最近YouTu○e等で、久方ぶりに「世にも奇妙な物語」を観ました。
昔の作品はは怖い怖い!当時鍵っ子小学生だった私は、夕方5時、あのテーマソングと短編映像を見た後は、コタツの中で家族の帰宅を我慢する日々でした(笑)特に「べ○ーシッター」の肖像画は…

…それで本題なのですが、「よにきも」にこんなお話ありませんでしたか??

・主人公(男)は高校の教師。生徒を殴るシーンがあった。
・過去の自身の回想で、同じクラスで無口で本ばかり読んでいるおさげの女子がいた
・なぜか?その子が気になり始め、主人公は毎日「おはよう」と挨拶をするようにする
・主人公は「サリンジャー」という作家にハマりだす。
・女の子は転校する?

結構、?なお話だった気がしますが、当時の私が幼すぎて話の趣旨を理解できていなかった線が濃いです(笑)どなたかこのお話について題名やあらすじ等、何でも良いので教えて下さいますでしょうか?または「番組自体が違うョ!」というのであればその旨を教えて頂けますか?

A 回答 (2件)

No.1様が紹介された『サリンジャーの少女』のあらすじが書かれているブログがありました。


http://donahue.exblog.jp/6083008/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まさにこれでした!私の記憶にピタリ当てはまります。そうか、こういう話だったか~。世にきもと勘違いしていたのはそういう理由だったのもわかりました!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/05 23:30

全然違うかもしれませんが、「世にも奇妙な物語」ではなく、「大人は判ってくれない」というものがありました。



その中に「サリンジャーの少女」というものがあるのですが、内容がわからないので確かめる術もありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BA%BA% …(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

http://homepage1.nifty.com/darkages/afterword1.htm
↑こちらでは全く話さない少女とだけは書かれていました。

再放送でもあればいいのですけどね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どうやらこれのようです!全然世にきもではなかったですね。。

お礼日時:2007/09/05 23:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い少女マンガだと思います。タイトルをご存知無いでしょうか?

古い作品だと思いますが探しております。
目が見えない、しゃべれない、(耳も聴こえなかったかもしれません)少年が少女に拾われて、少女の家で暮らすことになるのですが、それは全て少女の家に復習するための少年の狂言で…というお話です。
結局は、拾ってくれた少女の優しさに触れ、少年は復讐を成し遂げる事が出来なかったような終わりだったと思います。
もしかすると、全員死んでしまう終わりだったかもしれません。

私がこのお話を読んだのは単行本で、後半は別のお話が載っていました。
産まれたばかりの我が子(娘)に、吊るしたヘビの血を浴びせるという洗礼を受けさせ、悪魔の様に育ててい父親と、反対しても聞く耳を持ってもらえない母親。
娘は美しくも、父に倣い残酷な性格に育っていくのですが、何かのきっかけで母親の本当の愛に気付き、気付いた時には手遅れで、母と祖母は亡くなり、娘も死んでしまったと記憶しています。

どなたか、このお話(単行本)のタイトルをご存知無いでしょうか?

Aベストアンサー

私も高階良子さんだと思います。

http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-71574.html

画像に見覚えはありませんか?

『真珠色の仮面』は横溝正史が原作。
『十字架に血のさかずきを』は洋モノです。

Q世にも奇妙な物語 美女缶

役名サキ?で出演していた女優さんの名前を教えてください。

Aベストアンサー

臼田アサミ さん

最後の出演者に記載ありました!
アサミさんの漢字?だったか平仮名だったか不明ですが。

Qまだ有名・人気では無いおすすめの少女マンガ…

最近、私の集めている漫画がどんどん最終回を迎えてきていてとても寂しい思いをしています。
そこで何か新しい漫画を見つけたいのですが…既に全国的に有名で人気のある作品では無くて、『じわじわと人気が出てきていてブレイク寸前!』又は『まだあまり巻数は出ていなくて人気もそれ程でもないけど絶対にこれから来る!!』というようなおすすめの少女マンガの作品はないでしょうか?BL系、BL風味な物でも全く構いません。また、なるべく新しめの作品の方が良いです。
下に一応私の好きな作品と今気になっている作品を挙げておきますので、アドバイスをどうか宜しくお願いします。

【好きな作品】
・花ざかりの君たちへ
・桜蘭高校ホスト部
・っポイ!
・LOVELESS
・困った時には星に聞け!
・松本テマリ作品
・日高万里作品

【最近気になる作品】
・のだめカンタービレ
・tactics

Aベストアンサー

tacticsはアニメ化されてますね。見られてますか?
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/tactics/
#1の方の紹介されている「エマ」もアニメ放映予定があります。
http://www.emma-victorian.com/

