今年3月に会社を退職しました。
今年度会社の給与から天引きされていた住民税は毎月4600円ずつでした。
退職後の住民税の支払いはどうなるのだろうと思っていたのですが、
今日、9月5日付けで「平成19年度市民税・県民税納税通知書」が届きました。
同封されていた通知書は以下の通りです。

■随時月―納期限平成19年10月1日 45600円
■第2期―納期限平成18月31日 *既に期限が過ぎているため
「この納付書で納めて頂く税額がないため、この納付書は使用しません」
 と書かれてあります。
■第3期―納期限平成18年10月31日 45000円
■第4期―納期限平成19年1月31日 45000円

総合計額は135600円です。


質問です
★3月まで勤めていた会社で支払っていた住民税は月々4600円。
 今回通知が来た住民税の総額が135600円。
 12で割ると月々11300円です。
 4600円が一気に倍以上の11300円になったのはなぜでしょうか。

★給与からの天引きでない場合、通常は4期に分けての支払いになる
はずですが、私の場合は「第2期」の分が既に支払い期限が過ぎて
いるため4分割ではなく3分割になってしまっているのでしょうか。

★「随時月」と「第3期」の締め切りに間があまりないため、実質10月中
 に合計9万も支払うのはとてもキツいのですが、これはもうどうにも
ならないことなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

高い理由は


所得税と住民税の割合が今年の6月から変わったせいです。
同じ年収なら合計の税額がほとんど変わらないようになる設定で所得税が今年の1月から減税されています。そして6月から住民税があがりました。だいたい2倍くらいになっているのが正解です。
これは地方への税源委譲の一環なので仕方ないですね。

ただし、今年の退職された方は、所得税減税の恩恵がすくなるなるので、若干損した形になってしまいます。

第一期の分は3月までに会社で収めているので、その収めた分を減算して残りの分を3期に分けて収納するようになっているのだと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速のご回答、どうも有難うございます。
6月から住民税が上がったことは知っていましたが、それの影響が大きい
のですね。
3月まで勤めていた会社の給与明細を見直したところ、確かに今年の
1月から所得税が1/2くらいになっていました。
結局、プラマイゼロになっているってことなのでしょうかね。

ご親切にお答え下さって本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/09/06 21:46

質問者の方のように退職等で収入がなくなったりあるいは少なくなって、所得税の引き下げの恩恵に被れず住民税の引き上げの影響だけを受ける方に対して「税源移譲時の年度間の所得変動に係る経過措置」があります。


下記を参考にしてください。

http://www.city.fukagawa.hokkaido.jp/web/section …

19年1月1日現在の住所所在地に申告するのですから(申告そのものは来年です)、市区町村の役所に問い合わせてみたほうがいいですね。
しかし対象者の条件を見るとわかりますが、収入そのものは大幅に減っても非課税のラインを少し超えた程度でもあれば、この措置は受けられないというセコイ制度ですので気を付けてください。
ちなみにあまりこのことはPRしていないみたいだし、しかも申告期間が来年の7月の1ヶ月しかないということです。
これじゃ殆どの人が知らないで過ぎてしまうのではないでしょうかね、結構それが狙いだったとしたらやはり政府もセコイですね。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなりまして申し訳ございません。
知識不足な私にアドバイスを下さりありがとうございました。
このような制度があることは知りませんでしたので大変助かりました。
深刻期間が1ヶ月間のみというのも短いですね。
来年の7月を忘れないようにしておこうと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/09/15 19:55

ご参考まで



今年度から実施されている所得税の住民税への税源移譲に対する経過措置として、
今年の住民税に税源委譲前の税率を適用してもらうことができます(退職の場合)。

具体的には、今年の請求額は一旦納税して、来年7月に自治体に申請して差額の
還付を受けることになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなりました。申し訳ございません。
アドバイスありがとうございました。
この制度は来年の7月、1ヶ月間のみの受付のようですね。
検討してみようと思います。

