ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

今の彼とつきあってすぐ、うつ病を発症して7年になり、現在、2ヶ月休職している一人暮らし33歳(女)です。精神科に通院し投薬も受けています。
休職をしたのは初めてで、毎日何もする気が起きず、寝るに寝られず、起きていても本も読めず、テレビも見られず、一日中考え事をしているような状況です。もうすぐ復職の日が迫っており、復帰できるかとても不安です。
彼とは結婚を考えているのですが、調子の良いときには出来た料理も今は全く出来ません。掃除もできません。彼は、「治るまで見守る」「治ったらいっぱい家事をしてもらう」「治るつもりがないのなら別れよう」と言うのですが、私には病気が治る自信も、治って家事を一生懸命する自信もありません。
病気が治って、家事が出来るようになるまで、結婚はしないとも言われています。
毎日料理をすることに自信が無く、それが今一番気になっています。このまま彼と付き合っていても、私の病気が良くなるとも思えず、迷惑をかけるだけのような気がして辛いです。早く病気を治して家事をバリバリこなして彼を幸せにしたい!とも思えないのです。
どういう考え方に改めたら私の病気は良くなるのでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

こんにちは。

最初に回答そいうかアドバイスをさせていただいた者です。

自分のある程度の経験から、若干参考にでもなれば…

うつ状態、またうつ病など、最近は疾病に関するカテゴリみたいな分類が多くなり、なかなか今の医学では、他の分野は著しく発展していると思いますが、なかなかこういった客観的に症状は確認できても、それがどのようにして起こる、または発生するという研究も行われており、きいたところでは、結局日本人は「セロトニン」という神経伝達物質を作る脳の場所がもともとセロニンが著しく少なく、本来うつ傾向になる可能性が非常に高いといいます。

今のメンタル的な医療というのはそれを客観的に捉えて、本当の治療やセロトニンをどうやって見かけだけでも分泌して脳内神経伝達物質を阻害し再取り込みをブロックするためにアメリカではプロザックという画期的な薬が処方されて随分になりますが、日本ではいろいろSSRIの類の薬が普及しているのですが、人によっては合わない、またこれは最低2週間くらい規則正しく服用して初めて効果が現れるという薬で、これは他の3環系の抗うつ薬でもいえることだと思います。

7年もそういう状態が続き、本当に大変な心境(人にはわからず)に苦しんでおられることとお察しします。

うつ病は必ず治る病気なのですから、もし、7年もそういう状態であれば、もしかしたら、ピンポイントで効果を発揮する薬以外を服用されているかもしれないとお察しします。

一度処方された薬を長年服用しておりますと、耐性ができ、同じ薬でも効果が身体になじみ過ぎて本来の効果はでにくいといった場合もあります。しかし、急に服用を中断すると離脱症状がでて大変苦しい思いをしないといけない結果となる場合や依存性がついてくるので、危険がともないます。

医師の中にはどんどん薬を処方して結局、増やすのは簡単ですが、減らしていくのには相当時間がかかります。

そのあたりを主治医の先生と相談されてはいかがでしょうか?

また最近になって分ってきたことですが、脳内神経伝達物質は脳の神経を次の神経に血液の流れることで、頭では分っていること、それをできるように指令するはずが、薬が神経を伝達することを阻害するため、自分でやろう!と頭では分っていながら、セロトニンが神経に再取り込みをさせてしまい、あらゆる行動ができなくなってしまう場合もあると思います。

薬は対処両方の一つに過ぎないため、なかなか薬だけでは回復できないどころか、あらゆる薬の副作用で今以上に悪化する可能性も発生するかもしれません。

一番身近でお金も時間もあまりかからない方法は、セロトニンは反復運動である程度自分の身体で増やすことができるひとつの方法として、あるく、一日少しでも外であるいてみる、それを「継続」すればご自身の本来もっている機能でセロトニンが個人差も当然ありますが、いい方法だと思います。

二つ目は、「呼吸法」です。よくお坊様が行っていらっしゃる呼吸というのは、少しでも落ち着ける場所で息をゆっくり時間をかけて吐く、要はいらない身体のなかの必要のない色々なことをゆっくりゆっくり粋を長い時間吐いて、吐いた勢いでまた大きく吸う→吐く…これを一日最低5分は毎日継続するということで若干のリラックスになり、症状がだんだんと良くなっていく場合もあると思います。ただし毎日5分を継続しなければ意味がありません。

上記の方法でうつ状態が回復するというのは個人差や病状の度合いによいちがいには言えない部分もあるかと思いますので、騙されたと思ってすこし試してみるのもひとつほ方法かと思います。ヨガもだいたい同じです。

また、感動する映画や物語をみて、悲しいシーンで思い切り泣く。といった方法もあると思います。
人間は思い切り泣くことによって神経が非常にリラックスし、リセットできる効果もあるとのことですので。笑いや瞑想も大切ですが、思い切り心のそこから自然に泣く(号泣でもいい)ことで様々な神経がリセットされて、そのあとは非常にリラックスできます。

これはあくまで個人差もあり、私は医者ではないので、詳細についてはまだ勉強しておりますが、sora177さんも一度お試しになってはいかがかと思います。

病状をお察しするに、またお礼の返事などは結構ですので、それ自体がストレスになるケースもありますので、御礼云々より上記のことを少し試してみてはいかがでしょうか?

少しでも薬以外の方法として参考にでもなれば幸いです。

遅い時間申し訳ありません。
くれぐれも頑張らないように、マイペースでできるときに何かどんなことでも結構ですので無理しない程度でやってみてはいがかでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅い時間に再度のアドバイスを有難うございます。そして、お礼の返事についてもご配慮頂き有難うございます。実は沢山の方がアドバイスをくださってとても嬉しい反面、お礼の言葉をまとめて、書いていけるか不安だったのですが、昼から気分も良くなり書くことが出来ました。
散歩はつい最近再開するようになりました。近所の目があるので、引きこもっていたのですが、そんなことを気にしているようでは治るものも治らないし、情けないと彼に叱られたために、夕方涼しくなってから行くようにしています。
休職するまでは朝は必ず散歩をしていて調子もよかったのですが、休職してから余計に悪くなった気がして仕方がありませんでした。
呼吸法や、思い切り泣くことも教えていただき有難うございます。少しずつ取り入れて見たいと思います。有難うございました。

お礼日時:2007/08/31 15:02

NO8です。

心を込めたお礼、ありがとうございました。
「リハビリのできる病院」の考え方の一例として、千葉県船橋市にある「爽風会 佐々木病院」のホームページをご覧になられることを、おすすめします。
なにか、感じるものがあるかもしれません。
「なにもできない」・・・ですか・・・、
「生きてる」じゃないですか。それだけでじゅうぶんですよ。
しかも、こんなに丁寧に、皆さんにお礼の返事ができてるじゃないですか。
わたし、書かなかったりしますもん(反省!)
180度、考え方を変えてみるのも、いいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度有難うございます。
佐々木病院のホームページ拝見しました。近くにあればすぐにでも行って見たいと思いました。
今の状況は、生きていても死んでいるみたいな日々なのですが、それでも、生きているということだけで充分なのですね。
いつも有難うございます。

お礼日時:2007/09/01 11:27

sora177さん,こんばんは。



 うつで通院,今年で5年目の者です。昨年から休職して,ついこの間復職したばかりです。

 私も休職するまで,薬で何とか治るだろうと思って勤務し続けましたが,体力的に限界が来て休職しました。1ヶ月ほどで復職するつもりが,11ヶ月休むことになりました。休み始めた当初は,ちょうど同じような状態で,ほぼ寝たきりでした。半年過ぎた頃から,ようやく昼の連続ドラマがおもしろくなってきて,10ヶ月頃に,「仕事したいな」と思うようになりました。今でも,料理に掃除は,やる気がほとんど起きないので,そのうち気が向くようになるはずだと思って,あえて「さぼっています」。

 休職する前から「うつ」を理解してくれて私を支えてくれた人は,「医者と闘病する自分自身を信じて,少しずつ治る日が近づいてくるのを一緒に待とう」,「死にたい辛さは分かる。今度死にたくなったら,呼びなさい。一緒に死のう」と,捨て身の覚悟で腹をくくっていました。包丁を首に死のうとしたときも,「一人で先に逝くのは卑怯じゃないか」と静かに包丁を片付けて,以降,そのことを責めたり,諭すことはありませんでした。

 がんばろうとして何かできないのを認めましょう。自分を許しましょう。がんばらないことをがんばりましょう。努力することがあるとしたら,昨日より今日,変化してよかったことを増やす努力でしょうか。私は,「昨日は,寝転がって天井しか見られなかったけれど,今日はカーテンを少しだけ開けて座って空を見た」ことさえ,大きな前進と思っていました。今でも,服薬の毎日ですが,完治しなくても,少しよくなったと気づけることがうれしいです。

 いつか,笑顔が戻る日が来ます。お互い,気楽にいきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスを有難うございます。
お辛い経験をされてこられたのですね。私も簡単に自殺が出来るのなら、この瞬間から居なくなれたらなぁと思ってしまったりします。でも、何もできないですし、彼が一番悲しむことなのでできないでいますが。
今日は皆さんの回答にお礼が書けるか不安でしたが、なんとか書くことが出来ました。それも一歩前進ですよね。有難うございました。

お礼日時:2007/08/31 14:55

まず、ここに相談にこれてよかったですね。


でも、できればひとりだけでこないで、彼と一緒にね!
「彼の三つの言葉」は、つらいね。
もうすこし、理解してほしいな。
彼の言葉は、重すぎる。
少し、ひどいかもしれないけど・・、「リセットボタン」を押すことが必要かとも思います。
うつは、薬を飲んで、寝て、カウンセリングをすれば治るものではありません。
リハビリが、必要です。
そういう療法を取り入れている病院に、入院されたほうがいいかもしれません。
結果的に、会社のことも、彼のことも「1からやり直し」になるかもしれませんが、このままでは「0」になってしまいますからね。
ちなみに、私の妻も「うつ」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスを有難うございます。
ここで皆様に色々ご意見をいただき本当に嬉しいです。
彼にもこの質問を見せたのですが、外野がワイワイ言ってるだけだ、と言ってとりあってくれませんでした。
入院も考えたのですが、医師からは薦められなかったので自宅療養をしています。でも、リハビリのできるような病院があったら入りたいです。奥様もよくなられるといいですね。有難うございました。

お礼日時:2007/08/31 14:49

失礼ながら、いちばんの問題点は彼氏にあると思います。


うつに理解のない人は多いのですが、ちょっと厳しい言葉ですね。

確かに経験のない人に理解できる病気ではないのですが、“理解しようとしない”というのはどうかと思います。
これは、人間性の問題です(7年も付き合っているのですからとても素敵な人なのでしょうが)。
人の恋愛に口を出したくはありませんが、このままでは治るものも治らないと思います。

復職もプレッシャーになっているかもしれませんね。
もし延ばせるのであれば、そうした方が良いと思います。

最近見つけた掲示板です。
sora177さんも書き込んでみてください。
[自分をほめる こころの掲示板 ~さあ、もっと自分をたたえよう~]
http://www.sinritest.com/web/home_bbs/home.cgi

“頑張っている自分”を、誉めてあげましょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。
彼自身は医療関係者で、うつ病でもあるのですが、考え方のしっかりした人なので、時々ついていけないことがあります。今は病気が治るまで何もしなくてよいとは言ってくれているのですが、治ってからのことを言われてしまうと、今の自分では出来ないことなので不安になってしまいます。
自分を誉めるということも最近では全然出来なくなっています。掲示板を紹介していただき有難うございました。

お礼日時:2007/08/31 14:44

彼氏の言葉が、知らず知らずのうちにプレッシャーになっているような


感じはありませんか? まだ治る見通しはたたないし、
一方で、結婚生活を始めるまでいろんな面で準備や負担が必要ですよね。
そんな気力が意欲がわかない、何をしても楽しくないときに
彼氏とはいえ何かを望まれても苦痛ではありませんか?
あなたではなく、彼氏の言葉があなたに迷惑をかけているように
私には思えてならないんです。うつ病の治療中は、
何を差し置いても休養と治療への専念が最優先です。
ポジティブになれないときに無理やりポジティブな将来を
頭に思い描こうとしても、難しいですよね。
彼氏を幸せにしたいと思えないのはそこに理由があると思います。
彼氏にはうつ病の正しい理解が必要だと思いますよ。

当面の目標として、復職に際して医師からアドバイスを
もらいに行きましょう。薬を調節してもらったり、
生活上の心構え(通勤より通院優先、短い時間の就業から始める、
残業や負荷の高い仕事は避ける、など)を聞き、
軽くウォーキングなどをして通勤だけで疲れないよう
体力をつけておくのが大事です。今の状態から通勤できるように
なれれば、それだけでも大きな関門クリアですよ。
将来のことや大きな目標を頭にいきなり思い描こうとするから
落ち込むんです。今の自分でもできることをピックアップする、
しばらくはできることの範囲をほんの少しずつでも
広げていきましょう。散歩や買い物に行くとか、
野菜の下ごしらえができるようになれたとか、
そんな些細なことでも自信がつくなら、それでいいんですよ。
今できることから、始めてみませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスを有難うございます。
やはり私にとって彼からの言葉はプレッシャーになっています。彼は医療関係者で充分な知識を持っており、あえて辛口なことを言ったりするのですが、今の私にはプレッシャーでしかなくて辛いことも多いです。
少しずつすればよいことを、一度にしようとためこんだりすることも良くないのだと思います。まずは散歩から初めて、できることを少しずつ始めてみようかと思います。有難うございました。

お礼日時:2007/08/31 14:40

私もうつ病歴7年目です。


抗鬱薬は色々試してみましたか?SSRI, SNRIだけしか飲んだことがなければ、三環系、四環系も試して見ましょう。
三環系+リーマスと言うのも、私にはかなり効きました。

でも一番効いたのは、mECT(修正型電気痙攣療法)です。
40日ぐらい入院して、全身麻酔下でこめかみにつけた電極から電流を流し脳を感電させます。

有効率80~90%と高い値ですが、欠点として再発率も高いです。
私も再発しました。再発しても一度効いた人にはほとんど2回目にも効きます。私も今まで2回施術してもらいました。

再発する前に定期的にmECTをかけるmECT維持療法というものもあります。
この入院は1週間程度で済みます。

「考え方を変える」と言うのは、認知療法ですね。
こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82 …
が読みやすいです。

他に大著ですが
いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%88%E5%A2%97%E8%A3 …
も、良いと思います。

考え方を変えるというより事象に対する「受け止め方」を改善しようと言うアプローチです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じですね。7年も経ってしまいました。
アドバイス有難うございます。色々試されたのですね。すごいです。
今は、トレドミンとアモキサンとレスリン、デパス、ユーロジンを処方されています。
認知療法の良い本を紹介してくださって有難うございます。ただ、今は読書の集中力が無いので読めるようになったら読んでみたいと思います。
お互い寛解できますように願っています。有難うございました。

お礼日時:2007/08/30 22:19

こんにちは。



つきあっていた彼女が鬱に⇒激しい闘病⇒全快&復職
来月結婚します。

彼女の闘病中は言われるように、まったく何もする気力がなく
毎日泣いているだけの日々でした。
当時を振り返って彼女が言うには「いつ自分から別れを切り出そうか」
をしょっちゅう考えていたそうです。

ただ、1つだけ夢はずっと持ち続けていたそうで、それは私と結婚するという夢だそうです。
その夢は彼女が崩れそうになるのを常に支えたそうです。
また、彼女はお母さんと私といるときだけは心からリラックスできたため
私もお母さんも私生活を投げ打って彼女を支えてきました。

そんなリラックスする日々を過ごすうちに、気持ちが楽になり
明るくなり始め、ケーキを食べにでかけたい、など意欲がでてきたそうです。

soraさんも今は仕事は辞めて、とにかくリラックスし続けてみては
いかがでしょうか?家事もやることないです。
迷惑をかけている、、などとは考えなくてもいいのでは?
彼が大丈夫というのであれば思いっきり甘えてください!
それを支えられない彼なら心配ですよ~

朝の来ない夜はありません。
希望を1つでいいから持って、リラックスした日々を過ごしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずはご結婚おめでとうございます。
彼女を支えてこられた方のアドバイス、ありがたかったです。
私の希望は何でしょう・・・今は彼と結婚することでも無いのです(泣)仕事も辞めてしまいたいのですが、身寄りが無いので生きていけなくなっちゃいます。彼と一緒にいるときに心からリラックスできればいいのですが、家事ができないことがネックになってしまって、つい自分を責めてしまいます。
でも、いつか朝がくると信じてリラックスしていきたいと思います。
アドバイス有難うございました。どうぞお幸せに。

お礼日時:2007/08/30 21:27

こんにちは。

カテゴリ以外だったのですが、一つでも参考材料の一つにでもなれば幸いです。

また、回答とは言え、ご病状の性質から「こうなければいけない!」的なことは一切書きませんので、ご安心下さい。

もしかしてsora177さんも医師にご相談され治療中ということで、勝手なことは言えませんのでご了承下さい。

うつ病(またうつ状態)など、は経験したこともない方には当然sora177さんの気持ちはなかなか理解してもらえない側面があり、中でも一番怖いのは「気の持ち方だ」とか「さぼってんじゃやないか」と思われることが一番辛いものだと思います。「頑張れ!」と言われても、頑張り過ぎた結果、こういう状態になっていると思います。

治る、治らないということなどご自身が仮に分っていらっしゃればどんなに楽なことでしょう。

治療方法の指摘をしているのではないのですが、投薬。精神療法、行動療法などあると思いますが、いずれにしても、その時の苦しさを一時的に緩和しているので、辛い毎日かと思いますが、できることが出来なくなっている辛さなどが元も苦痛なことかなと思います。

いずれにしても、主治医の方をお会いになるときに家族と同席してもらい、理解をしてもらうとい方法もあるかと思います。

決して焦らないことと、相対的に自分と比べないこと…こいう状況の中で、少しでも若干調子のいいときに簡単な出来ることひとつでもいいと思いますので、それが何であっても構わないので、あまり先のことは極力考えず、今できること…をどんな簡単なことでも構わないとおもいますので、少しずつ、少しずつ、自分の成功感を積み上げて行く内に「できた」ということが自信につながると思います。

でも頑張りすぎてもいけないと思います。一つ一つ…できないことはあできないから仕方がないと割り切って、頑張らない、ほどに物事を淡々とできることからしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思いやりのあるアドバイスを有難うございます。
実は家族はいないので、一人で通院しています。
ご指摘のとおり、相対的に自分と比べてしまって、以前なら簡単に出来たことが、全く手につかず辛い日々が続いています。でも、比べちゃいけないんですね。
一つ一つ、一歩一歩、淡々と出来ることを積み重ねる、そういうようになりたいです。有難うございました。

お礼日時:2007/08/30 21:02

医師に相談するのが一番良いでしょう。



うつ病とは、考え方の問題ではありません。
脳の神経細胞と、セロトニンの関係で
マイナス思考しかできなくなる、脳の病気です。
薬物は、脳内の神経物質のバランスを調節するためです。

あとは、どんなにつらくても朝の日を浴びる、
夜は早めに部屋を暗くする。
精神状態はともかく、体内時計を正常な位置に戻しましょう。

7年も治療を受けていて、未だに治らないのなら
セカンドオピニオンをしてみては?
他の医師に相談してみるのもよいでしょう。

考え方を変える、物事の受け取り方を変える、そういった
ことになると、精神科医よりも精神療法や心理療法士の
分野のほうが得意でしょう。医師に相談して、そういった
機関に通えないか相談してみてはいかがでしょうか。
自分で探すよりも、医師の紹介状を持って行った方が良いです。

彼とのことは、もちろん心配でしょうが
まずは「待っている」というのを信じて、
治療に専念しましょう。

「できなかったカウント」はもうやめましょう。減らしましょう。
「できたカウント」を心がけましょう。
どんな些細なことでもいいから、できたことを見つけましょう。

今日は、ここに相談しに来れましたね。
お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐにアドバイスをしてくださって有難うございます。
医者は、1ヶ月前に変わって今は毎週通院しています。
今出来ていることといえば、毎週通院できているということでしょうか。そして、今日ここで皆様にアドバイスをいただけたことは、最近にない感動でした。有難うございました。

お礼日時:2007/08/30 20:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病が治るきっかけってありましたか?経験者の方のお話聞きたいです!

友達にうつ病の人がいるのですが、もう1年半くらいになるのですが、なかなか治りません。。。少し元気になったかと思っても、またすぐに落ち込んでしまったり。。。何かきっかけがあれば治ると、うつ病経験者の知り合いが言っていました。何かきっかけがあって、パッてよくなるものなのか、それともジワジワ治っていくのかとか、私には全くわかりません。経験者の方の、これがきっかけでうつ病に勝った等のお話を聞かせてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試しましたが、光療法が少し睡眠を楽にしてくれました。
下記のサイトにいろいろと情報が出ております。うつ病のかたが
実際に光療法をやられた結果がでているので参考になります。
効果はいろいろみたいですが。

http://sleep.lighttherapy.jp/
http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

でも、私の場合、浮き沈みの激しいうつ病の回復時期に、
散歩と併せて光療法行うことによって、徐々に生活リズムを
整えることができたと実感しています。調子が良い時に
使用するとさらに調子が良くなる感じでした。

少しでも参考になれば。

参考URL:http://sleep.lighttherapy.jp/,http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試し...続きを読む

Qうつ病者です。1日の過ごし方について。

今年5月にうつ病を発症し現在3ヶ月目です。
発症と同時に自分で精神科を受診し、
現在薬物療法による治療を受けています。
会社は現在無期限休職中です。

薬物療法のおかげで、当初あったイライラや
抑うつ気分、不安感などは大分よくなり、
日中はすっきりとした気分で生活できる日も
増えてきました。

しかし、症状がある程度改善したものの、
依然として意欲、精神活動(思考力・集中力など)が
減退していて、何をやっても楽しめず、何かやろうと
しても手に付かず、結局ぼーっとつまらないTVを見て
すごしたり、面白くない本を読んだりしてなんとか
1日1日、時間を潰して生活しています。

とにかく暇で途方にくれてしまうのです。
医者に相談しても、生活面で何をするかは自分で考えなさいと
いわれるばかりで何らアドバイスをもらえません。

他のうつ病者の方はどのような生活を送っているのでしょうか。
また経験を問わず、うつ病者の1日の過ごし方について、
アドバイスを頂けるとうれしいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

元うつ病患者です。今は寛解(完治)しました。
生活面でアドバイスをくれないのは困りますよね。
やったほうがいいこと・避けるべきこともあり、
特に避けるべきことについては医師からアドバイスが
あってほしいものですが……。

私が休んでいた時期の一日のタイムスケジュールを紹介します。
通院がある日は、午前中~15時ごろまで通院で時間がつぶれます。
●7:30までに、どんなに寝起きが悪くても起きる。
 体内時計がズレると症状(日内変動)がよくならないため。
●8:00~ 朝食、部屋の空気を入れ替える、
 しばらくテレビを見る、新聞を読むなど
●11:00~ 休む前にたまっていた物の確認&整理、掃除
 (ビデオ、読んでいなかった本、片付けなど。
 症状がひどいときは部屋が荒れ放題だった……)
●12:00~13:00 昼食
●13:00~ 外出。症状がひどかったときは30分間散歩。
 回復期は1時間以上近所をウォーキング、または自転車で遠出。
 行き先はほかにも社会保険事務所、図書館、海岸、スーパーなど。
 近所への外出から始め、調子が良ければ外出範囲を広げる。
●15:00~(回復期は17:00~)
 読書、片付けの続きなどの雑務、夕食の準備など
●18:00~ 夕食、後片付け、入浴、テレビや音楽鑑賞、
 読書、ネットサーフィン(うつの治療法、回復したらやりたいことの
 情報収集、完治直前は就職情報や旅行の予約など)
●12:00~12:30 就寝(体内時計を乱さないよう時間を守る)

・外出は、復職を念頭に少しずつ体力を作るのと、
 体内時計のリズムキープのため太陽の光を浴び、
 夜寝つきが良くなるよう体を動かすため
 体を動かし過ぎると肉体的な疲れから落ち込みが出るので
 激しいスポーツはあまりしない。
・規則正しい生活を送ることで、日内変動をおさえる
・やりたくないときは無理をしない。
 やるときは焦ったり詰め込んだりしない。
 病気だからできなくて当たり前(←開き直りは大事)
 少しずつ行動範囲、行動のレベルを上げるのが肝心なポイント。
・回復期は一日中外出したり、集中力が切れても
 とりあえずやりたい勉強の本をながめていました。
 頭に入らなくても、毎日繰り返して読めば少しは頭に入れば
 それでいいと思ったからです。
・気が滅入りそうな本やテレビはあえて見ない。
・旅行は環境が変わることが悪い意味での刺激になるので、
 医師のGOサインが出てからにする。

ご参考になれば幸いです。おわかりにならない点があれば
どんなことでもおたずねください。

元うつ病患者です。今は寛解(完治)しました。
生活面でアドバイスをくれないのは困りますよね。
やったほうがいいこと・避けるべきこともあり、
特に避けるべきことについては医師からアドバイスが
あってほしいものですが……。

私が休んでいた時期の一日のタイムスケジュールを紹介します。
通院がある日は、午前中~15時ごろまで通院で時間がつぶれます。
●7:30までに、どんなに寝起きが悪くても起きる。
 体内時計がズレると症状(日内変動)がよくならないため。
●8:00~ 朝食、部屋の空気を...続きを読む

Qうつ病が良くなってきたと思っていたのに激しい不安感が襲ってきます。

うつ病が良くなってきたと思っていたのに激しい不安感が襲ってきます。

一年近くうつ病で通院しています。3ヶ月ほど前にうつ病からうつ状態に回復してきたといわれました。ここ1、2ヶ月は自分でもやっと感じられるほど気持ちは楽になっていました。

でも昨日あたりから急に心臓がバクバクし、心がざわざわして、何か悪いことがおきるのでは、こうやって病気で何もしなかった1、2年のせいでもう将来は絶望的、貧乏になって大変なことになる、こんなことはしていられない、などという思いが頭の中をぐるぐる回っています。
とてもしんどいです。
この考えが「事実」「真実」にも思え、自分がだめになっていくような不安、もう一生はいあがれないという不安、そして絶望感でいっぱいになります。

これがうつ病というものなのでしょうか。
それとも、やはり40代になってうつを発症したことで将来は暗いのはあきらめなければいけないのでしょうか。

ほんの少し前は
まあなんとかなるよ、きっと、と思えていたのに。
貯金を切り崩していても、まだ大丈夫、またしっかり働いて稼げるようになればいいんだからって思えたときもあったのに。

果てしない恐怖と将来への希望を持てない感情に戻ってしまいました。

私はまだよくなっていないのでしょうか。
どうしたらまた「大丈夫」と思えるようになるのでしょうか。

うつ病が良くなってきたと思っていたのに激しい不安感が襲ってきます。

一年近くうつ病で通院しています。3ヶ月ほど前にうつ病からうつ状態に回復してきたといわれました。ここ1、2ヶ月は自分でもやっと感じられるほど気持ちは楽になっていました。

でも昨日あたりから急に心臓がバクバクし、心がざわざわして、何か悪いことがおきるのでは、こうやって病気で何もしなかった1、2年のせいでもう将来は絶望的、貧乏になって大変なことになる、こんなことはしていられない、などという思いが頭の中をぐるぐる...続きを読む

Aベストアンサー

うつ病の治療を8年ほど続けています。

うつで前の仕事を辞めてから3年経ち、最近やっとアルバイト始めました。

私は一進一退しながら徐々に良くなってきました。
少し楽になったと思ったらまた悪くなって、ちょっと動けるようになったらエネルギー使い果たして…を繰り返してました。
トンネルを抜けたと思ったら、また出口の見えないトンネル…みたいな感じです。

最初のころはうつになる度に、このままやったらどうしよう、なんとかせんな、と思って余計しんどくなってたと思います。

そのうちに、気分の調子に波があることに気づき、悪くなったときでも、「今はうつで不安で辛いけど、また良くなるときが来るだろう」と思うようになりました。
不安やざわざわ感が戻ってきたときは、本格的なうつになる前のサインだと思って、無理せず、しんどくて動けない自分を許すようにこころがけました。
今はうつでええねん!しんどい時期やから動けへんでも仕方ないねん!という開き直りですかねえ。

それと薬の調整です。
気分の調子が少しでも優れないと思ったら主治医に相談し、必要であれば、薬の種類や量を調節してもらいました。

そんなんでやっとここまで…という状況です。

うつの回復には個人差があります。
必ず良くなるといわれてますが、再発の可能性もあります。
私自身、今はよくても、またうつになったら…という不安はいつもあります。

ご質問者さまも回復の途中で、将来への不安や焦る気持ちもあると思います。
でも、今が休みどころだと思います。
ここでがんばってしまうと、うつの症状がかえって悪化するかもしれません。

主治医の先生にもよく相談し、薬の調整もしてもらってください。

お互い、うつの波とうまく付き合っていけたらいいな…と思います。

大丈夫です!
明るい将来が待っています!!
ただ、そこにたどり着くまでに多少時間がかかるだけです。

ご質問者さまのペースで、今はゆっくりなさってください。
いつかまた、うつな気分は軽くなりますよ。

うつ病の治療を8年ほど続けています。

うつで前の仕事を辞めてから3年経ち、最近やっとアルバイト始めました。

私は一進一退しながら徐々に良くなってきました。
少し楽になったと思ったらまた悪くなって、ちょっと動けるようになったらエネルギー使い果たして…を繰り返してました。
トンネルを抜けたと思ったら、また出口の見えないトンネル…みたいな感じです。

最初のころはうつになる度に、このままやったらどうしよう、なんとかせんな、と思って余計しんどくなってたと思います。

そのうちに...続きを読む

Qうつ病の入院する目安は・・・

うつ病の入院する目安は・・・

 
 うつ病で入院した事がある方、詳しい方のみ回答お願いします。

うつ病で入院する目安は、どのぐらいでしょうか?入院した事のある方は、その間どんな治療をしたか、どんな生活を送っていましたか?

 
  うつ病になって、2年になります。通院していますが、薬が効いているのかわかりません。人にイライラしだすと、止まらなくなる事があります。食事は自分で作れないので最低限だけは食べています。

 家事はできる日もありますが、できない日が多いです。1度入院した方がいいと、私の母はいうのですが、何の知識もなく言っています。

 医者に入院したいと言ってできるものですか?一人寝ていれば、心穏やかに過ごせる日も多いです。

  
  うつで、入院された方の実体験など、どのぐらいの症状で入院になるかなど教えてください。

Aベストアンサー

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者ですね)。
任意入院は本人の希望で行われる入院です。

私の場合は任意入院でした。理由は家族を攻撃(言葉の暴力とか)して家庭を壊しかねない
状況とちょっと深刻な身体状況であったため。

医師に相談してみてください。医師があなたの考えや判断に一理あると思えば
入院する病院を探してベットを確保してくれるはずです。
任意入院は入院するのも任意であれば退院するのも任意で行うことができます。
医師の判断なく、退院しますと言って退院することが可能です(わたしがそうでした)。

入院生活は規則正しい生活というのがもっとも合う表現です。
どんなに体がきつくても眠くても食事の時は起きて食べないといけないし、薬も飲むまでしっかり
チェックされる。持ち物も普通の入院以上に規制される(自殺の危険性などを考慮して)。
他の患者もいるのでそちらの方面でイライラすることもある。
医師は思いの外何もしてくれない(状況観察が大切なので)。
私の経験では返って疲れましたね。廊下に鳴り響くTVの音や、同室の患者の症状など。
何かを期待し求めるならきっとそれは肩すかしを食らったように感じると思います。

入院期間は人それぞれです。任意入院は特に。私など2週間で退院しました。
意味がないと思ったので。
それでもやってみるのも悪くないと思いますよ。冒頭に書いたように、今の状況を打開
するにはなにかを試し続け、自分の固まった思考や発想を変えていく必要があるのですから。
何か聞きたいことがあれば質問をください。
答えられる限り、経験からお返事します。

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者...続きを読む

Qうつ病で休職し,復職を成功された人に聞きたいです。

うつ病により6ヶ月間休職しています。調子もよくなり,1月からリハビリ出社(半日勤務,職務内容調整等)を開始しようと思っていますが,過去2回復職に失敗したこともあり,復職についてとても不安になっています。復職時のポイント,復職後の悩み,解決策等があれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

こんばんわ。
2年の休職後、復職して一年3ヶ月が過ぎたものです。

まず、お勧めのHPがあります。
特に復職のところはよく読んでみるといいかと思います。
http://watchan.net/health/

「うつ」からの社会復帰ガイド(岩波アクティブ新書)という本がお勧めです。
再発しないよう、また、復職に成功するためのノウハウが詰まっています。NHKでも取り上げられていました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4007001154/qid%3D1134042236/250-7525540-7993048

以下長文になってしまってごめんなさい。

・復職時のポイント
復職を焦らないこと。
薬は医者の指示通り飲むこと。勝手な断薬はNG。今までと違い働くわけだから、むしろ薬は必要。
病院にきちんと通うこと。

今まで例えば残業やノルマのある部署だったなど、鬱の原因が職場環境にあると思われる場合、人事などに配置転換を申し出ること。
定時で帰れて、ノルマのない、バックオフィス的な部署に配置転換されれば、復職しやすいです。
以前の部署に戻るのと違い、周りが休んでいたときの自分を知らないので、あれこれ言われる事もありません。

きちんと寝て、毎日遅刻早退欠勤せず会社に行くこと。
復職後しばらくは仕事最優先だから、プライベートはないに等しいです。
でも、復職したいなら、勤怠を一番に考えること。

出世した同僚など、周りと自分を比べないこと。

・復職後の悩み、解決策
病気のことに触れてきたり、無神経なことを言ってくる人がいる。→家族や医者に悩みを聞いてもらう。

体力、頭の回転がきつい 仕事がはかどらない→徐々に慣れます。

人間関係が一番つらかった→苦しいけどこれも慣れ。自分なりのストレス発散法を身につければ、徐々に耐性がついてきます。  

こんばんわ。
2年の休職後、復職して一年3ヶ月が過ぎたものです。

まず、お勧めのHPがあります。
特に復職のところはよく読んでみるといいかと思います。
http://watchan.net/health/

「うつ」からの社会復帰ガイド(岩波アクティブ新書)という本がお勧めです。
再発しないよう、また、復職に成功するためのノウハウが詰まっています。NHKでも取り上げられていました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4007001154/qid%3D1134042236/250-7525540-7993048

以下長文になってしまってごめん...続きを読む

Q「うつ」と「甘え」の違いがわからない(長文です)

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し...続きを読む

Aベストアンサー

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学...続きを読む

Qうつ病1年、本気で死にたいと思ってしまいます。

うつ病1年、本気で死にたいと思ってしまいます。

うつ病を治療して1年、波があるものの良くなっていると思っていました。でもここ数週間、かなり気持ちが落ちて、最近うつになって初めて本気で消えたい、死にたいと思うようになりました。もう無理だと、もう抱えきれない、そんな気持ちでいっぱいです。

自責の念、自己否定、罪悪感、将来の絶望、不安、すべての選択が間違っていたという取り返しのつかないことへの果てしない後悔(離婚や海外から戻ってきたこと、その他すべての決断です)。そんなものとずっと一緒でした。
臨床心理士のカウンセリングでは認知の歪み、必要のない罪悪感、両親の不仲、父親のDV(包丁をふりまわすなど)のトラウマなどが問題とされました。見える世界が変わる日がきますーそういわれて今までやってきました。

でも突然、もう無理だ。こんな思いを抱えてこれ以上生きていけない。もう解放されたい、その気持ちだけがあふれてきます。今までは息子のことを考えて死ぬことは考えなかったのに、今は消えたい、目が覚めなければいいのにと思いながらベッドに入り、朝が来ると絶望感でいっぱいになります。そしてどうすれば楽になれるのかということばかり考えます。

月二回診察をしてもらっている精神科医から診察のとき言われました。
「幸せになるためにがんばってきた。幸せになりたくて離婚した。幸せになりたくて勉強してきた。でも何も私の手にない。」と言ったときに
「幸せなになるために離婚などしない」「あなたは離婚はステップだと思っているけれど、離婚は”結婚に失敗したのだ”と認めるべき。そして離婚によって傷ついた自分も認めて癒してあげるべき」と。

この日、私ははじめて診察で涙を流しました。「失敗した人間」そんな思いでみじめでした。
医師はいろいろフォローしてくれたけれど、頭に入らなかった。

別れて5年になります。確かにいまだに息子のためには悪いことをしたのか、がまんすればよかったのかとぐるぐる頭を回りますが、でも負けたくなかった。離婚したけれど、代わりに違うものを努力して手にいれ、息子と幸せになろうと死ぬ気で頑張ってきました。
仕事も勉強も研究も必死でやってきました。でもそれによって手に入るはずのものがなかったんです。医師はそんなにたくさんのものを手に入れなくてもなにかひとつでもいいじゃないかといいます。でもどうしてもその考え方に行けない、
そしてそれができない以上、うつも治らない気がするんです。

もうつかれました。
元夫とは息子はたまに会っています。経済的にも社会的にも安定している父親のところでなら、私がいなくなっても結果幸せに息子は暮らせるかもしれない、そう思ってしまいます。

これからの日々、もうこんなしんどい思いを抱えて生きる自信がありません。
いずれ治るといわれても、明日、あさって、がつらいです。
うつ病の治った人の話はよく聞くけれど、治らず命を絶つ人もいるんですよね。
でもその人たちの話は表に出ない。

それでも治ると信じて、毎日地獄への坂道を一段ずつ下ってるような気がしても生きて行くしかないのでしょうか。

うつ病1年、本気で死にたいと思ってしまいます。

うつ病を治療して1年、波があるものの良くなっていると思っていました。でもここ数週間、かなり気持ちが落ちて、最近うつになって初めて本気で消えたい、死にたいと思うようになりました。もう無理だと、もう抱えきれない、そんな気持ちでいっぱいです。

自責の念、自己否定、罪悪感、将来の絶望、不安、すべての選択が間違っていたという取り返しのつかないことへの果てしない後悔(離婚や海外から戻ってきたこと、その他すべての決断です)。そんなものとず...続きを読む

Aベストアンサー

私はうつ歴7年、自殺未遂1回、三度入退院をし、
臨床心理士によるカウンセリングを受けて、
ようやく長いトンネルの出口が見えかかっています。

死んでしまいたいという気持ちは、私は良く分かります。
うつになって4年目に失業し、早く仕事を探さねばと追い込んでいきました。不況の折、年齢制限もあり、求人などありません。
ハローワークに通うのに疲れ、ある時・・・・・
未遂で終わり、病院に運ばれました。

投薬と認知行動療法で、うまくいって3ヶ月から1年で寛解が期待できますが、
薬も種類がいろいろとあり、その人に合った薬を探し出すのは難しいんです。

坑うつ薬は3ヶ月経たないと効果が出ているかどうか分からないので、
効果がない場合は別の坑うつ薬に切り替えます。

でも、以前の坑うつ薬を減薬させながら、次の薬を試し、
3ヶ月様子を診ます。その繰り返しです。

私はジェイゾロフト(SSRI)に替えてから2年ほどで驚くほど快方に向かいました。


うつは頑張り過ぎて、心のバッテリーが無くなっている状態です。
だから動いたりやる気が出なかったり、マイナスな事考えます。
仕方がないんですよ。

車だってバッテリーが切れていたら、エンジンすらかからないでしょう?

今はまだ投薬とともに休息休養して、こころのバッテリーを充電させるときですよ?

身体のバッテリー切れは、一晩寝たら充電完了ですけど、
こころのバッテリーの充電にはとんでもなく時間がかかります。

なので、まだ無理しないでくださいね。

認知行動療法は、症状が安定してから行なうものです。
うつ最盛期では、考えたり、まとめたりするのが困難だからです。

カウンセリングは様々な方法がありますが、
患者は自分のことを話し、精神科医や臨床心理士はただ聞いているだけです。

やがて話すことが無くなったときに、こころの奥底にある本音がポツリと出てきます。
その時をカウンセラーは待っています。でもまだ何もしません。

ようは、カウンセラーを鏡にして、自己分析していくんです。

問題の核心を見分けられた時点で初めて、
カウンセラーは違う考え方や方向性をアドバイスしてくれます。

これもうつの症状が安定してから行なうものですよ?

病院を選び間違えたかな?
ゆくゆくは患者が主体的に治療に加わることになります。
主治医と二人三脚になるので、主治医との相性は大切な要素です。

もし相性が合わないなら、主治医を替えてもらうか、転院されてください。
これは患者の権利なので遠慮しないでくださいね。

あなたはよく自己分析されているではありませんか。

>でも負けたくなかった。離婚したけれど、代わりに違うものを努力して手にいれ、息子と幸せになろうと死ぬ気で頑張ってきました。
仕事も勉強も研究も必死でやってきました。

がんばりすぎたんだよ。

>医師はそんなにたくさんのものを手に入れなくてもなにかひとつでもいいじゃないかといいます。でもどうしてもその考え方に行けない、
そしてそれができない以上、うつも治らない気がするんです。
 
その通りだよ。
うつ治療は波があるから患者も辛いし、積極的になれないの。

だから、今はゆっくりこころのバッテリーを充電させてくださいナ。

どんな小さなことでも、出来たらそれを喜びとする
その積み重ねでいいんだよ。

時の流れに身を任せなければいけないときもありますよ?

