ヨーロッパ 1265年~1553年の音楽

1340年~1400年のイギリス音楽
1265年~1321年のイタリア(フィレンツェ)音楽
1494年~1553年のフランス(中世ルネッサンス)の音楽

上記の音楽CDを購入する様頼まれたのですが、全然わかりません(@_@。
どういった音楽がありますか?また、どんなCDが発売されていますか?どんな作曲家がいますか?
少しの情報でもいいので下さい!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

■ 1340年~1400年のイギリス音楽



イギリス音楽にジョン・ダンスタブル (John Dunstable 1380頃-1453)らの重要な作曲家が現れるのは15世紀初頭になってからです。とりあえず、中世イギリス音楽のCDとして下記のものを挙げます。

"English Songs of the Middle Ages"
http://www.amazon.com/English-Songs-Middle-Ages- …

"Sumer Is Icumen In - Chants Medievaux Anglais"
http://www.hmv.co.jp/product/detail/637281

■ 1265年~1321年のイタリア(フィレンツェ)音楽
イタリア音楽が花開くのは、「トレチェント」と呼ばれる14世紀も後半に入ってからのことで、フランチェスコ・ランディーニ(Francesco Landini, 1325頃 - 1397)や ヤコポ・ダ・ボローニャ(Jacopo da Bologna, 1340?-1386?)などによるものです。ご指定の年代・地域では適当なCDは見つけられませんでした。

■1494年~1553年のフランス(中世ルネッサンス)の音楽
クレマン・ジャヌカン(Clement Janequin, 1485?-1558)
"Fricassee Parisienne"
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1274299

クローダン・ド・セルミジ(Claudin de Sermisy, 1490?-1562)
"Lecons De Tenebre"
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1897834
    • good
    • 0

No.3です。

再び失礼します。

No.2さんが専門的なご返答をなさっているので、のぞきながら楽しい音楽史をかじった気分になっていますが、そういった教養がない私は「ダンテ」をキーワードに、ひとつCDをみつけました。
タイトルはDante And The Troubadours
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1881583
これはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさにダンテの神曲を読みながら聞きたい音楽だったそうです!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/03 12:24

No.2です。

1265年~1321年のイタリア(フィレンツェ)音楽 では適当なCDを見つけることが出来ませんでしたが、イタリアの中世音楽を編纂した「ロッシ写本」が含まれている、下記の2枚を参考までに。

"Este Libro Es De Don Luis Rossi"
http://www.hmv.co.jp/product/detail/381318

"Landini and Italian Ars Nova"
http://www.amazon.co.jp/Landini-Italian-Nova-Pie …

※ 中世音楽(特に作曲者不詳のもの)は音楽資料が不完全なために、演奏者による創作も交えたアレンジを施すことが普通に行われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。
アマゾンで購入しました。
有難うございました。

お礼日時:2007/10/03 12:24

No.2です。



1340年~1400年のイギリス音楽 ですが、

"Lammas Ladymass - 13th and 14th Century English Chant and Polyphony"
http://www.amazon.com/Lammas-Ladymass-Century-En …

あるいは、時代が少しずれますが、

"The Lily and the Lamb: Chant and Polyphony from Medieval England"
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B0000007E …

演奏団体はどちらも「アノニマス4 (Anonymous 4)」で、女性4人のすばらしく清澄なコーラスが聴けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/10/12 21:47

No.2です。


No.3のかたのご回答で、1494ー1553がフランソワ・ラブレーとのご指摘がありました。なるほど!です。

そうだとすると、ラブレーの著作『第四之書パンタグリュエル物語』の新序詞にはフランス・ルネサンスの作曲家がずらりと30人ばかり並ぶ箇所があって、先に挙げたクレマン・ジャヌカン(Clement Janequin, 1485?-1558) "Fricassee Parisienne"
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1274299
はその中の作曲家4人、クレマン・ジャヌカン、クローダン・ド・セルミジ、ピエール・セルトン、ピエール・ルニョー・サンドランが含まれているので、これはお奨めできるのではないかと思います。
    • good
    • 0

1494~1553・・・これはラブレーの生年と没年ですね(1483年説あり)


ですから、多分こんなCDが現在も販売されていれば丁度良かったのだと思いますが、残念ながら廃盤のようです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83 …
ただ、作曲家の名前が出ていますので、ご参考まで。

1265~1321はダンテ(だからフィレンツェだったんですね!)。
ダンテはSordelloという吟遊詩人を「誉めた」ことがあるようですが、果たしてCDになっているのかどうか・・・・お詳しい方の情報があると良いですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sordello
また、ダンテの友人に作曲家のCasellaという人がいたそうです。1300年ごろに亡くなり、ダンテは「神曲」の「煉獄篇」に彼のことを書いています。しかし・・・・これもCD入手は難しいような気がいたします(楽譜がそもそも残っているのかという問題)。
http://it.wikipedia.org/wiki/Casella_%28Divina_C …

ついでに1340年~1400年のイギリス人文学者は誰かな・・・・と調べてみましたところチョーサーかな?と思われるのですが生年がちょっと合いませんでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7% …

役に立たない情報で申し訳ありませんが、とりあえずご参考まで。
    • good
    • 0

中世西洋音楽の作曲家一覧


http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C3%E6%C0% …

ルネサンス音楽の作曲家一覧
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%EB%A5% …

横文字で検索すれば出てくると思います。
(出てこないのもあると思いますが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/12 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルネッサンス音楽

ルネッサンスの音楽に興味があります。

オススメのCDなど、ありませんか?

また歴史的背景や美術、国(旅行で訪ねるなら、どこが良いか)などについても、知りたいのですが、
それがわかるサイトや、本など、教えて下さい。

Aベストアンサー

ウエルガス・アンサンブルの「中世・ルネサンス音楽への招待状」は、ミサ曲や世俗曲など取り混ぜてアソートになったおすすめのCDです。
私はポール・オデットという人のリュートが大好きで、その方のCDも持っています。
「ロビンは緑の森に去り」等。

ルネサンス音楽には独特の魅力がありますよね!
ご参考になれば幸いです。

Qジュネーブ国際音楽コンクール 1957年、1958年入賞者について

ジュネーブ国際音楽コンクールの1957年は、その後ともにショパンコンクールに優勝し、現在も人気を二分するポリーニとアルゲリッチが出場し、アルゲリッチ1位、ポリーニ2位になっていますが、その他の入賞者を教えてください。また、ポリーニは翌年も同コンクールに挑戦していますが、再び2位になっています。ポリーニほどのピアニストを押さえて1位になった1958年の優勝者は誰なのでしょうか。その人のその後も解れば教えてください。(ひょっとしたら1位なしの2位?)

Aベストアンサー

58年のポリーニは一位なしの二位ですが、当時は男女別だったので、57年は女性部門一位がアルゲリッチ、男性部門一位はフランス人のドミニク・メルレ(教師としても尊敬される演奏家のようです)、男性部門二位がポリーニです。

Qミ~ソ~ファ~ミ~シ~で始まるクラシック曲が知りたいです!!

ミ~ソ~ファ~ミ~シ~で始まるクラシック曲が知りたいです!!

ピアノの曲で、なんとなくサナトリウムでかかってそうな
曲です。
音はミソファミシラシドラーだと思います。(シラシドラーは低い)
ショパンか・・な?と思ってyoutubeで検索したのですが
わかりませんでした。
気になって仕方ないです!
だれか教えてくださ~い!!

Aベストアンサー

 エリック・サティ作曲の「3つのジムノペディ」の中の第1番だと思います。

↓ 
http://www.youtube.com/watch?v=3439BgooWmQ

Qバッハ以前の音楽ってどんな感じだったの?

音楽やクラシックには全くの素人なんですが、以前から感じている疑問があります。

クラシックと聞くと、何となく交響曲やオーケストラがパッと頭に浮かびます。 あとは協奏曲とか室内楽なんかもありますよね。

バイオリンやビオラ、それにチェロやコントラバスなどの弦楽器に、あと管楽器も加わると思います。 使用される楽器の種類によって作曲された時代が分かるケースもあると思います。

調べてみると、このスタイルは大体17世紀前後に確立されたと聞いています。 初期の大作曲家としてはバッハが挙げられると思います。

勿論、バッハ以前にも今のスタイルの確立に影響を与えた人もいると思いますが、私のような素人にはバッハが一番古いようなイメージがあります。 ベートーベンやモーツァルトなどは、バッハ以降の作曲家と聞いています。

そこで気になったのですが、それ以前の西洋音楽ってどんな感じだったのでしょうか? 例えば10世紀とか12世紀、あるいは15世紀でも結構です。

今のように色々な楽器を同時に演奏するという形は既にあったのでしょうか?

あるいはソロと言うか、その楽器単独での演奏しか存在しなかったのでしょうか?

それと世界最初のオーケストラって、いつどこで組織された、何という名前の楽団だったのでしょうか?

音楽やクラシックには全くの素人なんですが、以前から感じている疑問があります。

クラシックと聞くと、何となく交響曲やオーケストラがパッと頭に浮かびます。 あとは協奏曲とか室内楽なんかもありますよね。

バイオリンやビオラ、それにチェロやコントラバスなどの弦楽器に、あと管楽器も加わると思います。 使用される楽器の種類によって作曲された時代が分かるケースもあると思います。

調べてみると、このスタイルは大体17世紀前後に確立されたと聞いています。 初期の大作曲家としてはバッハ...続きを読む

Aベストアンサー

バッハは音楽の父と称されますが、もう少し厳密に言えば、近代音楽の父といった方がいいでしょう。というのは、バッハの音楽が成り立つためには、10世紀以前から脈々と連なる音楽の源泉があったからで、それを無視しては音楽史の全体像はつかめません。しかし、あまりに古い音楽は何も記録が残っていないし、完成された記譜法もなかったので、消滅するしかありませんでした。特に大衆の音楽はその時代に消費されるようにして消えてゆく運命でした。かろうじて、教会音楽が書きとどめられ、それを集大成した最も有名なものが「グレゴリオ聖歌」です。他にも「~写本」という名前で残されたさまざまな手写本がヨーロッパの各地に残っています。グレゴリオ聖歌はキリスト教の礼拝で歌われる単声の聖歌ですが、これは祈りの聖句に旋律をつけたものです。その後の時代に、グレゴリオ聖歌を定旋律として別の対旋律をつけた多声音楽が出現して、それが中世音楽、ルネサンス音楽へと繋がって行きます。

音楽のことですので、実際にどのようなものかお聴きいただくのがいいでしょう。CDを数点挙げます。

「ノートルダム楽派の音楽」トヌス・ペレグリヌス
http://www.amazon.co.jp/dp/B000AA7D1E/
この中の「スコリカ・エンキリアーディス」は9世紀という古い時代のものです。また、ノートルダム楽派の音楽とは上述の多声音楽(オルガヌムといいます)の始まりです。

「ゴシック期の音楽」デイビッド・マンロウ
http://www.amazon.co.jp/dp/B000065E6R/

「中世・ルネサンス音楽への招待状」パウル・ファン・ネーヴェル
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005G8DX/

※ ただし、これらは不完全な資料(楽譜)をもとに最新の研究成果と音楽的想像力で現代に蘇らせた演奏で、かならずしもCD演奏と同等の音楽が実際に鳴っていたわけではありません。そう理解することが肝要です。

バッハは音楽の父と称されますが、もう少し厳密に言えば、近代音楽の父といった方がいいでしょう。というのは、バッハの音楽が成り立つためには、10世紀以前から脈々と連なる音楽の源泉があったからで、それを無視しては音楽史の全体像はつかめません。しかし、あまりに古い音楽は何も記録が残っていないし、完成された記譜法もなかったので、消滅するしかありませんでした。特に大衆の音楽はその時代に消費されるようにして消えてゆく運命でした。かろうじて、教会音楽が書きとどめられ、それを集大成した最も...続きを読む

Q本屋で流れているような音楽CD

書店で流れているような、静かな曲中心のクラシックのCDを探しています。
何かいいCDをご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

うちの近所の書店はどこも音楽など流してませんし、流れていたとしても店主によって好みも色々なので、書店ではなく私の通う歯医者で流れている雰囲気を参考にしました。

まず「静かな曲」とのことですが、多分それは曲が静かなのではなくて、音量を下げて静かにしているのだと思います。

次にジャンルですが、音楽によって本を読む邪魔(歯医者さんの治療の邪魔)になるといけませんので、ストーリー性のある曲はダメですね。なのでロマン派以降は没ですね。

また、フォルテやピアノが激しく現れると邪魔になりますので、ベートーベンも没ですね。

歌(言葉)が入るとこれも邪魔になりますので、歌が入らない曲ということになりますね。

以上から推測すると、ベートーベンよりも前の古典派、バロック、ルネッサンスあたりの器楽曲になるかと思います。

そこからお薦めできるものといえばやはりバッハの「ブランデンブルク協奏曲」(1~6番)と「管弦楽組曲」(1~4番)ですね。CDは無数に出ていますので、検索してみてください。youtubeにもたくさんあります。

(例)
ブランデンブルク協奏曲5番BWV1050より1楽章
http://www.youtube.com/watch?v=FlcDsUJjUxc
管弦楽組曲2番BWV1067より序曲
http://www.youtube.com/watch?v=bpF1yL-CFKA
管弦楽組曲3番BWV1068よりair
http://www.youtube.com/watch?v=NlT8yeEYbMs

うちの近所の書店はどこも音楽など流してませんし、流れていたとしても店主によって好みも色々なので、書店ではなく私の通う歯医者で流れている雰囲気を参考にしました。

まず「静かな曲」とのことですが、多分それは曲が静かなのではなくて、音量を下げて静かにしているのだと思います。

次にジャンルですが、音楽によって本を読む邪魔(歯医者さんの治療の邪魔)になるといけませんので、ストーリー性のある曲はダメですね。なのでロマン派以降は没ですね。

また、フォルテやピアノが激しく現れると邪...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報