現在原宿の美容室で働いている者です。美容師暦は9年目になります。27歳です。
来年1月に子供ができるため、生活が厳しくなるため11月に実家に帰る事になりました。(東京より生活しやすいため)
以前から抱いていた美容室経営を視野にもいれています。しかし顧客などの基盤が無い為、地元の美容界の事情もわからないためまずは雇われで働くつもりです。
しかし準備は着々とすすめるつもりです。
(1)ビジョンは、自分は経営一本でやっていき、店は信頼のおける技術者を頭に立ててまかせていきたいと思っています。しかしまずは自分が店でやったほうがいいんでしょうか?お客様が自分についてしまって現役を退く時にやはり顧客が減少してしまうから、最初からマネジメントに徹した方がいいのでしょうか?
(2)どれくらいの規模でやるのが1番利益をだしやすいのでしょうか?個人法人はどちらが?
(3)今後は美容室だけではなく他の業種なども経営して幅広くやろうという野望をもっていますが、美容室一本の方が儲かりやすいでしょうか?

質問が多くて申し訳ございません。だれかおわかりになる方ご意見をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

(1)


美容室などの店舗ビジネスが儲かるのか儲からないのかは、
人、金、立地の全部が重要ではないでしょうか?
もちろん店の雰囲気や広告戦略、顧客獲得の仕組みづくりも大切になりますね。

人を育てるのと同時に、ご自身がマネジメントのプロになられて
お金のキャッシュフローを管理するのもよいのではないでしょうか?

立地選びのポイントについてはこちらのサイトに詳しく書いてあったので参考にしてください。

http://biyoushitudesign.com/artcle/artcle/
美容室に適した物件の見分け方



(2)
最初は個人ではじめられてはいかがですか?
年収800万以上からが、税制的にも法人が有利になります。

(3)
まずは一本経営の芯を通してから、他業種にチャレンジするべきだと思います。
美容室はコンビニよりも競争の厳しい世界ですから、頑張ってくださいね。

参考URL:http://biyoushitudesign.com/open/start/
    • good
    • 13

こんにちわ。


私の場合、自己資金は300万円。国民金融公庫借り入れが600万円。銀行借り入れが300万円で始めました。店舗の保証金で300万、設備投資350万、店舗工事費300万、オープン当初の広告費100万、運転資金150万でした。私は周りの人に恵まれたというか、人脈があったので、店の設計図面は従兄弟に、店舗工事は友達の大工に、設備は知り合いの設備屋さんに、広告費は友達の印刷屋に。という具合に、とても格安でしてもらえました。人脈って大事です。未だに皆さんお客さんで来て頂いています。当初私は24才で、経験も浅く、やる気と希望だけでスタートしたので、当初のお客さんは「とても一生懸命だからここに来ている。」と言って頂けました。とにかく何事にも一生懸命だった事を覚えています。決して手を抜かず、今出来る事を100%出し切っていました。そんな姿を周りの皆が、応援してあげたくなる。と言って下さっていたのは今でも覚えています。だから、顧客0でもオープンした当初から月に200人は来ました。ただ、始めにしっかりとプランを立てる事です。当初一応コンサルタントを雇いました。
軌道に乗り始めたのは、それから3年くらい経ったぐらいです。信頼していたスタッフが店をするからといって、堂々と店の中で次の店舗のチラシを渡してお客さんを連れて行きました。でも私も同じ様にチラシを配り応援してあげてました。始めはごっそりお客さんが減って、凹んだ時もありますが、2、3ヶ月で皆戻って来て頂けました。だから、お客さんは技術者に付くと思ってましたが、お店に付くと行った方がいいかもしれません。まあそれも、場所にもよりますが。。今でもそのスタッフとは交流もあり、私に取って大切な人脈です。これから、小さくても、大きくても、店舗を構える起業家になるわけですが、始めから誰しも経営者になっていけるものではないのですから、とにかくやろうと思っているならやってみるべきです。とにかく経験を積み重ね、お金と人材に苦労して下さい。器は後から付いて来ます。今勝ち残ってる起業家にお金と人材に苦労していない経営者は居ないと思います。と、偉そうに言ってしまって気分を害されていたらお許し下さい。とにかく、しっかりプランをたて、お客様第一、次にスタッフを大事にを考えてすれば、必ず成功します。頑張って下さい。
    • good
    • 34
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。若くして独立されたんですね、容易なことではなかったと思いますがすばらしいですね!
やはり熱意と人脈としっかりしたプランですね!
今すぐにでも出店したい気持ちではありますが、地元の空気や人脈という部分が東京でやっていた為薄いと思いますので、プランを練りながら時期を見てやってみます!
また機会があれば意見を聞きたいです。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/10/07 23:38

