今、SF小説『ニューロマンサー』を読んでいて、もうすぐ読み終わりそうなのですが、自分の知っている他のSF小説よりも、すごく細かいところまで作り込まれていて、とても作者のウィリアム・ギブスンだけが作った世界には思えないほどでした。
それに、日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないかと思いました。

それで、質問があるのですが、『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか? 
そうではなくて、他にウィリアム・ギブスンが参考にしたり影響を受けた作品などがあるのでしょうか?
あるいは、あれだけの世界が出来上がるまでには、ウィリアム・ギブソンの他の作品にそこにいたるまでの経緯があるのですか?
または、SF小説の歴史のなかに、ああいう世界へ繋がる伏線のようなものがあったのでしょうか?

SF小説や、SF小説の歴史について詳しい方がもしいたら、ぜひ教えてください。参考になるガイドブックやウェブなどの紹介でも結構です。おねがいします。

※まだSF小説にはまりはじめたばかりなので、SF小説をたくさん読めていません。もしかしたら、すごく見当違いの質問をしているかもしれません。(そうでしたら、ご指摘おねがいします。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1さんが端的にまとめられていますが、せっかく書いたので^^;



まず、SF史における『ニューロマンサー』の位置付けですが、
一般的には「サイバーパンクの代表的作品」ということになっています。

サイバーパンクというのは、80年代に流行したSFのスタイルあるいは運動のことですが、
その定義や呼称については当時から様々な立場があり、私にまとめる力はありませんので、
とりあえずWikipediaを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4% …
(私の感覚では『接続された女』や 『AKIRA』はサイバーパンクの範疇から外れるように思います)

>『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか?
これは難しい質問ですね。"『ニューロマンサー』のような小説世界"をどう定義するかによります。
サイボーグや電脳化といった個別の要素についてであれば、必ずしも『ニューロマンサー』が初登場、というわけではありません。
しかし、『ニューロマンサー』の世界設定や描写・文体が大きな反響を呼んだのは確かですし、
サイバーパンクという用語自体
 "ウィリアム・ギブスンの小説を表わすために、ガードナー・ドゾアが造りだした造語"(ルーディ・ラッカー)であり、
 "これらのSFを『ニューロマンサー』派SF、すなわちニューロマンティックと呼ぼう"(ノーマン・スピンラッド)
と言われていたくらいですから、『ニューロマンサー』のような小説世界が、全体として、極めて画期的で前例のないものであったのは確かです。

>日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないか
上記リンクでも『攻殻機動隊』に触れられていますし、『攻殻機動隊』の著者あとがきにもサイバーパンクについての言及があります。
士郎正宗が直接『ニューロマンサー』の影響を受けたかどうかは別にして、サイバーパンクという潮流の中に位置することは確かだろうと思います。
ちなみに"身体改造(サイボーグ)","電脳空間","ミラーシェイド(ミラーサングラス)"はサイバーパンクの特徴的な小道具です。

>ウィリアム・ギブソンの他の作品にそこにいたるまでの経緯があるのですか?
ギブスンの"もっともポピュラーなデビュー作"(山岸真)である『記憶屋ジョニイ』は
『ニューロマンサー』と同じ世界を舞台にしていますから、『ニューロマンサー』はその延長線上に書かれたものだと言えます。

>SF小説の歴史のなかに、ああいう世界へ繋がる伏線のようなものがあったのでしょうか?
これも"ああいう世界"をどのような世界と捉えるかによりますが、とりあえず参考として…
S-Fマガジン'86年11月号(No.345)のサイバーパンク特集に、「サイバーパンク作家に行ったアンケート」の結果がありました。
「サイバーパンク的な面で影響を与えた人をあげてください」という問いに対して、
複数のサイバーパンク作家が名前をあげたSF作家として次のような名前が挙がっています。
・J・G・バラード
・ハーラン・エリスン
・ノーマン・スピンラッド
・コードウェイナー・スミス
・サミュエル・R・ディレイニー
・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
つまり、サイバーパンク運動は、こういった作家の影響を受けて成立した、と言えるでしょう。

>参考になるガイドブックやウェブ
申し訳ありませんが、具体的にはちょっと思い当たりません。
サイバーパンク作家と言われている作家の作品を実際に読んでみるのが一番かと思います。
80年代のS-Fマガジンがもし手に入れば、この系統に関する小説・評論等多数掲載されていますので、参考になると思います。

