イケメンダンスボーカルグループのオススメ13選

現在原宿の美容室で働いている者です。美容師暦は9年目になります。27歳です。
来年1月に子供ができるため、生活が厳しくなるため11月に実家に帰る事になりました。(東京より生活しやすいため)
以前から抱いていた美容室経営を視野にもいれています。しかし顧客などの基盤が無い為、地元の美容界の事情もわからないためまずは雇われで働くつもりです。
しかし準備は着々とすすめるつもりです。
(1)ビジョンは、自分は経営一本でやっていき、店は信頼のおける技術者を頭に立ててまかせていきたいと思っています。しかしまずは自分が店でやったほうがいいんでしょうか?お客様が自分についてしまって現役を退く時にやはり顧客が減少してしまうから、最初からマネジメントに徹した方がいいのでしょうか?
(2)どれくらいの規模でやるのが1番利益をだしやすいのでしょうか?個人法人はどちらが?
(3)今後は美容室だけではなく他の業種なども経営して幅広くやろうという野望をもっていますが、美容室一本の方が儲かりやすいでしょうか?

質問が多くて申し訳ございません。だれかおわかりになる方ご意見をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

(1)


美容室などの店舗ビジネスが儲かるのか儲からないのかは、
人、金、立地の全部が重要ではないでしょうか?
もちろん店の雰囲気や広告戦略、顧客獲得の仕組みづくりも大切になりますね。

人を育てるのと同時に、ご自身がマネジメントのプロになられて
お金のキャッシュフローを管理するのもよいのではないでしょうか?

立地選びのポイントについてはこちらのサイトに詳しく書いてあったので参考にしてください。

http://biyoushitudesign.com/artcle/artcle/
美容室に適した物件の見分け方



(2)
最初は個人ではじめられてはいかがですか?
年収800万以上からが、税制的にも法人が有利になります。

(3)
まずは一本経営の芯を通してから、他業種にチャレンジするべきだと思います。
美容室はコンビニよりも競争の厳しい世界ですから、頑張ってくださいね。

参考URL:http://biyoushitudesign.com/open/start/
    • good
    • 13

こんにちわ。


私の場合、自己資金は300万円。国民金融公庫借り入れが600万円。銀行借り入れが300万円で始めました。店舗の保証金で300万、設備投資350万、店舗工事費300万、オープン当初の広告費100万、運転資金150万でした。私は周りの人に恵まれたというか、人脈があったので、店の設計図面は従兄弟に、店舗工事は友達の大工に、設備は知り合いの設備屋さんに、広告費は友達の印刷屋に。という具合に、とても格安でしてもらえました。人脈って大事です。未だに皆さんお客さんで来て頂いています。当初私は24才で、経験も浅く、やる気と希望だけでスタートしたので、当初のお客さんは「とても一生懸命だからここに来ている。」と言って頂けました。とにかく何事にも一生懸命だった事を覚えています。決して手を抜かず、今出来る事を100%出し切っていました。そんな姿を周りの皆が、応援してあげたくなる。と言って下さっていたのは今でも覚えています。だから、顧客0でもオープンした当初から月に200人は来ました。ただ、始めにしっかりとプランを立てる事です。当初一応コンサルタントを雇いました。
軌道に乗り始めたのは、それから3年くらい経ったぐらいです。信頼していたスタッフが店をするからといって、堂々と店の中で次の店舗のチラシを渡してお客さんを連れて行きました。でも私も同じ様にチラシを配り応援してあげてました。始めはごっそりお客さんが減って、凹んだ時もありますが、2、3ヶ月で皆戻って来て頂けました。だから、お客さんは技術者に付くと思ってましたが、お店に付くと行った方がいいかもしれません。まあそれも、場所にもよりますが。。今でもそのスタッフとは交流もあり、私に取って大切な人脈です。これから、小さくても、大きくても、店舗を構える起業家になるわけですが、始めから誰しも経営者になっていけるものではないのですから、とにかくやろうと思っているならやってみるべきです。とにかく経験を積み重ね、お金と人材に苦労して下さい。器は後から付いて来ます。今勝ち残ってる起業家にお金と人材に苦労していない経営者は居ないと思います。と、偉そうに言ってしまって気分を害されていたらお許し下さい。とにかく、しっかりプランをたて、お客様第一、次にスタッフを大事にを考えてすれば、必ず成功します。頑張って下さい。
    • good
    • 34
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。若くして独立されたんですね、容易なことではなかったと思いますがすばらしいですね!
やはり熱意と人脈としっかりしたプランですね!
今すぐにでも出店したい気持ちではありますが、地元の空気や人脈という部分が東京でやっていた為薄いと思いますので、プランを練りながら時期を見てやってみます!
また機会があれば意見を聞きたいです。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/10/07 23:38

私は現在美容室を経営して10年目になります。

規模は私とアシスタントの2人でセット面は3面です。
始めは資金は1000万円くらいは最低必要と思います。
経営一本でやって行きたいのであれば、資金は3000万円くらいはあった方がベストだと思います。資金は国民金融公庫がベストです。
経営と技術を両方こなすのはやはり大変ですが、信頼の置ける技術者を頭に立てるなら、同じように現場に立ってないとお互い信頼出来る関係は難しいと思います。
一人でやるのも経費がかからなくていいかもしれませんが、多少のリスクがあっても誰か1人ぐらいは雇った方がベストです。
一人の仕事は一人ですが、2人の仕事は4人分こなせます。
ちなみに私は顧客0で始めました。
始めにきちんとある程度のプランを立て、まじめにお客様第一の仕事をしていれば大丈夫です。すぐに顧客は付きます。
どれくらいの規模が利益率が高いか?ですが、どの位を求めているのでしょうか?私は9年して来て、10坪店舗が一番利益率がいいのではと思います。この利益率には色んな意味が含まれていて、精神的利益、時間的利益、金銭的利益、この3つがバランスよく手に入れれる一番の規模だと思います。
月に100万以上の純利益を求めているなら、場所と独自のブランド力などあれば、この規模でも全然無理ではないです。
私的には、楽しく余裕を持って仕事が出来る方が、完全顧客を掴む事が出来るんじゃないかと思います。
頑張ってやってみて下さい。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!大変参考になりました。
同業の方で独立されたかたの意見はすごく説得力があります。
kumanchiさんは1000万で始めたとありますが、自己資金はありましたか?設備投資にいくらで運転資金はいくらだったんでしょうか?もしできれば教えていただきたいです。
あと顧客0からとありますが最初、月の入客は何名ほどでしたか?何年で軌道に乗ったんですか?質問攻めで申し訳ないんですが是非ともお教えくださいませ。よろしくお願い致します。

お礼日時:2007/10/07 01:28

美容室経営、美容師が成功するかは単純です、一人のお客様を満足させ顧客にし、そのお客様から新しいお客様の紹介を得る、それが出来る人は必ず成功します、うまい経営方法など有りません


(1)ビジョンは、自分は経営一本でやっていき、、、
これは大変なことです、たぶんこれが出来る方だと、生活が厳しくなるため実家に帰る事は無いと考えます、原宿に店有りますので原宿事情は良く知っている物の意見です
美容師としてみがいてみがけは必ず結果の出る美容業です
積み重ねさえ重ねれば報われる、業種(生業)です
顧客0から
顧客を連れての独立の方が簡単なのは誰が考えても楽なに決まっています、後は生き方の問題です、昔、萩原宗の会長から「あんたが一番大変だね、他の人はうちから客とスタッフ連れって楽をしているのに」と言われましたが余りお勧めでありません、現にその時の原宿の店は7年ぐらいで閉めなくては成らなくなりました、店にオーナーに対して正直に自分は独立したいとの以降を初めから話しておいた方がよいです。
がんばりましょう
    • good
    • 3

経営コンサルタント 兼 記帳代行 で顧問先に美容業・理容業の方がいらっしゃいます。



誰しも目標を持って計画して事業を行います。あなたが特別なわけではありません。欲を言えば開業時に顧客50人などの規模ではじめ、開業資金が1000万円程度あるのであれば、技術者の雇用も良いと思います。

美容業の組合に加入するかしないかでも変わりますが、顧客単価と顧客数、顧客の来店頻度からある程度の顧客がいなければ、あなた自身の生活はもちろんのこと技術者の生活を守れないのでは?と思ったからです。開業資金はあったほうが良いです。店舗をどのような形態にするかにもよりますし、赤字経営の期間でも技術者の給料や固定費が出て行きますし、あなた自身の生活の為です。

起業される方なりに皆さんビジョンがありますが、事業計画・資金計画などまで作れる内容でなかったりします。見込みも甘かったりします。

まずは雇用でともありますが、地元の同業から顧客を奪うようなものです。開業予定者であれば嫌う場合もあるでしょう。隠していてもあとから報復のようなことも可能性があります。

まずは、ご自身が技術者も兼ねて事業基盤を確立させて、その後技術者の立場をフェードアウトしながらマネジメントを主軸に事業拡大を考えるべきだと思います。

地元の同業者で嫌われると良いことはないでしょう。
顧問先は同業同士の個人的な付き合いを欠かさず行い、情報交換をしています。開業時には近隣の同業にはすべて挨拶もしていました。
あることないこと保健所にちくられたりすると営業自体まともに出来なくなりますし、変なうわさを流されてもおかしくないでしょう。

この回答への補足

ben0514様
ご回答ありがとうございます。

補足で質問させていただきたいのですが、
[まずは、ご自身が技術者も兼ねて事業基盤を確立させて] とありますが、それは、前文の[地元の同業から顧客を奪うようなものです]と書いてあることから察すると、顧客は確保せず0から始めるということですか?顧客の定着で売り上げが落ち着くまでは開業資金で補うということでしょうか?
自分では、今までいろんな人を見てきましたが、顧客0から独立をはじめるという美容師を見たことがありませんでしたのでそういう考えは無かったんですが、それですと相当見込みがたちませんがそういうやり方がベストだと思われるということですね?
確かに同業で顧客をもっていかれるという事はお互いいいことではありませんが美容師業界ではそういう流れが主流だとは思います。
ben0514さんの美容師業のお客様は、ben0514さんがおっしゃったやりかたで始められたんですか?

社員の雇用に関しては、そうなるとやはり雇用は厳しいかとは思ってきました。

補足日時:2007/09/06 03:09
    • good
    • 6

 sukofiirudさん こんばんは



 (1)について
  こんな事を書いたら夢を持っている人に申し訳ないのですが、開店当初から店員さんを雇えるだけの利益が上がるのでしょうか???店員を雇うと言う事は、極端な話ある月の売上が0円であっても店員さんの給料を払わなければなりません。色々な事業を色々な方が起業されていますが、起業される方の半分以上は3年以内にその事業を辞めている実態があるんです。そう言う辞めてしまう方の多くは、売上に対して経費を掛け過ぎな所だそうです。もちろん経費を最低限に抑えていても売上が上がらず・・・と言う事も考えられますが・・・。
 経費の中で家賃と従業員の給料等を固定費と言い、どんな大企業でも家賃と従業員の給料が多くなり過ぎて利益を少なくしていると言われています。小泉政権時代から政府は景気の指標としている大企業の利益が増えて企業投資額が増えた結果、「景気が良くなっている」と言っています。しかし裏を返せば企業の売上が上がった結果の利益が増えたのではなくて、売上は横ばいまたは低下している中で社員をリストラするとか工場を合併する等の固定費を減らす事で出費を減らした結果の利益増なんです。ですから政府は景気が回復傾向にあると言っていますが、私は依然として不景気が続いていると考えています。そう言う不景気の時代での街場の商店で、大企業の安売り合戦に負けずに成り立っていける商店は「パパママストアー」だと考えています。
 「パパママストー」ですと規模的にもそんなに売上を上げる事が出来ませんよね。でも従業員を雇ってない(家族だけで頑張る訳ですから・・・)ので人件費と言う出費が無くて済む訳です。ですから最低の生活を保たせるだけの利益を確実に上げる事が可能なわけです。そう言う意味で細々とかも知れませんが長続きするのが「パパママストアー」です。
 sukofiirudさんの将来開業するだろう美容院も、まずは従業員を雇わず「パパママストアー」形式で始められたらどうでしょうか???将来売上が上がって来てsukofiirudさん1人の美容師では賄いきれなくなってから従業員を雇うで良いと思います。どんなに経営能力のある人が経営していたとしても、開業当初はsukofiirudさんの美容院の存在すら知られてなくて思う様に売上が上がりません。そんな時期に従業員の給料を払ったら生活費すら出せない状態になるかもしれません。と言う事を考えたらsukofiirudさんが最初からマネージメントに徹するだけの余裕のある商売が出来るかどうか凄く疑問を感じます。
 今現在どう言う美容院にお勤めなのか解りませんが、現状の勤め先と同じ事を考えていたら失敗する可能性が高いと思います。原宿と言う一等地での美容院ですから、私が想像しているより売上は多いかもしれませんね。sukofiirudさんが美容院を開業したら、たぶん原宿で美容師をしていた頃が懐かしくなる位にお客様の来店数が少なくて暇を持て余す可能性も有るでしょう。その位大手で働いていた方は、起業したら差に驚くと思います。と言う事を考えても、開業当初から従業員を雇えないと思いますよ。

 (2)に付いて
  まず個人事業主と法人の違いに付いてご存知なのでしょうか???詳しくは勉強して下さいね。簡単に少し説明します。
  1.税金体系の違いについて
   個人事業主の場合は、給料を得る事が出来ません。言ってしまえば事業の利益が給料みたいなものです。したがって所得税は確定申告書上の事業所得だけにしか掛りません。
   ところで法人の場合は、事業主も給料(正確には「役員報酬」と言います。)を得る事が出来ます。そして法人は法律上「法人」と言う人権を認められている関係で、事業主は法人としての所得税とご自身の給与に対しての所得税と言うダブルの所得税を支払わなければなりません。したがって利益が低い(つまり売上が低い)うちは、支払う所得税額は「個人事業主<法人」となります。しかし法人の税率が低い関係で、ある一定の利益(間違っても売上ではないです。勘違いしないで下さいね。)を超えると所得税の総額が「個人事業主>法人」となる利益額が有ります。一般に「個人事業主>法人」となる利益額(再度言いますが、売上ではないです。)は「1000万円」と言われています。(もちろん細かい事を言うと、事業の利益率によって違うのですけど・・・)1000万円の利益を得る事がどれだけ大変な事かは、実際に起業してみればよく解ると思います。
   以上より開業当初は「個人事業主」で始められると良いですね。美容院の売上が順調に伸びて、利益1000万円を超える様になってから法人化されたら良いと思います。
 2.信用度の違いについて
   一般に個人事業主より法人の方が信用度が高いと言われています。何所に対しての信用度が高いかと言うと、一般には「対役所・対法人等」に対しての信用度が高いと言う事です。個々のお客様に対しての信用度は全く変わりません。それは「あの美容院は法人だからカットやパーマが上手だよ」と考える人が1人としていない事からお解りになると思います。
   この事からも、まずは気軽に始められる個人事業主で始められたら良いと思います。

 (3)に付いて
  美容院一本で経営するか、他業種も経営するかの差は 全く無いと私は思います。美容院は今では男性も来店される商売ですけど、多くは女性向けの商売ですよね。そう言う意味では店内の一部でアクセサリーを売ったりしても面白いとは思います。私は常時行っている美容院の場合は、私の提案も有ったのですがパーマの待ち時間の間に「リフレクソロジー」をしています。そう言う他の美容院ではないサービスが有れば、客寄せになると思います。ですから色々工夫の余地はあると思いますよ。

 色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。
 
    • good
    • 8
この回答へのお礼

sionn123さん はじめまして
丁寧なご回答ありがとうございました。自分の考えていた事を改めて見直せました。
たしかにマネージメントに徹していけるほど売り上げ見込みはないとおもいます。しかしながら従業員を雇うという事に関しては変えるつもりはありません。なぜなら開業前に最低限売り上げが上げれるくらいの顧客は確保して独立します。美容師は特殊で個人にお客様がつくといっても過言ではありません。全員引っ張って来ることは無理ですが一握りのお客様は連れてくる自信はあります。新規客も1ヶ月ゼロということはまずありません、少なく見積もって立地も考えて開くつもりです。パパママストアもいいかもしれませんが、ある程度勝負にでないとそれこそこの不況には勝てないような気もします。自分も生半可に独立をする訳ではありません。失敗するかもしれない覚悟はあります。そうしたらまた一から這い上がってリベンジします!
sionn123さんのアドバイス的をえていて大変参考になりました。
すばらしい考え方の持ち主ですね。なにをされている方なんでしょうか?また何かの機会にお会いできたら光栄です。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/05 01:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗兼住宅は得?

通常小さな飲食店を始める場合テナント契約でも
スケルトンから始めれば最低1500万円くらいは
掛かってしまいますよね。
しかも商売を続けている限り当然家賃も発生するわけで・・・。
それなら最初から店舗兼住宅という選択も捨てがたいのですが・・・。
仮に将来、商売を辞めるにしても
リフォームして居住スペースに戻すことも可能ですよね?
もちろん一概には言えないでしょうが店舗兼住宅の場合、
最低限見積もっておいた方がよい費用はどれくらいなのでしょうか?
またメリット、デメリットはどの様なことでしょうか?

Aベストアンサー

>最初から店舗兼住宅

商売が安定し、継続できるなら、有効でしょう。しかし、飲食業は、当たり外れが激しいので、半年も営業しないで潰れることもあります。その補償として、夜逃げされても充当できる分の保証金、敷金が要求されることが多いのではないでしょうか。

小規模であれば、家賃月10万円、保証金は100から200万円、敷金を3ヶ月分なら、内装を最低限で100万円程度、それと、調理機材やエアコン、消耗品で、400から500万円程度の状態でスタートできると思います。

それが、店舗兼住宅だと、店舗用の内装を最初から用意することは汎用性が無くなるので、空間を作り出す、しかも間口を広くなどの仕切りが減る分、一階が軽量鉄骨になるなど建築費が余分にかかります。住宅部分が出来た後に内装ですので、貸し店舗の金額とそれほど変わらない内装費用がかかるのです。

また、電気、水道、ガスなども店舗部分と分離すると、その用意にかかる費用もかかるし、最終的に店舗部分を自宅の一部に改造するのにも結構費用がかかります。場合によっては、建て替えした方が維持費よりも安くなることもあるので、無駄が多いです。

住宅ローンも店舗部分には適用できないこともあり、事業用の短期、10年ローンなどを面積分、たとえば、半分は用意しますので、支払い終わるまでの負担は大変です。テナントなら毎月10万円なのが、店舗併用だと、店舗部分の支払い毎月20万円のローン、住居部分のホームローンが毎月8万円などになるのです。

10年程度で、自分のものであれば、メインテナンスの補修などをしますが、それも、200万円とか、400万円かかりますので、その分の積み立てもしていないと驚くことになります。忘れていけないのが、固定資産税です。住居部分よりも高く評価され、支払いをすることにもなります。

すでに資金を十分に持っているなら、その貯金で支払えば、トータルの支払いは最低限ですので、事業に失敗してもそのまま居抜きで売ることも出来るかもしれませんが、設計によっては更地に戻さないと売れないこともありますので、売るときの価値は店舗併用の方が価値が下がります。

>最低限見積もっておいた方がよい費用

最低限の住居専用の建物の倍の維持費と3倍程度の支払い能力を覚悟した方がいいでしょう。それと、2年間、収入が不足しても、支払い続けることができる担保です。自分の土地があれば、それを充当し、事業に失敗してもそれごと失う、それで終了します。

私は事業を開始して20年弱ですが、周囲の飲食店、ここ15年で9割程度が入れ替わりました。テナントが多いのですが、繁盛していたところも、狂牛病の影響で廃業したり、近所に大手のチェーン店が出店し、ほぼ同時に両方とも潰れたり、コンビニになったりするところ、駐車スペースがほとんどないので、違法駐車の取締りが厳しくなったらとたんに廃業したところなどです。

どこに引っ越したのかもわからない、すっかりと店も住人も変わったものばかりですので、生き残るのは20年も同じ看板で続けるのはいかに難しいかです。借金無し、それなりの見込みがあれば、生き残れるのでしょうが、寿司屋だって、回転寿司やコンビニ、スーパー、宅配に負けて老舗が閉店というのもありますので、銀行もなかなか店舗併用住宅は最初から貸し出ししないと思います。

いかに内装にお金をかけないか、最小限の投資ではじめ、売り上げが十分に伸びたら、無理しないでそれを維持すること、継続して顧客を獲得できる、それができれば、一等地でなくても店舗併用住宅が可能ですが、お客さんが来ないと終わり、競合店が隣にできても生き残れるか、そのときに、テナントなら引越しができても、併用住宅だと簡単には動けないのです。共倒れ状態、結構、よく見ますので、注意しましょう。

>最初から店舗兼住宅

商売が安定し、継続できるなら、有効でしょう。しかし、飲食業は、当たり外れが激しいので、半年も営業しないで潰れることもあります。その補償として、夜逃げされても充当できる分の保証金、敷金が要求されることが多いのではないでしょうか。

小規模であれば、家賃月10万円、保証金は100から200万円、敷金を3ヶ月分なら、内装を最低限で100万円程度、それと、調理機材やエアコン、消耗品で、400から500万円程度の状態でスタートできると思います。

それが、店舗...続きを読む

Q美容師と結婚された方のお話を聞かせてください

美容師の彼と結婚を前提にお付き合いしていますが、
美容師という職業を具体的に把握できていません。
サラリーマンである私の父とは
生活時間や、定年の年齢など、全く異なるのだろうな、
と漠然と思っている程度です。
美容師と結婚するに当たり、良いこと、覚悟しておいた方が良いことなど、
具体的にお話を伺えたらうれしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。

専業主婦としてやっていけるかという事でしょうか?

私は子供を持ってから専業主婦ですが経済的な事は、お店により本当に違います。

同じスタイリストでも、月に20万しかもらえない所もあれば100万、それ以上もらえるところもあります。

求人情報誌なんか見るとわかります。スタイリスト月20万~等と書いてあります。

これは、mikikikikiさんの彼のお店がどの様なお店かでも給料は全く違うので結婚を考えているのなら彼に聞いてみてもいいと思います。

美容師は自分でお店を持って順調にお客様が付いてくれればとてもいい仕事だと思います。リストラや定年もありません。

ただ雇われている以上、奥様が遊んで暮らせるなんていうのはほんの一握りだと思います。

美容師仲間でも、給料の良い所を探して転々としている人もたくさんいます。その奥様達は子供を保育園に預けてパートをしてます。

今うちの旦那は1店舗任され店長をしていますが、ここまでくるのにとても経済的、肉体的に苦労しました。

そして、今どこも美容室で溢れているのでなかなか独立できないのも現実です。

mikikikikiさんも彼にいずれは独立をとお考えでしたら、今から美容師資格は難しいでしょうから、それに関連した習い事をお勧めします。

男性美容師には出来ない着付けを習うとか、(これできると違いますよ~成人式、七五三も全部受けられますから)ネイルを習うとか。

話が反れましたが一般的に雇われているだけの一社員では専業主婦は難しいと思います。

彼の収入とあなたのやりくりで、専業主婦でいられるかは変わります。

#5です。

専業主婦としてやっていけるかという事でしょうか?

私は子供を持ってから専業主婦ですが経済的な事は、お店により本当に違います。

同じスタイリストでも、月に20万しかもらえない所もあれば100万、それ以上もらえるところもあります。

求人情報誌なんか見るとわかります。スタイリスト月20万~等と書いてあります。

これは、mikikikikiさんの彼のお店がどの様なお店かでも給料は全く違うので結婚を考えているのなら彼に聞いてみてもいいと思います。

美容師は自分でお店を...続きを読む

Q国金で自己資金0は問題外??

こんにちは。今度自分のお店をオープンさせたいと思っているものです。

今回国民生活金融公庫で資金を融資してもらおうと思っているのですが、恥ずかしい話自己資金がありません。
色んな質問等を見させていただいたんですが、やはり借りたい額の3割~5割という自己資金は必要でしょうか?
ちなみに申し込むプランは女性、若者/シニア起業家資金です。
土地担保、保証人も用意は出来ます。借りたい額は800万円を希望しています。
事業計画の出来というのも関係はするでしょうけど、事業計画に問題がないと仮定して、自己資金0円はやはり問題外ですか?

あと自己資金に含まれるのは事前の設備投資だけなんでしょうか?
去年に自分自身、海外から商品のルートを作るため海外に2回いきました。東京にも足を何回も運びました。
コレは自己資金には含まれないのでしょうか?

経験者の方どうかお知恵を貸していただけないでしょうか。
やはり見せ金でも作らなきゃ難しいでしょうか?
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

 hlamさん こんばんは

 国金等の公的資金の融資での創業支援資金の場合、例えば宝くじが当ったから等一時的な余剰資金の使い道としての急に思い立った的な起業ではなくて、ある程度前からの計画性がある起業であると言う事が求められると思います。従って国金の「新規開業資金」の場合には「お勤めの起業に6年以上勤めている方、又は同じ業種で通算6年以上勤めている方・大学で学んだ技術を生かした起業される方」等の条件が付いているわけです。この条件を平たく言うと、「前々から計画していた起業である」と言う事だと私は解釈します。

 ところで「女性、若者/シニア起業家資金」については、上記のような条件は有りません。しかし起業者に貸すと言う事では「新規開業資金」と何ら変わりが有りませんから、基本スタンス的には考え方は変わらないと思います。
 事業を計画すると言う事は、それなりの資金が必要なのは解りきっています。前々から計画しているのであれば若干であっても将来の起業用に資金を貯めていて当たり前だと思います。従って本当に起業したくて前々から計画しているのであれば、自己資金の大小に関らず有って当たり前です。自己資金0円とは考えられません。従って実の所はともかく「自己資金0円=急に思い立った起業」と考えざるおえないと思います。

 以上より#1さんが言われる通りhlamさんの保証人や担保次第と言う事になると思いますが、自己資金0円で融資を受けるのは相当大変だと思います。後は事業計画等も関係してきますから、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか???

 hlamさん こんばんは

 国金等の公的資金の融資での創業支援資金の場合、例えば宝くじが当ったから等一時的な余剰資金の使い道としての急に思い立った的な起業ではなくて、ある程度前からの計画性がある起業であると言う事が求められると思います。従って国金の「新規開業資金」の場合には「お勤めの起業に6年以上勤めている方、又は同じ業種で通算6年以上勤めている方・大学で学んだ技術を生かした起業される方」等の条件が付いているわけです。この条件を平たく言うと、「前々から計画していた起業であ...続きを読む

Q理容室を独立開業する大きさで迷っています。36歳、理容師です。

理容室を独立開業する大きさで迷っています。36歳、理容師です。

気に入った物件を見つけたのですが、30坪と大きくて悩んでいます。
将来的には、従業員を使って営業したいと思っていますが、最初は夫婦2人でと考えています。

・椅子4~5台
・キッズスペースや個室も作りたい
・妻も働くので子供を置いておける様にバックヤードを広く取りたい

と思っていますが、ランニングコストなどを考えると・・・
また、自己資金は300万程度しかないので、内装費も・・・

立地はかなり気に入っているので、ここにしたいのですが

(1)内装費を抑えて、まずは夫婦2人で頑張ってみる
(2)ここは諦めて違う所を探す
(3)椅子7~8台の大型店にする(自分は椅子11台の店の店長です)

この程度しか考えつきませんが、どれがいいのでしょうか?
また他に良い案はないでしょうか?

Aベストアンサー

昔から「大は小を兼ねる」と言う言葉があります。
賃貸費用や立地条件が良ければ迷う必要が無いのではないですか?
安物のスクリーンや陳列棚などの仕切り配置の仕方で待合コーナー、理髪コーナー、休憩コーナー、事務コーナー、着替えロッカーコーナー等計画できますよ。
最初に椅子を4~5台で始め、経営が軌道に乗り資金に余力が付いてきたら椅子を増設する時も、店を移転する事も無く易々と増やす事も可能です。


また、開業に先立ち、地元の商工会議所では、新規事業者の為の設備資金や運転資金の金利の安い融資制度の相談から経営相談、会計相談等してくれます。
商工会への入会は、店を開店した後からでも出来ますからね。

商工会の年会費は、たかが知れています。
年会費は、お住まいの地域によって違いますが(年間5,000円~20,000円)程度です。

貴方の将来の店の規模等を良く考えて決めて下さい。

ご参考まで

Q美容院で嫌がらせを受けました

少し前ですが美容院でひどい扱いを受けて、思い出す悔しさとと悲しさで苦しくなるので相談させてください。

ある安さが売りの大手の美容院なのですが、矯正パーマとカットをお願いしました。

私はメンタルな事情で美容院が非常に苦手で、緊張します。
いつもできるだけ話しかけられないように雑誌を見たりしていますが、終わると疲労困憊します。
その店には半年くらい前にもパーマで行ったのですが
その時も私なりに気を使って話が結構はずんだと思ったのですが、流れの中で私がどう動いたらいいのかわからず固まってしまったことがあり、気まずい場面がありました。

その後に行った時のことなのですが、洗ってくれる店員さんが不自然にぶっきらぼうだなと思いました。
次に担当した人は、パーマのかかり具合をチェックする時1本だけ強くつれるように(?)
不自然に痛くひっぱりました。偶然かと思い気にしなかったですが、3回も同じことをしたので不振に思って鏡をみると、こちらをみてニヤニヤしたようでした。
それから、髪型の注文をすると上から目線で「そんなことはできない」とか「はあ?」とかいったり、
ケープの首元はゆるめにセットして、カットした後切った髪を背中に向けてドライヤーで中に入れたり、カットもお願いしたのと全く違うようにされました。
そのころになってやっと、自分がされていることが分かりました。
他の店員も沈黙した感じで私にだけ「ありがとうございます」などいわないようでした。

出た後、どうしてそこまでされないといけないのか、悔しくて泣けてきました。
おそらく私が緊張しすぎなのと、外からは分かりにくい軽い脳障害のある私の行動が不自然だったのだと思います(メンタルクリニックに通院して投薬を受けています)。
でもそんなことを説明することもできないし、嫌われたなら他をあたるしかないと思いました。
なのですがそれ以降美容院に行くのが恐くなってしまいました。

短時間で最小のやりとりで済む1000円カットが一番マシなのですが、どの美容院にいっても意地悪されているような気がします。(全然やる気なさそうにカットされたり、髪型をやたら否定されたりします)

美容師さんの間でそういう情報がやりとりされていてマークされているのでは、などと思うと苦しくなります。今書いていても悔しくて腹が立って、でも自分も悪いのではないかという思いと葛藤になります。

質問の意図が分かりにくい文章になってしまったかもしれませんが、何かアドバイスをいただけたらと思います。

少し前ですが美容院でひどい扱いを受けて、思い出す悔しさとと悲しさで苦しくなるので相談させてください。

ある安さが売りの大手の美容院なのですが、矯正パーマとカットをお願いしました。

私はメンタルな事情で美容院が非常に苦手で、緊張します。
いつもできるだけ話しかけられないように雑誌を見たりしていますが、終わると疲労困憊します。
その店には半年くらい前にもパーマで行ったのですが
その時も私なりに気を使って話が結構はずんだと思ったのですが、流れの中で私がどう動いたらいいのかわからず固...続きを読む

Aベストアンサー

40代女性です。
私も美容室ってちょっと緊張するし、苦手です。会話が。

それにしても、ひどい目に会いましたね。

私はよく引っ越しをするので、新しい町で、新しい美容室を探すとき、ネットで口コミがあれば読むのですが、本当に評判の悪いお店ってあるようですね。口コミを鵜呑みにするのはいけないかもしれませんが、一応参考にします。

値段で調べて安いお店の口コミを探すと、「えー。そんなに対応が悪いの???」というの、あるので、そこには行きません!
客商売なのに、ね。

1000円カットはビジネスライクで会話もあまりしないですむので、こちらに要望があまりなければ、楽ですよね。
カットだけなら、それもありだと思います。

ただ、色々要望があるときは、前の方も仰るように、教育をちゃんとされたお店に行く方が良いのかな、と。

例えば、知人が行っているお店を教えてもらって、お店に行ったときに「友人の紹介でこちらに来たんです。よろしくお願いします」と言えば、まずは相手(スタッフさん)も嫌な気はしないでしょうし、むしろ頑張ろうと思ってきちんとやってくれると思います。

私は、もう後はひたすら雑誌読み、ですね。
読んでいる最中に雑談を振られても、「…はあ」とか、相づちだけにして、会話をつなげないで、真剣に読んでいるようにします。

>美容師さんの間でそういう情報がやりとりされていてマークされているのでは

これは、ないと思いますよ!

あと、美容室行くときのコツ、というのを昔読んだのですが、きちんとメイクして、まずまずオシャレをしていく方がよいとのこと。
気の抜けた格好で行くと、気を入れてやってもらえないかも、という理由でした。
以来私はオシャレして、行っています。

頑張ってください!

40代女性です。
私も美容室ってちょっと緊張するし、苦手です。会話が。

それにしても、ひどい目に会いましたね。

私はよく引っ越しをするので、新しい町で、新しい美容室を探すとき、ネットで口コミがあれば読むのですが、本当に評判の悪いお店ってあるようですね。口コミを鵜呑みにするのはいけないかもしれませんが、一応参考にします。

値段で調べて安いお店の口コミを探すと、「えー。そんなに対応が悪いの???」というの、あるので、そこには行きません!
客商売なのに、ね。

1000円カットはビジネス...続きを読む

Q美容室開業にあたっての経理・税務に困っています。

4月から美容室開業を予定していまして、個人事業で行う予定です。青色申告の本やソフトなどいろいろ見ているのですが、まずは何からてをつければよいでしょうか?税務署に行って聞いたり、税理士無料カウンセリングなど受けるべきですか?

Aベストアンサー

まずは税務署に「個人事業の開廃業等届け出書」を提出して下さい。青色申告されるのなら、「所得税の青色申告承認申請書」を提出して下さい。届の期限等詳しくは下記URL参照。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm
税務署に行って聞いたり、税理士無料カウンセリングなど受けるべきですか?
税理士無料カウンセリングは受けたほうが良いでしょう。

Q個人経営 美容室の保険

現在、美容室を経営しています。
まだオープンして2年目なのですが、今美容室で入っている火災保険よりももっと手厚い保障にしたく
保険内容を変えようと思います。
この内容でいいのか、個人で判断しかねますのでどなたか宜しくお願い致します。

今現在、日本興亜損保の 「店舗総合保険」 2年契約¥23960 に加入中です。
保険内容は火災保険+設備、什器:時価額 商品.製品:時価額

今検討中の保険 日本興亜損保 「ビジネスマスター」1年間¥30490
内訳 損害保険 物損害ユニット  
1事故損害保険金 3、000万円 通貨保険 100万円 物損害事故随費用保険金 1、000万円

賠償ユニット
1事故あたり損害保険金、賠償事故付随費用 1億円 建具等修理費用 1,000万円
見舞い費用保険金 被害者1名当たり2万円

これに、休業ユニットをつけると年¥47、840 になります。

今は2人営業ですが、スタッフが退社するため、今後の売り上げはガクンと落ちます。

2人で大体月平均100万の売り上げです(その内70万は私の売り上げです)

35平米で、セット面3面 シャンプー台2台 

まつ毛エクステ、お顔のエステ業務はしていません。

2年契約の火災保険が、1年契約に切り替わり、ビジネスマスターという保険に変更になるのですが
個人営業でこの保証は必要でしょうか?

他に相談できる人がいない為、皆様宜しくお願い致します。

現在、美容室を経営しています。
まだオープンして2年目なのですが、今美容室で入っている火災保険よりももっと手厚い保障にしたく
保険内容を変えようと思います。
この内容でいいのか、個人で判断しかねますのでどなたか宜しくお願い致します。

今現在、日本興亜損保の 「店舗総合保険」 2年契約¥23960 に加入中です。
保険内容は火災保険+設備、什器:時価額 商品.製品:時価額

今検討中の保険 日本興亜損保 「ビジネスマスター」1年間¥30490
内訳 損害保険 物損害ユニット  
1事故損害保険...続きを読む

Aベストアンサー

賃貸ですよね?

設備什器の保険金額が3000万円でご検討中のようですが、必要ないと思います。
内装費そんなにかかりました?
規模的に見ても500万円~1000万円で十分だと思います。

商品に対する保険も不要に思います。
下代でどれだけ仕入れるのか分かりかねますが、100万も置かないでしょう。
これは小売店業や問屋業で検討する項目です。

「損害ユニット」というのが包括保険なのでしょうね。
内容を詳しく確認したいところですが、総合保険と呼ばれているものだと思います。
借家人賠償責任保険が無いようですが、不要な物件なのですか?
不動産屋さんに確認してください。おそらく必要だと思いますよ。

さて、つまるところお勧めのプランを先ず書いてみます。
たとえば下記のような内容でいかがでしょう?

設備什器 500万円 (実損払い特約付き
借家人賠償責任保険 1000万円
施設賠償責任保険 1億円
修理費用 300万円

火災 落雷 風災 雪災 盗難 水ぬれ 騒じょう 飛来 その他突発的な事故
全部掛けましょう。
金額よりも付保内容のほうが重要です。

この内容で従来とさほど変わらない保険料になると思いますよ。年間15000円ってところでしょうか。
補償を充実させたいのなら検討している予算で組合に加入してそちらの賠償保険に入った方が良いですよ。
現在の設計では顧客の容姿を傷つけた場合の補償は未付保のままですから。

これにもしも不安であれば手持ち現金と売り上げに対して補償をかける。
※多くの保険会社は設備什器に現金の一部を認めています。もしくは現金通貨だけ特約で拡張補償出来るはずです。
これは一人になった時になにかと留守にしたりと管理上盗難が懸念されるのでつけてもよいですよね。

そして実損払い特約ですが、過去の保険は時価払いですので実の所設備の評価なんていくらにもならないんですよ。
この特約を付けると被害設備を新しく買い直すだけの保険金が受け取れます。
必ず確認して付保しましょう。

最後に休業損害ですが、事故(火災や水災など)による休業のみ損失を補填してくれる保険になります。
御守りにはなりますが、病気や個人の事情でお店を開けられなかった場合は当てはまりません。

あなたがお店にいるときに火事は起こらないでしょうし、居ない時は施錠されているのでしょう。
注意を怠らなければ私は不要だと思います。

経理感覚で申し上げますと売り上げ840万円のサロンで火災保険47840円はかけすぎだと思います。
月4000円ですからね。

順番はここじゃないように思います。

この保険はけちって傷害保険でも自分に掛けた方が賢いですよ。

賃貸ですよね?

設備什器の保険金額が3000万円でご検討中のようですが、必要ないと思います。
内装費そんなにかかりました?
規模的に見ても500万円~1000万円で十分だと思います。

商品に対する保険も不要に思います。
下代でどれだけ仕入れるのか分かりかねますが、100万も置かないでしょう。
これは小売店業や問屋業で検討する項目です。

「損害ユニット」というのが包括保険なのでしょうね。
内容を詳しく確認したいところですが、総合保険と呼ばれているものだと思います。
借家人賠償責任...続きを読む

Q友人との共同経営どうおもいます?

友人との共同経営は何が注意すべき問題なのですか?
法人ではなく個人事業でお店の出資は二人で半分です。すべて給料も半分ずつといった形に出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

お互いの気持ちしだいですが、お金がからむことなので、きちんと書面を交わしておくことをお勧めします。
はじめるのは簡単ですが、止めるのは大変です。双方が止めることに同意し、欠損を補充しあわねばならないからです。

お金の面でもめたり、経営方針でもめたり、ということは多いですから、どちらかが主導権をとれるようにしておくべきでしょう。あるいは社長を一定期間ごとに交代するか、ですね。

Q美容師さんのお給料はいくら???

2年で300万ほどかかるようですが、晴れて国家試験に合格し、美容師として働いたらどのくらいのお給料がいただけるのでしょうか?当然最初は見習いなんですか?

Aベストアンサー

美容師&経営者です。
あまり奇麗事は言わずにしますが。

手に職は安いですよ。大卒で見習いなら給与面安いから続かない人多いかな?
景気が悪くなると手に職をって感じで希望者増えてますね。過去のカリスマブームキムタクのドラマとかでなり手はかなり増えましたし競争激しいですよ。
離職率も高いしね。

地域性とか勤める店によって違いますが、
ざっくりと。
見習い・アシスタント13~17万前後
ジュニアスタイリスト16~23万前後
スタイリスト20~30万
店長・幹部30~35万

詳しくは求人誌。
例えばサリダとか見られたほうが
関東
http://weban.engokai.co.jp/salida/list.asp?s00=2&s10=0504
関西
http://weban.engokai.co.jp/salida/list.asp?s00=5&s10=0504
なんかこんな求人サイト登録依頼もメールできましたし。
http://tadapa.jp/servlet/public?cmd=normal_search&op=show

ボーナスないですね。もらえても寸志。または販売の歩合分とか。年末調整をボーナス代わりだと言われたこともありました。

僕の場合
一番安いときは見習いで
手取りで5万5千円
最低賃金から講習費・研修費とかひかれる。
これはいちおう有名店。

業界自体は古くは徒弟制ですから。
お弟子さんの世界。
今はだいぶ会社っぽくなりましたけれど。
はんぶんドライなところもありますが。

独立する前はスタイリストで30万弱。
管理職は面倒だからお断りしてならず。

お店始めようと店舗工事始めたとき
後輩のお店(高級住宅街にある)に
月75万でどう?とか誘われたけれど
もう施工始めてましたから、あれ残念でしたね。
もうちょっと早かったら行ってた(笑)

30~35ぐらいで独立考えないと。
もちろん独立資金ためて。
けっこう雇用にも年齢制限(アシきり)ありますよ。

けっこうハードな世界。
なりたいなら頑張ってください。
半端は続かないですよ。
薬品のアレルギーで辞めざるをえない人も多いですね。

美容師&経営者です。
あまり奇麗事は言わずにしますが。

手に職は安いですよ。大卒で見習いなら給与面安いから続かない人多いかな?
景気が悪くなると手に職をって感じで希望者増えてますね。過去のカリスマブームキムタクのドラマとかでなり手はかなり増えましたし競争激しいですよ。
離職率も高いしね。

地域性とか勤める店によって違いますが、
ざっくりと。
見習い・アシスタント13~17万前後
ジュニアスタイリスト16~23万前後
スタイリスト20~30万
店長・幹部30~35万

...続きを読む

Q美容室の経営をしたいのですが・・・!

私は美容師です。今、独立を考えているのですが、銀行からお金を借りるより、金融公庫から借りた方が良いと聞きました。金融公庫からお金を借りる場合、会社を興さなければならないとも聞きました。もし、会社を興す場合、有限会社と株式会社では何が違うのかが、いまいち良く分かりません。 こんな無知な私ですが、良いアドバイスを下さい。

Aベストアンサー

 luke21さん こんばんは

 国民生活金融公庫からの融資を依頼する場合、法人でなくても個人でも借入する事は可能です。ですから独立直後から法人化する必要(借入のために)は無いです。

 まず銀行・国民生活金融公庫問わず、創業支援資金と言う事で借入する場合総費用の半分以上の手持ち金が有る事が必要になります。それと営業計画がしっかりしている事、保証人や担保が借入金額に似合うだけのものを用意出来ることが最低要件になります。

 ここで一番問題になるのが営業計画です。貸す側の銀行や国民生活金融公庫はプロでして、どのような立地で美容院を開業すれば、大体の1ヶ月の売上やどの程度の経費・仕入れが係り、粗利益率がどの位と言う経理的な数字は知っています。したがってその知っている数字に照らし合わせて、luke21さんがどの程度のプロなのか(経理的な数字からの判断として)判断されます。ですから営業計画をしっかり作って下さい。
 私は個人で5年前に薬局を開局しました。1500万円の借入を国民生活金融公庫に依頼したのですが、私の開局する商店街の販売能力からしたら1000万円しか貸せないと言う事で、500万円の減額での融資と言う事になりました。この様に私の能力以外の部分で減額になる事も有り得ますから、要注意です。私の場合は500万円の減額分を、信用保証協会付きの融資で信用金庫からの融資を得る事になってしまいました。

 まず開業して1年目は、開業に色々資金が掛かるため黒字になる事はほぼ無いでしょう。赤字の場合個人では事業主の収入が少ないとの判断より税金の課税なしとなりますが、法人の場合は赤字でも法人住民税等の税金を払わなければなりません。赤字の状態から税金を払うのは大変だと思います。と言う事を考えると開業当初は個人で開業し、ある程度の収入が安定してから法人化した方が良いと思います。
 俗に法人になる事で会社の信用が高くなると言いますが、美容院の場合特に街場の美容院の場合、法人で開業するからって信用が高くなってお客様が増えるとは考えられません。そう言う意味も含めて個人での開業から始められたらと思います。

 luke21さん こんばんは

 国民生活金融公庫からの融資を依頼する場合、法人でなくても個人でも借入する事は可能です。ですから独立直後から法人化する必要(借入のために)は無いです。

 まず銀行・国民生活金融公庫問わず、創業支援資金と言う事で借入する場合総費用の半分以上の手持ち金が有る事が必要になります。それと営業計画がしっかりしている事、保証人や担保が借入金額に似合うだけのものを用意出来ることが最低要件になります。

 ここで一番問題になるのが営業計画です。貸す側の銀行や...続きを読む


人気Q&Aランキング