ネットが遅くてイライラしてない!?

第一生命のミリオンUのメリット、デメリットを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

解約返戻金の推移表の数字には「当てにならない」配当金は含まれていま


せん。

メリット:10年経っても、他に有利な金融商品が見つからなければ、好きなだけ放って置けます。養老保険ですと、延長ができません。

デメリット:運用としては長過ぎる?商品の欠陥ではないでス。相続対策ならともかく、運用として10年、あるいはそれ以上預け放しは関心しません。
養老保険も、この商品も金利上昇局面では弱いのです。世の中の金利上昇に追随し切れないのです。10年後の金利動向は予想困難ですよね。しつこいようですが、運用だけでしたら、10年満期の一時払い養老を利用して、5年から満期までの間で解約のタイミングを見てはいかがでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

分かりやすいご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/22 17:52

・メリット


貯蓄性があります。解約したときの返戻金と元金(一時払保険料)の差額は一時所得となります。一時所得は50万円までは非課税で、50万円を超えても、課税されるのは超えた分の2分の1です。利子所得は20%分離課税ですので、課税を考慮すると他の元利が保障される貯蓄商品と比較しても、そんなに悪くない貯蓄となるはずです。
亡くなったときには保険金が出ます。この額は一時払保険料より大きく、確定しています。また、受取人を指定しますので、死亡時に特定の人に直接現金が渡ります。死亡時には、相続手続きが終了するまで銀行預金などには手がつけられないので、これはこれでメリットとなります。

・デメリット
元本復帰まで3年程度かかるはずですから、それ以前に解約すると損です。貯蓄商品として考えるなら10年ぐらいは預けておかないと面白くないでしょう。

一時払終身保険は、普通預金や短期の定期預金などに置きっぱなしになっている使途が決まっていないお金があるなら、保険機能のメリットも考慮して、ポートフォリオの一部に入れてもいいのではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的で分かりすいご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/10 13:39

futsukaichiさん、こんにちは。


はじめまして、fulfil-jpと申します。

No.1の回答者さんがお話されているように、一時払いの(5年毎利差配当式)終身保険ですね。ご契約時に一括で保険料を払うことによって一生涯の保障を得るという商品です。終身保険商品の特徴として、数年経過後は支払った保険料よりも解約して戻ってくるお金(解約返戻金)が多くなります。端的に言うと保障と貯蓄機能を兼ね備えた商品であるといってもいいのかも知れません。

今あるまとまった資金で保険を買うにしても、貯蓄する、はたまた投資するにしても、そのお金を将来なんのために使うのか?によって方向性が決まってきます。それによって、それぞれの金融商品のメリット・デメリットがわかります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/08 17:57

futsukaichiさん



ミリオンUは、一時払いの終身保険のようです。
この保険のメリット・デメリットということですが、futsukaichiさんが、この保険にどんな目的で加入しようと考えているかによるのではないでしょうか。

一時払い終身保険に加入する目的として聞いたことがあるのは、相続税対策というものです。
(相続財産を億単位で持っている方向けの対策でしょうか)

生命保険死亡保険金ですと、それぞれ法定相続人一人当たり500万円の非課税枠があります。
2500万円の生命保険に入っていた場合、法定相続人が2人であれば、1000万円が非課税となります。
http://decatur.hp.infoseek.co.jp/tax_j2.htm

ただ、生命保険の非課税枠とは別に、
相続税の基礎控除額は、5000万円+1000万円 x (法定相続人の数) だということです。

貯蓄の一方法として考えるのでしたら、
早期解約による元本割れというデメリットがあります。
また、解約返戻金が何年後にいくらになるのかは、保険営業員に聞けばわかると思いますので、
他の運用方法と比較して有利な方を選択することが考えられます。

保険営業員は、もしかしたら「配当金」があることを強調するかもしれませんが、どのくらいもらえるかはその時にならなければわかりません。当てにしないことが無難だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/08 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第一生命のミリオンU

44歳男性です。
40歳の妻と中1の息子の三人家族です。


住宅ローンの返済や教育資金の為、老後の貯蓄が0の状態です。

今からでも個人年金や財形などに入った方がいいのか思案しているのですが、月の支払いが2万~3万円になってしまって無理そうなのです。
年に10万円程度のペースで普通預金に貯金してきた蓄えが200万円あってそれを老後の資金に役立てたいと思っているのですが、どの様な方法があるでしょうか?

今、第一生命の方からミリオンUと言う商品を勧められていてます。

一時払いで預けたお金が4年後には返還率が100%を越えて20年後には返還率が120%になるので銀行の10年定期よりもお得な物です。


全額預けて保険会社が破綻したら…無理してでも個人年金を始めるか…などなど考えがまとまらなくて悩んでいます。


どなたかアドバイス下さい。

Aベストアンサー

>普通預金に貯金してきた蓄えが200万円あって
 これが全財産なら手元に置いておきましょう。不意の出費があって保険の早期解約をしたり保険の解約を嫌がってローンに手を出したりしていては本末転倒です。

>どの様な方法があるでしょうか?
 換金リスクをとれるのなら確定拠出年金がベストです。最もリスクが低い方法はネット定期の一年もの、利率しだいでは個人向け国債10年ものですね。

>一時払いで預けたお金が
 この時点で販売者の資質と良心を疑います。貯蓄性のある保険の唯一といってもいい強みである税制優遇ですが、一時払いでは生命保険料控除のメリットを殆ど活かせません。

>10年定期よりもお得な物です。
 例えば今新生銀行の一年定期のキャンペーン金利が税引き後で年0.88%でこの水準が続くとするとミリオンUにかなり近い利率が実現できます。遥かに低い換金リスクと倒産リスクでです。この保険商品が別段お得とは言えません。

>無理してでも個人年金を始めるか
 あんまりお勧めしませんが200万を取り崩しながらという手もありますね。例えば給与から一万、貯蓄から一万という方法で積み立てれば貯蓄が一円も増えなくても200ヶ月(16年強)もちます。その頃にはお子様も独立しているでしょうし貯蓄額も増やせるでしょう。
 

>普通預金に貯金してきた蓄えが200万円あって
 これが全財産なら手元に置いておきましょう。不意の出費があって保険の早期解約をしたり保険の解約を嫌がってローンに手を出したりしていては本末転倒です。

>どの様な方法があるでしょうか?
 換金リスクをとれるのなら確定拠出年金がベストです。最もリスクが低い方法はネット定期の一年もの、利率しだいでは個人向け国債10年ものですね。

>一時払いで預けたお金が
 この時点で販売者の資質と良心を疑います。貯蓄性のある保険の唯一といってもいい...続きを読む

Q5年ごと利差配当付終身保険のこと

保険のことがよくわからないので質問させてください。
15年程前に知り合いの保険のオバサンに進められるまま
加入し、現在に至っています。
入った時は独身でしたが現在は結婚し子供もいます。
保険の契約内容は
主契約    2,029,200円 終身
定期保険特約 3,000,000円 65歳まで自動更新
介護収入保証特約 2,070,000円 65歳まで
特定疾病保証特約 3,000,000円 80歳まで
重度慢性疾患特約 3,000,000円 80歳まで
障害特約     5,000,000円 
その他、特定損傷特約、入院初期給付特約、災害入院特約
疾病医療特約、女性疾病医療特約が付いていて保険料は
10,258円(主契約2,082円、特約8,176円)です。
質問したいことは
まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?
解約返戻金は今約15万ほどなはずで将来的には100万ぐらいに
なることもあると思うのですが、この保険”終身”だし満期
は無いと考えてよいのでしょうか。
何かの時にまとまった資金が欲しいとなったら、生存給付金や
満期金の記載なんてどこにもないし解約するしかないということ
でしょうか?

あと5年ごと利差配当付きとはいうものの配当なんて一回も
もらったこと無いと思います。
スミセイなのでキャッシュバックというのはありますが、
これは配当とは違いますよね?
こういう保険で配当がもらえるなんてことあるんでしょうか?

お詳しい方教えていただければ幸いです。

保険のことがよくわからないので質問させてください。
15年程前に知り合いの保険のオバサンに進められるまま
加入し、現在に至っています。
入った時は独身でしたが現在は結婚し子供もいます。
保険の契約内容は
主契約    2,029,200円 終身
定期保険特約 3,000,000円 65歳まで自動更新
介護収入保証特約 2,070,000円 65歳まで
特定疾病保証特約 3,000,000円 80歳まで
重度慢性疾患特約 3,000,000円 80歳まで
障害特約     5,000,000円 
その他、特定損傷特約、入院初期給付特約...続きを読む

Aベストアンサー

>まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?

主契約は掛け捨てではありません。解約をすれば解約返戻金を受け取ることができます。主契約を解約すると特約を含めてこの保険はなくなります。特約部分は恐らく10年更新の定期だと思いますが、解約返戻金はわずかですがあります。ただし10年経つと(10年更新型だとすれば)解約返戻金はゼロになり、更新後また解約返戻金が少しづつですが貯まっていきます(また10年経つとゼロになりますが)。ですから基本的には主契約以外は掛け捨てだと思ってください。


>この保険”終身”だし満期は無いと考えてよいのでしょうか。

主契約のみ終身です。主契約に満期はありません。特約は全て満期がありますが、満期金はありません。


>何かの時にまとまった資金が欲しいとなったら、生存給付金や満期金の記載なんてどこにもないし解約するしかないということでしょうか?

主契約の解約返戻金の90%まで借り入れを受けることができます(利息をつけて返済する必要があります)。それ以外にこの保険から資金を調達する方法は解約しかありません。


>スミセイなのでキャッシュバックというのはありますが、
これは配当とは違いますよね?

違います。スミセイのHPを見ると、キャッシュバックの対象となる保険は『契約日が平成11年4月2日以降の当社所定の保険契約が対象となります。』とあります。15年前に加入した保険でしたら対象になりません。もし対象になっているのでしたら転換してますね。


>こういう保険で配当がもらえるなんてことあるんでしょうか?

15年前でしたら予定運用利率が高いころの保険なので、現在の低金利では配当は難しいでしょう。将来大きく金利が上がれば配当を復活しますが、当分無理だと思います。

>まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?

主契約は掛け捨てではありません。解約をすれば解約返戻金を受け取ることができます。主契約を解約すると特約を含めてこの保険はなくなります。特約部分は恐らく10年更新の定期だと思いますが、解約返戻金はわずかですがあります。ただし10年経つと(10年更新型だとすれば)解約返戻金はゼロになり、更新後また解約返戻金が少しづつですが貯まっていきます(また10年経つとゼロになりますが)。ですから基本的には主契約以外は掛け捨てだと思ってください。


>...続きを読む

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む

Q第一生命の一時払養老保険について

タイトル通りに第一生命の一時払養老保険について、メリット・デメリットを教えて頂きたいのです。
この保険を人から勧められているのですが、知識がないもので・・・。当方、女で44才。だんなは今せんが、子供が3人います。病気等、障害はありません。

Aベストアンサー

メリットとしては
難しいことを考えず、多少利益を期待したい方にお薦めの保険です。

現在、第一生命の予定利率は1.65%です。
100万円当たり、97万円前後ではないでしょうか?

金利は現在上昇傾向にあるので(たとえば5年定期で年利1.2%というものも出てきています。)
953200円を5年間預けると丁度100万円(源泉後)になります。

定期預金と比較して、ご検討されてはいかがでしょうか?

もし加入されるなら、今後金利が上がる可能性が大きいので、最短の5年ものがいいように思えます。
また節税を考慮すると一時払いより、年払いの方がメリットがあると思います。

デメリットとして
一時払養老保険は途中で解約すると元本割れしてしまいます。部分的な解約は出来なかったと思いますので少し面倒ですが加入する場合は証券を数枚に分けて
解約を最低限にする(100万を50万円+30万円+20万円または70万+30万円に分ける)などしてリスクを軽減してください。

ご家庭の状況などから、もし他に保険に入ってないなら掛け捨ての保険でもいいので大きな保障(1000万以上)を、ご検討されることをお薦めいたします。

メリットとしては
難しいことを考えず、多少利益を期待したい方にお薦めの保険です。

現在、第一生命の予定利率は1.65%です。
100万円当たり、97万円前後ではないでしょうか?

金利は現在上昇傾向にあるので(たとえば5年定期で年利1.2%というものも出てきています。)
953200円を5年間預けると丁度100万円(源泉後)になります。

定期預金と比較して、ご検討されてはいかがでしょうか?

もし加入されるなら、今後金利が上がる可能性が大きいので、最短の5年ものがいい...続きを読む

Q一時所得金の税金はいくら?

この7月より就職しました。
8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?
また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総合課税されますから,合算して確定申告することになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

◇サラリーマンで確定申告が必要な方
・サラリーマンで,主たる給与所得以外に20万円以上の収入がある場合は,確定申告が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

◇所得税
・所得税は「課税標準」に応じて税率が違います。その方にどのような控除があるかによって,「課税標準」が変わりますので,それが分からないと正確な税率がわかりません。
 一応税率は,下記のサイトのとおりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

-----------------
 以上から,ご質問についてですが,

>8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?

・来年の確定申告時期に,確定申告をしてください。
 なお,源泉分離課税される一時所得でしたら,すでに納税していますので申告の必要はないです。

>また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。

・賞与の有無が分かりませんので,以下,それは省略して年収で360万円としてシュミレーションして見ます。

-----------------------
 給与所得については,
 360万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円-その他控除(?)=課税標準…(a)

 一時所得については,
 400万円-収入を得るために支出した金額-50万円=課税標準…(b)

 合計して,
 [(a)+(b)-控除額]×税率=所得税

となります。
 税率は「20%」ぐらいでしょうか,多分…
--------------------------

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総...続きを読む

Q第一生命の堂々人生を解約検討中。しかし・・・

堂々人生「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」5年ごと配当タイプに加入しております。

・29歳既婚男性(子供2歳、0歳)
・現在の保険料は約13,000円
・契約日:平成16年10月

堂々人生について、いろいろ調べた結果
解約をしようかと思い・・・担当者に相談しました。
担当者が、私の会社の従業員をたくさん抱えており(役員や上司も)
勝手に解約はできず、避けては通れないので相談しました・・・。

1番気になっていた、更新時の保険料UPの事を聞いたところ・・・

ちょうど新しいプランが出たところで、実質的な内容は変わらずに更新時の保険料が大幅に減ったので大丈夫と言われました。
(まだ、新しくシュミレーションした資料が届いてないので・・・
どのくらい変わったのか詳しくはわかりません)
新しい保険への転換ではなく、今までの商品の更新らしいです。


私としては

終身保険で300万を
・東京海上日動あんしん生命保険 長割り終身
・あいおい生命 積立利率変動型終身保険
・ソニー生命 変額終身保険

収入保障型(非喫煙)で
・損保ジャパンひまわり生命
・ソニー生命

医療を
・オリックス生命
・日本興亜生命


この中で、検討して決めようと考えていたのですが
担当者が言うには・・・

・東京海上日動あんしん生命、損保ジャパンひまわり生命は
当社と提携してはいるが
”支払い実績”がないので、この先の事を考えると、お勧めできない。
損保ジャパンひまわり生命なんかは、提携してるのもリスクがあるので第一生命は手を引こうとしてる・・・!?

・ソニー生命なんかは、危なくて・・・どんどん”身売り”をしている最中だ。

・あいおい生命も”支払い実績”がないので、
これから30年後・・・ 支払いが増えてきたらどうなるか!?


第一生命は

・支払い実績があり安心

・私の会社の上司や同僚達もたくさん入っていて、何かあったら会社中に広がるので担当者はいい加減な対応は出来ない。

・株式化を目指していて、
何らかの形で還元されると”思う”から・・・
あと2年は続けていた方が良い。

・まだ若いうちに入った保険なので既得権を活かすべきだ。

との事です・・・。

担当者は、上級特別営業主任とゆう事でさすがに口も上手く!?
私みたいな素人は簡単に言いくるめられそうです;


保険に詳しい方の意見を宜しくお願いします。

堂々人生「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」5年ごと配当タイプに加入しております。

・29歳既婚男性(子供2歳、0歳)
・現在の保険料は約13,000円
・契約日:平成16年10月

堂々人生について、いろいろ調べた結果
解約をしようかと思い・・・担当者に相談しました。
担当者が、私の会社の従業員をたくさん抱えており(役員や上司も)
勝手に解約はできず、避けては通れないので相談しました・・・。

1番気になっていた、更新時の保険料UPの事を聞いたところ・・・

ちょうど新しいプラン...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして(^^

更新型の保険は不安な事が多すぎます。
保険の大幅up!の上、保障の内容がどんどん下がる。
当然、長く生きていく中、年を重ねれば保障が少なくなっても大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれませんが・・・
お子様が小さい間は遺族年金なども受け取れるので、奥様が頑張って下されば普通の生活は可能だと思いますので、
必ず受け取れる終身保険が一番望ましいでしょう。

第一生命の外交員さんのお話はどうなのでしょう?
確かに第一生命から見れば、損保ジャパン等は新参者かもしれません。
でも、実質損害保険の扱いを始めた「第一」の損保フォローをしているのは損保ジャパンです。
生命保険の支払実績があるのは当然長く営業しているので当たり前ですし、

過去に私は損保ジャパンひまわり生命の代理店をしていた時に、友人から頼まれ、解約をしたいので
内容の把握と本当に必要かつ良い保険内容か判断して欲しいと頼まれました。
どのように考えても、外交員の都合の良い保険契約でした。
勿論、外交員をギャフンと言わせました。

先日も大手生保の元外交員さんとお話をしましたが、とりあえず売れ!
と朝礼で言われ、事務所を後にしていました。
「本当に嫌で嫌で辞めてしまった。」と聞きました。

確かにお口はなめらかですから、太刀打ちしづらいと思いますが、
自分が検討中の保険の内容を伝え、「こんな保険は無いの?」等と言ってみては如何でしょう?
多分、皆様が本当に加入すればお得な商品の提示はあまりしていないはずです。

注>定期型をすすめる言葉としては、「5年後10年後にもう一度見直せる。」等と言うはずです。

初めまして(^^

更新型の保険は不安な事が多すぎます。
保険の大幅up!の上、保障の内容がどんどん下がる。
当然、長く生きていく中、年を重ねれば保障が少なくなっても大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれませんが・・・
お子様が小さい間は遺族年金なども受け取れるので、奥様が頑張って下されば普通の生活は可能だと思いますので、
必ず受け取れる終身保険が一番望ましいでしょう。

第一生命の外交員さんのお話はどうなのでしょう?
確かに第一生命から見れば、損保ジャパン等は新参者かもしれません。...続きを読む

Q保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?

保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?
先日、4日間だけ入院したので加入していた生命保険2社(生協と住友生命)に請求を出しました。
保険金請求が初めてで、お金が振り込まれるまでにどれくらいの期間を要するのか見当もつきません。
保険会社によって違うのはもちろんですし、請求内容でも変わってくるのも当然だと思います。
あくまでも参考までに様々なケースを知りたいと思い質問させていただきました。

今までに保険金請求をした事がある方。
請求書類の送付から保険金の入金まで、どのくらいかかったか教えて下さい。

宜しくお願い致します。

生活費に費やしたいので入金を心待ちにしています…

Aベストアンサー

医療保険なら5営業日です。
保険担当者と話をし、また保険支払いの方とも確認してますので。
それ決まっているらしいですわ。

ただ、内部事情で5日で処理できない時は、遅延金利を払うみたいです。
(って感じで受け取ってます)

損保はダメですね。交通事故は長いことかかりますね。
ホント・・・ふざけるな!って感じですわ。

Q終身保険の満期保険金は受け取れる?

ある方が昭和53年に加入した終身保険の満期を昨年迎えました。彼は25年間きちんと保険料を払っていましたが満期保険金は支払った保険料の3分の1だけでした。日本の大手と思われている生保会社です。私も違う日本の保険会社の終身保険に昭和63年に加入しています。保険料は30年間支払い、30年後一時金として受け取るか、年金として受け取る事を選択できます。家族がいないので死亡保険も要らないので解約も考えますが損な気がします。しかし先に述べた方の例を考えるとこの先保険料を払い続けても結局損ではと不安です。実際の所私の保険会社が破綻しないとしても加入30年後の1時金は払った保険料を下回る可能性が高いのでしょうか?契約時の約束では支払い保険料プラス50万円程度と言う話です。

Aベストアンサー

ご質問についてですが、そもそも終身保険に満期はありませんよ! それは解約した時に戻る“解約返戻金”を原資にした年金受け取りの変更か一時金でもらう、ただの解約の間違えと思うのですが・・。

ちなみに、特約など多種の保障が無く終身保険単体のご契約であれば、払込期間中に保険料が引き落とされなく“立替”にまわっていたり、一時的な資金が必要で“貸付”などを受けていなければほぼ、払込保険料と同額か期間によっては払込保険料を上回るでしょう!

Q死亡時3000万円の生命保険では、どれが?

お願いします。

36歳、男性です。
この度、結婚することになり
生命保険に入ろうかと思っております。

私が突然に亡くなった場合に備えて、残されたパートの妻と、もしその後に子供が生まれた場合のために死亡時3000万円の生命保険に入ろうかと思っております。
(子供が生まれたら、5000万円に増やそうかと思っています)

知り合いに、外資のライフプランナーの方もいますが
なかなか比較できないので、お教えください。
保険業界も移り変わりが激しいので、終身ではなく
掛け捨て10年がよいかと、思っておりますが、、

具体的な質問1
本当に掛け捨てがいいのでしょうか?


どの会社のどの保険が安くて、必ず払っていただけるのでしょうか(未払い問題もありますので)


医療保険も入ろうかと思っていますが、生命保険の特約につけたほうが、お得なのでしょうか
(ガン保険は外資のものに、すでに入っています。10年掛け捨てで、入院1日3万円です)

Aベストアンサー

NO.4の追加です。

>5000万円の受け取りですと、掛け捨てで、月の支払いが
45歳まで14000円
55歳まで26000円
65歳まで56000円の見積もりをいただいており、

36才男性で無解約返戻金型定期65歳だと、22800円です。はじめは更新型より高い保険料になりますが、トータルで考えると全期型の方が安いことがお分かりいただけると思います。

Q主契約のみ残すって不可能なんでしょうか??

主人が住友生命の5年ごと利差配当付終身保険に加入しています。月々の保険料が高い為、医療保険とガン保険をアフラックのものに加入して、主契約のみ残す予定でした(FPの方のアドバイスにより)。で、先日、住友の営業担当の方に「主契約のみ残して特約を全て解約したい」と申し出たところ、5千円以下の保険料にはできないとのことで、主契約と介護保障を残す流れとなりました。主契約の死亡保険金額は終身で100万です。この様な規定(5千円以下の保険料にできない)というのは普通にあることなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも、いろいろいますので、ご注意を。

>月々の保険料が高い為、
だったら、一番保障比コストが高い(貯蓄性があるが)のは、終身保険です。そもそも、100万の終身保険を解約する方向で検討はしたのでしょうか?また、その終身保険(主契約)は、いつのご契約(転換してる場合は、最終転換時期)でしょうか?

1995年あたり過ぎてからの契約なのだったら、主契約はそんなに予定利率高くないのですし、主契約残すために、不必要と思ってた介護保障が付いてくるのは、本末転倒です。

・払済保険できないか調べてください。(この事は、FPからは説明受けましたか?)
・払済保険できない場合は、すぱっと解約して、新たに単独で終身保険はいるか、もしくは、解約によって捻出された解約返戻金+、銀行積立で、終身保険分100万を確保していく手法もご検討ください。

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング