タイトルそのままです。
違いを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ICD-10は、国際疾病分類(International Classification of Diseases)です。

世界保健機関が作成した国際的に共通の疾病分類と診断基準となります。
DSM-4は、精神障害の診断・統計マニュアル(Diagnostic and Statistical Manual of Mental disorder)のことです。米国精神医学会が作成しました。

しかし、この2つに差異はあまりないそうです。
なぜかというと、ICD-10を作った人々とDSM-4を作った人々が同一のアメリカ人医学者たちだからだそうです(町沢静夫『こころの健康事典』朝日出版社より)

参考URL:http://www.sheport.co.jp/MMlist_first.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDSM-5の表記はなぜDSM-Vではないのですか?

精神障害の診断と統計マニュアルのDSMはⅠからⅣまでは
ローマ字表記になっていました。
最新のDSM-5はDSM-Ⅴではなく数字で表記されています。
これは何か理由があるのでしょうか?

おしえてください、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

https://en.wikipedia.org/wiki/Diagnostic_and_Statistical_Manual_of_Mental_Disorders#Future_revisions_and_updates_.282013_and_beyond.29

によると5th editionからDSM-5.1, DSM-5.2などと頻繁に改訂をするそうです。これはローマ数字ではやりにくいです。

Q私の妻は、テレビに映った人の動きを鏡像ではなくそのまま自分の右左で認識しているようです。

ちょっと分かりにくいですが、向き合っているとき、例えば私の左のほっぺたに米粒が着いているとき、「御飯が付いてるよ」と言って、自分の左のほっぺたを指さします。それを見た私は、彼女を鏡像に見て、自分の右のほっぺたに着いているものとして取ろうとすると、空振りします。

これまであまり意識してこなかったのですが、テレビのダンス(ちなみにイカ大王ですが)をマネしようと踊ると、鏡像ではなく、正しく右左の振りをまねます。

不思議です。
他にもこういう方は居られるでしょうか。
何か心理学的な説明って有るのでしょうか。

Aベストアンサー

右と左の関係にたいへん興味を持っているのですが
ちょっとおもしろい例ですね

先日、飲み屋で他人のカラオケを聞いていたのですが
歌っている人が
一行に並んでいる歌詞の右から先に歌い、それから前の歌詞を歌っているのです
(ちょうど上の行の、点を境に右と左を逆に読むのとおなじです)
歌詞の数と小節があうので、歌うにはおかしくない

ふざけて歌っているのでもなく、普通に歌っていました

たぶん右が先に脳に入り、それから左が入るのでしょう

そんなことがあるわけがないと言う方もいるようですが
脳はときどき普通の人には考えられないおもしろい症状を見せてくれます

いつも通っている道の片側だけが記憶にない人
(帰り道なら反対側が記憶にない)
行きと帰りを思い出せば、両方が思い出せる
こういう症状の人もいます

目に見える画像が逆転している人もいます
鏡像で見えている人もいます

本人には生まれつきですから慣れていて
まわりも気がつかないこともあります

日常には差しさわりがないようですが
もしかしたら、そういうめずらしい人なのではないですか

いや、しかし
たんに、さかさにモノを見られる(考えられる)特殊技能を持っているだけかもしれませんが
(幟(のぼり)を裏から見るように、逆の文字をさっと書ける人もいますからね)

右と左の関係にたいへん興味を持っているのですが
ちょっとおもしろい例ですね

先日、飲み屋で他人のカラオケを聞いていたのですが
歌っている人が
一行に並んでいる歌詞の右から先に歌い、それから前の歌詞を歌っているのです
(ちょうど上の行の、点を境に右と左を逆に読むのとおなじです)
歌詞の数と小節があうので、歌うにはおかしくない

ふざけて歌っているのでもなく、普通に歌っていました

たぶん右が先に脳に入り、それから左が入るのでしょう

そんなことがあるわけがないと言う方もいるようですが
...続きを読む

QDSM-ⅣからDSM-5への変更理由はなんでしょうか?

