小学生向けの宇宙の図鑑を見ていたら、宇宙は銀河が泡のような形で集まっていると、図入りで説明されていました。私が子供の頃(約30年前)は宇宙の図鑑見てもそんな事は書いていませんでした。へっー!と感心しました。

1) いつ頃そんな事が判ったのですか?
2) どうやって泡のような構造を見抜いたのでしょうか?
-->これはかなり疑問です。宇宙という想像を絶する広い世界を
巨視的視点から構造を見抜いたのですから驚きです。

素人にもわかるように教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1)


1970年代にS.A.グレゴリーやL.A.トンプソンらによって、かみのけ座方向にある銀河が調べられ、三次元マップを作ったことがさきがけとなり、続いて、1986年、ハーバート・スミソニアン天体物理学センターの研究グループ(テレビでは、同センターのマーガレット・ゲラーという研究者がよく映されています)が、もっと広い範囲で調査し、「宇宙の大規模構造」というのを発表したことによります。

2)
銀河団の位置を赤方偏移測定により、一個一個確定させていき、三次元の分布図にマッピングさせていきました。
発表当時の銀河数2400、対象範囲は100メガパーセク(かなり細長い領域)ということですが、現在は、Sloan Digital Sky Survey(来年終了予定)などで、もっと広く深い範囲で調査が進み、いよいよ泡構造が確からしいことがわかってきたようです。
SDSSでは、約70万個の銀河を調べたそうです。

http://72.14.235.104/search?q=cache:lbRhY5WqnaIJ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
勉強になりました。そうですか、泡構造は確定ですか。
3次元ネットワーク構造は自然界、人工物にも見かける丈夫で安定な構造ですが、宇宙全体にも適用されているとは驚くより他ありません。
不思議です。

お礼日時:2007/09/06 21:56

SDSSの観測結果をごらんになりたい場合には、以下のソフトをインストールしてはいかがでしょうか。


http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/index. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ご紹介のソフトは子供と一緒に見てみます。
PCプラネタリウムですね。楽しいソフトです。

お礼日時:2007/09/06 22:06

1.1980年代のようですね。


2.観測の結果、銀河が集結している部分と空白域がある事が解って来ました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99% …
http://skyserver.nao.ac.jp/edr/jp/astro/structur …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
1980年代というと私が子供用の図鑑から卒業してしまった頃です。
地道な観測が宇宙構造の解明糸口をつかんだという事でしょうか。

参考URLありがとうございました。
高度な内容だったので「うひゃー」という感想です。(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/06 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図鑑の土星写真について、質問したいのですが、今から、40年程前小学生か幼稚園のころ、宇宙図鑑を見てい

図鑑の土星写真について、質問したいのですが、今から、40年程前小学生か幼稚園のころ、宇宙図鑑を見ていたのですが、土星もはっきりカラーで、絵がかれていて、(あるいは、写真。)現在の写真とあまり変わらない気がします。であれば、40年前と現在でもあまり進化してないのでしょうか?宇宙の分野で。質問ですが、
40年前の図鑑の土星は写真ですか?絵ですか
現代の図鑑の土星は、写真ですかCGですか?
教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1979年9月にパイオニア11号が土星探査をしています。37年くらい前ですね。
写真だとしたらパイオニア11号が撮影した写真だと思います。
写真は実は白黒の写真で色つきのフィルターを通して撮影し、地上で再合成してカラー化し直したものです。
1980年11月にボイジャー1号、翌1981年8月にボイジャー2号が土星探査をしていますね。

このあとの探査機は2000年のカッシーニ探査機になります。

40年近く前にも宇宙探査機が土星に到達していたのですから、探査機の画像解像度は良くなっていると思いますが、
間近で撮影した写真ということでは今も昔も同じです。

Qヘキサゴンと宇宙の泡構造

六角形は安定しているそうです
他にも、多角形ではサッカーボール。

泡は六角形を立体にしたような
多角形ですか

その形が宇宙にとり、都合よいのでは

Aベストアンサー

あなたは科学者じゃない、もちろん化学者でもない、C80のサッカーボールは有名だがそれは「非常に対称性が高い」から。実際には「中途半端なの」もある、数学的には上限が無い。サッカーボールが特異なのは最も小さくこれより小さいのはあり得ないから。上限が無いと言ったが多くは「開いている」C80には金属原子を詰めることが出来る、これも衝撃的だった、C80には一つしか入らない、炭素数が大きいと複数入れる事も出来る。今も不思議な分子を作っている研究者は多い。でも「開いている」奴は化学式で書き表せない、開いた末端がどうなっているか一つ一つ違う可能性が高いから。バスケット分子、麦藁帽子分子と呼ばれる、末端が特異な性質を持っていれば、医薬として儲かるだろう、笑えるがC80に薬効は無い「危険だと騒がれたが結局何も無かった」でも麦藁君の方は猛毒もありうる、C80は閉じているのでしつこいが末端が無い、だから安全、一方麦藁君は分からない、末端があったら反応性がある、修飾されたものも、上限が無いからどんなのでも作れる、無限になるとカーボンシートになる、黒鉛との間にカルフェンもある。

あなたは科学者じゃない、もちろん化学者でもない、C80のサッカーボールは有名だがそれは「非常に対称性が高い」から。実際には「中途半端なの」もある、数学的には上限が無い。サッカーボールが特異なのは最も小さくこれより小さいのはあり得ないから。上限が無いと言ったが多くは「開いている」C80には金属原子を詰めることが出来る、これも衝撃的だった、C80には一つしか入らない、炭素数が大きいと複数入れる事も出来る。今も不思議な分子を作っている研究者は多い。でも「開いている」奴は化学式で書き表...続きを読む

Q膜宇宙論 サイクリック宇宙論 五次元宇宙論 ホログラフィック宇宙論 現在の宇宙論の中で一番有力視され

膜宇宙論 サイクリック宇宙論 五次元宇宙論 ホログラフィック宇宙論 現在の宇宙論の中で一番有力視されているのはどの宇宙論ですか?

Aベストアンサー

超弦理論の派生である膜理論。
全ての物理定数をプランク定数h(=量子)のみから
導くプロセスの奇跡の美しさが、偶然であるはずがない。

Qはやぶさって子供の頃、図鑑で見たイオンエンジン搭載なんですよね!?

はやぶさって子供の頃、図鑑で見たイオンエンジン搭載なんですよね!?

当時、夢のロケットとして光子ロケットなどと一緒に載っていたと記憶しています。
ところでイオンエンジンとは・・・やはり(21世紀の)凄い技術なんでしょうか?(解りやすく!)

1997年NASAのマーズ・パスファインダーの火星からの鮮明な画像も素晴らしかったですが日本の技術力も凄い!着陸後無事地球への帰還を果したのですから。
はやぶさ2では是非、小惑星の砂を持ち帰ってきてもらいたいものです。

Aベストアンサー

イオンエンジンの凄いところは、燃料がいらないことです。

普通のロケットエンジンは、燃料を燃やした時に体積が増える力を使って、燃焼ガスを噴射します。
つまり噴射のエネルギーは燃料に蓄えられています。
一方イオンエンジンには燃料ではなく噴射剤が積まれています。はやぶさではキセノンです。
この噴射剤自体には噴射のためのエネルギーはありません。噴射には電力を使います。電力は太陽系内であれば太陽電池で賄えます。
噴射のためのエネルギーを持ち運ぶ必要が無いため、同じ加速をするために必要な重量が少なくて済みます。

Q例えば宇宙空間で爆発した宇宙船などが宇宙塵となって、月のまわりの引力圏を周回することはありえますか?

例えば宇宙空間で爆発した宇宙船などが宇宙塵となって、
(大きくても小さくてもいいのですが)
月のまわりの引力圏を周回することはありえますか?

お教え頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 
 
1.
 「爆発したロケット」ではないですが、切り離されたロケットの実例があります。

http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics020925_3.htm

http://www.astroarts.co.jp/news/2002/09/13j002e3/index-j.shtml

http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20020930306.html

 月~地球~太陽~その他の惑星… これら全員から(重力を介して)指図を受けて 右往左往するので、小さく軽い物の将来は不透明です。地球のように大きく重ければ 一応 我が道を行くに近いですが。人間社会に似てますね。



2.単純化した話;
ロケットと月だけあって、日本の花火のように一様に割れた。

     ハ
     ●
     ↑
 イ●←☆→●ロ       ○
     ↓           月
     ●
     ニ

 破片のスピードが;
(1) 脱出速度より大きいなら イロハニ全ての方向の破片が脱出して 帰って来ません。途中の軌道は様々ですが 最終的に全て居なくなります。(ロの方向でも月にぶつからなければ脱出します。)

(2) 脱出速度と周回速度の中間なら イロハニ全てが月を回る衛星になります。その軌道は様々ですが。(月にぶつかって終わる軌道もあります。)

(3) 周回速度より小さいなら イロハニ全てが月に落ちてゆきます。その軌道は様々ですが。

 破片が飛ぶ方向は関係ないのです。爆発のエネルギだけで決まります。大,中,小 ですね。



 余談;
なぜ方向が関係ないのか?  ブラックホールなどの絵で 星の重力が中心で深い穴になってる図がありますね、地面に図と同じ形の穴を掘ったとします。(観客席が坂になってるスタジアムでも良いです。) 坂を登り降りすれば 位置エネルギの差があります。が、同じ深さの所をグルグル回るだけなら位置エネルギは変わりません。(歩き疲れるという話は無しです。)
 爆発地点から地上に出るまでに登らないとだめな高さは、イも ハも ニも同じです。 ハとニは距離は長いですが 登る高さはイと同じです。
(斜め後ろから引っぱられながら登るので 道は真っすぐでなく 双曲線になります。)
 ロの方向は 深く降りて反対側に登ります。降りる時に位置エネが速度エネに変わり、登りはそれが位置エネに戻るのだから、反対側で爆破位置と同じ深さになったときは 最初の速度エネに戻ってます。そして向きは月を背にしてます。これはイと同じですね。
 
 

 
 
1.
 「爆発したロケット」ではないですが、切り離されたロケットの実例があります。

http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics020925_3.htm

http://www.astroarts.co.jp/news/2002/09/13j002e3/index-j.shtml

http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20020930306.html

 月~地球~太陽~その他の惑星… これら全員から(重力を介して)指図を受けて 右往左往するので、小さく軽い物の将来は不透明です。地球のように大きく重ければ 一応 我が道を行くに近いですが。人間社会に似てますね。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報