【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

4日前から、飼い犬が重度の肺炎にかかってます。
室内飼いですが、人間に感染しますか?

ズレた時期から、私自身の疲労感というか倦怠感があり、風邪の様な症状です。とにかく、ダルくて眠いです。熱がこもった感じと、背中が重いというか・・、
検査をした方が良いかと。2年前に、マイコプラズマ肺炎にかかった病歴があります。
専門家の方のご意見がお聞き出来たら、幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


細菌感染では、寄生虫よりも人間や動物の共通範囲が広いのが普通です。
犬と人間では別の症状を起こす菌も結構います。

病院で状況を話して検査を受けてください。
必要に応じてワンちゃんの方も菌の特定の必要が出るかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

今風邪薬で様子見です。
勉強になりました。

とても早く、ご回答くださって、助かりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/09/09 14:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺炎で安楽死を

我が家の犬13歳は、以前肺炎で入院して回復して戻ってきて3ヶ月になります。
今日また、激しい咳を突然(おそらく)を始めました。
以前、かかりつけの病院で、再発したらもう治らないでしょうと言われました。
人間でも呼吸ができないって言うことは、本当につらことです。
そこで、呼吸も普通にできないようになったら、安楽死させようかと思っています。以前入院させたときも、ほとんど呼吸できていない状態でした。
重度の肺炎で愛犬を安楽死させた方がいましたら、どの程度ひどくなってから安楽死させたかお教えください。

Aベストアンサー

アドバイスとは違いますが、安楽死を考える前にどうか病院を変えてみてください。かかりつけということですが他に行ってみれば違う診断や治療ができるかもしれません。確かに苦しんでいる姿を見るのは辛いことです。私も同じような経験があるので気持ちはすごくよくわかります。でもワンちゃんは苦しくても大好きな飼い主さんのそばにいたいのではないでしょうか。自分をワンちゃんの立場に置き換えて考えてみてください。こういう問題はそれぞれ意見が分かれますが・・・。余計なお世話ですいません。

Q老犬が何も食べません

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は致命的だと思いますが、お肉やパンなど以前は好きだったものも嫌がり、柔らかいものなど思いつく限り食べさせようとするのですが、食べてくれません。
ただ、食べ物を持って行くと興味を示し匂いはかぐので、食べようという気はあるようです。
体力が落ち、立ち上がることもできなくなりました。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、食欲がなくなってもこれだけは食べたよという食べ物があれば教えていただきたいです。
獣医さんにはこの際体力を最優先されるためにもどんなものでもやった方がいいといわれたので、人間用の食べ物も与えようと思います。
よろしくお願いします。

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記しておきます。

●ドロドロに炊いた白米のお粥(ミキサーで液状にします)
●よく煮たレバー(少量のお湯を足してミキサーにかけペーストにします)
●犬用粉ミルク(エスビラックを使用しました)
●鶏卵や鶉の卵
●人肌に温めた牛乳
●お湯でふやかしてミキサーにかけたドッグフード
●裏ごししたカッテージチーズ

これらを組み合わせ、ミルクセーキにしたり、サプリメントを加えたりと色々と工夫し、日に数回に分けて与えました。
飲み込む力があれば、撫でながらや言葉をかけながら飲ませてやると何とか飲んでくれるようになりました。
器官に入らないように姿勢や流し込む速度には注意してくださいね。
ウチの犬は幸いにも快方に向かいましたが、病状やアレルギーなど色々あると思いますので、あくまでも参考にして下さい。
最終的には獣医さんの指示を仰いだ方が良いと思います。
私が参考にした本は「犬と猫のための手作り食(ドナルド・R・ストロンベック著)」です。
医学的な根拠をベースに、食材や内容量等がかなり詳しく書かれていたのでとても参考になりました。
パンが好きならミルクでふやかしてミキサーでペースト状にしたらどうでしょう(蜂蜜を混ぜたりして)?
粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。
正直大変でした、でも頑張って欲しいと思います。
応援していますね…。

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記...続きを読む

Qプレドニゾロンの服用について(獣医師さん回答お願いします)

愛犬(柴1歳♂体重は6kg)はアレルギーでプレドニゾロンを服用していました。
7ヶ月の頃、口や目の周りが痒いて毛が抜けました。
血液検査の結果、色々アレルゲンがありフードも変えました。
最初はステロイドでないお薬(セルテクト等)を2種類ぐらい試しましたが効果がなく、その後プレドニゾロンに変えました。
最初は1日1錠を5日間ぐらい連続で服用し、その後1日おきにして、半錠にして、そして3日に1回半錠と、だんだん減らしていきました。そしたら痒みも止まり、毛も生えてきました。
でも時々かいていたので、4、5日に一回半錠ぐらい飲ませていました。飲ませないとまた悪くなるような気がして全く止める事は出来ませんでした。
でもお医者さんは、体重6kgでしかも4日に一回半錠なら全く問題ないと言われていました。
2ヶ月に一回ぐらい通院して、お薬をもらっていました。
その病院は先生が2人いて、いつもはA先生に診て貰っていました。つい先日フィラリアのお薬をもらいに行った時、初めてB先生でした。
いつものようにプレドニゾロンももらおうと思ったら、B先生からどうしてこのお薬が必要なのか聞かれました。
今までの経緯を話したのですが、B先生曰く、ステロイドはこんな風に時々飲むのはよくない。
理由は、時々飲むと副腎質ホルモンを作る機能がおかしくなってきちんと分泌出来なくなるから云々でした。こういう薬は毎日飲むか、きっぱり止めるか、どちらかと言われ、結局出してもらえませんでした。
そしたらまた愛犬のカイカイが始まり、また少しずつ毛が薄くなってきてしまいました。
私としてはまたA先生にお薬を出してもらいたいのですが、このような飲み方をするのはどうなんでしょうか?A先生を信頼していたのですが、B先生の言われる事が正しいのなら飲まない方がいいのでしょうか?どちらを信じていいのか分かりません。
獣医師さん、アドバイスお願いしますm(_ _)m

愛犬(柴1歳♂体重は6kg)はアレルギーでプレドニゾロンを服用していました。
7ヶ月の頃、口や目の周りが痒いて毛が抜けました。
血液検査の結果、色々アレルゲンがありフードも変えました。
最初はステロイドでないお薬(セルテクト等)を2種類ぐらい試しましたが効果がなく、その後プレドニゾロンに変えました。
最初は1日1錠を5日間ぐらい連続で服用し、その後1日おきにして、半錠にして、そして3日に1回半錠と、だんだん減らしていきました。そしたら痒みも止まり、毛も生えてきました。
でも時々かいていたの...続きを読む

Aベストアンサー

どうして同じ病院の先生なのに薬の処方の仕方が違うのでしょうね。さてプレドニゾロンですが症状がある程度治まったら隔日投与(もちろん3-4日毎で調子がよいならそれで)が基本だと思います。そしていきなり毎日飲んでたホルモン剤を急に止めるともともと体の中の副腎から出るはずのホルモンがいきなりは分泌されないので薬を止める時は症状がなくても隔日に切り替えてからその後薬を止めるのが基本だと思います。柴犬のアトピー性皮膚炎は多いですし一生治療が必要な子も多いです。症状と相談しながらうまいこと薬を調節して飲ませることが大切です。いつか忘れましたが勉強会でたとえ一生ステロイドを服用しても低用量で隔日以上の投与だとそう副作用は心配ないと聞いたことがあります。もちろん飲まなくて済むのであればそれに越したことはありませんが副作用が怖いから痒いのは我慢させるのは間違いです。どうしても副作用は多い薬にはなりますがうまいこと使えばとても有効な薬です。

 余談ですが最近アトピーの薬(アトピカという薬)が発売されました。費用はプレと比較するととても高価な薬ですが副作用はプレより少なくすごく効果のある薬だそうです。しかもアトピーが完全に治った症例も報告されていました。実際アトピカを使用した症例が多くないのではっきりしたことはわかりませんがこれからいろいろ報告が増えていくものと思われます。

どうして同じ病院の先生なのに薬の処方の仕方が違うのでしょうね。さてプレドニゾロンですが症状がある程度治まったら隔日投与(もちろん3-4日毎で調子がよいならそれで)が基本だと思います。そしていきなり毎日飲んでたホルモン剤を急に止めるともともと体の中の副腎から出るはずのホルモンがいきなりは分泌されないので薬を止める時は症状がなくても隔日に切り替えてからその後薬を止めるのが基本だと思います。柴犬のアトピー性皮膚炎は多いですし一生治療が必要な子も多いです。症状と相談しながらうまい...続きを読む

Qチワワ 重度の呼吸困難の発作 →助けてください

娘のようにかわいがってきたチワワが、突然の重度の呼吸困難を繰り返し、
「肺炎」になり、「肋骨が疲労骨折」になり、未だに「原因不明」のままです。

この2週間、今入院している動物病院の先生に、1つ1つ原因を調べてもらいつつ、
自分でも、ネット上の記事を探し、他の動物病院のメール相談にも投稿したり、
いろいろ「同じ症状」を探したのですが見つかりません。

「教えてgoo」の過去の質問も見たのですが、同じ症状がありませんでした(泣)
どうか、この子の病例について、「同じ症状」を知っていらっしゃる方はいないでしょうか?

また、治療のヒントがあれば、どうか教えて頂きたく、深く深くお願い申し上げます。




■アッシュ(チワワ 女の子 3才8カ月)

2010年12月7日(火)に、
突然の呼吸困難に倒れ、肺炎になり、疲労骨折で肋骨が5本も折れました。
                                                               >呼吸困難の動画=http://photozou.jp/photo/show/173/61813833       

          ・何かの刺激を受けると、30秒後に息が吸えない重度の呼吸困難の発作
          ・吸気時に、腹部の強いへこみ(逆せつ呼吸)
          ・30分くらいで呼吸が回復
          ・発作以外の時は、すやすや、穏やかな息をしている

   >30分後の少し呼吸が回復した状態= http://photozou.jp/photo/show/173/61814199

   >1時間後の完全に呼吸が回復した状態= http://photozou.jp/photo/show/173/61814331



_12月25日(土)_病状のまとめ________________________

当初、「肺炎」が原因で、「重度の呼吸発作」が起きているという話でしたが、「肺炎」が回復に
向かっても「重度の呼吸困難」が改善せず、そのうち、肋骨が疲労骨折で3本折れて、2本に
ヒビが入る状態となり、肋骨の整形手術をすれば「発作」も治まるという話で、肋骨の手術をした
のですが、「呼吸困難の発作」が繰り返され、補強した金属ピン(7mm)と共に、再度折れてしまい、
以下の選択肢で迷っています。

  <1>=とにかく、肋骨手術の前に、重度の呼吸困難の原因を調べる(→専門病院に転院?)

  <2>=まず、肋骨の再手術(今度は胴体にギブスをして、外から折れた肋骨を糸で止める?)


<1>が改善しないまま、<2>を行っても、また手術が失敗すると考え、
発作中に、レントゲン、心電図を撮ることもしたのですが、気管が潰れる状況もなく、
心電図に大きな異常も無く、気管虚脱、軟口蓋過長症、肺水種、逆くしゃみ、
心臓病(弁膜症など)は発見できませんでした。
(まだ、CTスキャン、MRI検査は行っていません。大学病院に運び、してもらうべきか?)

最大の”謎”は、刺激が無ければ、穏やかに息の乱れもなく寝ているのに、
診察のためにケージから出した途端、30秒後くらいに、興奮で、急に重度の
呼吸発作が発生する病状です。(→5分以内で呼吸が戻る)

発作は、毎回、急に、舌がチアノーゼになり、半失神、弛緩→おっしこを漏らす状態になり、
このまま窒息して死んでしまうのではないか?というくらいに驚くのですが、
5~30分以内に息が元に戻ります。
治療で外に出さす刺激を与えなければ、発作は起きないのですが、治療とトイレシートを
替える時など、ケージから出すので、1日に2~3回の発作が起こっています。

↑それ以外は、(酸素室の中で)、発作も起きず、静かに、すやすや寝ており、
息の乱れも全くありません。

これは人間で言うところの「パニック障害=過喚気症候群」と、そっくりな症状
かと思っていますが…。


もう、肋骨が折れてから、2週間経っており、次の外部ギブスを付け、ギブスの網の
部分から、折れている肋骨を上から糸で縫う手術をして、肋骨の整形をスタートさせ
ないと、なかなか肋骨が再生しなくなってしまうのはわかっているのですが、一度、
肋骨の整形手術は失敗しており、この激しい発作が出る原因が分からず、この発作
が治療中に出て、また、肋骨整形の手術が失敗に終わったら、もうアッシュの命が
危なくなると考え、心配で、心配で、眠ることもできず、毎晩、病状について調べている
次第です。

※肋骨の再手術の方法も心配です。





※ブログに、日別の詳しい症状メモを書いています。
http://blogs.yahoo.co.jp/ashrypapa/979527.html

https://www.youtube.com/watch?v=xyxNOQDuLhA

娘のようにかわいがってきたチワワが、突然の重度の呼吸困難を繰り返し、
「肺炎」になり、「肋骨が疲労骨折」になり、未だに「原因不明」のままです。

この2週間、今入院している動物病院の先生に、1つ1つ原因を調べてもらいつつ、
自分でも、ネット上の記事を探し、他の動物病院のメール相談にも投稿したり、
いろいろ「同じ症状」を探したのですが見つかりません。

「教えてgoo」の過去の質問も見たのですが、同じ症状がありませんでした(泣)
どうか、この子の病例について、「同じ症状」を知っていらっ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
アッシュちゃん…とても苦しそうですね…。
私は動物病院で働いてはいますが獣医ではないので、偉そうなことは言えませんが…。

刺激がなければ平気、病院にいかなければ平気。
ということは、ストレスが原因なとこも多少あるのでは?
チワワなどの小型犬はてんかん持ちな子が多く、なにかにビックリする、嫌な場所に来て緊張するなど、精神状態が乱れたときにてんかんを起こす事があります。
動画を見ている感じではてんかんではなさそうな気もしますが、呼吸が乱れるきっかけは似たようなとこにあるのでは…?

今は自宅で使える、高濃度な酸素を作ってくれる機械も売っています。
大きさもそんなに大きくないです。
発作時は多分、脳や心臓に十分な酸素が行き渡らずにチアノーゼになっているとおもうので、先生に相談して、よければ自宅での発作時などに使ってみてはいかがですか?
値段はそれなりにしてしまいますが…。

なんの解決にもならず、申し訳ないですが…アッシュちゃんが回復して元気になってくれるのをお祈りしています。

Q腎臓と肝臓の改善に役立つ情報がありましたら教えてください

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠増えました)で、どんどん具合が良くなってきていました。

ところが、補液の期間を少しあけてから先日血液検査を行ったところ、BUN値:66.7・GPT値:126・ALP値:2429と再び悪化していることが判明したのです。医師のすすめで心臓サポートの療養食(缶詰)を与えてきましたが、こうなると腎臓サポートに切り替えた方が良いのでは?と思ってしまいます。ただ、かかりつけの医師は食事や食材についての知識はあまりない方で、元凶は心臓なのだから心臓サポートの食事が良いとおしゃいます。自己判断で納豆とフラックスシードオイルを毎日少量与えていますが、他に加えた方が良い食材・絶対に与えてはいけない食材、もしくは腎臓と肝臓機能の回復に効くサプリや漢方などの情報をお持ちでしたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?我侭なコですが我が家にとっては天使のような存在です。出来る限りの事をしてあげたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠...続きを読む

Aベストアンサー

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったのに・・・あんなコトやめておけば良かったのに・・・というオハナシです。

その1
今でも、とても後悔していることがあります。それは闘病中にワクチンを打ってしまったことです。1年に1回ワクチンを打たねば・・・という思い込みがあり、すでに17才の誕生日を過ぎている我が愛犬に例年通り、ワクチンを打ってしまいました。腎臓病の治療に強い主治医でありましたが・・・この主治医にも盲点がありました。もう人間でいえば・・・80歳かもしれないのに、予防注射を打ってしまったのです。この時に、いっきに具合が悪くなり寿命を縮めてしまいました。今でもホントに後悔しています。
須崎先生が犬の食事指導で有名ですが、もうひとり同じくらい食事指導で有名な獣医さんがいると、このQ&Aで教わりました。本村伸子先生という方です。その本村先生の本を最近入手しまして、読みはじめたのですが・・・その中で愕然とする衝撃的な記事を見つけてしまいました。ワクチンを年に1回打ち続けるコトがワンコの身体に、大きな負担になっているという内容の記事です。ワクチンは3年に1回で良いと推奨してあり、さらに高齢のワンコには、もうワクチンはいらない!と書いてありました。これは!!健康なワンコに対してすら・・・こう書かれているのですから。まして高齢で闘病中のコにはワクチンなんかいらなかったのです!!「あ~あの時に、この本を読んでいたら・・・」絶対にあんなバカな事はしなかったのに・・・涙。

その2
ワンコが胃腸の調子が悪そうだと思ったときに・・・独断でキャベジンを飲ませたこと。(><)これも失敗でした。
お母様が反対だとのコトですが、キャベツは胃薬の材料になるほど消化器官に有効なお野菜です。ナマであげることは「酵素(こうそ)」の補給にもなり、良いコトが多いのですけどねえ・・・。ワンコも喜ぶのは「酵素(こうそ)」を身体が欲しているのかも知れませんよ。よく犬が道端の草をアムアムしますが。あれは、酵素を補給するための行動だそうですから。酵素はナマの食べ物から補給できますが、果物には糖分が含まれているので、あげすぎは肥満の原因になるのでチョットだけ注意です。さて生のキャベツは身体に良いモノなのですが・・・キャベジンは体内に取り込むと・・・なんと胃酸と化学反応を起こし「塩分」に変化してしまうのです!この時も腎臓の具合が悪くなり、主治医にうんと叱られました。キャベジンはダメですが、ビオフェルミンは抗生物質を使ったアトには飲ませなさいと言われました。

その3
腎臓の悪いコが注意しなければならないのは食べ物だけではないのです。キッチンハイターなどの塩素系の洗剤について、主治医から追放するように指示されました。塩分は鼻からニオイで取り込むだけでもダメなのです。ちゃんと指示を守って「洗○革命」という酸素系の商品を使っていたのですが・・・ある日、来客の予定があるので室内をキレイにしようとハリキって、この酸素系の洗剤の付いた雑巾で床をせっせっと拭き掃除してしまいました。突然・・・ワンコが急変して様子がおかしくなってしまい、なにがなんだかわからず。このとき主治医が留守だったので、救急の病院を探してクルマで出掛けました。その時の病院で処方されたのが、窒素を吸着する墨のようなお薬でした。のちに出張から帰ってきた主治医に出来事を報告すると。わが家の居間の床は塩化ビニール製だったので、なんらかの化学反応を起こして塩素系のガスが発生してしまったと考えられると説明をもらいました。偶然、救急の病院を探すために、ともかくガス発生の部屋から外に連れ出したのが、たまたま幸いして大事にいたらなかったとのことです。(><)これも失敗でした。腎臓の悪いワンコは鼻からのニオイにも注意です。外出の際は工事現場の塗料など・・・臭いがする場所は避ける方が無難です。

その4
8月の主治医が夏休みのときでした。便秘を起こし・・・食事を受け付けなくなってしまいました。連絡を取ろうか迷い、様子を見ていましたが・・・とうとうガマンできずに「鶏肉」を食べさせてしまいました。
3かけぐらい、モグモグ食べたでしょうか・・・。主治医と連絡を取りTELで「便秘には無塩バターを舐めさせろ」と指示をもらいました。
便秘も解消され、主治医は夏休みの旅行を中断して帰って来てくれましたが・・・治療のかいなく・・・2日後に亡くなりました。「鶏肉」を食べさせたコトうんと叱られましたが・・・死ぬ前にちょっとはオイシイものを食べさせてやってヨカッタと内心は思っています。でも、主治医に「鶏肉」は脂肪分が無く、タンパク質のかたまりなので最悪である。「霜降りの牛肉」の方が、まだマシだと言われ・・・どうせなら「牛肉」を食べさせてやれば良かったなと後悔しています。えへへ・・・涙。

こんなオバカな失敗をするのは、きっと私だからですが・・・どうか、後悔のないように・・・いろいろと気をつけてあげてくださいね。

m(_ _)m 長くなりました。このへんで失礼します。

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったの...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤等を処方されました。
食欲は普段と変わらず、ぐったりしている感じもなかったのですが、数日様子を見ていても呼吸の速さが落ち着かないので、7月10日再度病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっているとの事でした。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにはしていたものの、食欲、元気の喪失は見られなかったので、「年令も年令だから治るのに時間がかかるのかな」くらいに思い、様子見の日が続きました。
けれど7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れないような状態になり翌朝また病院へ。先生に入院を相談してみたのですが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるので、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみてはとアドバイスされ、早速その日からレンタルしました。ほぼ丸1日ハウスに入っている状態ではあったものの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いてはいました。
ですが、7月22日頃からそれまで旺盛だった食欲、元気が徐々に減り始め、ついには何も口にしなくなってしまったので、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行きませんでした)。
今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、少しずつですがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしくなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向かっていくのだと希望を持ちました。
なのに、その3日後、あの子の心臓は止まってしまいました。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔で私や家族の事を見つめていて、特におかしな様子は見られなかったのに、その次に愛犬を見た時には苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きく吸い込んだ後、そのまま眠りについてしまいました。わずか3分くらいの出来事でした。
きっとよくなると信じていたので、容体の急変にどうしていいか全く分からず、最期泣きながらただ名前を呼び叫ぶだけしかできなかった自分が心底憎いです。例えばあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせていたら、人工呼吸や心臓マッサージをしていたら、もしかして今もあの子は私の隣にいたかもしれない……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしまった気持ちにさえなります。
またタイミングの悪い事に、6月頃から私自身の体調があまりよくなく、病気の愛犬の世話を思うようにしてあげられなかった事も、とても申し訳なく思っています。私の看護は落ち度や手抜きだらけだったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされています。もっとああしてあげればよかった、こんな飼い主であの子は本当に幸せだったのだろうか、助けてあげられなかった罪をどうやって償っていけばよいのだろうかと。
ステロイドで回復の兆しは見えましたが、結果亡くなってしまったという事は、体もきっと相当辛かったのだと思います。その辛さも私はあまり理解してあげていませんでした。
最後の方、私は嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしまったりしたので、
「お姉ちゃん、何でこんな意地悪をするの。お姉ちゃんなんか嫌いだ」
もしかしたら、そんな風に思わせたまま旅立たせてしまったのかなとも考えます。
体や精神がばらばらになりそうな程悲しくて、あの子のいない世界で生きていくのが本当に辛いです。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかありません。
長い長い文を書いてしまってすみません。読んでもらえただけでとても嬉しいですが、何かアドバイス等頂けたら幸いです。

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、...続きを読む

Aベストアンサー

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せだったと思いますか?もしかしたら後遺症で体の自由が全く利かなくなってしまったかもしれないし、いずれ、苦しみを和らげるためにmuuneeさんが悲しい決断をしてあげなくてはいけなかったかもしれません。お話だと、ワンちゃんはそう長く苦しむことなく、ご家族の顔をきょとん、と見つめた後痙攣をし、なくなったとのこと。muuneeさんのお気持ちもわかりますが、ワンちゃんはもう限界だったのです。もう、がんばらなくて良いんだよ、安らかに眠ってね、本当に今までありがとう。とワンちゃんに心の中で語りかけてあげてください。8歳で異常が見つかってから14歳まで生きた。十分ですよね。本当にお二人とも一生懸命がんばったんです。

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せ...続きを読む

Q白血球の増加は何の病気でしょう???

先日ペットで飼っていた犬が死にました。
病院で血液検査をしたら尿毒症の症状がありました。
そのほかに、白血球の値が、28000と高かったのですが、この数値から予想できる病気を教えてください。
炎症があるのはわかるのですが、具体的にはどこか病院でもわかりませんでした。他に高い値は糖尿が少し高かった程度です。呼吸はぜいぜいいっていました。
熱は平熱です。餌は食べませんでした。下痢をしていました。自力で歩くことが困難でした。伏せておしっこをしてしまいます。有効な回答のみお願いします。

Aベストアンサー

白血球数の増加だけではどこでどんな炎症、感染をしていることを特定することはできません。
尿毒症は心臓、呼吸器、神経、消化器系とさまざな症状をおこします。
その尿毒症を引き起こした腎機能の低下をもたらした原因となると腎不全があります。

Q呼吸困難?発作?

こんにちわ。
家の愛犬が時々、呼吸困難のような発作のような感じになります。
鼻からは「ブーーブーー」みたいな音を出し、お腹は嘔吐する時のようになります。何かをした後に必ずなるわけではなく、いつも突然です。一分ほどで治まるのですが、かなり苦しそうで心配になります。
ちなみに、以前別の用事で病院に行ったときに聞いたら、「その時に連れてきてください」と言われました。でも、時間が短いので無理なんです。
食欲がないわけでもなく、いたって普通です。
このような症状に心当たりのある方がいらっしゃいましたら、お話しを伺いたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

犬種がわかりませんが、特になりやすいワンちゃんもいるみたいですね。チワワとかパグとか、でもってパグちゃんの場合、気管虚脱の兆候の場合もあるとの事。

※参考に<http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2163810>

私は逆くしゃみ症候群と思ったのですが、違う場合もあるみたいですね。

うちのワンコたち(ダックス、ヨーキー)もなります。うちの場合は鼻を軽く押さえてあげると治りが早いです。一分は長いと思いますが、「その時に連れてきてください」というのは無理ですよね、わかります。

※参考に<http://www.noahvet.co.jp/jouhou/kushami.htm>

この場合、さほど心配しなくていいとの事ですが、あまりにもひどい時はお医者へ、けど説明できないんですよね、困ります。ただ、ダックスはなり始めて10年くらい経ちますが、元気です。ヨーキーも元気です。お散歩仲間のシェルティーもなるらしいですが元気です。鼻を軽く押さえるというのは散歩仲間が教えてくれて実践したところ、凄く治るが早いので試してみて下さい。

※参考に<http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1989486>

 
 

犬種がわかりませんが、特になりやすいワンちゃんもいるみたいですね。チワワとかパグとか、でもってパグちゃんの場合、気管虚脱の兆候の場合もあるとの事。

※参考に<http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2163810>

私は逆くしゃみ症候群と思ったのですが、違う場合もあるみたいですね。

うちのワンコたち(ダックス、ヨーキー)もなります。うちの場合は鼻を軽く押さえてあげると治りが早いです。一分は長いと思いますが、「その時に連れてきてください」というのは無理ですよね、わかります。
...続きを読む

Q肝臓の数値が下がりません。(犬)

12歳になるマルチーズのことで質問します。
実家で両親が飼っているのですが、
先週、ビーフジャーキーを子供が与えすぎて、それから元気がなくなったそうです。
病院に連れて行くと、肝臓の数値が700ぐらいあるとのこと。
嘔吐がひどく、食事はぜんぜんできてないそうです。
毎日通院し、点滴と注射をしているのですが、良くなるどころか黄疸も日に日にひどくなっているそうなんです。

私は遠方に住んでいるため病院の先生の話を直接聞いたわけではありません。
明日、母が病院へ行き、再度話を聞いてから治療をやめるかも・・と連絡がありました。
お正月に帰省したときはあんなに元気だったのに本当に信じられません。
こんな日がまさか突然くるなんて・・涙が止まりません。
この子を救う方法は本当にないんでしょうか?
寿命だと思って諦めるべきなんでしょうか?
痛い治療を続けることに意味がないのなら、楽にしてあげたいと
思う一方で、やはりその決断ができません。
どうしたらいいでしょうか・・・・

Aベストアンサー

初めまして。
現在何と言う注射や点滴を受けているか、薬を処方されているなら何と言う薬か。
どんな検査を受けたか。
ワクチン接種は受けているか。
また血液検査値は他の項目も詳しく書くと、
よりアドバイスを得られやすいと思います。

>楽にしてあげたいと
思う一方で、やはりその決断ができません。

お気持ち分かります。うちの子も昔有効な治療法がなく、痛みがあり衰弱して行くだけだったので最終手段を選びました。でも今でもそれで良かったのか、考えてしまいます。
万策尽きて、痛みしか残らないのでしたら苦しみから解放してあげるのがいいのかも知れません。
ただ、やれるだけのことは全てやった。その上で・・・・・。じゃないと後悔が残ります。

今かかっている病院でさじを投げられたら、他の病院へ行ってください。

Q闘病生活などで食欲のない老犬がこれだけは食べるというもの

闘病生活などで食欲のない老犬がこれだけは食べるというもの
教えてください。

うちは15歳の小型犬ですが肺水腫を患って4ヶ月

食いつきのいい缶詰もお肉もジャーキーも赤ちゃんの離乳食も
何にも食べなくなったとき唯一カロリーエースだけは飲んでくれました。

今もカロリーエースでなんとか繋いでますが
これがなかったらと思うとゾッとします・・・

それから最近グーテのささみふりかけに異常に反応して
むさぼるように食いつきます!

ささみの蒸したのはたべないのにちょっと意外です。

腎臓の活性炭を飲ませるときは噛み砕いた豚肉に隠して与えますが
それでも食べないときはささみふりかけをまぶすとぺろりと
食べてくれるので助かってます。

みなさんのわんちゃんはいかがですか?

Aベストアンサー

家の子は、癌の末期で何も食べなくなっていた時でも食べたのが
馬肉でした。馬肉の茹でたものよりも、新鮮な生肉だと更に喜んで食べてくれてましたよ。

後は、国産牛肉を生であげたら食べる子も居ました。

魚(確か鯖のみりん干しかな)を食べるって子も聞いたことが有ります。

固形がダメなら、ミルクでどうだ!!と思ってペット用のミルクを色々試したりもしましたよ。


後は、チーズケーキは大喜びでした。(お取り寄せのスイーツ・・・)


元気な子には、まず人間の食べ物はあげませんけど・・・病気で命に限りが近づいて来ている子には人間が食べるおかずなんかをおすそ分けしたりして少しでも食べてもらってます。
もちろん、玉葱やチョコレート等といった絶対に避けるべき食材の入ったものはあげませんが。。。


食べたくないと拒絶された時に少しでも、食べてくれると本当に嬉しいですよね。
逆に食べてくれないと、今すぐ点滴に連れて行こうかとか・・・心配でたまらないですしね。。。


わんちゃんが食べてくれる物が見つかると良いですね。


人気Q&Aランキング