雑駁ですがご参考まで。長乱文陳謝。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧で詳しい回答をしてくださって、ありがとうございました。私の感じた「ああいう世界」というのはまさに「サイバーパンク」的世界のことだと思います。解説してくださった『記憶屋ジョニイ』はぜひ読んでみるつもりです。S-Fマガジンの紹介もありがとうございました。名前の出ている作家について調べてみたいと思います。すごく参考になります。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/09/05 20:59

ほかの回答者様が大変詳しく書かれているので


あまり参考にならないかもしれないですが、
私としてはサイバーパンクを生んだ先駆者的な
作家は、「ブレードランナー」の原作者、
フィリップ.K.ディックではないかと思っています。
あとは、やはり前述されているように、
ジェイムズ・ティプトリー・Jrでしょうか。
「接続された女」以外でも、「愛はさだめ、さだめは死」など、
短編集などとても興味深いので、
ぜひお時間があったらごらんになってみてください。
このかたの人生そのものが物凄くドラマティックです。
アフリカやインドで育ち、10代で展覧会をひらくような
グラフィックアーティストからさらにペンタゴン勤務、CIA...
そして、自殺まで。現実はまさに、小説よりも奇なり、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ちょうど、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の~』はつい先日読み終わってとても感動したところです。SFにはまってきたのはこの辺りからです。他の本も読む予定です。ジェイムズ・ティプトリー・Jrの名前は知らなかったので、ぜひ探して読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/05 21:03

#1です。


書き間違えました。訂正します。

最後の段落の
>世界観が『ニューロマンサー』の系譜
は、
「『ブレードランナー』の系譜」の誤りです。
m(_ _)m
    • good
    • 0

いわゆるサイバーパンクといわれる小説群は『ニューロマンサー』が創始だと言っていいと思います。

順番としては、『クローム襲撃』が先ですが強く世界に影響を与えたというほどではないと思われます。
舞台となる電脳空間といい、あたらしい術語の数々といい、当時の読者にあたえた衝撃は相当大きいものがありました。これがポスト・モダンの草分けになるのではないか、などとよく人と話し合っていたことを覚えています。

サイバー・パンクの出自についてはこちら↓に詳しく書かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4% …

ここ↑にあるように、『接続された女』『ブレードランナー』などが先駆的な作品だといっていいと思います。

また、ウィリアム・ギブソン自身の発言として、来日時のNHK特番の中では、『ニューロマンサー』のチバシティのイメージは、映画『ブレードランナー』の舞台である"酸性雨が降り注ぐロサンゼルス"に強く触発されて書いたものだ、というのがあります。
少なくとも、あのノーボーダーで独特な世界観が『ニューロマンサー』の系譜である、というのは確実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにすぐに返答していただけるとは思っていませんでした。ありがとうございます。「サイバーパンク」という言葉についてわかってきました。当時でもやっぱり衝撃的な小説だったんですね。うれしいです。
ウィリアム・ギブスンの来日時の発言も紹介してくださってありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2007/09/05 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィリアム・ヘンリー・ゲイツ三世

ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ三世はビル・ゲイツさんの本名ですが、

ウィリアムさんはビルと呼ばれるケースが多いようですが、なぜですか?

Aベストアンサー

いくつかの説や主張があるようです

・V, W,はアルファベットの元としてVVと共通であるから(Vill→Billになったのでしょうか)
・WilliamのWの古典的発音がBになった(たぶん現代のウィリアムとは少し音が違っていた可能性がある)
・かなり昔の見回り警官がVillもしくはWilliamとう人で、bill(警察)だったから [下記リンク参照]。そしてbillは"なた"を意味し、警官がもつ武器も意味していた
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=00727800&p=bill&dname=1na&dtype=1&stype=0&pagenum=1
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=00727700&p=bill&dname=1na&dtype=1&stype=0&pagenum=1
・もともとのドイツ系の発音でWilliamは、Villiam(ヴィリ-)で、Vの音をBにした
・下記と同じく、そうなったから(たいした意味はない)
 Richard→Rich→Rick→Dick
 John→Jack
 James→Jim
 Robert→Bob
・そのほうが耳に聞きやすく受け入れられ、愛称としてBillという名前が短縮形としてそれが定着したから
など

いくつかの説や主張があるようです

・V, W,はアルファベットの元としてVVと共通であるから(Vill→Billになったのでしょうか)
・WilliamのWの古典的発音がBになった(たぶん現代のウィリアムとは少し音が違っていた可能性がある)
・かなり昔の見回り警官がVillもしくはWilliamとう人で、bill(警察)だったから [下記リンク参照]。そしてbillは"なた"を意味し、警官がもつ武器も意味していた
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=00727800&p=bill&dname=1na&dtype=1&stype=0&pagenum=1
 http://...続きを読む

QSF小説で「まわれ(せ?)光車」だったでしょうか?