最近はあまり見てないのですが
仲村佳樹「スキップ・ビート!」 花とゆめ
つだみきよ「プリンセス・プリンセス」Wings
なるしまゆり「少年魔法士」Wings

Q世にも奇妙な物語で

矢田亜希子が出てた話はどんな意味だったんですか、
途中見れなかったんで・・・・

Aベストアンサー

このサイトに大まかな内容が載っていますよ。

参考URL:http://www.eiga-portal.com/movie/kimyo/01.shtml

Q黒髪に無表情な赤いワンピースの少女を描いているアーティスト名を知りたい

絵本だったかCDジャケットか何かで見たんですが知りませんか?

Aベストアンサー

その髪型と無表情でワンピース…というと「エミリー・ザ・ストレンジ」ではないでしょうか?宇多田ヒカル訳の絵本があるようです。
ワンピースの色は黒なんですが、背景が赤いので赤の印象が強いかもしれません。
http://sato.boo.jp/zoo/kyara/Emily/Emily.html

参考URL:http://sato.boo.jp/zoo/kyara/Emily/Emily.html

Q05"夏 世にも奇妙な物語【契り】のキャスト

昨年2005年の8月の上旬に放送された
世にも奇妙な物語で【契り】というお話があったのですが…
そこに出てくる口元にホクロのある20~30代女優さんの名前が思い出せません。
あらすじは

…お茶屋さんみたいな所で夫婦が暮らしてました。
いきなり汚らしい着物を着た女がやってきて
その女におにぎりを食べさせてあげたおかみさん。
いつのまにかその女は住み込むようになり
おかみさんの夫と結ばれおかみさんは家を出ました。
ある日盗賊?みたいな人が屋敷に入り込み
まず夫が殺されそのあと逃げようとした女は
かんざしが首に刺さり死んでしまう。

…というかんじだと思います。
その口元にホクロのある女優さんは
「かんざしが首に刺さって死んだ女」役をしています。
どなたかご存知でしたら教えて下さい(>_<)

Aベストアンサー

#2の方がおっしゃる通り、これは「世にも奇妙な物語」ではなくて、「怪談スペシャル 今夜あなたも肝だめし!身の毛もよだつ 日本古来の怖い話厳選4篇」で放送されたものです。
そして「契り」ではなく「座敷童子」という話だと思います。

病気になって家を出るおかみさんを須藤理彩さん、旦那をたぶらかしおかみさんを追い出し、最後にかんざしが首に刺さって死ぬ女役は桜井淳子さんが演じておられました。

ちなみに「契り」は石原さとみさん主演、死んだ元の妻が再婚した夫と新妻を恨んで、幽霊となり夜な夜な新妻を脅しに現れる・・・といった話でした。
全体のストーリーテラーは竹中直人さんでした。

Q黒田みのる先生の幽霊少女シリーズについてご存知の方!

昔読んだ、少女漫画を探しているのですが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1547731
こちらで質問したところ、どうやら黒田みのる先生の
幽霊少女シリーズであるらしいことが判明しました。

このシリーズには 「魔女の星(「幽霊少女の謎」「呪いの幽霊城」「幽霊少女エリ子」)」という三部作があるそうなのですが、幽霊少女エリ子シリーズはこの三部作だけなのでしょうか?

また、この先生の著書の中に、「海の幽霊少女」というものがあるようなのですが、これはエリ子とは無関係の作品なのでしょうか?

ご存知の方教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

見たこともないのに書き込みして失礼しました。
そんなに古い作品ではないようなので、見つけたらご報告したいと思います。

Q世にも奇妙な物語 に出ていた人で

こんにちは!
昨日の世にも奇妙な物語のなかのともさかりえさんが出ていた話で、妹役の人で出ていた人って誰でしょうか??
知っているかたいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

↓柳沢ななさんですね。

http://nanaaya.cocolog-nifty.com/

参考URL:http://www.sunmusic.org/production/nana_yanagisawa.htm

Q80歳の叔父が15歳の少女に貢いでいます。

80歳になる一人暮らしの叔父(公団住まい)が近所の15歳の不良少女に恋愛感情を持ち、大量の金を小遣いとして渡しています。それによって、叔父の金銭管理や身の回りの世話をしている私の母親(叔父の妹)が大変な目にあっています。少女の家や母親とも面識があるので、話すことが出来るのですが、一度それが叔父にわかり、叔父が怒り狂い、一時期私の母とも絶縁状態になりました。少女の母親も見てみぬふりをしています。ひょっとすると親子で結託しているのかもしれません。

