うつ病についてですが、
家族と笑ってごはんが食べられる、人の悪口を言える、洗濯物が洗えて整理できる、散歩を楽しむ、などする人はうつではないですか?
病院に通っていて薬もちゃんと飲んでいても何十年も直らない事もあるのですか?
うつ病とはどんな症状なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

うつ病は、心の病気であるとともに、体の病気です。



> 家族と笑ってごはんが食べられる、人の悪口を言える、洗濯物が洗えて整理できる、散歩を楽しむ、などする人はうつではないですか?

そういう、うつの人もいます。

うつの典型例はこんな感じです。
1)気分の落ち込み
2)睡眠障害:特に、早期覚醒と途中覚醒
3)日内変動:朝は元気がなく、夕方になると元気になる
(だから、夕方には、家族とわらってご飯が食べられたりする)
4)毎朝新聞を読むといった習慣が、失われる
5)「消えてしまいたい」という
6)億劫感:外出ができなくなる

うつは体の病気でもあるので、めまい、立ちくらみ、不眠、心拍の上昇、手足のしびれなどを伴うことがあります。身体症状のほうが強くでて、気分の落ち込みが見えにくい場合、自律神経失調と呼んだり、仮面うつと呼んだりします。

うつは治しにくい病気で、何年もかかることもあります。うつ病治療に当たっては、相性の良い医師との出会いが大切で、病院を途中で替えることも珍しくありません。

また、坑うつ剤は効果よりも副作用のほうが強く現われる傾向があるので、薬を飲み続けることが苦痛で、患者が勝手な判断で服用を止めたりして、かえって悪化したりすることもあります。うつは再発率の高い病気なので、薬をやめるタイミングも、医師の指示に従わなくてはなりません(治った後も、半年くらい、薬を出し続けるケースもあります)

坑うつ剤は病気の治療にあたり、30%の役にしか立ちません。ストレス環境を見直し、十分な休息がなければ、薬を飲んでも治りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしく、ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/01 15:16

うつではありません。


質問者様が書かれていることで言えば、「人の悪口を言う」以外のことが、できなくなってしまう(やる気がおきない)のが「うつ}です。
「人の悪口」は、うつの人も言います。他人に対する「許容範囲」が狭い方は、要注意です。「人間関係の構築がうまくできない」のは、「うつ」の大きな要因になるからです。
うつは、微熱が続く、体の痛みがある、不眠、無気力など更年期障害の症状によく似ています。無理解者に「なまけ病」といわれるくらい「何もする気になれない」状態になりますから、家族や職場の方には「理解されにくい」です。
薬を本人が飲むだけでは、まず治りません。
「薬」「休息」「本人と、家族全員のカウンセリング」(まわりの方の理解と協力が、不可欠です。)そして、社会復帰のための「リハビリ」が必要です。
ただ、病院に通っていても、そうしたトータルな治療が行われないと、何十年も治りません。
関係資料をよく調べられることと、病院の一例として千葉県船橋市にある「爽風会 佐々木病院」のホームページをご覧になられることを、おすおすめします。
「人の悪口」、やめましょうよ。ガマンするのはだめだけど、言わないような心がけも「うつ」予防ですよ。
「一家団欒」大賛成です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/01 15:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • うつ病<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    うつ病とはどんな病気か  私たちは、生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、また元気にがんばろうと思える力をもっています。  ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。このため、普段どおりの生...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風呂にも入れないくらいのうつ病ってどんなもの?

うつ病で本当に重症になると、自力で風呂にも入れないと聞きました。そのようなうつ病ってどんな状態なのでしょうか?(生活の仕方とか、気分とか)


また、そこまで重度のうつって何が原因で追い詰められるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
自分もうつ病で、ひと月以上風呂にも入れなければ、歯も磨けない、食事すら面倒でしんどくて出来ない時期がありました。(まずそんな状態では、当然入院となりますが)

当時はとにかく、生理現象以外のことをするのが億劫で身体を動かす事が出来ないのです。
“やらなくてはならない”と当初は思っていましたが、次第にそう思うことさえなくなり、生きる事全てがどうでもよくなって来るのです。
こんな自分に自分をもてあましてしまい、もうはこの世に存在していたくない(自殺願望に近いです)という思いがあるのですが、
自殺する事を行動に移すのさえ無気力で出来ない、その方法さえ考えられない程、思考力、行動力が落ちてしまいます。

人間は何かをする時に意識をするか無意識にするか否かに関係なく、頭(脳)で考えてから行動するものです。
その思考力がさえ落ちてしまい、何も考えられず、ひたすら自分がこの世界に存在している事を憂い、存在を否定し続け、
生きてゆく事に関心がなく、何もかもがどうでもいい、関係ないと思う状態です。

なぜそこまで追い込まれてしまうのか原因は判りません。
それは人にもよるのでしょうが、初期のうつ病には病気になった原因がある程度判ったとしても、
それが重度になってくるとそんな原因はもうどうでもいいことなのです。
自分が生きていかなくてはならない事、その存在自体が疎ましくなるのです。

日常生活で人々が何気なく行っている事が、いかにエネルギーを使わなくては出来ないものなのか思い知らされます。
そこまでゆくともう、そうなった心理状態を作り出す脳の中のセロトニンの分泌とシナプス受容が関係してきます。
うつ病に至った原因がどういったものであれ、関係がなくなるのです。

うつ病は確かに精神的な病気です。一般的に心の病と捉えられますが、あくまで脳の働きによって引き起こるものでもあるのです。
それゆえ、何らかの心理的原因、継続する出来事によってうつ状態になる事はあっても、
日常生活が出来ないほどのうつ病にまでなるには、脳の働きは切っても切り離せないのです。

ですから、重症のうつ病患者がその様な状態に陥った原因は、初期にうつ病に罹った当時の原因となるものは、
その時点ですでに過去のものとなり、精神状態をつかさどる脳の働きによるものと考えられると思います。

こんにちは。
自分もうつ病で、ひと月以上風呂にも入れなければ、歯も磨けない、食事すら面倒でしんどくて出来ない時期がありました。(まずそんな状態では、当然入院となりますが)

当時はとにかく、生理現象以外のことをするのが億劫で身体を動かす事が出来ないのです。
“やらなくてはならない”と当初は思っていましたが、次第にそう思うことさえなくなり、生きる事全てがどうでもよくなって来るのです。
こんな自分に自分をもてあましてしまい、もうはこの世に存在していたくない(自殺願望に近いです)と...続きを読む

Q人の批判や悪口、不平不満などのネガティブなことしか言わない人は何かの精

人の批判や悪口、不平不満などのネガティブなことしか言わない人は何かの精神障害ですか?このようなひとはどういう心理状態ですか?

周りに、口さえ開けば人の悪口や批判や愚痴に不平不満などばかり言う30代の男性がいます。
とにかく、他人がどうしたこうしたと人のことばかり気にしてあげつらっていてます。
しゃべりだしたらきりがなく、際限なく毒を吐いて、同僚から政治家、芸能人と本人のことを棚に上げて
罵り、馬鹿にし倒しています。とにかく、何に関しても前向きなことを言うことはほとんどなく、ネガティブの度が過ぎます。

自分の分をわきまえず学歴がないのに高学歴な人間のことをたいしたことないアホよばわりしたり
自分がいろはもわからないような分野の話や、医者や弁護士などの専門職や政治や経済の専門家など
のことも上から見下すような言い方であれこれバカにしたりケチをつけています。
世界でその男が一番えらいかのように思いあがっています。(それを裏付ける根拠はないです。例えば、なにかですごく成功しているとか、金持ちとか。うぬぼれに陥りがちなものは全くないです。)

人に批判している内容も、はたから見ればその男性にも当てはまることばかりです。人に対して嫌な
気持ちになることは誰でもありますが、私は、「自分はそんなに人のことを偉そうにいえる立場じゃないな」
と考えると言えなくなることがけっこうあるのですが、この男性の場合、そういう内省のようなものが全くありません。自分のことは完全に棚に上げています。
自分の言ったことや、したことの責任も一切取らず、何かうまくいかないことがあるとすべて周りのせいにします。この人がいい悪いとかいうより、ここまで他人のことばかりに関心を向けてとやかく悪くいう様は異様です。

皆さんはどう思われますか? 心理学の知識などをお持ちの方で、答えてくださる方がおられましたらよろしくおねがいします。

人の批判や悪口、不平不満などのネガティブなことしか言わない人は何かの精神障害ですか?このようなひとはどういう心理状態ですか?

周りに、口さえ開けば人の悪口や批判や愚痴に不平不満などばかり言う30代の男性がいます。
とにかく、他人がどうしたこうしたと人のことばかり気にしてあげつらっていてます。
しゃべりだしたらきりがなく、際限なく毒を吐いて、同僚から政治家、芸能人と本人のことを棚に上げて
罵り、馬鹿にし倒しています。とにかく、何に関しても前向きなことを言うことはほとんどなく、ネ...続きを読む

Aベストアンサー

私の父もそういう感じです。

自己愛傾向が
すごく高いのではないでしょうか。

根拠のない自信に他人批判
しかし自分が批判されると
傷つきやすい、というような。

誰にでも多少はこういう側面がありますが
それがいきすぎて、社会生活に支障があると
人格障害と呼ばれます。
いわゆる精神疾患とは違いますが、
カウンセリングで認識の歪みを
地道に是正するしか
現状では医学的な解決策がないようです。

Q母がうつ病で私ももう限界です。

母は10年来のうつ病です。娘の私と二人暮らしです。
うつ病を乗り切るのにどう考えていったらよいのでしょうか。

大きなきっかけは父の借金で、H14年頃から心療内科にかかり、内服を継続しています。父は5年前に亡くなり、相続放棄したため現在借金はありません。母は現在無職ですが、昨年、障害年金申請しそれによる収入はあります。
障害年金申請前から、今後生活していくための経済的な不安がきっかけで、1年に2回、1回約2か月のうつ状態を繰り返していました。うつ状態になると、何に対しても意欲がなくなり一日中寝たり起きたりの繰り返しで、家事はもちろん、入浴や洗顔なども数週間できない状態が続きます。食事はかろうじて私の用意したものを食べます。朝からビールを何缶も飲むときもあります。うつ状態になると、かかりつけの診療内科に連れて行き、点滴治療を毎日数週間継続します。その間、私は何日も仕事を休まなければなりません。母が「休んでほしい」と言い、病院への通院もあるからです。幸い、職場の上司はこの状況を理解してくれているため、休ませてくれますが・・・。昨年からは、通院治療も困難な時があり、訪問看護による自宅での点滴治療も実施しています。
うつ状態は2か月ほどで回復するのですが、調子が良くなると正反対に家事はもちろんすべてこなし、外出が増えます。躁鬱病かと思い、主治医に数回相談しましたが、躁状態には達していないとの判断でうつ病となっています。おそらく、回復した状態でいろいろやりすぎて、それが充電切れのようになり、うつ状態をまた引き起こすのだと思います。
このように、うつ状態と回復状態を繰り返しています。2人暮らしで周りには頼れる親戚などもいません。一人でいるのが辛く、そばにいてほしいのはわかりますが、うつ状態になるたびに私は毎回仕事を長期にわたり欠勤しなければならず、精神的にもかなり負担となっています。入院治療も考え、主治医にも相談しましたが(かかりつけの病院は入院設備なし)、自殺未遂などの行為がなければすぐに入院することは不可能と言われました。確かに、母は「死にたい」とは言っても実際に自殺行為はしません。
1年に2回ほどやってくるうつ状態のたびに、私も精神的に限界となります。
こうやって繰り返していくしかないのでしょうか?入院治療がベストなのでしょうか?そうならどうやったら入院できますか?
脈絡のない文章で申し訳ありません。アドバイスなど頂けたら嬉しいです。

母は10年来のうつ病です。娘の私と二人暮らしです。
うつ病を乗り切るのにどう考えていったらよいのでしょうか。

大きなきっかけは父の借金で、H14年頃から心療内科にかかり、内服を継続しています。父は5年前に亡くなり、相続放棄したため現在借金はありません。母は現在無職ですが、昨年、障害年金申請しそれによる収入はあります。
障害年金申請前から、今後生活していくための経済的な不安がきっかけで、1年に2回、1回約2か月のうつ状態を繰り返していました。うつ状態になると、何に対しても意欲がなくなり...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんの鬱10年。お父さんが亡くなって2人きりで5年。長かったですね。心労お察しします。

今まではあなたの気力も体力も現状を許せて来たのでしょうが、あなたが限界を感じるようになったのですから、そろそろ考え直す時期なのだと思います。人のお世話は進んで出来る内は看病ですが、負担になった時から犠牲になってしまいます。

入院治療に対しても罪悪感を持たずに検討する価値はあると思いますが、実際自殺未遂がない方や生活保護を受けていない方、身寄りのある方には急な任意入院・強制入院を受け入れない所が多いのは事実です。ただ起き上がれず風呂にも入れないということですから、生活改善の為の入院治療を申し出ることは出来ると思います。「急」でなければ入院治療が出来ない訳ではないということです。

かかりつけの病院だけに相談するのではなく、色々な病院をネットで調べ、あなたの状況に親身になってくれる場所を電話や訪問で探し、初診を受けてみることをお奨めします。どうしても急な入院が必要なら大学病院にベッドの空きがあることもありますから、諦めずに受診することも必要かとも思います。問い合わせ、受診の際はあなたの心身の状況も同時に伝え、相談することです。

本来お母さんに子供がいない場合は年金と引き換えに通院、入院治療を行政と病院が検討するはずだと思いますが、鬱症状が年に二回と回復が見られるようですから、御自分での通院も可能なのではとも思います。あなたに一緒にいて欲しい気持ちは理解しますが、あなたにはあなたの人生があるのですし、鬱だからといって通院に常に付き添いが必要だと私は思いません。一人で鬱と戦っている方は沢山いらっしゃいますし、掛かり付けの医者の言う躁状態に達していないという見解も他の医師の見解は異なるかも知れず、まだやることは残っていると思います。

お母さん1人での通院が目標であること、当人に要治療の意識を持ってもらいたい旨や生活改善、躁鬱の可能性等を迷わず他の医師にも相談することだと思います。医師と母親との関係を治療に際し構築してくれる医師を探すことです。「うつ病を乗り切るのにどう考えていったらよいのでしょうか」という質問をあなたではなく、お母さん本人に問うてもらうことが大切だと私は思います。

あなたが罪悪感を持ちながら、それでも自分まで潰れてしまわないよう気を張っていらっしゃることは良くわかります。母親は母親ですから見捨てろと言っているわけではなく、あなたの人生も犠牲にしてしまわないように上手くバランスを取る努力をするという提案です。あなたが体調を崩したら今のままではお母さんを病院に連れて行く人がいなくなってしまいますから、お母さんが御自分の鬱と向き合い、完治までの治療を御自分で責任を持ってされることを促すことが適切と考えます。

鬱になってから病院を探すのではなく、お母さんの調子が良い時に相談出来る場所を探すことだと思いますから、入院治療で骨組みを作り、後々のことは医師と相談しながら上手くあなたの生活をも守れると良いと思います。諦めず頑張って下さいね。応援しています。

お母さんの鬱10年。お父さんが亡くなって2人きりで5年。長かったですね。心労お察しします。

今まではあなたの気力も体力も現状を許せて来たのでしょうが、あなたが限界を感じるようになったのですから、そろそろ考え直す時期なのだと思います。人のお世話は進んで出来る内は看病ですが、負担になった時から犠牲になってしまいます。

入院治療に対しても罪悪感を持たずに検討する価値はあると思いますが、実際自殺未遂がない方や生活保護を受けていない方、身寄りのある方には急な任意入院・強制入院を受け...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報