数年ぶりにCADを始めました。基本的なことですがお願いします。
重なっている線分(オブジェクト)の選択の時、以前はCtrlと左クリックでしたよね。2007以降はハイライト表示の後、Shiftを押しながらスペースで選択可能なんですよね。ところが現在使用しているAutoCAD2008でこの動作を行うと、オブジェクトの循環ではなく一つ前のコマンドが繰り返し選択されます。どこか根本的に操作が間違っているのでしょうか?

A 回答 (1件)

AutoCAD 2007/AutoCAD LT 2007から操作方法が変わりました。


参照ページをご確認ください。

参考URL:http://autocad-select.blogspot.com/2007/07/blog- …

この回答への補足

 早速の回答、ありがとうございます。
 その方法で最初はできたのですが、途中から何かの拍子に操作ができなくなりました。正確に言うとオブジェクト上でShiftを押しながらスペースを押すと直前のコマンドが実行されます。例えば重なった線分が3本あったとして、一番上の1本を削除します。残った線分2本を循環させようとすると先ほどの操作をするとeraseコマンドが実行されるという具合です。)一度CADを立ち上げ直すと正常に戻るのですが、作図をしているとまたそのような状態になってしまうこともあります。
 当方はまだ初心者ですので知らないうちに間違った操作をしているのかもしれませんが・・・

補足日時:2007/09/04 17:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 tom__pooさん、ありがとうございました。原因が分かりました。入力モードが直接入力になっていなかった為、そのような現象がが起こったようです。きっとEscを押すつもりで、そのひとつ下のキーを叩いてしまってたというイージーミスでした。お騒がせしました。

お礼日時:2007/09/04 17:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAutoCAD LT 2007で線分1(斜め)に対して角度指定で線分2を引く方法

AutoCAD LT 2007です。
任意の線分1(斜め、角度は分かりません)に対して、
例えば90度(任意の角度)の線分を引くにはどうすればいいのですか?
教えて下さい。
何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

線分1(斜め)に線分2を重ねて引く。

線分2に回転(ROTATE)コマンド。

基点を決めて、

角度を入力(これは線分1に対しての角度になります)

これでOK。

QAutoCAD2005LTでは可能だった循環選択が2008LTでは不可能

AutoCAD2008LTを使っています。
2005LTでは、
重なったオブジェクトのうち1つを選択する際に、
Ctrlキーを押しながらオブジェクトをクリックすると、
〈循環オン〉となって、背面にあるオブジェクトでも
選択できていました。
同じことを2008LTでも試したのですが、出来ません。
ヘルプで『循環』などで探したのですがありませんでした。
この機能は無くなってしまったのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

2007から変更になりました。
詳細は「参考URL」を確認してください。

参考URL:http://autocad-select.blogspot.com/2007/07/blog-post.html

QAutoCAD オブジェクト選択

AutoCAD2007を使っています。
線や円のオブジェクトを移動するとき
移動するオブジェクトを選択していくわけですが
選択すれば前に選択したものが解除されてしまいます。

コピーするときも最後に選択したものしか選択されません。

今までは選択したものが次々に選択に追加されるかたちだったのですが
如何したらなおりますか?

Aベストアンサー

ツールバーの「オプション」→「選択」タブをクリック

そのなかで「選択セットへの追加に[Shift]を使用

これにチェックが入っていませんか。

もしそうならチェックをはずして下さい。

おそらくこれで大丈夫です。

Qauto-cad で連続オブジェクト選択のしかた

今まで オブジェクト(線)をクリックするごとにいくつでも認識できたのですが。いつの間にかひとつしか認識できなくなりました。シフトを押しながらは できるのですが、どこか その選択設定できるところが合うのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #2です。確認しました。

 直接コマンド入力だと、「PICKADD」で、パラメータを「1」に設定してください。

Q選択中のオブジェクトを、もっと目立たせたい

設計図は沢山のオブジェクトで作られています。大きいものから小さいものまで沢山のオブジェクトによって。しかし、小さなオブジェクトは選択中では、視点を話してしまうと分かり難くなってしまいます。

そこで、選択中のオブジェクトを目立たせる方法はありませんか?
例えば色が変わるとか。画層の設定みてもイマイチ上手く設定できなくて・・・

お願いします。

Aベストアンサー

この質問は以下の
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7367888.html

の関連の質問として、
「最後のオブジェクトを簡単に確認したい」場合について回答します。

確認用に、色や太さを変えるということも可能ですが、文字の種類、
現オブジェクトの色、ブロック・寸法の作成時の設定によっては、変更を
加えても、何も変ったように見えないことがあるので、次の方法にします。

このような場合は、全オブジェクト表示状態でZOOMのLオプションで最後
のオブジェクトが画面の中央に大きく配置されます。

具体的には、コマンドラインで、ZエンターOエンターLエンター、エンター。
(この後、コマンドラインで、ZエンターEエンターで全オブジェクト表示状態)

これを何度も実行するのも面倒なので、最後のオブジェクトを削除する
ERASEコマンドと組合わせて、次のマクロを登録すると楽になるでしょう。

*^c^c_zoom;e;zoom;o;l;;zoom;s;0.2x;erase;l;\

使用法
・マクロを登録
・ボタンをクリック
・エンターを押す度に画面中央の最後のオブジェクトが削除されます。
・終了はESC

マクロの登録方法が分らない場合は、ネットで調べてみて下さい。
オブジェクトを順次削除しますので、コピーしたファイルで実施して下さい。

また、AUTOCADに関する質問の場合は、ご使用のAUTOCADのバージョン
を書いてください。
これは、バージョンによって最適な回答が異なることが多いためです。

この質問は以下の
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7367888.html

の関連の質問として、
「最後のオブジェクトを簡単に確認したい」場合について回答します。

確認用に、色や太さを変えるということも可能ですが、文字の種類、
現オブジェクトの色、ブロック・寸法の作成時の設定によっては、変更を
加えても、何も変ったように見えないことがあるので、次の方法にします。

このような場合は、全オブジェクト表示状態でZOOMのLオプションで最後
のオブジェクトが画面の中央に大きく配置されます。

具体的には、コ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報