「ドラゴンボールGT」のDVDかビデオってでてますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

カテゴリが違うようなんですが・・・(^^;)


とりあえず、東映のHP見てきたんですが、発売されていないようですね。
「たのみこむ」にも、DVD化希望あがってきてるし、検索かけても、「ドラゴンボールGT録画テープ欲しい!」という内容が、結構ヒットしましたし、みんな、欲しいみたいですけどねー。
(私もひさしぶりに見たくなってきた(^^;))
一応「たのみこむ」のURLを貼っておきます。
これで、即、DVD化する訳ではないんですが。
「つくってくれ」にいって、「ドラゴンボール」で検索してください。

参考URL:http://www.tanomi.com/metoo/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「聞く」「考える」「カンガエル」「考える」「発話」

言葉を通して考える事について。

「聞く」
誰かの発話を空気の振動を経由し聴覚神経を経て
(あるいは何かの本を読んで)
「考える」
発話された意味を言葉に翻訳して理解する、
「カンガエル」
発話による刺激と、脳の中の記憶により、信号に変換
01.01.01.・・・又は、同じ、違う、同じ、違う・・・
この繰り返しの結果
「考える」
脳の中の信号の結果を、言葉に再度翻訳して、
「発話」
『言語のない世界に生きた男』の話は本当ですか?

大変大雑把な図式ですが、
質問は、「カンガエル」と言う部分が、
カントの言葉を借りれば「物自体」にあたり、
感性的な理解は不可能であり、結果として、
思考に言語が必要かどうかを問う事は、断念せざるを得ない。

皆さん、どう思われますか。

Aベストアンサー

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所でカンッという、皿のふれあう音がすれば「条件反射」で駆け寄って
餌を催促するように吠え続けます。

この条件反射なるものが、実は「カンガエル」の原型であるかのように
思うのです。
記号論的に言えば、意味作用とでもいうのでしょうか、
事象やモノに意味を付与する(意味を選択する)行為が、
「思考」の実体であると思えます。

次に記憶ということがあげられます。
学習といいかえてもいいです。
条件反射は記憶による学習ですが、そこに言語は介在しません。
嗅覚と音などがおりなす気配が、次のおこりうる事象を予感させる
から、犬は吠えたり、そわそわしたりします。

ただ、そこに、いわゆる人間の言語は介在しないのは間違いない
けど、犬は犬なりに一連の気配を、グーとがガルルとか◎$)(’&%$
とか名前はないにしろ感性的に識別してる可能性はあるかもしれない

しかし、一方でそういう行動を観察する人間が「ゴン太。ごはんよ」
とか「ポチ。散歩だよ」と「発話」することで、音を聞き取って、この
僥倖は「ごはん」という発話でもって確定するという学習をしている
という可能性があります。
おそらく、感性的な思考はあると思います。
記憶と密接にむすびついていて瞬間的に一定の結論を導きだします。
それが未来の記憶(デジャヴュや潜在意識)であったりするから
不思議で楽しいのでしょうね。

なんか的外れで恥ずかしいなぁ(^^;

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所...続きを読む

Q皆様は「人形として生きる者」と「苦悩して生きる者」とでは、どちらを選択して生きていきますか?

皆様は「人形として生きる者」と「苦悩して生きる者」とでは、どちらを選択して生きていきますか?

Aベストアンサー

「人形として生きる者」とは、他人に所有され他人の意思で他人の思うように生きる、「苦悩して生きる者」とは、自分の意思で自分の思うように自分で険しい道を切り開きながら生きて行く事だと解釈します。

人形の持ち主にもよりますが、どちらか選べと言われたら、「人形として生きる者」を選ぶかもしれません。
20代で人生の半分も生ききっていない若輩ですが、これまでの道がかなり険しかったもので、これからは楽に生きたいです。
例え誰かに所有されるとしても、穏やかで安定した気持ちで生活を送れるのなら、将来は人形も良いかもしれません。

ですが、独身一人暮らし、今の自分は「苦悩して生きる者」に近いです。

Q【宗教】「幢幡」とは「マーラに勝利した旗を表します」 マーラって何ですか?

【宗教】「幢幡」とは「マーラに勝利した旗を表します」

マーラって何ですか?

Aベストアンサー

男性性器のことを「まら」漢字で書くと魔羅と言います。もちろんフニャチンではなく怒張した性器を魔羅というにふさわしいですが。
この魔羅こそが「マーラ」で・・・っていうか、魔羅の語源が「マーラ」です。
マーラは釈迦が悟りを開く禅定に入った時に、瞑想を妨げるために現れたとされる魔神でいわば煩悩のことで、男性精器=煩悩の象徴ってことですね。

Q【せっかく徳を積もうとお寺に行って「御朱印お願いします」と言ったら「お盆だからみんな帰っていてやって

【せっかく徳を積もうとお寺に行って「御朱印お願いします」と言ったら「お盆だからみんな帰っていてやってないんですよね」と言われ】

「じゃあ、御朱印はいいので、御朱印帳を売ってください」と言ったら、

「お盆だからみんな帰っていて販売してないんですよ」と返された。


ただ、御朱印帳を渡すだけだし、じゃあ、お前は何で居るんだよと殺意を覚えて徳を積むどころか殺気が増えてしまった。

早朝の6時、7時にお寺に行っても、誰も掃除してないし、何か門扉の前にチリトリと竹ぼうきが立て掛けられていていかにも掃除してますアピールをしてたけど、中に入ったら、早朝の掃き掃除してないの丸わかり。

前日の寝る前に竹ぼうきとチリトリを門扉の近くに立て掛けて6時、7時になっても誰も掃いてる人がいない。

1周回ったけど誰もいない。

掃いてないのに掃除してますアピールだけはやっている。

これが日本の京都のお寺、神社の実態ですか?

正直、がっかりした。

御朱印帳も売ってくれないし、御朱印もお盆だからやってないって。

さらに小さいお寺は御朱印帳に書くのではなく、既に書かれている御朱印の紙をくれるという。

掃除もしないし、字の練習もしないで普段何をやっているのだろう。

お坊さんって6時とかには起きていて、寺周りの掃除をしているものだと思ったがどこのお寺も早朝に掃除しているお坊さんはいなかった。

おみくじの補充を8時くらいにやっている寝起きのお坊さんはいた。

せめて遠くからわざわざ御朱印を貰いに行って、お盆だから御朱印は休み。また来てねってどうかと思う。

残念すぎる。

【せっかく徳を積もうとお寺に行って「御朱印お願いします」と言ったら「お盆だからみんな帰っていてやってないんですよね」と言われ】

「じゃあ、御朱印はいいので、御朱印帳を売ってください」と言ったら、

「お盆だからみんな帰っていて販売してないんですよ」と返された。


ただ、御朱印帳を渡すだけだし、じゃあ、お前は何で居るんだよと殺意を覚えて徳を積むどころか殺気が増えてしまった。

早朝の6時、7時にお寺に行っても、誰も掃除してないし、何か門扉の前にチリトリと竹ぼうきが立て掛けられていて...続きを読む

Aベストアンサー

御朱印帳を売ってくれるコンビニを是非併設しておいて下さい、と手紙を認める。

坊さんがお盆に何処に帰る? 坊さん不足で出向坊主でしょうか。確かに残念です。

Q【「妥当性」と「恒真」の違い、また「妥当性」の使われ方について】 これの結論の予想として、「一般で

【「妥当性」と「恒真」の違い、また「妥当性」の使われ方について】

これの結論の予想として、「一般で言うなら、また論理学で言うなら、こういう意味だから」となりそうですが、、、

妥当性を...「前提が真ならば、結論も真となる性質」
恒真を...「ある命題Xに現れる全ての命題変項(変数)の真理値の、どのような組み合わせに於いても、その命題Xが真であることが保証される性質」
と定義しますと

恒真が妥当性を含意することは明らかですが
妥当性は恒真を含意しませんよね?

背理法として、仮に
「妥当性が保証されるならば、恒真である」とすると
反例として、論理式 (A→B)→B が考えられます

この論理式について、ここでは前提である A→B を、妥当性の保証によって真としているので、AもBも真となり、必然的に結論Bも当然、真となる訳ですが
恒真かということを考えるとき...AもBも偽の場合は、A→B は真 であり、しかしBは偽

つまり、論理式 (A→B)→B は恒真ではない

と導き出されます(つまり、妥当性の保証はあるが、恒真ではない論理式が存在する)

しかしながら、最近は
「妥当性が保証されてるので、これは恒真なのだ」とか
「妥当性と恒真は論理的に同じ」というようなものを散見します
これは「妥当性」という言葉が、ここで定義したようなものではなく、「論理的に正しい」「恒真」という意味で使われてきているということなのでしょうか
それならば論理的な問題とは別の話になりますが、もし、ここで定義したような意味で妥当性という言葉を使っていて、それでも上記のような考えをしているのは誤りであると思うのですが
もし、ここで定義した「妥当性」と「恒真」が、論理的同値であることを示せる方がいらしたら、と思い書き込みました

あまりに、このことについて詳しく書かれているものが見当たりませんでしたので...

【「妥当性」と「恒真」の違い、また「妥当性」の使われ方について】

これの結論の予想として、「一般で言うなら、また論理学で言うなら、こういう意味だから」となりそうですが、、、

妥当性を...「前提が真ならば、結論も真となる性質」
恒真を...「ある命題Xに現れる全ての命題変項(変数)の真理値の、どのような組み合わせに於いても、その命題Xが真であることが保証される性質」
と定義しますと

恒真が妥当性を含意することは明らかですが
妥当性は恒真を含意しませんよね?

背理法として、仮に
「妥当性が保証されるな...続きを読む

Aベストアンサー

(A→B)→B は恒真でもないし妥当でもありません。次の表現が変だと思います。

>‥‥前提である A→B を、妥当性の保証によって真としているので、AもBも真となり、‥‥

「A→B」はAが真ならばBも真という意味で、「AもBも真となり」とはなりません。
一般には、((A→B)∧A)→B とすべきです。

「妥当性」と「恒真性」についてはもともと言葉の用法が違うのですから、無理やり同じレベルで比較するよりも、それぞれがどのような場合に使用されるかを整理して考えてみてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報