中国の近代以前の華夷秩序とは、どういったものなのか、具体的に教えてください。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

華夷秩序とは簡単に言うと、文明を持つ民族である「中華」と野蛮な民族である「夷狄」を区別し、中華が夷狄を指導し夷狄は中華に服従するという秩序を求めるものです。

具体的には、中華のさらに頂点である天子(皇帝)を唯一絶対とし、夷狄は天子に服従のしるしとして朝貢を行い文字や暦や元号などに中華のものを使う、天子は中華の恩恵として朝貢以上のものを与えてやる、ということが挙げられます。夷狄とされた民族はその代償に、文明の恩恵と経済的なメリットを受けられたわけです。
文明を基準に人々を区分し、リーダーが文明の恩恵を周囲にもたらす――という理想を掲げるわけですが、逆に見れば、それぞれ独自の文化を持つ民族に対して外部の秩序を押しつけている、とも言えるわけです。
この背景として、中国の歴史が、農耕民族である漢族と遊牧民族あるいは採集民族である北西方のトルコ系・モンゴル系・満洲系民族との争いの歴史であったことを踏まえる必要があります。農耕民族は確かに高い文明と経済力を手に入れたわけですが、軍事力は全体に劣っていました。遊牧民族がその気になれば(人口の差を除けば)いつでも征服される状況におかれていたわけで、いわばその恐怖心から華夷秩序ということを言い出した、とも考えられます。理屈から言えば、中原(中国の中心部)に住み着いて中華文明を受け継ぎ発展させていれば、トルコ・モンゴル・満洲系民族でも中華を名乗れるはずですが、漢族の民族感情はそれを認めない傾向にあったようです。ここから、華夷秩序が建前とは違い、民族差別そのものを意味していたことが判ります。
この秩序は本来無関係な南東方の農耕民族にも押しつけられ、こちらの方面では成功しました。日本で漢字を使っているのが、その結果の一つです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本とアメリカ、ドイツは同時期に近代化したのでは?

 皆さんの見解によると、明治維新の頃、欧米の国々は既に先進国となっていて、それに比べて日本はかなり遅れていたという認識をされている方が多いように見受けられます。
 ただ、史実を見る限り、イギリスとフランスに限っては早くに近代化が進んでいたと思いますが、ドイツとアメリカについては日本とほぼ同時期に近代化が始まっており、「だから日本は遅れていた」と得意そうに説明する理由にはならないと思いますが、どうでしょうか。日独米は同時期に以下の通り同じようなプロセスを経て近代化しており、規模の大小はあるものの、遅れている進んでいるの差はほとんどないと思います。

19世紀半ばまで
日本:多数の藩が分立した封建制国家
ドイツ:多数の領邦国家が分立した国家連合
アメリカ:西部劇の時代

1860~70年代
日本:大政奉還、戊辰戦争を経て、廃藩置県(近代国家体制の成立)
ドイツ:普墺戦争を経て、ドイツ統一(ドイツ帝国の成立)
アメリカ:南北戦争を経て、レコンストラクション(近代アメリカの成立)

19世紀終わり
日本:日清、日露戦争の勝利による領土拡大
ドイツ:普仏戦争の勝利、海外植民地の獲得
アメリカ:米西戦争、米比戦争の勝利による植民地獲得

 皆さんの見解によると、明治維新の頃、欧米の国々は既に先進国となっていて、それに比べて日本はかなり遅れていたという認識をされている方が多いように見受けられます。
 ただ、史実を見る限り、イギリスとフランスに限っては早くに近代化が進んでいたと思いますが、ドイツとアメリカについては日本とほぼ同時期に近代化が始まっており、「だから日本は遅れていた」と得意そうに説明する理由にはならないと思いますが、どうでしょうか。日独米は同時期に以下の通り同じようなプロセスを経て近代化しており、...続きを読む

Aベストアンサー

#7です。横入りをしますがお許し下さい。#10さんの、

>けれどももう一度、歴史なり現今の日本の仕組みなりを振り返ってみてください。

に関して一言。

近代化における精神的基盤のことに関してですが、江戸時代以前に日本は西洋の教えを待つことなく、かなり高度の近代化が成されております。#7にもそのうちのほんの数例を書きましたが、江戸時代における精神的な近代化に関しては、

『徳川時代の宗教』R.N.ベラー著、池田昭訳、岩波文庫

が参考になると思います。この本では、ヨーロッパの近代化に関して、マックス・ウェーバーが、プロテスタントの倹約、勤勉な精神にその本質が在り、それはキリスト教独特な精神であると言うことを論じていることに関して、異議を唱えております。そして、日本の江戸時代の精神史を分析しながら、倹約、勤勉な精神は石門心学その他の民間倫理哲学として、キリスト教を待たずに日本では十分に発達していたことを実証しております。その発達を考慮に入れなければ、明治維新以降50年も経たない内に、あっという間に日本が西洋並の技術大国に「変貌」した原因を理解することが出来ない、と言う主張です。ここでわざわざカッコ付きで「変貌」と書きましたが、その実態は、本質的な物に関しては、西洋から新しいものを教わったわけではなく、西洋に存在している概念を日本に既に存在していた概念に「翻訳」しただけであることを強調するために、カッコを付けました。

明治維新では、新しい政権が旧政権に取って代わり、自分たちの政権を正当化するための常套手段として、旧体制をボロクソに言うという、古今東西常に変わらない現象が起こっただけです。ですから、明治以降始めの百年位は、日本人の近代化が殆ど全て西洋から教わったのだと言う教育で国民がたっぷり洗脳されて居りました。

ところが、これも歴史では常に起こることですが、その歴史的事件から百年位経つと、その事件の利害関係に直接掛かり合った人達にも死に絶えて、いよいよ歴史が冷静に、実証的かつ科学的に論じられるようになるものです。そういう歴史の流れから、改めて江戸時代以前を分析し始めた人達が、近現代において多く輩出しており、日本の近代化に付いても、我々が敗戦直後に教わった見方に大分反省が迫られております。もちろん、学校の先生は当然生徒達よりも10才も20才も、あるいはもっと歳をとっておりますので、今の子供でも、敗戦直後当時の日本の古い近代化観を教わっているところも在るかもしれません。

確かに、産業革命のように物質的な出来事であるために見やすい所では明治以降に西洋の影響を多大に受けていますが、もしそのような物質的な影響だけで国民意識が変わってしまうものなら、何故非西洋諸国の中で日本だけが抜きん出てその産業革命に成功したかの理由が分からなくなってしまいます。

上でも触れましたように、日本人は外国人から教わらなくても、長い日本の歴史の中で、技術的にも精神的にも日本独自の近代化を既に成し遂げていたのです。ですから、他の非西洋諸国とは違って、日本は学習作業ではなくて、翻訳作業を通して西洋型の近代化を効率的にやり遂げることが出来たのです。

また、江戸時代以前の日本の民間における技術の発展しに関しては、柳田國男を代表とする日本民俗学の方達によって、詳しく分析されておりますので、それも図書館等で参考にしてみて下さい。

#7です。横入りをしますがお許し下さい。#10さんの、

>けれどももう一度、歴史なり現今の日本の仕組みなりを振り返ってみてください。

に関して一言。

近代化における精神的基盤のことに関してですが、江戸時代以前に日本は西洋の教えを待つことなく、かなり高度の近代化が成されております。#7にもそのうちのほんの数例を書きましたが、江戸時代における精神的な近代化に関しては、

『徳川時代の宗教』R.N.ベラー著、池田昭訳、岩波文庫

が参考になると思います。この本では、ヨーロッパ...続きを読む

Q「よろしくおねがいします」と言う言葉

こんにちは。
小1の甥の通う小学校の話なのですが・・・小3になる、かなり激しい暴力を隠れて行う児童がいて問題となり、下校時間を狙って自分たちよりも弱い子を狙って暴力を振るう為(甥もかなりひどい目にあいました)校長と話し合って、子供を守る為に担任が校門まで送り、そこから母親が連れて帰るように決定しました。
ところが、我が子だけのつもりで行ったところ、他の同じ方向の児童までぞろぞろ連れてきて、「じゃあお母さん、よろしくおねがいします。」と・・・
義姉は「え?」と言う感じだったそうですが、仕方なくその日は連れて帰りました。その後、兄と話し合って「『よろしくおねがいします。』と言われると、そこにはやっぱり、自分たちへの責任が生じる。やはり、他の子供に対しての責任まで負えないので、先生にお話して責任の所在だけははっきりしてもらおう。」と言う事になり担任に話をしたところ、「よろしくおねがいしますって、普通に言う言葉でしょう?!何でそんな風にしかとらないんですか?普通、保護者の方が来たら、じゃあこの子達もお願いしますって言うのはおかしいのですか?」と言い返されたそうです。
やっぱり、よろしくおねがいしますと言う言葉を責任譲渡として考えるのはおかしいのですか?保護者は他の児童も一緒に連れ帰らねばならないのですか?先生の言い分を是として、では連れ帰ったときの事故等の責任はどうなるのですか?私自身はどうも、先生の言い分の方がおかしいと思うのですが・・・もし先生の言葉が違うとするなら、今後どう対処すればよいでしょうか?義姉も兄も心痛めているのを、私も何か力になれればと思っています。どうぞお知恵をお貸しください。

こんにちは。
小1の甥の通う小学校の話なのですが・・・小3になる、かなり激しい暴力を隠れて行う児童がいて問題となり、下校時間を狙って自分たちよりも弱い子を狙って暴力を振るう為(甥もかなりひどい目にあいました)校長と話し合って、子供を守る為に担任が校門まで送り、そこから母親が連れて帰るように決定しました。
ところが、我が子だけのつもりで行ったところ、他の同じ方向の児童までぞろぞろ連れてきて、「じゃあお母さん、よろしくおねがいします。」と・・・
義姉は「え?」と言う感じだった...続きを読む

Aベストアンサー

あら~、双方感情的になってるみたいですね~。

ここはひとつ、たんたんと事実を確認したほうがよくはないですか?

「私は連れて帰るのは自分の子だけにしたい、
なぜなら粗暴なお子さんの今までの行動を見ると
とてもよそのお子様までご一緒にお連れする自信はない。
大変申し訳ないが、この件に関してだけは
よそのお子さんも一緒にお願いします、
と言われるのは精神的にも現実的にもかなり負担であり
ほかのことではいくらでも協力するがこれについてだけはご容赦いただきたい」
と、
校長先生も交えて ←これ絶対にポイント!
お話しましょう。

ご質問の意図はともかく、内容は言葉の意味云々の問題ではありませんよ。
現実的に対処しましょうよ。

Q看護学校への入学 日本とアメリカ

高卒で現在20代後半で看護専門学校へ入学を検討中です。
日本で看護師になってからアメリカへ渡る場合と
アメリカへ行って看護師になって働く場合の
メリット、デメリットを教えて下さい。

日本で看護専門学校へ行けば3年で受験資格が得られ、無事
合格したとして、そこからアメリカで働く為にはアメリカにて
試験等はもちろんありますよね?その詳細について教えて下さい。

アメリカで看護師になるには、コミカレではなれませんか?
アメリカで看護師資格を得ていても、日本に戻れば
その資格は通用しませんよね?
この場合、看護学校へ入って3~4年勉強をして資格をとらないと
いけませんか?

そして今、コミカレ入学ぎりぎりのトフルです。
語学の問題も出てきます。これは、もっと勉強をがんばるつもりです。

日本に戻った時、都合がいいのは日本で資格をとって
それから、アメリカに渡るのが得策のような気がしますが
未知の世界ですので、どうかご存知の方、教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、アメリカへ行って看護士になるのと、日本で看護士になってからアメリカで働くメリットでメリットですが、

目的はアメリカで看護士になるという事でよろしいのでしょうか?

それであるなら、アメリカで、看護士になるために勉強した方が専門用語も英語で覚えられるし、早いと思います。

日本で看護士になった場合、アメリカで学校に行かなくてもRNの資格の試験が受けられるようになります。

しかし、もちろん英語の専門用語を一から新しく覚え直しです。

お金の方は日本で看護士の教育を受けて、アメリカでテストを受ける方が安くつきます。アメリカで学校に行くと留学生として学校に行きますので、アメリカ市民の倍以上はお金がかかると思われていた方がいいでしょう。

まとめると

日本で資格を取るー安いが、時間がかかる。しかし、アメリカで学校に行き直さなくてもよい。

アメリカで資格を取るー高いが、早いといったところでしょうか。


ゆくゆく日本に帰国される事もお考えでしたら、日本で看護士資格を取っておくのも手です。



学校ですが、コミュニティカレッジ卒業でも、看護士の試験を受ける資格は出ます。

あと、看護士になれる学校と言えば、テクニカルスクール、メディカルスクールといったところでしょうか。

言葉の壁は思ったより厚いものです。言葉がわからなければ仕事もできませんから、アメリカにて、経験を積まれることをお勧めします。

まず、アメリカへ行って看護士になるのと、日本で看護士になってからアメリカで働くメリットでメリットですが、

目的はアメリカで看護士になるという事でよろしいのでしょうか?

それであるなら、アメリカで、看護士になるために勉強した方が専門用語も英語で覚えられるし、早いと思います。

日本で看護士になった場合、アメリカで学校に行かなくてもRNの資格の試験が受けられるようになります。

しかし、もちろん英語の専門用語を一から新しく覚え直しです。

お金の方は日本で看護士の教育を受け...続きを読む

Q本質を教えるとは具体的に何をするのか

日本は暗記や詰め込みが多く、本質を教える教育をしない、と聞きます
また日本人は本質を見極める力が不足しているとも、聞きます

では本質を教える教育とは、具体的に、何でしょうか?
また大人になったときに本質を見極める能力を持てるようにする教育とは、具体的に何でしょうか?

例えば歴史ならば、正確な年号などはどうでもよく、むしろまずは大きな流れを捉え、それからその時々に起きた事象が、現在のわれわれにどういう影響を残しており、今後はどういった軌道を辿るのだろう、のような感じの教育でしょうか。

たしかにこのような教育は、歴史の本質を教えてくれるかもしれません。

ただ、だからといって、それが一般的な物事の本質を見極める能力を育むのでしょうか。

質問

「そもそも、本質を見極める能力というのは、具体的に、どのようにして学校で子供たちにつけさせることができるとお思いになりますか?」

Aベストアンサー

教育関係の仕事をしているものです。

私は理工系なので理系の例になりますが、たとえば実験で何かを証明することは簡単ですが、本当にその意味を理解するのは大変です。たとえば車を使って加速度と距離の関係を計算するような実験をしても、ただ加速度の式を再現するだけで、「なぜ」そういった関係になるのか理解することはありません。

学校で教えるには、生徒が自然と「なぜ」か知りたがるような教え方をしなければいけないと思います。自分が知りたい!と思わなければ、先生から聞いたって何の意味もありません。暗記しても、すぐに忘れてしまうでしょう。

私がよくやるのは、わざわざ失敗する実験を生徒に与えます(でも生徒には失敗することは言わないで)。そして、失敗したときに生徒が「あれ?なんで?」と思うでしょう。そこがチャンスです。失敗した原因究明する工程で色々学べることがあります。また、目の前で起こった出来事を分析して理解する力をつけることができます。

この方法は教師側からのさりげない誘導が必要な上、そのような実験ができる問題が限られているので、全ての科目に利く方法ではありませんけどね。とにかく生徒が「なぜ?」と興味を持つことが大事だと思います。

教育関係の仕事をしているものです。

私は理工系なので理系の例になりますが、たとえば実験で何かを証明することは簡単ですが、本当にその意味を理解するのは大変です。たとえば車を使って加速度と距離の関係を計算するような実験をしても、ただ加速度の式を再現するだけで、「なぜ」そういった関係になるのか理解することはありません。

学校で教えるには、生徒が自然と「なぜ」か知りたがるような教え方をしなければいけないと思います。自分が知りたい!と思わなければ、先生から聞いたって何の意味もあ...続きを読む

Qアメリカで看護師☆*゜

将来、アメリカで看護師として働きたい者です。
日本で看護師の資格をとってからRNの試験を受けると安いが時間がかかり、アメリカの学校を出て試験を受けると時間は日本に比べてかからないが高いと聞き迷っています。
日本の看護の専門学校とアメリカの看護の学校では年間で授業料はそれぞれいくらくらいかかるのか教えてください。
アメリカの大学を出て看護師の資格をとれた場合、日本にきたとき働くことは可能でしょうか?
アメリカで働く場合、その前に語学学校に行こうと思ってますが年間で授業料はいくらくらいでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

看護大学の教員です(日本の)。

検索かければ、参考URLのように(ここを勧めているわけではなく、検索で上位だったというだけです。)留学の代行などをする業者のサイトがたくさんあると思うので、参考にはなると思います。どちらにせよ、アメリカで看護師をするのであれば、相当の英語力が必要になりますので、向こうのウェブサイトなどを英語で自分で確認されるとよいと思います。
州によって制度が違ったりするので、そのあたりもご確認ください。

安いが時間がかかる…の話は、日本で看護師を取っていると、試験を受ければ合格、アメリカで学校に通えば授業料がかかるから高いということですよね。アメリカの大学は卒業が簡単ではないので、場合によっては5年で卒業なんてこともありうると思いますので、なんとも言えません。

アメリカの資格では、原則日本では働けません。日本の国家試験に合格する必要があります。
授業料も学校によってかなり違うので。(安いところは入学が困難だったりします)

少し具体的に、通いたい学校とか、地域とかを定めてから情報収集する方が効率的な様に思います。

参考URL:http://www.global-study.jp/jiten/ryugaku03/05/

看護大学の教員です(日本の)。

検索かければ、参考URLのように(ここを勧めているわけではなく、検索で上位だったというだけです。)留学の代行などをする業者のサイトがたくさんあると思うので、参考にはなると思います。どちらにせよ、アメリカで看護師をするのであれば、相当の英語力が必要になりますので、向こうのウェブサイトなどを英語で自分で確認されるとよいと思います。
州によって制度が違ったりするので、そのあたりもご確認ください。

安いが時間がかかる…の話は、日本で看護師を取っていると、...続きを読む

Q東京大学受験に向けての具体的な勉強方法

みなさん、こんにちは。
私は、今、高校二年生で、志望校の東京大学合格に向けて、
頑張って勉強しています。
通っている高校は、全く進学校といえる学校ではないのですが、
この一年毎日、結構授業も頑張って聞いて、家でも基礎的なことは
完璧にしようと思い、きめる!センターシリーズを一通りの教科
やった結果、センターの過去問の点数はだいたい8割方以上は
とれるようになりました。
ですが、東大の過去問に挑戦してみても全くと言っていいほど
解くことができませんでした・・・
東大の試験は、良問なので、最低限教科書レベルさえできていれば
解ける、と聞いたことがあったのですが、私には無理でした・・・
ですが、後一年と半年で必ず合格レベルまで解けるように、
したいのです。
自分に才能があるとは思っていません。
ですが、私みたいな人でも、東京大学に合格できるようにするための、
具体的な勉強方法や参考書、問題集などを教えてくれているサイトや
良書などはありませんか?
もしご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

一応理一の出身ですので、経験談くらいなら。
東大に限りませんが、センターと二次には天地の開きがあります。
センター試験は、はっきり言って暗記と計算力の勝負でしかありません。
思考力を判定しているとはとても私には思えません・・・

またセンターが8割解けた、とのことですが、その値自体不足していると思います。私の友人は模試で9割は確実にとっていましたが、足きりに引っかかってしまいました。(とはいえ、彼は現在アカデミックポストで働いており、非常に素晴らしい論文を多数出しています。)

ま、とりあえず現実とのギャップを認識されたと思います。
時間はまだまだありますから、これからですよ。
ていうか、高校2年ですよね?心配しすぎだと思う。
センターの件もその調子でこつこつやれば、本番までには模試で95%~満点取るのも可能でしょう。
学校や予備校の模試は逃さず受けるようにして常に自分に気合を入れるようにしてください。

今は基礎をしっかりやることですね。
古文なら重要単語、英語なら文法、単語、読解、数学ならチャート式(もしも数学に強いなら大学への数学やるべき)・・・理系なので社会とかどうすれば良いのか分かりかねますが・・・
学校、予備校の重要問題集をこつこつ解くしかありません。
1年後の夏休みにあらためて赤本を解いてみて、そこである程度解けるくらいが普通です。
私も高校2年のこの時期に過去問なんて頭にありませんでした・・・
質問者さんはちゃんとやってみた分すごいと思いますよ。
東大を目指すからといって、いきなり高みに飛び出すことはありません。

一応理一の出身ですので、経験談くらいなら。
東大に限りませんが、センターと二次には天地の開きがあります。
センター試験は、はっきり言って暗記と計算力の勝負でしかありません。
思考力を判定しているとはとても私には思えません・・・

またセンターが8割解けた、とのことですが、その値自体不足していると思います。私の友人は模試で9割は確実にとっていましたが、足きりに引っかかってしまいました。(とはいえ、彼は現在アカデミックポストで働いており、非常に素晴らしい論文を多数出しています。...続きを読む

Qアメリカ大陸の文明が近代化できなかったのはなぜ?

過去の大戦や現代の国際情勢を考えると、際立つのはアメリカ合衆国の強大さですよね。
それはつまり、アメリカが領有する北米大陸が豊かで広大な土地であることも一因でしょう。

そう考えると、どうしてアメリカ大陸に元から住んでいた原住民が強大な帝国を築けなかったのか疑問です。
豊かな土地であり、鉱物資源に恵まれ、気候も極端に厳しいわけじゃない。
それなのにどうして、ヨーロッパ文明に征服されてしまったのでしょう?

確かにインカやアステカ文明があったのは分かるし、それらも優れた文明だったのでしょう。
しかし、こと軍事や科学技術に関してはちっとも近代化しませんでした。
どうして恵まれた土地にありながら、アメリカ大陸では文明が近代化しなかったのですか?

Aベストアンサー

http://1000ya.isis.ne.jp/1361.html
http://tkido.com/blog/517.html
http://d.hatena.ne.jp/nakatsu-ryohei/20141026/1414314224

自然環境が、気候、水、土壌、生物や植物、自然資源に恵まれていると、そこにヒトが集団でいても、文明は育たない。
むしろ、乾燥するので植物が育ちにくい周辺地域の方が、水利を効かせる工夫で農耕文明の初期段階を発展させる。
農耕が初期段階であっても、豊かにヒトの集団を維持出来る状態だと、それ以上には文明が育たない。
交易や略奪で集団を維持出来るのがギリギリの条件の場合は、交易や武器や組織、情報利用などの文明を、そのような生活様式を主とするヒトの集団が育てやすくなる。 また交易や略奪のための異地域・異集団との交流は疾病への多くの危険を随伴するので、そうした生活を長く続けるヒトの集団には免疫などの面でも強いヒトが多くなっていく。
逆に云えば、ある地域で持続的に限定された生活様式で生き続けているヒトの集団は、新たな感染症には非常に弱いし、複雑な情報伝達や知識伝授の文化体系、組織だった行動、各種の武器や各種技術の発展も出来ない。 こうした伝統的生活を続ける集団と、交易や戦闘、組織行動、進取の気性の強い集団とが、同じ地域でいると、前者は衰退し、後者が支配権をにぎるようになってしまう。

http://1000ya.isis.ne.jp/1361.html
http://tkido.com/blog/517.html
http://d.hatena.ne.jp/nakatsu-ryohei/20141026/1414314224

自然環境が、気候、水、土壌、生物や植物、自然資源に恵まれていると、そこにヒトが集団でいても、文明は育たない。
むしろ、乾燥するので植物が育ちにくい周辺地域の方が、水利を効かせる工夫で農耕文明の初期段階を発展させる。
農耕が初期段階であっても、豊かにヒトの集団を維持出来る状態だと、それ以上には文明が育たない。
交易や略奪で集団を維持出来るのがギリギリの条件...続きを読む

Q語彙力を上げる方法を具体的に教えてください。

語彙力を上げる方法を具体的に教えてください。

Aベストアンサー

一般的には、語彙力を上げたい分野を決めます。その分野の文献や資料、本を読んだ時、「語句の定義が明確でないもの」を抽出して記録し、それぞれの意味定義を調べます。
これをカードやノートに書いても良いし、コンピュータのワードやエクセルに書き込んでデータベースにしてもかまいません。
これを繰り返して読んで語句の意味を確認します。
日本語でも外国語でもrukuku さんがおっしゃっているように同じです。
こう言った方法はいかがでしょうか?
ちなみに私は外国語をデータベース化して、検索ツールを使用した自分自身の辞書を活用しています。
お役に立てば幸いです。

Q『文明の概念が近代ヨーロッパのアメリカ・アジアへの植民地支配にどのよう

『文明の概念が近代ヨーロッパのアメリカ・アジアへの植民地支配にどのような役割を果たしたか』がわかる方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ざっくりと言えば、ヨーロッパの文明が人類として正しく先進であるという思い込みを基準にして、アメリカの先住民は裸同然で原始的な道具で狩猟をして暮らす原始的な野蛮人であるなどと決めつけ、「我々が野蛮な彼らに正しく先進な文明を伝えてやるのだ」という大義名分の元、他文明を侵略していった、ということです。アジアについても理屈は同じ。

詳しく知りたければレヴィ=ストロース『悲しき熱帯』、『野生の思考』、サイード『オリエンタリズム』を読むといいでしょう。

Q抗がん剤であるヒストンデアセチラーゼ阻害剤って具体的にどう作用してるんですか?

ヒストンデアセチラーゼ阻害剤って具体的にどう作用してるんですか?細胞周期に関与するCDKなどの活性を阻害するような話を聞いたような気がするんですが、それが抗癌の作用とどの様に関係あるのですか?頭の悪い私に教えてください(*_*)お願いします。

Aベストアンサー

概念としてヒストンとはDNAを支えている柱のようなものであると考えてください。
そしてDNAはヒストンに巻き付いています。
これはDNAがマイナスの電荷を帯びており、ヒストンがプラスの電荷を帯びているためにくっついているのです。ヒストンはアミノ酸の一種であるリジン基をたくさん持っており、これがプラス電荷の本質なのですネ。
そのリジン基にアセチル基が結合すると、DNAはヒストンから離れてしまいます。くっつく相手を探しているRNAはヒストンを手放したDNAにくっつき、そこから遺伝子の複写が行われ、細胞分裂を起こすことになるのです。
ここまではご理解頂けると思います。
では、アセチル基がくっついたヒストンはいつまでもDNAから離れているのかというと、ヒストン脱アセチル酵素がヒストンにくっついたアセチル基をはずしてしまい、また、ヒストンとDNAとがくっついて、必要以上の細胞分裂をしないようにコントロールしているのです。
ということは、ヒストンをアセチル化する酵素の働きを阻害する物質は細胞分裂を抑制するということは理解頂けると思います。
では、ヒストンを脱アセチル化する酵素を阻害する物質は癌細胞の増殖を助けるのではないかという疑問が生じてくるでしょう。
おそらくuirouさんの疑問もそこにあるのではないかと思います。
癌細胞は異常なヒストン脱アセチル化をひき起こしていることが知られています。これは結果として癌抑制遺伝子である『p53』の活性を弱める作用を示すのですネ。
癌抑制遺伝子である『p53』はアセチル基をたくさん持つによりDNAと結合します。そして、RNAがやってきて遺伝子複写をしようとするのを妨害するのです。ここにヒストン脱アセチル化酵素が働くと、この癌抑制遺伝子の活性まで奪ってしまうのです。
癌細胞周辺に起きている異常事態は数多くあります。その異常を無くしていくことが結果的に癌のメカニズムの一つ一つを封じていることになるのですネ。
非常にラフな説明でしたが、このあたりで‥
以上kawakawaでした

概念としてヒストンとはDNAを支えている柱のようなものであると考えてください。
そしてDNAはヒストンに巻き付いています。
これはDNAがマイナスの電荷を帯びており、ヒストンがプラスの電荷を帯びているためにくっついているのです。ヒストンはアミノ酸の一種であるリジン基をたくさん持っており、これがプラス電荷の本質なのですネ。
そのリジン基にアセチル基が結合すると、DNAはヒストンから離れてしまいます。くっつく相手を探しているRNAはヒストンを手放したDNAにくっつき、そこから...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報