そこで叔父に知られること無く、少女を永遠に叔父から遠ざける方法があればぜひ教えてください。とにかく生活費や家賃の底がつくほどの金額を渡しているようです。

ちなみに私の母親は叔父の家から車で30分のところに住んでおり、少女の家は叔父の家から徒歩15分のところにあります。少女の中学の元担任にも会いましたが、現在少女は学校に行っていない様子です。

回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

伯父(兄の場合は叔父でなく伯父ですね)さんの「金銭」が、「本人のお金」であれば、他人がとやかくいえません。
「あの世までお金は持っていけないんだから有意義に使う」とかいって・・・。
家族のお金であるなら、「渡さない」のがいちばんですがね・・・。

>一時期私の母とも絶縁状態になりました。
絶縁状態になって、誰か困ることがあったんでしょうか?
そのままほおっておく(その子と母親が面倒見てくれる?)のも手家と思いますが・・。妹にそこまで面倒見る義務はない。
「金銭めあて」の相手なら、「金の切れ目が縁の切れ目」だろうと思います。それで目が覚めるかどうか。それでも面倒見てくれる親子ならば、そのまま面倒見てもらえばいい。
(無責任な立場なんで好きなこと書きますが)

ちなみに、60万円以上の「お小遣い」を渡すことは「贈与税」の対象になりますから、確定申告しないといけないはずなんだけど。

Q世にも奇妙な物語

こんにちわ
かなり前に見て忘れた、世に奇妙のストーリーで
女の人がバイク(オートバイ?)で東京からトンネルを抜けてド田舎の場所へ行きます。それで喫茶店みたいなところに女の人が入ると、老人がいます。老人は「早くここから立ち去れ」みたいなことを言いますが、女性は「こんなところに住みたいな」と言います。でも今女性がいる田舎は「ここに住みたいな」みたいなことを言うと、一生出られないという場所だったのです。女の人は、トンネルを抜けても抜けても、元に戻ってしまします。老人もこの罠にかかってしまい、「早く立ち去れ」と言ったのです。
それで女の人が脱出したくて、森みたいなトコに行って変な人?見たいな人が出てきます。その人?は条件付で帰してやろうと言って女性を帰します(ここはよく憶えていません)それで女の人は、森を出て道に出ます。その時車が通り、女の人は東京へ連れてってもらいます。しかし、着いたときに見た東京が・・・・。
長々と書いてすみません;
質問は、このストーリーの題名はなにか?と
東京はどうなってたのか?です
ご回答待ってます

Aベストアンサー

91.2.14

『峠の茶屋』 伊藤かずえ主演

主人公はOL。
都会暮らしに疲れ、仕事でのミスも続いたため、
気晴らしのためにバイクでツーリングする。
緑が豊かな道を走り回る内に癒される主人公。
途中にあった峠の茶屋で休憩することにする。
回りの景色を誉めるとなぜか怯える主人。
「こんな所でずっと暮らせたらいいなぁ」
主人公が何の気もなしに言った台詞に
諦めの表情を浮かべ、早急に下山するよう促す主。

走り続ける主人公。
だが、どうしても元の茶屋に戻ってきてしまう。
木霊に先ほどの台詞を聞かれたために
魅入られたのだと主人に説明される。
主自身も下半身が樹木に変化していた。
このループから抜け出す方法を教わる主人公。
茶屋の裏の林を必死に下っていくと、
木霊に魅入られ、完全に木人と化した者達に遭遇し
逃げるとき後ろを振り向くと二度と戻れなくなると忠告される。


幹線道路に抜け出ることに成功する。
偶然通りかかった東京行きのトラックをヒッチハイクする。

東京が見えてきたと言われ喜ぶ主人公。
都会の遠景を見て愕然とする。
既に東京も森の中に沈んでいたのである。


だそうです。 これのことですよね?

91.2.14

『峠の茶屋』 伊藤かずえ主演

主人公はOL。
都会暮らしに疲れ、仕事でのミスも続いたため、
気晴らしのためにバイクでツーリングする。
緑が豊かな道を走り回る内に癒される主人公。
途中にあった峠の茶屋で休憩することにする。
回りの景色を誉めるとなぜか怯える主人。
「こんな所でずっと暮らせたらいいなぁ」
主人公が何の気もなしに言った台詞に
諦めの表情を浮かべ、早急に下山するよう促す主。

走り続ける主人公。
だが、どうしても元の茶屋に戻ってきてしまう。
木...続きを読む


人気Q&Aランキング