マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

日本での県であるとか郡といった地域区分方の名称は、中国の名称を参考にしたようです。ただ中国では郡が県よりでかいです。どこで入れ替わってしまったのでしょうか?幕末に小栗忠順が郡県制を導入しようとしていたころは、郡が県の上にあることはわかっていたように思えます。ではいつなぜ、入れ替わってしまったのでしょうか?

A 回答 (1件)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%8C

にざくっと書いてありますが、以下 私の推測
府藩県三治制
これが最初にきた。府藩県 このネーミングは全部 点的認識。○○府という役所があって、その役所が支配する土地。というような認識だったんじゃないかな。飛び地も多かったわけですから。
で、廃藩置県で 藩をなくすとき、県に統一しちゃった。
さらに 県が 合体して(270藩が県になったので、国より小さい、郡よりも小さかった)大きくなり、県が昔の国並みになった。

江戸時代にも 面的認識が 郡 にあったがゆえに、府藩県体制で 郡 を使わなかったために いつのまにか 大小関係で 逆転してしまったと言うことではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/11 04:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較