見えますのでそれでもグレードは把握できます。当然玄関までは来ると思いますので、そこでもグレードは分かるでしょう。担当による違いなど、くまなく見る自治体であってもさほど差はないと思います。担当により差はよくわからない箇所の処理方法や計算ソフトにデータを入力間違いしてしまう方が差が出るでしょう。

>来る方は見ただけで評価できるものなのでしょうか?
 もちろんできるでしょう、それが仕事ですから、正しいかどうかは別ですけど。
>固定資産はだんだんと安くなっていくものなのでしょうか?
 家屋は下がって行きます。
>エアコンが標準で装備されており、家具も大型TV、ソファー、リビングのカーテンなどもそろえました。それらも調査対象なのでしょうか?
 建物から簡単に取り外せる物は基本的に関係ないと思って良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
みなさんのおかげでこころよくむかえられそうです!

お礼日時:2007/08/29 14:26

 新築という事ですので、建築確認申請の建物平面図がお手元にあると思います。


 実際の間取りと、図面とで変更がなければ、役所の担当者は家中をぐるぐる回って間取り図を作成する手間が省けますから、図面を参考にすると思います。
 次に調査するところは、各部屋の天井・壁・床の部材と電気の差込等器具類です。(台所・浴室等のカラン等の蛇口も)
 ただ、固定資産税の評価ですから、家具・TV・ソファー・カーテン等は対象外ですので安心してください。
 一般的に在来工法の木造ですと、柱と基礎と屋根で評価の殆どが決まります。
 つまり、この三点の部材で他の工作物のレベルも比例しますので。
 職員によって評価が違うことはないはずですが、内装の部材の見方で相違が出る場合があります。
 固定資産税の評価替えは、3年毎にやりますので、経年減価により安くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
みなさんのおかげでこころよくむかえられそうです!

お礼日時:2007/08/29 14:27

>家屋の評価はどのようにするのか



http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/in …

>新築時と数年後では固定資産はだんだんと安くなっていくものなのでしょうか??

家屋が古くなったのに評価額が下がらないのはなぜか
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/in …

上記をよく読みましょう。

>図面のコピーなど用意してもらえれば早く済むとのことでしたが間取りだけでなく家の詳しい内容ものっているものを提示する必要はありますか?

できれば確認申請副本がいいでしょう。

>エアコンが標準で装備されており、

天井に内蔵であれば課税対象。

>家具も大型TV、ソファー、リビングのカーテンなどもそろえました。

造りつけ家具は課税対象で、それ以外は課税されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
みなさんのおかげでこころよくむかえられそうです!

お礼日時:2007/08/29 14:27

>来る方は見ただけで評価できるものなのでしょうか?


はい。見える部分の評価となります。
主な確認点は、

・外壁
・屋根
・壁内装
・床材料
・天井
・キッチン
・トイレ、バス

ですね。

>家の詳しい内容ものっているものを提示する必要はありますか?
必要ありません。

>エアコンが標準で装備されており
天井埋め込みタイプだと算定に入ります。単に後付となる普通のものは対象外です。

>家具も大型TV、ソファー、リビングのカーテンなどもそろえました
全部対象外です。

>調査する人によっても評価がちがったりすると聞いたので
そんなに違いません。

>新築時と数年後では固定資産はだんだんと安くなっていくものなのでしょうか??
一応減価償却されて安くはなっていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
みなさんのおかげでこころよくむかえられそうです!

お礼日時:2007/08/29 14:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンセント数と固定資産税

新築を検討中です。

コンセントの位置や数を決める段階なのですが、友人から台所のコンセント数で固定資産税が変わると聞きました。

友人も最近新築を建てて監査が入った時に台所のコンセント数を厳しく数えていったとか…

コンセント数で固定資産税が変わるならいくつ以内や範囲があるのか、
またそれは台所だけなのか家全体なのか、
誰か教えて下さい

Aベストアンサー

固定資産税の計算、いろいろ基準があるみたいですが、建売だと一番初めに調査した家を基準に若干の加減をする程度、大きさや追加オプション工事分、贅沢なものは高く見積もられるみたいです。

しかし、一番チェックしているのは調査に協力しているかどうか、外見だけで高く査定されることもある、調査を断られると、建築確認申請書と比べ、目立つものを高めの査定で算出しながら加えて決定しているみたいです。

私の家の場合には、来た市役所の人が建築確認申請書と違う変更はないですかと聞かれ、外回りからチェックしていました。その後、中を丁寧にチェック、カーテンや照明をほとんど購入していない状態でしたので、照明は白熱電球中心で窓にはカーテンレールも未装着、冷暖房も古いものを2台だけ付け替えたものを入れていたので、最低限の状態でした。

外構も工事していない、これで工事は終了ですかと聞かれたので、駐車場は砂利を買ってきて水はけを良くするかもしれませんと答えました。

そこでどういう基準で固定資産税が決まるか尋ねると、調査させてもらえる人は基本価格から減額できる部分はしてくれる、建築メーカーごとの基準金額があるので、それを参考に決めますと言われ、私の家の建築メーカーは最も高い査定なのですが、最低限で作ってもらったということですし、その日の調査で確認できたので、当初の見積もりよりも大幅に安くなりますのでご了承下さいと言われました。

その後、照明も少しずつ買い替え、カーテンレールもつけたり、駐車場もコンクリートやレンガなどで作ってもらったり、冷暖房も買い足しました。家の建築代金に比較すると、外構分と冷暖房で3割以上アップしましたし、それがあるのと無いので査定が大幅に違うのも知っていたので、最低限の工事だけ済ました、コンセント数やガスの内部コンセントの数などもチェックしていましたが、多くても後からつけると高いのでと説明したら影響はほとんどないとのことでした。

全部でいくらかかりましたかと聞かれたので、工事の契約書を見せて確認したら、本当に安いのですねと驚かれましたが、請求された初年度の評価額を見ると工事代金の7割程度の金額が記載されていました。

http://www.token.co.jp/estate/tax/kotei/keisan/
>「固定資産税・都市計画税の計算」

これに比較して安いならいいのですが、私の場合には高かった、厳密に書くと、検査後にいろいろ追加でした分を加算されていないので、加算されたとしたら、大幅に安く済んでいます。

オプション工事などで追加料金が増えると、支払いも増える、結果、検査時に高めに算定される危険があります。

http://www.jibundetouki.com/lp/front-kotei001.html
>建物(家屋)の固定資産税は、『再建築価格方式』という評価方法で決まります。

http://suumo.jp/journal/2014/10/24/71691/
>建物の価格は「再建築価格」といって、今、同じ建物を建てるとしたら、いくらかかるか、という考えのもと、課税標準額が算定される。
>よほど華美な住宅でない限り、実勢の40~60%程度の価格になる

実勢価格というのが建築メーカーにより評価が変動するとのこと、私の家も高級な設定での工事だったみたいで、普通は支払った金額よりも3割も4割も高い値段が標準、検査に協力しないともっと高く請求されたらしいのを調査の役所の人から聞いて驚いたというだけです。

コンセントを複数増やしても年額で1000円も影響が出ない、むしろ、屋根付きの車庫とか、追加額が大きいものが重要です。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/ichiran13/pdf/kaoku.pdf
>「固定資産評価基準」総務省

全部読む必要はないのですが、最小限の工事をしてもらい、固定資産税の評価が済んでから追加で庭とか駐車場の工事などを発注すると目立たないものであれば追加で請求は来ないとのことでした。

隣りの家などは増築してあった家を登記もしていなかった、課税もしていなかったのですが、新築にして課税されて驚いていたみたいです。それでも、安い建築メーカーですので、大きさが私の家よりも大きくても課税額は安い、本人は文句言っていますが、私は何も言いません。近所で私の家と同じメーカーで建てた家の課税額を住人から聞いて知っていますし、決して高い金額を払っているのではないことを理解できたので、静かにしています。

年数が増えると、評価額も2割までは下がるそうですし、最初高くてもだんだん減ってくる、長く住むならコンセント数は多めが便利ですし、家の中を延長コードがあちこちよりも安全です。

固定資産税の計算、いろいろ基準があるみたいですが、建売だと一番初めに調査した家を基準に若干の加減をする程度、大きさや追加オプション工事分、贅沢なものは高く見積もられるみたいです。

しかし、一番チェックしているのは調査に協力しているかどうか、外見だけで高く査定されることもある、調査を断られると、建築確認申請書と比べ、目立つものを高めの査定で算出しながら加えて決定しているみたいです。

私の家の場合には、来た市役所の人が建築確認申請書と違う変更はないですかと聞かれ、外回りか...続きを読む

Q外構工事は、固定資産税の対象?

こちらのサイトではいつも大変お世話になっておりますm(_ _)m

今回は、外構工事について教えてくだい。

私達は、ハウスメーカーの下請け業者に外構をお願いし、住宅引き渡し時には外構も完成してる状態です。
その方が住宅減税も受けれるし、別の業者で別ローンを組むよりいいかな?と思ったのですが。。。。

でも、工程資産税って、、、、外構も関係あるんですか?
周りの人は、「外構だけあとから。。」と聞きます。
確かに、カーポートは後の方が固定資産の対象にはならないと聞きました。。

門柱とか、フェンスも後から設置した方がよいのでしょうか?

あと、入居後に市役所の人が固定資産の査定?に
来るらしいのですが、家具もそんなに揃えておかない方がよいのでしょうか?
インテリア関係も固定資産の対象にみられますか?
査定に少しでも影響があるなら、家具も査定後に
入れようと思うのですが。。。

乱文・質問ばかりで申し訳ありませんが
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

1.外構については基本的には固定資産税の対象なのですが、一般住宅の場合は扉や庭などは対象としないのが普通です。

2.車庫や物置は固定資産税の対象になります。
  ただし壁のない屋根だけのカーポートの場合は建物と認めませんので固定資産税の対象外です。

3.建物に固定されていない据え置き型の家具などは対象外です。
  作り付けの家具などは対象となります。

では。

Q新築家屋の固定資産税を安く抑える方法

自宅の新築を考えていますが、使う住宅設備機器や構造部材、内装仕上げ材、間取りの特殊性によって固定資産税が高額になる場合がある、とききました。具体的にどういった仕様が高額評価の元になるのでしょうか?実は吹き抜けを作り、天井は梁現し(はりあらわし)にしたいと思っていますが、税金が高額になるのならあきらめようかとも思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定資産税は市税です。税務署の管轄は国税です。ですので、固定資産税の調査は市役所職員が行います。
固定資産税は固定資産評価基準によって算出されます。(本屋さんで売ってます)算出方法は木造か非木造かで違います。木造の場合、評価対象は主体構造部(基礎、柱等)、仕上(外部、屋根、天井、床、内壁)、建築設備(キッチン、風呂、洗面、トイレ、空調等)です。基礎は見付高、柱は太さや真壁or大壁、建築設備は種類や大きさと設置面積等を見ます。質問にありました梁が見えているかは評価の対象外です。しかし、吹抜けは課税床面積に入りませんが、内壁仕上は評価の対象となります。(同じ家でも、吹抜けの有る無しで、吹抜け部分の仕上げ分税金が高くなる)
空調設備ですが、壁掛けタイプのエアコンであれば課税対象外です。壁or天井埋め込み形だと評価の対象になります。
調査員も人間です。丁寧な対応であればお茶など出さなくていいと思いますよ。

Q固定資産税家屋調査、自前の浴室TVも評価される?

木造在来新築を建てました。もうすぐ固定資産税家屋調査がきます。

そこで質問なんですが,自前でヤフオクで中古の浴室TVと浴室間接照明を購入して取り付けてもらいました。

これらの物は評価の対象となるのでしょうか?
もしなるとしたら、自前であり中古である事は調査員に伝えた方がいいのでしょうか?

また大型液晶TVを買う予定ですが、購入は調査の後にした方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず風呂場の中まで見ないでしょう。図面を渡せば玄関先で終わる自治体もあるでしょう。外はしっかり見ます。また測ります。

 動産であるTVは固定資産税の対象ではありません。

 固定資産税は市町村税ですので、各自治体でまちまちですので、一般的な回答が難しい分野ではあるでしょう。


人気Q&Aランキング