心理学を独学しているものですが、Ⅳから5への変更点(広汎性発達障害が自閉症スペクトラム障害に整理された)は調べるとよく出ているのですが、変更する理由はなんだったのでしょうか?

その他、多軸診断にまつわることなど予備知識がありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

(DSM-IV-TR)"通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害"の中では、中カテゴリーの一つ"コミニケーション障害"、その次の中カテゴリーに"広汎性発達障害"、その次の中カテゴリーに"注意欠陥および破壊的行動障害"が分類されている。中カテゴリー"広汎性発達障害"には、「自閉性障害」「レット障害」「小児期崩壊性障害」「アスペルガー障害」「特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む)」のサブカテゴリーが分類されている。 
その「特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む)」に関しては、次の説明がなされている。
~~~ 特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む) ~~~
このカテゴリーは、対人的相互反応の発達に重症で広汎な障害があり、言語的または非言語的なコミュニケーション能力の障害や常同的な行勤・興味・活動の存在を伴っているが、特定の広汎性発達障害、精神分裂病、分裂病型人格障害、または回避性人格障害の基準を満たさない場合に用いるべきである。たとえば、このカテゴリーには、“非定型自閉症” ――発症年齢が遅いこと、非定型の症状、または閾値に達しない症状、またはこのすべてがあるために自閉性障害の基準を満たさないような病像―― が入れられる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この説明だと、中カテゴリーの一つ"コミニケーション障害"に区分してもいいように思えます。
ところで、DSM-IVで、実際に英国で1998~1999年に2.5~6.5歳の児15500名を調べたら、97名が中カテゴリー"広汎性発達障害"で、内56名が「特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む)」だったそうです。
http://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/193955
そして、DSM-IVからDSM-5に変更する際に、色々変更がある中で、"1.Neurodevelopmental Disorders"の中では、中カテゴリーの一つ"Communication Disorders"の中にサブカテゴリー「Social (Pragmatic ) Commmunication Disorder」が設けられたようです。 DSM-IVの中カテゴリーの一つ"コミニケーション障害"にはそうしたサブカテゴリーはないです。

http://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/193955によるならば、56名の「特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む)」を除くと、"広汎性発達障害"には、26名の自閉性障害、13名のアスペルガー障害、1名のレット障害、1名の小児期崩壊性障害という状態になります。
しかし、そのDSM-IVによるアスペルガー障害(DSM-Ⅲにはアスペルガー障害はない)に関しては、議論があるようです。 http://synodos.jp/society/4414/2
日常用語あるいは一般の診断名称のアスペルガーと"DSM-IVによるアスペルガー障害"とはちょっと違うらしいですし、はっきりしたことが言えない、診断としての有用性が疑問視されるとなると、同なのでしょうか。
DSM-IVの"広汎性発達障害"から、「特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む)」と「アスペルガー障害」を外してしまう考えた場合には、「Autism Spectrum Disorder」{自閉症スペクトラム障害}という名称の中カテゴリーにするというのは、まあ、そんなもんかいな という気もします。

DSMは診断基準というよりも、分類基準という思考で考え、どう区分整理するか、他の症状や他の身体疾患やら多くの要素、重症度などをとう統一的に扱うのかという点で改善をしていると考えてはどうでしょうか。 「心理学」にも色々な考えがあると思いますが、、、、

