数年前に自動車事故の関係で実印を作ったのですが、その後まったく使うことがなかったので、どの印鑑が実印に使ったものか判らなくなりました。市役所に行けば判別してくれるのでしょうか。それとも一旦登録抹消して新たに登録した方が手間がかからないのでしょうか。使った印鑑は三文判でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

印鑑証明を取って印影を比較すれば良いのではないのでしょうか?


最近の印鑑証明の発行ってどこでも大体登録カードでですよね?

しかし、三文判の印鑑で登録ってマズイのではないでしょうか?
厳密に比較すれば三文判も同じ印影にはならないといいますが、
判別し易い手彫りの印影の方がもしもの時に無駄なリスクが回避
できると思うのですが、いかがでしょう。

marimo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 すぐに解答いただきましてありがとうございます。
 近所の公民館で印鑑証明が取れますので、今度行ってみます。

お礼日時:2001/01/27 22:10

marimo_cxさんのご回答と重複してしまいますが…



三文判で登録されているのでしたら、この機会に
新しい実印に変えられたほうが良いのではないでしょうか。
やはり大量生産されている印鑑を実印として使うのは、
避けるべきなのでは…
「印鑑登録廃止申請」をしたのち、オリジナルの印鑑で
新規登録をされればOKです。
詳しいことは、役場にお問い合わせを…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 解答ありがとうございます。
 学校の卒業祝いにもらったり、認印として購入したりしたものがたくさんあってわざわざ実印用の印鑑を買わなかったのです。なんか霊感商法のイメージがあったので高い金を出して買う気がしなかったのですが、この機会に購入を考えてみます。

お礼日時:2001/01/27 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印鑑証明って有効期限ありますか?

印鑑証明って有効期限ありますか?

Aベストアンサー

http://www.stampproof.com/cat6/post_11.html

どうぞです。

Q結婚後、姓が変わりました。店舗の契約にさいし新たな実印と印鑑証明が必要

結婚後、姓が変わりました。店舗の契約にさいし新たな実印と印鑑証明が必要でしょうか? 当たり前の事かもしれませんが教えてください。

Aベストアンサー

結婚して
苗字変わったこと証明する戸籍謄本添付すれば、
新しくする必要は、ありません。
それが、面倒なら
登録しなおしてん


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q印鑑証明の有効期限?

よく印鑑証明の有効期限が3ヶ月だといわれますが、これにはどのような根拠があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 印鑑証明書や住民票の有効期限は3ヶ月と言われていますが、法的根拠はありません。それらの書類の提出を求める側が、用途に応じて3ヶ月とか*ヶ月以内に発行をした物、と独自に規定しているだけです。

 印鑑証明書は、住民票のある役所で登録をする事になりますので、住所がそこにあることの証明にもなります。あまり長期間の場合には、発行をしたあとで住所を変更している場合があることから、*ヶ月以内、特に良く使われているのは3ヶ月以内としているのだと思います。

Q印鑑証明と実印登録について

相続手続き上の話ですが、必要書類の1つとして、市役所発行の実印の印鑑証明を取得するように、と言われました。私、転勤族なもので、引越しした先で、市役所への印鑑登録をしたりしなかったりです。また、実印として登録する印鑑も、時々で変わったりするのですが、そもそも登録する市役所によって実印が変わる、ということは、特に問題はないのでしょうか?

Aベストアンサー

実印登録は転出で登録無効になります。転入先で新たに実印登録しない限り登録実印は存在しません。実印登録された印でも紛失による改印届けで別の印鑑で再登録すれば旧印鑑は実印ではなくなり、再登録した新印鑑が実印となります。ある時点で実印登録されている印鑑に対して印鑑証明書を発行してもらえます。実印は硬い変形しない材質の印鑑(100円や300円の三文判でも可能、ゴム製のシャチハタ印は駄目)であれば何でも良く、実印とすることが可能です。印相学に基づく縁起の良い印(開運印)など気にしなければどんな印でもいいし、登録して印鑑証明書を発行して貰い、その後で改印登録しても構いません。印鑑証明書はその発行日に実印登録されていたことを証明する有印公文書に過ぎません。実印登録は住民票のおいてある市役所のものが有効で、過去の印鑑登録は新住所へ転出した時点(転入届出市役所から転出市役所に転入届受理が通知される)で無効になります。つまり実印が同時に色々な市役所に登録されているわけでなく、過去に住民票のあった市役所に登録していた実印は登録抹消されていますので以前の市役所で登録していた旧実印の印鑑証明は受けられません。

>引越しした先で、市役所への印鑑登録をしたりしなかったりです。

印鑑証明書や実印が必要でなければ特に印鑑登録する必要はありません。

>実印として登録する印鑑も、時々で変わったりするのですが、そもそも登録する市役所によって実印が変わる、ということは、特に問題はないのでしょうか?

何の問題もありません。旧住所から転出すると同時に実印登録も無効になります。
印鑑証明書が必要なら改めて転入した住所の市役所で印鑑登録して実印を決めその印の印鑑証明書をとります。登録印鑑の改印手続きや転出引越ししない限り実印は変わりません。

実印登録は転出で登録無効になります。転入先で新たに実印登録しない限り登録実印は存在しません。実印登録された印でも紛失による改印届けで別の印鑑で再登録すれば旧印鑑は実印ではなくなり、再登録した新印鑑が実印となります。ある時点で実印登録されている印鑑に対して印鑑証明書を発行してもらえます。実印は硬い変形しない材質の印鑑(100円や300円の三文判でも可能、ゴム製のシャチハタ印は駄目)であれば何でも良く、実印とすることが可能です。印相学に基づく縁起の良い印(開運印)など気にしなければ...続きを読む

Q所有権移転の印鑑証明有効期限について

所有権移転の印鑑証明有効期限については不動産登記法施行規則第44条から発行日の3ヶ月以内のものを添付すると認識してましたが、先日ある業者から「土地の所有権者から承諾書をもらっていれば、その印鑑証明が承諾日の3ヶ月以内の日付であれば1年経ってようと、10年経ってようと所有権移転はできる!!」と言われました。果たしてそんなことできるのでしょうか?同様に抵当権の設定も問題ないと言ってましたが、どうも信用できません。役所などの嘱託登記ではなく一般の登記です。登記において印鑑証明の期限が無いパターンはあるのでしょうか?どなたか教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

>先日ある業者から「土地の所有権者から承諾書をもらっていれば、その印鑑証明が承諾日の3ヶ月以内の日付であれば1年経ってようと、10年経ってようと所有権移転はできる!!」と言われました。果たしてそんなことできるのでしょうか?同様に抵当権の設定も問題ないと言ってましたが、どうも信用できません。

 ご質問者が疑問をもたれているとおり、その業者の発言は間違いです。所有権移転登記も抵当権設定登記も共同申請が原則ですから(不動産登記法第60条)、「承諾書をもらっていれば」という発言で既に間違いであることが明らかです。
 所有権登記名義人が登記義務者として登記権利者と共同して申請する場合は、市町村長等が作成する印鑑証明書を添付しなければならず(不動産登記令第16条1項、第18条1項)、その印鑑証明書は作成から3ヶ月以内のものであることを要します。(不動産登記令第16条3項、第18条3項)
 なお、不動産登記法施行細則は、平成17年の改正不動産登記法の施行により全面的に改正されています。

>登記において印鑑証明の期限が無いパターンはあるのでしょうか?

 仮登記権利者が仮登記義務者の承諾書を添付して、所有権移転仮登記等をする場合は、その承諾書に添付する印鑑証明書には期限がありませんが、その業者はそれと勘違いしているように思われます。あるいは嘱託登記と勘違いしているのでしょうか。

>先日ある業者から「土地の所有権者から承諾書をもらっていれば、その印鑑証明が承諾日の3ヶ月以内の日付であれば1年経ってようと、10年経ってようと所有権移転はできる!!」と言われました。果たしてそんなことできるのでしょうか?同様に抵当権の設定も問題ないと言ってましたが、どうも信用できません。

 ご質問者が疑問をもたれているとおり、その業者の発言は間違いです。所有権移転登記も抵当権設定登記も共同申請が原則ですから(不動産登記法第60条)、「承諾書をもらっていれば」という発言で既...続きを読む

Q登録された法人実印と異なる印鑑え捺印することについて

私の会社の社長(代表取締役)は、印鑑について危険意識が大変高く、厳重に管理しています。ところが、これが高じて他社との契約文書、行政への提出文書において実印を求められるものであっても似た別の印鑑を使用します。印鑑証明を添付した文書においても意図的に別の印鑑を使用します。また、スキャナで取り込んだ陰影をプリントするといったことをする場合もあります。
私自身が責任を持つ実印を求められる書類に別の印鑑を捺印されたり、プリントによる陰影を命じられたりしています。

こうした現状について
1.こうした行為によって何かメリットはあるのでしょうか
2.法律的に問題があると思うのですが、どのような問題になるのでしょうか

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>1.こうした行為によって何かメリットはあるのでしょうか

何をメリットとするか不明ですが、
非実印を使用することにより、
裁判において相手方が、契約の当事者を御社であることを立証するのが難しくなります。

>2.法律的に問題があると思うのですが、どのような問題になるのでしょうか

非実印であることが発覚した場合には、
対官公庁では、御社からの申請書が提出されていないとか
手続不備により申請が却下されるといった事実的な問題がありますし、

契約の相手方からは、御社との契約の成立を否定され、契約の履行を拒否される虞があります。

会社に損害が発生した場合は、背任罪の可能性もありますでしょうし、
最初から、契約を成立させたふりをすることにより、相手方から財産的なものをせしめる意図があれば、詐欺罪が成立する可能性はあるでしょう。

Q会社設立時の印鑑証明書

会社設立時の印鑑証明書

会社設立時の設立時取締役の印鑑証明書は、有効期限は3ヶ月と聞いたのですが、どこかに条文が有るのでしょうか?探しても見つからないので、ご存知の方がいましたら教えてください。

また、定款認証に添付する印鑑証明書も有効期限は3ヶ月なのでしょうか?同じく根拠法令がありましたら教えてください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>会社設立時の設立時取締役の印鑑証明書は、有効期限は3ヶ月と聞いたのですが、

 設立時取締役(取締役会設置会社であれば、設立時代表取締役)の就任を承諾したことを証する書面の印鑑につき市区町村長の作成した証明書を添付する必要がありますが、その証明書(印鑑証明書)には有効期限はありません。
 ところで、設立登記を申請するとき、代表取締役のうち少なくても一人は、印鑑の提出をしなければなりませんが、その印鑑の届出書に添付する印鑑証明書は3ヶ月以内である必要があります。就任承諾書に添付している印鑑証明書を援用することにより、届出書自体には印鑑証明書を添付しないのが通例ですが、就任承諾書の印鑑証明書が3ヶ月を過ぎている場合、援用できませんから、当然、印鑑の届出書には三ヶ月以内の印鑑証明書を添付しなければなりません。

Q印鑑証明と実印登録

私は世間知らずの?学生(4月から社会人)です。

彼女との会話で、たまたま「社会人になるのだから実印登録をしておいたほうがよい」という話が出ました。
彼女はクレジットカード会社でバイトの経験があるため、その重要性はわかっているといったふうでした。
そこで親に相談してみたところ「家や土地など自分の財産が発生したときに必要なものだから、別に就職するからと言ってすぐ作らなければならないものでもないよ」と言われました。
その上で彼女に「親にまだいらないと言われたし、別になくても(今すぐ手続きしなくても)いいんじゃない?」と言ったところ、
「そんな重要なことを軽視するなんて、あなたの評価は下がったわ」と言われてケンカのもとになってしまいました。
彼女の言い分では、そういうことをしっかりしているのが世間での評価につながるのだと。

自分でネットで検索してみましたが、一般的には家、土地、車などの名義の手続き以外に必要な場面はなさそうです。
そんな限られた場面でしか必要とされないなら、それが世間の自分に対する評価につながるとはとても想像できません。
家など購入するのは何十年も先の話になると思いますし。
私としては、必要な場面が来たときにきちんとした印鑑を作成し登録するなりすればいいと思ったのですが、社会のマナーとして間違っていますか?
世間の常識を教えてください。

私は世間知らずの?学生(4月から社会人)です。

彼女との会話で、たまたま「社会人になるのだから実印登録をしておいたほうがよい」という話が出ました。
彼女はクレジットカード会社でバイトの経験があるため、その重要性はわかっているといったふうでした。
そこで親に相談してみたところ「家や土地など自分の財産が発生したときに必要なものだから、別に就職するからと言ってすぐ作らなければならないものでもないよ」と言われました。
その上で彼女に「親にまだいらないと言われたし、別になくても(...続きを読む

Aベストアンサー

必要が無ければ特に登録する必要はありませんし、防犯を考えたら無駄に登録しておくのもどうかと思います。
印鑑登録というのはつまり金銭に関係あることに使うのがほとんどですから、悪用されれば即お金につながるトラブルです。
また、登録しているかどうかなど、誰にもわかりませんし、知らせる必要もありません。他人が知る方法もありません。

無駄にこだわっている彼女の目的は一体何?日常生活で社会人の評価としての重要性など全くと言って良いほどありませんよ。

ちゃんとした印鑑作っといた方が良いという話なら、まだわかりますが、彼女が本当に印鑑登録の意味を理解しているなら、ちょっと危ないですね・・・ 彼女、勘違いしているんでしょうね。何か他のことと。

Q書類の有効期限

金融機関に相続のため、印鑑証明や戸籍謄本、除籍謄本を提出したところ、有効期限が切れているため受付してくれませんでした。法律のことは全くわからないのですが、こういった書類には有効期限があるのでしょうか?

Aベストアンサー

良い回答も悪い回答もありますね。

まず、これらの書類自体に有効期限は存在しません。

印鑑証明は、厳密に言うと、遺産分割協議書と同じ日付のものが有効です。ただし、あまり厳密に扱うと不便なので、日付が少々ずれていても認めてくれることが多いと思いますが、それでもあまりに差があると (例えば3ヶ月を超えて日付に差異があるなど) 大抵は認めてくれません。

遺産分割協議書は、何度でも作り直すことができるので、遺産分割協議書の日付から余りに日数が経っている場合も、「新たな遺産分割協議書が作られている可能性が少なくない」と判断されるかも知れません。

戸籍謄本 (及び戸籍全部事項証明書など類する書類) は、相続の開始より後の日付でなくてはいけません。また、戸籍というものは内容どんどん追記されるものなので、あまり古い書類だと受け付けてもらえないかも知れません。

除籍謄本 (及び改製原戸籍謄本など類する書類) は、戸籍謄本等とは違い、日付は影響しません。これは、戸籍が除籍となった後はその内容が変更されない (追記されない) ためです。つまり、戸籍が除籍となった直後に取得しようが数十年経ってから取得しようが、内容は同じです。時々、戸籍謄本と除籍謄本の性質の違いも知らずに一緒くたにして考える人がいますが、それは誤りです。

良い回答も悪い回答もありますね。

まず、これらの書類自体に有効期限は存在しません。

印鑑証明は、厳密に言うと、遺産分割協議書と同じ日付のものが有効です。ただし、あまり厳密に扱うと不便なので、日付が少々ずれていても認めてくれることが多いと思いますが、それでもあまりに差があると (例えば3ヶ月を超えて日付に差異があるなど) 大抵は認めてくれません。

遺産分割協議書は、何度でも作り直すことができるので、遺産分割協議書の日付から余りに日数が経っている場合も、「新たな遺産分割協議書が作ら...続きを読む

Q実印と三文判の違い?

自衛隊に三文判を預ける件で質問している者ですが、改めて実印との違いについて疑問が出て来ました。例えば、家を購入する契約書や、連帯保証人になる契約書に三文判を押しても有効なんでしょう?
100円ショップで誰でも買える三文判を他人が勝手に買って使った場合、本人の同意が勿論ないわけですから、その契約は当然無効だとは思いますが、しかしその場合、「自分は同意していない。自分はそのハンコを押していない」ということを証明しなきゃならないのではありませんか? 三文判は実印ほどの効力がないと言われたんですが、もうちょっと詳しくはっきりとその違いを知りたいのですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

民事の裁判のルールとして、文書が証拠として提出された場合、「押印されている印鑑が作成名義人のものであればその文書は作成名義人本人が作成したものと推定される」というものがあります。
ただし、通常は、そもそも実印でなければ、「押印されている印鑑が作成名義人本人のもの」という事実を証明するのは困難です。
実印であれば、印鑑証明書の提出で容易に立証できますが
特別な事情がなければ、通常は、あなたが「この認印は自分のものではない」といえば、相手方は、あなたの肉筆の署名と一緒に同じ印鑑が押印されている別の文書を提出する等しないと認印があなたの認印であることを立証は出来ないでしょう。
あるいは、そもそも、問題になっている文書に認印と一緒に肉筆の署名があれば、筆跡であなた自身の作成文書であるか否かは明らかになりますので、この場合は、印鑑が認印か、実印かというのは二の次の問題ですが(もっとも、筆跡は人によってはひどく没個性な場合もありますし、筆記用具や、筆記時の心理状態などによっても結構変わりますが)。

 よって、認印で勝手に文書を作成されても、「こんな印鑑自分は持ってない」といえば、むこうに証明作業が投げ返されますが、実印の場合は、「自分は同意していない。自分はこんな文書に実印を押した覚えはない」と言っても、ただそれだけであれば、相手方の「実印が押されているのだから0123gokudo本人が作成した文書である」という主張が裁判所に採用されてしまいます。
あなたは、「違う目的で実印を預けたのに勝手にこんな文書を作成された」とか、「家を留守にしている間に保管場所を知っている家族が勝手に持ち出して押印したとか」別途、主張・立証が必要になります。
かりに実印の横の署名があなたの筆跡ではなくてもです(基本的には、あなたの依頼で代わりに署名したのであろう、ということになります)

民事の裁判のルールとして、文書が証拠として提出された場合、「押印されている印鑑が作成名義人のものであればその文書は作成名義人本人が作成したものと推定される」というものがあります。
ただし、通常は、そもそも実印でなければ、「押印されている印鑑が作成名義人本人のもの」という事実を証明するのは困難です。
実印であれば、印鑑証明書の提出で容易に立証できますが
特別な事情がなければ、通常は、あなたが「この認印は自分のものではない」といえば、相手方は、あなたの肉筆の署名と一緒に同じ印...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報