私は現在美容室を経営して10年目になります。

規模は私とアシスタントの2人でセット面は3面です。
始めは資金は1000万円くらいは最低必要と思います。
経営一本でやって行きたいのであれば、資金は3000万円くらいはあった方がベストだと思います。資金は国民金融公庫がベストです。
経営と技術を両方こなすのはやはり大変ですが、信頼の置ける技術者を頭に立てるなら、同じように現場に立ってないとお互い信頼出来る関係は難しいと思います。
一人でやるのも経費がかからなくていいかもしれませんが、多少のリスクがあっても誰か1人ぐらいは雇った方がベストです。
一人の仕事は一人ですが、2人の仕事は4人分こなせます。
ちなみに私は顧客0で始めました。
始めにきちんとある程度のプランを立て、まじめにお客様第一の仕事をしていれば大丈夫です。すぐに顧客は付きます。
どれくらいの規模が利益率が高いか?ですが、どの位を求めているのでしょうか?私は9年して来て、10坪店舗が一番利益率がいいのではと思います。この利益率には色んな意味が含まれていて、精神的利益、時間的利益、金銭的利益、この3つがバランスよく手に入れれる一番の規模だと思います。
月に100万以上の純利益を求めているなら、場所と独自のブランド力などあれば、この規模でも全然無理ではないです。
私的には、楽しく余裕を持って仕事が出来る方が、完全顧客を掴む事が出来るんじゃないかと思います。
頑張ってやってみて下さい。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!大変参考になりました。
同業の方で独立されたかたの意見はすごく説得力があります。
kumanchiさんは1000万で始めたとありますが、自己資金はありましたか?設備投資にいくらで運転資金はいくらだったんでしょうか?もしできれば教えていただきたいです。
あと顧客0からとありますが最初、月の入客は何名ほどでしたか?何年で軌道に乗ったんですか?質問攻めで申し訳ないんですが是非ともお教えくださいませ。よろしくお願い致します。

お礼日時:2007/10/07 01:28

美容室経営、美容師が成功するかは単純です、一人のお客様を満足させ顧客にし、そのお客様から新しいお客様の紹介を得る、それが出来る人は必ず成功します、うまい経営方法など有りません


(1)ビジョンは、自分は経営一本でやっていき、、、
これは大変なことです、たぶんこれが出来る方だと、生活が厳しくなるため実家に帰る事は無いと考えます、原宿に店有りますので原宿事情は良く知っている物の意見です
美容師としてみがいてみがけは必ず結果の出る美容業です
積み重ねさえ重ねれば報われる、業種(生業)です
顧客0から
顧客を連れての独立の方が簡単なのは誰が考えても楽なに決まっています、後は生き方の問題です、昔、萩原宗の会長から「あんたが一番大変だね、他の人はうちから客とスタッフ連れって楽をしているのに」と言われましたが余りお勧めでありません、現にその時の原宿の店は7年ぐらいで閉めなくては成らなくなりました、店にオーナーに対して正直に自分は独立したいとの以降を初めから話しておいた方がよいです。
がんばりましょう
    • good
    • 3

経営コンサルタント 兼 記帳代行 で顧問先に美容業・理容業の方がいらっしゃいます。



誰しも目標を持って計画して事業を行います。あなたが特別なわけではありません。欲を言えば開業時に顧客50人などの規模ではじめ、開業資金が1000万円程度あるのであれば、技術者の雇用も良いと思います。

