初めて利用させて頂きます。よろしくお願いします。
今月の上旬、胆石症で腹腔鏡下にて胆嚢摘出手術を受けました。手術後は良好です。そこで以前から望んでいる子供を授かりたいと思っています。手術後の妊娠はどのくらい期間を置いたらいいものでしょうか。そしてその手術前日まで結石溶解のために「ウルソ錠」を服用していたのですが、その影響はどうでしょうか。どなたか回答、意見よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 産婦人科医です。

昨年だけでも私の病院で5人妊娠中の卵巣嚢腫で痛みがあったり、経膣分娩のさまたげになる事が予想され腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術を実施して(妊娠13~16週で4~10cmの大きさ)無事に経膣分娩され赤ちゃんにも問題ありませんでした。ですから、産科的にはもういつでもいいということです。
 ただし、美容上は6ヶ月以内の妊娠は傷の色素沈着が起こり黒っぽくなったり、妊娠で腹部が大きくなって傷がケロイド状に盛り上がる人がいます。ですから、美容上は6ヶ月後の方がいいでしょう。
 薬は胆のうを取ってしまったのですからもう飲む必要がない訳ですし、妊娠していても、予定生理ころまで(
正確には受精後18日まで)は安全です(どんな薬でも!!)
 どっちみち、もう妊娠して構わないということですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

易しい説明ありがとうございます。安心しました。私一人のことではないので、これを参考に主人と考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/28 12:56

ウルソのパッケージインサート(薬の使用説明書)では、動物実験(ラット)で妊娠前および妊娠初期の大量投与による胎児毒性が報告されており、妊婦または妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい旨の記載があります。

ただこれは、ヒトではなく動物実験の結果ですし、1回の投与量が2g/kg(50kgのヒトに換算すれば100gを服用したのと同じ)という大量投与を数週間~数ヶ月繰り返した結果です。ウルソはすでに長期にわたってたくさんの方が服用している実績もあるので、あまり神経質になる必要もないと思います。手術後の妊娠が可能になる時期は、ヒトによってまちまちなのではないかと思います。多分手術創の治り具合なども関係してくるでしょうから、担当の医師(あるいは産婦人科の先生)と相談した方がよいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝内胆管結石の除去の為の肝臓一部切除&胆嚢結石の為の胆嚢切除を同時に、逆L字切開の開腹手術を約7カ月

肝内胆管結石の除去の為の肝臓一部切除&胆嚢結石の為の胆嚢切除を同時に、逆L字切開の開腹手術を約7カ月前に行ったのですが、未だに腹が張る感じ・釣る感じが有ります。
少し長引いている様な気がするのですが、こんな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

1年間位は違和感がある感じがあると思います。また、その後も季節の変わり目はピリッとした感じはおきると思います。肋間神経痛の様な感じです。(切った場所とはまた違うところがピリッと痛くなるのが不思議です。)

Q腹腔鏡下胆嚢摘出術について

このたび、知り合いが腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けることになりました。そのことで質問させていただきます。

腹腔鏡下胆嚢摘出術では、大部分の施設で、血管や胆嚢管をクリップで止め、術後にはクリップが4~6個、腹腔内に残るみたいです。
この場合、数年後、クリップが外れたり、クリップした部分が壊死をおこしたりして、腹膜炎を起こす可能性はないのでしょうか?
もし、そのような可能性が高いのであれば、開腹して、糸で結紮してもらった方がいいのでは?と思っています。

腹腔鏡下での手術が始まって、まだ10年位だと思います。術後、長期間たったときの、安全性についても疑問があります。

長くなりましたが、(1)クリップの安全性、(2)長期間経過後の安全性 この2点について教えて下さい。

Aベストアンサー

クリップはそんなにたくさん残りません(初心者の先生が行うと残ることもありますが)
(1)どうしても心配だというのなら開腹して結紮してもらっても構いませんが,現在のクリップであるなら,安全性の面ではほとんど変わらないと思います。開腹の場合は,切り口の大きさの他にも,どうしても手でまさぐる為に,のちのち癒着の原因にもなりやすいとおもいます。そう考えると私はクリップをお勧めします。
(2)ほとんど問題ないでしょう。下手に開腹して行うよりも綺麗にできあがりますよ。腹膜炎やクリップの外れなどは,キチンと行えば開腹と同じかそれ以上に良いと思います。ただし,これを言ってしまえばおしまいですが,両方とも腕によります。クリップも根元までしっかり挟みこんで,きちんと2列綺麗にならべば下手な結紮より安全です。でも,例えば,腹腔鏡に慣れていなくて,クリップを重ねて打ち込んでしまうような医者の場合,またそれで納得してしまうような知識レベルの医者の場合は,逆に非常に危険です。長期に見て外れる場合もありえます。

長くなりましたが,ようするにキチンとやればクリップは全く問題ないと思います。しかし,腹腔鏡に慣れていない医者は逆に危険です。手術を行う先生の今までの手術数を確認することが無難かと思います。
以上,参考までにどうぞ

クリップはそんなにたくさん残りません(初心者の先生が行うと残ることもありますが)
(1)どうしても心配だというのなら開腹して結紮してもらっても構いませんが,現在のクリップであるなら,安全性の面ではほとんど変わらないと思います。開腹の場合は,切り口の大きさの他にも,どうしても手でまさぐる為に,のちのち癒着の原因にもなりやすいとおもいます。そう考えると私はクリップをお勧めします。
(2)ほとんど問題ないでしょう。下手に開腹して行うよりも綺麗にできあがりますよ。腹膜炎やクリップ...続きを読む

Q膵胆管合流異常の手術方法について

40代の女性です。胆嚢壁肥厚があり、胆管肥大をともわない膵胆管合流異常と診断受け癌になりやすいと言うことで手術が必要と診断うけました。(内科)。
どのような手術なのでしょうか?入院期間は?手術後の後遺症は?

Aベストアンサー

 中学生の息子が、6月の下旬に腹腔鏡による胆嚢摘出手術をしました。胆石による急性膵炎で入院し、検査の結果、胆管肥大をともなわない非拡張型の膵胆管合流異常もあると診断されました。拡張型の場合は、開腹手術で胆管切除をしなければならないが、非拡張型の場合は、お医者様のなかでも意見が分かれるそうで、息子の場合、今回は胆嚢摘出だけで、胆管のほうは毎年胃カメラで経過観察することになりました。でも、成人したら胆管の手術をしたほうが望ましい。とも言われました。
 入院期間ですが、息子は膵炎まで併発していましたので1ヶ月近くかかってしまいましたが、腹腔鏡による胆嚢摘出だけなら5日くらいの入院ですむと思います。日帰り手術をしてくれる病院もあるようです。開腹で胆管まで手術するともう少し長くかかると思います。
 後遺症ですが、特にありません。インターネットで調べたら下痢に悩まされている方もいらっしゃるようで心配したのですが、息子の場合は油っぽいものを食べてても、なんともありません。
 気づくのが遅く、お役にたてるかわかりませんが、ひとごととは思えず投稿しました。

Q胆嚢摘出手術を言い渡されました。セカンドオピニオンは必要でしょうか?

精密検査の結果私の胆嚢に2センチ程の胆石が2個有る事、胆嚢壁の厚みが10倍ほどになっている事、そして私の胆嚢はもう機能していない事が確認できました。(画像と医師の説明によって)

先週から10日間の間に酷い痛みに襲われて3度救急医療を受けました。

病院の消化器外科の医師(執刀予定担当医)から胆嚢摘出手術を勧められています。

皆さんのご意見を頂きたいのですが、手術を受ける前に他の病院の医師の見解も聞いた方が良いでしょうか?(セカンドオピニオン)
もしかしたら摘出せずに何か他に方法が有るのでは・・とひそかな期待をしてしまいますが如何でしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

何度も申し訳ないです。補足です。
・・・と言うか、ご希望の回答ができてないと思いましたので。

私は専門的知識は無く、ただ胆石症と言う病気と手術を経験しての意見ですが
質問者さんが掛かられてるお医者さんが手術を進めてくださってるのは正しいと思います。

手術をお任せする病院はご自分で納得というか、ある程度、信頼できる病院とお医者様でされたらどうでしょうか。
質問者さんがおっしゃるとおり全身麻酔ですので
難しい手術ではないにしてもバカにはできません。

お大事にしてくださいね。

Q胆管癌の切除範囲等、教えてください

62歳男性。乳頭癌から胆管癌と説明変わる。内科医は胆嚢は取るが十二指腸と胆管の一部の切除と説明。オペが一杯でひとつき待つ。手術の4日前再入院。初めて外科医がきて
胃の4分の1、すい臓の一部、胆嚢胆管十二指腸全摘とせつめい。術後全く話なし。死去する2日前に話しを聞きたいと2時間待ったがオペが入ったと帰される。死去する1週間前に重湯が始まったが翌日嘔吐、腹部より大出血。2日後に又大出血。CTなど検査なし。翌日輸血。翌々日死去。家族が呼ばれ入った集中治療室では、心臓マッサ-ジが行われていた。癌?は外壁1cm未満

Aベストアンサー

外科が専門ではありませんが、乳頭癌、胆管癌では胃・膵部分切除、胆嚢・胆管。十二指腸合併切除は標準的な手術方法だったと思います。消化器外科では最も広汎で難しい手術の一つです。術後は胆管、膵管の外ドレナージで消化液を体外へ誘導し、消化液の漏れなどによる縫合不全や膵炎を予防するなどの処置がとられます。きちんと膵液が誘導されているかなど、術後管理も大変難しいものです。そのため術後急性期の死亡を含む重篤な合併症の率も高い手術です。外科の先生に手術の危険性をしっかり説明していただかれましたか?
(私の母も同じ手術を受け、結局術後管理は私が自分でしました。10年以上たちますが、元気です)

Q胆石の手術について

はじめまして。よろしくお願いいたします。

胆石と診断され、今度胆のう摘出手術をすることになりました。
そこで質問なんですが、お腹の中を見てみて、他の悪い病気
(例えばガンとか)が新たに発見される、なんてことはある
のでしょうか?それとも、今までMRCTやCTなどの検査を
いっぱいした上で、そうでないと確信してから手術をするもの
なのでしょうか?開けてみて「実はガンでした」なんて言われる
のではないかと思って不安で不安で仕方がありません。例えば
胆のうガンや胆管ガンなどは、MRCTやCTなどの検査で分かる
ものなのでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>お腹の中を見てみて、他の悪い病気 (例えばガンとか)が新たに発見される、なんてことはある のでしょうか?

昔はよくあったそうです。胃潰瘍だと思ってあけたら結構進んだ胃癌だったりとか・・。でも「昔の話」。

最近ではそんなことあったら医療裁判ものです(笑)。
それだけ診断技術と機器が普及しているということです。
確かに胆石が長いこと続いていて、手術して取った慢性炎症組織から癌が見つかったということもあります(これは最近でもあります)が、少なくとも手術中にわかる=目で見えるものではありません。切り取ったものを顕微鏡で検査して初めてわかるものですし、あったら運が悪かった/逆に早期に見つかったから運がよかったかな?というもので、一般的なものではありません。

単純胆摘…開腹なら相応の苦痛はありますが…安全な手術の1つといえるそうです(専門でないので全て伝聞か「みた」感想)。MRIやCTで断言されての手術なら安心されていいと思いますよ(主治医の立場なら、その部分を心配されたらちょっと嫌(笑)ですし)。

Q胆嚢腺筋症なのか胆嚢癌なのか・・・。

先月後半に、母が胃痛を訴え深夜病院に行き診断をした所「胆石が有り、胆嚢の壁が厚い」と診断されました。痛みも消えそのまま帰宅をし今日現在まで痛みはありません。診断を受けてから外来で血液・造影剤・エコーといった検査をし今日結果が分かりました。癌の疑いもあると言われていましたが、肝臓・胆管・黄疸は異常なしでした。
「胆嚢腺筋症の疑いもあります、でも癌の疑いもありますがもし癌でも進行してる場合が多いですが、コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います。」と言われました。なんだか腑に落ちないので以前大腸ポリープでお世話になった大学病院に行く予定です。あやふやな回答だったので何を信じたらいいのか・・・。やはり、肝臓・胆管・黄疸に異常なくても癌の確率は高いのでしょうか?今年初め頃に大腸ポリープを切除したばかりでその時は一部ガン化で根治術をしたばかりなのでとても不安です。まだ、若い(50歳)母なので頑張ってほしいです。

Aベストアンサー

胆嚢腺筋症と胆嚢癌の100%鑑別は無理かと・・・。
それはなぜかというと、胆嚢腺筋症の中には、拡張したRokitansky-Aschoff Sinus(以下RAS)や肥厚した胆嚢壁内に微細に胆嚢癌細胞を含むものもあるからです。胆嚢腺筋症に早期胆嚢癌の合併という報告ももちろんありますが、切除前に診断できたら学会発表できるぐらいです。
つまりRASが見えたから胆嚢腺筋症、見えないから胆嚢癌とは言い切れないのです。
お母様の場合は、「コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います」と言われたところをみると、『腹部エコー上、肥厚した胆嚢壁にRASが見えた』ということだと思います。
それで胆嚢腺筋症でしょう・・・という表現になったのでは。
腹部エコー等では残念ながらこれが限界なので、こういう表現しか出来なかったのでは?この先生は正直だと思いますね。
大学病院等の大きな病院には超音波内視鏡が置いてあると思いますが、
これも100%診断は出来ません。肥厚した胆嚢壁をすべてチェックするのも一個一個のRASを見るのも大変!もしRAS内に盛り上がりを見つけることができたら、先ほど述べた通り学会発表ものです。
大学にてセカンドオピニオンを聞かれるのは良いことです。
だけど(上記の理由につき)大学の検査に過度の期待はしない方が良いですよ。
結局、胆嚢腺筋症を疑って腹腔鏡補助下胆嚢摘出術をして、胆嚢腺筋症だけで良ければそれで終了、一部に早期癌が入っていたら開腹術に切り替えて肝臓の一部とリンパ節をとる施設が多いと思います。
従って診断が確定するのはやっぱ術後の病理結果後じゃろうと思いますよ。
少なくとも胆嚢腺筋症と考えられるなら、本当に胆嚢腺筋症か、早期胆嚢癌をごくわずかに含んでいるか、のどちらかですので、進行癌の心配は無用と存じます。

胆嚢腺筋症と胆嚢癌の100%鑑別は無理かと・・・。
それはなぜかというと、胆嚢腺筋症の中には、拡張したRokitansky-Aschoff Sinus(以下RAS)や肥厚した胆嚢壁内に微細に胆嚢癌細胞を含むものもあるからです。胆嚢腺筋症に早期胆嚢癌の合併という報告ももちろんありますが、切除前に診断できたら学会発表できるぐらいです。
つまりRASが見えたから胆嚢腺筋症、見えないから胆嚢癌とは言い切れないのです。
お母様の場合は、「コレを見る限り(写真)では胆嚢腺筋症だと思います」と言われたところをみると、『腹...続きを読む

Q手術中、手術後の酸素吸入の意味

麻酔による影響で呼吸状態が低下するからしてるんですか?看護学生してるんですけど、その課題だけ残ってしまって・・・自分なりに調べたのですがわかりませんでした。

Aベストアンサー

ちょっと補足です。

基本に戻って、酸素療法の定義を
「種々な原因による無酸素症・低酸素症の予防または治療の目的で、高濃度の酸素を吸入させること」
だとすれば、予防と治療の2つが出てきます。
術直後に起こる呼吸不全は、疼痛による呼吸抑制・麻酔薬、筋弛緩薬の作用遷延による呼吸抑制・気道閉塞が多いといわれています。

PaO2を低下させるものとして、
肺胞低換気(PaCO2の上昇)
この中には、拘束性(呼吸抑制)1.疼痛 2.麻酔薬・筋弛緩薬の効果遷延 3.胸水貯留と
閉塞性の1.気道閉塞 2.喘息 3.肺気腫があります。
もう一つ、酸素化障害(PaO2の低下または変化なし)では、
1.肺炎 2.肺水腫 3.無気肺 4.ARDS(成人呼吸窮迫症候群)です。

それから、大きな手術になると、出血量が多くなり、ヘモグロビンの量が少なくなります。酸素を運ぶヘモグロビンの量が少なくなれば・・・どうなるか、考えてみて下さい。

もう、学校も始まってしまいますね。
お役に立てればよいのですが・・・。

Q胆嚢摘出手術の時期について

昨年の11月に総胆管結石でEST内視鏡的乳頭切開術を受けました。
今はそんなに痛みはありません。
泥状の石がおそらく残っているだろうから、将来のことも考えて
胆嚢も取ったほうが良いと言われています。
小腸から大腸菌が入りやすいとも言われました。
胆嚢を取らないとまた激痛が突然起きることもあるのでしょうか。
なるべく手術はしたくないです。放って置くとどうなりますか。

Aベストアンサー

胆嚢炎を合併することで、
発熱・黄疸・悪心・嘔吐・食欲不振等の
消化器系不定愁訴がみられると言われています。
判断し得る情報が十分そろっていないので、
参考意見が申し上げられませんが、
maribanaさんのお気持ち(できれば手術を受けずに経過をみたい)
を主治医へご相談なさってみてはいかがでしょうか。
医師が勧めるだけのメリットがあるのかもしれません。
ただ、maribanaさんのお気持ちを伝えたことで、
また違う治療方針が見つかるかもしれませんし。
(例えば食事の制限:脂肪制限や刺激物・過労などの身体的・精神的なコントロール等が必要です)

お一人で悩まれずに、是非受診し御相談なさってお気持ち楽になさって下さい。

Q掻爬手術と子宮内容物除去手術って違うんですか?

専門的なことがわからないので質問させていただきます。
このジャンルでいいのか、ちょっとわからなかったのですが。

先日、稽留流産により妊娠3ヶ月にて流産の手術を受けました。
生命保険から降りるというのでといあわせたところ先生の診断書の書き方ひとつで、降りるか降りないか変わるという返事でした。
なので、先生から手術の正式名称を一字一句間違えないように聞いてきてください、と言われました。

確か、カルテをちらっとみたところ
「子宮内容物除去手術」って書いてあったような気がしますが、流産した人のHPなどをみると「掻爬手術」を
受けました・・って書いてあったりします。
生命保険の人は、「掻爬手術」なら降りませんと言っていました。

どうちがうんでしょうか?
母は「掻爬手術」っていうのは「中絶」の時に使う
言葉の気がすると言っていますが、本当のところは
専門家でないのでわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考までに。
同じことです。
生命保険の方は人工中絶なのか、治療的なのかを知りたいだけで、その方も間違った「掻爬」はすべて人工中絶だと思って言ってますが、昔の人が良く間違って使ってます。
 子宮内容除去術、それは胎児に限らず、胞状奇胎など
子宮にあるものを除去することを言っていて、その方法は
かき出すので掻爬と言っているだけです。よってそのことだけで中絶か人工中絶かは問えません。
 もちろん今時、医師も掻爬とはカルテには描きません。
生命保険の診断書には妊娠 週、流産、そして治療の欄に
子宮内用除去術と書きますので問題ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報