北朝鮮による日本人拉致事件で一般化した「拉致」という言葉。
先日の名古屋のサイト殺人でも、メディアでは「名古屋市千種区の路上で女性会社員が拉致、殺害された事件」という具合に、「拉致」という言葉を用いています。
それまでは「誘拐」という言葉が一般的だったと思うのですが、「拉致」と「誘拐」ではどう違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大きな違いは、法律用語かどうかです。



拉致
法律用語ではなく一般的に使われる言葉であり、「無理に連れて行くこと」を意味します。

誘拐
法律用語であり、詐欺・誘惑などにによって連れ出すこと」の意味です。

誘拐には種類が多すぎのです
・営利・猥褻・結婚目的、略取、国外移送拐取・人身売買、拐取幇助・被拐取者収受と幅が広いのです

 したがって、拉致と言う方がイメージにし易いのであえて使っているんだと思います

 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。一般用語と法律用語の違いですね。ただ、法律用語ということであれば、逆にいえば、法律上は「拉致」という言葉はないはずで、警察庁が日本人拉致事件で逮捕状の発付を得る場合でも「拉致」という言葉は用いることはできないはずです。でも警察庁のサイトを見る限り、警察庁でも「拉致」という言葉を用いています。
http://www.npa.go.jp/keibi/gaiji1/index.html
まあ、きっとこれは一般向けのサイトなので、分かりやすく「拉致」を用い、実際の逮捕状など公的書類では「○○誘拐」などと、きちんと法律用語を用いているのでしょうね(想像ですが)。

お礼日時:2007/08/30 10:02

Yahoo知恵袋にも同じ趣旨の質問があり良回答がついています。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
その他にも多数のサイトに説明があります。へっーと思ったのが次のサイトの説明です。「誘拐」は昔からある言葉ですが、「拉致」は近代になって日本人が勝手に作った和製漢語らしいです。
http://esoragoto.blog.ocn.ne.jp/esora/2007/02/in …
じっさい、中国語辞典を調べても、「誘拐」という語はあるけど、「拉致」という語は出ていない。びっくりでした。「拉」という語は中国語でもっともよく使う言葉のひとつなんですけどね。ドアなんかにもよく「拉」とか書いてあります。「引っ張ってください」ということですね。それで「拉致」というと「引っ張って連れて行く」というイメージはつかめるんですが。「誘拐」の方は「誘い拐(かどわ)かす」わけですから、言葉たくみにだますイメージですね。
    • good
    • 1

イメージとしては拉致の方が荒々しい感じがします。



他方、誘拐は身代金を目的としたものが多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。確かに「拉致」は問答無用というイメージがありますね。「誘拐」は身代金目的が主流(?)ですが、それ以外にも、既に懲役刑をくらっている仲間の解放を要求するとか、いろいろありますね。

お礼日時:2007/08/30 09:55

広辞苑で調べました。



誘拐:人をだまして誘いだして連れ去ること。

拉致:むりに連れて行くこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。「だましているかどうか」がポイントのようですね。でも微妙な違いですね。

お礼日時:2007/08/30 09:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

 日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。

口語=話し言葉
文語=書き言葉

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
江戸時代までの日本は、統一国家というよりも、各地域をそれぞれ「殿様」が治めるゆるやかな集合体であったため、それぞれの地域の「お国言葉」が話されていたのです。
そのかわり「共通語」の役割を果たしていたのは専ら「書き言葉」として用いられていた「古典語=文語」でした。
日本では「書き言葉」としては共通語としての「文語」を用い、
「話し言葉」としては地方によって異なる「お国言葉」を用いていたのです。

現在でも「お国言葉」は「方言」として残っていますが、明治時代以降「共通語=口語」が国策によって成立したので、公的な場面の話し言葉はほぼ全国で統一が取れています。
中国の事情はよくわかりませんが、「北京語」が「共通語」となって、「広東語」などは「方言」という扱いになっているとすれば、そのような関係が成立したのです。
そして、「書き言葉」としても新しく成立した「共通語=口語」を採用する方針が定められたので、「文語」は一部を除いて姿を消しました。

そういうわけで、
現在は、「口語」=「現代語(話し言葉=書き言葉)」
「文語」=「古典語」ということになりました。

ところで、現代の日本において「書き言葉/話し言葉」の区別は、
「常体/敬体」の区別と考えられることが多いようです。

すなわち、「書き言葉」は、「だ・である体」で、
「話し言葉」は、「です・ます体」を指すことが普通になっているようです。
もちろん、「だ・である体」の文章も「です・ます体」の文章も、両方が存在するので、外国人の方には非常にわかりにくいことと思います。
お気の毒です。

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
...続きを読む

Q「女性死体遺棄事件」か「少女死体遺棄事件」か?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130720/t10013169221000.html
のページの左上の動画内でも、今朝の番組「週刊 ニュース深読み」でも、当該ニュースの見出しを「女性死体遺棄事件」とNHKはしています。
ところが、当該ページの記事でも当該番組内でも、NHKは被害者も被疑者も「16歳の少女」とか「少女たち」と称しています。「女性」という言葉は皆無でした。
NHKが見出しを「少女死体遺棄事件」でなく、「女性死体遺棄事件」とする理由として、どんなことが考えられますか?

TVで観ていて「この事件は被害者も犯人も少女ではなかったか?」と見出しに違和感を覚えました。

Aベストアンサー

被害者の女性はまだ特定されていないと思いましたが。。
どこも「被害者とみられる少女」となっていたと思います。

DNA鑑定で特定され発表があるまでは、書けないのではないでしょうか?

Q誘拐と拉致の違いについて

誘拐と拉致の意味は同じですか?北朝鮮の事件はなぜ誘拐でなく拉致なのでしょうか?英語では、二つともabdctionに訳されるのですが、詳しい方、説明お願いします。

Aベストアンサー

身代金がからんだ誘拐はkidnappingとされる事が多い感じがします。
それ以外の目的、または目的不明の誘拐は拉致(abuduction)とする感じだと思います。

Q「直近」という言葉は、一般的ではないのですか?

教えてください。

「直近」という言葉は、一般的ではないのですか?

どのようなときに使うのが適切だとおもわれますか?


自分は、
普通に、日常的、常識的に使用してよい言葉だと考えているのですが・・・


例えば、
クライアントとかに送付する連絡文に用いる言葉として、
妥当でしょうか?


漠然とした内容ですいませんが、
ご回答のほうをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 下記では当該事項に最も近いこと、として次の例が挙がっています。

直近の円高で、単独の黒字化難しい=トヨタ社長(ビジネスニュースロイター)
石油製品:東京ガソリン、直近で高値を試す(コモディティ・アイ)
東京ゴム:先限、直近の安値割る/市況(コモディティ・アイ)
 http://www.weblio.jp/content/%E7%9B%B4%E8%BF%91

 ご質問になったのは、ご自身ではよいと思ったが上司か誰かが反対した、ということでしょうか、僕は意味は分かるが、響きが少し「ビジネス新聞的」ですから、もっと普通のいい方もある訳で、クライアント、上司、同僚などを勘案して適当にお決めになるのがいい、と思います。

Q「言葉って」 言葉の感じ方、言葉の使い方

はじめまして。のほほんと申します。20代男性です。
悪文で、かつ分かりにくい質問だと思いますがどうかお許しください。



「質問」
本を読んだり話を聞いている時、みなさんは言葉(単語)をどう感じているのでしょうか?(どう思考している)
また、文章を書く時に言葉をどのように使って(使い分けて)いるのでしょうか?

言葉(単語)の意味を捉える(理解する・感じる)ということが私にはうまくできません。
本を読んだり話を聞いている時に、
著者や相手が発信する言葉(単語)が「具体的に」何を表している(指している)のか
私にはイメージできないことが多いのです。
つまり、言葉の意味を明確・的確に捉えることができないのです。
抽象的な文章、熟語(二字熟語・四字熟語)がよくでてくる文章、比喩表現や慣用表現がよく使われる文章を読む際にそれがよく感じられます。
人やモノの名称を指す言葉(名詞など)であればまだ理解しやすいです。
しかし、動作や様子などを表す言葉(動詞・形容詞・形容動詞など)がすっと頭の中でイメージしにくいです。

テーマからそれるかもしれませんが、
高度な(難解、抽象度の高い)本になればなるほど、言葉遊びのように思えてきて、
ますます「言葉というのは何なのか」が分からなくなります。

私は言葉に対して明確さ・的確さを求めすぎなのでしょうか。
言葉というものは本来、もっとアバウトなものなのでしょうか。(アバウトがゆえに他者と考えを共有するのは難しい)
たんに勉強不足なのでしょうか。
 



最後までお読みいただきありがとうございます。
いろいろな方のご意見をお聞きしたいと思っております。
たとえ短い文章でも構いませんので、ご回答していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

はじめまして。のほほんと申します。20代男性です。
悪文で、かつ分かりにくい質問だと思いますがどうかお許しください。



「質問」
本を読んだり話を聞いている時、みなさんは言葉(単語)をどう感じているのでしょうか?(どう思考している)
また、文章を書く時に言葉をどのように使って(使い分けて)いるのでしょうか?

言葉(単語)の意味を捉える(理解する・感じる)ということが私にはうまくできません。
本を読んだり話を聞いている時に、
著者や相手が発信する言葉(単語)が「具体的に」何を表し...続きを読む

Aベストアンサー

言葉というのは純粋に感覚的なものです。
例えば「動く」という言葉は辞書を当たると「ものの位置が変わる」という意味ですが、では「もの」とは?「位置」とは?「変わる」とは?
「もの」という言葉は「空間のある部分を占め、人間の感覚でとらえることのできる形をもつ対象」と辞書にありますが、では「空間」とは?「部分」とは?……
こう考えていくと、辞書を言葉の定義とするならば、全ての言葉は定義づけがきちんとなされていないことが分かると思います。言葉を言葉で説明する限り、この堂々巡りからは逃れられません。
つまり言葉を感覚抜きで論理的に理解している人間はいません。だからコンピュータに言葉は理解できないのではないか?という論理が往々にしてあったりします。

私はそういう風に理解しているので、言葉が上滑りしているように見えてもそういうものだと思うことにしています。もちろん世の中には悪文というのがあって、本当に筆者はこの文章の意味を理解して書いているのか?と思うような文章もありますが、観念的な事柄を語る上では多少の言葉の上滑りはしょうがないのです。特に筆者に共感できないとそうなりがちです。

言葉というのは純粋に感覚的なものです。
例えば「動く」という言葉は辞書を当たると「ものの位置が変わる」という意味ですが、では「もの」とは?「位置」とは?「変わる」とは?
「もの」という言葉は「空間のある部分を占め、人間の感覚でとらえることのできる形をもつ対象」と辞書にありますが、では「空間」とは?「部分」とは?……
こう考えていくと、辞書を言葉の定義とするならば、全ての言葉は定義づけがきちんとなされていないことが分かると思います。言葉を言葉で説明する限り、この堂々巡りからは逃れ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報