美容業の組合に加入するかしないかでも変わりますが、顧客単価と顧客数、顧客の来店頻度からある程度の顧客がいなければ、あなた自身の生活はもちろんのこと技術者の生活を守れないのでは?と思ったからです。開業資金はあったほうが良いです。店舗をどのような形態にするかにもよりますし、赤字経営の期間でも技術者の給料や固定費が出て行きますし、あなた自身の生活の為です。

起業される方なりに皆さんビジョンがありますが、事業計画・資金計画などまで作れる内容でなかったりします。見込みも甘かったりします。

まずは雇用でともありますが、地元の同業から顧客を奪うようなものです。開業予定者であれば嫌う場合もあるでしょう。隠していてもあとから報復のようなことも可能性があります。

まずは、ご自身が技術者も兼ねて事業基盤を確立させて、その後技術者の立場をフェードアウトしながらマネジメントを主軸に事業拡大を考えるべきだと思います。

地元の同業者で嫌われると良いことはないでしょう。
顧問先は同業同士の個人的な付き合いを欠かさず行い、情報交換をしています。開業時には近隣の同業にはすべて挨拶もしていました。
あることないこと保健所にちくられたりすると営業自体まともに出来なくなりますし、変なうわさを流されてもおかしくないでしょう。

この回答への補足

ben0514様
ご回答ありがとうございます。

補足で質問させていただきたいのですが、
[まずは、ご自身が技術者も兼ねて事業基盤を確立させて] とありますが、それは、前文の[地元の同業から顧客を奪うようなものです]と書いてあることから察すると、顧客は確保せず0から始めるということですか?顧客の定着で売り上げが落ち着くまでは開業資金で補うということでしょうか?
自分では、今までいろんな人を見てきましたが、顧客0から独立をはじめるという美容師を見たことがありませんでしたのでそういう考えは無かったんですが、それですと相当見込みがたちませんがそういうやり方がベストだと思われるということですね?
確かに同業で顧客をもっていかれるという事はお互いいいことではありませんが美容師業界ではそういう流れが主流だとは思います。
ben0514さんの美容師業のお客様は、ben0514さんがおっしゃったやりかたで始められたんですか?

社員の雇用に関しては、そうなるとやはり雇用は厳しいかとは思ってきました。

補足日時:2007/09/06 03:09
    • good
    • 6

 sukofiirudさん こんばんは



 (1)について
  こんな事を書いたら夢を持っている人に申し訳ないのですが、開店当初から店員さんを雇えるだけの利益が上がるのでしょうか???店員を雇うと言う事は、極端な話ある月の売上が0円であっても店員さんの給料を払わなければなりません。色々な事業を色々な方が起業されていますが、起業される方の半分以上は3年以内にその事業を辞めている実態があるんです。そう言う辞めてしまう方の多くは、売上に対して経費を掛け過ぎな所だそうです。もちろん経費を最低限に抑えていても売上が上がらず・・・と言う事も考えられますが・・・。
 経費の中で家賃と従業員の給料等を固定費と言い、どんな大企業でも家賃と従業員の給料が多くなり過ぎて利益を少なくしていると言われています。小泉政権時代から政府は景気の指標としている大企業の利益が増えて企業投資額が増えた結果、「景気が良くなっている」と言っています。しかし裏を返せば企業の売上が上がった結果の利益が増えたのではなくて、売上は横ばいまたは低下している中で社員をリストラするとか工場を合併する等の固定費を減らす事で出費を減らした結果の利益増なんです。ですから政府は景気が回復傾向にあると言っていますが、私は依然として不景気が続いていると考えています。そう言う不景気の時代での街場の商店で、大企業の安売り合戦に負けずに成り立っていける商店は「パパママストアー」だと考えています。
 「パパママストー」ですと規模的にもそんなに売上を上げる事が出来ませんよね。でも従業員を雇ってない(家族だけで頑張る訳ですから・・・)ので人件費と言う出費が無くて済む訳です。ですから最低の生活を保たせるだけの利益を確実に上げる事が可能なわけです。そう言う意味で細々とかも知れませんが長続きするのが「パパママストアー」です。
 sukofiirudさんの将来開業するだろう美容院も、まずは従業員を雇わず「パパママストアー」形式で始められたらどうでしょうか???将来売上が上がって来てsukofiirudさん1人の美容師では賄いきれなくなってから従業員を雇うで良いと思います。どんなに経営能力のある人が経営していたとしても、開業当初はsukofiirudさんの美容院の存在すら知られてなくて思う様に売上が上がりません。そんな時期に従業員の給料を払ったら生活費すら出せない状態になるかもしれません。と言う事を考えたらsukofiirudさんが最初からマネージメントに徹するだけの余裕のある商売が出来るかどうか凄く疑問を感じます。
 今現在どう言う美容院にお勤めなのか解りませんが、現状の勤め先と同じ事を考えていたら失敗する可能性が高いと思います。原宿と言う一等地での美容院ですから、私が想像しているより売上は多いかもしれませんね。sukofiirudさんが美容院を開業したら、たぶん原宿で美容師をしていた頃が懐かしくなる位にお客様の来店数が少なくて暇を持て余す可能性も有るでしょう。その位大手で働いていた方は、起業したら差に驚くと思います。と言う事を考えても、開業当初から従業員を雇えないと思いますよ。