どうもありがとございました。

お礼日時:2007/09/15 19:52

ちにみに、あなたのお住まいの市区町村は、9月末に随時期を設けてくれてるだけ親切です。

最終納期の1月までは、6・8・10・1月の通常納期にあわせて納期回数設定を行う市町村が多いです。つまり、8月納期設定が不能であれば、10・1月の2回の納期設定を行うのみで、随時期を間に入れるところは珍しいと思います。


ANo.1>第一期の分は3月までに会社で収めているので、

課税年度が異なります。
特別徴収は6月から翌5月。今年3月までの納入はH18年度分。H18年度分は3月退職ということで、通常であれば一括徴収で完納となっているはず。

Ano.3>年末調整でいつもより多く還元されませんでしたか?

H19年の年末調整はまだ実施されてません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

随時期を設けてくれただけまだマシということなのですね。
2回で支払うなんてことは求職中の身には到底無理なので、
まだありがたいと思わなくてはいけませんね。
ちなみに横浜市在住です。

>H18年度分は3月退職ということで、通常であれば一括徴収で完納となっているはず。

最後の給与明細を見直したところ、「調整」という名目で16330円を
マイナスされていました。
これが平成18年度分、一括徴収の残りの額ということだったのかもしれませんね。

お礼日時:2007/09/06 22:24

>4600円が一気に倍以上の11300円になったのはなぜでしょうか。



住民税の税率が5%(課税所得200万円以内分)→10%にあがったからです。
そのぶん、H19年1月から所得税が10%→5%(課税所得195万円)と下がっています。

>通常は4期に分けての支払いになるはず..

3月の退職の届け出が遅れたためと思われます。

>実質10月中に合計9万も支払うのはとてもキツいのですが、これはもうどうにもならないことなのでしょうか。

納期設定的にはどうにもなりません。地方税法及び条例で定められています。
納付困難であれば、納税担当と分割納付の相談をしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

chikarakun様、初心者の質問にお答え下さってどうもありがとう
ございました。
住民税の税率が6月から一律10%に上がったことが影響していると
いうことですね。所得税は確かに半分になっていました。

退職後、住民税の納付通知書が届くのが遅いなと思っていたのですが、
前の職場が退職の届け出の手続きをすぐに行わなかったからなのですね。
1回の額が多いことは、現在無職の自分にとってとてもつらい現実です。

分割納付については区役所に相談しに行こうと思っています。


どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/09/06 22:15

今年から税源移譲で住民税があがったんですよ。

国に納めていた税金の使い道を国から地方へと移譲したのがきっかけです。
よって所得税がさがっているはずです。年末調整でいつもより多く還元されませんでしたか?
住民税は昨年度の年収から計算されます。

在職中は特別徴収といって毎月給与から天引きされていますが、離職されると残念ながら普通徴収といって1年を4期にわけて支払わないといけません。(地方税法と条例に基づく)転職されるなら特別徴収の方法で手続きができるとおもうのですが、詳しくは役所に相談されてはいかがでしょうか。

3番目については無職、低収入等の理由があれば役所で相談されるといいと思います。
私も6月末に退職、翌月から転職しましたが、8月末迄の支払期限分を1週間前に届いたので在職中につき、銀行にお金をおろしに行く暇がないから口座振替手続きの猶予あるいはもう少し期限を延ばしてくれと頼み、1ヶ月延ばしてくれました。
一度に9万円はきついですよね。その点は相談の余地があると思いますのでできるだけ早く役所に電話、窓口訪問などで相談されるといいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

sally37様、親切にお教え下さってどうも有難うございました。
所得税は確かに1月から半分程の額になっていました。

今月中に次の仕事が決まりそうなので、正式に入社したら給与天引き
の形に戻せるかもしれませんね。
役所か会社の経理の方に相談してみようと思います。

無事に転職が決まったとしても、最初の給料が入るまで日が空くので
10月の9万の支払いがとっても厳しいです。
この件も役所に相談してみようと思います。

お礼日時:2007/09/06 22:08

住民税は前年度の所得で計算します。


おまけに小泉改革の余禄で源泉税額の引下げと住民税額の引上げが
今年から始まりました。

アバウトですが、源泉税は半額に、住民税は倍額ですから、
だいたい計算はあっているような感じです。

今年、退職した人や年金暮らしの人には、酷な税割合の変更ですよね。

納付に関しては、市役所に相談に行ってくださいとしか、いいようが
ないのですが、
せめてもう少し分割納付が可能になればいいのでしょうが。。。

年金暮らしの人が「殺す気か」と包丁を持ち出した事件がありましたが、
まさしく原因はこれです。短気を起こされませんように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご回答どうもありがとうございます。
前職場の給与明細を見直したところ、所得税は今年の1月から半分
くらいになっていました。
プラマイゼロなのかもしれませんが、退職後、転職活動中のフリーター
の身にはとてもつらい額です…。

市役所に相談する手もあるのですね。
取り合ってくれないかもしれませんが、相談しに行ってみようと思います。

ご親切にお答え下さって本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/09/06 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職時の挨拶メール

こんにちは。
会社を7月31日で退職することになり、お客様に挨拶メールを出したいのですがその前に有給消化が残っています。
7月21日から出社しなくなるのですが、お客様に退職の挨拶メールをいつ出すかのタイミングがわかりません。
実際は退職日に出すのだと思いますが、そうすると21日から31日までの間に会社に連絡があるかもしれません。
そのため、20日には出すのが普通なのでしょうか?
それとも退職をする31日にメールを出すのが普通でしょうか?

また、社内でも挨拶をしようと思っていますが、20日に挨拶+菓子折りで、31日に改めて挨拶をしに出社する必要はあるのでしょうか?
もしくは、20日は簡単な挨拶で、31日に菓子折りを含めた改めた挨拶をしたほうがよいのでしょうか?

検索をしたのですが有給に絡む質問が載ってなかったので質問させてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

挨拶状は、普通、退職後に出します。メールなら手間がかからないので、最終日で良いでしょう。ただし、メールだと会社の備品を使うわけですから上司が社としてどう考えているか聞いておいたほうがいいでしょう。退職挨拶など不要と考えているかもしれませんし、後任に挨拶に行かせるって約束だってできませんし、今までのお礼をするくらいでしょう。
社内は、31日に菓子折りもっての挨拶で良いと思います。

Q住民税の給与天引きについて

10月31日付けで退職し、11月下旬に新しい会社に勤務し始めたのですが、本日「第4期分」の住民税の納税通知書が郵便で届いておりました。
これは厚生年金や社会保険(切り替え手続き済みです)と同じように会社で給与天引きしてくれるもので、通知書は無視してもよいものでしょうか。また給与天引きしてくれるのであれば、この通知書は会社に渡したほうがいいのでしょうか。
前回転職した時は新しい会社ですべて手続きしてくれたような気がするのですが、かなり前の出来事なので自信がありません。
ご存知の方、教えてください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

住民税の、年度途中での給与からの天引き(住民税の天引きを「特別徴収」という)は、勤め始めてすぐに自動的に給与からの天引きが始まる所得税や年金・社保とはちがい、会社によって対応が違います。
給与か経理の担当に、やってもらえるかどうか確認されるのが間違いないと思います。

もし中途での特別徴収ができないということであれば、今回のみは納付書で納付しなければなりません。前の職場での給与から徴収しきれなかった分について納付書が送られてきているので、額は結構多くなっているのではないかと思います。もし一括での納付が難しければ、役場に問い合わせれば分割納付の相談に応じてくれるはずです。
…ただ、この場合、延滞金の計算は進んでしまうため、税額や分割回数によっては後で延滞金を請求される可能性もありますので、ご注意ください。

住民税の特別徴収は行っている会社のようですので、来年度の住民税は6月の給与から特別徴収が始まることになると思います。
(住民税の特別徴収は、6月~翌年5月が一つの年度として扱われる)
不安であれば、一応担当者に来年度の住民税の特別徴収はどうなるか確認されると良いかと思います。

住民税の、年度途中での給与からの天引き(住民税の天引きを「特別徴収」という)は、勤め始めてすぐに自動的に給与からの天引きが始まる所得税や年金・社保とはちがい、会社によって対応が違います。
給与か経理の担当に、やってもらえるかどうか確認されるのが間違いないと思います。

もし中途での特別徴収ができないということであれば、今回のみは納付書で納付しなければなりません。前の職場での給与から徴収しきれなかった分について納付書が送られてきているので、額は結構多くなっているのではないか...続きを読む

Q退職時の挨拶メールについて。

退職時の挨拶メールについて。
英語に翻訳お願いできませんでしょうか。


この度、X月末で退職させていただくことになりました。本日が最終出社日になります。
お世話になりました。

XX年X月末に入社し、約X年半の間、主に□□□関係の業務の仕事をさせていただきました。
本日までに業務で関わった関係部署の方々には、
ご迷惑をおかけしたことも多かったと思いますが、
いろいろとサポートしていただき、支えていただき、本当に感謝しております。

お世話になった全ての方々に直接お伺いして、ご挨拶申し上げるべきところですが、
略儀ながら当メールをもってお礼方々ご挨拶申し上げます。

今まで本当にありがとうございました。
最後になりましたが、皆様のご健康、ご活躍をお祈りしています。

Aベストアンサー

===============================================
I will be retiring from <<会社名>> at the end of <<X月, April, May など>>. Today is my final day at the office.

I joined the company in <<XX年X月 例:August 2002>> and have now worked here for <<X>> and a half years, working mostly on work related to □□□ and other business affairs. I'm sure I have caused a number of problems for all those I have worked with in the past, and I am very grateful for all the support you have provided to me over the years.

If it were possible I would have liked to contact each and every person whom I have worked with in the past, but there are far too many of you and so I have decided to send this mail out to thank everyone instead.

Thank you very much for everything.
I hope that everyone stays well and wish you all the best of luck in the future.
===============================================

===============================================
I will be retiring from <<会社名>> at the end of <<X月, April, May など>>. Today is my final day at the office.

I joined the company in <<XX年X月 例:August 2002>> and have now worked here for <<X>> and a half years, working mostly on work related to □□□ and other business affairs. I'm sure I have caused a number of problems for all those I have worked with in the past, and I am very grateful for all the support you have p...続きを読む

Q住民税の給与天引きについて

こんにちは。
今年の5月に会社を退職し、6月から新しい会社に再就職をした場合なんですが、昨年1月から12月分までの住民税を新しい会社の給与から天引きはせず、普通徴収で納めることは理解しているのですが、今年1月から12月までの住民税は、新しい会社の、来年6月の給料から天引きされるのでしょうか??
新しい会社の人に聞いたところ、天引きになるのは、再来年の6月からだということだったのですが…。(来年の1月から12月までの所得税を再来年の6月の給料から天引きということらしいです…)
自分なりに調べたのですが、来年の給料から天引きだと思っていたので、どうなのでしょうか…??

Aベストアンサー

H21.1月~H21.12月までの給与支払いについて、H22.1月末までに賦課市町村に給与支払報告書を提出します。
賦課市町村は給与支払報告書等課税資料をもとに課税計算し、特別徴収該当者については、H22.5月中に給与支払者(特別徴収義務者)にH22年度(H22.6月分~H23.5月分)の住民税の税額を通知します。
給与支払者(特別徴収義務者)は通知のあった税額を天引きし当該月の翌月10日までに納入します。
よって、あなたの理解が正しいです。

Q他部署への退職挨拶メール(退職後はあり?)

社内の他部署(私は米国社勤務ですが、この部署は日本の本社。業務上、私はメインキャラではないなりに、付き合いありました)への退職の挨拶メールですが、退職後に送るのはありでしょうか?

いま思えばしておけば良かったのですが、今後復帰するかもしれないという話があり、諸々考慮し最終日にしなかったのです。社長と自分の部署にはして、お菓子も持っていきました。他のもっと付き合いが長かったもう一部署(日本)にはメールしました。

『諸々考慮し』というのは、うちの会社は何も言わずに逃げて(いわゆるばっくれ…というやつです)また戻ってくる人もいるようなところで、下手に退職の挨拶をして復帰した時に『え?』と思われるよりは、という判断でした。

自分のような立場の人で、他部署で挨拶せずに辞めていった人も2人ほどいます。
(…が、いま思えば関係のあった人にはしたのかもです。)

最終日は4日前だったのですが、今からでもしたほうがいいでしょうか。
会社のメールにアクセスするのも非常識なので、個人メールからになりますが…

いい年して、バカな失敗をしてしまいましたが、何かアドバイスがあったらお願い致します。

社内の他部署(私は米国社勤務ですが、この部署は日本の本社。業務上、私はメインキャラではないなりに、付き合いありました)への退職の挨拶メールですが、退職後に送るのはありでしょうか?

いま思えばしておけば良かったのですが、今後復帰するかもしれないという話があり、諸々考慮し最終日にしなかったのです。社長と自分の部署にはして、お菓子も持っていきました。他のもっと付き合いが長かったもう一部署(日本)にはメールしました。

『諸々考慮し』というのは、うちの会社は何も言わずに逃げて(いわ...続きを読む

Aベストアンサー

止めときなはれ!
えっ!とビックリされる前に

おんどれ!何会社のメアド持って帰っとるんじゃい!
明らかな情報漏洩やんけ!どないしてくれるんじゃい!

と怒られま!

Q給与天引きの住民税はどうやって計算されているの?

サラリーマンは給与から住民税を天引きされていますが、住民税って、前年の所得を元に計算されていますよね?

そこで、素朴な疑問なのですが、

(1) 前年まで無職、または別な企業で働いていて、今年から転職した場合、住民税はどうやって計算しているのでしょうか?会社の給与担当者が役所に問い合わせて、○○さんの前年の所得を教えて下さい、みたいにして計算しているのでしょうか?

(2) ずっと一箇所の会社で働いていても、たまたま前年に副業をして、所得が増えたとした場合(2ヶ所の源泉徴収票を持って今年の3月に確定申告を済ませた場合)、当然今年収める住民税は増えるはずだと思うのですが、それに関してはどうやって税金は計算されていて、どうやってどこで住民税を納めるのでしょうか?或いは、会社というのは、副業をして所得が増えている事がわかって、その分も考えて給与から天引きするのでしょうか?

(3) (2)と似ていますが、会社の年末調整では申告しなかった医療費控除や生命保険料控除、株の損失などを、個人で3月に確定申告して前年の所得を再計算して所得額が減った場合、所得税はそこで計算して還付されるのでいいのですが、住民税はどうやって計算されるのでしょうか?すみません、(2)とほとんど同じ質問ですね。要は、会社はどうやって住民税の天引きを計算しているかって事なんです。

宜しくお願い致します。

サラリーマンは給与から住民税を天引きされていますが、住民税って、前年の所得を元に計算されていますよね?

そこで、素朴な疑問なのですが、

(1) 前年まで無職、または別な企業で働いていて、今年から転職した場合、住民税はどうやって計算しているのでしょうか?会社の給与担当者が役所に問い合わせて、○○さんの前年の所得を教えて下さい、みたいにして計算しているのでしょうか?

(2) ずっと一箇所の会社で働いていても、たまたま前年に副業をして、所得が増えたとした場合(2ヶ所の源泉徴収票を...続きを読む

Aベストアンサー

>(1) 前年まで無職…

前年までって、2年も 3年も前のことは関係ありません。
前年が無職無収入なら、住民税は発生しません。

>または別な企業で働いていて、今年から転職した場合…

前年に課税されるだけの所得があったのなら、転職の有無にかかわらず課税されます。

>会社の給与担当者が役所に問い合わせて…

会社が住民税額を決めるのではありません。
市役所が会社に、△△さんの分はこれだけ天引きしてくださいと言ってくるのです。

>当然今年収める住民税は増えるはずだと思うのですが、それに関してはどうやって税金は計算されていて…

計算方法の詳細を知りたいのですか。
それなら某市の例、
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan
ただ、「均等割」の額だけ自治体によって異なることがあります。