(DSM-IV-TR)"通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害"の中では、中カテゴリーの一つ"コミニケーション障害"、その次の中カテゴリーに"広汎性発達障害"、その次の中カテゴリーに"注意欠陥および破壊的行動障害"が分類されている。中カテゴリー"広汎性発達障害"には、「自閉性障害」「レット障害」「小児期崩壊性障害」「アスペルガー障害」「特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む)」のサブカテゴリーが分類されている。 
その「特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症を含む)」に関しては、次の...続きを読む

Q本のタイトルを教えてください

太宰って作家先生の作品で、冒頭に手を握って笑ってる子どもの写真の話が出てくる作品のタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

太宰治の「人間失格」ですね。たぶん。

Qアメリカの診断基準であるDSM-IVとDSM-IV-TRの違いって何で

アメリカの診断基準であるDSM-IVとDSM-IV-TRの違いって何ですか?基本的な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

DSM-IVは,アメリカ精神医学会によって,第4版の精神疾患の診断・統計マニュアルとして,DSM-III-Rから1994年大改訂を受けて出版されました。
それが2000年に,小改訂され,DSM-IV-Rとなりましたが,基本的にカテゴリーは変更を加えず,文章(Text)のみの,変更となっています。
それでText revision(TR)と呼ばれます。

http://www.behavenet.com/capsules/disorders/dsm4TRclassification.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%81%A8%E7%B5%B1%E8%A8%88%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D

WHOは,全ての疾患の分類という野心的な事業に出て,現在ICD-10になっていますが,1990年に基本設計ができて更新されていません。
http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/ICD10/
http://www.hosp.go.jp/~kamo/psy/icd-10f.htm
ただ,日本の厚労省は,ICD-10を元に日本語化して,病名をコードかして,保険計算などもしやすくしようとしています。

アメリカで,精神疾患の保険請求はDSM-IV-TRでやって,その他の疾患はICD-10で行っています。

ただ,ICD-10の精神疾患の分類の古さも,目立つようになって,それでは双極I型障害と双極II型障害の区別がありません。
私は,躁うつ病だから,DSM派だけど,確かに好みがあるし,公立病院系だとICD-10でコードしなければ,ならない事情もあるようです。
私は,全体として,DSMの方が信頼が高いと思います。
操作的診断を用いるのは両者とも同じです。

DSM-IVは,アメリカ精神医学会によって,第4版の精神疾患の診断・統計マニュアルとして,DSM-III-Rから1994年大改訂を受けて出版されました。
それが2000年に,小改訂され,DSM-IV-Rとなりましたが,基本的にカテゴリーは変更を加えず,文章(Text)のみの,変更となっています。
それでText revision(TR)と呼ばれます。

http://www.behavenet.com/capsules/disorders/dsm4TRclassification.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%81%A8%E7%B5%B...続きを読む

Q特別と価値の違いを教えてください。

早速ですが、「自分は特別だ」と思うことと「自分には価値がある」と思うことはどこが違うのでしょうか? 又、これらを持ち合わせている人を自尊心があるというのでしょうか?
自尊心がある=自己承認出来ているということですか? もしくは自己承認は他者との関わりでしか生まれないものでしょうか?

無知でさっぱりわかりません。
教えて頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
あまり、参考になるかはわかりませんが回答させて頂きます。
この質問にはそれぞれ2つの捉え方ができます。
『自分は特別だ』の“特別”というのは
対象物とはっきりした区別がある、格別な違いを表します。
つまり、対象となる何か。この質問の場合、自分を主体にあげていますので『他人』に当てはまります。
簡単に言えば他の誰もほとんどができない事が、自分にだけはできる。という事です。

『自分には価値がある』の“価値”は、三種の意味がありますが「自分には」ですので、この場合も他人が対象となるので、どのぐらい人の役に立つのかの度合いと受け取れます。

どちらも他人を対象にしていますので2つの違いは価値と特別の言葉の違いそのものとなります。詳しく知りたいのであれば、辞書で調べる程度で理解できると思います。
 
次に自尊心ですが
“自尊心”は国語の意味と心理学の意味が違います。
(自惚れと同一化した解釈もありますが、はぶかせてもらいます)
国語では
自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。

心理学では
自己に対して一般化された肯定的な態度。

一見、同じにも見えますが
説明しやすいように、一部を取り上げると
国語の意味では『他からの干渉を排除する態度』
心理学の意味では『自己に対して一般化された肯定的な態度』
国語では対象が他人です。心理学では対象は自己です。
なので『自分は特別で自分には価値がある』といった人間は、対象が他人なので国語的自尊心の持ち主と言えます。
ですが、対象が他人である以上、国語的自尊心の持ち主は“自己”承認ができているとは限らないといえます。

心理学的自尊心ならば対象が自己ですので
「自分は特別」では無く「自分には特別」
「自分には価値がある」では無く「自分にとっては価値がある」となるはずです。

私の経験を例にあげますが
学生時代、すぐに人を否定するクラスメイトがいました。
彼は非社交的で、嫌われ者でした。成績が最下位だった為、そこをよく取り上げられ陰口をたたかれいたのですが、彼は周りの人間を見返す為、毎日毎日勉強し成績はトップクラスに上り詰めました。それでも誰も彼を見直しても、人間性を認めはしませんでした。
彼は質問にあるように自分は価値があるといった主旨の発言が多くなり、周りの人間の言葉は負け犬の遠吠えに聞こえていると言っていましたが、他人の否定が入らなければ自己を保てない限り、彼は自己肯定を意地にこなしたまでだとわかります。

自己承認なら周りを敵に回すのではなく、自分の性格の難を認めて味方につけなければなりません。

彼の勉強という努力は彼自身にとって成績が上がらなくとも価値のある物です。周りの人間にとっては価値が無くとも、成績が上がらなかったとしても彼にとって頑張った努力は彼だけの物で誰かが否定する権利は無く、人と比べる必要も無い、彼にとって価値のある物です。彼はそれを認めず人と比べる事で証明しようとしましたが、自己承認ができていれば比べるまでもありません。
(彼は今、自己承認した立派な大人になっています)

長文の上、わかりにくくなってしまいましたがもう一つ例をあげさせてください。
私は最近趣味でランニングを始めました。大した距離では無いですが走れば疲れます。運動不足ですし、タバコも吸っています。それでも、目標距離までは疲れてもやめず全力で走り疲れて家に帰ります。
普段から健康的で体力のある人からすれば大した距離では無いし、その程度では疲れません。
でも、私にとっては疲れます。誰が何と言おうと私には辛い距離です。人から大した距離じゃないと言われたとしても実際クタクタですし、全力で走ったので頑張ったと胸を張れます。私は頑張った事を自分で承認しています。大した距離で無くとも馬鹿にされようとも頑張りを認めています。私にとっては少ない距離でも価値があります。
逆にもしもこれから奇跡的に体力が休息に伸び世界トップクラスになり周りが自分を頑張ったと価値がある人間だと認めたとしても、目標まで全力で無かったのなら私にとっては価値はありません。

さらにわかりにくくなったかもしれませんが以上の事から

自分は特別=他人が対象=国語的自尊心がある=自己承認できていない可能性が高い  ※対象が他人なので人との関わりが必要になる (他人に認めてもらうのは他者承認です)

自分には特別=自己が対象=心理学的自尊心がある=自己承認できている可能性が高い ※対象は自己なので人との関わりは必要ない
といった結論がでます。

可能性と書いたのは、自己承認といっても物事それぞれに当てはまる物でもあるので全ての自己を承認できているかはわからない事と心理学的自尊心と自己承認が近い物ですが違う物なので、曖昧な表現をさせてもらいました。

(諦め、工程、妥協、目的のすり替え、他者比較は自己承認ではありません。心理学的自尊心は一般化された態度であって、これらの感覚が必要無くなり、他の感覚と変わらなくなった事を示します)

簡単な説明ですが回答させて頂きました。
参考になれば幸いです。

(心理学的自尊心と自己承認の違いや疑問があれば補足をお願いします)

こんにちは。
あまり、参考になるかはわかりませんが回答させて頂きます。
この質問にはそれぞれ2つの捉え方ができます。
『自分は特別だ』の“特別”というのは
対象物とはっきりした区別がある、格別な違いを表します。
つまり、対象となる何か。この質問の場合、自分を主体にあげていますので『他人』に当てはまります。
簡単に言えば他の誰もほとんどができない事が、自分にだけはできる。という事です。

『自分には価値がある』の“価値”は、三種の意味がありますが「自分には」ですので、この場合も他人が対象...続きを読む

Qいつもお世話になってます。質問なのですがDSMーIVーTRの『TR』と

いつもお世話になってます。質問なのですがDSMーIVーTRの『TR』とは何ですか?

Aベストアンサー

Text Revisionじゃない?

http://www.psych.org/mainmenu/research/dsmiv/dsmivtr.aspx

#一番目にヒットしたサイトは、さらっとTRを無視してくれましたorz
http://acronyms.thefreedictionary.com/DSM-IV-TR

Q心理学的に憎しみと恨みのの違いを教えて下さい。

心理学的に憎しみと恨みのの違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

心理学には関係がない質問のようです。
日本語では、憎しみは(自分や自分の属する集団が受けていることには関係がなくても)イヤダ、気に入らない等の感情が起きているときに、その感情を起こした原因になるものに対する気の持ちよう(持ち具合)を差すのが多いです。悪人を憎む、悪行を憎む、金持ちを憎む、貧者や穢れを憎む、犯行や殺人を憎む、運命を憎むなどの用法が可能です。
日本語では、恨みは(自分の状態や過去などについて哀しく不満に思っていてそうじゃなくありたいと考えている場合、自分や自分の集団がやってしまったことを悔恨/慚愧する・もうヤダ、もうごめんだと忌避する場合と、自分や自分の集団が被ったと考えている損や被害を起こした主体を憎む・敵視する/復讐したい・攻撃したい場合に)使うことが多いです。 自分の生まれや能力資質を恨む、自分を見捨てた親や恋人を恨む、加害者を恨むなどの用法が多く、直接文面には自分が出てこなくても自分が受けたことや自分の才能のなさなど、自分が関わっているのが普通です。
害意を含む憎しみも、害意を含まない恨みもあるので、害意の有無を判断基準にして憎しみや恨みを考えることは難しいと思います。

心理学には関係がない質問のようです。
日本語では、憎しみは(自分や自分の属する集団が受けていることには関係がなくても)イヤダ、気に入らない等の感情が起きているときに、その感情を起こした原因になるものに対する気の持ちよう(持ち具合)を差すのが多いです。悪人を憎む、悪行を憎む、金持ちを憎む、貧者や穢れを憎む、犯行や殺人を憎む、運命を憎むなどの用法が可能です。
日本語では、恨みは(自分の状態や過去などについて哀しく不満に思っていてそうじゃなくありたいと考えている場合、自分や自分の集...続きを読む

Q DSM(ディープサブミクロン) と DSM LSI について

「ディープサブミクロン(DSM)」と「DSM LSI」はなにか教えてください。
素人なのでわかりやすく教えてくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

LSIに作りこむ配線の幅(フィーチャーサイズ)が、1ミクロンよりもずっと小さいLSIのことをディープサブミクロンLSIといいます。
数年前は、フィーチャーサイズが0.25ミクロンとか、0.13ミクロンとかになって、さかんにディープサブミクロンなんて言葉をつかっていたのですが、
現在の最先端のLSIは、例えばIntelのペンティアムなんかは、フィーチャーサイズ45nm(0.045ミクロン)まで小さくなってしまいました。ここまで小さくなると、そもそも1ミクロンと比べているディープサブミクロンなんて言葉自体が感覚にあわなくなってきてますね。

ただし、0.25ミクロンとか0.13ミクロンのLSIも、分野によってはまだまだ現役で使われているので、ディープサブミクロンて言葉も使われてます。

Q「本音」「本心」「本気」「本性」の違いを教えてください。

「本音」「本心」「本気」「本性」の違いを教えてください。

この4つの言葉ですが、違いがあるとしたら何ですか?
それぞれの違いを分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

自分の本当の気持ちが「本心」で本心で言いたい事が「本音」
マジで取り組むのが「本気」
自分を一切飾らずむき出しにするのが「本性」

あなたの質問に対して
“こんなこともわかんないの”が本音。“分かる範囲で答えられるから答えてみよう”が本心。
書き方は理解できるように本気で考えよう。
本当はめんどっち。本性(Butこれは違う)
本性は出す必要ないだろう。これが本心。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報