 (2)に付いて
  まず個人事業主と法人の違いに付いてご存知なのでしょうか???詳しくは勉強して下さいね。簡単に少し説明します。
  1.税金体系の違いについて
   個人事業主の場合は、給料を得る事が出来ません。言ってしまえば事業の利益が給料みたいなものです。したがって所得税は確定申告書上の事業所得だけにしか掛りません。
   ところで法人の場合は、事業主も給料(正確には「役員報酬」と言います。)を得る事が出来ます。そして法人は法律上「法人」と言う人権を認められている関係で、事業主は法人としての所得税とご自身の給与に対しての所得税と言うダブルの所得税を支払わなければなりません。したがって利益が低い(つまり売上が低い)うちは、支払う所得税額は「個人事業主<法人」となります。しかし法人の税率が低い関係で、ある一定の利益(間違っても売上ではないです。勘違いしないで下さいね。)を超えると所得税の総額が「個人事業主>法人」となる利益額が有ります。一般に「個人事業主>法人」となる利益額(再度言いますが、売上ではないです。)は「1000万円」と言われています。(もちろん細かい事を言うと、事業の利益率によって違うのですけど・・・)1000万円の利益を得る事がどれだけ大変な事かは、実際に起業してみればよく解ると思います。
   以上より開業当初は「個人事業主」で始められると良いですね。美容院の売上が順調に伸びて、利益1000万円を超える様になってから法人化されたら良いと思います。
 2.信用度の違いについて
   一般に個人事業主より法人の方が信用度が高いと言われています。何所に対しての信用度が高いかと言うと、一般には「対役所・対法人等」に対しての信用度が高いと言う事です。個々のお客様に対しての信用度は全く変わりません。それは「あの美容院は法人だからカットやパーマが上手だよ」と考える人が1人としていない事からお解りになると思います。
   この事からも、まずは気軽に始められる個人事業主で始められたら良いと思います。

 (3)に付いて
  美容院一本で経営するか、他業種も経営するかの差は 全く無いと私は思います。美容院は今では男性も来店される商売ですけど、多くは女性向けの商売ですよね。そう言う意味では店内の一部でアクセサリーを売ったりしても面白いとは思います。私は常時行っている美容院の場合は、私の提案も有ったのですがパーマの待ち時間の間に「リフレクソロジー」をしています。そう言う他の美容院ではないサービスが有れば、客寄せになると思います。ですから色々工夫の余地はあると思いますよ。

 色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。
 
    • good
    • 8
この回答へのお礼

sionn123さん はじめまして
丁寧なご回答ありがとうございました。自分の考えていた事を改めて見直せました。
たしかにマネージメントに徹していけるほど売り上げ見込みはないとおもいます。しかしながら従業員を雇うという事に関しては変えるつもりはありません。なぜなら開業前に最低限売り上げが上げれるくらいの顧客は確保して独立します。美容師は特殊で個人にお客様がつくといっても過言ではありません。全員引っ張って来ることは無理ですが一握りのお客様は連れてくる自信はあります。新規客も1ヶ月ゼロということはまずありません、少なく見積もって立地も考えて開くつもりです。パパママストアもいいかもしれませんが、ある程度勝負にでないとそれこそこの不況には勝てないような気もします。自分も生半可に独立をする訳ではありません。失敗するかもしれない覚悟はあります。そうしたらまた一から這い上がってリベンジします!
sionn123さんのアドバイス的をえていて大変参考になりました。
すばらしい考え方の持ち主ですね。なにをされている方なんでしょうか?また何かの機会にお会いできたら光栄です。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/05 01:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお気に入り(or理想)の美容室

良い美容室(理容室)って、なかなかめぐり合えないものですね…。そこで皆さんにアンケートです

(1)お気に入りの美容室がある方へ。あなたの通っている美容室のどんな所が気に入っているのかを教えて下さい。
(今の美容室に不満がある方は、『美容室がこうなれば嬉しい』という理想について語って下さい)

(2)そのお気に入りの美容室は、どういうきっかけで見つけましたか?
(不満がある人は、普段どういう美容室によく行くのかを教えて下さい)

(3)その他(何か一言ある方は、どうぞ)

Aベストアンサー

こんばんわ。

(1)お気に入りの美容室がある方へ。あなたの通っている美容室のどんな所が気に入っているのかを教えて下さい。

基本的に肩下15cmくらいから腰くらいまで伸ばして美容室に行くので、1年に1回程度しか美容室に行かない人です。
そのくらいの頻度でも良いには理由があります。

わたしの行く美容室はカット(パーマ)したて、途中、さてそろそろカット行かなきゃ、それぞれの時期で良いニュアンスが出るんです。
普通ある程度伸びた時点で「良い感じ」がなくなって来て、みんな美容室に行く(行かなきゃいけなくなる)んじゃないかな?って思うんですね。
わたしの行く美容室、と言うか担当の美容師さんは腕が良いからそういう風になると思います。

あと、美容師さんって接客なんでしょうが、色々こちらの事を聞いたり、何せよくたくさん話し掛ける人が多いと思うんですが、わたしの担当の美容師さんはそういう話はしないんです。
これもポイントですね。

それから、ちゃんとわたしの個性、髪の質を把握していて、例えわたしがたぶん似合わないであろうヘアスタイルを希望しても、それはやめといた方が良いよって言ってくれる。ちゃんと相談が出来る美容師さんです。

(2)そのお気に入りの美容室は、どういうきっかけで見つけましたか?
わたしは神戸に住んでいるんですが、神戸の美味しいお店やブティック、観光スポットetcを紹介しているムックに載っていました。

って感じです。

こんばんわ。

(1)お気に入りの美容室がある方へ。あなたの通っている美容室のどんな所が気に入っているのかを教えて下さい。

基本的に肩下15cmくらいから腰くらいまで伸ばして美容室に行くので、1年に1回程度しか美容室に行かない人です。
そのくらいの頻度でも良いには理由があります。

わたしの行く美容室はカット(パーマ)したて、途中、さてそろそろカット行かなきゃ、それぞれの時期で良いニュアンスが出るんです。
普通ある程度伸びた時点で「良い感じ」がなくなって来て、みんな美容室に行...続きを読む

Q理容室を独立開業する大きさで迷っています。36歳、理容師です。

理容室を独立開業する大きさで迷っています。36歳、理容師です。

気に入った物件を見つけたのですが、30坪と大きくて悩んでいます。
将来的には、従業員を使って営業したいと思っていますが、最初は夫婦2人でと考えています。

・椅子4~5台
・キッズスペースや個室も作りたい
・妻も働くので子供を置いておける様にバックヤードを広く取りたい

と思っていますが、ランニングコストなどを考えると・・・
また、自己資金は300万程度しかないので、内装費も・・・

立地はかなり気に入っているので、ここにしたいのですが

(1)内装費を抑えて、まずは夫婦2人で頑張ってみる
(2)ここは諦めて違う所を探す
(3)椅子7~8台の大型店にする(自分は椅子11台の店の店長です)

この程度しか考えつきませんが、どれがいいのでしょうか?
また他に良い案はないでしょうか?

Aベストアンサー

昔から「大は小を兼ねる」と言う言葉があります。
賃貸費用や立地条件が良ければ迷う必要が無いのではないですか?
安物のスクリーンや陳列棚などの仕切り配置の仕方で待合コーナー、理髪コーナー、休憩コーナー、事務コーナー、着替えロッカーコーナー等計画できますよ。
最初に椅子を4~5台で始め、経営が軌道に乗り資金に余力が付いてきたら椅子を増設する時も、店を移転する事も無く易々と増やす事も可能です。


また、開業に先立ち、地元の商工会議所では、新規事業者の為の設備資金や運転資金の金利の安い融資制度の相談から経営相談、会計相談等してくれます。
商工会への入会は、店を開店した後からでも出来ますからね。

商工会の年会費は、たかが知れています。
年会費は、お住まいの地域によって違いますが(年間5,000円~20,000円)程度です。

貴方の将来の店の規模等を良く考えて決めて下さい。

ご参考まで

Q美容室について

僕は、高校1年生なのですが、友人はみな美容室に行きはじめました。
美容室は、どの美容室でも男女関係ないのでしょうか?

あと、福岡の大橋あたりに良い美容室があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も福岡ですが、大橋はちょっとわかりません。
やっぱり天神のお店を利用している人が多いようです。

私が行く美容室は、天神イムズの上の階
(何階かはちょっと覚えてません)にあります。
男性客も多くて、カップルで来る人もちらほら。
スタッフは男性も女性もいるので、どちらがいいのか
受付で言えば良いですよ。

Q美容室の開業

美容室のフランチャイズってありますか?
FCを利用するのと自分で開業はどっちが良いですかね?
ちなみに、都内ではもう飽和状態なんですか?

Aベストアンサー

 rin123さん こんばんは

 まずは「美容室 フランチャイズ」でネット検索してみましたか???そうすれば、結構ヒットしましたよ。それすらもしてない様でしたら(多分してないので、「美容室のフランチャイズって有りますか??」と言う質問をするんだろうと思います。)まず美容室の開業なんて無理・無茶な事だと思います。事業をすると言うことはそんなに甘いものでは有りません。rin123さんはこのHPに質問出来る方ですから、ネットの使える環境をお持ちだと思います。手軽に色々な事を調べられネットの環境を使わない(使えても使おうとしない)人には、事業を起すなんて難しいと思います。本当に開業したいのであれば、美容室のフランチャイズ募集的なHPが見つからなくても「私はFCで美容室を開業した」と言う言葉の有るHPを見つけたら、そのお店まで行って頭を下げて店長さんに色々な事を聞く位の意気込みが無いと事業を起す事は難しいです。ですから、失礼とは思いますが端的に言ってrin123さんは事業を起す事または事業を起して成功する事は難しいと思います。

 とまあ厳しい事を書きましたが、それだけではなんなので少し書きますね。私自体は美容師でも何でも有りません。客として使うだけの人です。ですから美容師業界の事は、全く解りません。私の住んでいる町の商店街にも最近美容室・理髪店が最近増えています。ですから、飽和状態かどうかは解りませんが、大変な事は事実でしょう。女性おも対象にした低価格のカット店が最近増えていますから、値段的には大変なんでしょうね。
 私は、美容室は技術を売る商売だと考えています。もしrin123さんが美容師で美容の美容の技術に自信が有るのであれば、開業しても良いと思います。もし美容師を雇って事業を始めようと考えているのであれば辞めた方が良いでしょう。それは売り上げ云々に係らず、美容師の給料は支払わなければならないからです。どんな商売でも従業員の給料がかさんで、言ってしまえば経費が多くなって実収益が出てないお店が多いのも事実なんです。
 私の友人は最近行きつけの美容室を変えました。それは、今まで行っていた美容室の美容院さん(いつも指名してカットしてもらっていた方)が独立して新たな美容室を開業したからなんです。この例でも解る通り、美容室の場合はそのお店にお客様が付いて来るのではなくて、その美容室で働いている美容師の技術にお客様が付いて来る場合があるんです。ですから、もしrin123さんが美容の技術に自信が有るのであれば、独立しても良いと思います。

 後は少し考え方を変えると事業が上手く行く場合があるんです。私の母が常時行っている美容室ですが、決してお客様が多くて流行っているお店とは私は思いません。それでもそのお店は週休二日なんです。その美容室の先生は私の薬局のお客様で、昔失礼と思いましたが「週休二日で成り立つの???」って聞いた事が有ります。その時に言っていたのは、お店は週休二日で、お店を閉めている日は出張でカットしに行っているんだとの事でした。それも特別養護老人ホームと契約してカットに行っているとの事でした。その先生曰く、「女性って幾つになっても女性なんだよね。寝たきりのおばあちゃんでも綺麗でいたい気持ちはあるんだよ。だから、カットして髪を整えてあげて、口紅を付けてあげるだけでも少しは元気になるみたい」だそうです。このようなこれからの高齢者社会を考えた事業を考えるだけでも、事業を成功させる事は可能でしょう。多分寝たきりの方のカットなんて難しいだろうと想像します。それでも喜ばれる事は間違いないわけです。一般的な健常者でお店に来れる方だけを対象にしないで、老人ホームに住まいしている方をお客様の対象に考えたら、例え現在飽和状態の美容室業界でも何とか事業を成り立たせる事も可能でしょう。そう言う色々なパターンの事業内容を考える事で、単に美容室と言っても面白い商売や事業の安定させる事だって可能だと思います。いろいろ考えて見ると良いと思いますよ。

 私が解る範囲で(美容室について無私な私ですから、お役に立てなかったと思いますが・・・)纏めて見ました。何かの参考になれば幸いです。

 rin123さん こんばんは

 まずは「美容室 フランチャイズ」でネット検索してみましたか???そうすれば、結構ヒットしましたよ。それすらもしてない様でしたら(多分してないので、「美容室のフランチャイズって有りますか??」と言う質問をするんだろうと思います。)まず美容室の開業なんて無理・無茶な事だと思います。事業をすると言うことはそんなに甘いものでは有りません。rin123さんはこのHPに質問出来る方ですから、ネットの使える環境をお持ちだと思います。手軽に色々な事を調べられネット...続きを読む

Q美容室、美容院を変える時

今まで通っていた美容室をやめて、新しい美容室に行きたいのですが、

みなさんは美容室を変える時、何かの情報を得てから行くのでしょうか?それとも目に付いた美容室をとりあえず行ってみるって感じなのでしょうか?

Aベストアンサー

私はフリーペーパーなどにクーポン券がついてるところを
行ってみたりしてました。
今行っているところは自宅から最寄駅までの間にあって
気になったので電話番号を調べて予約して行きました。
あと、私はしたことがないですが
友達や知り合いからの紹介もあるみたいですね。
そうすると、割引があるし、紹介した人にも
なにかサービスがあったりするみたいですね。

Q今年美容室を開業します。

今年美容室を開業します。
しかし店名がなかなか決まりません。
店には濃い茶色をたくさん使いシックな感じになる予定です。
コンセプトはお客様との出会いに心から感謝し一人一人に真心を込めて仕事をする。といった感じです。

コンセプトの通りキーワードは出会い、心、感謝、つながり、大切…色々あるのですが何かいい店名はないでしょうか?

英語、フランス、ラテン、漢字…など色々検索したのですがいいアイデアがなかなか浮かびません。

参考までにお聞かせいただければ…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

美容室「謝謝」はどうでしょう?

あなたに一番欠けていることばです。

Q美容室へ行く男性はなぜ美容室なのですか。

美容室へ行く男性はなぜ美容室なのですか。
ある男性はスポーツで汗をかくのでさっぱりとした短髪なのに美容室へ行くのです。
美容師免許では顔、髭剃りはやってくれないはずですし、スポーツマンらしいカットなら理容室の方がお得
意ではないかと思いますので不思議です。

男性があえて美容室へ行くわけを教えてください。

Aベストアンサー

おしゃれ重視なら美容室
値段、アクセス重視なら理容室

Q美容室開業にあたって名前を一緒に考えてください!

 最近美容室が増えて、いろんな名前の美容室がありますよね。私も小さな美容室を開業しようと思っています。美容暦も13年でお客様も若い方~おばあちゃんまで、年齢層は幅広いです。
私がスタイリストになってから今まで、ずっと来ていただいてるお客様に、もっといろんなサービスや提案を自分で考えてやりたい・・・と思い、感謝の気持ちでいっぱいです。
 ただやるからには、オシャレで『RやS』を使ったアルファベットの名前にしたい(自分の名前がSで始まるから・Rは美容室でよく使う単語のため)と思い考えていたのですが、やはり言葉のセンスがないことに気づきました。名前なんかより中身を充実することが一番大事なのは解っていますが、今いろんな意味で名前はずっと残るものだし、コロコロかえたくないし、お店の雰囲気を作る大事なものと考えています。
 ちなみに私はかわいい雰囲気よりもかっこいい感じが好きです。ファッション雑誌ではグラマラスやバイラなどを読みます。
 お店の雰囲気もシンプルで白の木とタイル・ブロックなどを使った少しアンティークな感じにしようと思っています。
 ぜひご協力お願いします。

 最近美容室が増えて、いろんな名前の美容室がありますよね。私も小さな美容室を開業しようと思っています。美容暦も13年でお客様も若い方~おばあちゃんまで、年齢層は幅広いです。
私がスタイリストになってから今まで、ずっと来ていただいてるお客様に、もっといろんなサービスや提案を自分で考えてやりたい・・・と思い、感謝の気持ちでいっぱいです。
 ただやるからには、オシャレで『RやS』を使ったアルファベットの名前にしたい(自分の名前がSで始まるから・Rは美容室でよく使う単語のため)と思い考え...続きを読む

Aベストアンサー

RoSe(ローズ:薔薇)はいかがでしょう?

Q福岡市内でキッズ専門美容室ありますか?

この春より福岡に転勤になります。
福岡市内で、キッズ専門の美容室、もしくは幼児の散髪の上手な美容室や、おすすめの美容室はありますでしょうか?

Aベストアンサー

どうも今晩は!

キッズ専門の美容室では、岩田屋本館6Fの「ZUSSO KIDS」があります。
http://zussokids.1755.net/menu.html


↓こちらはキッズ専門の美容室ではありませんが、キッズ専用ブースが
あるようです。
http://machi.goo.ne.jp/092-884-0369

ご参考まで

Q業務委託から完全独立開業、開業届は?

3年前から昨年まで業務委託で収入を得て、白色申告していました(昨年分は還付申告で、先月済ませました)。

当時は業務委託契約=個人事業主という意識がなく、開業届は出していません。

現在の状況ですが、昨年で業務委託先を辞め、今年3月に完全に独立開業をする予定です。

できれば青色申告を申請したいと思っていますが、開業届を出さないと申請出来ないと聞きました。

そこで開業届を出すつもりだったのですが、あるサイトには白色申告をすると同時に開業していることになるという情報もありました。

この場合は、改めて開業届を出さなくてはいけませんか?

出す場合は、開業の日付は業務委託契約の期間に初めて確定申告をした日などにするのか…
それとも完全に独立開業した日にするのか…

税務署は確定申告時期で中々詳しく聞きづらいので、もしわかる方いらっしゃったら回答頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

> 出す場合は、開業の日付は業務委託契約の期間に初めて確定申告をした日などにするのか…
> それとも完全に独立開業した日にするのか…

届け出はあくまでも事実の通知です。
なので、開業の日付は実際に営業を開始した日です。すなわち業務委託契約の締結日です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング