あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

工学部(機械工学科、電気電子工学科、材料工学科、建築学科、土木工学科、応用化学科、情報工学科)で勉強したことが、どう仕事に結びついていくのかを教えて欲しくて質問しました。あなたがどこの学科を出て、どんな仕事をこなしているのかをぜひ教えてください。可能ならば、「機械工学科をでて、機械力学がこんな仕事で役だっている」というように、具体的な科目名や仕事内容を出していただけるとありがたいです。
ご回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

危険物保安技術協会(通称KHK)という会社があります。



コンビナートにある、大きいタンクの検査や書類審査
機器の認定などが業務内容です。

検査員は、全国のコンビナートを飛びまわっているようです。

土木、機械、設計などの知識が活かせる職場だと思います。

参考URL:http://www.khk-syoubou.or.jp/
    • good
    • 12

機械工学科卒です。

大学は3流の上か2流の下のレベルだったので、就職先では大学で学んだことをフルに活用したりする仕事には就けませんでした。具体的には機械部品の在庫管理。。。転職後はずっと営業職。そのため人との話はうまくなりましたが。。。卒検でCAD(当時は2次元でしたが)を使用していたので、いつか資格を取って活かしていきたいと思っています。要するにCADで機械の設計をしたことくらいかな、機械科を出て今も活かせるのではと思っているものは・・・。頑張って下さい。
    • good
    • 9

工学部物質工学卒-大学院過程修了 



いっていみれば応用化学です。自分は有機合成を専攻しました。職業としては、研究所合成などです。有機合成、液晶関係、ゴム、プラスチック関係、エレクトロニクス、ナノテクノロジー、燃料電池、セラミック、エコロジーなどさまざまな分野で活躍できます。そのほかにも、プラント、バイオテクノロジー、
けっこう、楽しいですよ。
    • good
    • 6

そうですね.ここでは変わり種を紹介しましょう。


工学部卒.在学中は朝から晩まで.ゴルフ場でアルバイト。現在プロゴルファをしているはずです。
化学卒.面接で「化学を捨てる」ことに同意して採用。仕事は.公害防止管理者.さぎよう環境測定し....その他化学の世界にどっぷり。
化学卒.**村消防署勤務。危険物関係の許認可の書類審査の日々
機械卒.朝から晩までブレス・プレス
土木卒.トンネル堀の毎日。
情報中退.某企業向けソフト開発パッケージ作成
    • good
    • 9

大学生時代は、情報工学(中でも制御工学という分野)を専攻しておりました。


大学で身についた知識を分かりやすく言うと、数学、情報処理、信号処理関連ですが、現在、情報通信関連の仕事(研究・開発)をしています。(分かりづらいかも知れませんが、社会人になって大きく専門が代わりました。)
大学時代に勉強した9割は使っていないかもしれませんが、残りの1割の基本知識(語学、数学、コンピュータ、論文の読み方、書き方など)はフル利用している状況です。これらの知識は、私の場合、大学で勉強していなければ、決して身につかなかったと思います。
ですから、決してムダな勉強をしてしまったとは思いません。(ピンポイントで、語学や数学などを勉強して知識をつけたとしても、現在の様に使いこなせてなかったと思うし、、、)

私の場合、上記のような状況ですが、友人の中には、制御工学の知識をフル利用して大規模プラントの開発をしているような奴もいます。

大学で何を専攻するのか?って話は、将来、野球選手になるとしても、幼少期に陸上で足腰を鍛えるか、サッカークラブで足腰を鍛えるか、リトルリーグで技術を磨くかの違いでしょうね。小さい時から野球選手になると決めているならリトルリーグが良いでしょうが、途中で分野を変えても基本的な体力は同じ。場合によっては、昔違うスポーツをしていたことで、思わぬメリットを得られることもありますよ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/08/09 14:52

工学部電気電子工学科卒業。


電気電子機器製造業に就職、各種企業や公的機関などで使用されている製品の設計開発部。

電気電子機器の設計や開発を担当しましたが、この仕事で直接役に立ったと特に思える科目は下記。
物理学、各種数学、化学、電気磁気学、交流理論、電気計測、電気機械設計学、回路網、制御工学、半導体工学、電気材料、材料力学、その他。大事なものが落ちている可能性もあります。
これらは、互いに関連して、総合的に実務に役立ちます。どれ一つ欠けても製品は出来ません。
その他おそらく履修したものは、全部役立った。

その後管理職:在学中管理的学科は、工場経営と品質管理かな。

在学中、どちらかというと欲張りで、取れるだけ取ったほうですが、学んだことは、基礎なので不要な物は無いと言えます。
実際には、応用面では、社会人になってから、自ら学んだことの方が、はるかに多いし、レベルも高いと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/08/09 14:52

電気工学科卒です


にもかかわらず機械設計・強度計算→(部署転属)→開発研究という経緯です
役だったことと言えば、パソコンを使えること位でしょうか。といっても、学部で習ったものでなく、卒業研究や卒論で身につけた文章作成やデータ処理などのテクニックくらいです。基礎解析や微積、基礎物理などは一応役には立ちますが、計算の場合、ほとんどはフォーマットが準備されています。また、仕事ではカンニングが禁止なんてことはありませんので、解らないことがあれば専門書を調べています。
思うに、会社側は、新卒者に大学の授業で学んだことなどあまり期待していないと思われます。即戦力なら、ヘッドハンンティングや経験者優遇で採用するはずです。よって、とりあえずは実務処理をサクサクこなせるテクニックが役立つような気がします。例えば、CやC++などを使ってデータ解析を効率化させたとか、WordやExcelをバリバリに使えるとか、PowerPointでスライドショーを作るとか、卒研でやった実務処理が案外一番役立っています(笑)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/08/09 14:54

電気工学科卒です。


メーカーに勤めると、部署にもよるでしょうが
あんまり難しいことは役にたってませんね。
どっちかというとオームの法則とか、実効値とか
基本的なことがらばかりです。
考えるより、確実な実施こそが「仕事」だからです。


むしろ、現場では「三相交流の電線はなぜ3本なのか?」
といった、本質的な部分の理解が必要でしょうね。

(ちなみにこの質問を一流大学出の新採エリート君に
聞いても、誰1人まともな答えが出なかったです)
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工学部からつける職業 仕事内容

自分は、ものづくりに興味があるのですが、工学部を卒業してつける職業を名前などは知っているけれど、具体的に調べてもわかりにくかったです。自分が、将来やりたい仕事は、下記のサイトのような最先端技術を用いたものをしたいです。(http://matome.naver.jp/odai/2133032285297214601)VRやトヨタの近未来型の車に特に興味があります。考えている学部は、機械、情報、です。このような仕事に携わるには、大学に残って、研究者になって給料などはあまり期待できないときいあこともあるのですが、日本の大手企業などに就職しては無理なのでしょうか?どのような会社で行っているかご存知でしたら教えてください。また、同じく工学部を卒業して仕事をしている方で、会社に入っての仕事における想像とのギャップ(携われるのは、製品の中でもほんの一部の部品だったなど)でいやだったことなどありましたら教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

>工学部を卒業してつける職業を名前などは知っているけれど、具体的に調べてもわかりにくかった
世の中は広いですから、とても全部みわたせるものではありませんよ。

大学の学部は4年、修士課程に進んでもプラス2年。
それだけの年数で、そこから先の数十年の人生が決まってしまうと思いますか。
だから、今現在の進路の選択は
>ものづくりに興味がある
程度のことでもいいんですよ。
やりたい仕事を決めて、それができるような会社にはいったとしても、そこでそれをやらせてもらえるかどうかは不確かです。
そうならないことのほうが多い。
企業から入らした教授は、
「君たち、例えばマネシタ電器に入社したとしても、炊飯器を作る仕事になるかもしれないよ」
というようなことをおっしゃってました。
だからあんまり具体的なことを考えても仕方がない。
興味があるでいいんです。
自分の興味だって違うものに向かうかもしれない、社会情勢も変わる、技術革新も続く。
そういったことに無関係ではいられません。

採用する側にしても、大学で学んできたことを役立ててもらおうとは思っていないでしょう。
仕事をするということは経験をつんで学び続けるという面もあるんですよ。
学んでいく力があるか。さらには、誰かに教えられるのではなく、自分で道を切り開けるか。
先々の人生で役に立つのは大学で身につけた知識よりは、学ぶ課程で身に着けた問題解決のための方法論です。

確かに知識を詰め込んだら、それなりの名前の大学に入れて、トコロテン式に卒業できて、大学のブランドで就職して、ということが可能かも知れません。
ところが、社会人になってみると箸にも棒にも…っていうのがいるんですよね。
だから、大学で何を学ぶか(身に着けるか)っていうことは大事です。
どの対象(学部、学科)を選ぶかということはさほど本質的ではない、と思います。

とはいいながら、人生は不連続な変化をしません。
たとえば、情報学科で学位をとりました、明日から漁師として船に乗ります…って無理がありますよね。
誰しも何でそうなるの?って思いますよね。
でも、卒業して30年、今、漁師やってます…っていうのはありえます。
AからB、BからC、…と「それはあるよね」という変化を繰り返した結果、現在Xです。
出発点から考えると、何でそこにいるの?となるけれど、道筋をたどってみると、不自然な、不連続なことはしていない、というのはあります。

今、あなたは、進学するに際して、大学、学部、学科を選択する必要があるということでしょう。
そこであまり先のことを考えてもしかたがないと思います。
確かに、そこでの選択は就職に際して、業種や職種に影響するでしょう。
でもそれは固定的なものではありません。
企業は人材を活かすために、適性を見極めて配置転換を行います。
その企業内で自分を活かす道がないと見極めたら、転職もできます。

何を選んだとしても、そうやって自分が置かれた場所で、やるべきこと、できることをしていれば、自分の視野が広くなり、次の一歩が見えてきます。
自分のやってきたことが、次の一歩を踏み出す力になりますし、時には流れに乗せてくれることもあります。

目的地を目指して一心不乱に歩く、という生き方もありますが、一歩一歩足を進めた結果が現在の自分である、という生き方もあります。

さて、研究開発職を目指すのであれば、修士課程に進んでください。
私は修士終了後、製造業に就職しましたが、工場実習を経て、研究所に配属になりました。
同期で入社した理系の学部卒の人たちは、工場に配属となりました。
私は数年後に転職してしまいましたが、その会社の研究開発部門はほとんど成果が出なかったように思います。
なにしろ保守的なんで、新しい芽が育つ素地がなかった…って関係ない話ですね。でも、社風は大事。

今にして思えば、研究開発ですと、新しいものを創り出して、それを事業化して、ビジネスとして成り立たせるという道がありますが、そう簡単に新しいものは創れないし、事業化っていっても、その会社の「本業」からすると継子扱いされるでしょう。
でも、工場のほうは、課員→課長→部長→工場長→事業部長っていうルートが見えていたのかな、と思います。
もちろん、その途中で選抜されますから、みんながそのルートにのれるわけではありませんけどね。

あと、組織の年齢構成はピラミッド形であることが多いです。ということは選抜からこぼれた人はどっかに「飛ばされる」。
主席研究員とかいってエラそうにしていたオジサンに、ある日突然、スーパー○○出向とかいう辞令がでて、げげっと思ったことがあります。

散漫な文となってしまいましたが、参考にしてください。

>工学部を卒業してつける職業を名前などは知っているけれど、具体的に調べてもわかりにくかった
世の中は広いですから、とても全部みわたせるものではありませんよ。

大学の学部は4年、修士課程に進んでもプラス2年。
それだけの年数で、そこから先の数十年の人生が決まってしまうと思いますか。
だから、今現在の進路の選択は
>ものづくりに興味がある
程度のことでもいいんですよ。
やりたい仕事を決めて、それができるような会社にはいったとしても、そこでそれをやらせてもらえるかどうかは不確かです。
そ...続きを読む

Q機械工学科の就職について

早慶より少し下くらいの某私立大学で機械工学を専攻しているのですが、卒業後一体どんなところに就職してどんな仕事につくのかがイマイチわかっていません。
職種だけでなく、その職種についた場合毎日どんな作業をするのかを詳しく教えてくれたら嬉しいです。
あと大学院に進むことのメリットがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 私の場合は電気系ですが、会社の中には機械系の人もいます。仕事の中身は、それほど違いません。専攻した専門よりも、「応用力」や「熱意」「信念」といった取り組み姿勢と、柔軟な応用力、協調性の方が重要なようです。

 会社の仕事は、大学での専攻などはあまり関係なく、基本的には個人ではなくチームで行うことが多いのではないでしょうか。チームのミッション、チームの中での個人の役割で、やるべきことが決まります。大学での専攻が考慮されることもあるでしょうし、そうでないこともあります。
 そもそも、大学で勉強したことが「即戦力」で役に立つことはまずなく、「専攻したことしか知りません」と言ったら会社では使いものになりません。大学では、「機械」を例題として、問題解決の演習をしてきた、という程度の話と考えた方がよいです。学部卒なら1回、修士卒なら2回、そういう例題を経験した、ということで。

 会社の仕事も様々ですし、必要な専門技術もいろいろだと思いますが、大学で学んだ「問題解決」の方法論を、その場その場で勉強し調べながら解決していく、というのが会社の仕事だと思います。「勉強」が、単に教科書や専門書だけではなく、先輩のノウハウだったり、会社のマニュアルだったり(でも、マニュアルには書いてないことの方が多い)、試行錯誤だったり、というところが大学とは違うと思いますが。大学での演習とは違って、正解がないこともよくあります。

 もちろん、学部卒より、修士卒の方が、入社時点での「即戦力」度は高いと見られます。上に書いたように、問題解決を2パターンで演習してきたので、問題解決能力が高くなっていると期待されるからです。
 しかし、修士に行く最大のメリットは、就職の有利さというよりは、あなた自身が会社という時間や課題の制約のない、自由な2年間を過ごせる、ということではないでしょうか。(学問、遊びの両面で)上に書いたように、会社に入ってからの勉強は、自分のやりたいことではなく、目の前で必要なこと、会社から要求されること、に制限されますので。

 会社の仕事の中身は、私自身がひとつ会社のひつつの部署の経験しかないので、それが一般的なのか特殊なのかすら分かりません。
 入社したいと思った会社(複数)を訪問して説明を受けたり、その会社に行った大学の先輩から本音を聞くなどして、仕事の中身、会社の雰囲気、その他(給与や厚生面など)を聞いて、比較した上で選ぶ、ということが必要と思います。他人の言いなりではなく、あくまで自分で選んでください。この会社なら、という「惚れ込み」が大切です。

 私の場合は電気系ですが、会社の中には機械系の人もいます。仕事の中身は、それほど違いません。専攻した専門よりも、「応用力」や「熱意」「信念」といった取り組み姿勢と、柔軟な応用力、協調性の方が重要なようです。

 会社の仕事は、大学での専攻などはあまり関係なく、基本的には個人ではなくチームで行うことが多いのではないでしょうか。チームのミッション、チームの中での個人の役割で、やるべきことが決まります。大学での専攻が考慮されることもあるでしょうし、そうでないこともあります。
 そも...続きを読む

Q建築学部からの就職ってどんなのですか?

高3なんですが建築学部に行こうと思っています。はっきり言ってなりたいだけで中身がわかってないのですが、就職がどのようになってるかは知っとかないと思って質問しました。やはり親にお金出してもらうので。
一応事務はしたくないわけでありませんが、やはり夢は何か大きなものを立ててみたい。漠然ですみません。あと住宅の設計もしたいです。
こんな私はどんなところに就職したほうがいいのでしょうか?
そのための最低条件は何なんでしょうか?

はてなが多くてすみません。どんななことでもいいので書き込んでもらえるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井不動産、三菱地所など)
公務員(国土交通省、経済産業省、地方上級など)
が主なところではないでしょうか。

私の主観ですが上の業種は以下のような感じだと思います。
アトリエ・・・仕事に夢はあるが労働時間長く給料低いアルバイトのよう。
将来的に独立する人が多く、その中から有名建築家になる人もいる。
組織設計事務所・・・仕事に夢はあるが労働時間長め、給料は少し良いが福利厚生は△
ゼネコン・・・労働時間長めだが、給料は良い。福利厚生も◎。現場と設計でだいぶ違うらしい。
また担当する物件の種類(オフィス、マンション、工場など)によっても忙しさ、やりがいが異なる。
ハウスメーカー・・・生活にもっとも身近でやりがい◎、給料は普通。
火・水休みが一般的で他業種の友人とはあまり遊べない。福利厚生は◎。
ただし客商売なので売上が非常に重要。労働時間は客次第。
不動産業・・・労働時間は長めだが、給料、福利厚生は◎。やりがいもある。
しかし入社は最難関ですさまじい倍率+コネがないと厳しい企業も・・・。
公務員・・・一番安定しており、給料普通、福利厚生◎。国家公務員はかなり難関。
仕事内容は多種多様。知り合いはあまり夢はないと言っていたが定時帰り可だそう。

大学に入ってからも十分時間があるので講義を受けながら進みたい道を
決めるのが良いと思います。
就職の為の最低条件ですがある程度レベルの高い大学のほうが
就職しやすいのは事実です。
アトリエは才能次第ですが、組織設計事務所は旧帝大、早慶が多く、
ゼネコンでは旧帝大、早慶、MARCH、日大などが多いです。

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井...続きを読む

Q工学部に入ったら後が大変??

質問させてもらいます。
私は工学部に進学予定なのですが、インターネットで色々と調べた結果、入った後が文系と比べてかなり辛そうです。私は工業科に進んでしまい、普通教科を独学で勉強するはめになってしまい、高校生活を楽しむ事が出来ていません。なので大学だけはサークルに入ったりして、楽しみたいと思っています。勿論勉強等は疎かにしない程度です。しかし、工学部に入ると勉強が忙しくて遊んでる暇が全くないと聞きました。そうなると私の青春時代は勉強しかしてませんでした、になってしまいます。

工学部に入りたい理由は、特には無いのですが、就職しやすい所と物をつくる点が私には向いている。といったところです。工学部のどの学科にするかはまだ決めていません。
遊びに大学に行く訳じゃありませんが、大学だけは勉強漬けになりたくありません。ある程度青春も欲しいです。

皆さんならどうしますか?皆さんの意見が聞きたいですので、宜しくお願いします。

なりたい職業・将来の夢を探すっていう意見は、NGでお願いします。なりたい職業・将来の夢が決まらないので質問しているので。

質問させてもらいます。
私は工学部に進学予定なのですが、インターネットで色々と調べた結果、入った後が文系と比べてかなり辛そうです。私は工業科に進んでしまい、普通教科を独学で勉強するはめになってしまい、高校生活を楽しむ事が出来ていません。なので大学だけはサークルに入ったりして、楽しみたいと思っています。勿論勉強等は疎かにしない程度です。しかし、工学部に入ると勉強が忙しくて遊んでる暇が全くないと聞きました。そうなると私の青春時代は勉強しかしてませんでした、になってしまいます。
...続きを読む

Aベストアンサー

工学部と文系学部を比べると、大学、学部、学科によっても違いますが、一般論として、工学部は、忙しいですね。
文系学部は学年が上がるにつれ、どんどん楽になっていくのに対して、工学部は逆にどんどん、大変になって忙しくなっていきますからね。
一年時はほとんど、文系と変わらないのですがね・・・
専門科目や実験が二年あたりから、入るようになり、それは大変です。
四年生なんかも、入る研究室によっては、かなり忙しいですからね。
特に外研(外の研究室で国立系の研究機関など)なんかに行くと、夏休みも社会人と同じくらいしかもらえないとこもよく聞きますね。
一日の拘束時間も社会人とほぼ、同じだし。
それに対し、文系の四年生なんて、ほとんど毎日が休みみたいなとこも多いし・・・すごい差ですよ。

おまけに、理系単科系私大TOPのTR大学なんかをはじめとして、一般的に留年率も相当高いらしいですし。

まあ、学問以外のことで、大学生活をエンジョイしたければ、間違いなく文系ですね。
卒業する為に学業に取られる最低限の時間が全く違います。
しかも、言い忘れましたが、理系(工学部)が就職が良いといっても、大企業に就職したければ院まで進学するのが常識ですからね。
特にレベルの低い大学は院卒でないと大企業は採用してくれません。
(レベルの高い大学だと理系職でない職種なら有名企業に学卒でもはいれますけど)
けれど、レベルの高い大学ほど院進学率が高いのですけど・・・
矛盾してますね。
まあ、レベルの高い大学の学生は大企業の研究職、技術職につきたい方が多いからだと思いますけどね。
確かTR大で50%くらいだったような・・・
とある超有名大学の理系ですと70%以上が院に進学するらしいですよ。
逆に最低レベルの大学では5%程度のとこもあるようです。
でも同レベルの偏差値の大学だったら、間違いなく理系の方が就職はしやすいと思います。
(特に中間レベルの大学で比べた時)
理系の学生の方が文系の学生より絶対数が少ないですからね。

まあ、入学してしまえば理系でも社会人に比べれば、楽だと思いますし、二年生になる頃には慣れると思いますよ。
慣れない人がけっこう辞めていくようですけど。

結論ですが、「遊びたい、大学の学問以外のことをやりたい」とあなたが強く感じているのなら、文系に進むべきでしょう。

工学部と文系学部を比べると、大学、学部、学科によっても違いますが、一般論として、工学部は、忙しいですね。
文系学部は学年が上がるにつれ、どんどん楽になっていくのに対して、工学部は逆にどんどん、大変になって忙しくなっていきますからね。
一年時はほとんど、文系と変わらないのですがね・・・
専門科目や実験が二年あたりから、入るようになり、それは大変です。
四年生なんかも、入る研究室によっては、かなり忙しいですからね。
特に外研(外の研究室で国立系の研究機関など)なんかに行くと、...続きを読む

QSEやプログラマーを目指すなら何学部の何学科?

僕は将来SEやプログラマーといった仕事につきたい
考えているのですが、そのためには何学部の何学科に行ったら
自分の希望に合った勉強が出来るのでしょうか?
調べてみても似たような名前の学科がたくさんあってよくわかりません。
実際大学で勉強してる人や先生など詳しい人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

kokirikoさんのおっしゃる
>企業は学校を卒業したばかりの人間を即戦力とは考えていませんから。
は大正解です。

実は私、SE兼プログラマですが、去年くらいまでソフトハウスの新人教育を
担当していました。コンピュータの基礎を教えたり、PCを使って演習問題を
やらせたりしていました。
そこで感じたのは、大学や専門学校時代にコンピュータを扱っていた人が
意外とダメなんです。初めはこちらも新人の学歴等を見て、「こいつは
コンピュータをやってきたから、この辺は説明を端折っても大丈夫だろう」
なんてたかをくくっていましたが、大外れ。
彼らの多くはコンピュータの操作方法(つまりWindowsの扱いやExcelの使い方)は
慣れたものですが、いざプログラムのロジックが絡んでくると混乱してきます。
彼らの多くは「おれはコンピュータは素人じゃないだ」なんて自負も
あるから、それほどPCに詳しくない人より落ち込みも激しいし、
コンピュータに慣れていない別の新人に操作方法を教えて、
半ば自慢して自己満足している始末。

私はそんな小手先の力より、大学時代に基礎学力をつけて開発システムの仕様が
理解できるくらいになってほしいと思います。例えば制御系のシステム開発を
したいのなら、工学部の機械や電子を学んでいれば理解が早いでしょうし、
また銀行のオンラインシステムの開発をしたいなら、銀行の仕組みや経済の
考え方など、商学部で習うであろう(私は商学部出身じゃないので)知識が
あれば比較的楽でしょう。仕事で役立つコンピュータの知識は会社に入ってから
でも十分です。といいますか、大学や専門学校では仕事で役立つコンピュータの
知識は教えてくれません。

あと、tntさんがおっしゃる文章力や折衝力も不可欠です。
本をたくさん読んでください。文学書でも軽いエッセーでも結構です。
以前、日経コンピュータでSE,プロジェクトリーダーが読むべき本の一つとして
新田次郎の「八甲田山 死の彷徨」と書いてありました。あんな無謀な遠征を
計画するリーダーであってはいけない、根性論で人は動かない、
「天は我を見放したか!」などと部下のやる気をそぐようなことを言っては
いけない、逆にもう一方のグループの計画的な行動力、統率力を発揮して
プロジェクトを成功に導くようにしていかなければならない、など
学ぶ点は多いです。

kokirikoさんのおっしゃる
>企業は学校を卒業したばかりの人間を即戦力とは考えていませんから。
は大正解です。

実は私、SE兼プログラマですが、去年くらいまでソフトハウスの新人教育を
担当していました。コンピュータの基礎を教えたり、PCを使って演習問題を
やらせたりしていました。
そこで感じたのは、大学や専門学校時代にコンピュータを扱っていた人が
意外とダメなんです。初めはこちらも新人の学歴等を見て、「こいつは
コンピュータをやってきたから、この辺は説明を端折っても大丈夫だろう...続きを読む

Q大学の工学部と理工学部ってどう違うの??

大学の工学と理工学ってどう違うの??
今、自分は工学部ですが、他の大学には理工学部というのがあって、
少し不思議でした。
やっぱり名前が違うのですから、内容もそれなりに違ってくるんですよね??

Aベストアンサー

理学と工学の言葉の違いは分かりますか?

理学は、研究を行う部分。科学の基本的な理論から真実をつかもうとする学問です。
工学は、技術を培う部分。科学を実際の生活に役立てようという学問です。

これを大学(高等教育機関)に当てはめる際に、教える部分は同じだろう、両方一緒に教えた方が有用な人材が作れるだろう、と考えたのが理工学部です。理工学とは、理学と工学という意味ですね。
工学部は、技術面だけに特化した学部です。社会的にどう役立てるか都考えるものですね。そういう意味合いでは、薬学、医学も工学の一部なのですが、歴史的な関係で、これらは独立した学部を持っています。

ということで、理学部に機械工学科はありませんし、工学部に理論物理学科はありません。
また、理学部は研究者を、工学部は技師・技術者の育成機関です。理工学部はその両方を目指したものですが、早稲田大学の理工学部は明らかに実学志向で、研究者も基礎研究重視の国公立大と一線を画しているようです。

ただ、理学と工学に境界線はありません。化学を例に取ると、基本研究の面から、社会に役立てられないかと考える応用(工業)化学科が理学部にあることもありますし、技術に役立つ化学を研究したいと、工学部に化学科があることもあります。生物学・生命学についても同じです。
理学部の基礎研究から化粧品や洗剤など、社会に役立つモノができることもあれば、量産するにはどうしようと考えた工学部から基礎理論ができることもあるわけです。
両者は、やりたいことは異なるけど、お互いに共存する関係です。なので、理工学部というものもあるわけですね。

他の回答の方への回答となります。大学を教育機関と見ると、この区別は他の回答の方に見られるようにどうでも良いことになってしまいます。研究機関と見なしたとき姿が見えると思いますよ。
学生に教えることを重視すれば、頻繁に人事交流されることもあるかと思いますが、その研究の基軸になる部分で人材が異動することはよほど特殊なケース(研究内容を変更するなど)でない限り、無いはずです。なお、研究交流は先に書いた理由で無い方がおかしい。
数学科
物理科→これ、物理学科ですよね。
化学科
があってそれらが理学。という部分は正しいです。理学の中の理論学科系ですね。あと、
生物学科(これは、動物学科・植物学科・細菌学科など、学会の構成に応じて割れることも多いようです)
地学科(これも、天文学科、気象学科など、学会の~以下略~)

ただし、これを基礎理論から応用させようという、応用化学科、応用数学科、応用物理学科やコンピュータ基礎理論を完成させようと、情報学科・情報数理学科などが新設されてきていますが、こういう学科も理学です。

社会に役立てようという面から、基本理論を求める学科は工学系となります。工業化学科などですね。ただし、研究内容の理念の違いは、教育内容はあまり変わらない(大学もある)かもしれません。

なお、真実を求めるのは、科学も文学も同じだ!!アプローチの仕方が違うだけだ、という理念の元、文理学部という学部もあります。(ありましたという大学も多いですが)
文学部と理学部は兄弟だという考えですね。科学の生まれはいろいろありますが、その生まれを博物学に求めた場合、博物誌という文学とくっつくわけで、そこからの発想ですね。科学論文も文学であるといえば、間違ってはいないわけで。
早稲田大学の理工学部(無くなりましたが)は、当時の国公立大が文理学部を表明し、研究を真理の探究とみなしたのに対し、研究も実生活へ役立つ実学であるとしたアンチテーゼの表明だったのだと思いますよ。

東京理科大については、前身が東京物理専門学校(今の専門学校とは違うものです)で、当初から学部卒の理系学生を社会に送り出すことを目的にしていました。
もともとは基礎研究を重視した理論系の理学部だけでした。敷地の関係もあり、大きな実験はできなかったのですよね。
その後、郊外にキャンパスが持てるようになり、工学系で必要な広い設備を持つことができ、念願の理工学部を持つことができましたが、基礎研究を行っているところとは区別しました。
さらにその後、さらに郊外(日本国内だけど海外?)に本格的な工業施設を作る敷地が確保でき、工学部を作りました。その結果、理学部、理工学部、工学部の3つとも持つことになりましたが、教育内容に即してのもので、名前にはきちんと意味があります。実験施設に応じている部分もあり、私としては正直だなと思っていますが。
東海大など、世界的な設備を完成させて教授を招聘し、それに応じた学部学科を作るケースもあり、理工系はお金が掛かる分、大学もその設立・意地は本気でないとできません。
東海大は、大学設立のルール変更に伴い、この4月に九州東海大と北海道東海大を吸収合併しますが、これに伴い理工学系各学部を再編させています。この辺、苦労がかいま見れるので、面白いですよ。
けっして規模とか他のいい加減な理由で分けているわけではありません。

理学と工学の言葉の違いは分かりますか?

理学は、研究を行う部分。科学の基本的な理論から真実をつかもうとする学問です。
工学は、技術を培う部分。科学を実際の生活に役立てようという学問です。

これを大学(高等教育機関)に当てはめる際に、教える部分は同じだろう、両方一緒に教えた方が有用な人材が作れるだろう、と考えたのが理工学部です。理工学とは、理学と工学という意味ですね。
工学部は、技術面だけに特化した学部です。社会的にどう役立てるか都考えるものですね。そういう意味合いでは...続きを読む

Qエンジニアって何ですか

どの会社にも必ずといっていいほどいるエンジニアですが、具体的にどういう仕事をしているのでしょうか?(もちろん業種なんかによって異なるだろうことは十分わかっています。)

engineerという単語からすると技師が当てはまりますが、実際のところエンジニアと呼ばれる(職種の)方々は技術系のことを専門にされているのでしょうか?

しかし、たとえば、航空会社を例にとると飛行機のスケジュールを組みたてる仕事もエンジニアの1業務です。その現場を見ていないのでなんともいえませんが、技術的な仕事というイメージがわきません。

自分のイメージだと、プログラミングや保守といった資格の必要な仕事をさすものとばかり思っていたんですが最近そうでもないような気がしてきました。

よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

理系出身ではないので、専門的なことはわかりませんが…技術開発という仕事をする人のことかな?と思いました。
電気メーカーなら、テレビや家電製品をもっと使いやすくしたり、新しい機能を開発したりしますよね。

例えば、昔テレビの画面はブラウン管でしたが、今は液晶型になってきていますね。画面をもっと薄く、きれいにしたい、どうすればできるのか?というところから、いろいろ実験したり、実用化に向けての開発が始まるわけです。

質問者様のイメージではコンピューターのSEのようなものしか浮かんでこないようですね。

何の分野のエンジニアかにもよりますが、
エンジニアとは、ひらたく日本語にすると「技術開発者」新しいものを作り出し、今あるものを改良する人というのがピッタリくるような気がします。

Q早く就職と思うのですが、やはり工学部の学部卒就職は不利でしょうか?

 私は国立大学の工学部(化学系)に通う3年生です。進学校から入学し、もともとは、修士卒で就職して研究者になろうと考えていました。

 ただ、私の家は元々経済的に余裕があるほうではなく、特に最近は、兄弟の事情などもあって経済的に余裕がないようなのです。

 そこで、2年間の修士課程まで親に頼るのも厳しいかもしれないと考え、学部卒で就職することも考え始めています。ただ、理系で研究職に就くには院卒でなければ話にならない、というような話もよく聞きますし、実際自分の所属する学科のデータを見ても学部卒業者の9割がそのまま修士に進み、修士修了後に就職する人がそのうち7割です。

 やはり学部卒で就職すると修士卒の人とのあまりの待遇(給料・昇進など)の差に惨めな思いをするというようなこともあるのでしょうか。(学部卒の研究職の方がいらっしゃいましたらすみません)。自分としては、例え研究職から外れてもやりがいのある仕事ならばいいと思うのですが、理系卒で研究職から外れた場合の仕事というと事務職、営業職とかになるのでしょうか。あわよくば研究職に就ければと思っているのですが、その考えは甘いですか?

 また、就職活動と院試の勉強というのは(時間的、労力的に)並行してできるものでしょうか?正直自分の中で就職か院か、まだ迷いがあるのも事実です。就活情報サイトを見たり、人に聞いたりした印象だと、就活はそんなに生やさしいものではないという感じもしました。就職の面接で「家が経済的に苦しく、早く自立したいために修士に行くのを辞めて就職を志した」というような動機は通用するのでしょうか?

 以上、うまくまとまっていないですが、ぜひともアドバイスお願いします。

 私は国立大学の工学部(化学系)に通う3年生です。進学校から入学し、もともとは、修士卒で就職して研究者になろうと考えていました。

 ただ、私の家は元々経済的に余裕があるほうではなく、特に最近は、兄弟の事情などもあって経済的に余裕がないようなのです。

 そこで、2年間の修士課程まで親に頼るのも厳しいかもしれないと考え、学部卒で就職することも考え始めています。ただ、理系で研究職に就くには院卒でなければ話にならない、というような話もよく聞きますし、実際自分の所属する学科のデー...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
国立大化学系修士卒です。研究職に就いています。
まず経済的なことについて。
奨学金制度を知っていますか?
日本育英会や、自治体、私的団体、企業などが奨学金を貸与してくれます。それぞれ条件は異なります(無利子有利子、月額等の差)。
修士となると月額は学部とは大きく異なったとおもいます。
大学院の研究と、例えばバイトの両立は難しいかもしれませんが、そうやって修士号を取得している人は、かなり多いと思います。
更に授業料免除等申請して通れば、学費は、かなりの減額になるのではないでしょうか。
次に、研究職について。
実際たしかに研究職に就くには修士の方が有利ではあると思います。が、企業にもよりますが大卒の研究職も結構います。修士卒は、良くも悪くも専門性が高まり、職選びの幅も狭まります。学部卒はある程度、選択肢は広がります。働きだしてからの差は、企業によると思いますし、差があるとすれば、給与くらいという会社も多いかもしれません。あとは本人の意識などでしょうか。「なにくそ」と思って頑張れるならいいのですが、引け目に感じてしまいそうなら、今努力する方がいいのでしょうか?
社会人になるまでの、例えば実験の経験・知識は、同期入社の中で比較すれば、修士卒の方が豊富だと思います。が、同年齢で比較すれば、社会(会社)経験は、学部卒かと思います。どちらにしてもいずれ追いつくか、そのままかは自分次第。
就職活動の面接で「経済的理由で進学をあきらめた」と答えれば、かならず突っ込まれると思います。今の世の中、たくさん制度はあるのだから、それはなかなか理由にならない と。
次に、就職活動と院試ですが、あなたの大学の院試の傾向にもよると思いますが、並行はそう難しくはないと思います。が、精神的にいかがでしょう。就職活動は決まるまで終わりはありませんし、並行することは会社には内緒なのでしょうか。
どうしても修士(博士)号が欲しいのであれば、社会人枠もありますのでご参考までに。
要は、やろうとおもえばどんなシステムもあるということです。
先輩や、教授に一度相談されると良いと思います。特に教授たちは、いろいろな学生を見ていますから。

なんて偉そうなことばかりズラズラと書いてしまいましたが、その昔、悩んだ先輩として書かせていただきました。
まとまりのない文章で申し訳ありません。
あとで後悔することのないように頑張ってください。
今できることを精一杯!

こんばんは
国立大化学系修士卒です。研究職に就いています。
まず経済的なことについて。
奨学金制度を知っていますか?
日本育英会や、自治体、私的団体、企業などが奨学金を貸与してくれます。それぞれ条件は異なります(無利子有利子、月額等の差)。
修士となると月額は学部とは大きく異なったとおもいます。
大学院の研究と、例えばバイトの両立は難しいかもしれませんが、そうやって修士号を取得している人は、かなり多いと思います。
更に授業料免除等申請して通れば、学費は、かなりの減額になる...続きを読む

Q理系は国立志向が非常に強いですが、そんなに私立はダメですか?

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいのは明らかなのですが、
慶應理工から大学の研究職を目指すんだったら、
一浪して東大(もしくは東工大)へ行った方がいいですか?
設備面や教育面で私立は国立に劣るようなのですが、
同じように勉強を頑張るならば私立と国立の大学4年間で、
研究の実力などにかなり差が出るものなのでしょうか?

慶應理工に進学するなら頑張れば国立にひけをとらないという気持ちで行きたいし、
そういう気持ちになれないなら浪人も考えざるを得ないです。
現時点では進学にも気がすすまず、浪人にも気がすすまず、
人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

僕には学校の進路指導やインターネットで集めた断片的な知識
しかないので、回答とともにアドバイスお願いします。

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいの...続きを読む

Aベストアンサー

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人から90人になったらどうでしょう。
ま、これは教室だけ広げてマイクでも付けておけば何とかなるでしょう。
ところが、研究室配属以降だとどうなるかというと、教員一人が4年生3人の面倒を見るところと、6人の面倒を見るところでは、目の行き届き方が違うでしょう。(極端ではありますが、ピアノのレッスンを想像すると良いかも知れません。)
勿論、3人だ6人だというのは4年生の数であって、修士博士と他にも学生は居るわけです。
研究面で弱いと、それだけ博士課程(後期?)の学生が少なくなるでしょう。
充実した研究室であれば、博士課程後期の学生も少なくないことが多いので、彼らに4年生修士1年生の面倒を見させれば、大体どうにかなります。
なお、4年生になっただけでは、通常研究なんて何にもできません。
つまり、授業だなんだで忙しいわ、抱える学生の数は多いわ、手伝ってくれる博士は少ないわ、という三重苦になりかねません。
理論系だと違うかも知れませんけどね。

また、東大東工大の場合、学内で行ける研究室が多くなります。
これは結構便利なことで。
情報が入って来易いですし。(もっとも十分な情報だとは限りませんが....)
自分のしたいことに近いことは選び易くなります。(ま、学内に限る必要もないんですが)
早稲田慶応でそこまで選択肢があるのかな、と。

入試の話に戻れば、文系がセンターで数学をやる場合は、得意不得意の差があり大変だと思いますが、理系の場合は差がそれほど出そうにない国社ですから、そういう意味でも理系なら国立を目指すべきだという指導は間違いではないと思います。

というわけで、早慶と東工大東大、両方受かっていれば後者、どっちを目指すかでも後者だとは思います。
しかし、国立優位というのは何れも研究室所属後のことでは無かろうかと思います。
私立で学部生をしたことはないのですが、おそらくは、研究室所属前であれば、そんなに変わらないのではないかと思います。

東工大よりは確実に良さそうなのが、
女の子が居る、キャンパスにたぶん華がある。
くだらないことかも知れませんが、長い人生まるっきり無駄なことだとは思いません。
男子校から男子校へ行くようなことになりかねない人は特に。

> 人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

全然甘いです。
だって慶応に受かってるんですから。(笑)
全落ちならワースト-10でしょうか。
このくらいのことで一々動揺してはいけません。
悩むのは大いに結構ですけどね。
そんなに悪い状況ではありませんよ。という客観的な視点は持っておいた方が良いでしょう。
本当にそれがワースト5なら、今まで何もしてこなかったって事ですから、そっちの方がかなり拙いですよ。

慶應に行っても浪人しても、どっちでも良いとは思いますが、浪人する場合、精神的には弱いのかな、というところが気になります。

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人か...続きを読む

Q物理学を学んだ学生の就職について

物理学を学んで修士課程を終えたとして就職でどうのような選択肢がありますか?

Aベストアンサー

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を卒業する場合には、勉強した「知識」をそのまま使って企業で活躍するというセンスよりも、むしろ、そこで習得した「能力」を生かすというセンスだからです。逆にもし工学部を卒業しても、そこで学習した知識がそのままどんぴしゃで企業でも使えるケースは珍しいようです。

また、物理の中での理論と実験の違いですが、私の知る限り、理論だと実験よりも会社には不利ということはないと思います。それには二つ理由があります。一つは現代の産業の現状は、IT系に重点が移ってきていて、理論系なら殆どの場合コンピューターをかなり使いますので、その面でかえって有利であること。もう一つは測定器や作業機械の使い方などは、実験系だからといって同じ機械を使うとは限りませんし、どちらにしても入社後に勉強するケースのほうが多いと思われるからです。

企業の中で、理学部出身の人が工学部出身の人よりも少ない主な原因は、日本中で工学部の定員が非常に多いことでしょう。私の見る限り、卒業生が就職で苦労するケースは、分野というよりも、むしろ個々人のパーソナリティに依ることが多いように思われます。企業では周りの環境に柔軟に順応してくれる人、しっかり意思疎通の出来る人を好むでしょうし、当然、企業の利益にかなわないことをしたいという人は、どんな学部の卒業生でも取らないでしょう。


次に具体的な現状を書きます。どこの大学とは、もちろんここでは書けませんが、卒業生の就職先はやはりIT係を中心に製造業が多いです。それは元々日本の産業構造自体がIT係に重点が移ってきているためだと思います。一言にIT係といっても、かなり幅が広いですし、IT係以外の製造業も多いです。どんな製造業でも最近はコンピューターはかなり使うと思われます。

製造業の中には当然、民間企業の研究所に就職するケースもあります。民間企業の研究所では、ごく一部の例外を除いて、その企業の利益に直結することを研究します。その内容は、物理学に基礎を置いた研究もありますし、物理学とは直接の関係のない研究をすることもあります。物理の卒業生はどちらの方向にも進んでいます。ただし「直接の関係のない」と言っても、物理はあらゆるものの基礎になりますから、殆どのものは何らかの関係はあります。

次に多いのは、公務員や中学高校教諭だと思います。その場合は、もちろん、公務員試験の勉強や、教員免許をとり教員採用試験の勉強をする必要があります。

製造業に比べれば、数は少なくなりますが、商社や金融関係に就職した人もいます。また特殊な例ではパイロットになった人もいます。


せっかく物理学を勉強したのに、就職した後に直接に関係のないものをやるのは勿体ないとか、しんどいとか思われるかもしれません。しかし、ANo.3さんも書かれているように、物理学というのは、あらゆる学問や科学技術の基礎であり、また、知識そのものを使わなくても、物理学を学ぶ過程で習得した「現実に根ざした論理的思考」というのは、どんな分野にも共通に必要なものなのです。ANo.4さんも書かれているように、「仮説・検証・修正」という物理学の方法は、あらゆることに適用が可能です。

また、「知識の陳腐化」ということがあります。技術というものは日進月歩ですから、大学でどんな分野の学問をした場合でも、どのみち入社後にも勉強をし続けていかないといけません。しかし理学系と工学系の違いは、理学部で勉強したことは、時間が立って成り立たなくなるようなことではないというところです。物理で言えば、力学や電磁気学などの知識が陳腐化することは未来永劫ありません。それらは自然界の法則だからです。ところがある特定の「技術」というものは、多くの場合数年で陳腐化してしまいます。

さらに、逆に基礎的な知識が必要になったときに、技術だけを学んでいた人が基礎に立ち戻って勉強しなおすのは、大変なエネルギーが必要になります。一度でも基礎を十分に勉強したことがある人は、忘れてしまっていても、少し勉強すれば思い出すことができます。基礎をしっかり勉強した上に応用を勉強するほうが、応用だけを勉強しているより安心です。

これは教育関係に進む場合も同様だと思います。やはり理学部でしっかりその分野の内容を勉強しつつ教員免許も取るほうが、教育学部で教員免許をとるよりも好ましいと、個人的には思っています。(両方やるのは確かに大変ですが。)


最後に、修士課程に進むメリットについて付け加えます。学部で、およそ力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学を学習するわけですが、それは学問の基礎の部分です。卒業研究~修士課程で、研究(らしきもの)に手を染めることにより、その基礎部分の知識の本当の意味が、より正しく深く理解できます。また、現実の問題を考えることにより、「問題解決能力」も身につけることができます。研究の世界では必要に応じて問題を自分で整理して設定する能力が求められます。誰かがきれいに作った問題を解くだけの話ではなくなってくるのです。そのような能力はどんな分野に就職しても必要とされるものです。大学院ではその部分も学ぶことが出来るはずです。

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング