親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

先日、6年2ヶ月勤めた会社を退職しました。退職金規定では、退職金の算出方法は「基本給×勤続年数×0.5(自己都合退職の場合)」となっていました。私の場合、退職時の基本給は21万2千円でしたので、少なく見積もっても20万円×6年×0.5=60万円(差し引かれるものもあるでしょうから手取りは50万円程度)と予想していました。ところが実際に支給された退職金は30万円程度。事務長に確認すると、「退職金規定には記載していなかったが支給率というものがある」と言われました。事務長の話では、退職金の算出方法は「基本給×勤続年数×(支給率÷勤続年数)×0.5」であり、私の場合は支給率は2.5ということでした。支給率の存在については、退職金規定を職員に配布する際に口頭で説明したとのこと(各所属長には説明したかもしれませんが、私は言われた記憶が全くありません)。また今回支払われた退職金約30万円は一般的な額だとも言われました。しかし、6年以上勤めて退職金30万円程度(私の場合1ヶ月の給与は基本給と手当てを合わせて27万円程度でしたので、退職金は給与1ヶ月分程度になってしまいます)は低いような気がします。また、この算出式だと掛けた勤続年数を同じ勤続年数で割るので、勤続年数は関係ないことになります。事務長の説明では「支給率は勤続年数で決まるので、勤続年数が増えるほど退職金は増える」ということですが、あまり納得できません。そこで質問なのですが、(1)退職金規定に記載されていない退職金算出方法は認められるのか?、(2)この退職金算出方法(掛けた勤続年数を同じ勤続年数で割る)はおかしくないのか?、(3)基本給20万円以上で6年以上勤めた場合の退職金30万というのは一般的なものなのか?(勤続期間中は休職や無断欠勤はなく、事業所に大きな損失も与えませんでした)、の3点について回答をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 以前、類似質問にアドバイス(参考URLの紹介)をしたことがあります。


 参考までURLをお知らせします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2967679.html(類似質問)
http://www.pref.oita.jp/14530/rousei/sodan/sou5- …(類似質問)

 (1)についてですが、就業規則や退職金規程を改定した場合でも、その「不利益変更の有効性」や「労働者に周知されていない場合の効力」が問題になることがありますので、規程外の計算方法というのは、問題があると思います。
 労働局の個別労働紛争あっせんの利用も1つの解決方法と思います。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/ji …(退職金の支給要件)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/sou …(退職金の支給要件)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansi …(退職金の規定がない)
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-210/roudo …(退職金の減額)

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaike …(労働局総合労働相談コーナー)
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-210/roudo …(個別労働紛争)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/funsou/index.htm(個別労働紛争)
http://www.roudoukyoku.go.jp/roudou-soudan/about …(個別労働紛争)
http://nabe.typepad.jp/nabe_blog/2006/12/post_4b …(個別労働紛争あっせん)
http://www.kagawa-roudou.jp/top/8-55.html
http://www.kagawa-roudou.jp/top/8-3.html
http://www.nararoudoukyoku.go.jp/01soshiki/07sou …(あっせん事例)
http://www.renjyu.net/okirodo/01kikaku/0603.html(あっせん事例)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2553601.html(参考?)​
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1700325(参考?)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2461963.html(参考?)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2450836.html(類似質問)
    • good
    • 7

職名などから、どこかの団体なのだと思います。

こちらも団体勤務ですが、質問者さんよりはもらえますね。自己都合は半分というのは厳しいですね。団体は経済的基盤が弱いので、安く抑えられますね。
一般的だなんて言い切ってしまうのはどうかと思いますが、退職金というのは出す出さないという最初の一歩から事業主の自由になってます。

>勤続期間中は休職や無断欠勤はなく、事業所に大きな損失も与えませんでした
当たり前でしょ。そういうのがあったら、その金額にもならないですよ。
    • good
    • 7

こんにちは。



>退職金規定に記載されていない退職金算出方法は認められるのか?
これに関しては厳密には分かりません。

>この退職金算出方法(掛けた勤続年数を同じ勤続年数で割る)はおかしくないのか?

呼び方はいろいろですが、metabo-kunさんがおっしゃる支給率のような係数を退職金計算に使っている会社はよくありますよ。
私の勤務先でも、退職金算定基準の中に見つけることが出来ます。一例としては月額基準報酬(年収÷12×55%)×問題の係数みたいな感じですね。多分この係数は勤続年数に何か細工をしているんだと思いますが、ただこれで見ると在籍期間は計算式中に出てきませんよね。当に「(掛けた勤続年数を同じ勤続年数で割る)」な訳です。これはごく一般的な例なので少なくとも勤続年数が計算式中に登場しなくても別に可笑しくはないと思われます。

>基本給20万円以上で6年以上勤めた場合の退職金30万というのは一般的なものなのか?
私は3年前に転職しましたがその際に8年6ヶ月勤務して受け取った退職金は月額報酬の1.5ヶ月分程度でした。だからmetabo-kunさんの例もそれ程おかしくはないと思います。退職金支給額は結構会社によって差があるもので、その前に在籍した会社(7年いましたが)では月額報酬の3ヶ月分出ました。今いる会社では3年在籍するとほぼ1ヶ月分出ます。
ですから退職金支給額に一般的という概念は無いと考えた方がいいと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

今回受け取った退職金額が、一般的に見て特に低いものではないということがわかっただけでも、参考になりました。わざわざ回答いただき、ありがとうございました。m(_)m

お礼日時:2007/09/08 00:35

>支給率は勤続年数で決まるので、勤続年数が増えるほど退職金は増える」ということですが、あまり納得できません。

そこで質問なのですが、(1)退職金規定に記載されていない退職金算出方法は認められるのか?、(2)この退職金算出方法(掛けた勤続年数を同じ勤続年数で割る)はおかしくないのか?、(3)基本給20万円以上で6年以上勤めた場合の退職金30万というのは一般的なものなのか?



退職金は極めてあいまいなものです。
支払うか支払わないか企業で決められ、金額も企業にゆだねられています。民法の規定もありません。
30万円が一般的かどうかなど誰も分かりません。
また、一般的かどうかなど何の解決になりません。


(1)(2)は労働基準局で異論を伸べてください。
(3)は企業次第で外部は口を出せる代物ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

対応の仕方を具体的に教えていただきありがとうございました。m(_)m  教えられた通り、(1)と(2)については労働基準局に相談しようと思います。

お礼日時:2007/09/08 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職金の平均って?

結婚を機に会社をやめようと思っています。

そこで、会社からの退職金について調べてみましたが、
ちょっと信じられないくらい少額だったので驚いています。

それぞれの会社によるのは分かっているのですが、
大卒で22~29歳まで働いた総合職に支払われる退職金って
大体どのくらいが平均でしょうか?

教えてくださいm(_ _)m



ちなみにもう一つ。
会社をやめた後に入籍する場合、
会社からの結婚祝い金は普通、頂けないものでしょうか?

よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

新卒正職採用、半民間法人を10年強で退職。信じられない程いただきました。
その後、民間正職かつ管理職。10年強で退職。退職金10万円。現在の職場、契約で管理職。比較的大きな会社。ボーナス退職金なし。
もらえるだけでもありがたいです。

Q退職金は、退職後すぐにはもらえないものですか?

私は6月中旬に退職しました。
退職金が出る、ということは聞いているのですが、いつもらえるかを聞きそびれて、いまだにもらえていないのですが、何ヶ月も後にもらえるものなのでしょうか?
それとも、職場に行かないともらえないところもありますか?
賞与は振り込まれていました。明細も送られてきましたが、その賞与は退職金とは別ですよね?
どなたか、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

私は昨年末に退職をしました。
2月には振りこまれていましたよ!
会社にもよると思うので聞いた方が確実だと思います。
事前に振込みのお知らせはくるとは思いますが・・・。
賞与と退職金は別です!!

Q退職金について。最近10年勤務していた会社を退職しました。退職金が60万円程度でした。これって少なく

退職金について。最近10年勤務していた会社を退職しました。退職金が60万円程度でした。これって少なくないですか?給料の手取りは18万程度です。

Aベストアンサー

それぞれの企業がどういう仕組みで退職金制度を組んでいるかによる。
中小零細企業なら退職金制度があるだけマシな場合もある。
その金額だとおそらく中退共(中小企業退職金共済事業)かなんかだと思う。
10年で60万だったら、おそらく最初は2000円の毎月の掛け金からのスタートで、年数重ねるごとに増やして最終的に5000円とか6000円の掛け金になってるっぽい。
給料手取りで18万ってことは総支給で22万〜23万くらいだろうから、その給料でだったら掛け金としては結構かけてもらってる方かも。

中小企業はこんな感じで中退金を利用してるとこも多い。
この中退金と同時に会社でも積立して、中退金からのお金と会社の積立を合わせて出すところもある。
そうなるともっと退職金も増えるんだけどね。

少ないか少なくないかは、一概には言えない。
会社に対して高い貢献度だったのなら安い気もするけど、そうでもないのなら妥当なとこ。

Q退職金の大幅カット

母のことでおたずねします

母はある事業団に勤続40年で先月末に退職しました
給与規定などの社内規定は事業団が所在する市町村の規定を準用するものとなっていました
この事業団は全国あり、全国的な組織です
母の所属する事業団(支部のようなもの)のトップは所在地の市長です
実名を挙げられないので分かりにくい説明ではありますが、準公務員のような扱いであると考えていただいていいと思います
予算も市から出ています

この度退職するに当たり、事業団の運営が厳しいという話から母の退職金が大幅にカットされてしまいました
いろいろと説明等あったようですが、納得できないので労働基準監督署に出向き話し合いの調整をしてもらうよう依頼しました
後日回答があったのですが、話し合いに応じないとの事でした

そこで質問なのですが、このような場合この先どのように交渉していけばいいのでしょうか?
裁判になるのならそれでもいいと考えています

どうぞよろしくお願い致します

Aベストアンサー

参考URLをご紹介します。
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1410/C1410.html(Q1:経営悪化を理由とした退職金減額)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa28.html(経営悪化を理由とした退職金減額)
http://www.pref.oita.jp/14550/rousei/sodan/sou5-2.html(退職金支給率の不利益改訂)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1410/C1410.html(退職金制度の廃止)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/chingin/chingin03.html(退職金)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei14.html(退職金)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/qa04_02.html(退職金)
http://www.pref.shizuoka.jp/syoukou/syo-02/roudousoudan/jirei/jirei12.html(退職金)
http://www.nagano-roudoukyoku.go.jp/mondai/mondai01_10.html#6(Q4:退職金)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa08/qa08_50.html(退職金)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu5-6.html(退職金の支給要件)
http://www.pref.gunma.jp/g/06/soudan/soudan/7/2.html(退職金の支給要件)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/taishoku/K04.html(退職金の支給要件)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu5-7.html(退職金の支払い時期)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200412.html(退職金の支払い時期)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/syugyo/syugyo02.html(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/qa01_01_05.html(労働条件の不利益変更)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa06.html(労働条件の不利益変更)
http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/027.htm(労働条件の不利益変更)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1381/C1381.html(就業規則の不利益変更)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa05/qa05_35.html(就業規則の不利益変更)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/qa01_02_05.html(就業規則の不利益変更)
http://www.pref.shizuoka.jp/syoukou/syo-02/roudousoudan/jirei/jirei2.html(就業規則の不利益変更)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/kyouyaku/K06.html(就業規則の不利益変更)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/kyouyaku/K07.html(就業規則の不利益変更)
http://www.unyuroren.or.jp/home/horitsu/horitu/h021.htm(就業規則の不利益変更)
http://www.e-sanro.net/sri/q_a/roumu/r_bas_073.html(就業規則の不利益変更)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau05.pdf(就業規則)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/syugyo/syugyo03.html(就業規則の効力と周知義務)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1389/C1389.html(就業規則の効力と周知義務)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200405.html(就業規則の効力と周知義務)
http://roudoukijun.sakura.ne.jp/soudan/sub3.html(Q3:就業規則の効力と周知義務)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200506.html(就業規則の閲覧)
http://www.kyoto-roudou.plb.go.jp/rodo/qa/qa01.html#Q5(Q5:就業規則の閲覧)
http://www.nagano-roudoukyoku.go.jp/mondai/mondai01_10.html#8(Q2:就業規則の閲覧)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/index.html(労働局長の助言・指導、個別労働紛争あっせん)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/tetuzuki.html(個別労働紛争解決のスキーム)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html(総合労働相談コーナー)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2581168.html(弁護士費用等)
http://www.houterasu.or.jp/center_riyou/minji_fujo.html(民事法律扶助)

参考URLをご紹介します。
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1410/C1410.html(Q1:経営悪化を理由とした退職金減額)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa28.html(経営悪化を理由とした退職金減額)
http://www.pref.oita.jp/14550/rousei/sodan/sou5-2.html(退職金支給率の不利益改訂)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1410/C1410.html(退職金制度の廃止)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/chingin/chingin03.html(退職金)
http://www.shizu...続きを読む

Q中小企業退職金共済 掛け率計算

お世話になります。
3年半ほど勤めていた会社を退職し、中小企業退職金共済から退職金が支払われました。
その額の算出方法がいまいちよくわかりませんので質問させていただきました。

