ビールの景品としてプレゼントされている急冷器って、
仕組みとしては氷を入れた箱の中で缶がぐるぐる90秒間回るってだけの
シロモノのようなのですが、なんでそれでそんなに早く冷えるのでしょう?
「中の液体をまんべんなく冷やせるから」という回答しか思いつきませんが、
なんだかそれだけじゃないような気がして納得がいかないのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

缶を回転させることによって、常に温度の高い面が氷と接触するため、温度勾配が常に大きく保たれ熱の移動が早いのでは、また、固定された氷と缶の間には氷が溶けるためにできる水の層が存在することになりますが、この水の層の温度は氷自体よりも高いはずです。

缶をまわすことによって氷が溶けたときに出る水も常に入れ替わり、結果として缶に接触している部分の温度が、氷の温度に近い状態が保てるからではなでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。周りの水が常に入れ替わるということには気がつきませんで、直感的にくるものがありました。効率のいいことが複数、行われているのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/27 18:23

冷蔵庫で冷やすのに比べたら、っていう比較論だと思いますよ。



 冷蔵庫の中に立てておいたのでは、なかなか冷えない。表面の空気に温度層ができてしまって、熱交換されにくくなる(風をあてれば良くなる)し、ビールの中も冷えたのが底にたまってぬるいのが上に浮かぶ。冷たいのは周囲との温度差がすくないので熱の移動があまりなく、上の方だけが熱交換をやることになります。その上、冷蔵庫じゃ冷やす媒体が空気です。
 これに比べたら、ビールの中に適当な流れを作って缶の表面がビール全体の平均温度と平衡するようにした方が良い。氷なら溶けるときに凝固熱(80cal/g)を奪ってくれて一層効率がよいですね。
 一番速いのは、ビールを平たい容器に入れて、上下から氷で挟むことでしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冷蔵庫ってのもいろんな欲求を満たす上での妥協点のようなものでしかないのかもしれませんね。少なくとも冷やすだけのものではないようです。多面的な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/27 18:24

氷の融解熱の原理(氷は対象物の熱を奪いながら溶けます)を利用して、


モーターで缶飲料を回転させると缶の周囲におかれた氷が溶けその融解熱として缶飲料の熱が奪われる為に、
急速に冷やされるのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

氷は対象物の熱を奪って溶けるから、対象物は熱を持っていなければならない。なんて普段は当たり前に実感していることを再考させられる回答でした。科学は楽しいですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/27 18:25

済みませんタイプミスです。

0局ではなく冷却ですね。
    • good
    • 0

館の表面積全体が0局の対象となるため常に全体が冷やされ続けることと中の液体が回転によってまんべんなく平均的に冷やされるからです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

通常の冷却でも結局はそうなんでしょうけど、缶自体が冷却材になって中身が冷えてゆくというイメージが直接伝わってくる回答でした。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/27 18:26

ビールの缶に触れている部分だけが冷やされるのではなく、回転によって缶の中身がかき混ぜられて、結果として缶の中身全体がまんべんなく冷やされるからではないでしょうか。


前に、伊藤家の食卓でやっていたような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

伊藤家ってそういうこともやってたんですね。今度、本を見てみます。すばやい回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/27 18:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q巨大な缶ビール

25年ほど前の話ですが、近所の自動販売機に2~5Lほどのサイズの缶ビールが売られていました。価格は1200~2000円前後で注ぎ口にプラスチックの龍がついていたものもあったと記憶しています。
最近では数リットルサイズの缶ビールを全く目にしませんが、もう販売されていないのでしょうか?
また、当時の巨大缶ビールの写真など掲載されているサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

今は第3ビールにおされている事とビールの消費量の低下
自宅での飲み会?などの減少で自販機なんかはほぼ壊滅ですね。
しかし、まだありますよ。
スーパードライ
http://www.asahibeer.co.jp/superdry/lineup/
一番搾り(ちょっと小ぶりなサイズ)
http://www.kirin.co.jp/brands/tarunama/

Q熱変性→急冷後のDNAはなぜ1本鎖のままなのですか

DNAを変性させる方法として熱処理の後,氷上で急冷して1本鎖を保ちますが,なぜ急冷すると1本鎖のままなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>低温なので分子の運動が鈍くなっている
正確に言えば分子運動が「遅く」なっているというのでしょうが、DNAは付くご存知の通り、四種の塩基残基が並んでいるある意味ファスナー構造をしていますね。
温度が高ければ「親和性」の最も高い「相手」の処まで届きますが、急冷されると安定に接合できる相手をみつける前に運動速度が下がり、届かないことになります。
普通のファスナーなら同じ種類であれば比較的容易に「相手」を見いだせますが、前記のように塩基配列は統計学的にはかなり乱雑なので、きれいに接合するには時間が必要です。

Q缶ビールの賞味期限ってどれくらい過ぎても大丈夫ですかね?

缶ビールの賞味期限ってどれくらい過ぎても大丈夫ですかね?

Aベストアンサー

缶ビールは、賞味期限内であっても、長く置くと、味が落ちてきます。
特に、大量に買われる場合は、1ヶ月以内に飲みきれる量にしておかれるのが無難です。

Q真空中におけるビールの泡について。

お世話になります。

突然ですが、ジョッキにビールをなみなみと注ぎ、それを減圧可能な容器に入れ容器内の空気を抜き、真空に近い状態まで減圧するとビールの泡や液体の部分にはどのような変化が見られるのでしょうか?

くだらない質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

泡の部分の説明ね。
真空度が上がると気泡の一つ一つが大きくなっていきます。
このため,泡の部分の体積がいったん著しく大きくなります。
このまま真空度を上げていくと,大きくなりすぎた泡が
その状態を保てなくなり一気に割れてきます。このため
泡の体積はあっという間に小さくなり,ほとんど消えてしまう
と考えられます。
仕事で真空脱泡をやった経験からの予測ですが。

その後ビールの内部から炭酸ガスが抜けてくる現象
(ぶくぶく)がしばらく続きます。あとは説明いらないね。

Q缶ビールの正味期限ってある?

正月に買った缶ビールがまだ残っています。夏まで置いておこうと思います。
テレビのビールのCMで、缶ビールなのに、できたてを早くお届けとか言っています。
缶ビールなんて完全に密栓だし、ビールに光も当たらないから、缶詰と同じでしょ。
劣化しないんだから、正味期限なんて無いのでは?

Aベストアンサー

 こんばんは。

 一応、缶詰にも賞味期限が書かれていますよ。勿論、缶ビールにも書かれてます。

 酒は本来時間経過とともに熟成し旨味を増すものです。しかしビールは熟成よりも苦みや香味の劣化のほうが早いので、通常はできたてのほうがおいしいと言われています。更に、CMで宣伝されるようなビールは「生きていない」ので、熟成することもなく品質は劣化する一方です。鮮度、鮮度とあわてて飲ませようとするのはそのためです。

 ビールは、賞味期限は約8~9ヶ月と長く、変質の主な原因は酸素、日光、温度変化、振動です。このうち日光、温度変化、振動は流通、保存に工夫することで避けられますが、酸素だけは製造時のマッシングや壜、缶に詰める工程で既に微量に混入してしまい、時間の経過とともに、香味や苦みの劣化、酸化臭、濁り等をもたらします。

 ということで、早く飲むにこしたことはないみたいです。私には、味の違いは分かりませんが。

http://www.asahibeer.co.jp/mini-guide/qa/

参考URL:http://www.asahibeer.co.jp/mini-guide/qa/

 こんばんは。

 一応、缶詰にも賞味期限が書かれていますよ。勿論、缶ビールにも書かれてます。

 酒は本来時間経過とともに熟成し旨味を増すものです。しかしビールは熟成よりも苦みや香味の劣化のほうが早いので、通常はできたてのほうがおいしいと言われています。更に、CMで宣伝されるようなビールは「生きていない」ので、熟成することもなく品質は劣化する一方です。鮮度、鮮度とあわてて飲ませようとするのはそのためです。

 ビールは、賞味期限は約8~9ヶ月と長く、変質の主な原因は酸素...続きを読む

Q雲や霧や煙などモコモコした物を箱の中に作るにはどうすれば良いでしょうか

雲や霧や煙などモコモコした物を箱の中に作るにはどうすれば良いでしょうか?

下の画像のようなものを作りたいとします。
水&油などどんな方法でも良いのですが、
買える物で作れるでしょうか?

また加湿器・アロマ・湯気・線香などを枠の中に通して空気の流れ作ったらライン(スジ)って見えるでしょうか?

Aベストアンサー

ドライアイスを水に入れると、こんなモコモコした雲みたいなものが出てきます。
ドライアイスってどこで売ってるんでしょうねぇ。夏にケーキ屋で入れてもらってたものですが、最近はどうだろう。

次に、ラインというのは、空気の流れのラインのことですね?風洞実験みたいなことをイメージしていますか?
例に挙げられたものでは、煙の密度が低すぎで見えないでしょう、だぶん。
プロの人たち(例えば空調設計エンジニア)はスモークテスターというのを使うんですよ(参考:http://www.monotaro.com/sc/1a/119074-%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%BF.html)。

Qビールとウーロンハイが好きな人が好きな缶ビールは?

26歳男性です。 同い年の男の友達に少し缶ビールをギフトでサプライズで送ろうと思ってるのですが その相手はかおがゴツくて居酒屋ではビールとウーロンハイしか飲みません 飲むときは
食べ物たべない派だそうです。 そんな系の人が好きな缶ビールで アサヒスーパードライとかきりん一番搾りとかたくさん、たくさんありますが、何がうまいと思いますか?
おすすめ缶ビール教えてください。 おつまみは グリコのクラッツをプレゼントします

Aベストアンサー

私の父親と夫がそういうタイプでかなりの大酒飲みです。 
そのタイプは缶ビールならアサヒスーパードライ、瓶ならキリンラガーです。 
発泡酒や甘めのビールは邪道だと思いますよ。

Q新旧抵抗器の使い分け方に関して

抵抗器は昔はぎざぎざを書くものでしたが、
新しい規格では長方形を書くタイプのものになりました。

それでも学会発表などでも、ぎざぎざを書くものを見かけることがあります。
これらは使い分けとかがあるのでしょうか?
何となくぎざぎざのものは単純な抵抗で長方形のものは
複素インピーダンスを表したいときに使っているように思うのですが
どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

使い分け方って特にないですよ.
古い人(古い人から指導されている新しい人も含む)・・・「ぎざぎざ派」
新しい人(新しい人から指導されている古い人も含む)・・・「長方形派」
とゆうところでしょう.

> ぎざぎざのものは単純な抵抗で
> 長方形のものは複素インピーダンス
これは,「ぎざぎざ派」の人の使い分けですね.
「長方形派」の人だったら,どちらも長方形です.

新しい規格と言っても欧州が強いIEC(国際電気標準会議)の規格ですから,
米国や米国系の人は無視しているところも混乱の元なんですね.

そう言えば,電圧記号も1960年代後半から,世界的に「E」から「V」に変更されましたが,古い人や古い人から指導されている新しい人は相変わらず「E」を使ってますね.

Q発泡酒などのプリン体カットや糖質オフについて

発泡酒などでよくプリン体何%カットとか、糖質何%カットとか書いてあるもので、プリン体と、糖質って違うんですか?

どちらもダイエットとかカロリーに関係しているように思ってるんですけど、プリン体や糖質はカロリーとも関係ありますか??

Aベストアンサー

糖質は、カロリーに関係があると思いますが、プリン体は、カロリーと言うよりも尿酸値に関係があります。
プリン体が分解されると老廃物として「尿酸」ができ、血液中の尿酸濃度が高くなります。
高尿酸血症(痛風の予備軍)です。
痛風患者さん達は、ビールを控えるように医師から指導されるので、発泡酒は、ビールより大丈夫ですよって売りにしているのでしょう。

Q水素水整水器の購入に際して

先日母親が電解水素水整水器の購入の申し込みをしてきました。

値段が税込14万以上もするので、私は慎重になる必要があると思い色々調べました。

その結果、会社自体は多分全うなものだと自分で判断したのですが、水素水というものに疑問があります。
健康への影響はまだ科学的に未解明な部分もあるようで、判断しかねてます。
なのでそこはもう本人がいいなら任せようと思います。


ただ引っかかるのが、業者が目の前で母親にやってみせたことです。
その整水器で生成した水素水と天然水を比べて色々な事をしたようです。

・ミニトマトを両方の水で洗うと、水素水で洗ったものの方が甘かった。
不純物が取り除かれるとかで、水素水の方の水の色が変わった。

・ソースを両方に入れると、天然水の方はソースの色で濁ったが、水素水はソースが飽和して綺麗な透明な水になった。

・ごま油を両方に入れると、天然水の方は綺麗に分離したままだったが、水素水は油と混ざりかけた(本人の記憶があいまいなのでよくわかりません)

・米を天然水で洗うと水が濁るが、水素水で洗ったところ一度は濁ったものの、それを更にスプーンでかき混ぜると透明に戻った。(?)水が透明に戻ったからといって洗米ができたということにはならないと思うんですが。。



この辺の実験?に関して調べてみてもよくわかりません。

この話が本当だとしたらなぜこのような結果になるのでしょうか。


父親と息子たちは疑っていますが、いまいち説得しきれません。
来週末に業者が家に来て、装置を設置するついでにいくつか「マジック」を見せてくれるそうです。

母親は自分で納得したからいい、と言っていて、こちらが指摘すると、関係ないじゃん、とキレてきます。

どうしたらいいんでしょう。

先日母親が電解水素水整水器の購入の申し込みをしてきました。

値段が税込14万以上もするので、私は慎重になる必要があると思い色々調べました。

その結果、会社自体は多分全うなものだと自分で判断したのですが、水素水というものに疑問があります。
健康への影響はまだ科学的に未解明な部分もあるようで、判断しかねてます。
なのでそこはもう本人がいいなら任せようと思います。


ただ引っかかるのが、業者が目の前で母親にやってみせたことです。
その整水器で生成した水素水と天然水を比べて色々な事をし...続きを読む

Aベストアンサー

電解還元水のpHによっては説明可能な気がします。
(そもそも電解水は原理上、アルカリ性の水と酸性の水が同時に生成され、そのどちらかを使ったはず。)
(水素濃度でないことに注意。現象としてどうにかなるほどの量は溶けないと考えます。それよりpHの方が相対的に効果は大きくなる。)

たとえば、
>・ごま油を両方に入れると、天然水の方は綺麗に分離したままだったが、水素水は油と混ざりかけた
これは石鹸を作る理論と同じですね。
電解還元水の片電極側はアルカリ塩を溶かした時と同じ水溶液が生成します。
そしてアルカリ性の水溶液は乳化作用があり、油と反応してこれを溶かします。
結果、水と油が混ざり合います。
一部の洗剤、とくに油汚れを対象とした製品はこれを利用しています。
(業務用食器洗い洗浄機にはアルカリ塩である水酸化ナトリウムの薄い水溶液が洗剤として使用されることがあるが、これも上の乳化作用を期待してのこと。)
(あと、コンロ回りの頑固な油汚れを落とすものにも使われたりする。)

>・ミニトマトを両方の水で洗うと、水素水で洗ったものの方が甘かった。 不純物が取り除かれるとかで、水素水の方の水の色が変わった。
液に色がつくのは、色素がアルカリ性の水溶液で抽出されたからだと思います。
参考→http://school.gifu-net.ed.jp/ena-hs/ssh/H24ssh/sc2/21232.pdf

また、野菜のアクを除くとき、重曹(炭酸水素ナトリウム)を使用するのは、液性をアルカリ性にしてアクの成分を溶かしやすくするためです。
ただ、トマトの味が変わるか、は試してみないとわからないですね。
(甘みが増すということは、酸味や渋みがのぞかれると考えられるが、表面だけ洗ってそんなに変わるのだろうか?)

>・ソースを両方に入れると、天然水の方はソースの色で濁ったが、水素水はソースが飽和して綺麗な透明な水になった。
>・米を天然水で洗うと水が濁るが、水素水で洗ったところ一度は濁ったものの、それを更にスプーンでかき混ぜると透明に戻った。(?)
これは無機化学畑の自分にはわからないなぁ。
飽和とありますが、全部きれいに溶けて透明になった、ということかな?
タンパク質の溶解?凝集沈殿?pHレベルで表せるアルカリ濃度で実現できるのか?
これは生物系の人に私も聞きたい。
ただし、もともとソースや米ぬかって野菜や果物のピューレが使われるから不溶成分があってもおかしくないんですよ。
それが透明になったからって、ドヤ顔されても、実際に何の意味があるのやら。


以上、自分でわかる範囲で書きました。
No1の方が書いていますが、水素ガスはそもそも水にほとんど溶けず、溶けていたとしてもたかだか知れた量にしかなりません。
上の現象は、水素ではなく、pH、つまり水の酸性・アルカリ性に起因するものだと考えた方が化学的に説明しやすいです。

>あくまで水を電気分解して水素を発生させる装置なので、水があるかぎり水素がなくなることはないと思います。
水素原子としてはありますが、水素分子・水素ガスとしてはないですよ、という話ですよ。
もし、水は水素で構成されているから、水素ガスと同じ性質もある、という理解ならば、水は気体でなければならないという話になります。
また、火をつけたら酸素と反応して爆発しなければならない。でも起きません。火を消すのに使うくらい何も起きません。
違うたとえを持ち出すならば、我々人体の構成元素に炭素がありますが、では我々は炭と同じか、といえば違います。
化合物と構成元素の性質を混同してはいけません。
浄水器を通っている途中、水に電気を通されている間は、水は確かに分解して水素ガスを生成します。
ですが、浄水器を通り抜けた後の出てきた「水」は、あくまでも「水素ガスがごく微量溶けた水」です。


以上、長々と書きましたが、おおまかな結論としては「化学で説明できます。」となります。
では、14万だして買うべきかというと、私は疑問です。
なぜか。
液のアルカリ性だけで実現できる現象ならば、薬品(重曹なりNaOHなり)買ってきて溶かせばいいからです。
しかも安い。おそらく千円ちょっと、500g 一瓶もあれば、数十リットル、濃度によっては数百リットルと作ることもできると思います。
(NaOH 0.01M,pH12相当の濃度で作るとすると、NaOH 500gで1250リットル作ることができる計算になる。ちなみにNaOH 500gでお値段約1200円)
そのような液を作る装置を、14万も出して買うのか、いやそもそもそんな量を家庭で使うんでしょうか?
油汚れ、たしかに落ちますし、上で書いたように科学に基づいた根拠がありますよ。
でも、だったら洗剤でいいじゃない。1本数百円で何十日と使える食器洗剤でいいじゃない、という話です。
(個人的には、14万出せっていうならノートPC買いますよ。これから進学する息子たちに与えるためにも、優先順位はそっちが上じゃないのか?)
(アルカリ水を組みに行くのにどれほどのコストをかけているのかはわかりませんがね。)

浄水器を売るひとは、「洗剤つかわずに汚れが落ちます」という宣伝文句をいうことがあるらしいですが、
私から言わせれば「浄水器中で洗剤成分であるアルカリ成分(NaOH)を合成している」というだけの話です。
だったら上記の理由から「薬品買って溶かすわ」と思うわけで。
わざわざ14万だして、電気代消費して作る必要はないでしょう。めちゃくちゃ大量に使うなら別ですけど。
一般家庭なら、使う量は知れているでしょう。

以上、長々と書きましたが参考まで。

電解還元水のpHによっては説明可能な気がします。
(そもそも電解水は原理上、アルカリ性の水と酸性の水が同時に生成され、そのどちらかを使ったはず。)
(水素濃度でないことに注意。現象としてどうにかなるほどの量は溶けないと考えます。それよりpHの方が相対的に効果は大きくなる。)

たとえば、
>・ごま油を両方に入れると、天然水の方は綺麗に分離したままだったが、水素水は油と混ざりかけた
これは石鹸を作る理論と同じですね。
電解還元水の片電極側はアルカリ塩を溶かした時と同じ水溶液が生成します...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報