植物の代謝経路に関して調べているのですが、
植物内でアミノ基を遊離するような反応はどれだけあるのでしょうか。
また、主にどういった反応が挙げられるのでしょうか。
どなたかご存知でしたら回答お願いします。

A 回答 (1件)

専門ではありませんのでピント外れかもしれませんが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?


1.http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~makizoh/PRA/GDB2 …
(植物体全体のトレードオフが二次代謝を制限する)
2.http://ddb.libnet.kulib.kyoto-u.ac.jp/cgi-bin/re …
(木質研、京大)

成書では
・木質生化学(樋口隆昌、文永堂出版)
この中に「アミノ酸の生成」、「アミノ基転移」の記載が少しあります。

更に、
・食品総研
・森林総研
等の報告書等を検索されては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
さっそく調べてみます。

お礼日時:2001/01/29 10:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q極性の非荷電性R基をもつアミノ酸の中で、 セリン、トレオニン、アスパラギン、グルタミンのpIは(pK

極性の非荷電性R基をもつアミノ酸の中で、
セリン、トレオニン、アスパラギン、グルタミンのpIは(pKa1+pKa2)/2で表せますが、

システインのpIだけなぜ(pKaR+pKa1)/2で表せるのですか

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13156007198
ここの答えが参考になるような気がします

Qたんぱく質中のアミノ酸残基について

ある問題で、「ヒストンのリジン残基のアセテル化は、ヒストンのDNAに対する親和性を高める…(1)」という文章が正しいか間違っているかという問題で(答え)は、
間違っているという結論で、
(誤りの箇所)高める
  →(正しく直すと)弱める  とあります。
そこで、質問をさせていただきたいと思います。
<質問1>アセテル化とはなんですか?(調べてもでてきません。)
<質問2>(1)の根拠を自分なりに考えたのでどこがおかしいのか教えてください。
(自分なりの考え)DNAは負電荷を帯びている。…(2)
        リジンは塩基性アミノ酸なので中性付近(pH=7付近)では、プラスの電荷を帯びている。…(3)
今回は、ヒストンのDNAに対する親和性を考えるので、この時が中性付近であることよりヒストン中に含まれるリジンが中性付近ではプラスの電荷を帯びてるので、DNA(負電荷を帯びてる)と結びついて、結果的に親和性は高まるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 生物系の教科書ではたまにアセチル化をアセテル化と記述しているものがありますね。anthraceneさんのかかれた通り酢酸アミドの形成を示しています。

 ヒストンはおもにDNAのバックボーンのリン酸を認識して結びついています。このとき大きな役割を果たすのがリシンで、このアミンが正電荷を帯びているため負電荷を帯びているDNAのリン酸バックボーンと静電的に強く結合します。それゆえヒストンで折り畳まれるとポリメラーゼなどのたんぱく質との相互作用が出来なくなります。しかしアミンがアセチル化すると電気的に中性になってしまうのでDNAと強く結びつくことが出来なくなってしまいます。

 したがってSkyworldmanさんの考えであっていますよ。

Qグルコサミンが体内成分になるまでの代謝経路

グルコサミンが腸から吸収されて体内の構成成分になるまでの代謝経路が分かりません。一流企業とされているところからも発売されているので代謝経路が発見されていると思うのですが、どうしても探し出せません。ご存知の方がおられたらぜひ教えてください。タンパク質が分解されてアミノ酸になって再び体内のたんぱく質になることは学校で習いました。

Aベストアンサー

グルコサミンはタンパク質ではありません。Wikipediaなどで構造が確認できます。
ブドウ糖とよく似た構造です。

代謝経路については私も存じ上げません。

グルコサミンの効能についての詳細はまだはっきりわかっていないようです。リンク参照。
大ブームの物質ですから、詳細がはっきりせずとも一流企業が飛びつくのも当然だとは思いますよ。

参考URL:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail24.html

Qアミノ酸の「残基」という言葉について

一浪生(生物偏差値60~70、変動あり)です。

「分子量50000のたんぱく質を作り上げているアミノ酸(残基)1個の平均分子量を100とすれば、このたんぱく質1分子を生成するのに必要な情報を持つRNAの塩基数は1500となる。」

…ということですが、文中の「アミノ酸(残基)」というのは、ペプチド結合で脱水された後のCO-R-NHを表していて、HOOC-R-NH2ではない様に思われます。

「残基」という言葉は、このように理解してもいいのでしょうか? 
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その通りです。

残基とは、ペプチド中の「個々の元のアミノ酸に対応する部分」です。残基の“分子量”(分子ではありませんが)は、元のアミノ酸から水(HとOHの分)を引いたものになります。

QC4ジカルボン酸の呼吸代謝における触媒作用とは?又は,セント=ジェルジ経路とは?

C4ジカルボン酸の呼吸代謝における触媒作用とは?
又は,セント=ジェルジ経路とは?

前にも,セント=ジェルジについて質問しました。彼は,筋に研究を移す前は呼吸の研究をしていました。私の,セント=ジェルジの追跡は上記の件で止まったままになっております。その研究でノーベル賞をもらったはずですが,なぜに情報が少ないのでしょう。

生化学事典でもあれば載っているのでしょうが…「生化学」は「死化学」で大嫌いでしたので,簡単にご教授ください。

Aベストアンサー

No2でpdfにリンクをさせたら削除されてしまったので、いかのURLからpdfのノーベル賞レクチャーをご参考にしてみてください。

参考URL:http://www.nobel.se/medicine/laureates/1937/szent-gyorgyi-lecture.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報