【状況】
2011年(H23年)5月11日入社(当時33歳)、2014年(H26年)9月20日退社(36歳)
納付月数. 29ヶ月、 掛金月額5000円。 
支払われた退職金145,000円

【目的】
いまさら額をどうこうできるとは思っておりませんので、投資で、この退職金を増やそうとしております。
その投資と金欲のゴールを明確にしたい。(ゴールがないと無駄にリスキーな投資をしてしまうので・・・笑)

【疑問点】
(1)就職年月日H24年5月11日(加入)、H26年9月20日退職とあるのですが、実際は、一年前のH23年5月11日に入社しております。入社して、基金に加入するまでの1年間はなんなんでしょう?これって普通なのでしょうか?

(2)退職金の掛金が最低の5000円!!これで33歳から60歳までの27年間勤め上げたとしても\2,025,750! スズメの涙くらいの退職金しかでないではないかと思いました。
基本退職金額表→ http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/sisan/sisan03.html
また、モデルケースよりも少ない。基本的に掛金が低すぎるのが原因かと。
退職金の世間相場モデルケース→ http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/qa/qa-09/9-3-3.html

ほか、この共済では付加退職金というものがみたいですが、HPを覗いてもあんまし意味がわかりませんでしたが、結局、60歳まで勤め上げて\2,025,750しかでないのですか?

【感想】
・退職金について、会社のほうも、月々いくら掛けていることを言わない(言う必要もない?)ので、早いうちに仕組みがわかってよかった。現職は一般的に大手と言われている企業で風通しのよい会社なので、退職金について早いうちに人事に質問してみようと思った。

・退職金といえば、1000万ほどもらえるものかと思っていたが、なんでもそうですが掛金次第なのだなぁと。

・前の会社は、とにかく早いうちに見切りをつけてよかった。

疑問点2点について、私の出した答えが正しいかどうか教えてください。よろしくお願いいたします。

お世話になります。
3年半ほど勤めていた会社を退職し、中小企業退職金共済から退職金が支払われました。
その額の算出方法がいまいちよくわかりませんので質問させていただきました。

【状況】
2011年(H23年)5月11日入社(当時33歳)、2014年(H26年)9月20日退社(36歳)
納付月数. 29ヶ月、 掛金月額5000円。 
支払われた退職金145,000円

【目的】
いまさら額をどうこうできるとは思っておりませんので、投資で、この退職金を増やそうとしております。
その投資と金欲のゴールを明確にしたい。(ゴールが...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
普通かどうかはわからないが,入社して1年たたないと加入させないようにしているんでしょう。従業員には優しくない会社ですね。

(2)
5000円で27年=324か月ならば186万6450円ですよ。計算ではそうなります。基本的に掛金が低すぎるのが原因ですね。
付加退職金は加入して43か月たたないと0円です。それ以降は運用収入の状況等に応じて付加されますが,
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/seido/seido06.html
に書いてある通り1年で1%とか2%程度だけ基本退職金に上乗せされるだけです。

Q零細企業の退職金はいくらぐらいですか?

有限会社とか、家族でやっている会社の退職金は
いくらぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

私の妻は、30人ほどの会社で、5年ほど前に倒産しました。
退職金よりも最後の給料がやっとと言うのが実情でした。


零細企業で、1千万円・・それは、あり得ないと思います。
小規模共催に入っていても・・です。
これの掛け金も結構な額なのです。

捕らぬ狸の皮算用・・
退職金など当てにするよりも、自分で・・
つまり節約とか、その他のお金が入る算段をする(バイトなど)。
あるいは、奥さんが働く・・など、現実的な対策をするのが・・
大人の知恵と言うものでしょう。

Q退職金は給与から積み立てられているのですか?

1.会社を辞めた時に受け取る退職金は毎月の給与から引いて積み立てられているのでしょうか?(給与明細を見ても載っていません。)
 退職金の基本は給与で、それに会社がプラスしているのでしょうか?
2.確定拠出年金で企業が拠出する掛け金は、従業員の給与から引いて積み立てているものから拠出するのでしょうか?
 退職金と企業が支払う確定拠出年金のお金の出所がわかりません。企業が全て負担するとは考えにくいのですが、そういう企業もひょっとしたらありますか?
 退職金についてよくわからないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、従業員が退職する時に、会社は、会社が貯めて持っている預金の中からお金を引き出して、その従業員に「退職金」を支払います。ただ、それだけのことです。

しかし、「退職金」は、巨額な場合が多いので、一時にそれを払うとすると、会社としては、資金繰りの予定が立てにくいです。
そこで、会社は「退職金」の分を、前もって、それなりに計算して、普段から少しずつ、別のところに貯めていきます。
この別のところこそが、「確定拠出年金への積み立て」であったり、「中退共への積み立て」、「特退金への積み立て」であったり、「銀行での積み立て」であったり、「生命保険会社での積み立て」であったりするわけです。
いつから、どこに、いくら預けて貯めるかは、会社(等)が決めます。

「退職金」は会社が払うべきものなので、これらの積み立て準備金も会社が全て負担します。

ということで、「給与」とは直接関係ありません。

Q退職願い提出後に賞与は支給されるのでしょうか。

あつかましいご質問で失礼いたします。

今、転職を考えており1社内定がいただけそうな状況です。面接の際には、なるべく早く退職手続きを取ってほしいと言われています。

現職では、公に退職を受理されているわけではなく、
6月末日には賞与が支給される予定です。

さて本題です。仮に内定が6月初めにでれば、6月もしくは7月の退職となると思うのですが、退職願い提出後に賞与は支給されるものなのでしょうか。

私個人の勝手な解釈では、1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考えるのですが、企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考えるはずです。

いろいろな解釈ができるかと思いますが、皆様の率直なご意見をお聞かせいただければ幸いです。

Aベストアンサー

あくまで、私の経験です。(複数の民間会社です)
支給日に在籍していれば、賞与は貰えました。
退職願いを提出→受理される→業務引継ぎ→有給消化
有給を消化した後、退職日となります。
この退職日までに支給日があれば、全額支給されました。

>1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考える

おっしゃる通りかと思います。

>企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考える

それはそうでしょうが、筋道を立てて退職を申し出た人に
取るべき対応ではないと思います。
現在いらっしゃる社員の方々の愛社精神・会社への帰属意識に多大な悪影響を与えるでありましょう。
堂々と主張・請求されてしかるべきかと思います。

まだ、支給されないと決まった訳ではありませんよね?
案外、すっと支給されるかもしれませんし、支給され
なかった場合の参考とされて下さい。

Q退職金が振り込まれる時間について

今月いっぱいで退職(会社都合)する者です。 
会社から退職に関する説明も丁寧にしてもらいました。 

退職金も今月(12月)振り込まれると言うことでしたが・・・ まだ振り込まれていません。
給与等は、その日の午前1時には、振り込まれています。 先程確認(午前6時)したところ
入金されてませんので“今日じゃないのか”と落胆しています。 おととい総務にも確認にして
28日ですと言われました。  

給与と退職金は振り込み時間が違うのでしょうか? お詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

労働法規法令上、給料を受給者との合意で銀行振り込みで支給する場合でも、午前10時までに受給者が引き出せる状態にすることが決められています。
したがって、給料は給料の支給日の午前10時前に口座に入ります。

一方で、退職金は労働基準法には定められていないので、支給者(会社)と受給者(退職者)との合意によります。
仮に28日に支給という合意であれば、論理的には29日の午前0時前であればいいわけです。
実際には銀行の営業が終わる午後3時までには入金されると理解しておけばいいのではと思います。

Q退職金が出ない会社は良くない会社なのでしょうか

私は今就職先を探してハローワークに通っているのですが
求人票を見ていると雇用 労災 健康 厚生などの
保険はしっかり入っているのですが
退職金がでないという求人票をよく見かけます。
辞めることを前提に就職先を探している訳ではないのですが
万が一辞めることになったとき退職金がでないのが不安です。
退職金が出ない会社は避けた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に言うと、いいとはいえないと思います。
ただし退職金の出る会社にしても、勤続3年以上。という条件付です。
質問者さんがどれくらいお勤めして退職する予定なのかわかりませんが、自分が職安通いしていた時はほとんどがそうでした。
ところで安倍晋三官房長官の著書、「美しい国へ」に興味深いことが書いてありました。

ある会社は退職金制度などの福利厚生を廃止し、その分を給料に上乗せしたそうです。(No.1さんがいっていたことですね)
とても有名な会社です。
アメリカ式の実力主義的な制度で、日本に浸透するのは難しいと感じましたが・・・。
興味があったらぜひ読んでみてください。

話しが脱線しましたが、要するに求人表に書いてあることをよく吟味してから就職したほうがよさそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング