これからの季節に親子でハイキング! >>

 私は教員4年目です。子どものことが本当に大好きで、やり甲斐も感じています。クラスもそれなりにうまくまとまっています。ただ自分には向いていないんじゃないかと悩んでいます。
 現在小学校では、仲間はずれ、盗み、もの隠しが絶えず、家庭の問題でストレスを抱え荒れている子や情緒不安定な子がたくさんいます。事件が起こるたびに頭を悩ませ、子どもや親と話し合い一つ一つ解決していますが、気が滅入ってしまいます。子ども達が好きだからこそ、何とか力になってあげたいと思うからこそ、すさんだ子ども達を見ていると精神的にきついです。しかも小学校の場合こうした問題を担任一人で抱えこまなくてはなりません。クラスで何が起きているのか知っているのは担任のみです。同僚の先生は相談にはのってくれますが、あくまで他人ごとです。みんな自分のクラスの問題でいっぱいいっぱいだからです。
 子どもって素晴らしいです。変わっていく子ども達の姿に感動したことも多く、続けたい思いもあります。でもストレスで体調を崩したり、耳が一時的に聞こえなくなったこともあり、こんな自分は向いていないんじゃないかとも思います。周りの人からは辞めるなんてもったいないと言われますが、転職するなら早い方が良いと思います。塾の講師を考えています。
 アドバイスをよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

はじめまして。


親の立場から言わせてもらえば、yukari178さんのような考えを持った先生は珍しく、とっても子どもたちには(親にもですが)必要なので、ぜひ辞めないで、子どもたちを見ていっていただきたいと思いました。(今の先生は、自分の仕事で精一杯で子どもたちまで目が行き届かないとか・・・)
ただ、yukari178さんが気が滅入ってしまったり、体に害を来すほどだというこなので、無理に続けて下さい!とは、お願いできませんが・・・。
先生という職業は、やりにくい世の中になってきていると思います。
子どもというより、むしろ親自信が問題というのも多い気がします。
ただ、転職して、塾の講師を考えているということですが、塾では、学校のような感動?仕事は期待できないと思いますが・・・。
ちっとも回答になっていませんが、一人の子どもの母親として聞いていただきたくて、投稿しました。
    • good
    • 1

yukari178さん、これで3度目になります。


わたくしは今このサイトの皆さんが薦めてくださった本を読んでいます。
不良で学校の勉強などほとんどせず、ひとりで仏語を学んで授業そっちのけで「マルドロールの歌」ロートレアモンやC・ボードレール、A・ランボー、P・ヴァレリー、S・マラルメらの詩しか読んでこなかった身には新鮮な本たちです。
その中の『砂場の少年』をアナタにおすすめしましょう。著者の灰谷健次郎さんは17年間小学教師をされていたということです。「灰谷ワールド」という世界が確立されているので既読かもしれませんが……

「塩狩峠」三浦綾子著、「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス著 小尾芙佐訳。……
なども宜しいでしょう。

それと考えたのですが、そういう制度があるかどうかはわかりませんが、中国の田舎/北朝鮮の田舎など未開拓の地や戦闘の荒廃から復興していない国(アフガン/ソマリア/カンボジアetc.)の学校で数年教えてみては如何でしょうか。素直ないい子が多くアナタに適しているように思われます。文部科学省か国連(ユニセフ)か日教組に相談してみてください。日本政府、ODA関連で青年海外協力隊というものもありますが……

2度目のLightChaserさんの体験談はお役に立たなかったようですね。
    • good
    • 0

 しぶとくなって、少しはいい加減に教育活動をなさってください。


所詮、教師は児童生徒の成長段階で、通過点に過ぎません。そう思えば、自分自身で至らなかったところを、違う学年で担任なった誰かが、補ってくれますよ。
抱え込み意識や、自分が居なかったら困る…みたいな使命感は捨てることです。
いい加減が一番です。学校のことなど忘れて、旅に出てみてください。感動すること、発展することなど、自分が小さく見えますよ。
    • good
    • 0

私は教育学部で教えており,妻は学校教員で親戚にも友人にも教員がいます。

今,日本で悩んでいない教員は1割もいないのではないでしょうか。印象ですが。特に,家庭のしつけが問題です。社会的に訓練されていない子,朝からご飯を食べてこず,ゲームを夜中までやっていて頭のはたらかない子,明らかに障害を抱えていて特別な教育が必要なのに普通学級に入れられている子,1クラスに3,4人はざらです。社会の変化に対応して措置しない教育委員会,面子だけの校長,無責任で自分のこばかり大切な親,教師は無力です。みな,あなたと同じように苦しんでいます。でも,教師にも問題はあります。自分の弱み,学級で抱えている問題を,プライドのために口に出せないのです。同じ弱い存在ということを認めにくいのです。また,自分たちが努力すれば,何とかなるという教育的神話をどこか信じているのです。「金八先生」みたいな荒唐無稽なドラマが,間接的に教師と親をゆがめているのです。単純なことです。子どもが悪いのは親のせいです。私自身親として当然の事と思っています。教師のせいではないのです。それをクラスが荒れたり,問題行動が発生するのを,教師の力量がないからだとかいう校長や教師がいたり,又そう思い込むから,教師に向かないと思う人が出てくるのです。教師は神様ではありません。そのことに挫折してやっと分かるのです。その日から本物の教師への道が始まります。もっと同僚と愚痴を言いましょう。そして無力な教師が最低限しなければならないことを考えましょう。
    • good
    • 1

読ませていただいてフッと思いました。


精神的に参っているなって。
本当に今の先生は大変です。
社会も親もおかしいことが多く、その影響をモロに受けた子供。そんな子供たちを40人一人で抱え込むなんて、どう考えても出来るはずがないと思います。
きっとyukariさんはやさしいんですね。
「子供の将来の責任は親が取る。私は子供の将来の責任まで取る必要はない。今の問題を一つ一つ解決していくことが大切なんだ。」そんな風に考えてみてはどうでしょうか?
確かに目の前の心のすさんだ子供を見るのはつらいし、何とかしてやりたいと思うでしょう。自分の力不足にはがゆい思いもしているのでしょうね。
でも、4年目からなんでもできる教師なんているはずないと思いますよ。
あまり思い詰めないで!悩んでいる教師はあなただけじゃないと思います。
教師はすばらしい仕事です。悩んでいるあなたは立派な教師です。子供たちの笑顔を思い浮かべて、がんばってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。励まされました。
私自身、複雑な家庭に育ち子どもの頃は色々と辛い思いもしました。そんな子どもたちの力になりたいと教師を志したのにもかかわらず、実際辛い思いをしている子どもたちと接していると、気持ちが分かりすぎて重たくなってしまうんですよね。両親の離婚で傷ついている子を前にしても、家庭の事情にまで口を出すことはできませんから。
私は無理せず私にできる範囲でやっていけばいいんですよね。少し完璧を求めすぎていたような気がします。

お礼日時:2002/08/18 01:43

また、お邪魔しました。

yakari178さんからは悪い生徒に見えるでしょうけれど……僕の場合は自然に涙が出てきてしまう事例です。不思議と癒されるのです。

Here is a story of inspiration:

He was in the first third gradeclass I taught at
Saint Mary's School in Morris, Minn. All 34 of my
students were dear to me,but Mark Eklund was one
in a million. Very neat in appearance,but had that
happy-to-be-alive attitude that made even his
occasional mischieviousness delightful.

Mark talked incessantly. I had to remind him again
and again that talking without permission was not
acceptable. What impressed me so much, though, was
his sincere response every time I had to correct him
for misbehaving - "Thank you for correcting me, Sister
!" I didn't know what to make of it at first, but
before long I became accustomed to hearing it many
times a day.

One morning my patience was growing thin when Mark
talked once too often, and then I made a novice-
teacher's mistake. I looked at him and said, "If you
say one more word, I am going to tape your mouth
shut!"

It wasn't ten seconds later when Chuck blurted out,
"Mark is talking again." I hadn't asked any of the
students to help me watch Mark, but since I had stated
the punishment in front of the class, I had to act on
it.

I remember the scene as if it had occurred this
morning. I walked to my desk, very deliberately opened
my drawer and took out a roll of masking tape. Without
saying a word, I proceeded to Mark's desk, tore off
two pieces of tape and made a big X with them over his
mouth. I then returned to the front of the room. As I
glanced at Mark to see how he was doing he winked at
me. That did it! I started laughing. The class cheered
as I walked back to Mark's desk, removed the tape and
shrugged my shoulders. His first words were, "Thank
you for correcting me, Sister."

At the end of the year I was asked to teach junior-
high math. The years flew by, and before I knew it
Mark was in my classroom again. He was more handsome
than ever and just as polite. Since he had to listen
carefully to my instructions in the "new math," he
did not talk as much in ninth grade as he had in the
third.

One Friday, things just didn't feel right. We had
worked hard on a new concept all week, and I sensed
that the students were frowning, frustrated with
themselves - and edgy with one another. I had to stop
this crankiness before it got out of hand. So I asked
them to list the names of the other students in the
room on two sheets of paper, leaving a space between
each name. Then I told them to think of the nicest
thing they could say about each of their classmates
and write it down. It took the remainder of he class
period to finish the assignment, and as the students
left the room, each one handed me the papers. Charlie
smiled. Marked said, "Thank you for teaching me, Sister.
Have a good weekend."

That Saturday, I wrote down the name of each student
on a separate sheet of paper, and I listed what
everyone else had said about that individual. On Monday
I gave each student his or her list. Before long, the
entire class was smiling. "Really?" I heard whispered.
"I never knew that meant anything to anyone!" "I didn't
know others liked me so much!" No one ever mentioned
those papers in class again. I never knew if they
discussed them after class or with their parents, but
it didn't matter. The exercise had accomplished its
purpose. The students were happy with themselves and
one another again.

That group of students moved on. Several years later,
after I returned from vacation, my parents met me at
the airport. As we were driving home, Mother asked me
the usual questions about the trip - the weather, my
experiences in general. There was a light lull in the
conversation. Mother gave Dad a side-ways glance and
simply says, "Dad?" My father cleared his throat as he
usually did before something important. "The Eklunds
called last night," he began. "Really?" I said. "I
haven't heard from them in years. I wonder how Mark is."

Dad responded quietly. "Mark was killed in Vietnam,"he
said. "The funeral is tomorrow, and his parents would
like it if you could attend." To this day I can still
point to the exact spot on I-494 where Dad told me
about Mark.

I had never seen a serviceman in a military coffin
before. Mark looked so handsome, so mature. All I
could think at that moment was, Mark, I would give all
the masking tape in the world if only you would talk
to me. The church was packed with Mark's friends.
Chuck's sister sang "The Battle Hymn of the Republic."
Why did it have to rain on the day of the funeral? It
was difficult enough at the graveside. The pastor said
the usual prayers, and the bugler played taps. One by
one those who loved Mark took a last walk by the
coffin and sprinkled it with holy water.

I was the last one to bless the coffin. As I stood
there, one of the soldiers who had acted as pallbearer
came up to me. "Were you Mark's math teacher?" he
asked. I nodded as I continued to stare at the coffin.
"Mark talked about you a lot," he said.

After the funeral, most of Mark's former classmates
headed to Chucks farmhouse for lunch. Mark's mother
and father were there, obviously waiting for me.
"We want to show you something," his father said,
taking a wallet out of his pocket. "They found this on
Mark when he was killed. We thought you might recognize
it."

Opening the billfold, he carefully removed two worn
pieces of notebook paper that had obviously been taped,
folded and refolded many times. I knew without looking
that the papers were the ones on which I had listed
all the good things each of Mark's classmates had said
about him. "Thank you so much for doing that" Mark's
mother said. "As you can see, Mark treasured it."

Mark's classmates started to gather around us. Charlie
smiled rather sheepishly and said, "I still have my
list. It's in the top drawer of my desk at home."
Chuck's wife said, "Chuck asked me to put this in our
wedding album." "I have mine too," Marilyn said. "It's
in my diary." Then Vicki, another classmate, reached
into her pocketbook, took out her wallet and showed
her worn and frazzled list to the group. "I carry this
with me at all times," Vicki said without batting an
eyelash. "I think we all saved our lists."

That's when I finally sat down and cried. I cried for
Mark and for all his friends who would never see him
again.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。遅くなってすみません。
もしかして英語の先生でおられるのでしょうか?
英語というものにここ数年触れていなかったので、解読するのにかなり苦戦しています。

お礼日時:2002/08/18 01:29

クールでまじめな方なんでしょうね。



フツー会社だったら、上司に相談したり文句を言ったりすると思います。
教頭や校長と話す機会を作らないと・・。
(しかも小学校の場合こうした問題を担任一人で抱えこまなくてはなりません。の「なりません」ってフレーズが気になります。)

あと 公立校なら異動があるのでは??学校によってかなりクラスの状況は違うと思うのですが・・・。
(うちの地域ではそんなに荒れてないですが・・・)

まともに30人(40人?)のこどもの相手はできるわけないのですよ。親代わりになんてなれないですよ。もともと マス教育のシステムの限界があるのですからそれを自分なりに見極めないといけないでは??
現状の教育システムを自分なりに解釈してその中でどうするのが(自分の適正を考慮して)ベストな教師としてのあるべき姿なのかを模索されるのもよろしいかなぁと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

学級崩壊という見た目ではっきり分かる現象であれば学校もそれなりの対応を考えるでしょうけど、目に見えないところで起きている問題(特に高学年の場合は見えないことがほとんどです。)については毎日子どもと接している担任以外には状況が分かりづらく、よって解決するのは担任以外には困難です。もちろんアドバイスはもらえますが。
どんなにクラスが騒がしくても荒れているとは限りませんし、逆にどんなに子どもが静かに授業を聞いていても陰湿な空気が漂っている場合もあります。
仕事は仕事としてある程度割り切ることも必要ですよね。
ご回答ありがとうございました。遅くなってすみません。

お礼日時:2002/08/18 01:24

再び。


反発の文、拝誦しました。
先生になられる多くの人は「教え方」が評価されてなるのではなく、大学で必要な勉強をしたに過ぎません。先生になってから「教え方」を学んでゆくのですね。

どの世界でも誰しも自ら選んだ道で、向いているいないと考える時が一度や二度はあるようです。結局は自分で決めなければなりませんが、悩むときは新たな飛躍の時とも申せましょう。

お忙しくて旅先での出会いは期待できなさそうですので、アメリカのサイトをお教えします。専門家が頗る親切に答えてくださるので参考になります。おためしあれ。

参考URL:http://www.AskMe.com
    • good
    • 1

あなたは、十分立派な教師です。

私は、同じ小学校の教師になって、30年目を迎えます。たいへんなことは、どの仕事も同じ。ストレスのない仕事はないでしょう。その中でも、小学校の教師は、たいへんありがたい仕事だと思っています。
人間を相手にし、それもまだ気持ちのきれいな人間の中で、心を触れあわせることが出来るからです。
確かに、年々子どもたちは不安定になってきています。これは、こんな社会を作り出してきた私たち大人の責任だと言えましょう。
だからこそ、せめて学校の中では、正しいことは何か、人間として生きるには、どうあるべきか、それを伝えることが私たちの役割だと思うのです。
思った通りに出来ることなんて、少ないものです。でも、子どもたちは、自分ががんばった分だけ返してくれることも、あなたは知っていますよね。
あなたは、熱意という、そして今はまだ、若さという子どもたちにとって一番魅力のあるものを持っていらっしゃいます。
小学校教員の仕事の半分は、生活指導だと思います。思った通りにはならないけれど、あなたの熱意は、必ず日々子どもたちを変えています。
塾にも社会の中の役割は当然あると思いますが、私は学校の教員であり続けたいと思っています。ぜひ、教師としてがんばって頂けるよう、お願いします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

励ましのお言葉、ありがとうございます。
ここで質問をさせていただき、皆さんの意見を読んで「向いていない」と言われれば反論したくなる自分に気づきました。皆さんへのお礼を書きながら、教師という仕事の大変さとやりがいについてつい熱く語ってしまう自分を再認識し、本当は頑張れと誰かに言って欲しかっただけなのかもしれないという気持ちにもなりました。ストレスが大きいことも事実ですが、それが帳消しになってしまうくらい感動することがあるのも事実です。ただ、最近体調を崩すことがあまりに多かったので悩んでしまいますが。とりあえず来年までの間、もう一度じっくり考えてみたいと思います。

お礼日時:2002/08/10 01:54

はじめまして



先生!しつもんです。(たくさんあります)

「こどもが好き」なだけならば、教育関係でなくてもよいですよね。
塾は教育関係だと思います。

教育関係の業界にこだわる理由は何故でしょうか??

転職するなら早いほうが良いと思います とありますので 転職には前向きな気持ちなのだと思われます。転職は 同じ業界への転職場 であって 転職業は考えていらっしゃらないのでしょうか??
(実経験がないと なかなか 再就職は難しいでしょうか??)

また、「自分のことで手一杯」でない職場、職業は 学校以外では どこにでもあるとお思いでしょうか??
==============
学校教員という職業の内容の議論は この程度の欄では難しいので議論しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かに教育関係でなくてもよいと思います。しかし教員での経験を多少なりとも生かせる場となると私には塾しか思いつかなかったので。20代後半ともなると転職は厳しいと思いますし。
また、確かにどこの職場でも自分のことで手一杯である状況はそれほど変わらないかも知れません。ただ、教師は子どもにとって大きな影響力をもっています。教師はクラスを宗教団体にすることもできますし(もっとも力がなければできませんが)、いじめをつくることもできます。開かれた学校をつくるといっても結局、クラスを動かすのは担任一人のみです。また、例えばクラスでいじめがあると感じた場合、もしいじめている本人が「僕はやっていない」と嘘をついたら。周りの子たちが口裏を合わせてやっていないと言ったら。いじめられている子が何も言えなかったら。教師はそれを空気で感じていても、決定的な証拠がない限り問い詰めるのは難しいです。証拠を探しますけどね。でもそういうクラスの空気を感じることができるのは担任のみです。いじめの件は例ですが、似たような状況はいくらでもあります。それを背負うのは私には重いような気がしてしまいます。
確かにここでの議論は難しいですね。長くなってすみません。

お礼日時:2002/08/10 01:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教師をやめるべきか

中学教師になって5年目です。
資質という点において、向いていないのではないか、と今年度から感じています。


問題生徒に対する生徒指導、保護者の対応が上達しません。
根本的に向いていないのではないかと感じています。

ただ、授業をするのは大好きです。
自分の担当教科を生徒に好きになってもらおうと、教材研究をする時間を惜しむことはありません。
思った以上の反応を生徒がしてくれるととてもうれしく感じます。
しかし、教師の仕事は授業だけではありません。
数年前までは担任をもつ喜びを感じることもできたのですが、勤務年数が増えるにつれて問題生徒をもつようになり、その重さや人数も増えています。
今は学級崩壊はしていませんが、問題生徒の心は私から離れています。
他の生徒にも伝染するのではないかという不安が積り、教室に行くのが怖いです。
このままでは来年は3年生をもつと考えられます。
大事な学年を受け持つことのプレッシャーに耐えられません。
こんな担任では生徒も可哀そうです。

今考えているのは、
(1)辞める(非常勤の講師として働こうと考えています)
(2)他学年を希望する
(3)副担を希望する
(4)小学校へ希望する
2、3、4に関しては希望が通る可能性が低いです。そして根本的な解決になってない(つまり逃げ)ような気がします。
相談の段階で校長先生に話をするのもどうなのか、悩んでいるところです。
母親はやめてほしくないと言いましたが、私が泣いて話をするとその選択肢も納得してくれました。
意見、上記の他にいい方法などがあればアドバイス願いたいです。

中学教師になって5年目です。
資質という点において、向いていないのではないか、と今年度から感じています。


問題生徒に対する生徒指導、保護者の対応が上達しません。
根本的に向いていないのではないかと感じています。

ただ、授業をするのは大好きです。
自分の担当教科を生徒に好きになってもらおうと、教材研究をする時間を惜しむことはありません。
思った以上の反応を生徒がしてくれるととてもうれしく感じます。
しかし、教師の仕事は授業だけではありません。
数年前までは担任をもつ喜びを感じるこ...続きを読む

Aベストアンサー

小学校教員です。

中学校の先生って、とても大変ですよね。
部活による拘束時間と、生徒指導の大変さは、小学校の比較にならないと思っています。
もちろん、小学校は全教科教えなきゃいけないとか、担任が一人で抱え込みやすいとか、
中学校とは違う大変さもありますが、
精神的に参ってしまいやすいのは、やはり中学校ですよね。

辞めるのは、いつでもできます。

その前にできること(2,3,4)をやってみた方がいいと思います。
特に、小学校への異動、もしくは
中学校でも違う学校への異動をお勧めします。

今いる場所から離れてみることで、
「あのときの悩みはなんだったんだ」
「あんなに悩んでいたけれど、実は病んでたんだな」
など、冷静に、客観的に自分を見つめることができますから。

異動して学校や校種が変わっても、担当が変わっても、
気持ちが変わらなければ、
次の仕事への十分な準備をしたうえで、辞めればいいのです。

教員経験者で、教員以外の仕事を見つけるのは大変ですよ。
よく言うじゃないですか、教師は潰しがきかないって。

非常勤で働くとおっしゃっていますが、
「大変だから辞めた」という理由では、次の仕事は難しいのではないでしょうか。

結婚したとか、定年退職したとか、
採用試験に受かるための勉強時間確保とか、
そういう方たちに、大抵は非常勤の仕事はとられてしまうのがオチです。

だって、若くて経験も数年あるあなたです。
学校だって、フル活用したいでしょう。
結局、常勤講師の仕事しか見つからなくて、
やる仕事は同じで、待遇や保障が下がるだけ。
いいことないですよ。

あとね、校長に相談、すればいいじゃないですか。
相談したからって、辞めさせられるようなことはありません。
むしろ、今こんなに切羽詰まっている、
やめることも選択肢に入れているほど、悩んでいる、
そう訴えることで、
来年度の人事や校務分掌にきっと配慮があると思います。

校長が相談しづらい上司なら、
教頭や、他のベテランの先生や、尊敬する先輩の先生や、
自分が話しやすいと思う方に相談すればいいのですよ。

職員室では話しづらいでしょうから、
場所を変えて、
もしくは、
勤務終了後に、ちょっと相談したいことがあるからと、
(あなたのおごりで)お茶に行きませんか、と誘ってみればいいではありませんか。

教員は、真面目な人が多いのです。
ご存知の通り、一人で抱えて、悩んで、鬱になって、命を落とす人も少なくありません。

ホウレンソウが大事なのです。
報告、連絡だけではだめです。
相談しなければ。どんな小さなことでもね。

私は、新任のとき、この「相談」ができませんでした。
真面目な教員で、ちゃんと「報告」「連絡」はしていました。
けれど、未熟な自分が、忙しそうな先輩の先生方の手を煩わしてはいけないと遠慮して、
日々、学級経営や保護者対応について、一人で悩んで、結局答えは出ずに落ち込むばかりで、
失敗してばかりいました。
耐えきれずにトイレで泣いて、さぼっていると思われて怒られたこともあります。
家に帰っても、ご飯を食べる気力もなく、服のまま疲れで寝てしまい、
夜中に目覚めては持ち帰り仕事をし、ハローワークの求人ページを見てはその待遇の悪さにため息をつき、
明け方に少し寝て、睡眠不足のまままた出勤。
うまくできずに、精神的にも体力的にも疲れ果て。

今思えば、もっと相談すればよかったのです。
もっと、聞けばよかったのです。
そうすれば、ずっと一人で悶々と悩まなくてすんだのですから。

今は、分からないとき、悩んだときは、聞きますよ。どんな些細なことでも。
そして、「ありがとう」その一言があればいいのです。
後輩が同じように悩んだときに、こんどは自分が与える側になればいいのですから。

生徒指導で悩んでいるのはあなただけでは決してないし、
みんな、同じ道を通ってきているのです。

大丈夫、周りの先生に相談してみてください。
そして、異動してみて、今の場所から少し離れることも考えてみてください。

けれど、「やめる」ことは、最終手段にした方がいい。
自殺するか辞めるかなら、もちろん辞めた方がいいけれど、
他の選択肢も残されているのなら、まずは色々やってみた方が、
賢い生き方だと思いますよ。

小学校教員です。

中学校の先生って、とても大変ですよね。
部活による拘束時間と、生徒指導の大変さは、小学校の比較にならないと思っています。
もちろん、小学校は全教科教えなきゃいけないとか、担任が一人で抱え込みやすいとか、
中学校とは違う大変さもありますが、
精神的に参ってしまいやすいのは、やはり中学校ですよね。

辞めるのは、いつでもできます。

その前にできること(2,3,4)をやってみた方がいいと思います。
特に、小学校への異動、もしくは
中学校でも違う学校への異動をお勧めしま...続きを読む

Q教諭を退職。後悔ばかりです。

大学卒業後、小学校教諭をしていました。二年間働き、結婚を機に退職しました。現在26歳の主婦です。
小学校の先生になることももちろん夢でしたが、早く家庭を持って母親になることは、当時いちばんの夢でした。自分は母子家庭で育ちずっとさみしい思いをしてきたので、子どもができたらしばらくは専業主婦でいたいと思っていました。
なので、結婚したら寿退職するのが憧れだったんです。

また、それ以外に退職した理由も2つあります。
1つは、一年目の終わりに保護者対応のしんどさから軽い鬱状態になり、しばらく心療内科に通っていました。二年目は随分楽になり、退職する頃には仕事がとても楽しく感じられるようになっていましたが「この仕事は精神的に弱い自分には向いてない」という考えは変わらず、結婚を理由にして逃げるように辞めてしまったのも事実です。

2つ目の理由は、主人が転勤族で、いつ引っ越して仕事を辞めなければいけないか分からなかったからです。案の定、結婚・退職後2カ月で転勤が決まり、元職場から3時間ほどかかる場所に引っ越しました。

引っ越し後から子どもが欲しくて病院に通っていますが、重度ではないが不妊症であることが分かりました。現在も治療中です。

ところが退職して一年後の今春、再び主人の転勤が決まり、元職場の学校から電車で1時間ほどの場所に引っ越してきました。
一年でこちらに戻ってくるとはまさか思わず、教諭を辞めたことをひどく後悔しました。
欲しい子どももできず、毎日何をするでもなく家で過ごし、自分はいったい何をやっているんだろうと思います。
しばらく別居婚をして仕事を続けるべきだった、目の前の辛いことから逃げようとして辞めなければよかったと。上司や保護者に辞めないでとたくさん説得されたのに、その助言を聞き入れておけばよかったと。退職を選んだ自分が憎いです。せめて妊娠するまで続けておけばよかったと思います。

主人のことは大好きですし、先の見えない別居婚に耐えれたかは分かりません。仕事を続けていたらまた鬱が再発していたかもしれませんし、不妊症にも気づけなかったかもしれないし、この先もいつ転勤で引っ越すかはわかりません。ですから、実際教諭を続けるには、いろんな困難があったと思います。今から講師をやったり、採用試験を受け直す気力もありません。
それでも、思い出が美化されているだけなのか、あの頃は良かったと思い出しては泣いてしまいます。まわりの友達はバリバリ教師をやっている子ばかりなので、話を聞くと辛くてたまらなくなります。

最近何もやる気がおきず、ずっと家に引きこもりがちです。そのときも働いていればこんな風にならなかった…なんてくよくよ考えます。毎朝起きては絶望感でいっぱいになり、主人と話すことも難しくなりました。泣いては寝て、の繰り返しです。
ちなみに、心療内科にはもう一年ほど通っていません。薬も飲まなくなったので、できたら再度通うことはしたくないんです。

ただの自分のわがままだとは分かっていますが、なんとかして退職したことを自分の中でしっかり納得したいです。そして不妊治療にしっかり取り組んで、後悔せずに前に進みたいです。どうかアドバイスをお願いいたします。
長文になり、申し訳ありません。

大学卒業後、小学校教諭をしていました。二年間働き、結婚を機に退職しました。現在26歳の主婦です。
小学校の先生になることももちろん夢でしたが、早く家庭を持って母親になることは、当時いちばんの夢でした。自分は母子家庭で育ちずっとさみしい思いをしてきたので、子どもができたらしばらくは専業主婦でいたいと思っていました。
なので、結婚したら寿退職するのが憧れだったんです。

また、それ以外に退職した理由も2つあります。
1つは、一年目の終わりに保護者対応のしんどさから軽い鬱状態にな...続きを読む

Aベストアンサー

手放してしまうと、後悔するものです。
私も、昨年、仕事を辞めましたが、
ノルマも業務も厳しく、体を壊したことを、
「堂々と辞める理由ができた」とばかりに、嬉々として、退職しました。
でも、今になって、大後悔です。
試験を突破して、入ってからも、いろんな資格試験に挑戦してきたのに、
すべて無駄になった。
上司から勧められた通り、休職扱いにしておけばよかった、と。
私自身、そうなのですから、
ここで何を書いても、説得力はないのですが。
でも、leeeoooさん。
選んだ道は、間違ってはいなかったですよ。
ひとつの道を選ぶと、
それから後になって、選ばなかった方の、妥協案、解決策が見えてくるものです。
もし、教師を続けて、結婚当初から別居婚、を選択していた場合、
後悔はなかったでしょうか。
また、怖い保護者がいるクラスになっていたら、
クラスで問題が発生したら、
責任のある役を任されたら、
・・・いや、ご自身でも、書いておられますね。
思い出は美化されるものです。
この道しか、生きていくすべがない、というのに比べて、
選択肢があることは、幸せです。
そして、選んだ道は、いつも正解です。
失った物を数えるより、今の生活で得た物を数えましょう。
教師の道を手放した、leeeoooさんには、
そうしなければできなかったことをするチャンスができました。
生活のために、何か仕事をしなくてはならないのでなければ、
何か、時間や体に負担にならない趣味を始めてもいいですね。
家でできることがいいでしょうか?
サークルや同好会を探してみる。
地域の小学校や幼稚園で、読み聞かせのボランティアを募集していないですか?
ここのコーナーで、
「学校に行きたくない」という悩みを書いている10代の子がたくさんいます。
元教師で、心療内科にも通ったことのある、leeeoooさんなら、
その子たちに寄り添ったアドバイスができるかもしれません。
そういうところでも、力は発揮できます。
今の生活、可能性は無限ですよ。

手放してしまうと、後悔するものです。
私も、昨年、仕事を辞めましたが、
ノルマも業務も厳しく、体を壊したことを、
「堂々と辞める理由ができた」とばかりに、嬉々として、退職しました。
でも、今になって、大後悔です。
試験を突破して、入ってからも、いろんな資格試験に挑戦してきたのに、
すべて無駄になった。
上司から勧められた通り、休職扱いにしておけばよかった、と。
私自身、そうなのですから、
ここで何を書いても、説得力はないのですが。
でも、leeeoooさん。
選んだ道は、間違ってはいなかっ...続きを読む

Qずっと臨時講師として働くのはダメですか?

現在24歳です。
教育学部を卒業してから、今まで小学校で臨時講師として働いて来ました。

私自身、講師のままで働こうと思っていたのですが周りは「教員採用試験受けるんだよね?」と言ってきます。

やはり、この年齢でずっと講師として働こうという考えは浅はかでしょうか?

私自身、程度の聴力障害があり、それでは採用試験は中々厳しいと言われた経験もあり、講師の方が気持ち的に楽という思いもあります。

担任をしながら採用試験の勉強となると、私自身器用でなくどちらも中途半端になってしまうので、私としては担任の業務だけに集中して子供たちと接したいと思っています。

やはり、ずっと臨時講師として・・・というのはダメでしょうか?
甘い考え方だと思ってはいますが、意見をきかせてもらいたいです。

Aベストアンサー

>やはり、この年齢でずっと講師として働こうという考えは浅はかでしょうか?

 そうは思わない。
というよりも、教育業界全体を俯瞰すれば、質問者のような臨時教職員が非常に重要な存在である
”安定的な正規職員の方が、専業化することによって望ましい”という意見には一理あるが、適切な教員数確保の視座で、フレキシブルな雇用関係を形成できる臨時職員の存在が、教育行政にとっては大変ありがたい存在なのである
 
もっとも、個人の人生で思慮すれば、確かに世間的には「浅はか」という意見はあろうが、
当事者の価値観の問題であって、そのような生活であることに「満足」もしくは「納得」できればいいだけの話であろう

ただ思うに、
臨時教職員の中に非常に優れている人がいて、一定の責任を負わす(社会拘束する)ことが全体の利益になるケースは多い
質問者が「教員採用試験受けるんだよね?」と言われた意味が、単なる世間体を思慮しての話であるのか?という問題を感じる
つまり、”質問者を正規職員にして学校全体の利益を最大化しようという意図”があって「教員採用試験受けるんだよね?」(=採用試験を経てウチにはいりなよ、の意味)の可能性を一応示唆しておきたい。

>私自身、程度の聴力障害があり、それでは採用試験は中々厳しいと言われた経験もあり、講師の方が気持ち的に楽という思いもあります。
やはり、ずっと臨時講師として・・・というのはダメでしょうか?
甘い考え方だと思ってはいますが、意見をきかせてもらいたいです。

 質問者当人の意思が判然としない
本音では、『正規採用されたい』という願望があるのだろうか?

仮に”まだ自分では力量不足”と感じるのなら、周囲の教職員に相談するのがいいように思う

 これは小生の推測の域を脱しない見解だが、
質問者は、 「自分はまだ十分に教師として生きてゆく覚悟も自信も能力もない。」という認識であるならば、
それは、子女たちへの影響を踏まえての考えての見解であろうから、小生は、支持したい。

質問者はおそらくまだ教師としての力量不足を漠然と感じるからこそ、臨時を維持したいのだろう

 少なくとも
『担任をしながら採用試験の勉強となると、私自身器用でなくどちらも中途半端になってしまう』
という思慮ある見解、自己分析を出来る質問者はヘタな教師よりも望ましいと思われるので、その冷静さと「子女を第一義にしている教育姿勢」を維持しえる器量を含めて、現場維持でいい・・と思う

 ただ、やはり、「正規職員をめざすのか?」という課題については、一定の回答を用意する必要性はあるだろう・・・

>やはり、この年齢でずっと講師として働こうという考えは浅はかでしょうか?

 そうは思わない。
というよりも、教育業界全体を俯瞰すれば、質問者のような臨時教職員が非常に重要な存在である
”安定的な正規職員の方が、専業化することによって望ましい”という意見には一理あるが、適切な教員数確保の視座で、フレキシブルな雇用関係を形成できる臨時職員の存在が、教育行政にとっては大変ありがたい存在なのである
 
もっとも、個人の人生で思慮すれば、確かに世間的には「浅はか」という意見はあろうが、
当...続きを読む

Q教員と付き合っている方・教員と結婚してる方

 私の友達の悩みです。
 教員というのは素晴らしいお仕事だと思います。
 忙しい、とも聞きます。実際寝ないで試験問題を作ったり
 資料を作ったり忙しそうにしています。
 失礼な言い方になってしまいますが
 春休み・夏休み・冬休みは長いし
 サラリーマンと言われる職業とは違うと思います。
 友人の彼氏は私立女子高教員で6時までしか
 職場にいてはいけないそうです。
 彼女の会社は男性は遅くまで残って休みの日も
 仕事をしています。
 教員は世の中のことをあまりわからない。とか
 個性が強い。とか
 あまり良いことを聞かないのですが
 実際お付き合いされてる方とか結婚されてる方が
 いたらどんな感じか伺いたいなと思いました。

 失礼な質問であれば申し訳ありません。

Aベストアンサー

公立高校教員と職場結婚し、14年になります。子どもも2人います。
私も高校で仕事をしていますが、事務職員なので立場が違うので
教員を客観的に見ているつもりです。

私立高校だと異動(転勤のこと)がない(と思いますが)ので、
ウチみたいな公立高校回りしているのと比べれば、
そういう意味では世間は狭いのかな。
でも、世間の狭さは自分次第でどうにでもなると思いますよ。
プライベートで異業種の人たちと交流を持っている人も
たくさんいますよ。

また、部活動ではどの部の顧問になるか、その部が活発に
活動しているか、などでも違ってきます。
学校には校長・教頭・教諭等が大まかな構成ですが、
教諭のなかでも分掌(部署のようなもの)があり、その長に
あたっているとかでも忙しさは違ってきます。
その学校が進学校で補習授業があるとか、生徒指導が
大変な教育困難校であるとか、ほんと、学校によって
様々な事情があります。

また、夏休みなどの長期休業だって、上に述べたことがらによって
人により様々です。
授業のために生徒がきているときと違い、休みやすい環境に
あるというだけで、実際はクーラーもない職員室で仕事している
人もいるのです。
あと、春休みはほとんどの人が忙しいです。
年度末・年度始めで生徒も職員も大きく人の異動があるので。

長くなりましたが、「教員」とひとくくりに見ないで欲しいな、
と思います。
私は5つの学校を20年かけて回ってきましたが、実にいろいろな人がいますよ。
お悩み中のお友達に伝えてください。彼にとって妻となる人までが、
教員という眼鏡で常に見ているのではかわいそうだと思います。
どうか、彼自身を見てあげて欲しいなと思います。

公立高校教員と職場結婚し、14年になります。子どもも2人います。
私も高校で仕事をしていますが、事務職員なので立場が違うので
教員を客観的に見ているつもりです。

私立高校だと異動(転勤のこと)がない(と思いますが)ので、
ウチみたいな公立高校回りしているのと比べれば、
そういう意味では世間は狭いのかな。
でも、世間の狭さは自分次第でどうにでもなると思いますよ。
プライベートで異業種の人たちと交流を持っている人も
たくさんいますよ。

また、部活動ではどの部の顧問になるか...続きを読む

Q小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いたざしてみたのですが、こども大好きだし結構向いているのではないかと思います。逆に自分自身、中高と部活動をやってなかったので、中高教員になって顧問になって指導したい!という気持ちも特にありません。今年で23歳になることもあり、大学編入卒業後、一度で採用試験に合格したとしても25歳。通信制の卒業は通学生よりもはるかに難しいと聞きます。とにかく早く教壇に立ちたい気持ちと、生活を安定させたい気持ちを優先すれば、小学校教員を目指すべきなのかなと思っております。しかし、もしそれでも小学校採用試験に受からなくて、その道を諦めてしまった場合、地歴などの専門科目を持っていれば塾講師などで道が開けますが、小学校の免許(教育学部)では他の道が見つからないんじゃないかと不安です。そんなこんなで、小学校教員、中学校教員、高校教員どれを目指せばいいか迷っています、というか悩んでます。いずれにせよ、人にわかりやすくものを教えることや、面倒を見ることが大好きで、一分一秒でも早く教壇に立ちたいです。アドバイス等ありましたら、よろしくお願いいたします。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いた...続きを読む

Aベストアンサー

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
休んだり、忙しいときには仕事をしたりと時間を自由に使えるところが多いかと思います。
また、放課後も部活等がないため、会議さえ終わればあとは教材研究なり
自分の仕事なりに使えることも結構うれしいです。

対してデメリットは、
1、保護者・地域・他の教員との連携が不可欠
→理解のある親御さんばかりならいいのですが、理不尽なことを要求される親御さんも
結構おられます。中学校や高校と比べ、小学校は保護者との関係にも気を使わなくては
学級経営がうまくいかないというのはきつい点だと思います。

2、すべての教科を見る
→先の回答者様もおっしゃっていましたが、小学校だと全教科の教材研究が必要です。
すべての教科が得意です、というのならいいのですが、
音楽など(私の場合)、一部苦手とするような教科の授業準備をするのは
割としんどいですね・・。

中学校のメリットとしては、
1、好きな教科を教えられる
→好きな教科を何年も教えられるのですから、教材研究にも楽しく向かえますし、
授業のモチベーションも高いです。

2、子どもの人生に関われる
→小学校では「躾」という観点から、「指導」するということが多くなってしまいますが、
中学校の場合は、指導に加えて、「相談される」「一緒に考える」といったことが
多くなるかと思います。相手も大人になりかけの人達なので、
一緒に笑ったり泣いたりということはかけがえのない時間となるのではないでしょうか。

中学校のデメリットとしては、
1、時間がない
→若手の教員ならば、ほぼ部活を持たされるかと思います。そうなると、放課後の部活や
土日の部活は顧問として見なくてはなりません。週の休みは1日というのがほぼ1年続きます。
また、夕方から夜にかけて、どこどこで暴力行為があって警察署まで来てほしい、
といった生徒指導に関することがちょくちょく入るようです。
日中、授業が入っていなくて自分の仕事をする時間にも、問題のある生徒を見たり
脱走した生徒を探したりすることがよくあるようです。
そのため、学校ではなくてもできる仕事は、家に持ち帰ってやるはめになることもあるようです。

まだまだメリットデメリットはあるかと思いますが、
採用されてからはこのような感じかと思います。

塾での採用は教員免許の有無とは関係のないところも多くありますし、
採用された後のことをお考えの上でどの免許を取得されるかお決めになったら
いいのではないかなと思います。

質問者様はとっても熱意のあるいい先生だと思います。学校現場でお待ちしております。

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
...続きを読む

Q私は教師を続けて良いのでしょうか?

20代男です。
今、私は高校の教師の仕事をしています。4月から2年目になります。
しかし、同僚の先生方とお話しする場をもつ度に、教師でやっていく自信がなくなります。

人より悪い人間だとは思いませんが、多数決で支持が得られるような人間ではないと思っています。
人より深い考えをもち仕事をできるとは思いますが、生徒が聞く姿勢になるような教師ではないと思っています。

最近は、クラスによっては、授業が成り立たないところもあり、反抗的な態度を取る生徒が多いです。
やはり1学期、2学期、3学期と、どんどん授業態度が悪くなっていきます。

生徒や保護者からも苦情が出でおり、教頭先生から話を聞かれました。その時は、教頭先生は「問題ない」とおっしゃっていました。
しかし、他の先生からは、私の指導に問題があると噂されているようです。

他の先生とのコミュニケーションでも、指導教科などの接点がない先生方とは、あまりコミュニケーションが取れませんでした。年配の先生となると、向こうから話しかけていただけると話せるのですが、接点がない先生にはなかなか自分から話すことができません。
若手の先生との間でも、自分はうまく溶け込めているような気がしません。
どの先生も、前職や指導教科などの肩書は気にしますが、私の中身には興味がないといった感じです。

見た目は、髪の毛はやや長めで、髪を軽く茶色に染めることもあります。
教師の仕事をする前に勤めていた職場や学生時代、見た目についてバカにされることが多かったので、とても気にするようになりました。
教師を始めてからは、逆に生徒からルックスの良さを言われることが多くなりました。
それでも、今度は髪の長さや色が不適切だと、他の先生から言われるようになりました。
(私自身は、鏡のうつる自分を見ることさえ嫌な時があり、短髪にするのは不安です。)

参考までに、自分から見た私の長所、短所を書きます。

私の長所
・人より優しいと思う
・思慮深いと言われる
・人より道徳心がある
・話しかけやすいらしい

私の短所
・対人関係に不安を覚えることが多い
・厳しい生徒指導が苦手(生徒からナメられやすい)
・人の考えを押し付けられるのが苦手
・リーダーシップがない
・頭の回転が遅い
・少しのことで動揺してしまう

ちなみに現在の職場は、就職する生徒が多いところで、生徒指導が大変な方だと思います。
私自身は、生徒がおとなしい進学校出身で、イメージに相当な差がありました。


まとまりのない文章で申し訳ありません。
私みたいな教師は不要でしょうか。やはり実務能力(指導力等)がなければ、中身を見る前に教師からも生徒からも見下されてしまうのでしょうか。
みなさんのアドバイスをお聞かせください。よろしくお願いいたします。

20代男です。
今、私は高校の教師の仕事をしています。4月から2年目になります。
しかし、同僚の先生方とお話しする場をもつ度に、教師でやっていく自信がなくなります。

人より悪い人間だとは思いませんが、多数決で支持が得られるような人間ではないと思っています。
人より深い考えをもち仕事をできるとは思いますが、生徒が聞く姿勢になるような教師ではないと思っています。

最近は、クラスによっては、授業が成り立たないところもあり、反抗的な態度を取る生徒が多いです。
やはり1学期、2学期、3...続きを読む

Aベストアンサー

 がんばっておられる様子、ちょっと安心しました。
 回答が来た旨の連絡はもらっていたのですが、出張中で返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。
 
 とにもかくにも、講師を続けておられるということは、まだ教師になりたいという志を捨てずにいるということですね。とてもうれしく思います。
 
 確かに、私立学校の労働環境は、一部を除いては大変だということを聞いております。さらに言うと、公立学校の採用状況や倍率もとても厳しいですよね。だから、軽々にアドバイスをすることがあなたにとって有益なことなのかどうか、自信がないところもあります。
 でも、そういう厳しい労働条件でも自分の志や夢を持ってがんばったり、受験じ挑み続けたりすることは、仮にあなたが何年か後に別の進路を選択したとしても、なにかの形で生きてくるんだと思います。
 私の若い友人たちも、先の保証のない講師の立場でも、毎日の授業や部活動や生徒指導に汗を流している人が何人もいます。
 実は、現場でがんばってくれる講師ほど、勉強時間が削られるので一次試験で思うように点を取ることができず、二次試験にすら進めないという現実も見ています。
 
 こんな言葉しか言えないのが残念ですが、がんばってください。いつか、いいニュースをけることを期待しています。

 がんばっておられる様子、ちょっと安心しました。
 回答が来た旨の連絡はもらっていたのですが、出張中で返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。
 
 とにもかくにも、講師を続けておられるということは、まだ教師になりたいという志を捨てずにいるということですね。とてもうれしく思います。
 
 確かに、私立学校の労働環境は、一部を除いては大変だということを聞いております。さらに言うと、公立学校の採用状況や倍率もとても厳しいですよね。だから、軽々にアドバイスをすることがあなたに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング