イージスの機能はかなり素晴らしいようですが、それではステルス戦闘機をぎりぎりまで接近させてミサイルを撃つような場合、ダメージを与えうるんでしょうか?
ミサイル自体にはステルス構造って不可能なんですかね?

A 回答 (4件)

イージスだって万能じゃないんですから、山のようにミサイルを打ち込まれたりミサイルを感知できなかったりすれば被害を受けますよ。



ミサイルは戦闘機に比べてサイズが小さいので元々レーダーに映りにくいんです。そういう意味ではステルス化は行われていますね。
仮にステルス性を向上させる場合、本体の構造や素材や内部機器の配置から考えないといけませんので設計が非常に面倒になるうえにステルス性という縛りからそれ性能も多かれ少なかれ犠牲にされますし、値段も上がるでしょう。
要はそこまでしてミサイルにステルス性は必要か?という話になります。そして、各国はそこまでして高いステルス性をミサイルに期待していないようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まとめて皆様ありがとうございます。
かなり詳しいので驚きました。
さすがに高価、高性能でも大量攻撃には弱いのですね。

お礼日時:2007/11/06 00:00

 管制火器が対応しきれるかどうかではないですかね。

ようするに大量に一斉に打ち込めば距離に関係なく撃沈できるのでは?
    • good
    • 0

与えられるかられないかという点だけでいえば、与えられると思います。


イージス艦に対するもっとも効果的な攻撃は、いわゆる「飽和攻撃」だろうと思います。ある意味力押しで、美しくはないですが。
    • good
    • 0

終末誘導で赤外線シーカーを作動させるので、仮にステルス化しても


イージス艦のセンサーにはかかると思います。また、熱源反応からも
警戒しているので、その性能はわれわれの想像を遥かに超えているか
もしれません。
できるなら、低空から多数のミサイルを誘導して自己鍛造弾を捲いた
方がいいかも知れません。レーダーを無力化してからなら落せるでしょ
う。また、別な方法として潜水艦から魚雷型機雷を奴らの通り道に発射
して待ち伏せる方法も有効です。

ただ、赤外線誘導もレーザーでセンサーを目潰し状態にできたり、
アンチステルス技術もそのうちできるのであまり有効ではないかと。
ついでに言うと防御力も乗員の錬度も高いのでなかなか通らないと
思います。
最終的には光学兵器とか、リニアキャノンになりますかね…。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本海に展開していたイージス艦搭載のミサイルは北朝鮮や中国の国土を射程圏内に含むのか

中国や北朝鮮は日本にノドンを向けているといいますがイージスはそういう能力を北や中国に対して持ちますか?

Aベストアンサー

日本の最新鋭イージス艦「あたご」の兵装です。

艦砲
Mk45 Mod4 5インチ60口径単装速射砲 1問
12.7センチ 有効射程約24キロ
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mk_45_5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E7%A0%B2

対艦ミサイル
90式艦対艦誘導弾 4発射装置
射程:150~200キロメートル(推定)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E8%89%A6%E8%AA%98%E5%B0%8E%E5%BC%BE#SSM-1B

どちらも本格的に中国、北朝鮮の国内施設にダメージを与える武器ではありません。

イージス艦は攻撃システムというより防御システムなのです。
そりゃ、相手国の沿岸まで近寄って何発か撃てるかもしれませんが、その後の反撃を考えると、子供のピンポンダッシュみたいなもんでしょう。

しかし、日本に攻撃を仕掛けようとする国があれば、手痛い反撃を覚悟しなければなりません。
イージス艦が装備それるとき野党から『近隣諸国に脅威を与える』と、盛んに喧伝されましたが…
正確に言うと『日本に攻撃を仕掛ける意図のある近隣諸国にとっては脅威になる』ですね。

仮に日本が攻撃をする場合には、長距離巡航ミサイル(トマホーク等)や、地下サイロに眠る核ミサイルまで届くバンカーバスター等の爆弾を積めるF16やF15ストライクイーグルの装備が前提です。

さらに、目標を正確に把握できる高解像度偵察衛星も必要です。
それらが揃って初めて攻撃が可能になります。

ですから、ご質問の答えは「いいえ」になります。

日本の最新鋭イージス艦「あたご」の兵装です。

艦砲
Mk45 Mod4 5インチ60口径単装速射砲 1問
12.7センチ 有効射程約24キロ
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mk_45_5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E7%A0%B2

対艦ミサイル
90式艦対艦誘導弾 4発射装置
射程:150~200キロメートル(推定)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E8%89%A6%E8%AA%98%E5%B0%8E%E5%BC%BE#SSM-1B

どちらも本格的に中国、北朝鮮の国内施設にダメージを与える武器ではありません。

イージス艦は攻撃システムというよ...続きを読む

Q日本の最新鋭のイージス艦と中国の最新鋭のイージス艦が、東シナ海でタイマ

日本の最新鋭のイージス艦と中国の最新鋭のイージス艦が、東シナ海でタイマン勝負したとしたら、
どのような結果になるでしょうか。
航空支援・潜水艦支援一切なしとします。搭載ヘリは使用します。
興味本位の質問ですが、多くの人が知りたがっていると思いますので、ある程度正確にお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは


中国の最新鋭イージス艦って、俗に"チャイニーズ・イージス"と
呼ばれる052C(旅洋II型)のことでいいでしょうか?(正確には
同艦は Ages Weapon Sysytem は搭載しいていないので、
イージス艦とは呼べないのですが・・・)

我が方はもちろん"あたご型"ですね。
あたごは標準状態ではヘリコは非搭載ですが、今回は搭載する前提
で考えてみます。

もちろん、現実的には、今回のような「単艦による水上打撃戦」と
いう状況はまず起こりえないものだと思いますが、まぁそれはさて
おき・・・。


で、とりあえずは両艦とも艦載ヘリを索敵のため進出させ、得られ
た情報をデータリンクで母艦に送り、兵器の発射諸元を出す、とい
うところまでは差はありません。

ただ、双方の艦載ヘリのセンサーの能力は我が国のSH-60Kの方が
だいぶ優れているので、もしかしたら先に相手を見つけるのはSHで
ある可能性が高いと思います。

ここで彼我の距離が200Km以内(100Km強程度)であったなら、先に
あたごから90式対艦誘導弾(SSM-1B)で攻撃をしかけるかもしれま
せん。
理由は、旅洋II搭載の対空ミサイルHHQ-9Aがシースキミングモード
への対処に若干の不安があるため・・・。

そこを突いて、複数弾のSSM-1Bをプログラミング誘導し、それぞれ
が異なる経路を飛翔させながら同時着弾させることで、相手へ打撃
が期待できますので、(あたご)艦長の決断次第ではそのような攻撃
も充分あり得ると思います。


逆に200Km超で、相手のヘリ(Z-9C)から先にあたごが見つかってし
まったならば、旅洋IIからYJ-62対艦ミサイルにより、先制攻撃を
受けてしまう可能性はあります。

しかしながら、中国艦の艦長さんが"まともな思考を持つ"人だったら、
まず先制攻撃は仕掛けないでしょう、理由は、YJ-62がSSM-1Bの様な
高度なプログラミング誘導が出来ないのと、ECCM能力もさほど高くは
無く、結果、あたごの対空ミサイル(SM-2)で"虎の子の"対艦ミサ
イルがほとんど撃墜されてしまう恐れが高いから、です。

以上のことから イコールコンディションであれば、あたごのほうが
やや有利な戦闘を展開出来るのではなかろうか? と思います。

こんにちは


中国の最新鋭イージス艦って、俗に"チャイニーズ・イージス"と
呼ばれる052C(旅洋II型)のことでいいでしょうか?(正確には
同艦は Ages Weapon Sysytem は搭載しいていないので、
イージス艦とは呼べないのですが・・・)

我が方はもちろん"あたご型"ですね。
あたごは標準状態ではヘリコは非搭載ですが、今回は搭載する前提
で考えてみます。

もちろん、現実的には、今回のような「単艦による水上打撃戦」と
いう状況はまず起こりえないものだと思いますが、まぁそれはさて
おき・・・。


で...続きを読む

Qステルス戦闘機ではなく、ステルス船って本当にあるのですか?

この前ウェブを眺めていたらステルス戦闘機ならぬ、ステルス護衛艦のような船を見ました。あれは実用されているのでしょうか? 当然あれもレーダーに映らないのですか? ということは、ステルス潜水艦もあるはずですよね?

Aベストアンサー

先ず、質問者のステルス技術に対する誤解を解く事から始めますが、ステルス技術とは、レーダー波(電波)の反射を低減させる事で、レーダーによる被発見率を低下させる諸技術の事です。従って、電波の透過しない水中を主な行動領域とする潜水艦にステルス特性を持たせる事に意味はありません。一部、水面に露出する事のある潜望鏡マストにステルス技術を適用する事に意義がある程度です。
ステルス技術には、構造ステルスと材料ステルスの二種類があります。前者は一定方向(大抵は機体、船体などの進行方向側)からのレーダー波を、発信地点(つまりレーダーのある場所)とは違う方向に指向させる事により、反射波を戻さない事で探知を避ける技術であり、これは、所謂ステルス爆撃機等を御覧になれば解る通り、機体表面の形状を計算に基いて整形する事で達成されます。スーパーコンピューターの登場以前にはこの複雑な形状の計算が困難だった為、1980年代以前にはステルス戦闘機は出現しなかったのです。後者はフェライト材等の電波を吸収する素材を表面に塗布する事により、反射波を低減させる技術です。これらの諸技術は併用される事が一般的です。
さらに、ステルス技術と言う物は、飽くまで被発見率を低下させる技術であり、必ずしも完全に見えなくする事を指すものでは無いので、部分的にステルス技術を適用した航空機、艦艇等は相当な数存在します。1990年代以降に設計された軍用機、軍艦には多かれ少なかれ、ほぼ全て適用されていると言っても良いでしょう。例えば軍艦の場合、垂直にそそり立つレーダーマストなどは最も電波を良く反射する為、この部分にだけステルス技術を適用するのは良くある事です(我が国の護衛艦も、新しい物はそのようになっています)。艦全体をステルス化する事は非常に高コストになる為、このような用いられ方をするのが現状では一般的です。

先ず、質問者のステルス技術に対する誤解を解く事から始めますが、ステルス技術とは、レーダー波(電波)の反射を低減させる事で、レーダーによる被発見率を低下させる諸技術の事です。従って、電波の透過しない水中を主な行動領域とする潜水艦にステルス特性を持たせる事に意味はありません。一部、水面に露出する事のある潜望鏡マストにステルス技術を適用する事に意義がある程度です。
ステルス技術には、構造ステルスと材料ステルスの二種類があります。前者は一定方向(大抵は機体、船体などの進行方向側)から...続きを読む

Qアメリカ軍のICBM(大陸間弾道弾ミサイル)のミサイル発射シーケンス(発射手順及びシステム)について教えて下さい

1,アメリカ空軍のICBM(大陸間弾道弾ミサイル)のミサイル発射シーケンス(発射手順及びシステム)についてですが、それを解説した文献等の情報をご存知の方ご教授賜りますようお願い申し上げます。
 
2,
 ソニー・マガジンズ社発行のチャールズ・ペレグリーノ(Charles Pellegrino)著 ダスト(DUST)のp643に、終末機械(Doomsday Machine)の別名で知られる<単独生存者モード>/<ソアスポートモード>方程式--本来のカプセル(発射管制官の詰め所)との通信が途絶した場合に、ミサイルがその指揮権を自動的に他の生存しているカプセルへと譲渡し、さらにあらゆるカプセルとの接触が絶たれた場合には、最後に設定された目標に向かって自動的にミサイルを発射するための秒読みが開始されるというシステム--は冷戦時には現実に稼動していたが、チェルノブイリとチャレンジャー号という二つの事件の後で撤廃された。
 しかし、現在のロシアと中国ではまだ機能しているらしいが本当でしょうか?
またこのシステム(<単独生存者モード>/<ソアスポートモード>方程式)に関してもご教授下さい。

1,アメリカ空軍のICBM(大陸間弾道弾ミサイル)のミサイル発射シーケンス(発射手順及びシステム)についてですが、それを解説した文献等の情報をご存知の方ご教授賜りますようお願い申し上げます。
 
2,
 ソニー・マガジンズ社発行のチャールズ・ペレグリーノ(Charles Pellegrino)著 ダスト(DUST)のp643に、終末機械(Doomsday Machine)の別名で知られる<単独生存者モード>/<ソアスポートモード>方程式--本来のカプセル(発射管制官の詰め所)との通信が途絶した場合に、ミサイルがその指揮権を自動的に他の...続きを読む

Aベストアンサー

1、発射操作は3人で行います。ホットラインがなって一人が取り発射指令を受け金庫から鍵を2個取り出します。2名が発射暗号を入力し鍵を入れ同じに鍵を回せば発射されます。
2、わかりません。

Q太陽系の惑星が地球に接近して人類滅亡って本当??

最近、TVを見ているとそのことについてとりあげてをおり、なんと、NASAの担当員が二ビルとかいう惑星が地球に近いところにあると存在を認めたらしいのです!!!
まだ、私は小学6年生なんですが、すごくすごく不安です。
「来年は中学だし、まだ12歳なのに死んじゃうのやだな。」とかいろいろ考えてしまいます。
まだまだ死にたくないです。
どなたか、そのようなことについて関係がある人、もしくは詳しい方、回答お願いいたします。

無駄な注文ですが、できれば、小6に理解できるようなご回答お待ちしております!!

Aベストアンサー

天文学者の近いは,当てにならないですからね。
地球と月の間って,普通の人から見れば,ものすごく遠いですけど,天文学者に言わせれば,
目と鼻の先。くらいに感じるらしいですよ。
確率としては,99.9999%は、かすりもしないで通り過ぎるだろうけど,0ではない。
気をつけたほうがいいけど,怖がる事でもないよ。

お父さんよりお爺さんに効いた方がいいかもしれないけど,「妖星ゴラス」という映画を日本がむかーし作って世界中でヒットしたから、レンタルビデオで借りてみるといいよ。その時,人間が何をしたかを見ると,人間て凄い! と思えるから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報