中学のころまさしく1夜にして読んだ本です。図書室にあった本で、すでにぼろぼろだったので30年近く前の本かもしれません。もう一度借りようと思ったときには処分されたのか本棚に並んでいませんでした。
中学生たち数人のグループが主人公で、町の中にちりばめ隠された『光車』を探していく話だったと思います。
それを探して何になったのかとかまったく覚えていませんが、展開の速い内容だったと思います。
是非もう一度読みたいのでご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして!

私もその内容を読んだことがあったので。
天沢 退二郎さんの「光車よ、まわれ!」ではないでしょうか。

内容的にも「光車」を探していくお話で、30年以上前の本なのであっていると思うのですが。
話が結構容赦ないわりに児童文学だったので驚いた記憶があります・・・^^;

Q世界一の名言

名言はどうして名言になるのか教えて下さい。世界一の名言はなんですか?

Aベストアンサー

名言はどうして名言になるのか?

長い言葉で真理を語っても、人は馬鹿なのでその内容を理解できないから

世界一の名言

「オイル添加剤は車のオロナミンCです」by近くのスタンドの店長

Qこの本のタイトルを教えて下さい(外国のSF小説)

こういった内容の外国の小説についてご存知ないでしょうか。

・主要登場人物は、主人公の少年と父親、そして主人公の友人(やはり少年)

・主人公の友人は、主人公より少し大人びている

・冒頭は「○月(あるいは○○祭のシーズン)は子供にとって最も楽しい月だ。何故なら×月は…だが、○月は…なので」といった、季節の紹介から始まる。

・主人公の少年達は、謎のサーカス団を見に行き、そこで友人が行方不明になる。

・主人公の少年と父親は、その友人を探す

・友人は「乗っていると年をとってしまうメリーゴーランド」に取りつかれてしまい、どんどん年寄りになってしまう。

といった内容だったのですが、うろ覚えで、少し事実と違うかもしれません。ただし「ダレン・シャン」ではありません。といいますか「ダレン・シャン」を読んだ時「そういえば昔読んだあの話にちょっと似てるな…」と思ったので。

Aベストアンサー

レイ・ブラッドベリ「何かが道をやってくる」
http://spn05147.co.hontsuna.com/article/966657.html
これではないでしょうか?

Qこの世に名言を残すには

この世に名言を残すにはどうすれば良いでしょうか?家族や友達の中での名言、歴史に残る名言なんでもいいです。

Aベストアンサー

ただ名言を残したいのであれば…

人が悩んでいたら、必ず助け、そのときにその人の心を揺さぶるような言葉をかけるといいのではないのでしょうか。

そうやってたくさんの人を救えば
「この前、知らない人に助けられたんだけど、その人がこんな言葉を言ってたんだ…」
と、広がるでしょう。

偉くなれなくても、人を助ければ十分立派だと思います。

Q小説『火車』(宮部みゆき著)の面白さを教えてください

こんにちは。

タイトル通りです。
この作品の面白さがどこにあるのか、教えてください。

私は普段、小説はあまり好んで読みません。ですが人気作家さんの代表作ぐらいは押さえておきたいと『火車』を読み始めました。しかしamazonにあるレビューのように、面白い!と思うことができずにいます。(現在半分ぐらい読みました)
これは私にとって、とてもとても悔しいことです。
ちなみに、amazonのレビューはネタばれに配慮した内容になっているので、具体的にどこが面白いのかが書かれていないため参考になりませんでした。
ですから、ネタばれでも結構です。
宮部みゆきさんの『火車』、ここが面白い!と皆さんが思うところを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
世の中は結構なスピードで進んでいて時代背景がかわっていますよね。
火車のカード破産の恐怖とかその当時は読んでいておもしろかったが今読んでおもしろいかどうかはわかりません。ケータイがない話だってざらにあるのだから。
まあそれでもいいものは残っていくとおもいます。

直木賞をとった、”理由”よりレベル7の方が私は面白かったしね。

回答としては読んだのがかなり昔なので曖昧ですが、
火車のラストはあやふやで真相をしりたいとおもいましたね。
それを読者がいろいろ想像するというのも斬新だったとおもいます。
では。

Q名言をことわざと同じ扱いする人に違和感

名言をことわざと同じものとして使う人に違和感あります。

名言って、その言葉を言った人のファンだけが知ってるマニアック情報でしょ?

たまに誰かの名言を引用して、こちらが知らないと 「え?この名言知らないの?」って言ってくる人いますけど、ことわざでもないのに興味のない人の名言なんかいちいち覚えますか?

「報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは呼べない」

これが王貞治が言ったとかいうのは、王貞治が好きな人しか知りません。興味のない人は篠田麻里子の名言もマッカーサーの名言も同じレベルで知りません。

興味のない人の名言を逐一覚えているような変わった人いますか?


他にも名言扱いされてる言葉はいくらでもありますが、それはその人のファンがありがたがればいいだけで、知らない人にまで教えにくる必要はないと思います。


(1)名言をことわざと同じ扱いする人は、他人が自分と同じものに興味があると思っているのでしょうか?

(2)このような人にはどう対処すればいいですか?

こんな変な人にでも下手に出てあげて、「へー、そうなんだ。」と言ってあげないといけませんか?

名言をことわざと同じものとして使う人に違和感あります。

名言って、その言葉を言った人のファンだけが知ってるマニアック情報でしょ?

たまに誰かの名言を引用して、こちらが知らないと 「え?この名言知らないの?」って言ってくる人いますけど、ことわざでもないのに興味のない人の名言なんかいちいち覚えますか?

「報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは呼べない」

これが王貞治が言ったとかいうのは、王貞治が好きな人しか知りません。興味のない人は篠田麻里子の名言もマッカー...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

(1)名言をことわざと同じ扱いする人は、他人が自分と同じものに興味があると思っているのでしょうか?
 
 名言は、長~い出来事の「一部分」を取り上げた“だけ”
その“長~い出来事”を知らなければ、ほとんど、意味がない。

 ことわざは、必ず「逆の意味のもの」が用意されています。(ご存知ですね^^)
例)三度目の正直 ⇔ 二度あることは三度ある
  
 ただ、名言も、ことわざも、同じレベルではないですか?(・・?)



(2)このような人にはどう対処すればいいですか?

「報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは呼べない」

「へー、そうなんだ。努力は報われないとばかり思ってたよ。というか、報われるとか思いながら努力するのって、どうなの? 単に、夢中になってやっているだけでは、いけないの? 好きだからやっているんじゃないの? まぁ、努力すれば報われる可能性は上がるるだろうけどね。」

  これ位は、言いましょう!(^^)


 

Qお勧めの冒険・SF小説を教えてください

10代の頃、冒険・スパイ小説にはまりましてハヤカワ書房の『冒険・スパイ小説・ハンドブック』 

http://www.ne.jp/asahi/mystery/data/Best/BOKEN.html

なんかを参考にしてよくその類の小説を読んでいました。

最近『虐殺器官』 (伊藤計劃) を読みまして、
久しぶりに冒険・スパイ・SF小説をまた読みたくなりましが、
いかんせん面白そうな小説をどう探していいのか困りました。

1990年代以降の比較的最近のもので皆さんのお勧めの小説を教えてください。

過去に読んで面白かったもの

『ジャッカルの日』 『レッド・オクトーバーを追え』 『鷲は舞い降りた』
『シャドー81』 『大統領に知らせますか?』 『ナヴァロンの要塞』
『興奮』 『オデッサ・ファイル』 『大穴』 『ブラックサンデー』

などです。(『冒険・スパイ小説・ハンドブック』で探していたので古いものが多いです。 )

SFはあんまり読んだことはないんですが
『虐殺器官』がとても面白かったので冒険小説も好きな方の
お勧めSF(できれば1990年代以降のもの)も知りたいです。

よろしくお願いします。

10代の頃、冒険・スパイ小説にはまりましてハヤカワ書房の『冒険・スパイ小説・ハンドブック』 

http://www.ne.jp/asahi/mystery/data/Best/BOKEN.html

なんかを参考にしてよくその類の小説を読んでいました。

最近『虐殺器官』 (伊藤計劃) を読みまして、
久しぶりに冒険・スパイ・SF小説をまた読みたくなりましが、
いかんせん面白そうな小説をどう探していいのか困りました。

1990年代以降の比較的最近のもので皆さんのお勧めの小説を教えてください。

過去に読んで面白かったもの

『ジャッカルの日...続きを読む

Aベストアンサー

★とりあえず、SFあたりを。

・マイク・レズニック
昔の作家ですけど、翻訳がなかなかでてこなくて。
「ソウルイーターを追え」「暗殺者の惑星」「サンティアゴ -はるかなる未来の叙事詩」
あたりは80年代に出版された作品ですが、冒険・スパイ小説がお好きなら、お勧め。
(SFなので普通の冒険小説やスパイ小説とは違いますが。)でも、古いので入手困難かも。
「スターシップ―反乱」「スターシップ―海賊」は2005~2006にでていますが、これもなかなかいいです。これは入手しやすい。
(「キリンヤガ」もいいのですが、冒険系とは違いますので今回はお勧めしません)

・谷甲州
80年代~90年代にSFを多数書いています。
「惑星CB-8越冬隊」や「カリスト-開戦前夜-」「エリヌス-戒厳令- 」等の航空宇宙軍史シリーズ等は好みに合うかも。
なお、この人は山岳小説や架空戦記ものも書いていますのでお好みにあわないものもありそうですので注意してください。

・野亜梓
この人も80年代くらいからの作家なので、あしからず。
「武装音楽祭」(1984)「五月ゲーム」(1992)あたりはお勧め。
特に後者は、テロリストにハイジャックされた宇宙船が、クーデター勃発中の惑星へ到着して、
その宇宙船に乗っているテロリストと敵対するグループに所属する主人公達(もテロリストだったりするけど)はどうすんの?というとんでもない設定なので。。。

・神林 長平
「戦闘妖精・雪風」「グッドラック」「アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風」
(最初の2作は古いです。)
敵は海賊シリーズ
少なくとも「敵は海賊・A級の敵」「敵は海賊・正義の眼」「敵は海賊・短篇版」あたりは、条件に合致するはず。

★冒険物は、A・マクリーン以上の人ってあまり思い浮かばないけど、
マイケル・クライトンなんていうのはどうでしょう?
(知ってます、といわれそうですが。)
「アンドロメダ病原体」が1969年。これは対象外でしょうが、「ジュラシック・パーク」「ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-」が90年代。「パイレーツ―掠奪海域」というのが2009年にでているようです。(これが最後かな。たしか、去年か一昨年お亡くなりになって、映画ジェラシック・パーク4が没になったはずだから。)

★とりあえず、SFあたりを。

・マイク・レズニック
昔の作家ですけど、翻訳がなかなかでてこなくて。
「ソウルイーターを追え」「暗殺者の惑星」「サンティアゴ -はるかなる未来の叙事詩」
あたりは80年代に出版された作品ですが、冒険・スパイ小説がお好きなら、お勧め。
(SFなので普通の冒険小説やスパイ小説とは違いますが。)でも、古いので入手困難かも。
「スターシップ―反乱」「スターシップ―海賊」は2005~2006にでていますが、これもなかなかいいです。これは入手しやすい。
(「キリンヤガ」もい...続きを読む

Q名言というのは自分にとって都合が良く響きが良い言葉を名言としているが、逆に都合が悪く響きが悪い名言っ

名言というのは自分にとって都合が良く響きが良い言葉を名言としているが、逆に都合が悪く響きが悪い名言ってどんなだろうと思いました。

世の中にある名言と言われる中の中で最も自分に響かなかった逆にこれは名言ではない悪言だろうというような怒りさえ産むような悪言を教えてください。

Aベストアンサー

最近話題の渡辺オーナーの名言

★オーナーと話をしたいと言った古田選手へ言った言葉
「無礼な!たかが選手の分際でオーナーと話をしたいとは」

★★西武から獲得したマルティネスに対して言った言葉
「あんな太った豚は活躍できん」

Q『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』・・・次に読むべき18、19世紀の英米文学作品は?

いつもお世話になっております。
タイトルのままの質問です。

ずっと、日本文学を読んできましたが、今年の秋は18,19世紀の英米文学を読み始めました。
『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』を読んできました。
この流れで、オススメの英米文学作品はありますか?
この4作品のなかでは、『ジェイン=エア』『風と共に去りぬ』が好きです。
ですので、哲学的思想的作品ではなく、ラブストーリー系を探しております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ジェイン・オースティンはいかがでしょうか。
代表作は『高慢と偏見』『エマ』などです。特に『高慢と偏見』は何度も映画になった名作で、質問者さんのお好みにあうような気がします。

次点はディケンズです。
『二都物語』『大いなる遺産』がおすすめ。

悲恋でもいいのでしたら
デュマ・フィス『椿姫』(amazonでは作者名で検索ください)
トマス・ハーディの『テス』(ギリギリ19世紀、作者名で検索しないとなかなか見つかりません)
ラクロ『危険な関係』(作者名で検索ください))
などもオススメです。

すべて文庫で手に入ります。ハズレはないと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報