うつは治る病気です。私も7年かかってやっと出口が見えているような気がします。

決して早く直そうと焦らないでくださいね。

下がるところまで下がってしまえば、後は上がるだけです。
停滞しているように思えたり、良くなったのにまた下がるなんて良くあることですよ。

私は主治医から言われました。
「うつというのは、それまでの自分を見直して、生き方を変えるチャンスなんだよ」と。

そう、耐えられなくなって発症したのがうつなので、
若いときみたいにガンガン行かないで、少しペースを落としなさいという信号なのだと。

うつが治って、また同じ事をしたら、うつが再びやってきます。
うつは繰り返すほど治りが遅くなるといわれています。

うつはいつかきっと治ります。そう信じて数多の困難を7年間潜り抜けてきました。

うつは治るから、それを信じて、一緒に歩んで行きませんか?

                 ベテラン(?)うつ患者より。
追伸
読むと少し心が晴れるかも。

「こころのくすり箱」⇒ http://utsu.jp
「臨床心理士のHP」⇒ http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/iyasi/index.html

私はうつ歴7年、自殺未遂1回、三度入退院をし、
臨床心理士によるカウンセリングを受けて、
ようやく長いトンネルの出口が見えかかっています。

死んでしまいたいという気持ちは、私は良く分かります。
うつになって4年目に失業し、早く仕事を探さねばと追い込んでいきました。不況の折、年齢制限もあり、求人などありません。
ハローワークに通うのに疲れ、ある時・・・・・
未遂で終わり、病院に運ばれました。

投薬と認知行動療法で、うまくいって3ヶ月から1年で寛解が期待できますが、
薬も種類がいろ...続きを読む

Q母がうつ病で私ももう限界です。

母は10年来のうつ病です。娘の私と二人暮らしです。
うつ病を乗り切るのにどう考えていったらよいのでしょうか。

大きなきっかけは父の借金で、H14年頃から心療内科にかかり、内服を継続しています。父は5年前に亡くなり、相続放棄したため現在借金はありません。母は現在無職ですが、昨年、障害年金申請しそれによる収入はあります。
障害年金申請前から、今後生活していくための経済的な不安がきっかけで、1年に2回、1回約2か月のうつ状態を繰り返していました。うつ状態になると、何に対しても意欲がなくなり一日中寝たり起きたりの繰り返しで、家事はもちろん、入浴や洗顔なども数週間できない状態が続きます。食事はかろうじて私の用意したものを食べます。朝からビールを何缶も飲むときもあります。うつ状態になると、かかりつけの診療内科に連れて行き、点滴治療を毎日数週間継続します。その間、私は何日も仕事を休まなければなりません。母が「休んでほしい」と言い、病院への通院もあるからです。幸い、職場の上司はこの状況を理解してくれているため、休ませてくれますが・・・。昨年からは、通院治療も困難な時があり、訪問看護による自宅での点滴治療も実施しています。
うつ状態は2か月ほどで回復するのですが、調子が良くなると正反対に家事はもちろんすべてこなし、外出が増えます。躁鬱病かと思い、主治医に数回相談しましたが、躁状態には達していないとの判断でうつ病となっています。おそらく、回復した状態でいろいろやりすぎて、それが充電切れのようになり、うつ状態をまた引き起こすのだと思います。
このように、うつ状態と回復状態を繰り返しています。2人暮らしで周りには頼れる親戚などもいません。一人でいるのが辛く、そばにいてほしいのはわかりますが、うつ状態になるたびに私は毎回仕事を長期にわたり欠勤しなければならず、精神的にもかなり負担となっています。入院治療も考え、主治医にも相談しましたが(かかりつけの病院は入院設備なし)、自殺未遂などの行為がなければすぐに入院することは不可能と言われました。確かに、母は「死にたい」とは言っても実際に自殺行為はしません。
1年に2回ほどやってくるうつ状態のたびに、私も精神的に限界となります。
こうやって繰り返していくしかないのでしょうか?入院治療がベストなのでしょうか?そうならどうやったら入院できますか?
脈絡のない文章で申し訳ありません。アドバイスなど頂けたら嬉しいです。

母は10年来のうつ病です。娘の私と二人暮らしです。
うつ病を乗り切るのにどう考えていったらよいのでしょうか。

大きなきっかけは父の借金で、H14年頃から心療内科にかかり、内服を継続しています。父は5年前に亡くなり、相続放棄したため現在借金はありません。母は現在無職ですが、昨年、障害年金申請しそれによる収入はあります。
障害年金申請前から、今後生活していくための経済的な不安がきっかけで、1年に2回、1回約2か月のうつ状態を繰り返していました。うつ状態になると、何に対しても意欲がなくなり...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんの鬱10年。お父さんが亡くなって2人きりで5年。長かったですね。心労お察しします。

今まではあなたの気力も体力も現状を許せて来たのでしょうが、あなたが限界を感じるようになったのですから、そろそろ考え直す時期なのだと思います。人のお世話は進んで出来る内は看病ですが、負担になった時から犠牲になってしまいます。

入院治療に対しても罪悪感を持たずに検討する価値はあると思いますが、実際自殺未遂がない方や生活保護を受けていない方、身寄りのある方には急な任意入院・強制入院を受け入れない所が多いのは事実です。ただ起き上がれず風呂にも入れないということですから、生活改善の為の入院治療を申し出ることは出来ると思います。「急」でなければ入院治療が出来ない訳ではないということです。

かかりつけの病院だけに相談するのではなく、色々な病院をネットで調べ、あなたの状況に親身になってくれる場所を電話や訪問で探し、初診を受けてみることをお奨めします。どうしても急な入院が必要なら大学病院にベッドの空きがあることもありますから、諦めずに受診することも必要かとも思います。問い合わせ、受診の際はあなたの心身の状況も同時に伝え、相談することです。

本来お母さんに子供がいない場合は年金と引き換えに通院、入院治療を行政と病院が検討するはずだと思いますが、鬱症状が年に二回と回復が見られるようですから、御自分での通院も可能なのではとも思います。あなたに一緒にいて欲しい気持ちは理解しますが、あなたにはあなたの人生があるのですし、鬱だからといって通院に常に付き添いが必要だと私は思いません。一人で鬱と戦っている方は沢山いらっしゃいますし、掛かり付けの医者の言う躁状態に達していないという見解も他の医師の見解は異なるかも知れず、まだやることは残っていると思います。

お母さん1人での通院が目標であること、当人に要治療の意識を持ってもらいたい旨や生活改善、躁鬱の可能性等を迷わず他の医師にも相談することだと思います。医師と母親との関係を治療に際し構築してくれる医師を探すことです。「うつ病を乗り切るのにどう考えていったらよいのでしょうか」という質問をあなたではなく、お母さん本人に問うてもらうことが大切だと私は思います。

あなたが罪悪感を持ちながら、それでも自分まで潰れてしまわないよう気を張っていらっしゃることは良くわかります。母親は母親ですから見捨てろと言っているわけではなく、あなたの人生も犠牲にしてしまわないように上手くバランスを取る努力をするという提案です。あなたが体調を崩したら今のままではお母さんを病院に連れて行く人がいなくなってしまいますから、お母さんが御自分の鬱と向き合い、完治までの治療を御自分で責任を持ってされることを促すことが適切と考えます。

鬱になってから病院を探すのではなく、お母さんの調子が良い時に相談出来る場所を探すことだと思いますから、入院治療で骨組みを作り、後々のことは医師と相談しながら上手くあなたの生活をも守れると良いと思います。諦めず頑張って下さいね。応援しています。

お母さんの鬱10年。お父さんが亡くなって2人きりで5年。長かったですね。心労お察しします。

今まではあなたの気力も体力も現状を許せて来たのでしょうが、あなたが限界を感じるようになったのですから、そろそろ考え直す時期なのだと思います。人のお世話は進んで出来る内は看病ですが、負担になった時から犠牲になってしまいます。

入院治療に対しても罪悪感を持たずに検討する価値はあると思いますが、実際自殺未遂がない方や生活保護を受けていない方、身寄りのある方には急な任意入院・強制入院を受け...続きを読む

Qじっとしていられないうつ状態の人はいますか?

現在、メンタルクリニックに通院して約5ヶ月たちます。

直接の原因は夫の浮気ですが、大学時代、社会人の頃と何度かうつ状態のときがありました。
でも、当時はうつだとは、気づきませんでした。

通院の最初の頃は、ひどく傷ついた・眠れない・食欲がない・何もやる気が起きず疲れがひどい、
といった状態でした。

薬のおかげで、心の傷は多少薄れましたが、また新たに傷つけられ、今は一日中気分が沈んでいます。
必要最小限の外出しかできません。

家にいる時間が長いのですが、疲れているのにじっとしていられません。
家の中をうろうろしたり、突然模様替えをしたり、一日中PCに向かっています。

ゆっくりと休養がとれないのです。
将来に対する不安が強く、もう自分の人生は終わりだと感じます。

また、お酒を飲まないと睡眠導入剤だけでは眠れません。
うまく寝つけても最近は、夜中1時~3時におきてしまい、それからずっと眠りたいけど眠れません。

通院は2週間に1度ですが、その間どうしようもないくらい、ひどく落ち込む状態が何度もあります。

今は基本的には一人で生活していますが、実家の母親が来てくれたので、多少安心しています。
でも、一日のほとんどの時間、自室にこもっています。
しかも、横になったりはできないです。
TVも活字も読む気が起きず、でもゆっくりできません。

じっとしていられないうつ状態の症状って何なのでしょうか?

現在、メンタルクリニックに通院して約5ヶ月たちます。

直接の原因は夫の浮気ですが、大学時代、社会人の頃と何度かうつ状態のときがありました。
でも、当時はうつだとは、気づきませんでした。

通院の最初の頃は、ひどく傷ついた・眠れない・食欲がない・何もやる気が起きず疲れがひどい、
といった状態でした。

薬のおかげで、心の傷は多少薄れましたが、また新たに傷つけられ、今は一日中気分が沈んでいます。
必要最小限の外出しかできません。

家にいる時間が長いのですが、疲れているのに...続きを読む

Aベストアンサー

>>家にいる時間が長いのですが、疲れているのにじっとしていられません。
>>家の中をうろうろしたり、突然模様替えをしたり、一日中PCに向かっています。
ご質問にある症状は「治りかけ」の抑うつ状態に良くある症状なのです。
しかし状態は良くないようですので、お医者様でお薬を変えていただくのがよいかと思います。
このような症状には第一世代の三環系の抗うつ剤が非常に良く効きます。少なくとも私の場合は。しかし「副作用も大きい」ことを覚悟しなくてはなりません。
たとえば抗うつ剤の最初の例と言われるイミプラミン(薬剤名トフラニール、イミドール)では服用すると「焦燥感」が消失し「平安感」が得られ、「世の中のことも自分のこともどうでも良くなる」(笑い)のですが、副作用として排尿困難、口渇、便秘、体重増加…が伴います。
>>また、お酒を飲まないと睡眠導入剤だけでは眠れません。
これをやると抗不安剤、睡眠導入剤が効かなくなります。
うつの基本として「断酒」が必要です。通常一人で断酒は出来ないので、お医者様に「お酒代わり」の抗不安剤を出して頂き、「飲みたいとき」にはこれを服用します。
人の迷惑にならない程度に「当たり散らす」のも解決方法の一つです。私は厚いカタログを床に叩き付け「憂さ晴らし」しました。音が大きい方が効果が大。
いずれにせよお医者様によく相談してみてください。通常「自分に合った薬」を見つけるのに長いと一年以上かかります。
お母様だけでは「うっぷん晴らし」には足りないでしょうから、カウンセリングをお薦めします。保険の効く場合もあり、保険が効かなくても「収入」がある場合「医療費」として「控除」の対象となります。

>>家にいる時間が長いのですが、疲れているのにじっとしていられません。
>>家の中をうろうろしたり、突然模様替えをしたり、一日中PCに向かっています。
ご質問にある症状は「治りかけ」の抑うつ状態に良くある症状なのです。
しかし状態は良くないようですので、お医者様でお薬を変えていただくのがよいかと思います。
このような症状には第一世代の三環系の抗うつ剤が非常に良く効きます。少なくとも私の場合は。しかし「副作用も大きい」ことを覚悟しなくてはなりません。
たとえば抗うつ剤の最初の例...続きを読む

Q鬱が治るときってどんな感じ?

半年前に抑うつ状態と診断され、服用もしています。出勤していましたが、途中2ヶ月休暇も取り入れながらお休み。今、嘘みたいにとても元気に過ごしています。二度とあんなつらい思いをしたくないし、仕事が好きでもうお休みしたくないので、自分に無理をさせないように、ちょっとでも負担やいやな感覚を感じたら、気を抜くようにしています。医者にも通い、信頼しています。減ってはきましたが、服用もしています。必ず治る、と聞きますが、徐々に治っていく感じなのでしょうか。すっと霧が晴れるように治るものなのでしょうか。今、ともすると、治った自分を感じてしまっています。そんな油断は危険なのでしょうか。

Aベストアンサー

欝は、何時ごろ治る、というものではないので、非常にやっかいです。まず、状態が良くなってきても、数年は倦怠感など、ぶり返してきた?と思うようなことが数回は波のようにやってきます。ある先生に聞くところによると、そうやって波を乗り越え乗り越えしていくうちに、ある日ポカッと瘧が落ちたように治るそうです。
人によって年数が違うようですから、薬をくれぐれも途中で勝手に止めることなく、無理せずマイペースでいきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報