これからの季節に親子でハイキング! >>

今、森鴎外の小説を読んでいるのですが、いくつか疑問に思ったことがあります。

 まず、小説の文章なのですが、いわゆる昔言葉で書かれていて「~給う。」や「~と申す。」など会話でも使われています。そこで疑問に思ったのことが、実際にこの時代の人たちはこのような話し方をしていたのでしょうか?文章だから、丁寧に書いているのかな?とも思いますが、実際にこの話し方だと舌が回らないんじゃないかと、余計な心配をしているこの頃です。詳しい方、教えてください。

 それと、「舞姫」について私的な感想なのですが、最終的に悪いのは主人公ではなかったのかと思うのは私だけでしょうか?確かに人間には弱いところもあり、仕方がないこともあるとは思います。しかし、自分の押し通すべきところも通せず、その挙げ句友を恨むとは何事だ!と思ってしまいました。そんなことはない!!という方のご意見もお願いします。

A 回答 (3件)

文語と口語というのがあって、文書は、ふつう文語。


鴎外の時代に生きてなかったので、当時の口語は知りませんが。
> 今、森鴎外の小説を読んでいるのですが、いくつか疑問に思ったことがあります。
これは、文語でしょう。
口語なら、いま、鴎外読んでるんだけど、ちょっと分からないとこがある。
人によっては、違うか。
    • good
    • 0

鴎外のほかの作品よりは、あえて文語体を多用していると思います。


主人公の性格を現すのに、適している文体に思えます。
私は、女性として、舞姫に感情移入しましたので、質問者さんと同じ捉え方です。
実際、交際したドイツ人女性を下敷きとした作品だそうですので、作家としての創作欲が勝った勇気ある発表だと思っています。
鴎外は、代表作を読み流した程度で、浅いな・・・。
と、今実感しました。
再読してみようと、思いました。
    • good
    • 0

『舞姫』は明治23年に書かれた小説です。

言文一致、すなわち話し言葉をそのまま文章にするという動きがようやく動き始めたのが、二葉亭四迷の『浮雲』(明治20年~)です。つまり、この時期以前、文章での会話は必ずしも実際の会話をそのまま写したものではなく、どちらかといえば文語体そのままか、それに近い形で書かれていたと理解して差し支えないかと思います。その意味で『舞姫』での会話が必ずしも実際の会話そのままでなかったとしても不思議ではないです。それがまた、『舞姫』という物語に趣を添えていると、個人的には思っています。

同じように、主人公太田豊太郎の弱さというか、立身を優先させる考え方は、現代の価値観から見れば非常な違和感を覚えるのも確かかと思います。ただ、これもこの物語が書かれた明治20年代という時代背景を考えれば、一方的に非難もできない部分があると考えます。つまりは『末は博士か大臣か』の時代であり、司馬遼太郎氏の言い方を借りれば、『個人の人生を国家のそれと、簡単に同一視できた、ある意味では幸福な時代』とも言える時代であり、個人の幸福と、立身出世というものが分離しては考えられなかった時代だったとも言えます。その中で、主人公は、敢えて個人の幸福と立身出世とは別ではないかとのテーマを打ち出しつつも、最終的には時代の価値観に飲み込まれていった。ただ、彼は官僚としての立身出世だけが人間としての幸福ではないとうすうす感じており、その思いが友人へのかすかな恨みという形で後を引いたのだ、と理解しています。

……それを彼の意志薄弱さと捉えて、『おまえが全部悪いのだ』と非難するのも確かにありだと思います。ただ、明治20年代という時代背景を考えれば、普通なら、何も考えることなく友人の誘いのままにエリスを捨てて日本に帰っていただろうに、と思います。エリスとの生活と、日本での官僚としての立身の間で揺れるだけの、個人としての自我を、主人公は既に獲得しかかっていたのだと私は理解します。

こういう考え方もあると理解いただければ幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舞姫について

高校の頃、教科書で学び、最近改めて読み直しましたが、大学になった今でも私が成長してないのか(^^;読後の感想は変わりませんでした。
文体が美しかったり、文学的要素はあるのだと思います。が、確か自分をモデルにした小説だったと思いますが、内容がどうも私には、筆者が「自分はエリートな男な上に、女にももてるんだ」と自慢しているようにしか感じられないのです。そもそも、女をあんな目に合わせて、それを小説化するとはどういうことだと私は思ってしまいます。
しかし、教科書にも載る程の文学ということは、何か内容的にもすばらしいところがある気がします。
そこで、私とは違い、この小説の内容はこんないいところがあると理解できる方、是非どんなところか教えて下さい。
この作品に対して違った見方をしてみたいです。

Aベストアンサー

明治文学の一愛好者として回答させていただきます。

まず、ほかの回答のなかにも誤解していらっしゃる方がいるようですが、『舞姫』に出てくる太田豊太郎は森鴎外の創作人物です。
にもかかわらず、『坊ちゃん』の主人公と夏目漱石をだれも同一視することはないのに、鴎外と豊太郎を平気で同一視して解釈しようとする人が多いことが不思議です。
まず、鴎外=豊太郎とする見方を捨ててください。

>女をあんな目に合わせて、それを小説化するとはどういうことだ

鴎外がElise Wiegertという女性と恋愛関係にあったことはいくつもの資料が指摘するところです。

けれども、鴎外が帰国した二ヶ月後の明治二十一年九月十二日、彼女は鴎外のあとを追って来日、築地の精養軒ホテルに一ヶ月滞在した後、帰国します(鴎外は、二十二年後、48歳という年齢になって、その経験をもとに『普請中』という短編を書いています)。

このElise Wiegertがどういった人物なのかはよくわかっていないのですが、とにかく鴎外を追って単身日本に来れるような彼女が、少なくとも作品中の「エリス」とはずいぶん境遇がちがったことは間違いない(当然狂気にも陥っていないし、妊娠の事実も疑わしい)。
むしろ、ごく普通の恋愛だった、と見るべきではないかと思います。

>筆者が「自分はエリートな男な上に、女にももてるんだ」と自慢しているようにしか感じられないのです

自慢がしたいなら、「エリス」を令嬢として描き、そんな極悪非道な仕打ちを書くかわりに、どれだけ彼女が別れをつらがったか、さらに「彼女ったらオレを追っかけて、日本にまできたんだゼ~、どうだ、オレってすごいだろー」と書けば、(文学として成立するかどうかはともかく)作者の自尊心は、はるかに充たされるはずです。

豊太郎はエリスに対してひどい仕打ちをする。
おそらく『舞姫』を読む人のだれもが、太田豊太郎を嫌いになるはずです。
豊太郎の行動を、批判するはずです。
憐憫を持つことはできても、好きにはなれない(たとえば「坊っちゃん」をキライになるのがむずかしいと同じくらい、豊太郎は好きになるのがむずかしい人物です)。

どうして鴎外は、あえて主人公をそのような人物として造型していったか。
また同時に、そんなひどい人間を描いた小説が「明治時代の青春を象徴する小説」(中村光夫『日本の近代小説』岩波新書)として、今日まで読み継がれてきたのか。
そこを読み解いていかなければならないと思います。

この場で読解をやっていく時間もスペースもありませんので、比較的手に入れやすい参考文献をひとつあげておきます。
山崎一穎『森鴎外 明治人の生き方』筑摩新書、とくに第四章「作家誕生 ――『舞姫』を読む」では、読解と作品が誕生した経緯が描かれています。

「鴎外が『舞姫』を発表した時、不特定多数の読者を対象にしてはいない。豊太郎の文脈に添えば、手記の読者として想定可能なものは、「心ある人」であり、豊太郎とエリスとの行実を「あやしみ、又た誹る人」であろう。これを鴎外の文脈で語るならば、エリス(エリーゼ)に代表される西欧の自由と美に象徴される市民精神を自らの手で扼殺した己れの生のあり様を「心ある人」に告白することであり、「この行ありしをあやしみ、又た誹る人」として陸軍軍医部の上官、特に石黒忠悳へ向けられた痛烈な刃であった。おそらく『舞姫』発表は対自家用(鴎外の母や妻登志子)を超えた標的に向けて放たれた小説であり、鴎外としても自己の進退を賭けた表現であったと言える」(引用同)

以下、簡単にわたしの解釈を書きます。
やはりこの小説を読むとき、何よりも忘れてはならないのは、明治という時代の特殊性です。

こんにちのわたしたちは、「日本」というものをそれほど意識せずに生活していますが、江戸末期に生まれた文学者、たとえば坪内逍遙も、二葉亭四迷も、そして鴎外も漱石も、「日本」をどうしていくか、が、自分の人生をどう生きていくか、と表裏の問題としてあった(エリートというのは、そのような社会的重責を課せられた存在でもあったのです)。

とくに鴎外は、ほかの文学者たちが、ともかくも文学を専業(二葉亭の場合はなかなかそういうのもむずかしい側面はありますが)としていたのに対して、陸軍の軍医として、作家とは別の顔を持っていた。

おそらくは鴎外の内面は、公的な生活の充実にもかかわらず、ひどく空虚な部分があったのではないか。
その空虚さとは、当時の日本の「外発的開化」の現状とも結びついていた。
鴎外の創作活動は、その精神的空白を見据え、なんとか埋めようとしたものではなかったか。
その空白は、早くも『舞姫』のなかに胚胎していたと思うのです。

冒頭、豊太郎は自己を恨みます。自分のしたこと、自分の卑しさを、だれよりもよく知っている。
おそらく豊太郎は、どれほど世間的に成功しても、みずからに対する尊敬の念を取り戻すことはできないでしょう。
だれよりも、鴎外がそれを許さないものとして『舞姫』を創作した、と考えることができると思います。

『舞姫』はこの文章で終わります。
「相沢謙吉が如き良友は世にまた得がたかるべし。されど我脳裡に一点の彼を憎むこゝろ今日までも残れりけり」

相沢謙吉とは誰か。
豊太郎を日本に連れ戻した友人は、同時にまた母であり、日本でもあったのではなかったか、と思います。

明治文学の一愛好者として回答させていただきます。

まず、ほかの回答のなかにも誤解していらっしゃる方がいるようですが、『舞姫』に出てくる太田豊太郎は森鴎外の創作人物です。
にもかかわらず、『坊ちゃん』の主人公と夏目漱石をだれも同一視することはないのに、鴎外と豊太郎を平気で同一視して解釈しようとする人が多いことが不思議です。
まず、鴎外=豊太郎とする見方を捨ててください。

>女をあんな目に合わせて、それを小説化するとはどういうことだ

鴎外がElise Wiegertという女性と恋愛関...続きを読む


人気Q&Aランキング