大変おはずかしい話でございますが。
 数年前引っ越した折から、妙な虫に気がつくようになりました。
 最初はカーペット(百貨店の沖縄展で購入したもので、多分原材料は合成以外の繊維です)の下に茶色い粉と、たくさんの極小芋虫のような飴色の虫のかたまりを見つけたことからでした。そのへん中に洗剤をふりまき、掃除をし、きれいにしてそのときはすべて事なきをえたと思ったのですが・・・。
 数ヶ月後、今度は大切な服をしまってあるたんすのなかでその虫の抜け殻が服にたくさんついているのを見つけました。そして、その大切な服(祖父から贈られたスコッチハウスの服と、お気に入りのセーターです)を明かりにかざしてみると穴だらけに!!
 あわてて衣料品のしまってある戸棚全部を見てみましたが、全滅でした。
 共通点は、天然繊維が特に被害にあっていること、クリーニングに出そうとしていた、つまり汚れていたものがひどいような気がすること。
 しかし、米びつの中や分解したマウスの中にまでその抜け殻は落ちており、もうショックです。一応大切な衣類をしまったひきだしには「ムシューダ」をいれておいたのですが・・・高校時代を長野で過ごし、虫に対してほとんど無防備でした。
 隔離したつもりの衣服まで痕跡のないうちに次々穴が開いていく始末。虫には快適な環境でしょうが、多少の虫となら共存喜んでという私でもちょっと退去願っております。
 すでにひどい衣服は始末し、残した衣服のすべてを洗濯し、「バルサン」等焚いてみました。しかしききめはありませんでした。
 虫は大きさは2ミリ弱、こげ茶色をしていてだんごむし体形。しかし足はみあたらず、「短くした芋虫」という外見です。体の節に繊毛があり、やわらかい印象です。
 もし心当たりの方いらっしゃればこの虫の名称等教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大切な衣類をやられるとは、KINGBIRDさんの無念お察し申し上げます。


とは言え、私もこやつには悩まされていまして・・・

カツオブシムシは基本的にはタンパク質製の繊維を食べます。(毛織物などがやられます)
天然繊維でも綿や麻には手を出さないのですが、汚れているとなると話は別でして、汚れの部分を繊維ごときれいに食べてしまいます(汚れは大抵タンパク質を含んでいるため)。化繊でも汚れていれば同様です。これが、汚れていた衣類で被害が大きかった原因と推測されます。

とりあえずは防虫剤で対抗することになりそうですが、防虫剤は蒸散して次第になくなっていきますから適当な間隔で補充するのをお忘れなく。特に夏は蒸散が速い一方、虫の活動も活発になりますから注意が必要です。防虫剤の効果的かつ適切な使い方はその製品の説明書をご参考に。

人間の髪の毛も一種の「毛」ですから、こやつのエサになります。床に落ちている髪の毛を食われてもそれ自体は損害にはなりませんが、ある意味「エサを与えて養っている」ことになります。物陰も含めてこまめに掃除機で吸い取ることを勧めます。

ヒメマルカツオブシムシであれば1年に1回、4月か5月頃成虫になります。成虫はテントウムシのような丸い形状の甲虫でこげ茶色、体長2mm~4mmくらいです。これをそのまま放置すると卵をあっちこっちに産みつけられて次のシーズンも虫と格闘するはめになります。
幸いにこの成虫は動きがにぶいので手で簡単に捕まえることができます。見つけたら片っ端から捕まえてください。その場で潰すのに二の足を踏まれるなら、まとめてポリ袋にでも入れておいて最後にゴミに出せばよいでしょう。

作戦の成功を祈ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。やっぱりカツオブシムシなのでしょうか。
 実は今まで「成虫」らしき姿を見たことがないのです。幼虫の数-αだけいるならどこかで見ていてもよさそうなのですが・・・。
 アドバイスありがとうございます。さっそくエンペトリン系の防虫剤をしこたま買い込みました。
 この赤貧な時に冬物衣類が全滅したのは大変つらく、祖父の形見ともいえる大事な(といっても自業自得?)ブランド物が着られなくなったのは「無念」なんてものじゃないです。umeda様にも勝利の日が訪れることを祈ります。

お礼日時:2001/01/31 21:34

大切なお洋服だめになって、残念でしたね。


私、パートでクリーニング店の受付をしています。自分の勉強のためにもと思って調べてみました。やはり、カツオブシムシの類のような気がするのですが・・・(成虫ではなく、幼虫)
このページがくわしいです。
     http://www.929.net/hokan/hokan.htm
あと、同じような体験をした人の話で
     http://www.nifty.ne.jp/forum/fwife/tech/life005. …
あまりひどければ、保健所や消費生活相談協会とかに相談できるみたいです。
電話で問い合わせられては、いかがでしょうか?
早く、退治できますように・・・

この回答への補足

 ありがとうございます。
参考にあげていただいたHPの話を読むと、私の家のもハナマルカツオブシのような気がしてきました。幸い自宅はフローリングなので、畳の下に阿鼻叫喚とはならずにすみそうですが・・・。
 

補足日時:2001/01/27 06:17
    • good
    • 4

その虫は蛾の一種で、ミノムシの仲間だったと思います。


衣類の繊維を使って、蓑を作って隠れているので、特に毛糸衣類につくと、すべてを見つけだす事はまず、不可能です。
もし、殺虫剤等に、抵抗がお有りでしたら、確か香木に除虫効果のあるものがあったと思います。(よく覚えていなくてすみません)

この回答への補足

 さっそくありがとうございます。
 実はBODY SHOPのティーツリーの精製油をティッシュに染みこませてたんすのしたにおいてみたりしたのですが。まだ1週間ほどしかたっていないので効果はわかりません。
 とりあえず、臭いがキライというおばかな理由で避けていた防虫剤を使ってみようと思います。祖父の形見が全滅して泣いた以上に着られる服がなくなっていくのには耐えられません!
 

補足日時:2001/01/27 03:21
    • good
    • 0

防虫剤メーカー各社のHPで衣類の害虫についての情報が公開されています。


そちらをご覧になれば、KINGBIRDさんのお宅の虫の名称もわかるかもしれません。
 金鳥    下記参考URL
 エステー  http://www.st-c.co.jp/hint/chap1/hint1.html
 フマキラー http://www.fumakilla.co.jp/hint/kasei/musi.html

また害虫対策については、こちらへも…
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoko-50/sentak/care- …
 http://www.sla.or.jp/seminar/shouhin4T.htm

参考URL:http://www.kincho.com/gaichu/iryo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 打てば響くような回答をありがとうございます。疑問で頭がいっぱいなのでとても嬉しいです。
 上げていただいたHPを見ました。2種のカツオブシムシの幼虫が、大きさを除けば比較的我が部屋の虫どもに似ておりますが・・・。実は、自分でそういった害虫を検索にかけてみて謎が解けなかったのです。違うような気がします。
 せっかくご回答を頂いたので、残念ですが。ただ害虫対策についてはさっそく実行してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/27 03:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何の虫の抜け殻ですか?

しばらく使われていなかった木造アパート(築21年)のキッチンです。
流し台と床の隙間に何やら白っぽいものが!
クッションフロアーをめくってみると、大量の虫の抜け殻!

ゴキブリ?シロアリ?
いったいこれは何の虫の抜け殻でしょうか?
成虫らしきものはみあたりませんが、ずっと使われていなかったので
少し離れたところにゴキブリの死骸はいくつかありました。

遠くに住む知り合いに掃除を頼まれたのですが、抜け殻を掃除すれば大丈夫ですか?
シロアリだったらどうしよう。。。

心配なので、だれか教えて下さい!

Aベストアンサー

シロアリじゃなくてクロアリかな?
でも、下の板の腐っているところをみるとシロアリもいる(いた)のかもしれない。
掃除を頼まれたなら、掃除しておけばいいけどシロアリいるんだったら、ちゃんと
駆除しないと湿気の多い部分がどんどんスカスカになっていくと思うよ。

http://www.senpoku.com/kuroari.htm

Q有機無農薬栽培の農業などでは、虫も沢山来ると思いますが、そのたびに虫を

有機無農薬栽培の農業などでは、虫も沢山来ると思いますが、そのたびに虫を殺しているのでしょうか?(益虫は別として)
虫を殺すのは可哀想だ、なんて言ってたら農業は無理ですか?

Aベストアンサー

無理ではないですよ。
というか「壁には突き当たる」はずですが、その壁は超えなきゃいけないものだし、越えられるでしょうね…やる気があるならば。

虫どころじゃないですからね。
ニワトリだって、卵を産まなくなったら通常はシメる(食用にする)でしょうし。
いちいちお墓作って、なんて言っていられなくなるでしょうし。

それと「益虫」と仰いますが、これの範囲はすごく微妙なんです。
例えば「クモ」などは、一見害虫ですけど、彼らがいなくなったらとたんに他の虫が増えるでしょう。
もう絶対に存在はいらない、という虫など、存在しませんよ。
そういう意味では害虫なんて無いってこと。

自然農法の先駆者であり、大変な世界的思想家でもあった「福岡正信」さんは
「人間こそが害である」ということを仰られていました。
そも「農業」というものが、人間の考え出した「知恵」に基づいているものですから、そこからは「害虫・益虫」という概念が出てくるのは仕方が無いことかも知れません。
あくまでも現在の農業は「人間の方をいつも向いているものだ」ということなんです。
…そういった意味から言えば「虫は殺したくない」というのは正しい選択なのかも知れないですね。

無理ではないですよ。
というか「壁には突き当たる」はずですが、その壁は超えなきゃいけないものだし、越えられるでしょうね…やる気があるならば。

虫どころじゃないですからね。
ニワトリだって、卵を産まなくなったら通常はシメる(食用にする)でしょうし。
いちいちお墓作って、なんて言っていられなくなるでしょうし。

それと「益虫」と仰いますが、これの範囲はすごく微妙なんです。
例えば「クモ」などは、一見害虫ですけど、彼らがいなくなったらとたんに他の虫が増えるでしょう。
もう絶対に存在はい...続きを読む

Qカメ虫越冬 防寒と結露対策の為、片方だけ雨戸を閉めているのですが、その窓の網戸(室内側)に亀虫が居ま

カメ虫越冬


防寒と結露対策の為、片方だけ雨戸を閉めているのですが、その窓の網戸(室内側)に亀虫が居ます。
換気をしたいのですが、窓を開けると室内に浸入するだろうし、触ると悪臭を放ちます。
何とか悪臭を放させずに外へ出す方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

我が家にはカメムが沢山います、シティッシュを2~3枚重ねてカメムシを捕まえてそのまま丸めてごみ箱に捨てます。パッとつかまえてパッと捨てれば悪臭も出ません。
ムカデも時々入ってきますが同じ方法で捨てています。
怖がっていたら生活できません。

Qこの服のくまの部分がぬいぐるみみたいになっててすごく毛が抜けます、その毛が服にくっついて白い部分が真

この服のくまの部分がぬいぐるみみたいになっててすごく毛が抜けます、その毛が服にくっついて白い部分が真っ黒になるんですが、どうしたらいいですか?洗濯についても教えて欲しいです、毛が抜けるのはどうしようもないんですかね?

Aベストアンサー

これからも着たいならば携帯用のコロコロを持ち歩いて、気付いた時にそれで毛を取るしかないと思います。
また、アウターを着てしまうと歩いている時や脱ぎ着する時に擦れてさらに毛が抜けてしまうのでアウターのいらないような季節に着た方がいいですね…。
洗濯に関しては、その洋服だけ手洗いをする方法もあります。
洋服を購入する時は、試着して歩いてみたりアウターを脱ぎ着してみたりなど、きちんと使用されている生地の確認をした方がいいです。

Q「プリント紙化粧繊維板」と「天然木化粧繊維板」の違いは?

「プリント紙化粧繊維板」と「天然木化粧繊維板」の違いは?

北欧風のテレビボードを探しています。
2つの候補があるのですが、値段が倍以上違うので悩んでします。

1つ目は材質が「プリント紙化粧繊維板」となっています(値段は約14000円)。
2つ目は材質が「天然木化粧繊維板(タモ材<ウレタン樹脂塗装>)」となっています(値段は約30000円)。

おそらくはどちらも本当の木材ではなく加工されているものではあると想像出来るのですが、なぜこの2つに値段の違いがあるのかがわかりません。

もし、購入するのであればどちらの方がいいのでしょうか?
出来れば、永く使っていきたいと思っています。
実際は永く使うのであれば、本当の木材を使ったテレビボードを購入した方がいいのですが、ちょっと予算的に無理なので、今回はこの2つから購入したいと思います。

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

◆プリント紙化粧繊維板
 繊維版(パーティクルボード)にプリント紙を貼って化粧仕上げしたもの
◆天然木化粧繊維板
 繊維版(パーティクルボード)に天然木(タモ)の突き板(薄くスライスした板)を貼って化粧仕上げ したもの
 安いのでいいと思います、どちらも湿気にはご用心!
 (繊維板は水に弱いので)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報