出産前後の痔にはご注意!

実験でKOH,NaOHを用いています.
けれども実験中KOH,NaOH水溶液が炭酸を吸ってしまう
ことに困っています.
もともとKOHなどはよい二酸化炭素吸収剤ということは
知っているのですが,その炭酸がいらないので
どうしようか考えています.
普通の水であればArバブルや沸騰させる事で
炭酸を除けるとのことですが同じように
NaOH水溶液についても取り除けるのでしょうか?
困っています.どなたかわかるかた教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

まずは「お礼」です。

このQ&Aを拝見して、JIS規格のWEB公開を
知りました。少し前まではリストしか公開されていなかったのです。
#6さんも「思わぬ収穫」ではないでしょうか??
さて、Web版JIS K8001-1998を見てみましたが、#6ご紹介の
18.3&19.1に相当しそうなのは、p.31の(19)水酸化ナトリウム
だけみたいですね。ここでは、上位概念が4.5「滴定用溶液」ですから、
CO2によるファクターの変動に配慮されているようですが、炭酸根の
除去は出てきませんね。

#6さん命名の「水酸化バリウム法」は、水に易性のNa2CO3やNaHCO3
を難溶性のBaCO3に変えて沈澱させてしまう原理ですね。
BaCO3の溶解度(溶解度積)データを探せば、添加すべきバリウム塩の
量を設定できそうに思いますが、いかがでしょうか?

当方では試算してませんので、外したらゴメンなさい。

この回答への補足

あぁ,最近だったのですね.あほでも調べてみてよかったと思います.
溶解度積をもとに出したいときはCO3の量を認識しなければいけないと思いますが時間経過とともに変わっていくと思うので厳密には取り除けないという事になるのでしょうか?うーん,難しそうです.

補足日時:2002/08/12 09:45
    • good
    • 0

>JISの規格を見たのですが(Web上で)



えっ、JISってWebで見れるんですか?ko-masaさんの大学等でデータベースがあるのでしょうか。すみません、教えて下さい。
私の参照したのはJIS K8001-1992、つまり1992年改正のものなので最新の規格とは変わってるかもしれませんが、
4. 試験用溶液類
 4.5 滴定用溶液
  (18.3) 0.1 mol/l水酸化カリウム溶液
  (19.1) 1 mol/l水酸化ナトリウム溶液
の項目です。「水酸化バリウム法」は私が勝手に名づけてしまったんですが、No. 2前半で回答した方法です。(18.3)の項目でこの方法が使われています。「濃厚溶液による方法」は(19.1)の項目で使われています。規格中にこの言葉が出てくるわけじゃありません、水酸化ナトリウム165g+水150mL→4~5日放置→上澄み54mL この部分です。これは化学大辞典(東京化学同人)に「セーレンセン原液」、化学大辞典(共立出版)に「セーレンセン油状ろ液」の項目で簡単な説明があるので参照してください。いずれも特に特殊な方法というわけではなく、定量分析の教科書に載っていることもあるかと思います。

厳密にどの程度まで炭酸塩が除けるかは「グメリン(Gmelins Handbuch der anorganischen Chemie)」で水酸化ナトリウム中の炭酸ナトリウムの溶解度のデータなどを調べればわかるかもしれませんが、そこまで気にするのだったら操作もすべて不活性ガスを満たしたグローブボックス中で、なんていう大げさなことになるような気がします。

この回答への補足

http://www.jisc.go.jp/
のJISをご覧になりたい方という項目で普通に見れましたよ.ただそこのものは1998年のもので
18.3の項目はありませんでした.
「水酸化バリウム法」についても何か載っている
ものがあれば教えてください.おねがいします

補足日時:2002/08/07 08:33
    • good
    • 0

> 普通の水であればArバブルや沸騰させる事で炭酸を除ける


> とのことですが同じようにNaOH水溶液についても取り除ける
> のでしょうか?

 「普通の水」とは「中性の水」の事でしょうか? この場合,溶けた二酸化炭素は次の平衡状態で存在します。

   CO2 + H2O ←→ H2CO3 ←→ H(+) + HCO3(-)

 ですので,Ar バブルや沸騰させる事で平衡を左へずらせて,炭酸を除く事が可能です。

 しかし,NaOH 水溶液などでは次の反応になります。

   CO2 + NaOH → Na(+) + HCO3(-)

 この場合,溶けた二酸化炭素の殆どが炭酸イオンになっていますから,Ar バブルや沸騰させる事で炭酸を除く事は困難だと思います。


 ところで,炭酸が存在すると何故ダメなんでしょうか? pH の問題でしょうか? 反応に邪魔でしょうか? それを補足されれば,別の観点からの回答も得られると思いますが・・・。

この回答への補足

わかりやすい説明ありがとうございます.
反応に邪魔なのです.炭酸塩ができないようにしたいのですが・・.
よろしくお願いします.

補足日時:2002/08/06 14:57
    • good
    • 0

補足の点について。


早見表を見ると水酸化ナトリウム濃度50%で19.06Mですが、正確な濃度は調整後に滴定で求めるということになると思います。
JIS K8001-1992(試薬試験方法通則)では水酸化カリウム溶液が水酸化バリウム法で、水酸化ナトリウム溶液が濃厚溶液による方法で調製しています。確認してみてください。水酸化ナトリウム165g+水150mL→4~5日放置→上澄み54mL→+水(→1L)これで約1Mになるようです。

この回答への補足

ばかですみません.JISの規格を見たのですが(Web上で)水酸化バリウム法や濃厚溶液による方法という
ところが見当たりませんでした.
水酸化ナトリウム165g+・・・というところは見つかったのですが.ナトリウムのペレットをそのまま
水(二酸化炭素を除いた水)に入れただけですが,
ちゃんともともとのNa2CO3を除去できているのでしょうか・

補足日時:2002/08/06 15:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません.水酸化バリウム法と濃厚溶液法について
詳しく載っているものなど教えていただけませんか?一番それが役に立ちそうです.お願いします

お礼日時:2002/08/06 16:58

結局のところ程度問題ですから、どの程度排除したいのかではないでしょうか?



水について、煮沸程度のことでいいのであれば、多分イオン交換水のほうが除去率高いのではないでしょうか?定量してみたことはないので予測ですが。
超純水はそもそも製造プラントが無いと使えませんから(交換水も同じですけど、交換水製造機なんてガスボンベ位の大きさしかないですからね)、今無い所でどうこうしようと言うのは現実離れしていますから。
# 超純水と呼ばれるランクの純水は空気中に出しただけでもう超純水とは呼べなくなるほどの純度ですから。

製造工程や保存中に試薬に含まれてしまう炭酸が問題になるなら、もう炭酸ガスを排した実験装置内で製造するしかないのではないでしょうか?KOHなんて金属カリウムを水に放り込めば出来てしまうのですから、出来たところで濃度を計って使用するしかないかと。
    • good
    • 0

水酸化バリウムの水溶液を過剰にならないように加えれば、炭酸アルカリは炭酸バリウムの沈殿として除かれます。


  Na2CO3 + Ba(OH)2 = 2NaOH + BaCO3

水酸化ナトリウムの場合、その濃厚水溶液(例えば水酸化ナトリウム1+水1、セーレンセン油状ろ液)には炭酸塩が溶けにくいことを利用して、これを二酸化炭素を含まない水で薄める方法があります。

この回答への補足

後半の方について詳しく教えてください.濃度にすれば何Mくらいになるのでしょうか?

補足日時:2002/08/06 14:11
    • good
    • 0

結局のところ問題点は実験中に空気中からCO2を吸収してしまうことが問題なんでしょうか?それとも溶解するための原水に入っている炭酸イオンが問題なのでしょうか?



前者なら装置を窒素雰囲気中に置いてしまうとかしないといけないでしょうし、後者でイオン交換水を使っても駄目なら超純水使わなければならないし、ちょっと条件(要求仕様?)が判りかねます。

この回答への補足

早くありがとうございます.KOHというのが問題です.
1.もともと固体KOHが含んでいるK2CO3
2.原水が含んでいるCO2
3.実験中に取り込まれる可能性のあるCO2(空気中)

です.2.3はバブルしたり嫌気下にすれば大丈夫
のように思うのですが1は水に溶解後取り除けるのか
わかりません.
お願いします.
あとイオン交換水,超純水では脱炭酸されているのでしょうか?

補足日時:2002/08/06 13:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNAOHがCO2を吸収するのはなぜですか?

KOHやNAOHがCO2を激しく吸収するのはなぜですか??

Aベストアンサー

直感的に理解しやすいと思われる考え方を述べますね。

CO2 は炭酸ガスと呼ばれます。
つまり、水に溶ければ、その水溶液は酸性になります。

一方、KOHやNaOHは強塩基(アルカリ)です。

強塩基は、酸と非常に結びつきやすいですからね。


別の言い方をすれば、アルカリ性の水溶液をCO2 で中和滴定しているようなものです。

Q水と二酸化炭素

水に溶け込んだ二酸化炭素を常温の状態から除去する方法を教えてください。
あるのでしょうか?

Aベストアンサー

どのような工作機でどんな水を使っており、炭酸ガスの溶解がどんな障害を与えるかによって対策も違います。先ずはその機械メーカが水の管理方法について何も指示していないのは不思議ですね。
もし、水溶性切削油(クーラント)ならアルカリ側のため炭酸ガスの吸収も大きいですが、イオン交換樹脂は使えないので違いますね!
ワイヤー放電加工では純水が使われ、炭酸ガスが溶ければ比抵抗値が下がり加工精度が低下するので、それですかね?

(1)もし、循環する水を閉鎖系に閉じ込めれるなら、私なら開放部分を出来るだけ少なくし、炭酸ガスが純水に溶け込まないようにします。No7doc_sundayさんに同感です。さらに工作機の水の開放部を囲って炭酸ガスを含まない空気を送る(圧縮空気を炭酸ガス吸収筒を通す)ようにします。(ストーブは冬季4ヶ月間位でしょうから)

(2)水が純水に近く、閉鎖系に出来ないときは、(1)バブリング、(2)脱気膜、(3)ストリッピング(曝気)、(4)真空脱気などが考えられます。(1)は筒の中で水を満たし下向流で流しながら、下部に炭酸ガスを含まない空気の気泡をだす。(2)気体を通し、液体の水を通さない膜モジュールに水を流し、真空で引いて炭酸ガスを吸い出す。(溶けている空気と水の一部が蒸発します。蒸発潜熱分の水温は下がります) (3)冷却塔と同じように水を降らせながら、炭酸ガスを含まない空気と接触させます。(4)真空にし、充填物の入った塔の中で水を降らせ、炭酸ガスを放出させる。(塔の高さは約10mは必要)
何れも実用装置になると完全に炭酸ガスを除くのは不経済であり、必要とする水中の炭酸ガス濃度によってはイオン交換樹脂と併用しなければなりません。なお、水に溶けた炭酸ガスは
 CO2+H20⇔H+ + HCO3- (H+は水素イオン、HCO3-は重炭酸イオン)
となって、PHが4.2以上では一部が重炭酸イオン、残りが炭酸ガスとして存在します。イオン交換では重炭酸イオンとして吸着します。炭酸ガスを放出し易くするには酸性にするべきですが、塩素イオンなどが加えられることになり好ましくありません。
逆浸透法はガス成分はPH5.3以下では素通りです。それ以上では重炭酸イオンは除けても炭酸ガスは除けません。どうしても使いたいなら苛性ソーダを注入してPHを7.5-8位にする必要があります。比抵抗値を満し、経済性があればです。
水量や水質が分からないのでこの程度にしておきましょう。

どのような工作機でどんな水を使っており、炭酸ガスの溶解がどんな障害を与えるかによって対策も違います。先ずはその機械メーカが水の管理方法について何も指示していないのは不思議ですね。
もし、水溶性切削油(クーラント)ならアルカリ側のため炭酸ガスの吸収も大きいですが、イオン交換樹脂は使えないので違いますね!
ワイヤー放電加工では純水が使われ、炭酸ガスが溶ければ比抵抗値が下がり加工精度が低下するので、それですかね?

(1)もし、循環する水を閉鎖系に閉じ込めれるなら、私なら開放部分を出...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q水酸化ナトリウム水溶液の作り方

今度実験で水酸化ナトリウム水溶液を作るみたいなんですが、
作る時の注意点を教えてください。

水と混ぜると発熱するんですよね? 水に対して水酸化ナトリウムを
入れるのですか? それとも逆? 一気に入れていいかなども教えてください。

Aベストアンサー

どれくらいの濃度の溶液を作るのかわかりませんが,

1,ガラス容器(器具)を使わない
2,高濃度の溶液を作る時は,氷で冷やした水に少しずつNaOHを加える

かな?

12 M の溶液を作った時は,かなり熱くなりました.
1 M 程度なら一気に水を加えても大丈夫だと思います.

ま,私は化学専門じゃないんで,参考になりますかどうか・・・?

Q炭酸ナトリウムを水に溶かした時の最大Phは?

炭酸ナトリウムを入浴剤用に購入しようと思い、その安全性について調べているのですが、もし、出来るだけ多くの炭酸ナトリウムを水に溶かした時に、その水溶液のPhはどのくらいになるのでしょうか?

ちなみに私は化学はまるで素人なので、出来ましたら、計算式等と共に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知
りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも
多いんだろうね? 迷惑だよ。

 私が所望の計算を致します。他の方々のコメントがなくても済むよう
にお答えしますね。必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある
平衡定数の考え方です。
 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0.1 mol/L(=10.6 g/L)である
として、その pH を計算してみます。考え方は、参考 URL にある「酢酸
ナトリウム水溶液の加水分解」と同じです。

 炭酸は2段階電離をしますが、その第2段階の電離定数を Ka、水のイ
オン積を Kw、炭酸水素イオンの電離の逆反応の平衡定数を K とします。
簡単な計算から、K = Kw/Ka であることが分かります。
 水溶液中で、炭酸ナトリウムはほぼ完全に電離し、生じた炭酸イオン
の一部が炭酸水素イオンに戻ろうとしますが、その割合を x とし、便宜
上 C = 0.1 (mol/L) と置くと、x が 1 より充分小さいという近似の下
で x = √(C/K) となります。
 水酸化物イオン濃度 [OH^-] の値が [OH^-] = Cx 、水素イオン濃度
[H^+] が [H^+] = Kw/[OH^-] ですから、以上を用いて
[H^+] = √(Ka・Kw/C)
...となります。さて、pH は常用対数 log を用いて
pH = log(1/[H^+])
と定義されますから、あとは数値を放り込んで計算するだけです。
 代入すべき数値は、
Ka = 4.7×10^{-11} (mol/L) ;炭酸の第2段階電離定数
Kw = 1.0×10^{-14} (mol^2/L^2) ;水のイオン積
...と上記の C = 0.1 (mol/L) です。これらを用いて、求める値は
pH = -1/2・log(Ka・Kw/C) = 11.7(有効数字3桁)
です。常温(25℃)での中性だと pH = 7.0 、人間の体液における
値の典型値が pH = 7.4 だから、かなり強い塩基性ですね。
 濃度を C = 0.001 mol/L(上記の 1/100)にすると、pH = 10.7
くらいになります。

 参考までに、白馬八方温泉の温泉水の値で、pH = 11.3 くらいだそう
です。かなり強いアルカリ性の温泉も存在します。
http://www.goryukan.jp/spa/index.html
 入浴剤として使う場合の注意としては、強アルカリ性の温泉に入浴す
るときの注意点と同じです。当該の温泉地に問い合わせてみては如何で
しょうか?

参考URL:http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter3/lecture5/lect3052.html

 なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知
りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも
多いんだろうね? 迷惑だよ。

 私が所望の計算を致します。他の方々のコメントがなくても済むよう
にお答えしますね。必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある
平衡定数の考え方です。
 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0.1 mol/L(=10.6 g/L)である
として、その pH を計算してみます。考え方は、参考 URL にある「酢酸
ナトリウム水溶液の加水分...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

QHPLCのピーク面積

HPLCで分析をおこなってます。
蛍光検出です。
ピークの面積はどのように出したものなのでしょうか?
チャートを見ると、横軸:時間 縦軸:florescence
となっています。この縦軸は何を意味していますか?
辞書を見ても分かりません。
自分なりに、ネットや本を読んで調べてみた
のですが、あまり分からないので、
どなたか時間があれば、教えてください。

Aベストアンサー

|
|    
|-------/~~~-----
+-----------------
      ↑
グラフが上のようになっていた場合、↑で示したところの面積がいわゆるピーク面積です。
どのように出したといわれると困りますが、単純に(?)面積を計算して出します。最近のHPLCですとコントローラPCが勝手に計算してくれます。

縦軸はこの場合florescenceですよね。検出された蛍光量を示しています。これも何を意味しているか?といわれると困りますが、単純に検出物質の相対的な量と考えていいと思います。

ピーク面積を問題にするときは濃度が分かっているサンプルを流して面積をmolに変換できるようにして定量します。

Q統計学でいうRSD%とは何ですか。

統計学でいうRSD%の平易な説明と計算方法を知りたいのですが。標準偏差はわかります。

Aベストアンサー

RSD%とは、相対標準偏差をパーセントで表示したものと思われます。

相対標準偏差(%)=(標準偏差/平均値)×100

次のページは、「相対標準偏差 RSD 平均値」で検索して出たものの一つです。
http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

参考URL:http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

QMeHOと水の共沸混合物

有機化学実験のてびき1を読んでいた所、
よく使われる有機溶媒の性質の欄に、
methanolは水と混ざるけれど共沸混合物を作らないとありました。
エバポレータを回した時に少し水分が残ったらMeOHを加えて飛ばしていたのですが、
本当に共沸混合物を作らないのでしょうか?

Aベストアンサー

共沸という用語は少々厄介です。
化学的には「液体の混合物が沸騰する際に液相と気相が同じ組成となる現象」ということであり、たとえばエタノール-水の系であれば約96:4の混合物がこれに該当します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%85%B1%E6%B2%B8
http://www006.upp.so-net.ne.jp/h-fukui/86Azeotrop.htm

水-メタノールの混合物がこうした共沸混合物を形成するかどうかは不明ですが、おそらくそうはならないということでしょう。

ただし、現実にはこうした物理化学的に厳密な意味での共沸ではない意味で用いられることもあります。
No.1のご回答にありますように、メタノールを加えることによって、常圧で水が100℃よりも低い温度で気化するということはあるでしょう。しかし、それを厳密な意味での共沸と呼んでよいのかどうかは私には判断できません。単に、水の分圧が下がっているだけのことかもしれません。現実問題としてはそれでもかまわないでしょうね。

それと、水-エタノールの場合ですら、共沸混合物中の水が4%にしかならないということであれば、メタノールであれば、共沸したとしてもその割合ははるかに低くなると予想されます。あやふやな回答で申し訳ありませんが、水の割合が0に近いという意味で「共沸しない」と言われるのかもしれません。

共沸という用語は少々厄介です。
化学的には「液体の混合物が沸騰する際に液相と気相が同じ組成となる現象」ということであり、たとえばエタノール-水の系であれば約96:4の混合物がこれに該当します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%85%B1%E6%B2%B8
http://www006.upp.so-net.ne.jp/h-fukui/86Azeotrop.htm

水-メタノールの混合物がこうした共沸混合物を形成するかどうかは不明ですが、おそらくそうはならないということでしょう。

ただし、現実にはこうした物理化学的...続きを読む

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む


人気Q&Aランキング