>会社というのは、副業をして所得が増えている事がわかって、その分も考えて給与から天引きするの…

ただ確定申告をしただけなら、本業から天引きされます。

副業が「給与」でなければ、確定申告の際に第2表の下のほうで、「自分で納付」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h22/01.pdf
にチェックマークを施しておけば、副業分だけ自宅に納付書が届きます。
その納付書を持って銀行などー払いに行きます。

>医療費控除や生命保険料控除、株の損失などを、個人で3月に確定申告して前年の所得を再計算して所得額が減った場合…

確定申告のデータ化そのまま市役所の回され、翌年分の住民税に反映されますので、特に気にしないでかまいません。

>要は、会社はどうやって住民税の天引きを計算しているかって…

会社は市役所に言われるままです。

>(1) 前年まで無職…

前年までって、2年も 3年も前のことは関係ありません。
前年が無職無収入なら、住民税は発生しません。

>または別な企業で働いていて、今年から転職した場合…

前年に課税されるだけの所得があったのなら、転職の有無にかかわらず課税されます。

>会社の給与担当者が役所に問い合わせて…

会社が住民税額を決めるのではありません。
市役所が会社に、△△さんの分はこれだけ天引きしてくださいと言ってくるのです。

>当然今年収める住民税は増えるはずだと思うのですが、それに関し...続きを読む

Q【急】退職挨拶メール

退職挨拶メールを午後に送ることになりました。
過去の質問・HP等で調べたのですが、合っているか、ビジネスマナーに反していないか、見ていただきたいと思います。間違っていれば教えていただきたいと思います。

ポイントは3つあります。

(1)
これはお客様用の社外メールです。
先に電話で課長クラスの方に伝えてあり、その方を含め、他の方にも送ります。

(2)
『退社を決意いたしましたのも急なことであり、今後につきましては未定の状態です。』の一文を入れたくない。退社決意は急ではなくて、今後についても教えたくない。やはり今後の予定について入れるのが一般的ですか?

(3)×月1日か2日に訪問することになっているが、相手の都合上どちらかはっきりしていない。

------------------------------------------------
いつも大変お世話になっております。
△△です。

突然のご報告で恐縮ではございますが、
このたび私、つきましては×月×日を持ちまして、
株式会社○○を退職させて頂く事になりました。

退職に伴いご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
なにとぞよろしくお願いいたします。

●●部長には入社以来お世話になり、
深く感謝申し上げますと共に、ご懇切なご指導ご鞭撻賜りましたこと、
あらためて厚く御礼申し上げます。

×月1日か2日に一度退職のご挨拶に伺わせていただきます。

終わりに貴社ならびに皆様のなおいっそうのご発展をお祈りし、
ご挨拶にかえさせていただきます。

-------------------------------------------------

退職挨拶メールを午後に送ることになりました。
過去の質問・HP等で調べたのですが、合っているか、ビジネスマナーに反していないか、見ていただきたいと思います。間違っていれば教えていただきたいと思います。

ポイントは3つあります。

(1)
これはお客様用の社外メールです。
先に電話で課長クラスの方に伝えてあり、その方を含め、他の方にも送ります。

(2)
『退社を決意いたしましたのも急なことであり、今後につきましては未定の状態です。』の一文を入れたくない。退社決意は急ではなくて...続きを読む

Aベストアンサー

いつも大変お世話になっております。
△△です。

突然のご報告で恐縮ではございますが、
私こと、このたび×月×日を持ちまして、株式会社○○を退職させて頂く事になりました。
在職中は格別のお引き立てにあずかり、誠に有難うございました。
今後ともご指導下さいますようお願いいたします。

●●部長には入社以来お世話になり、
深く感謝申し上げますと共に、ご懇切なご指導ご鞭撻賜りましたこと、
あらためて厚く御礼申し上げます。

×月1日か2日に退職のご挨拶と後任□□と、伺わせていただきたいと思っております。

貴社ならびに皆様のなお一層のご発展をお祈り致します。
まずは書面にて、ご挨拶させて頂きます。

-----------------------------------------------------
少し変えてみました。
(1)後任者を明確に
(2)まずは、挨拶まで・・・。後日会って話せばいいのですからお礼など細々は特にいらない。
(3)「ご挨拶にかえさせていただきます。」の締め言葉は、挨拶に行かない人に使えばいいかと。

いつも大変お世話になっております。
△△です。

突然のご報告で恐縮ではございますが、
私こと、このたび×月×日を持ちまして、株式会社○○を退職させて頂く事になりました。
在職中は格別のお引き立てにあずかり、誠に有難うございました。
今後ともご指導下さいますようお願いいたします。

●●部長には入社以来お世話になり、
深く感謝申し上げますと共に、ご懇切なご指導ご鞭撻賜りましたこと、
あらためて厚く御礼申し上げます。

×月1日か2日に退職のご挨拶と後任□□と、伺わせていただきたいと...続きを読む

Q退職時の住民税(給料天引き)について

転職により12月20日付けで退職します。
給与は20日〆25日払いです。
新会社は1月1日付入社です。

住民税ですが、経理の担当者より
(1)国(市?)から半年分づつ請求がくる。
(2)よって、半年分(約8万円)を12月給料から天引きする。
(3)次の会社は半年間住民税は給与から引かれない。
と、言われました。

こんなことはあるのでしょうか?
住民税の仕組みが良く分からないので混乱しています。
ご存知の方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>(1)国(市?)から半年分づつ請求がくる。
小規模の事業所の場合、半年に1回、住民税を納めることができます。それをこのように言っているのかも知れません。請求は1年分5月に来ています。

(2)(3)については、退職時に天引きされる住民税が12月から来年5月分までであることを確認して下さい。だから、次の会社で天引きされないのは当り前なのです。支払済みですからね。

貴社の担当者さんには、当り前のことは当り前に説明してほしいですね。

Q退職の挨拶メールを出す前にメールがきた場合

月1ペースぐらいでしか会う機会がない他県の支店にいる会社の人からお疲れ様でしたというメールがきました。
こちらからメールする前にきたメールに対してどのように返事をすればよいのかわかりません。
締めの言葉を教えてください。
一斉送信ではなくその方に個別メールをする予定です。

Aベストアンサー

こんにちは


お心遣い大変うれしく存じました。
これから○○さんのこれからの活躍をお祈りしております。
気にかけていただき感謝申し上げます。

間柄が判りませんので、このような感じで如何でしょうか?
ご参考になれば幸いです。

Q住民税、会社で天引きされません

住民税が会社で給与から引かれないため、毎年申告手続きを取らないといけません。

今回、家を新築して借入があるので、住宅控除を受ける予定です(借入残高は約1900万)。その際、源泉徴収を添付しますが、控除額が約7万円となっていて、e-Taxで申告書を作成すると還付額が控除額の約7万となります。本来、借入残高の1%が戻ってくると聞いたのですが、少ない気がします。これは住民税が源泉の中に入っていないのが原因でしょうか?税源移譲のことも関係あるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

関係ないです。
ご収入がかかれていないのでわかりませんが、源泉徴収で撮られている所得税の金額が7万円なのなら、控除額は7万円です。
住民税をひくことと(特別徴収といいます)、源泉とはまったくべつのもです。給料から住民税が天引きされていたとしても「源泉」の中には入りません。まず第一に収める場所が違いますから(源泉は所得税なので国税、住民税は地方税なので市区町村)。
税源委譲があってはじめて「住民税からも控除」しようか、という話になったのであって、もともと住民税は別のもので住宅の控除は所得税からしか控除できませんでしたよ。住民税から控除してもらうには申告が必要です。

参考URL:http://allabout.co.jp/house/housingloan/closeup/CU20071129A/index3.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報